国鉄奈良機関区

  • Photo_7
    昭和46年に奈良機関区を訪ねています。変わりやすい天気で、晴れていると思ったら急に雨が降ってきて大変な日でした。

THE 大阪駅~特急編~

  • 16
    中高生のころ、大阪駅はまだ日常の中にはなく、特急列車を撮りに行く特別な場所であった。栄光の時代が残っていた大阪駅に発着する特急列車の姿を封じ込めました。

THE 大阪駅~急行編~

  • 1258
    大阪駅に発着する急行を集めてみました。行き先によっては、ディーゼルカーの急行もあり、思えば楽しい駅だったのですね。ご興味の方は写真帖のずっと下にある「甲子園口急行物語」もご覧ください。

昭和45-47年の天王寺駅

  • キハ58 きのくに
    天王寺駅は単に竜華や奈良方面、阪和方面への乗り換え駅だったが、紀勢線ホームは頭端駅として有名だった。 時折、乗り換えの途中、駅撮りなどしていたようだ。

竜華・昭和46年

  • Photo_3
    昭和46年に数回に分けて竜華へ出陣しています。当時の関西線はローカルそのもの、まだまだ煙も多く残っていました。

甲子園口(その周辺)急行物語

  • Photo_7
    甲子園口西方の踏切があったあたり、そのもう少し西側の日通の倉庫前あたりは友人たちとのたまり場でした。陽が暮れるまで電車の通過を楽しんでいました。

京都駅残照・昭和45年前後

  • Photo_3
    昭和45年当時、京都駅へ行く機会は限られていたが、その中で残していた写真の中からいくつかを抜粋した。 京都の寺社、観光地に興味を持つのはもう少し後になった。

西宮を走った国鉄電車特急・昭和45年頃

  • Photo_2
    国鉄時代、地元西宮でもいろいろな電車特急が走っていた。 そのすべてではないが、手元に残る写真のうちからいくつかを抜粋した。

あぁ上野駅 昭和46年

  • 特急やまびこ
    初めて東京へ行った昭和46年、昔の風情の残る上野駅に間に合いました。

神戸市電 最後の日

  • 星電社前
    1971年3月に神戸市電は歴史を閉じました。その最終日に神戸市内の各所で写真に収めましたが、思えば震災前の神戸の街も封じ込めたことになりました。

東海道のんびり行

  • 24
    昭和49年5月に、当時まだ走っていた急行桜島・高千穂に乗って、のんびり東海道を東上しました。そのときの車窓風景をまとめました。

京阪滝井駅 昭和50年

  • Photo_2
    京阪電車は今年、中ノ島新線の開通や電車の塗装変更、さらに往年の名特急1900系の引退と話題に事欠きませんが、ごく普通に走っていた昭和50年の滝井駅の様子はこんな感じでした。

昔日の近江鉄道

  • Photo_4
    近江鉄道は、学生時代からの万葉旅行会で近江蒲生野へ行くときに撮影した程度だった。これはその一連の名残である。 「茜さす紫野行き標野行き野守りは見ずや妹が袖ふる」

マンモス機 EH10

  • 04
    国鉄が作った最大最強のマンモス電気機関車EH10。 今でこそ、8軸の電機はいろいろあるけれど、目に焼きついているのはこの機関車だ。

京都市電

  • 2607
    京都へ行くと市内の移動はたいてい市電だった。 市電だと京都初心者にもわかりやすかった。 たまにバスに乗るとぐるっと市内の引き回しにあったり、とんでもない方向へ走ったりと痛い目に会ったからだ。

きーんてーつ特急

  • Photo_11
    70年代の近鉄特急の白黒写真を集めてみました。点数も少なく恐縮ですが、関西には少ない観光特急の雰囲気だけでも伝えたい。おまけにあおぞら号も何枚か。

近鉄、ちょっと前の車両たち

  • 1413
    1980年代に撮った近鉄の一般車両の中からチョイスしてみた。少し小さいというだけで、なんだか親しみを感じる車両の面白さもある。

野上電鉄、廃止3週間前

  • キハ28
    1994年3月末をもって廃止された野上電鉄を、廃止3週間前に友人の2Aカレチさんと訪れた。併せて周辺の鉄道へも足を運んだので、藤並駅でみた有田鉄道のキハをおまけに追加した。

阪神5314F 愛

  • Img_6204
    阪神電車最古参の5314Fは5550Fの新規参入によっていよいよ引退の時期を迎えた。この前パン貫通幌を持つ古き阪神電車の顔を残す編成を追いかけた。

ゴハチ

  • 16ef58
    今も人気のEF58ばかりを集めました。近所鉄の西宮、武庫川をはじめ大阪駅、少し遠くて下関。元気にゴハチが走り回っていた時代がありました。

琴電 旧型車を並べて

  • Img_0059
    平成10年から出張が多かった四国ですが、何回かは高松に足を運んで琴電を追いました。古い写真がなぜか見つからないので、旧型車が消える数年前からのものばかりです。

RRE様HP掲載一覧

  • 0001601
    ブログ開設以前はRREさんの掲示板への投稿を続けていました。ここに、その投稿画像をまとめましたので、ご笑覧いただければと思います。

島原鉄道2007

  • Img_2046
    去年の3月に出○ついでに諫早駅周辺、島原鉄道、足を少し伸ばして長崎電軌を訪問しました。島原鉄道の一部廃止は残念です。

JR九州の車両たち、諫早駅周辺

  • Img_2023
    ラストランブームになったなは/あかつきもこのころは全然注目されず。九州はいろんな列車があって楽しめます。

長崎は今日も雨

  • Img_2117
    長崎ではすごい雨にあいました。それにもめげず、撮り鉄に励んできました。

名鉄瀬戸線

  • Img_1926
    名鉄瀬戸線に6750系という大手私鉄最後の吊りかけ車が走っていると聞いて訪問しました。2008.03.24

惜別 0系新幹線 

  • 01 相生駅 0系の横顔
    いよいよ平成20年11月末に引退する0系新幹線。山陽路で活躍していた近年の記録です。

四国の気動車

  • 四国は今でも気動車の天国です。その中でも、普通車の運用に供せられる車両を集めてみました。普通車だけにDCより気動車という言い方が似合います。

名鉄にあったレールバス

  • 到着したレールバスからの乗り換え
    名鉄の三河線、猿投の先には西中金まで延びる単線があり、そこには今ではその姿をほとんど見ることが出来ないレールバスがひっそりと走っていました。1987年4月、2Aカレチさんと訪れた記録です。

名鉄揖斐線

  • 512号車内
    1987年4月に2Aカレチさんと名鉄を訪れました。 揖斐線は一時下車した美濃北方駅と黒野駅での写真です。

名鉄の旧型車

  • 103763
    1987年4月 2Aカレチさんと一緒に名鉄を訪れました。 名鉄の本線あたりでもまだまだ吊り掛け車が走っていました。

名鉄岐阜市内線

  • 08
    1987年4月、2Aカレチさんと名鉄を訪れた。岐阜市内線をとりあえず撮影した後、揖斐線へと向かった。

明延鉱山とともに

  • 04_img_0155
    小学生時代、明延鉱山の学校とクラス同士の文通をした。その場所がどこだか全く知らずに居たが1円電車の存在は知っていた。その地を訪れたのは随分大人になってからとなった。

鍛冶屋線~愛と死をみつめて

  • 09_img_0334
    大正12年に全線が開通した鍛冶屋線はJR後の平成2年、その歴史に幕を下ろした。 また、「愛と死をみつめて」で有名なミコこと大島みち子さんはこの沿線の方で、線路を見下ろす小高い岡の上にお墓がある。

EF65 0番台原色+茶ガマ

  • 103_img_2881
    かつて、全国の直流区間ではおなじみだったEF65の0番台も、今では岡山に集結する11機のみである。そのうち、原色を保っているのはわずか4両となった。

関西学院交響楽団

2019年7月 8日 (月)

関西学院交響楽団第113回定期演奏会

65955934_2377779945879666_24694617554498  65919010_2377779952546332_14212726461038

昨日7月7日は、尼崎のアルカイックホールで開かれた関西学院交響楽団の第113回定期演奏会を聞きました。この学生オケ、創立が1913年という事ですから今年で106年、凄い歴史を刻んでいますね。国内でも、九州大学、慶応大学に次ぐ老舗のようです。その間にも、作曲家の大澤壽人を輩出するなど、分厚い歴史が感じられます。

66103824_2377780029212991_11514152681660

さて、昨日はまず学生指揮でメンデルスゾーンの「真夏の夜の夢」序曲が演奏されました。しっかりと棒を振った落ち着いた演奏でしたね。次いで、客演指揮の水戸博之さんによってボロディンの交響曲第2番が演奏されました。この曲、かつては多くの学生オケ、アマオケで演奏されましたが、最近は余りプログラムに乗らず、久しぶりに拝聴しました。出だしのアインザッツの乱れが気になったものの、走り出したらオーケストラもビシッと決まって迫力ある演奏となりました。

66245494_2377780045879656_19853974191095

後半は、チャイコフスキーのバレエ音楽「白鳥の湖」抜粋です。長い長い全曲から13曲を選んで演奏されました。馴染みの曲も、そうでない曲も実に楽しく聴くことができました。そして、白眉はコンミスによるヴァイオリンソロです。とても難しいフレーズが続くのですが、実に軽々と、そして魅力的というか蠱惑的で豊かでつやつやとした音色ですっかり魅了されました。これには大拍手です。アンコールにラフマニノフのヴォカリーズ、白鳥の湖で大音量の音楽が続きましたので、これは癒されました。

次回の定期演奏会は佐渡裕さんを招いての阪神・淡路大震災25周年メモリアルとのこと、一層の活躍をお願いしますね。

2018年11月25日 (日)

関西学院 秋の中央講堂コンサート2018

46512288_2216914185299577_506138412昨日、11月24日は、昼も夜もコンサートという音楽漬けの一日でしたが、まずは、関西学院大学の中央講堂で開かれたオール関西学院 秋の中央講堂コンサート2018という、現役の関西学院交響楽団とOB交響楽団の合同演奏によるコンサートを聴きました。写真は有名な関西学院の芝生広場、背景は西宮のシンボル、甲山、その後ろは六甲山です。

46525680_2216914248632904_704952171この中央講堂へ来るのは初めてで、大学の中にこんな大きなコンサートにも使えるホールがあるといいですね。私が通った大学は、体育館兼用のホールで、音響は全然ダメでしたね。どこのホールへ行っても同じですが、2階席の中央やや右側に陣取りました。

46507865_2216914328632896_681628034コンサートは、ファミリーコンサート、名曲コンサートという2部で構成されていますが、後半の合同演奏によるチャイコフスキーのくるみ割り人形の組曲は、なかなか熱のこもった演奏で楽しめました。最後の花のワルツ、何回聴いても、この音楽から伝わる幸福感は大好きです。

ここを聞き終えて、今度は久しぶりのザ・シンフォニーホールへ向かいました。

2016年6月26日 (日)

関西学院交響楽団第127回定期演奏会

Img_7574梅雨の晴れ間の本日、午後から尼崎のアルカイックホールで開かれた関西学院交響楽団の第127回定期演奏会を聞いた。指揮は、先日、宝塚市交響楽団を振って抜群のシベリウスの2番を披露した新田ユリ。今日も、メインはシベリウスだ。その前に、学生の金田京美さんによる指揮で、ベートーヴェンのコリオラン序曲が演奏された。これが意外にと言っては失礼だが、オーケストラから分厚い響きを引き出していて、聞きごたえのあるベートーヴェンとなった。

Img_7573次いで、新田ユリの指揮で、リストの前奏曲が演奏された。名曲ではあるが、なかなか実演に接することがないので、こういう機会はうれしいものだ。休憩をはさんでシベリウスの交響曲第1番が演奏された。オーケストラの技量が宝塚市響とは少し違うことを差し引いても、音楽を大づかみにして歌い上げる新田さんの演奏は素晴らしいものでした。特に冒頭のクラリネットさんは大変な緊張の中で朗々と歌い上げ、その後の展開をしっかりとする核となった。

2016年2月19日 (金)

関西学院交響楽団第126回定期演奏会

Img_6160雲が空を覆いだした本日の夕方、西宮北口の芸文ホールで開催された関西学院交響楽団の第126回定期演奏会を聞いた。まず、フンパーディンクの歌劇「ヘンゼルとグレーテル」の序曲から始まった。指揮は学生の亀田君。ただ、彼の緊張がオケにも伝わってしまい、音は濁るし、テンポも危ないし、少し力が入りすぎましたかね。でも、良い思い出になるでしょうね。

Img_6161次の、マスネの組曲第4番「絵のような風景」からは指揮は角田鋼亮に変わった。このひと、セントラル愛知響の指揮者らしく、実にわかりやすい指揮でオーケストラを引っ張った。ただ、引っ張るだけでなく、指揮が変わってからオーケストラの響き、透明感、技術、すべての面でレベルがアップした。これは指揮の魔術ですね。楽しい曲で、これはCDがあったら欲しい曲ですね。

Img_6162休憩の後、ラフマニノフの交響曲第2番が演奏された。昨年の暮れから、今年にかけて、ずいぶんこの曲ばかりに当たってしまっています。好きな曲ではありますが、濃厚なメロディにはやられてしまいます。今回の演奏はそれほど重いものではなく、快活なテンポで進められ、オーケストラも十分応えていましたね。4回生の皆さんはこれで卒団となります、お疲れ様でした。

2015年7月 5日 (日)

関西学院交響楽団第125回定期演奏会

4img_4140湿度の高い本日、昼からいたみホールで開催された関西学院交響楽団の第125回定期演奏会を、KGOBの西宮ナジオンさんとともに聞いた。まず、学生指揮の亀田健一郎君のタクトでベートーヴェンのエグモント序曲。生真面目なインテンポで曲が進み、最後はダイナミックに締めた。きっと大変な緊張の中にあったことだろう、お疲れ様でした。弦楽器も分厚くて、この曲にはぴったりでした。

Img_4008次いで客演の新通英洋という人の指揮で、ビセーの「アルルの女」組曲第2番が演奏された。大変熱のこもった指揮振りで、この明るい曲調の楽曲を豪快にまとめた。もう少し、闊達なテンポでも良かったかもしれないけれどね。

休憩の後、ブラームスの交響曲第4番が演奏された。指揮者は相変わらず、熱狂的に棒を振るが、この曲だと自己陶酔型のこの人の指揮ぶりは曲想とどんどんかい離していってしまう。何もかも、熱血漢の気持ちで臨んではどうなのかと思う。興奮すると、ただただ、ぶるぶると棒を振るというのもなんだかねぇ。

そして、改めてブラームスの4番を思う。音符をただ指示通りに演奏しただけでは、音楽にまとわる情感や空気感に接することもなく、作曲家が描いたものの再現に程遠い楽曲ということでは、その最たるもののひとつなのだろう。

2015年2月17日 (火)

関西学院交響楽団第124回定期演奏会

Img001関西学院創立125周年を記念してと題された関西学院交響楽団の第124回定期演奏会が西宮北口の兵庫芸術文化センターで開かれたので聞きに行った。今夜は、関学OBの西宮ナジオンさんと苦楽園老松町さんもご一緒だ。プログラムにあるように、創立記念なので学校の歌も演奏された。ついで、学生指揮によるドリーブのコッペリアから前奏曲とマズルカ。きびきびした動きというか、ぎこちないというかロボットのような指揮振りだったが、却って好印象。

Img_3269客演指揮は船橋洋介というひと。何回かはきいたことあるが印象は薄い。まず、ブラームスのハイドン変奏曲だが、オーケストラはこわごわ発進したみたいで、思いっきりの悪い演奏に終始し残念。後半はかなりそろってきたようだけど。休憩を挟んでチャイコフスキーの交響曲第5番が演奏された。これは練習量も豊富なのか、丁寧な仕上がりと十分な音量が出ていて、楽しめた。後半になるほど熱を帯びてきて、観客の気分も上がってきたのがわかった。今回で4回生は卒団ということらしい、お疲れ様でした。

2014年2月18日 (火)

関西学院交響楽団 創部100周年記念 第122回定期演奏会

Img002 夕方から風が一層冷たさを増した本日、芸文ホールで開かれた関西学院交響楽団の創部100周年を記念する第122回定期演奏会を聞いた。指揮は大阪交響楽団正指揮者の寺岡清高、ヴァイオリンソロに大阪フィルのコンマスだった長原幸太という、記念演奏会にふさわしい豪華なゲストが並ぶ。

まず団内指揮者の越智雄太の指揮でブラームスの大学祝典序曲。不安げな開始だったが徐々に音楽が盛り上がってきた。関係ないけど、越智くん、間違いなく愛媛県の系統ですね。そういう名前です。

次いで、長原のソロでメンデルスゾーンの協奏曲が演奏されたが、何とも雑な音楽が流れて興が冷めた。フレーズの処理も雑いし、オーケストラに合わせようという気もなさそう。音もぎすぎす音程も安定せず、本気じゃない様子。オーケストラの響きが柔らかくて良かったのに残念。かつてこういう演奏、天満敦子で聞いたことがある。品がない。

Img_1787 休憩の後、ブルックナーの交響曲第4番が演奏された。良くも悪くもなく、大きな冒険もなく、盛り上がりも少ない反面、大きな損失もない演奏。最終楽章くらいでしょうか、少しメリハリがついてきたのは。学生オケだとこれくらいと割り切った指揮者の扱いだったのかも。この曲でなくても良かったのではないだろうか。100周年でなんで4番かな?

関学オケ、100周年ということで、それなりのゲストを迎えたようだが、こちこちのプロにはアマオケとの共演は少ししんどいかもですね。身の丈に合ったゲスト乃至団内指揮者を育てることに励まれた方がベターかも・・・・という思いに至ったコンサートでした。それにしても、全部で2時間半はしんどいですなぁ。

2013年11月 4日 (月)

関西学院OB交響楽団・・・・

お誘いをいただいて関西学院OB交響楽団のコンサート、残念ながら所用のため行けなくなりました。今回、特に丁寧なご案内をいただきましたし、今朝の朝日新聞に記事も載っていたので紹介させてもらいます。行かれる方々、楽しんできてください。

兵庫芸術文化センターで午後3時から開演。入場料1000円。

Img005Img006

2013年6月30日 (日)

関西学院交響楽団第121回定期演奏会

Img_0905晴れてはいるけれど、何とも湿度の高い空気が支配する日曜日、自転車を飛ばしてアルカイックホールで開かれた関西学院交響楽団の第121回定期演奏会を聞いた。先日の藤井さんのパーティに参加された学生さんも出演されるという。

Img_0904さて、まず演奏されたのは、学生指揮者の越智雄太(絶対に田舎は愛媛県だ。と宣言してもいい・・・意味なし)によるシューベルトのロザムンデ。こわごわの開始からしばらくするとオーケストラも分厚い音を出してきて、明るい色調で終えた。硬い棒の手振りだったが、振り終えた時の笑顔が爽やか。

指揮が客演の中井章徳に代わると、俄然オーケストラも活気が満ちてきて、次のリストの前奏曲も充実した演奏になった。

休憩の後、大曲ブラームスの交響曲第1番が演奏された。第1楽章の出だしでティンパニのフェイントがあってビックリさせられたが、全体としてはテンポがゆったりとしていて、好みの流れを作っていた。第2楽章から第4楽章までは、少しの間だけをおいて、実質的に続けて演奏されたのは緊張感を保つうえで成功した。最後のコラールは弦楽器の厚みもうねりも大きな音楽の流れを作っていて、充実のコンサートを堪能した。

2013年2月11日 (月)

関西学院交響楽団第120回記念定期演奏会

Img_0397冬晴れの本日、立花から自転車を飛ばして、西宮北口の芸文ホールで開かれた関西学院交響楽団の第120回記念定期演奏会を、音楽仲間の苦楽園老松町さんと聞いた。本日は学生指揮者の矢間さんと客演の横島勝人の指揮。会場はほとんど埋まっていて盛況。リムスキー・コルサコフの序曲「皇帝の花嫁」が矢間さんの指揮で披露された。短い曲だが、力感たっぷりの指揮ぶりはこの1曲でも長い時間に感じられたことだろう。さわやかな印象。

Img_0398横島に棒が替わり、チャイコフスキーの序曲「1812年」が演奏された。なかなか実演に出くわさない曲だが、金管を2階客席にも配置する演出で大いに盛り上げた。休憩の後は、チャイコフスキーの交響曲第4番。これも力感あふれる演奏となったが、テンポや音量の変化はあまりつけず、フレーズをきっちり刻むスタイルで、どっちかというと冒険しなかった感じかなぁ・・・・アマオケらしく爆発してほしかったところだ。アンコールに、眠りの森の美女からワルツ。バレンタインを前に甘くお開きとなった次第である。

本日は、オーケストラ・ソノリテさんや紫苑交響楽団からもご招待をいただいていたが、近場の関学オケとした。二つのアマオケさん、すんませなんだなぁ。

その他のカテゴリー

2019四国の旅 JR貨物 Jフィル MIZUMO T-ストリングス かぎろひ歴史探訪 その他 みちのくひとり旅 やまとんくらぶ アイチャンオケ アミーキティア管弦楽団 アンサンブル ラ・ピアチェーレ アンサンブル・アルビレオ アンサンブル・コスモリバティ アンサンブル・ジョワン アンサンブル・ツヴァイ アンサンブル・フリー アンサンブル・ミンネン アンサンブル・ヴィオ ウォーキング鉄 オルガンコンサート オーケストラ・アンサンブル・フォルツァ オーケストラ・クラシック オーケストラ・ソノリテ オーケストラ・ノインテ オーケストラ・ブラヴォー! オーケストラ・ポミエ オーケストラ千里山 オーディオ カメラ カンマーフィルハーモニー京都 カンマーフィルハーモニー神戸 クラシックサロン・アマデウス クラシック音楽 クランクレーデ クレセント室内アンサンブル クレー管弦楽団 グッド・シーズン・アンサンブル グルメ コレギウム・ヨハネス コレギウム夙川管弦楽団 シンフォニア・スピカ セント・マーティン・オーケストラ ゾンアーベント・アンサンブル タリヘーレ四重奏団 ダムカード テレマン室内オーケストラ ディスクユニオン ドイツ紀行 ニイジマ・キネン・オーケストラ ニュージーランド鉄道 ハイマート交響楽団 ハイマート合唱団 バス バッハクライス神戸 バンブスアンサンブル パソコン ファゴット・フェスティバル フェニックスフィル フォンス・フローリス古楽院 プロ野球 ホール・バルティカ ミモザの会 ミュー室内管弦楽団 メイプルフィル ライブカメラ ラグビー ワンコイン市民コンサート ヴェデルニコフ 万葉 三宝鉄道 上甲ウィンドシンフォニー 上甲子園中学吹奏楽部 交響楽団ひびき 京急 京成 京王 京都フィロムジカ管弦楽団 京都プレザントオーケストラ 京都大学交響楽団 京都工芸繊維大学交響楽団 京阪 伊予鉄 伊予鉄道 伊豆急行 信濃の旅 六甲フィル 兵庫医科大学医療大学合同オーケストラ_ 兵庫芸術文化センター管弦楽団 切符 初演企画 北摂フィル 北総 千里フィルハーモニア・大阪 南海 卯之町 叡山電車 合唱団 名鉄 吹奏楽 吹奏楽団 吹田市交響楽団 四国詣で 土佐くろしお鉄道 土佐日記 土佐電 地下鉄 堺フィル 夢の国 ニュージーランド 大井川鉄道 大阪センチュリー交響楽団 大阪フィルハーモニー交響楽団 大阪フロイデ合唱団 大阪メトロ 大阪モーツァルトアンサンブル 大阪交響楽団 大阪市営交通局 大阪市営地下鉄 大阪市民管弦楽団 大阪芸術大学管弦楽団 天理シティオーケストラ 奈良女子大管 奈良歩き 学園都市交響楽団 宝塚響 富士急行 寝屋川市民管弦楽団 小田急 尼崎市吹奏楽団 尼崎市民交響楽団 尼崎弦楽アンサンブル 居酒屋 山陽 岡山電軌 嵐電 川西市民オーケストラ 幻想フィル 広島電鉄 廃線跡 待兼交響楽団 指揮者 新京成 新幹線 旅行 日本センチュリー交響楽団 最近のCD 最近のLP 東京佼成ウィンドオーケストラ 東急 東武 枚方フィル 樹フィル 武庫川女子大学音楽学部 水族館 水間鉄道 江ノ電 父親のアルバムから 甲南大学OB交響楽団 甲南大響 甲南女子大学管弦楽団 白黒懐かし画像 相愛フィルハーモニア 相鉄 神戸アンサンブルソロイスツ 神戸大学響 神戸市地下鉄 神戸電鉄 神戸高校OBオーケストラ 福井鉄道 私の名盤シリーズ 箕面コンセルト室内合奏団 紫苑交響楽団 美術 聖ソフィア・バラ合唱団/合奏団 能・狂言 能勢電 芦屋交響楽団 芦屋室内合奏団 若林顕 落語 蒸気機関車 藤井貴宏 衣笠交響楽団 西宮交響楽団 西宮探訪 西武 見仏 豊中市民管弦楽団 豊橋鉄道 近江鉄道 近畿フィルハーモニー管弦楽団 近鉄 遠州鉄道 鉄道 長岡京市民管弦楽団 長崎電軌 長楽庵 関西グスタフ・マーラー交響楽団 関西フィルハーモニー管弦楽団 関西医科学生交響楽団 関西大学交響楽団 関西学院交響楽団 関西SPレコード愛好会 阪堺電車 阪急 阪神 阪神タイガース 阪神フィル 静岡鉄道 須磨フィル 飛行機 高松琴平電鉄 高槻フィル 高槻室内管弦楽団 龍谷大学交響楽団 JR四国 JR東日本 JR東海 JR西日本

フォト

掲示板

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

無料ブログはココログ