国鉄奈良機関区

  • Photo_7
    昭和46年に奈良機関区を訪ねています。変わりやすい天気で、晴れていると思ったら急に雨が降ってきて大変な日でした。

THE 大阪駅~特急編~

  • 16
    中高生のころ、大阪駅はまだ日常の中にはなく、特急列車を撮りに行く特別な場所であった。栄光の時代が残っていた大阪駅に発着する特急列車の姿を封じ込めました。

THE 大阪駅~急行編~

  • 1258
    大阪駅に発着する急行を集めてみました。行き先によっては、ディーゼルカーの急行もあり、思えば楽しい駅だったのですね。ご興味の方は写真帖のずっと下にある「甲子園口急行物語」もご覧ください。

昭和45-47年の天王寺駅

  • キハ58 きのくに
    天王寺駅は単に竜華や奈良方面、阪和方面への乗り換え駅だったが、紀勢線ホームは頭端駅として有名だった。 時折、乗り換えの途中、駅撮りなどしていたようだ。

竜華・昭和46年

  • Photo_3
    昭和46年に数回に分けて竜華へ出陣しています。当時の関西線はローカルそのもの、まだまだ煙も多く残っていました。

甲子園口(その周辺)急行物語

  • Photo_7
    甲子園口西方の踏切があったあたり、そのもう少し西側の日通の倉庫前あたりは友人たちとのたまり場でした。陽が暮れるまで電車の通過を楽しんでいました。

京都駅残照・昭和45年前後

  • Photo_3
    昭和45年当時、京都駅へ行く機会は限られていたが、その中で残していた写真の中からいくつかを抜粋した。 京都の寺社、観光地に興味を持つのはもう少し後になった。

西宮を走った国鉄電車特急・昭和45年頃

  • Photo_2
    国鉄時代、地元西宮でもいろいろな電車特急が走っていた。 そのすべてではないが、手元に残る写真のうちからいくつかを抜粋した。

あぁ上野駅 昭和46年

  • 特急やまびこ
    初めて東京へ行った昭和46年、昔の風情の残る上野駅に間に合いました。

神戸市電 最後の日

  • 星電社前
    1971年3月に神戸市電は歴史を閉じました。その最終日に神戸市内の各所で写真に収めましたが、思えば震災前の神戸の街も封じ込めたことになりました。

東海道のんびり行

  • 24
    昭和49年5月に、当時まだ走っていた急行桜島・高千穂に乗って、のんびり東海道を東上しました。そのときの車窓風景をまとめました。

京阪滝井駅 昭和50年

  • Photo_2
    京阪電車は今年、中ノ島新線の開通や電車の塗装変更、さらに往年の名特急1900系の引退と話題に事欠きませんが、ごく普通に走っていた昭和50年の滝井駅の様子はこんな感じでした。

昔日の近江鉄道

  • Photo_4
    近江鉄道は、学生時代からの万葉旅行会で近江蒲生野へ行くときに撮影した程度だった。これはその一連の名残である。 「茜さす紫野行き標野行き野守りは見ずや妹が袖ふる」

マンモス機 EH10

  • 04
    国鉄が作った最大最強のマンモス電気機関車EH10。 今でこそ、8軸の電機はいろいろあるけれど、目に焼きついているのはこの機関車だ。

京都市電

  • 2607
    京都へ行くと市内の移動はたいてい市電だった。 市電だと京都初心者にもわかりやすかった。 たまにバスに乗るとぐるっと市内の引き回しにあったり、とんでもない方向へ走ったりと痛い目に会ったからだ。

きーんてーつ特急

  • Photo_11
    70年代の近鉄特急の白黒写真を集めてみました。点数も少なく恐縮ですが、関西には少ない観光特急の雰囲気だけでも伝えたい。おまけにあおぞら号も何枚か。

近鉄、ちょっと前の車両たち

  • 1413
    1980年代に撮った近鉄の一般車両の中からチョイスしてみた。少し小さいというだけで、なんだか親しみを感じる車両の面白さもある。

野上電鉄、廃止3週間前

  • キハ28
    1994年3月末をもって廃止された野上電鉄を、廃止3週間前に友人の2Aカレチさんと訪れた。併せて周辺の鉄道へも足を運んだので、藤並駅でみた有田鉄道のキハをおまけに追加した。

阪神5314F 愛

  • Img_6204
    阪神電車最古参の5314Fは5550Fの新規参入によっていよいよ引退の時期を迎えた。この前パン貫通幌を持つ古き阪神電車の顔を残す編成を追いかけた。

ゴハチ

  • 16ef58
    今も人気のEF58ばかりを集めました。近所鉄の西宮、武庫川をはじめ大阪駅、少し遠くて下関。元気にゴハチが走り回っていた時代がありました。

琴電 旧型車を並べて

  • Img_0059
    平成10年から出張が多かった四国ですが、何回かは高松に足を運んで琴電を追いました。古い写真がなぜか見つからないので、旧型車が消える数年前からのものばかりです。

RRE様HP掲載一覧

  • 0001601
    ブログ開設以前はRREさんの掲示板への投稿を続けていました。ここに、その投稿画像をまとめましたので、ご笑覧いただければと思います。

島原鉄道2007

  • Img_2046
    去年の3月に出○ついでに諫早駅周辺、島原鉄道、足を少し伸ばして長崎電軌を訪問しました。島原鉄道の一部廃止は残念です。

JR九州の車両たち、諫早駅周辺

  • Img_2023
    ラストランブームになったなは/あかつきもこのころは全然注目されず。九州はいろんな列車があって楽しめます。

長崎は今日も雨

  • Img_2117
    長崎ではすごい雨にあいました。それにもめげず、撮り鉄に励んできました。

名鉄瀬戸線

  • Img_1926
    名鉄瀬戸線に6750系という大手私鉄最後の吊りかけ車が走っていると聞いて訪問しました。2008.03.24

惜別 0系新幹線 

  • 01 相生駅 0系の横顔
    いよいよ平成20年11月末に引退する0系新幹線。山陽路で活躍していた近年の記録です。

四国の気動車

  • 四国は今でも気動車の天国です。その中でも、普通車の運用に供せられる車両を集めてみました。普通車だけにDCより気動車という言い方が似合います。

名鉄にあったレールバス

  • 到着したレールバスからの乗り換え
    名鉄の三河線、猿投の先には西中金まで延びる単線があり、そこには今ではその姿をほとんど見ることが出来ないレールバスがひっそりと走っていました。1987年4月、2Aカレチさんと訪れた記録です。

名鉄揖斐線

  • 512号車内
    1987年4月に2Aカレチさんと名鉄を訪れました。 揖斐線は一時下車した美濃北方駅と黒野駅での写真です。

名鉄の旧型車

  • 103763
    1987年4月 2Aカレチさんと一緒に名鉄を訪れました。 名鉄の本線あたりでもまだまだ吊り掛け車が走っていました。

名鉄岐阜市内線

  • 08
    1987年4月、2Aカレチさんと名鉄を訪れた。岐阜市内線をとりあえず撮影した後、揖斐線へと向かった。

明延鉱山とともに

  • 04_img_0155
    小学生時代、明延鉱山の学校とクラス同士の文通をした。その場所がどこだか全く知らずに居たが1円電車の存在は知っていた。その地を訪れたのは随分大人になってからとなった。

鍛冶屋線~愛と死をみつめて

  • 09_img_0334
    大正12年に全線が開通した鍛冶屋線はJR後の平成2年、その歴史に幕を下ろした。 また、「愛と死をみつめて」で有名なミコこと大島みち子さんはこの沿線の方で、線路を見下ろす小高い岡の上にお墓がある。

EF65 0番台原色+茶ガマ

  • 103_img_2881
    かつて、全国の直流区間ではおなじみだったEF65の0番台も、今では岡山に集結する11機のみである。そのうち、原色を保っているのはわずか4両となった。

JR四国

2017年10月19日 (木)

秋の四国詣で 帰る途中に

Img_3183さて、いよいよ秋の四国詣でもこれで最終回になりそうです。27日はもう帰るだけです。朝9時に卯之町を出る特急宇和海で松山に向かいます。松山では10分ほどの乗り継ぎ時間で、高松・岡山方面行の特急いしづち・しおかぜに乗ります。これで、丸亀でいったん下車します。

Img_3186それは、何と言っても丸亀駅前の一鶴で骨付きどりを食べるためです。時刻もちょうどお昼時ですし。今回は、ひな鳥におむすびのセットです。それに鳥スープがついてきます。昨夜呑みすぎているので、昼のビールは無しですが。以前は噛み応えがある親どりを食べることが多かったですが、最近はあごに優しいひな鳥が多いですね。

Img_3190丸亀から高松へ行き、そこからバスで三宮まで帰りました。丸亀でやってきた特急列車は、JR四国と台湾の鉄道局がコラボして台湾の特急に見立てた塗装の8000系がやってきました。今までにも見たことはありましたが、乗るのは初めてです。今回も充実の四国詣での3日間でしたね。

2017年10月 5日 (木)

秋の四国詣で 新居浜駅あたり

Dsc06637先月25日からの四国詣で、徳島から阿波池田、大歩危峡から琴平を回り、その後、多度津経由で新居浜駅まで来ました。新居浜駅周辺はここ数年のうちに市街地開発によって大きく変貌しました。以前あったホテルや売店、民家などが立ち退かされ、新しい道路、新しい住宅地、新しいホテルができました。これは新しく建った駅前の東横インの部屋からの眺めです。

Dsc06634少し駅の北側(海側)に景色を振ると、駅前にあかがねミュージアムという建物が見えてきます。これは、銅の算出で有名な別子銅山が新居浜にあったこと、それが昭和の年代に閉山してしまったことなどから、それを後世に伝えるためのもののようです。残念ながら、まだ入ったことがありません。

Img_3121周囲が新しい街になったとはいえ、新居浜駅の本体は昔のままです。多少、建物の回りのオブジェがぽっかりとしていますが、暮れるとその化粧も薄らぎ、昔の情緒が漂い始めます。

2017年10月 4日 (水)

秋の四国詣で 琴平

Img_3111先月25日からの四国詣で、大歩危峡から今度は多度津方面へ戻り、少し時間があったので琴平で下車しました。昔々に金毘羅神社の上まで登りましたが、今回は残念ながら(やれやれ)それだけの時間はありません。下車したJR琴平駅の駅舎、なかなか良い雰囲気です。

Dsc06617琴平駅には、最近リニューアルして生まれたJR四国の7200系車両が停車していました。これは元の121系という電車の、台車を新しいものに取り換えたり、抵抗制御方式をVVVF化したり、座席配置を変えたりとした電車でエコカーと呼ばれています。

Dsc06628さて、そこから金毘羅神社のほうに歩いていくとすぐに琴電の琴平駅があります。ここには元京王の5000系が停車していました。駅舎は更新されてしまいましたが、背後の高灯ろうはそのままです。この高灯ろう、幕末に立てられたもので、当時は瀬戸内海を行く船からの目印になったそうです。

2017年10月 3日 (火)

秋の四国詣で 大歩危峡

Dsc06613先月25日から回っていた四国詣ですが、徳島から阿波池田へ行き、そこから高知行き特急南風に乗り換えて大歩危まで行きました。何回もこの路線には乗っているのですが、大歩危で下車したことがなかったので、どんなところか興味がありました。

駅を降りると、駅前には特に何もなく、大歩危峡はここからかなり奥のようですね。川のほうに出ると展望台があって、ちょいとした絶景が望めました。

Dsc06610駅には、ちょうど大歩危観光に出かけたお客さんの帰りを待つ四国まんなか千年ものがたりのキロ185系が停車していました。今まで何回かすれ違って車体は見ていますが、写真に撮ったのは初めてです。ただ、ここまでキラキラしているとなんだか違和感も沸いてきますけれど。

2017年10月 2日 (月)

秋の四国詣で 阿波池田

Img_31029/25は、徳島を特急剣山で出発し、車内では、徳島の秋の味覚、ボウゼ寿司をお昼御飯としました。このボウゼ寿司は、うおぜという魚を三枚に開いて、酢漬けにしたもののお寿司です。その酢の締め方もかなり長時間のようで、しっかりと酢がしみ込んでいます。徳島以外ではお目にかかったことがありませんが、あっさりとした味わいと上に乗ったスダチの香りが清々して逸品です。機会があればぜひお試しください。同じところで売っていた穴子の巻きずしも思わず買ってしまいました。

Dsc06592_2さて、特急剣山に乗って一時間余りで到着したのは、阿波池田です。吉野川を登り切ったところにある山間の地で、周りを山に囲まれた地形です。司馬遼太郎は、ここに道が集まり、ここから道が始まるところなので、クチ(漢字は忘れました)というところだと言ってます。

Dsc06600ここで高知方面行きの特急を待っていると、先に高知発岡山行きの特急南風がやってきました。背景となる山々も壁のように、屏風のように立ち上がり、広がっています。繁忙期はこの特急が5両編成となることもあり、その姿は堂々としたものです。

2017年9月27日 (水)

秋の四国詣で 徳島駅

Img_3092今月は誕生月という事で、JR四国ではその月の生まれのひと専用に、バースディ切符という大変お得な切符を発売しています。ということで、とりあえずの四国入りは三宮から高速バスを利用して徳島に行きました。徳島駅前の高いヤシの木がお出迎えです。

Dsc06562徳島駅は、電化されていませんから広いヤードの空は大変明るく、JR四国の車両のモチーフとなっているブルーが映えますね。新しい車両の導入も進んでいますが、キハ47がまだ多く見られます。多分、通勤通学の時間帯は、このような3両編成で走っているものと思います。

Dsc06558徳島からは、特急剣山で阿波池田を目指します。以前は駅弁とかがあったのですが、今はコンビニがあるくらいで、そこには都会で買うようなものしかありませんでした。駅前の百貨店に行くと、うれしいことにこの季節の味、ボウゼ寿司がありました。ウオゼを酢漬けにして物を乗せたお寿司でその上にスダチが乗せてあります。

1cover下川裕治 東南アジア全鉄道制覇の旅 タイ・ミャンマー迷走編 双葉文庫/読了・・・・・・・四国旅の間に読み終えた本ですが、タイやミャンマーのすさまじい鉄道状況がルポされています。どう凄いかというと、地図に列車の線路が正確に書かれていない、列車ダイヤに地元のひとしか乗らないようなのは記載されていない、運休しているのか走っているのか現地に行って確かめないとわからない、そんな中ですべての鉄道に乗ろうという旅ですが、著者が途中からは求道者のような心持になっていく様子が伺えます。アジアは手ごわいですね。

2017年7月 6日 (木)

四国詣で 高知から卯之町へ

Img_2232高知の夜は更けて行き、ガラリ夜が明けるというと、すっきりした青空にはなっていなかったものの、雨は降っていませんでした。8時20分高知発中村行きの特急しまんとに乗って、途中の窪川駅まで乗ります。ここで、中村方面と宇和島方面に分かれます。窪川駅で待っていたのは、新幹線タイプのディーゼルカーでした。

Img_2244新幹線タイプのディーゼルカーは、列車内の棚に列車模型が並べられていたり、新幹線で実際に使われていた座席が置かれていたりと、遊び心満載です。これに揺られて、四万十川と並行して進みます。四万十川には、テレビなどでよく紹介されている沈下橋も見ることができます。

Img_2259途中の江川崎という山間の小駅で、列車交換のために20分ほど停車します。お客さんは降りてきて、車両の写真を撮ったり、駅にあるお土産屋さんを覗いたりと、のんびりした旅が続きます。

2017年6月28日 (水)

四国くるり切符で四国詣で

Img_21686月30日までの期間で、四国くるり切符というのが発売されています。これは、例えば大阪市内発だと、岡山までの新幹線こだまの往復と、岡山から四国に入って、四国内を巡るのに特急列車の自由席なら乗り放題、それで14,800円という大変素晴らしい切符です。

Img_2167この切符を利用して、26日から本日まで四国へ渡っていました。新大阪駅からは、レールスター700系新幹線です。新幹線は指定席の利用ができます。したがって、レールスターだと、2席+2席の豪華なシートに座れますので、岡山までとはいえ、大変楽ちんな旅の出だしになりました。

Img_2170岡山からは、すぐの連絡が高知行きの特急南風5両編成になります。この列車には、徳島行きの特急うずしお3両も連結されいたので、合わせて8両編成の、今ではこんなに車両をつないで走るディーゼル特急はなかなか見当たりませんね。珍しい列車に当たりました。さて、その後の四国詣ではまた明日からのネタとします。

9784094082715小泉武夫 ニッポン快食紀行 小学館文庫/読了・・・・・・・発酵学の権威の先生が全国の旨いものめぐりをして、食べまくるという豪快な本ですが、この先生もテレビなどのマスコミでよく見かけますね。北海道は釧路から沖縄石垣島まで、それは食べ散らかした内容ですが、また先にふれることになりますけれど、こういった本の類でうまいうまいと言われても自分で足を運んで食べてみないと実際はわかりませんね。

2017年2月21日 (火)

JR四国、新車両のニュース

20170130213523 1月から2月にかけて、JR四国の新しいディーゼル特急の話題で出てきました。
従来の2000系の特急車両は、約30年前にデビューした後、活躍してきましたが初期車両はそろそろという年輪を重ねていました。
新しい車両は、振子装置ではなく、車体傾斜システムでの運用という事で、少しは左右に振られるかなと思います。写真はJR四国のサイトからです。
 
Dsc03805 四国と言えば、毎月卯之町まで出かけていますが、その四国詣でも、来月をもって一応の区切りになります。
霧の卯之町で、ディーゼル特急の初期型のTSEがやってきました。
この車両の引退も迫ってきたという事ですね。

2016年9月24日 (土)

さらば四国 高松⇒徳島⇒三ノ宮

Img_8155 丸亀で骨付き鳥を食した後は、一本後の特急いしづちで高松駅に到着。丸亀に来る途中、多度津駅で多数のご同業が出勤していたのですが、どうも、高松駅に先に到着していた7200系がお目当てだったようです。これが第2編成で、この日がお披露目だったようです。
 
Img_8158 徳島では、10分の連絡でこの三宮行きのバスが発車します。お土産とか何にも買う時間がありません。お土産は、高知ですでに購入しておいた吟醸酒がたっぷりしみ込んだ吟醸カステラです。これは、高知に行くたびに購入する必須アイテムですね。大阪では売っていないので、高知へ行くときの楽しみでもあります。
 
Img_8159 さて、今回利用した特急の切符です。実際にはこのほかに、卯之町⇔宇和島の往復をしていますが、これはバースディ切符を見せるだけでの往復でした。こんなことを書いているうちに、次に四国へ向かう日々がまた近づいてきました。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

JR貨物 | Jフィル | MIZUMO | T-ストリングス | かぎろひ歴史探訪 | その他 | やまとんくらぶ | アンサンブル ラ・ピアチェーレ | アンサンブル・アルビレオ | アンサンブル・コスモリバティ | アンサンブル・ジョワン | アンサンブル・ツヴァイ | アンサンブル・フリー | アンサンブル・ミンネン | アンサンブル・ヴィオ | ウォーキング鉄 | オルガンコンサート | オーケストラ・アンサンブル・フォルツァ | オーケストラ・ソノリテ | オーケストラ・ノインテ | オーケストラ・ブラヴォー! | オーケストラ・ポミエ | オーケストラ千里山 | オーディオ | カメラ | カンマーフィルハーモニー京都 | クラシックサロン・アマデウス | クラシック音楽 | クランクレーデ | クレセント室内アンサンブル | クレー管弦楽団 | グッド・シーズン・アンサンブル | グルメ | コレギウム・ヨハネス | コレギウム夙川管弦楽団 | セント・マーティン・オーケストラ | ゾンアーベント・アンサンブル | タリヘーレ四重奏団 | ダムカード | テレマン室内オーケストラ | ディスクユニオン | ニイジマ・キネン・オーケストラ | ニュージーランド鉄道 | ハイマート交響楽団 | ハイマート合唱団 | バス | バッハクライス神戸 | バンブスアンサンブル | パソコン | フォンス・フローリス古楽院 | ホール・バルティカ | ミモザの会 | ミュー室内管弦楽団 | メイプルフィル | ライブカメラ | ラグビー | ワンコイン市民コンサート | ヴェデルニコフ | 万葉 | 三宝鉄道 | 上甲ウィンドシンフォニー | 上甲子園中学吹奏楽部 | 交響楽団ひびき | 京急 | 京成 | 京王 | 京都フィロムジカ管弦楽団 | 京都大学交響楽団 | 京阪 | 伊予鉄 | 伊予鉄道 | 伊豆急行 | 六甲フィル | 兵庫医科大学医療大学合同オーケストラ_ | 兵庫芸術文化センター管弦楽団 | 切符 | 初演企画 | 北摂フィル | 北総 | 南海 | 卯之町 | 合唱団 | 吹奏楽 | 吹奏楽団 | 吹田市交響楽団 | 土佐くろしお鉄道 | 土佐日記 | 土佐電 | 地下鉄 | 堺フィル | 夢の国 ニュージーランド | 大井川鉄道 | 大阪センチュリー交響楽団 | 大阪フィルハーモニー交響楽団 | 大阪フロイデ合唱団 | 大阪モーツァルトアンサンブル | 大阪交響楽団 | 大阪市営交通局 | 大阪市営地下鉄 | 大阪市民管弦楽団 | 大阪芸術大学管弦楽団 | 奈良女子大管 | 学園都市交響楽団 | 宝塚響 | 富士急行 | 小田急 | 尼崎市吹奏楽団 | 尼崎市民交響楽団 | 尼崎弦楽アンサンブル | 居酒屋 | 山陽 | 岡山電軌 | 嵐電 | 広島電鉄 | 廃線跡 | 指揮者 | 新京成 | 新幹線 | 旅行 | 日本センチュリー交響楽団 | 最近のCD | 最近のLP | | 東急 | 東武 | 枚方フィル | 武庫川女子大学音楽学部 | 水族館 | 水間鉄道 | 江ノ電 | 父親のアルバムから | 甲南大学OB交響楽団 | 甲南大響 | 甲南女子大学管弦楽団 | 白黒懐かし画像 | 相鉄 | 神戸アンサンブルソロイスツ | 神戸大学響 | 神戸電鉄 | 神戸高校OBオーケストラ | 福井鉄道 | 私の名盤シリーズ | 箕面コンセルト室内合奏団 | 紫苑交響楽団 | 美術 | 聖ソフィア・バラ合唱団/合奏団 | 能勢電 | 芦屋交響楽団 | 芦屋室内合奏団 | | 若林顕 | 落語 | 蒸気機関車 | 藤井貴宏 | 衣笠交響楽団 | 西宮交響楽団 | 西宮探訪 | 見仏 | 豊中市民管弦楽団 | 豊橋鉄道 | 近江鉄道 | 近畿フィルハーモニー管弦楽団 | 近鉄 | 遠州鉄道 | 鉄道 | 長岡京市民管弦楽団 | 長崎電軌 | 長楽庵 | 関西グスタフ・マーラー交響楽団 | 関西フィルハーモニー管弦楽団 | 関西医科学生交響楽団 | 関西学院交響楽団 | 関西SPレコード愛好会 | 阪堺電車 | 阪急 | 阪神 | 阪神タイガース | 静岡鉄道 | 須磨フィル | 飛行機 | 高松琴平電鉄 | 高槻室内管弦楽団 | | 龍谷大学交響楽団 | JR四国 | JR東日本 | JR東海 | JR西日本

フォト

掲示板

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

無料ブログはココログ