廃線跡

2021年6月23日 (水)

神戸散歩続く 筒井へ

Dsc00481_20210623060301

6月7日は、神戸臨港線の廃線跡を歩きましたが、その西端の陸橋から山のほうを見ると、春日野道商店街とあるではないですか!商店街ウォッチャーとしては行かない手はありません。それほど長くはない下町風の商店街散歩を楽しみました。

Dsc00485

春日野道商店街を北へ抜け、そこから少し東へ戻ったところに、筒井八幡神社がありました。広い境内に立派な社殿、地元の鎮守の森とともに人々の憩いの場となっている様子がうかがえました。

Dsc00488_20210623060301

その一角に、「霊泉つつの井」の石標とともに、柵で囲まれた井戸がありました。このあたりの筒井と言う地名のもととなった湧水がここにありました。鉄道ファンであれば、筒井と言う地名には反応すると思います。阪急神戸線が開通したとき、神戸側の終点は上筒井駅でしたから。

Sasameyuki_kobe_map_01

ということで、当時の阪急上筒井駅の場所を調べてみると、この筒井八幡神社からほど近い所とされていました。これはその場所を訪ねないわけにはいきません。上筒井駅の北東側に広がる建物群は昔の関西学院ですね。

Dsc00493_20210623060301

Dsc00496

筒井八幡神社から坂を上ったところに、上筒井1丁目のバス停があり、その前に兵庫県福祉センターと言う建物がありました。このあたりが、阪急神戸線の最初の終点であった上筒井駅跡であるようです。神戸市電もここまでやってきていて、乗換駅として神戸の中心街へとつないでいてターミナルとして機能していました。

2021年6月22日 (火)

神戸臨港線廃線跡散歩 6/7

Dsc00457

Dsc00479

6月7日は、以前その入り口付近だけを歩いた神戸臨港線廃線跡の遊歩道を散歩してみました。JR灘駅で下車し、駅の南すぐにある遊歩道入り口から歩き始めます。

神戸臨港線は、東灘信号場から分岐し、国道2号線を跨いで神戸港へ向かっていた貨物線ですが、1980年代に廃止されています。その後、路線の一部が遊歩道として整備されています。

Dsc00461

歩き始めるとキロポストがありました。どうやら遊歩道は1000mくらいなもののようです。こういう小さなアイテムも廃線跡の雰囲気を伝えています。

Dsc00467

廃線跡ですから、このようなレンガ積みの橋台が当時そのままの姿を伝えています。橋げたはきれいですから、新しく架け替えられたものでしょうか。

Dsc00473_20210622055801

更に進むと、当時の鉄橋がそのまま残って利用されていました。しかも、架線柱も残っていて、ここを貨物列車が走っていたことを彷彿とさせてくれます。

Dsc00475_20210622055801

鉄橋を渡ると、線路が残されていました。実はそれまでのコースでは線路を見ることがなかったのでさびしい思いでしたが、この最後の区間で線路を見ることが出来、ほっとした次第です。これがあるなら、だれでもここが廃線跡であることを認識できますから。

この先の廃線跡は、道路やマンション群の中に消えてしまっていました。

2021年6月18日 (金)

尼崎港駅跡訪問 6/5

Dsc00379

6月5日に訪れた歴史博物館で見かけた鉄道関連のものは、尼崎港駅の駅名標でした。尼崎港駅は明治24年(1891年)に設置された旅客と貨物を扱う駅でした。駅名は尼崎停車場 ⇒ 尼崎駅 ⇒ 尼崎港駅と変わり、昭和56年に旅客営業を廃止、昭和59年に貨物営業も廃止して廃駅になりました。

Dsc00366_20210618065001

歴史博物館近くに残るかっての尼崎港線の跡地です。今も市内にはこのような残された廃線跡を見ることが出来ます。尼崎港線と言うと、かつて東海道線をまたぐ高架線路の上を機関車に客車と貨車を混在してつなげた混合列車を見たことがあります。記憶だけで、記録がないのが残念ですけれど。

Dsc00386

現在の尼崎港駅跡は、阪神高速道路神戸線の南側に隣接した公園になっています。そこにはかつて鉄道の駅があったという痕跡はありませんでした。何かモニュメントのようなものがあってもよかったかもしれませんね。

P14

Dsc00387

尼崎港駅付近の地図がありました。国鉄東海道線から分岐した線路が港のほうまで伸びて、広いヤードを持っていたのが地図の上からもわかります。また、震災後整備されたこの築地という地域の地図からは、尼崎港駅付近が更地になっていることが分かります。いずれにしても、「兵どもが夢の跡」ではありますけれど。

2020年11月22日 (日)

三木鉄道ふれあい館 11/5

Dsc06300 Dsc06301 Dsc06302

11月5日は、神戸電鉄のおもてなし切符を利用して兵庫県のど真ん中に近い三木市を訪ねました。ここにはかつて国鉄三木線、その後の第3セクターによる三木鉄道がありましたが、残念ながら2008年3月に廃線となってしまいました。その三木駅を訪れました。

Dsc06303_20201122064101 Dsc06304 Dsc06306_20201122064101

あいにく訪れた日はこの三木鉄道ふれあい館は休館で入ることができませんでした。館内には、三木線、三木鉄道時代のいろいろな資料があるようです。ガラス越しながら撮影だけしました。

Dsc06312_20201122064101 Dsc06309  

周辺は三木鉄道記念公園として整備され、かつて三木鉄道を走っていた車両に似せたトロッコがありました。これはたまに動くようです。廃線跡は今ではきれいな散歩道になっていました。

Dsc06319 140612141007

最後に神戸電鉄の三木駅まで歩いていきました。三木駅は火災で焼失したものの、近いうちに近代的な建屋の駅になってその姿を現すようです。

三木市は最近、とてもきれいで大きな市庁舎が出来たようです。広々とした敷地の中に建つ庁舎、そこへかけるお金、さらに三木鉄道記念公園の整備にかけるお金の一部でも、三木鉄道存続のための基金に利用できなかったものか、線路を外した鉄道は二度と復活しないことを思うと、釈然としない思いは残ります。

512ofdjc5hl_sx353_bo1204203200_

磯山雅 バロック音楽 豊かなる生のドラマ ちくま学芸文庫/読了・・・・・・バロック音楽の時代がどのようにして生まれ、成熟していったかという長い時間を要約し、とても読みやすい文章でまとめ上げた素晴らしい一冊でした。そして戦後から現代においてもずっと続いているバロックブームの変遷も一つの演奏史として概説されています。この本はもう20数年前に書かれたもので、バロック音楽の演奏自体はさらに発展していることを思うと、著者が遺したほかの作品も探してみたくなります。

2020年9月20日 (日)

神戸臨港線跡 9/14

Dsc04693  Dsc04692

9月14日は、JR灘駅まで行きました。普通電車に乗って30分ほどでしょうか。かつてはホーム屋根の支柱に古レールを使うなどクラシックな雰囲気の駅でしたが、近年装いを新たにしました。その駅の南側に広い散策路があります。ここが神戸臨港線の廃線跡です。

Dsc04694  Dsc04698  Dsc04699

散策路に入ったところにゼロキロポストがありますが、これは新たに設置されたもののようで、散策路の距離はここを起点として測っていくのかな。まっすぐな道はいかにも廃線跡という感じがします。少し進むと多くの鳩が集まっているところがありました。近所の人が餌付けしているのでしょうね。人を怖がる様子がなかったです。

Dsc04695  Dsc04696  Dsc04697_20200920070201

神戸臨港線は1907年、明治40年に一部開業し、その後神戸港突堤と東灘貨物駅を結ぶなどした貨物線です。この路線を貨物列車が走っていたことは記憶にはありますが、記録として残すことはできませんでした。この貨物線も2003年に廃線となってしまいました。

散策路はさらに続いているようですし、その先にもいろいろと遺物があるようなので、一度しっかりと神戸港まで歩いてみたいものです。

Dsc04700

その後、少し南下し阪神電車の岩屋駅まで来ました。兵庫県立美術館の最寄駅だけに、なんだかカラフルな意匠になっていました。

2020年5月30日 (土)

近鉄東信貴鋼索線(ケーブル線)の廃線跡

Dsc02448

昨日紹介しました東信貴鋼索線の廃線跡が、山上と信貴山下駅に今もその名残をとどめています。この解説にあるように、まっすぐなケーブル線が山の上から延びていました。ケーブルは山上にある信貴山朝護孫子寺への参拝に利用されていました。

Dsc08602_20200530081001  Dsc08603_20200530081001  Dsc08605_20200530081001

昨年10月に高安山から信貴山へ抜けるコースを歩いたとき、かつての東信貴鋼索線の山上駅の跡地にあるバス停建屋、さらに廃線跡を利用したハイキング道を歩いています。まっすぐな道ですが、さすがにケーブル線ですから、かなりの急こう配でもありました。

Dsc02451  Dsc02450_20200530081001  Dsc02449

その延長線上にある信貴山下駅前のまっすぐな道が廃線跡になります。ターミナルがかつてのケーブル線の構内の一部なのでしょう。今では信貴山行のバス停にとって代わられています。

Dsc02461_20200530081001  Dsc02465_20200530081001  Dsc02493_20200530081001

さて、信貴山下駅から線路沿いにプラプラと平隆寺まで歩きました。この平隆寺は、発掘調査によって飛鳥時代の瓦が大量に出土していることから、その起源を飛鳥時代に求めることができ、この地方でも特に古い時代の創建であるといわれています。今も、本堂の礎石に当時のものが使われています。

日差しを避けて本堂の階段で一時間ほど文庫本を広げていると、ワイワイとにぎやかなかぎろひ歴史探訪の方々がお見えになりました。

2015年4月16日 (木)

ありませんがありました。

Img_2939ありませんがありました、別にしゃれているわけではありません、(またありませんですね)。実は本日、2015年4月16日は、国鉄有馬線 が開業してちょうど100年という記念の日なのです。今も有馬川に沿って基壇が残るなどいくつかの廃線跡 が確認できるようです。写真は有馬温泉の一番上のホテルから見下ろした風景です。

Img_2190ここは神戸電鉄道場駅の少し北側で、このあたりが国鉄有馬線と神戸電鉄が最も接近していた付近のようです。その当時は、神戸電鉄の道場駅は道場川原駅という名称で、有馬線は新道場駅でした。道場駅は福知山線にありましたから。今度行ったら、廃線跡を探してみようかと思います。

1280pxarima_county_in_hyogo_2地図で見ると、明らかですね。今、この線が残っていれば、大阪方面からでもJR三田駅から直通で有馬温泉に行けますね。今でも人気の有馬温泉がぐっと身近になったであろうと思うと、もったいない話です。線路は戦争による金属供出ではがされたとのこと。有馬線は28年しか存在しなかったようですね。

517b4e3lmhl__sy344_bo1204203200_小島英俊 鉄道技術の日本史 SLから、電車、超電導リニアまで 中公新書/読了・・・・日本の鉄道の歴史を紹介する本はいくつもあるが、その技術に特化したものは少ないのではないだろうか。まぁ、当然車両の技術にその多くが裂かれているけれど。土木技術などにももう少し歩ページが欲しいところかも。それでも、橋梁やトンネルにも触れている。写真や図解も多く、読むだけでなく目からも内容が把握でき、なかなかの力作でした。

その他のカテゴリー

2019四国の旅 JR貨物 Rayフィル かぎろひ歴史探訪 かぶとやま交響楽団 きまぐれ歴史探訪 きまぐれ音楽探訪 その他 ひばりガ丘合奏団 みちのくひとり旅 やまとんくらぶ アイチャンオケ アミーキティア管弦楽団 アンサンブル ラ・ピアチェーレ アンサンブル・アルビレオ アンサンブル・シュシュ アンサンブル・ジョワン アンサンブル・ツヴァイ アンサンブル・デッラ・スフィーダ アンサンブル・フリー アンサンブル・プテイ・タ・プティ アンサンブル・ペルーシュ アンサンブル・ヴィオ インターネット ウォーキング鉄 オーケストラ・アンサンブル・フォルツァ オーケストラ・アンサンブル京都 オーケストラ・クラシック オーケストラ・ソノリテ オーケストラ・ノインテ オーケストラ・ブラヴォー! オーケストラ・ポミエ オーケストラ千里山 オーディオ カメラ カンマーフィルハーモニー神戸 クラシックサロン・アマデウス クラシック音楽 クラシック音楽カフェ クランクレーデ クレセント室内アンサンブル クレー管弦楽団 グルメ コレギウム・ヨハネス コレギウム夙川管弦楽団 シュペーテ弦楽四重奏団 シンフォニア・スピカ セント・マーティン・オーケストラ ディスクユニオン ドイツ紀行 ニュージーランド鉄道 バス バンブスアンサンブル パソコン ファゴット・フェスティバル フェニックスフィル ブレスシンフォニーオーケストラ プリモパッソオーケストラ プロ野球 ホール・バルティカ メイプルフィル ライブカメラ ラグビー ワンコイン市民コンサート ヴェデルニコフ 万葉 三宝鉄道 上甲ウィンドシンフォニー 上甲子園中学吹奏楽部 交響楽団ひびき 京急 京成 京王 京都プレザントオーケストラ 京都工芸繊維大学交響楽団 京阪 今峰由香 伊予鉄 伊予鉄道 伊豆急行 保存車 信濃の旅 八尾フィル 六甲フィル 六甲ライナー 兵庫医科大学医療大学合同オーケストラ_ 兵庫芸術文化センターワンコインコンサート 兵庫芸術文化センター管弦楽団 写真展 切符 初演企画 北大阪急行 北摂フィル 北条鉄道 千里バロック合奏団 千里フィルハーモニア・大阪 南海 卯之町 叡山電車 名指揮者列伝 名鉄 吹奏楽 吹奏楽団 吹田市交響楽団 四国詣で 土佐日記 土佐電 地下鉄 堺フィル 夢の国 ニュージーランド 大井川鉄道 大阪ハイドンアンサンブル 大阪フィルハーモニー交響楽団 大阪メトロ 大阪モノレール 大阪モーツァルトアンサンブル 大阪交響楽団 大阪市営地下鉄 大阪市民管弦楽団 大阪芸術大学管弦楽団 天理シティオーケストラ 奈良歩き 学園都市交響楽団 宝塚ヒルズ室内オーケストラ 宝塚響 富士急行 寝屋川市民管弦楽団 小田急 尼崎市吹奏楽団 尼崎市民交響楽団 居酒屋 山陽 岡山電軌 嵐電 川西市民オーケストラ 幻想フィル 広島電鉄 廃線跡 待兼交響楽団 指揮者 新幹線 旅行 日本センチュリー交響楽団 最近のCD 最近のLP 東京佼成ウィンドオーケストラ 東急 枚方フィル 柴田由貴 樹フィル 武庫川女子大学音楽学部 歴史探訪 水族館 江ノ電 父親のアルバムから 甲南大学OB交響楽団 甲南大響 甲南女子大学管弦楽団 白黒懐かし画像 相愛オーケストラ 相愛フィルハーモニア 神戸アンサンブルソロイスツ 神戸市地下鉄 神戸電鉄 福井鉄道 紫苑交響楽団 美術 能・狂言 能勢電 芦屋フィル 芦屋交響楽団 芦屋室内合奏団 若林顕 華ノ音 落語 蒸気機関車 藤井貴宏 藤田真央 街歩き 衣笠交響楽団 西宮交響楽団 西宮探訪 西武 豊中市民管弦楽団 豊橋鉄道 辻本玲 近畿フィルハーモニー管弦楽団 近鉄 遠州鉄道 鉄道 鉄道前面展望 長楽庵 関西グスタフ・マーラー交響楽団 関西フィルハーモニー管弦楽団 関西医科学生交響楽団 関西大学OB交響楽団 関西大学交響楽団 関西学院交響楽団 阪堺電車 阪急 阪神 阪神タイガース 阪神フィル 静岡鉄道 飛行機 高松琴平電鉄 高槻フィル 高槻室内管弦楽団 高橋真珠 JR四国 JR東日本 JR東海 JR西日本

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー