国鉄奈良機関区

  • Photo_7
    昭和46年に奈良機関区を訪ねています。変わりやすい天気で、晴れていると思ったら急に雨が降ってきて大変な日でした。

THE 大阪駅~特急編~

  • 16
    中高生のころ、大阪駅はまだ日常の中にはなく、特急列車を撮りに行く特別な場所であった。栄光の時代が残っていた大阪駅に発着する特急列車の姿を封じ込めました。

THE 大阪駅~急行編~

  • 1258
    大阪駅に発着する急行を集めてみました。行き先によっては、ディーゼルカーの急行もあり、思えば楽しい駅だったのですね。ご興味の方は写真帖のずっと下にある「甲子園口急行物語」もご覧ください。

昭和45-47年の天王寺駅

  • キハ58 きのくに
    天王寺駅は単に竜華や奈良方面、阪和方面への乗り換え駅だったが、紀勢線ホームは頭端駅として有名だった。 時折、乗り換えの途中、駅撮りなどしていたようだ。

竜華・昭和46年

  • Photo_3
    昭和46年に数回に分けて竜華へ出陣しています。当時の関西線はローカルそのもの、まだまだ煙も多く残っていました。

甲子園口(その周辺)急行物語

  • Photo_7
    甲子園口西方の踏切があったあたり、そのもう少し西側の日通の倉庫前あたりは友人たちとのたまり場でした。陽が暮れるまで電車の通過を楽しんでいました。

京都駅残照・昭和45年前後

  • Photo_3
    昭和45年当時、京都駅へ行く機会は限られていたが、その中で残していた写真の中からいくつかを抜粋した。 京都の寺社、観光地に興味を持つのはもう少し後になった。

西宮を走った国鉄電車特急・昭和45年頃

  • Photo_2
    国鉄時代、地元西宮でもいろいろな電車特急が走っていた。 そのすべてではないが、手元に残る写真のうちからいくつかを抜粋した。

あぁ上野駅 昭和46年

  • 特急やまびこ
    初めて東京へ行った昭和46年、昔の風情の残る上野駅に間に合いました。

神戸市電 最後の日

  • 星電社前
    1971年3月に神戸市電は歴史を閉じました。その最終日に神戸市内の各所で写真に収めましたが、思えば震災前の神戸の街も封じ込めたことになりました。

東海道のんびり行

  • 24
    昭和49年5月に、当時まだ走っていた急行桜島・高千穂に乗って、のんびり東海道を東上しました。そのときの車窓風景をまとめました。

京阪滝井駅 昭和50年

  • Photo_2
    京阪電車は今年、中ノ島新線の開通や電車の塗装変更、さらに往年の名特急1900系の引退と話題に事欠きませんが、ごく普通に走っていた昭和50年の滝井駅の様子はこんな感じでした。

昔日の近江鉄道

  • Photo_4
    近江鉄道は、学生時代からの万葉旅行会で近江蒲生野へ行くときに撮影した程度だった。これはその一連の名残である。 「茜さす紫野行き標野行き野守りは見ずや妹が袖ふる」

マンモス機 EH10

  • 04
    国鉄が作った最大最強のマンモス電気機関車EH10。 今でこそ、8軸の電機はいろいろあるけれど、目に焼きついているのはこの機関車だ。

京都市電

  • 2607
    京都へ行くと市内の移動はたいてい市電だった。 市電だと京都初心者にもわかりやすかった。 たまにバスに乗るとぐるっと市内の引き回しにあったり、とんでもない方向へ走ったりと痛い目に会ったからだ。

きーんてーつ特急

  • Photo_11
    70年代の近鉄特急の白黒写真を集めてみました。点数も少なく恐縮ですが、関西には少ない観光特急の雰囲気だけでも伝えたい。おまけにあおぞら号も何枚か。

近鉄、ちょっと前の車両たち

  • 1413
    1980年代に撮った近鉄の一般車両の中からチョイスしてみた。少し小さいというだけで、なんだか親しみを感じる車両の面白さもある。

野上電鉄、廃止3週間前

  • キハ28
    1994年3月末をもって廃止された野上電鉄を、廃止3週間前に友人の2Aカレチさんと訪れた。併せて周辺の鉄道へも足を運んだので、藤並駅でみた有田鉄道のキハをおまけに追加した。

阪神5314F 愛

  • Img_6204
    阪神電車最古参の5314Fは5550Fの新規参入によっていよいよ引退の時期を迎えた。この前パン貫通幌を持つ古き阪神電車の顔を残す編成を追いかけた。

ゴハチ

  • 16ef58
    今も人気のEF58ばかりを集めました。近所鉄の西宮、武庫川をはじめ大阪駅、少し遠くて下関。元気にゴハチが走り回っていた時代がありました。

琴電 旧型車を並べて

  • Img_0059
    平成10年から出張が多かった四国ですが、何回かは高松に足を運んで琴電を追いました。古い写真がなぜか見つからないので、旧型車が消える数年前からのものばかりです。

RRE様HP掲載一覧

  • 0001601
    ブログ開設以前はRREさんの掲示板への投稿を続けていました。ここに、その投稿画像をまとめましたので、ご笑覧いただければと思います。

島原鉄道2007

  • Img_2046
    去年の3月に出○ついでに諫早駅周辺、島原鉄道、足を少し伸ばして長崎電軌を訪問しました。島原鉄道の一部廃止は残念です。

JR九州の車両たち、諫早駅周辺

  • Img_2023
    ラストランブームになったなは/あかつきもこのころは全然注目されず。九州はいろんな列車があって楽しめます。

長崎は今日も雨

  • Img_2117
    長崎ではすごい雨にあいました。それにもめげず、撮り鉄に励んできました。

名鉄瀬戸線

  • Img_1926
    名鉄瀬戸線に6750系という大手私鉄最後の吊りかけ車が走っていると聞いて訪問しました。2008.03.24

惜別 0系新幹線 

  • 01 相生駅 0系の横顔
    いよいよ平成20年11月末に引退する0系新幹線。山陽路で活躍していた近年の記録です。

四国の気動車

  • 四国は今でも気動車の天国です。その中でも、普通車の運用に供せられる車両を集めてみました。普通車だけにDCより気動車という言い方が似合います。

名鉄にあったレールバス

  • 到着したレールバスからの乗り換え
    名鉄の三河線、猿投の先には西中金まで延びる単線があり、そこには今ではその姿をほとんど見ることが出来ないレールバスがひっそりと走っていました。1987年4月、2Aカレチさんと訪れた記録です。

名鉄揖斐線

  • 512号車内
    1987年4月に2Aカレチさんと名鉄を訪れました。 揖斐線は一時下車した美濃北方駅と黒野駅での写真です。

名鉄の旧型車

  • 103763
    1987年4月 2Aカレチさんと一緒に名鉄を訪れました。 名鉄の本線あたりでもまだまだ吊り掛け車が走っていました。

名鉄岐阜市内線

  • 08
    1987年4月、2Aカレチさんと名鉄を訪れた。岐阜市内線をとりあえず撮影した後、揖斐線へと向かった。

明延鉱山とともに

  • 04_img_0155
    小学生時代、明延鉱山の学校とクラス同士の文通をした。その場所がどこだか全く知らずに居たが1円電車の存在は知っていた。その地を訪れたのは随分大人になってからとなった。

鍛冶屋線~愛と死をみつめて

  • 09_img_0334
    大正12年に全線が開通した鍛冶屋線はJR後の平成2年、その歴史に幕を下ろした。 また、「愛と死をみつめて」で有名なミコこと大島みち子さんはこの沿線の方で、線路を見下ろす小高い岡の上にお墓がある。

EF65 0番台原色+茶ガマ

  • 103_img_2881
    かつて、全国の直流区間ではおなじみだったEF65の0番台も、今では岡山に集結する11機のみである。そのうち、原色を保っているのはわずか4両となった。

飛行機

2017年2月23日 (木)

伊丹空港の様子

Img_7176 このブログの話題も、最近は音楽の話しと、グルメの話題くらいしかなく、冬というとどうしても鉄道の撮影に出かける機会も減ってきますからね。
というわけで、今日もいろいろ考えたのですが、関西の鉄道で何が撮りたいというものもなく、ふらっと車で伊丹空港まで出かけた次第です。
大阪のビル街を背景に飛び立つボンバルディア機。
 
Img_7215 撮影場所をスカイパークのほうに移して撮影していると、かなり遠方になりますが、大阪モノレールが通過していく様子が見えました。
飛行機と絡めての一枚ですが、そんなにバンバン飛行機が飛び立ちわけでもないので、何かとここでも暇つぶしを考えています。
 
Img_7229 この飛行機は、B-767でしょうか、それともエアバスでしょうか。
基本的な飛行機の知識が乏しいものですから、さらに、最近の飛行機って、エンジンが双発で、機体長も同じくらいだし、特徴がだんだんなくなってきているので、どれも同じに見えてしまいます。
伊丹空港では、飛び立った後、すぐに左旋回して、武庫川に沿って南下していくルートが出発コースです。

2016年9月 7日 (水)

関空 その他の海外からの乗り入れ

Img_6325 関西空港は、24時間運行の国際空港であるが今回昼間だけだけど見ていて、中国、韓国、台湾からの飛行機が他を圧倒していたわけだが、わずかにその他の国々からの飛行機も見ることができました。内装が豪華なことで知られているガルーダ・インドネシアの飛行機。
 
 
Img_6401Img_6676 また、独特なブルーの機体で飛び立とうとしているのはベトナム航空です。これは初めて見たような気がします。さらに、rougeと書かれたエアカナダの飛行機がやってきました。エアカナダ、一度だけシンガポールからバンコクまで乗ったことがあります。
 
さて、台風13号が接近する中、本日からまたまた四国への月詣でです。今回は、バースディ切符を使って、少しルート変更していってまいります。

2016年9月 6日 (火)

関空 台湾からの乗り入れ

Img_6380v_airImg_6433 今度は、台湾からの乗り入れ航空会社の飛行機です。先ずはクマモンのようなイラストが入った飛行機です。これは台湾のツキノワグマというモチーフらしいですが、どう見てもパクリですよね。そして、その親会社のトランスアジア航空の飛行機です。
 
Img_6500eva_airImg_6602tiger_air また、メジャーなEVA AIRは何本も飛んでいきました。台湾の大資本、長栄海運の経営ですね。もう20年近く前になりますが、台湾に行ったときもこれに乗りました。そして、タイガーエア台湾の飛行機です。これはシンガポールのタイガーエアの子会社です。
 
20160802g540 藤田令伊 企画展がなくても楽しめるすごい美術館 KKベストセラーズ/読了・・・・・・・・これは欲しかった内容の一冊でしたね。最近の美術展は、特別展、企画展で華やかな話題になっている事が多いけれど、本来はその美術館、博物館が所有している作品で勝負すべきだはないかと常々思っていた。それをこの一冊で、たった60館ではあるけれど、そういう内容の濃いところがあることを紹介している。これからはそういうところを回っていきたい。何も、フェルメール、若冲だけが美術ではないわいな。

2016年9月 5日 (月)

関空 中国からの乗り入れ

Img_6363Img_6405Img_6407 関西空港での海外からの乗り入れでは、やはり中国の航空会社からのものが多いですね。ここに、あげるのは、その日の数時間のうちに見たものです。天津航空、春秋航空、吉州航空、漢字で書いてあるので、其れらしくすぐにわかりますね。

Img_6414 そのほかでも、深圳航空、中国南方航空、中国東方航空、中国国際航空など様々です。後ろの三社の飛行機の塗装はなんだかひと時代前の塗り分けの感じがして、懐かしい印象を与えます。

 

Img_6510Img_6553Img_6524

2016年9月 2日 (金)

関空 韓国からの乗り入れ

Img_6318 関西空港へ乗り入れている国で、最も近いのは韓国で、以前の記憶では大韓航空が圧倒的だと思っていたが、今回、いくつかの韓国の航空会社の乗り入れがあるのが分かった。先ずはチェジュ航空。韓国の格安航空で、別に済州島と日本を結んでいるわけではなく、主にソウル/仁川であるようだ。
 
 
Img_6393 次いで、エアプサン。これも韓国の格安航空会社で、2007年の設立とあるから新しい。BUSANと書いてあるがプサンのようです。この会社は名前通り、釜山と日本各地を結んでいるようです。関西空港へは2010年からの就航のようですね。
 
Img_6658 さらに、T-WAYという航空会社の飛行機がやってきました。これも格安航空会社のようで、関西空港へのお目見えは2015年、去年からのようです。機内ではキャビンクルーによるアトラクションが行われるようで、顧客満足度は高いという評判が出ていました。
 
以上、KAL以外での韓国の航空会社の紹介です。次は中国かな。

2016年9月 1日 (木)

懐かし航空機 DC-10 B-747

Img_6458 関西空港では、数多くの飛行機が次から次へと飛び立っていったが、時折、おおっと思う機種が登場した。これは、航空貨物専用のFedexが所有するDC-10である。DC-10は1988年に製造を終了しているとあるので、すでに30年近く前の航空機ということになります。尾翼の途中にエンジンがついている特徴的な姿ですね。
 
Img_6484 次いで、エアチャイナのB-747です。いわゆるジャンボですが、これを見るのは久しぶりになります。かつては日本の航空会社でも国内線、国際線問わず飛び交っていましたが、すでにその役目を終えています。それにしてもこの独特なスタイルは美しいものでした。
 
Img_6492 ただ、2機とも、今では考えられないくらいの轟音を響かせて出発していきました。騒音対策という面では、新しい機種にずいぶんと違いを感じたのも事実です。昨日紹介したA-380なんか、出発時の騒音は本当に小さいものでした。
 
なお、この日の発着はR/W24で、第1滑走路はほとんどが出発、第2滑走路が到着に使われていました。

2016年8月31日 (水)

関西空港へ 青春18きっぷで

Img_8044 台風が通り過ぎ、関西にも秋風が吹き始めたようで、今日は朝から雲一つないピーカンの天気でした。また、青春18きっぷの期限も迫りつつある中、以前から行きたかった関西空港の展望ホールへ出かけることとした。天王寺駅での一枚、このように普通に103系が見られるのももう少しのこと。
 
Img_8048_2 さて、関西空港について、簡単に昼食をとった後、旅客ターミナルのバス乗り場の一番南にある停留所から展望ホール行きのバスが出ている。しかも、これは無料であるところがすごい。平日は20分おき、土日は10分おきと便利ですね。平日というのに、座席は埋まっていました。
 
Img_6293 さて、展望ホールに到着し、エスカレーターで5階まで上がると、そこからは関西空港を一望できる展望台になります。展望台へ出ると同時に目に入ってきたのは、このタイ航空、エアバスA-380、総二階建ての超大型、世界最大の航空機ですね。これは初めて見ました、そして、今日の目的がい きなり達成できました。
 
 
Isbn9784845628223 手塚治虫小説集成 立東舎文庫/読了・・・・・・・手塚治虫がまだ若いころに書き連ねた作品から、晩年の短編である妖簟譚までを収めた一冊。初期のものはお世辞にも上手いとは言えないが時代を反映した少年向けのものとしてはそれなりの完成に至っているのではないだろうか(偉そうに言いました)、当時、SFにもずいぶん傾倒していたということも聞いているので、そこへアプローチするのに苦心していた姿が見える。これを読むと、漫画のほうに行って良かったですね。

その他のカテゴリー

JR貨物 | Jフィル | MIZUMO | T-ストリングス | かぎろひ歴史探訪 | その他 | やまとんくらぶ | アンサンブル ラ・ピアチェーレ | アンサンブル・アルビレオ | アンサンブル・コスモリバティ | アンサンブル・ジョワン | アンサンブル・ツヴァイ | アンサンブル・フリー | アンサンブル・ミンネン | アンサンブル・ヴィオ | ウォーキング鉄 | オルガンコンサート | オーケストラ・アンサンブル・フォルツァ | オーケストラ・ソノリテ | オーケストラ・ノインテ | オーケストラ・ブラヴォー! | オーケストラ・ポミエ | オーケストラ千里山 | オーディオ | カメラ | カンマーフィルハーモニー京都 | クラシックサロン・アマデウス | クラシック音楽 | クランクレーデ | クレセント室内アンサンブル | クレー管弦楽団 | グッド・シーズン・アンサンブル | グルメ | コレギウム・ヨハネス | コレギウム夙川管弦楽団 | セント・マーティン・オーケストラ | ゾンアーベント・アンサンブル | タリヘーレ四重奏団 | ダムカード | テレマン室内オーケストラ | ディスクユニオン | ニイジマ・キネン・オーケストラ | ニュージーランド鉄道 | ハイマート交響楽団 | ハイマート合唱団 | バス | バッハクライス神戸 | バンブスアンサンブル | パソコン | フォンス・フローリス古楽院 | ホール・バルティカ | ミモザの会 | ミュー室内管弦楽団 | メイプルフィル | ライブカメラ | ラグビー | ワンコイン市民コンサート | ヴェデルニコフ | 万葉 | 三宝鉄道 | 上甲ウィンドシンフォニー | 上甲子園中学吹奏楽部 | 交響楽団ひびき | 京急 | 京成 | 京王 | 京都フィロムジカ管弦楽団 | 京都大学交響楽団 | 京阪 | 伊予鉄道 | 伊豆急行 | 六甲フィル | 兵庫医科大学医療大学合同オーケストラ_ | 兵庫芸術文化センター管弦楽団 | 切符 | 初演企画 | 北摂フィル | 北総 | 南海 | 卯之町 | 合唱団 | 吹奏楽 | 吹奏楽団 | 吹田市交響楽団 | 土佐くろしお鉄道 | 土佐日記 | 土佐電 | 地下鉄 | 堺フィル | 夢の国 ニュージーランド | 大井川鉄道 | 大阪センチュリー交響楽団 | 大阪フィルハーモニー交響楽団 | 大阪フロイデ合唱団 | 大阪モーツァルトアンサンブル | 大阪交響楽団 | 大阪市営交通局 | 大阪市営地下鉄 | 大阪市民管弦楽団 | 大阪芸術大学管弦楽団 | 奈良女子大管 | 学園都市交響楽団 | 宝塚響 | 富士急行 | 小田急 | 尼崎市吹奏楽団 | 尼崎市民交響楽団 | 尼崎弦楽アンサンブル | 居酒屋 | 山陽 | 岡山電軌 | 嵐電 | 広島電鉄 | 廃線跡 | 指揮者 | 新京成 | 新幹線 | 旅行 | 日本センチュリー交響楽団 | 最近のCD | 最近のLP | | 東急 | 東武 | 枚方フィル | 武庫川女子大学音楽学部 | 水族館 | 水間鉄道 | 江ノ電 | 父親のアルバムから | 甲南大学OB交響楽団 | 甲南大響 | 甲南女子大学管弦楽団 | 白黒懐かし画像 | 相鉄 | 神戸アンサンブルソロイスツ | 神戸大学響 | 神戸電鉄 | 神戸高校OBオーケストラ | 福井鉄道 | 私の名盤シリーズ | 箕面コンセルト室内合奏団 | 紫苑交響楽団 | 美術 | 聖ソフィア・バラ合唱団/合奏団 | 能勢電 | 芦屋交響楽団 | 芦屋室内合奏団 | | 若林顕 | 落語 | 蒸気機関車 | 藤井貴宏 | 衣笠交響楽団 | 西宮交響楽団 | 西宮探訪 | 見仏 | 豊中市民管弦楽団 | 豊橋鉄道 | 近江鉄道 | 近畿フィルハーモニー管弦楽団 | 近鉄 | 遠州鉄道 | 鉄道 | 長岡京市民管弦楽団 | 長崎電軌 | 長楽庵 | 関西グスタフ・マーラー交響楽団 | 関西フィルハーモニー管弦楽団 | 関西医科学生交響楽団 | 関西学院交響楽団 | 関西SPレコード愛好会 | 阪堺電車 | 阪急 | 阪神 | 阪神タイガース | 静岡鉄道 | 須磨フィル | 飛行機 | 高松琴平電鉄 | 高槻室内管弦楽団 | | 龍谷大学交響楽団 | JR四国 | JR東日本 | JR東海 | JR西日本

フォト

掲示板

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

無料ブログはココログ