国鉄奈良機関区

  • Photo_7
    昭和46年に奈良機関区を訪ねています。変わりやすい天気で、晴れていると思ったら急に雨が降ってきて大変な日でした。

THE 大阪駅~特急編~

  • 16
    中高生のころ、大阪駅はまだ日常の中にはなく、特急列車を撮りに行く特別な場所であった。栄光の時代が残っていた大阪駅に発着する特急列車の姿を封じ込めました。

THE 大阪駅~急行編~

  • 1258
    大阪駅に発着する急行を集めてみました。行き先によっては、ディーゼルカーの急行もあり、思えば楽しい駅だったのですね。ご興味の方は写真帖のずっと下にある「甲子園口急行物語」もご覧ください。

昭和45-47年の天王寺駅

  • キハ58 きのくに
    天王寺駅は単に竜華や奈良方面、阪和方面への乗り換え駅だったが、紀勢線ホームは頭端駅として有名だった。 時折、乗り換えの途中、駅撮りなどしていたようだ。

竜華・昭和46年

  • Photo_3
    昭和46年に数回に分けて竜華へ出陣しています。当時の関西線はローカルそのもの、まだまだ煙も多く残っていました。

甲子園口(その周辺)急行物語

  • Photo_7
    甲子園口西方の踏切があったあたり、そのもう少し西側の日通の倉庫前あたりは友人たちとのたまり場でした。陽が暮れるまで電車の通過を楽しんでいました。

京都駅残照・昭和45年前後

  • Photo_3
    昭和45年当時、京都駅へ行く機会は限られていたが、その中で残していた写真の中からいくつかを抜粋した。 京都の寺社、観光地に興味を持つのはもう少し後になった。

西宮を走った国鉄電車特急・昭和45年頃

  • Photo_2
    国鉄時代、地元西宮でもいろいろな電車特急が走っていた。 そのすべてではないが、手元に残る写真のうちからいくつかを抜粋した。

あぁ上野駅 昭和46年

  • 特急やまびこ
    初めて東京へ行った昭和46年、昔の風情の残る上野駅に間に合いました。

神戸市電 最後の日

  • 星電社前
    1971年3月に神戸市電は歴史を閉じました。その最終日に神戸市内の各所で写真に収めましたが、思えば震災前の神戸の街も封じ込めたことになりました。

東海道のんびり行

  • 24
    昭和49年5月に、当時まだ走っていた急行桜島・高千穂に乗って、のんびり東海道を東上しました。そのときの車窓風景をまとめました。

京阪滝井駅 昭和50年

  • Photo_2
    京阪電車は今年、中ノ島新線の開通や電車の塗装変更、さらに往年の名特急1900系の引退と話題に事欠きませんが、ごく普通に走っていた昭和50年の滝井駅の様子はこんな感じでした。

昔日の近江鉄道

  • Photo_4
    近江鉄道は、学生時代からの万葉旅行会で近江蒲生野へ行くときに撮影した程度だった。これはその一連の名残である。 「茜さす紫野行き標野行き野守りは見ずや妹が袖ふる」

マンモス機 EH10

  • 04
    国鉄が作った最大最強のマンモス電気機関車EH10。 今でこそ、8軸の電機はいろいろあるけれど、目に焼きついているのはこの機関車だ。

京都市電

  • 2607
    京都へ行くと市内の移動はたいてい市電だった。 市電だと京都初心者にもわかりやすかった。 たまにバスに乗るとぐるっと市内の引き回しにあったり、とんでもない方向へ走ったりと痛い目に会ったからだ。

きーんてーつ特急

  • Photo_11
    70年代の近鉄特急の白黒写真を集めてみました。点数も少なく恐縮ですが、関西には少ない観光特急の雰囲気だけでも伝えたい。おまけにあおぞら号も何枚か。

近鉄、ちょっと前の車両たち

  • 1413
    1980年代に撮った近鉄の一般車両の中からチョイスしてみた。少し小さいというだけで、なんだか親しみを感じる車両の面白さもある。

野上電鉄、廃止3週間前

  • キハ28
    1994年3月末をもって廃止された野上電鉄を、廃止3週間前に友人の2Aカレチさんと訪れた。併せて周辺の鉄道へも足を運んだので、藤並駅でみた有田鉄道のキハをおまけに追加した。

阪神5314F 愛

  • Img_6204
    阪神電車最古参の5314Fは5550Fの新規参入によっていよいよ引退の時期を迎えた。この前パン貫通幌を持つ古き阪神電車の顔を残す編成を追いかけた。

ゴハチ

  • 16ef58
    今も人気のEF58ばかりを集めました。近所鉄の西宮、武庫川をはじめ大阪駅、少し遠くて下関。元気にゴハチが走り回っていた時代がありました。

琴電 旧型車を並べて

  • Img_0059
    平成10年から出張が多かった四国ですが、何回かは高松に足を運んで琴電を追いました。古い写真がなぜか見つからないので、旧型車が消える数年前からのものばかりです。

RRE様HP掲載一覧

  • 0001601
    ブログ開設以前はRREさんの掲示板への投稿を続けていました。ここに、その投稿画像をまとめましたので、ご笑覧いただければと思います。

島原鉄道2007

  • Img_2046
    去年の3月に出○ついでに諫早駅周辺、島原鉄道、足を少し伸ばして長崎電軌を訪問しました。島原鉄道の一部廃止は残念です。

JR九州の車両たち、諫早駅周辺

  • Img_2023
    ラストランブームになったなは/あかつきもこのころは全然注目されず。九州はいろんな列車があって楽しめます。

長崎は今日も雨

  • Img_2117
    長崎ではすごい雨にあいました。それにもめげず、撮り鉄に励んできました。

名鉄瀬戸線

  • Img_1926
    名鉄瀬戸線に6750系という大手私鉄最後の吊りかけ車が走っていると聞いて訪問しました。2008.03.24

惜別 0系新幹線 

  • 01 相生駅 0系の横顔
    いよいよ平成20年11月末に引退する0系新幹線。山陽路で活躍していた近年の記録です。

四国の気動車

  • 四国は今でも気動車の天国です。その中でも、普通車の運用に供せられる車両を集めてみました。普通車だけにDCより気動車という言い方が似合います。

名鉄にあったレールバス

  • 到着したレールバスからの乗り換え
    名鉄の三河線、猿投の先には西中金まで延びる単線があり、そこには今ではその姿をほとんど見ることが出来ないレールバスがひっそりと走っていました。1987年4月、2Aカレチさんと訪れた記録です。

名鉄揖斐線

  • 512号車内
    1987年4月に2Aカレチさんと名鉄を訪れました。 揖斐線は一時下車した美濃北方駅と黒野駅での写真です。

名鉄の旧型車

  • 103763
    1987年4月 2Aカレチさんと一緒に名鉄を訪れました。 名鉄の本線あたりでもまだまだ吊り掛け車が走っていました。

名鉄岐阜市内線

  • 08
    1987年4月、2Aカレチさんと名鉄を訪れた。岐阜市内線をとりあえず撮影した後、揖斐線へと向かった。

明延鉱山とともに

  • 04_img_0155
    小学生時代、明延鉱山の学校とクラス同士の文通をした。その場所がどこだか全く知らずに居たが1円電車の存在は知っていた。その地を訪れたのは随分大人になってからとなった。

鍛冶屋線~愛と死をみつめて

  • 09_img_0334
    大正12年に全線が開通した鍛冶屋線はJR後の平成2年、その歴史に幕を下ろした。 また、「愛と死をみつめて」で有名なミコこと大島みち子さんはこの沿線の方で、線路を見下ろす小高い岡の上にお墓がある。

EF65 0番台原色+茶ガマ

  • 103_img_2881
    かつて、全国の直流区間ではおなじみだったEF65の0番台も、今では岡山に集結する11機のみである。そのうち、原色を保っているのはわずか4両となった。

小田急

2018年7月20日 (金)

関東詣で2日目 小田急新百合ヶ丘、相模大野

Dsc08960関東詣で2日目のことがまだ続いています。多摩モノレールで多摩センターまで来て、そこから小田急で新百合ヶ丘へ出ました。そこでやってきたのが新しいロマンスカーGSEです。昨日実際に乗車したとは言うものの、やはり気分が高揚します。

Dsc08963プラットホーム端へ行って、お尻からですが出発風景を撮影しました。この車体の展望窓は端に向って広がっている為、展望がより広がるようになっています。ですから、座席が少し後方でも視界に余裕があるのですね。とにかく赤一色ですが、なかなか好感をもちました。

Dsc08967さて、宿泊地の相模大野で降りてホテルで汗を流して夜ごはんのために再出発です。駅を渡る大きな跨線橋を歩いていると電車の出発の音が聞こえます。これはいつものことなのですが、通過列車を見るとなんとこの3日後に引退するLSEではありませんか。少し慌てましたが、何とか撮影することができました。これが今のところ最後のLSEとなりました。

51ist1bengl__sl500_門井慶喜 小説あります 光文社文庫/読了・・・・・・・・・・直木賞を取った門井慶喜の本がまだ続きます。これは文学館に勤める?パートとその弟、前に図書館職員として登場した市役所職員、その他もろもろが登場して、テーマは、なぜ、ひとは小説を読むのかということで展開した作品です。これは少し理屈っぽくなってしまったかもしれませんね。著者は書いていて面白かっただろうけど。

2017年8月 8日 (火)

小田急ロマンスカー60周年記念マーク

Img_2510先月上京した時は、主に小田急沿線を行き来していましたが、ロマンスカーには、このようなマークが付けられていました。今年は小田急の看板列車、ロマンスカー、その初代はSE車3000系ですが、それが登場してから60年目になるという事です。これはかなりの歴史を刻んだことになりますね。

Img_2509この日は新宿まで、このロマンスカーMSE車に乗りました。地下鉄も走ることができる比較的新しい車両です。ただ、シートが薄っぺらで、しかも硬いので乗り心地はいまいちでしたね。乗り心地は、形はいまいちですがEXEのほうに軍配が上がりそうです。

2017年8月 2日 (水)

小田急8000系 ブルーのラインが美しい

先月に上京した時、滞在していたのが小田急沿線であったため、時間が出来たらその沿線に出かけていました。とはいうものの、そんなに時間はなかったのですけれど。

その時、やはり目についたのはこの8000系電車です。正面の顔は、阪神の8000系みたいで余り好みではないのですけれど、サイドの様子は、クリーム色のボディに鮮やかなブルーのラインがきれいです。そして、この車両が10両という長さでは、まさに編成美という印象が強くなります。

以前は5000系がこのような編成美を誇っていましたが、すでに引退してしまいました。

Dsc05999Dsc06027Dsc06189







2017年7月31日 (月)

小田急LSE7000系

7月は野暮用で一時上京したこともあり、空いた時間で向こうの電車の撮影もしてきました。

向こうの鉄道のお仲間は、「関東にはもう撮る電車がない」とおっしゃりますが、関西の人間にとってはすべてが非日常ですから、どれも珍しいという事になります。

特に小田急の7000系、LSE車については本当に特急らしい特急車両であり、塗装が登場当時のものに戻されてからは、撮影対象としては実に魅力的な車両となりました。

生田-向ケ丘遊園、よみうりランド前-生田、町田-玉川学園前の三枚です。

Dsc06093Dsc06041Dsc06208







2015年2月 8日 (日)

東(あずま)の風景

Img_0229関東へ出向くたびに気になるのは富士山の姿である。すっかり曇っているんだったらあきらめるが、そうでなかったら富士川を越えたあたりから寝ていられない、素の関西人にとって、富士山はめったに見ることができない絶景だからである。今回は裾野に雲がかかっていたものの、真白にぞの富士が見えた。

Img_0236この日、夜は町田で泊まり、目を覚ますと西側方向に雪をかぶった連山が朝日に映えていた。多分、丹沢山系の丹沢山1567mかと思うが、地図で見ると大山1252mかもしれない。伊勢丹が相模大野駅方向だから、さて、どっちだろう。山のない関東にいて、こういう感じで山が見えるというのも少しうれしい。

Img_0234さて、着いた日の昼間は東林間で一枚撮影しただけ。やってきたのは小田急の8000系で、絶滅した5000系のような青い帯がクリーム色の車体に映えて、好ましい。この顔だけどうにかならんかと思う程度だ。本当にどうにかならんかったのだろうか。

61gxrc8rpql__sy344_bo1204203200_愛川晶 神楽坂謎ばなし 文春文庫/読了・・・・・・女性編集者がある日、とんでもない事態になり、縁もゆかりもないと思っていた落語の世界に引きずり込まれていく、というストーリー展開だが、なにせ、2編しかないのでこれからどうなっていくのか、楽しみ、不安、合い混じり合う読後感。早く何とかしてほしいものだ、すぐに続編を文庫本で出しなさい。

2014年7月18日 (金)

小田急 相武台前駅

Img_8267がらり夜が明けると、昨夜の酒はきれいに霧散しており、相模大野在住の長男との待ち合わせ時刻にも余裕があったので、宿泊先の相模大野駅前のホテルを出て、小田急に乗って相武台前駅まで足を運んだ次第。この駅での撮影は初めてであったが、何とか直線順光のアングルで撮れることとなった。

Img_8271小生、上の8000形もラインがきれいで好きですが、実はこの1000形、2000形に共通するボディも大変好みである。比較的新しい世代の車両で、しかも銀箱系列に入るかと思いますが、やや無骨な成りがいいですね。関西では味わうことができない趣味だと思います。

Img_8275さて、小田急の特急というと、最近はEXEばかりに乗っていて、ほかの車両には乗る機会がありません。それもこれも、相模大野から乗るからなのですが、一度はこのような他の形式の特急車両に乗って見たいものです。次回の課題としたいですね。

2013年7月27日 (土)

相模大野 4号踏切から

Img_4719関東攻撃3日目は早朝から長男の自転車を借りて、小田急相模大野駅近くの踏切へ行った。ここも自分にとっては定番撮影地なのだ。上下どちらも撮れるところが良い。早速やってきた7000系LSE車。まだ乗ったことがないのでいつかは乗ってみたい。

Img_4764さて、いろいろと電車がやってきて楽しいが、小生の好みの1000系、2000系の通勤型車両がやってきた。写真の2000系は扉の開きが1600mmで、1000系は1300mmという違いがあるようだ。写真で見た限りでは、そこまではわからないなぁ。この顔、少々無骨で好みです。

Img_4772小田急通勤型の顔だった5000系が引退してしまったが、8000系では車体サイドのブルーのラインが継承されている。先頭からずっと続くラインが編成美を見せている。顔はなんとなく機能的で、特に興趣を誘うものではないが、この青いラインだけはずっと残してほしいものだ。

手前に写る草はもう少しで手が届きそうだったが、だめだった。ちょいと残念。

クーラー、直りそうにないことが判明したので、本日購入、設置を決定。ただ、本格稼働まではまだ数日を要する由。あ~あ、しんどいなぁ。

2013年7月17日 (水)

小田急開成駅にて

Img_4564箱根湯本から再び小田原へ戻り、ここから各駅停車で手ごろな撮影地を目指した。ピーカンの天気ではないものの、湿度は高く、駅から離れた場所での撮影は確実に疲労につながる。そんなことはやめて、安直な駅撮りに徹するため向かったのは開成駅。さっそくやってきた8000系を撮影。小田急伝統のクリーム色に青い帯が最後まで繋がっていて、編成美を誇示してかのよう。

Img_4569次は30000系特急のEXE。これは新宿から相模大野までよく乗るのでなじみがある。ただ、小田急の特急というと、短い車体で、連接車で、というイメージからは離れている。ただ、窓の開口が大きく、乗ってみると座席の座り心地の良さと相まって、乗るには好きな車両である。

Img_4576さらに特急が双方向からやってきて、旧塗装に戻った7000系LSEと60000系MSEのすれ違いである。これはなかなか豪華な感じの絵。70000系はやはり登場時のカラーのほうが随分といいですね。ただ、いずれの車両も未乗車というのが残念。

Img_4584最後に小田原行の快速急行としてやってきた1000系。1988年に登場したということで、もう25年も走り続けている。ステンレスカーであるが、やや無骨な顔はスマートさを欠いていて、その分複雑なイメージを与えている。すでに引退した9000系のモチーフも生かされているらしい。

9784167217945文芸春秋編 司馬遼太郎全仕事 文春文庫/読了・・・・・・・・司馬遼太郎のすべての著作について、ちょっとずつその概要、ポイントを紹介する一冊。あー、これも読んだ、あれも読んだと、それぞれのストーリー、登場人物、司馬遼太郎の語りが本の隅々から聞こえてきて、全てが懐かしかった。巻末の特別収録2編は必読のもの。

2013年7月16日 (火)

箱根湯元へ 赤い電車3題

Img_4535土曜日は12時36分に小田原到着後、2Aカレチさんと合流し、箱根湯本まで足を運んだ。この線も久しぶりだ。途中、風祭駅でLSE7000系と交換した。7000系は2012年に全編成が旧塗装に戻り、往年の輝きを増した。JRはじめ、他社の鉄道会社は小田急を見習うべき。

Img_4552湯元では、箱根登山鉄道の車両もやってきた。ホームは3連休の始まりとあって、とんでもないくらいの大勢の観光客でごった返していた。そこにやってきたのは、箱根登山鉄道の古豪1形がやってきた。

Img_4557小田急の小田原-箱根湯本間には、小田急の1000系に赤いラッピングを施した車両が普通として運行されている。南海の高野山あたりで地域限定で赤い電車が走っているのと同じだ。何か関係があるのかは知らないけれど。そんなこんなで久しぶりの湯元を後にした次第である。

以上、箱根の赤い電車3題でした。

2012年3月16日 (金)

去りゆくもの 小田急

Img_0096


本日をもって引退する列車が多い中、長男が住まう小田急沿線からも5000系、10000系、そして御殿場線仕様の20000系が引退した。写真は、相模大野近くでの5000系。小田急の顔だった。

Img_2780


次いで10000系。箱根へのロマンスカーとして活躍したものの、ハイデッカーとしての売りが逆にバリアフリーに対応していないことが寿命を縮めた。中間車に一両でも低位置の車両を挟む改造でもしたら、もっと走り続けたのではないかと思うが、後続の特急車両も多く輩出しているだけに片身が狭かったのかも。

Img_6242


そして、JRと共同運行していた20000系。デザインはJR371系に劣るものの異彩を放っていた。数少ない撮影記録から一枚を貼っておこう。これらの車両の再度の撮影は結局時間が取れず、残念な思いを残した。

Img_6274


最後にそのJR371系を貼っておこう。

その他のカテゴリー

JR貨物 Jフィル MIZUMO T-ストリングス かぎろひ歴史探訪 その他 みちのくひとり旅 やまとんくらぶ アミーキティア管弦楽団 アンサンブル ラ・ピアチェーレ アンサンブル・アルビレオ アンサンブル・コスモリバティ アンサンブル・ジョワン アンサンブル・ツヴァイ アンサンブル・フリー アンサンブル・ミンネン アンサンブル・ヴィオ ウォーキング鉄 オルガンコンサート オーケストラ・アンサンブル・フォルツァ オーケストラ・クラシック オーケストラ・ソノリテ オーケストラ・ノインテ オーケストラ・ブラヴォー! オーケストラ・ポミエ オーケストラ千里山 オーディオ カメラ カンマーフィルハーモニー京都 カンマーフィルハーモニー神戸 クラシックサロン・アマデウス クラシック音楽 クランクレーデ クレセント室内アンサンブル クレー管弦楽団 グッド・シーズン・アンサンブル グルメ コレギウム・ヨハネス コレギウム夙川管弦楽団 シンフォニア・スピカ セント・マーティン・オーケストラ ゾンアーベント・アンサンブル タリヘーレ四重奏団 ダムカード テレマン室内オーケストラ ディスクユニオン ドイツ紀行 ニイジマ・キネン・オーケストラ ニュージーランド鉄道 ハイマート交響楽団 ハイマート合唱団 バス バッハクライス神戸 バンブスアンサンブル パソコン ファゴット・フェスティバル フェニックスフィル フォンス・フローリス古楽院 プロ野球 ホール・バルティカ ミモザの会 ミュー室内管弦楽団 メイプルフィル ライブカメラ ラグビー ワンコイン市民コンサート ヴェデルニコフ 万葉 三宝鉄道 上甲ウィンドシンフォニー 上甲子園中学吹奏楽部 交響楽団ひびき 京急 京成 京王 京都フィロムジカ管弦楽団 京都プレザントオーケストラ 京都大学交響楽団 京都工芸繊維大学交響楽団 京阪 伊予鉄 伊予鉄道 伊豆急行 信濃の旅 六甲フィル 兵庫医科大学医療大学合同オーケストラ_ 兵庫芸術文化センター管弦楽団 切符 初演企画 北摂フィル 北総 千里フィルハーモニア・大阪 南海 卯之町 叡山電車 合唱団 名鉄 吹奏楽 吹奏楽団 吹田市交響楽団 四国詣で 土佐くろしお鉄道 土佐日記 土佐電 地下鉄 堺フィル 夢の国 ニュージーランド 大井川鉄道 大阪センチュリー交響楽団 大阪フィルハーモニー交響楽団 大阪フロイデ合唱団 大阪メトロ 大阪モーツァルトアンサンブル 大阪交響楽団 大阪市営交通局 大阪市営地下鉄 大阪市民管弦楽団 大阪芸術大学管弦楽団 奈良女子大管 奈良歩き 学園都市交響楽団 宝塚響 富士急行 寝屋川市民管弦楽団 小田急 尼崎市吹奏楽団 尼崎市民交響楽団 尼崎弦楽アンサンブル 居酒屋 山陽 岡山電軌 嵐電 川西市民オーケストラ 幻想フィル 広島電鉄 廃線跡 待兼交響楽団 指揮者 新京成 新幹線 旅行 日本センチュリー交響楽団 最近のCD 最近のLP 東京佼成ウィンドオーケストラ 東急 東武 枚方フィル 樹フィル 武庫川女子大学音楽学部 水族館 水間鉄道 江ノ電 父親のアルバムから 甲南大学OB交響楽団 甲南大響 甲南女子大学管弦楽団 白黒懐かし画像 相愛フィルハーモニア 相鉄 神戸アンサンブルソロイスツ 神戸大学響 神戸市地下鉄 神戸電鉄 神戸高校OBオーケストラ 福井鉄道 私の名盤シリーズ 箕面コンセルト室内合奏団 紫苑交響楽団 美術 聖ソフィア・バラ合唱団/合奏団 能勢電 芦屋交響楽団 芦屋室内合奏団 若林顕 落語 蒸気機関車 藤井貴宏 衣笠交響楽団 西宮交響楽団 西宮探訪 西武 見仏 豊中市民管弦楽団 豊橋鉄道 近江鉄道 近畿フィルハーモニー管弦楽団 近鉄 遠州鉄道 鉄道 長岡京市民管弦楽団 長崎電軌 長楽庵 関西グスタフ・マーラー交響楽団 関西フィルハーモニー管弦楽団 関西医科学生交響楽団 関西大学交響楽団 関西学院交響楽団 関西SPレコード愛好会 阪堺電車 阪急 阪神 阪神タイガース 阪神フィル 静岡鉄道 須磨フィル 飛行機 高松琴平電鉄 高槻室内管弦楽団 龍谷大学交響楽団 JR四国 JR東日本 JR東海 JR西日本

フォト

掲示板

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

無料ブログはココログ