国鉄奈良機関区

  • Photo_7
    昭和46年に奈良機関区を訪ねています。変わりやすい天気で、晴れていると思ったら急に雨が降ってきて大変な日でした。

THE 大阪駅~特急編~

  • 16
    中高生のころ、大阪駅はまだ日常の中にはなく、特急列車を撮りに行く特別な場所であった。栄光の時代が残っていた大阪駅に発着する特急列車の姿を封じ込めました。

THE 大阪駅~急行編~

  • 1258
    大阪駅に発着する急行を集めてみました。行き先によっては、ディーゼルカーの急行もあり、思えば楽しい駅だったのですね。ご興味の方は写真帖のずっと下にある「甲子園口急行物語」もご覧ください。

昭和45-47年の天王寺駅

  • キハ58 きのくに
    天王寺駅は単に竜華や奈良方面、阪和方面への乗り換え駅だったが、紀勢線ホームは頭端駅として有名だった。 時折、乗り換えの途中、駅撮りなどしていたようだ。

竜華・昭和46年

  • Photo_3
    昭和46年に数回に分けて竜華へ出陣しています。当時の関西線はローカルそのもの、まだまだ煙も多く残っていました。

甲子園口(その周辺)急行物語

  • Photo_7
    甲子園口西方の踏切があったあたり、そのもう少し西側の日通の倉庫前あたりは友人たちとのたまり場でした。陽が暮れるまで電車の通過を楽しんでいました。

京都駅残照・昭和45年前後

  • Photo_3
    昭和45年当時、京都駅へ行く機会は限られていたが、その中で残していた写真の中からいくつかを抜粋した。 京都の寺社、観光地に興味を持つのはもう少し後になった。

西宮を走った国鉄電車特急・昭和45年頃

  • Photo_2
    国鉄時代、地元西宮でもいろいろな電車特急が走っていた。 そのすべてではないが、手元に残る写真のうちからいくつかを抜粋した。

あぁ上野駅 昭和46年

  • 特急やまびこ
    初めて東京へ行った昭和46年、昔の風情の残る上野駅に間に合いました。

神戸市電 最後の日

  • 星電社前
    1971年3月に神戸市電は歴史を閉じました。その最終日に神戸市内の各所で写真に収めましたが、思えば震災前の神戸の街も封じ込めたことになりました。

東海道のんびり行

  • 24
    昭和49年5月に、当時まだ走っていた急行桜島・高千穂に乗って、のんびり東海道を東上しました。そのときの車窓風景をまとめました。

京阪滝井駅 昭和50年

  • Photo_2
    京阪電車は今年、中ノ島新線の開通や電車の塗装変更、さらに往年の名特急1900系の引退と話題に事欠きませんが、ごく普通に走っていた昭和50年の滝井駅の様子はこんな感じでした。

昔日の近江鉄道

  • Photo_4
    近江鉄道は、学生時代からの万葉旅行会で近江蒲生野へ行くときに撮影した程度だった。これはその一連の名残である。 「茜さす紫野行き標野行き野守りは見ずや妹が袖ふる」

マンモス機 EH10

  • 04
    国鉄が作った最大最強のマンモス電気機関車EH10。 今でこそ、8軸の電機はいろいろあるけれど、目に焼きついているのはこの機関車だ。

京都市電

  • 2607
    京都へ行くと市内の移動はたいてい市電だった。 市電だと京都初心者にもわかりやすかった。 たまにバスに乗るとぐるっと市内の引き回しにあったり、とんでもない方向へ走ったりと痛い目に会ったからだ。

きーんてーつ特急

  • Photo_11
    70年代の近鉄特急の白黒写真を集めてみました。点数も少なく恐縮ですが、関西には少ない観光特急の雰囲気だけでも伝えたい。おまけにあおぞら号も何枚か。

近鉄、ちょっと前の車両たち

  • 1413
    1980年代に撮った近鉄の一般車両の中からチョイスしてみた。少し小さいというだけで、なんだか親しみを感じる車両の面白さもある。

野上電鉄、廃止3週間前

  • キハ28
    1994年3月末をもって廃止された野上電鉄を、廃止3週間前に友人の2Aカレチさんと訪れた。併せて周辺の鉄道へも足を運んだので、藤並駅でみた有田鉄道のキハをおまけに追加した。

阪神5314F 愛

  • Img_6204
    阪神電車最古参の5314Fは5550Fの新規参入によっていよいよ引退の時期を迎えた。この前パン貫通幌を持つ古き阪神電車の顔を残す編成を追いかけた。

ゴハチ

  • 16ef58
    今も人気のEF58ばかりを集めました。近所鉄の西宮、武庫川をはじめ大阪駅、少し遠くて下関。元気にゴハチが走り回っていた時代がありました。

琴電 旧型車を並べて

  • Img_0059
    平成10年から出張が多かった四国ですが、何回かは高松に足を運んで琴電を追いました。古い写真がなぜか見つからないので、旧型車が消える数年前からのものばかりです。

RRE様HP掲載一覧

  • 0001601
    ブログ開設以前はRREさんの掲示板への投稿を続けていました。ここに、その投稿画像をまとめましたので、ご笑覧いただければと思います。

島原鉄道2007

  • Img_2046
    去年の3月に出○ついでに諫早駅周辺、島原鉄道、足を少し伸ばして長崎電軌を訪問しました。島原鉄道の一部廃止は残念です。

JR九州の車両たち、諫早駅周辺

  • Img_2023
    ラストランブームになったなは/あかつきもこのころは全然注目されず。九州はいろんな列車があって楽しめます。

長崎は今日も雨

  • Img_2117
    長崎ではすごい雨にあいました。それにもめげず、撮り鉄に励んできました。

名鉄瀬戸線

  • Img_1926
    名鉄瀬戸線に6750系という大手私鉄最後の吊りかけ車が走っていると聞いて訪問しました。2008.03.24

惜別 0系新幹線 

  • 01 相生駅 0系の横顔
    いよいよ平成20年11月末に引退する0系新幹線。山陽路で活躍していた近年の記録です。

四国の気動車

  • 四国は今でも気動車の天国です。その中でも、普通車の運用に供せられる車両を集めてみました。普通車だけにDCより気動車という言い方が似合います。

名鉄にあったレールバス

  • 到着したレールバスからの乗り換え
    名鉄の三河線、猿投の先には西中金まで延びる単線があり、そこには今ではその姿をほとんど見ることが出来ないレールバスがひっそりと走っていました。1987年4月、2Aカレチさんと訪れた記録です。

名鉄揖斐線

  • 512号車内
    1987年4月に2Aカレチさんと名鉄を訪れました。 揖斐線は一時下車した美濃北方駅と黒野駅での写真です。

名鉄の旧型車

  • 103763
    1987年4月 2Aカレチさんと一緒に名鉄を訪れました。 名鉄の本線あたりでもまだまだ吊り掛け車が走っていました。

名鉄岐阜市内線

  • 08
    1987年4月、2Aカレチさんと名鉄を訪れた。岐阜市内線をとりあえず撮影した後、揖斐線へと向かった。

明延鉱山とともに

  • 04_img_0155
    小学生時代、明延鉱山の学校とクラス同士の文通をした。その場所がどこだか全く知らずに居たが1円電車の存在は知っていた。その地を訪れたのは随分大人になってからとなった。

鍛冶屋線~愛と死をみつめて

  • 09_img_0334
    大正12年に全線が開通した鍛冶屋線はJR後の平成2年、その歴史に幕を下ろした。 また、「愛と死をみつめて」で有名なミコこと大島みち子さんはこの沿線の方で、線路を見下ろす小高い岡の上にお墓がある。

EF65 0番台原色+茶ガマ

  • 103_img_2881
    かつて、全国の直流区間ではおなじみだったEF65の0番台も、今では岡山に集結する11機のみである。そのうち、原色を保っているのはわずか4両となった。

オーケストラ・ソノリテ

2019年2月17日 (日)

オーケストラ・ソノリテ第36回定期演奏会

52507976_2277737262550602_361566353今日は午前中、阪急千里線の南千里駅近くで開催されているキタオオサカ大学という講座で、鉄道の旅と題する講演?を聞いてきました。なかなか面白かったですね。

その後、尼崎のアルカイックホールで開かれたオーケストラ・ソノリテの第36回定期演奏会を聞くために、阪急⇒阪神と乗り継いでやってきました。ソノリテからご招待をいただいておりました。

52136274_2277737315883930_593513727今日は、シューベルトのロザムンデ序曲、シベリウスの交響曲第7番、そしてブラームスの交響曲第1番というラインナップです。ロザムンデ、シベリウスともに分厚い弦楽器の音が奏でる和音が素晴らしく、楽想は違う曲なのですが、それぞれの色合いをはっきりと打ち出した演奏だと感じました。

52480823_2277737335883928_628775789休憩の後は、ブラームスです。この曲、先日はムーティ指揮シカゴ交響楽団というとてつもないスーパーオーケストラで聞いたわけですが、その無類、空前絶後の技量には脅かされましたが、さて音楽の内容はというと、何とも平板な印象しか残っていません。ソノリテの演奏、傷がなかったかというとそうでもないのですが、白谷さんがぐいぐい引っ張るものですから、ここに一期一会の音楽が生まれていました。音楽の本分はアマチュアにあり、芥川さんがかつて言われていた音楽への姿勢が感じられました。

2018年8月12日 (日)

オーケストラ・ソノリテ第35回定期演奏会

38991988_2132860990371564_117708594今日は雨が降る予報だったので、お墓の掃除は明日に回して、という段取りでしたが、阪神間では雨は一滴も降りませんでしたね。もう地面はカラカラだと思います。さて、蒸し暑い一日でしたが、昼からアルカイックホールで行われたオーケストラ・ソノリテの第35回定期演奏会を聞きました。真夏の庄下川とアルカイックホールと青い空。

38872830_2132860983704898_517246418今日は、バブアゼさんの指揮で、スメタナの売られた花嫁序曲、ベートーヴェンの交響曲第1番、ドヴォルザークの交響曲第8番というプログラムでした。売られた花嫁、きっちりとした音楽でむやみやたらに流すという事がなく、襟を正した音楽でしたね。もっと崩しても面白いかも。

39060129_2132861003704896_720782434ベートーヴェンの1番って、なかなか聴けないですね、貴重な機会でした。最終楽章に力を爆発させた印象です。ドヴォルザークの8番は、対立した旋律を浮かび上がらせながら歌うところを強調した演奏で、すっごくロマンティックな音楽に聞こえました。バブアゼさんの熱演指揮に引っ張られて、オーケストラも力のこもった元気いっぱいの演奏でした。特に管楽器の方々、ソロになると、皆さん結構吹きましたね。

2018年2月11日 (日)

オーケストラ・ソノリテ第34回定期演奏会

Image1_jpeg午前中、梅田界隈での用事を済ませ、昼から阪神電車に乗って尼崎まで乗車。勤めていた時は毎日乗っていた電車ですが、最近はとんとご無沙汰です。今日は、オーケストラ・ソノリテの第34回定期演奏会を聴きに、アルカイックホールへ行きました。アルカイックホルの横の川を跨ぐ管にも、川面にも、カモメがびっしりと留まっています。

Image2_jpeg今日は、シャブリエの狂詩曲「スペイン」、ドビュッシーの小組曲、最後にベルリオーズの幻想交響曲というプログラムです。指揮は、若手の浦優介、関学オケの学生指揮者だった人ですね。なかなか華麗な指揮姿で、見ていても飽きませんでしたね。演奏会の前にロビーコンサートも行われ、雰囲気を盛り上げていました。

Image4_jpegさて、演奏のほうですが、いくつかの傷はあったものの、スペインのキラキラとした音の洪水、一転、ドビュッシーの繊細な世界、いずれも見事に表現されていたと思います。幻想でもそうでしたが、ゆったりとしたテンポで、一つ一つの音を大切に伝えようという意識が働いて、実にわかりやすい音楽が届きました。それでも幻想では後半になるほど熱を帯びた演奏となりました。

2017年8月27日 (日)

オーケストラ・ソノリテ第33回定期演奏会

Img_2769秋の空気に入れ替わり、晴れて暑いけれど、日陰が心地よい本日、昼から昨日に続いて、尼崎のアルカイックホールに行きました。今日は、オーケストラ・ソノリテの第33回定期演奏会を聴きました。

プログラムは、ウェーバーの歌劇「魔弾の射手」序曲、シューマンの「序曲、スケルツォとフィナーレ」、休憩をはさんで、ヨアヒム・ラフという1822年スイス生まれのひとの交響曲第5番「レオノーレ」というラインナップです。

Img_2770そこそこ老舗オーケストラですから、腕も上々、魔弾の射手は人数のわりに太い音量で、ゆったりとした音楽が流れました。シューマンは、どちらかというとメリハリのついた音楽で、これも飽きることなく楽しめました。指揮は、ギオルギ・バブアゼ。

Img_2771さて、後半のラフの曲ですが、恋人同士の恋の始まりから、戦争によって引き裂かれ、最後は男の死に曳きづられ、破滅へ向うというストーリーを追うものですが、音楽がどちらかというと皮相的ですから、なかなかこれから感涙の涙を流すというところまでは行きません。

それでも、祝祭的な第1楽章、映画音楽のようなフレーズが多用されている第2楽章、しみじみとした味わいの第3楽章、悲壮感を現した終楽章と、それぞれの特徴は表現されましたね。現代だと、映画音楽作曲者として活躍していたかも。

このような珍しい楽曲をアマチュアが取り上げるという事自体が、面白いですね。知らない曲だっただけに、逆に集中して聞くことができました。

2016年8月28日 (日)

オーケストラ・ソノリテ第31回定期演奏会

Img_8036 つらい猛暑の日々か途切れた本日、昼から尼崎のアルカイックホールで行われたオーケストラ・ソノリテの第31回定期演奏会を聞いた。本日は、御知り合いのオーボエ工務店さんをお誘いしてのこと、お疲れ様でした。指揮は、白谷隆。雨か心配だったので、バスで駆け付けたが、これは自転車でも大丈夫なくらい天気は回復した。
 
Img_8037 曲は、初めて聞くドヴォルザークの序曲「自然の王国で」で始まった。ドヴォルザークらしいメロディアスな曲で、これは思わぬ発見ですね。また、音楽のストーリー性もわかりやすく、親しみやすい音楽。次いで、スメタナの我が祖国から第6曲のブラニーク、この演奏はメリハリをつけてダイナミックさを強調した演奏で良かったですね。
 
 
Img_8038 休憩をはさんで、メインのベートーヴェンの田園が演奏された。出だしから、軽快な流れに乗って、淀みがなくすっきりした味わいに仕上がりました。いずれも管楽器の頑張りが盛り上げましたね。アンコールにピチカートポルカでした。
 
615m7cf3hnl 宮部みゆき ここはボツコニアン3 集英社文庫/読了・・・・・・・二軍三国志と副題が付けられたゲームストーリー。まぁ、宮部みゆきの欠いたものは全部読もうとしているために手を伸ばしているシリーズものですね。ゲームしないので、その世界、独特の言葉使い、展開の方向とか、まったくわからないので、ざっと読み通した程度ですが、話としての三国志にはなんだか最近ほかの本の影響もあって、興味が沸いてきています。

2014年8月24日 (日)

オーケストラ・ソノリテ第27回定期演奏会

Img_2590_26月29日以来となるアマチュアオーケストラコンサートとして、雨模様の中、尼崎のアルカイックホールで開かれたオーケストラ・ソノリテ の第27回定期演奏会を聞いた。指揮は、袖岡浩平。先ずは堂々としたテンポで展開するベートーヴェンのエグモント序曲で始まった。弦楽器が分厚くて好みの演奏でした。この曲は聞くたびにコンヴィチュニーの演奏が思い起こされてしまいます。

ついで、ビゼーの交響曲ハ長調が演奏された。ビゼー17歳の作品である。ビゼーはこの時、自分が音楽史でなにを成すかは知らないでしょうね。演奏は少し技巧的に危ない感じで進められたが、この若々しい音楽がこの夏の一服の清涼剤としてこの機会に耳に届けられたのはありがたい。

Photo休憩の後、チャイコフスキーの交響曲第4番が演奏された。これは皆さん十分に練習されていたようで、自信に満ちた演奏が繰り広げられた。先ずは金管の咆哮で始まり、第3楽章のピチカートも力強く奏でられた。最終楽章は言うでもなく力感あふれる演奏で締めくくられた。久しぶりのアマオケの演奏、堪能させていただきました。お客さんも一杯入って、充実の演奏会でしたね。

2013年8月18日 (日)

オーケストラ・ソノリテ第25回定期演奏会

Img_1130暦の上では秋になったとは言うけれど、真夏の太陽がギンギンに輝く本日、午後2時からアルカイックホールで開かれたオーケストラ・ソノリテの第25回定期演奏会を聞いた。ソノリテとは、フランス語で「響き」という意味だという。プログラムは、ベルリオーズの序曲「海賊」という珍しい曲から始まり、プロコフィエフの古典交響曲、休憩を挟んでブラームスの交響曲第2番。指揮は高昌師。

ベルリオーズは、金管も結構活躍する明るい曲調で楽しめた。古典交響曲は、もともとかなり難しい曲だが、何とか無難に仕上げた。ブラームスのこの曲は、まさに歌の交響曲であり、谷あり、山あり、フレーズも歌いに歌える曲だけども、どちらかというと、そういうものをす~っと過ぎてしまった感があり、少々残念。ハッとする瞬間が随所にある楽曲だけにもう少し力感の強弱、伸張、収縮、生き物のような息遣いが聞きたかった。

いずれにしても、久しぶりのコンサートで、会場の冷やされた空気とともに心地良い時間を過ごすことができた。これからほぼ毎週コンサートが続いていくことになる。もう芸術の秋だと思ってみようか。

2012年8月 5日 (日)

オーケストラ・ソノリテ第23回定期演奏会

Img_0681 曇天の本日、午前中の野暮用を終えて、昼から尼崎のアルカイックホールで開催されたオーケストラ・ソノリテの第23回定期演奏会を聴いた。昨夜ご一緒させていただいた川西の信さんことNさんもお越しになっているはずだが、多数の来場者でさすがに探すのは困難だった。

さて、ヴェルディのナブッコの序曲で始まったコンサートは次いでドヴォルザークのアメリカ組曲へと進んだ。この楽団の名前にもなっているソノリテとは「響き」のフランス語ということで、ここではこの楽団の暖かい響きが曲に反映して柔らかい懐かしい演奏になった。

Img_0682 休憩ののちのメンデルスゾーンの交響曲第3番は、この柔らかい響きが残念ながら少し不足したようで、ギスギス感の残るものとなった。とは言え、快活なテンポで進められ、すっきりした快演となった。指揮は今西正和。

この楽団、広く聴衆に開放しようと未就学児童の入場を認めているが、それならそれで会場内にそのための監視係りを配置してほしい。小煩いガキとその親の排除くらいしてもらってもいいんじゃないかな。そういう奴らは自主的には退席しないものだから。

2011年7月31日 (日)

オーケストラ・ソノリテ第21回定期演奏会

Img_4835 今朝は関学で行われた三宝鉄道さんほかによる鉄道フェアを覗いたあと、午後から新神戸にある神戸芸術センターで開催されたオーケストラ・ソノリテの第21回定期演奏会へ行った。写真は高層・高級マンションの階下にある神戸芸術センター。

Img_4837 本日は高昌師の指揮で、ワーグナーの楽劇「ニュルンベルグのマイスタージンガー」第一幕への前奏曲、チャイコフスキーの組曲「くるみ割り人形」、そしてベートーヴェンの交響曲第5番というプログラムだ。夏休みに入って、小学生の子供たちも多く、親しみやすい曲が並んで、そういう人たちにはなじみやすかっただろう。

問題は、そういう子供を連れてきた親たち、特に母親だけど、演奏中に子供がしゃべっていても注意しないし、その受け答えまでしてしまうことだ。せっかく、子供たちがオフィシャルな場所に出てきているのだから、社会的なマナーを教えるいい機会なのに、まったくその逆をしている。それは母親がそういう教育を施されていないからで、これでは治しようがない。善悪の判断のつかない親には子供の教育もできないということ。

このソノリテをはじめ、ほかのアマチュアオーケストラも、今回のように子供の入場を認めているケースが多く見られるが、それならばこの場所での道徳はどういうことかということをアナウンスすべきで、その部分まで介入してはいない。親が何とかすると思っているかも知れないが、それができない現実を知らずにオーケストラ側からだけのお願いになっている。

また、せっかく子供を呼ぶのならば簡単な楽曲の説明や楽器の紹介でもすれば良いのに、プロのオーケストラでも気取っているのか、指揮者が出てきて演奏して、全曲おわったら頼まれもしないのにアンコールして、会場の灯りがついたら本日の予定終わりみたいな、それがコンサートだと思っているのか、アマチュアのできることをしていないように感じる。

せめて、コンマスは演奏会の終わりに客席に向けて楽団を代表して礼を示すべきだし、だらだらと締まりのない態度でコンサートを終えるべきではない。こういうことはプロの演奏会に一度でも接したら、どのように対応すべきかわかるはずで、多くの学生およびアマチュアオーケストラの団員がプロの演奏に接していない現実を現しているのだろうか。

Img_4840 とか、いろいろと考えてしまった本日のオーケストラ・ソノリテの演奏会だった。その後、甲子園球場で行われた阪神タイガースと横浜ベイスターズの試合を観戦に行った。とりあえず阪神が勝ったものだから良かったけれど、盛り上がりの少ない試合だった。

2011年2月20日 (日)

オーケストラ・ソノリテ第20回定期演奏会

Img_2332 天気予報が外れて、曇りがちの本日、午後から尼崎のアルカイックホールで行われたオーケストラ・ソノリテの第20回定期演奏会へ行った。実はセント・マーティン・オーケストラからもお誘いをいただいていたのであるが、ソノリテはご贔屓の指揮者である高谷光信さんがマーラーの9番を振られるということで、こちらへやってきた。セント・マーティンさん、ごめんなさい。

Zither メインの前に常石さやかのチターでヨハン・シュトラウスのウィーンの森の物語が演奏された。チターを使った演奏は、小生のLPコレクションの中にもヨハン・シュトラウスの末裔が指揮したもので再現されているが、生で聞いたのは初めてだった。なかなか、雰囲気が伝わって良いものだった。アンコールはお決まりのように第3の男のテーマ。これにも拍手。

Img_2359 休憩を挟んで本命のマーラーの交響曲第9番が演奏された。この大きな大きな音楽に接すると、日頃のちっぽけな悩みなんか霧散してしまうような気がする。オーケストラも前半はなかなか危なっかしいところもあったが、だんだん乗ってきたというのか、弦楽器なんか実にまとまりのある演奏になった。アマチュアがこういう大きな音楽にチャレンジする姿をみるだけで感動する。高谷さんの指揮ぶりは、いつものように華麗で、そして的確で、見ていて絵になる数少ない指揮者だと改めて心に刻んだ。

終演後、高谷さんのサイン会があって、プログラムに記してもらった。こういう接触もまたひとりの聴衆としてもうれしい限りだ。高谷さんの今後の大いなる飛躍を期待するばかりである。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

JR貨物 Jフィル MIZUMO T-ストリングス かぎろひ歴史探訪 その他 みちのくひとり旅 やまとんくらぶ アミーキティア管弦楽団 アンサンブル ラ・ピアチェーレ アンサンブル・アルビレオ アンサンブル・コスモリバティ アンサンブル・ジョワン アンサンブル・ツヴァイ アンサンブル・フリー アンサンブル・ミンネン アンサンブル・ヴィオ ウォーキング鉄 オルガンコンサート オーケストラ・アンサンブル・フォルツァ オーケストラ・クラシック オーケストラ・ソノリテ オーケストラ・ノインテ オーケストラ・ブラヴォー! オーケストラ・ポミエ オーケストラ千里山 オーディオ カメラ カンマーフィルハーモニー京都 カンマーフィルハーモニー神戸 クラシックサロン・アマデウス クラシック音楽 クランクレーデ クレセント室内アンサンブル クレー管弦楽団 グッド・シーズン・アンサンブル グルメ コレギウム・ヨハネス コレギウム夙川管弦楽団 シンフォニア・スピカ セント・マーティン・オーケストラ ゾンアーベント・アンサンブル タリヘーレ四重奏団 ダムカード テレマン室内オーケストラ ディスクユニオン ドイツ紀行 ニイジマ・キネン・オーケストラ ニュージーランド鉄道 ハイマート交響楽団 ハイマート合唱団 バス バッハクライス神戸 バンブスアンサンブル パソコン ファゴット・フェスティバル フェニックスフィル フォンス・フローリス古楽院 プロ野球 ホール・バルティカ ミモザの会 ミュー室内管弦楽団 メイプルフィル ライブカメラ ラグビー ワンコイン市民コンサート ヴェデルニコフ 万葉 三宝鉄道 上甲ウィンドシンフォニー 上甲子園中学吹奏楽部 交響楽団ひびき 京急 京成 京王 京都フィロムジカ管弦楽団 京都プレザントオーケストラ 京都大学交響楽団 京都工芸繊維大学交響楽団 京阪 伊予鉄 伊予鉄道 伊豆急行 信濃の旅 六甲フィル 兵庫医科大学医療大学合同オーケストラ_ 兵庫芸術文化センター管弦楽団 切符 初演企画 北摂フィル 北総 千里フィルハーモニア・大阪 南海 卯之町 叡山電車 合唱団 名鉄 吹奏楽 吹奏楽団 吹田市交響楽団 四国詣で 土佐くろしお鉄道 土佐日記 土佐電 地下鉄 堺フィル 夢の国 ニュージーランド 大井川鉄道 大阪センチュリー交響楽団 大阪フィルハーモニー交響楽団 大阪フロイデ合唱団 大阪メトロ 大阪モーツァルトアンサンブル 大阪交響楽団 大阪市営交通局 大阪市営地下鉄 大阪市民管弦楽団 大阪芸術大学管弦楽団 奈良女子大管 学園都市交響楽団 宝塚響 富士急行 寝屋川市民管弦楽団 小田急 尼崎市吹奏楽団 尼崎市民交響楽団 尼崎弦楽アンサンブル 居酒屋 山陽 岡山電軌 嵐電 川西市民オーケストラ 幻想フィル 広島電鉄 廃線跡 待兼交響楽団 指揮者 新京成 新幹線 旅行 日本センチュリー交響楽団 最近のCD 最近のLP 東京佼成ウィンドオーケストラ 東急 東武 枚方フィル 樹フィル 武庫川女子大学音楽学部 水族館 水間鉄道 江ノ電 父親のアルバムから 甲南大学OB交響楽団 甲南大響 甲南女子大学管弦楽団 白黒懐かし画像 相愛フィルハーモニア 相鉄 神戸アンサンブルソロイスツ 神戸大学響 神戸電鉄 神戸高校OBオーケストラ 福井鉄道 私の名盤シリーズ 箕面コンセルト室内合奏団 紫苑交響楽団 美術 聖ソフィア・バラ合唱団/合奏団 能勢電 芦屋交響楽団 芦屋室内合奏団 若林顕 落語 蒸気機関車 藤井貴宏 衣笠交響楽団 西宮交響楽団 西宮探訪 西武 見仏 豊中市民管弦楽団 豊橋鉄道 近江鉄道 近畿フィルハーモニー管弦楽団 近鉄 遠州鉄道 鉄道 長岡京市民管弦楽団 長崎電軌 長楽庵 関西グスタフ・マーラー交響楽団 関西フィルハーモニー管弦楽団 関西医科学生交響楽団 関西大学交響楽団 関西学院交響楽団 関西SPレコード愛好会 阪堺電車 阪急 阪神 阪神タイガース 阪神フィル 静岡鉄道 須磨フィル 飛行機 高松琴平電鉄 高槻室内管弦楽団 龍谷大学交響楽団 JR四国 JR東日本 JR東海 JR西日本

フォト

掲示板

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー

無料ブログはココログ