衣笠交響楽団

2019年7月22日 (月)

衣笠交響楽団第27回定期演奏会

67230601_2388048534852807_77951650329075

一昨日、7月20日はなかなか興味をそそるようなコンサートがなかったのですが、昨日7月21日は、ノインテ、阪大響、クラン・クレーデそして衣笠響といくつものアマオケのコンサートがほぼ同時刻の開催と重なっていました。もう少し曜日がばらけないものでしょうか。とか、思いながら、立命館大学のいばらきフューチャープラザ・グランドホールで開かれた衣笠交響楽団の第27回定期演奏会を聴きました。

67137443_2388048564852804_76185213645545

指揮は、団内OBの小島さんと林さんで、ブラームスのハイドンの主題による変奏曲、チャイコフスキーの白鳥の湖からのハイライト、ベートーヴェンの交響曲第7番と言うプログラムです。ハイドンバリエーション、この曲で大感激するとかはなかなかな楽曲ですけれど、いくつか面白いと思えるニュアンスが伝わってきました。どこがどうとかは表現できませんが。白鳥の湖は最近関学オケで聞いたところなのでどうしても比較してしまいます。ちょっと乱れとかもあったかな。

67233942_2388048598186134_14501961928257

ここで、気が付いたのですが、このホールで聞くオーケストラの音は、弦楽器は程よくブレンドされて聞こえるのですが、管楽器、特に金管楽器は、ストレートなデッドな感じで、さらにとても大きな音に聞こえるのですね。金管楽器が鳴り出すと、弦楽器の音がかき消されてしまいます。また、木管楽器でもとても大きな音に聞こえますね。昨日は弦楽器でも50名ほど、たしか、11+11+10+7+8くらいの編成でしたが、管楽器に押されていましたね。白鳥の湖では、曲によってはブラスバンドの演奏のようでした。

67281833_2388048624852798_64098864461271

ベートーヴェンの交響曲第7番は、小島さんの熱のこもった指揮で、とてもアップテンポの快活な演奏でした。演奏自体は、岩をちぎっては投げと言うようなごつごつ感もあって、とても面白いものでした。オケの方々も力がいっぱい入っていたのでしょうね、終わった後の解放感が伝わってきました。ところが、意外に客席の拍手が醒めたものだったのが、???でした。あまりの熱演に客席が置かれていってしまったのでしょうか。

67211375_2388048658186128_83870572634030

衣笠交響楽団、アマオケの中でも、特にアマチュアイズムをもって活動していましたね。かつては、衣響全国ツアー京都公演とか銘打っての演奏会があったり、広島カープの真っ赤な客席でタイガースの衣装で座る団長さんの紹介写真がパンフに載っていたりと、なにかひねりがある団体でしたが、今回の演奏会では、普通のアマオケになっていました。なんだか、寂しいなぁ。

67332598_2388048684852792_12329394210959

茨木へ向かう途中の阪急電車も貼っておきます。カラフルな車両が増えていますね。

2018年7月14日 (土)

祇園祭り&衣笠交響楽団第26回定期公演

Dsc09135阪急電車の烏丸駅を降りて地上に出るとその日差しの強さ、気温の高さに、一瞬クラっとしてしまいましたが、今日の京都の暑さは尋常ではなかったですね。あとで聞いたら、体温より高い38度を超えたらしいです。まさに、夏真っ盛りというところでしょうか。京都は祇園祭です。そして、これは、四条通の長刀鉾です。コンコンチキチン(^^♪  そのほか、辻々に鉾や山が並んでいましたよ。また、ブログがお知らせしますね。

Dsc09151さて、今日は、北山まで足を延ばし、京都コンサートホールで開かれた衣笠交響楽団の第26回定期公演を聴きました。シュトラウスの美しく青きドナウを立命館交響楽団指揮者の林淳さん、マーラーの交響曲第5番を伊藤和夫さんが指揮しました。

Image1_jpegマーラーの交響曲は、トランペットが少し音楽に乗り切れてなかったので、次のフレーズとどうなるかなという聞き方をしたものですから、妙な緊張感があった上に、最終楽章が始まったしばらくすると、会場に焦げた匂い(実際は近隣で火災があって、その煙が流れてきたもののようです)が空調から流れてきたため、集中できなかったこともあって、残念でした。もっといい条件で聞きたかったですね。

2016年7月17日 (日)

京都の夏、そして第九 衣笠交響楽団第24回定期公演

Img_7704本日は蒸し暑い京都を訪れた。地下鉄を降りて11時半に烏丸御池の交差点に上がった時は既に先頭の長刀鉾は通り過ぎていて、函谷鉾が丁とやってきた。そこからほとんど終わりの鉾、山まで見送ってしまった。実は、山鉾巡行を見るのはこれが初めてのこと。何とも優雅でのんびりとしたパレードでしたね。

Img_7712さて、その後本日の目的である衣笠交響楽団の第24回定期公演に行きました。今日とコンサートホールです。年に一回、立命館大学交響楽団のOB、OGが集うオーケストラで、真のアマチュアズムを感じる団体ですが、今回は、ラヴェルの古風なメヌエット、ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番、さらにベートーヴェンの第九交響曲という無茶なプログラムです。指揮は伊藤和夫、ピアノはまだ学生の出口青空(本当にあおぞらさんと言います)

Img_7713ラフマニノフは、ゆったりとしたテンポで始まり、堂々としたピアノの響きがホールに満ちましたね。終始、そういう展開となって、大きなスケール感がありました。こういう曲にはぴったりですね。青空さんのブルーのまさに青空のようなドレスも印象的でした。

第九は、まさに熱演でしたね。団員の演奏への一所懸命さが伝わってくる内容でした。また、今回は京都コンサートホールの2階奥に座りましたが、芳醇な響きと残響で、素晴らしく良い音に聞こえました。昨年末の芸文オケの第九、6月初めの徳島の第九に続いて、今回の第九となりました。こんなに第九を聞いた年は無いかもしれません。夏の第九、堪能しました。

その他のカテゴリー

2019四国の旅 JR貨物 Rayフィル かぎろひ歴史探訪 かぶとやま交響楽団 きまぐれ歴史探訪 きまぐれ音楽探訪 その他 ひばりガ丘合奏団 みちのくひとり旅 やまとんくらぶ アイチャンオケ アミーキティア管弦楽団 アンサンブル ラ・ピアチェーレ アンサンブル・アルビレオ アンサンブル・シュシュ アンサンブル・ジョワン アンサンブル・ツヴァイ アンサンブル・デッラ・スフィーダ アンサンブル・フリー アンサンブル・プテイ・タ・プティ アンサンブル・ペルーシュ アンサンブル・ヴィオ インターネット ウォーキング鉄 オーケストラ・アンサンブル・フォルツァ オーケストラ・アンサンブル京都 オーケストラ・クラシック オーケストラ・ソノリテ オーケストラ・ノインテ オーケストラ・ブラヴォー! オーケストラ・ポミエ オーケストラ千里山 オーディオ カメラ カンマーフィルハーモニー神戸 クラシックサロン・アマデウス クラシック音楽 クラシック音楽カフェ クランクレーデ クレセント室内アンサンブル クレー管弦楽団 グルメ コレギウム・ヨハネス コレギウム夙川管弦楽団 シュペーテ弦楽四重奏団 シンフォニア・スピカ セント・マーティン・オーケストラ ディスクユニオン ドイツ紀行 ニュージーランド鉄道 バス バンブスアンサンブル パソコン ファゴット・フェスティバル フェニックスフィル ブレスシンフォニーオーケストラ プリモパッソオーケストラ プロ野球 ホール・バルティカ メイプルフィル ライブカメラ ラグビー ワンコイン市民コンサート ヴェデルニコフ 万葉 三宝鉄道 上甲ウィンドシンフォニー 上甲子園中学吹奏楽部 交響楽団ひびき 京急 京成 京王 京都プレザントオーケストラ 京都工芸繊維大学交響楽団 京阪 今峰由香 伊予鉄 伊予鉄道 伊豆急行 保存車 信濃の旅 八尾フィル 六甲フィル 六甲ライナー 兵庫医科大学医療大学合同オーケストラ_ 兵庫芸術文化センターワンコインコンサート 兵庫芸術文化センター管弦楽団 写真展 切符 初演企画 北大阪急行 北摂フィル 北条鉄道 千里バロック合奏団 千里フィルハーモニア・大阪 南海 卯之町 叡山電車 名指揮者列伝 名鉄 吹奏楽 吹奏楽団 吹田市交響楽団 四国詣で 土佐日記 土佐電 地下鉄 堺フィル 夢の国 ニュージーランド 大井川鉄道 大阪ハイドンアンサンブル 大阪フィルハーモニー交響楽団 大阪メトロ 大阪モノレール 大阪モーツァルトアンサンブル 大阪交響楽団 大阪市営地下鉄 大阪市民管弦楽団 大阪芸術大学管弦楽団 天理シティオーケストラ 奈良歩き 学園都市交響楽団 宝塚ヒルズ室内オーケストラ 宝塚響 富士急行 寝屋川市民管弦楽団 小田急 尼崎市吹奏楽団 尼崎市民交響楽団 居酒屋 山陽 岡山電軌 嵐電 川西市民オーケストラ 幻想フィル 広島電鉄 廃線跡 待兼交響楽団 指揮者 新幹線 旅行 日本センチュリー交響楽団 最近のCD 最近のLP 東京佼成ウィンドオーケストラ 東急 枚方フィル 柴田由貴 樹フィル 武庫川女子大学音楽学部 歴史探訪 水族館 江ノ電 父親のアルバムから 甲南大学OB交響楽団 甲南大響 甲南女子大学管弦楽団 白黒懐かし画像 相愛オーケストラ 相愛フィルハーモニア 神戸アンサンブルソロイスツ 神戸市地下鉄 神戸電鉄 福井鉄道 紫苑交響楽団 美術 能・狂言 能勢電 芦屋フィル 芦屋交響楽団 芦屋室内合奏団 若林顕 華ノ音 落語 蒸気機関車 藤井貴宏 藤田真央 街歩き 衣笠交響楽団 西宮交響楽団 西宮探訪 西武 豊中市民管弦楽団 豊橋鉄道 辻本玲 近畿フィルハーモニー管弦楽団 近鉄 遠州鉄道 鉄道 鉄道前面展望 長楽庵 関西グスタフ・マーラー交響楽団 関西フィルハーモニー管弦楽団 関西医科学生交響楽団 関西大学OB交響楽団 関西大学交響楽団 関西学院交響楽団 阪堺電車 阪急 阪神 阪神タイガース 阪神フィル 静岡鉄道 飛行機 高松琴平電鉄 高槻フィル 高槻室内管弦楽団 高橋真珠 JR四国 JR東日本 JR東海 JR西日本

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー