オーケストラ・ソノリテ

2023年8月 7日 (月)

オーケストラ・ソノリテ第43回定期演奏会 8/6

07_20230807054901

昨日8月6日は、いたみホールで開かれるコンサートのために出かけました。

ところがJR線が西宮-甲子園口間で線路付近で発煙しているとのことで運転見合わせ、仕方なくバスで塚口へ向い、そこから阪急伊丹線での移動です。伊丹線のちいかわHM編成、ちいかわってなんやねん?

04_20230807054901

いたみホールで開かれたのは、招待状をいただいていたオーケストラ・ソノリテの演奏会です。

2001年に設立された団体で、年2回の定期演奏会を地道に続けているアマチュアオーケストラです。

02_20230807054901

モーツァルトの歌劇「魔笛」序曲がすっきりと演奏された後、ボロディンの交響曲第3番が披露されました。初めてきく楽曲でしたがとても聞き心地の良い音楽でした。演奏も力強く、それできっちりとした音楽の流れが届けられました。

後半のニールセンの交響曲第1番も初めて聞く音楽です。30分ほどの曲ですが、それぞれの楽章で違った個性が見られ、楽しめました。これも含めて、なかなか意欲的なプログラムでしたね。

01_20230807054901

指揮は最近めきめきとその活躍が目覚ましい木下麻由加さん、颯爽とした指揮姿がかっこいいです。

今回もそのきびきびとした指揮でオーケストラを見事にコントロールされていました、素晴らしい。

2021年8月 9日 (月)

オーケストラ・ソノリテ第39回定期演奏会

234718247_3036704503320537_5787579316365

ピーカンの夏空の昨日8月8日、尼崎のアルカイックホールで開かれたオーケストラ・ソノリテの第39回定期演奏会を聴きました。青い空、白い雲、おや巻雲がありますね。高い空では秋の訪れもあるのでしょうか。

234779736_3036704536653867_6441979045729

広いアルカイックホールの客席もお客さんはまばらです。しっかりと感染対策を取ったうえでのコンサート、その様式にもずいぶんと慣れてきました。コロナが終息した後、びっしりと満席になった様子をいまは想像することができません。

235620041_3036704599987194_2281465854567

235624356_3036704646653856_1859375023101

たぶん、こんな状況ですから練習も十分ではないのではないかと言う不安を「献堂式」の一発目で払拭してくれました。力強い響きがホールに満ちてコンサートは始まりました。

チャイコフスキーの「小ロシア」では、この曲の持つ骨太の曲想に合った豪快かつ粘り強い演奏が届けられました。あまり演奏されない曲ですが、このような弾けた演奏がとても似合います。

K300achuo04088pl

北杜夫 どくとるマンボウ医局記【新版】 中公文庫/読了・・・・・・・久しぶりマンボウものです。今はもう新刊はありませんから、この本のように、新たに武田泰淳との対談が増補されたという新版が出たら買わざるを得ません。もちろん、数十年前に出た医局記も読んでいますが、今回は北杜夫の世界に浸るために読みました。なんか、ほっこりとするこの北杜夫ワールドに入ることが出来て、読んでいて幸せでした。 

2019年2月17日 (日)

オーケストラ・ソノリテ第36回定期演奏会

52507976_2277737262550602_361566353今日は午前中、阪急千里線の南千里駅近くで開催されているキタオオサカ大学という講座で、鉄道の旅と題する講演?を聞いてきました。なかなか面白かったですね。

その後、尼崎のアルカイックホールで開かれたオーケストラ・ソノリテの第36回定期演奏会を聞くために、阪急⇒阪神と乗り継いでやってきました。ソノリテからご招待をいただいておりました。

52136274_2277737315883930_593513727今日は、シューベルトのロザムンデ序曲、シベリウスの交響曲第7番、そしてブラームスの交響曲第1番というラインナップです。ロザムンデ、シベリウスともに分厚い弦楽器の音が奏でる和音が素晴らしく、楽想は違う曲なのですが、それぞれの色合いをはっきりと打ち出した演奏だと感じました。

52480823_2277737335883928_628775789休憩の後は、ブラームスです。この曲、先日はムーティ指揮シカゴ交響楽団というとてつもないスーパーオーケストラで聞いたわけですが、その無類、空前絶後の技量には脅かされましたが、さて音楽の内容はというと、何とも平板な印象しか残っていません。ソノリテの演奏、傷がなかったかというとそうでもないのですが、白谷さんがぐいぐい引っ張るものですから、ここに一期一会の音楽が生まれていました。音楽の本分はアマチュアにあり、芥川さんがかつて言われていた音楽への姿勢が感じられました。

2018年8月12日 (日)

オーケストラ・ソノリテ第35回定期演奏会

38991988_2132860990371564_117708594今日は雨が降る予報だったので、お墓の掃除は明日に回して、という段取りでしたが、阪神間では雨は一滴も降りませんでしたね。もう地面はカラカラだと思います。さて、蒸し暑い一日でしたが、昼からアルカイックホールで行われたオーケストラ・ソノリテの第35回定期演奏会を聞きました。真夏の庄下川とアルカイックホールと青い空。

38872830_2132860983704898_517246418今日は、バブアゼさんの指揮で、スメタナの売られた花嫁序曲、ベートーヴェンの交響曲第1番、ドヴォルザークの交響曲第8番というプログラムでした。売られた花嫁、きっちりとした音楽でむやみやたらに流すという事がなく、襟を正した音楽でしたね。もっと崩しても面白いかも。

39060129_2132861003704896_720782434ベートーヴェンの1番って、なかなか聴けないですね、貴重な機会でした。最終楽章に力を爆発させた印象です。ドヴォルザークの8番は、対立した旋律を浮かび上がらせながら歌うところを強調した演奏で、すっごくロマンティックな音楽に聞こえました。バブアゼさんの熱演指揮に引っ張られて、オーケストラも力のこもった元気いっぱいの演奏でした。特に管楽器の方々、ソロになると、皆さん結構吹きましたね。

2018年2月11日 (日)

オーケストラ・ソノリテ第34回定期演奏会

Image1_jpeg午前中、梅田界隈での用事を済ませ、昼から阪神電車に乗って尼崎まで乗車。勤めていた時は毎日乗っていた電車ですが、最近はとんとご無沙汰です。今日は、オーケストラ・ソノリテの第34回定期演奏会を聴きに、アルカイックホールへ行きました。アルカイックホルの横の川を跨ぐ管にも、川面にも、カモメがびっしりと留まっています。

Image2_jpeg今日は、シャブリエの狂詩曲「スペイン」、ドビュッシーの小組曲、最後にベルリオーズの幻想交響曲というプログラムです。指揮は、若手の浦優介、関学オケの学生指揮者だった人ですね。なかなか華麗な指揮姿で、見ていても飽きませんでしたね。演奏会の前にロビーコンサートも行われ、雰囲気を盛り上げていました。

Image4_jpegさて、演奏のほうですが、いくつかの傷はあったものの、スペインのキラキラとした音の洪水、一転、ドビュッシーの繊細な世界、いずれも見事に表現されていたと思います。幻想でもそうでしたが、ゆったりとしたテンポで、一つ一つの音を大切に伝えようという意識が働いて、実にわかりやすい音楽が届きました。それでも幻想では後半になるほど熱を帯びた演奏となりました。

2017年8月27日 (日)

オーケストラ・ソノリテ第33回定期演奏会

Img_2769秋の空気に入れ替わり、晴れて暑いけれど、日陰が心地よい本日、昼から昨日に続いて、尼崎のアルカイックホールに行きました。今日は、オーケストラ・ソノリテの第33回定期演奏会を聴きました。

プログラムは、ウェーバーの歌劇「魔弾の射手」序曲、シューマンの「序曲、スケルツォとフィナーレ」、休憩をはさんで、ヨアヒム・ラフという1822年スイス生まれのひとの交響曲第5番「レオノーレ」というラインナップです。

Img_2770そこそこ老舗オーケストラですから、腕も上々、魔弾の射手は人数のわりに太い音量で、ゆったりとした音楽が流れました。シューマンは、どちらかというとメリハリのついた音楽で、これも飽きることなく楽しめました。指揮は、ギオルギ・バブアゼ。

Img_2771さて、後半のラフの曲ですが、恋人同士の恋の始まりから、戦争によって引き裂かれ、最後は男の死に曳きづられ、破滅へ向うというストーリーを追うものですが、音楽がどちらかというと皮相的ですから、なかなかこれから感涙の涙を流すというところまでは行きません。

それでも、祝祭的な第1楽章、映画音楽のようなフレーズが多用されている第2楽章、しみじみとした味わいの第3楽章、悲壮感を現した終楽章と、それぞれの特徴は表現されましたね。現代だと、映画音楽作曲者として活躍していたかも。

このような珍しい楽曲をアマチュアが取り上げるという事自体が、面白いですね。知らない曲だっただけに、逆に集中して聞くことができました。

2016年8月28日 (日)

オーケストラ・ソノリテ第31回定期演奏会

Img_8036 つらい猛暑の日々か途切れた本日、昼から尼崎のアルカイックホールで行われたオーケストラ・ソノリテの第31回定期演奏会を聞いた。本日は、御知り合いのオーボエ工務店さんをお誘いしてのこと、お疲れ様でした。指揮は、白谷隆。雨か心配だったので、バスで駆け付けたが、これは自転車でも大丈夫なくらい天気は回復した。
 
Img_8037 曲は、初めて聞くドヴォルザークの序曲「自然の王国で」で始まった。ドヴォルザークらしいメロディアスな曲で、これは思わぬ発見ですね。また、音楽のストーリー性もわかりやすく、親しみやすい音楽。次いで、スメタナの我が祖国から第6曲のブラニーク、この演奏はメリハリをつけてダイナミックさを強調した演奏で良かったですね。
 
 
Img_8038 休憩をはさんで、メインのベートーヴェンの田園が演奏された。出だしから、軽快な流れに乗って、淀みがなくすっきりした味わいに仕上がりました。いずれも管楽器の頑張りが盛り上げましたね。アンコールにピチカートポルカでした。
 
615m7cf3hnl 宮部みゆき ここはボツコニアン3 集英社文庫/読了・・・・・・・二軍三国志と副題が付けられたゲームストーリー。まぁ、宮部みゆきの欠いたものは全部読もうとしているために手を伸ばしているシリーズものですね。ゲームしないので、その世界、独特の言葉使い、展開の方向とか、まったくわからないので、ざっと読み通した程度ですが、話としての三国志にはなんだか最近ほかの本の影響もあって、興味が沸いてきています。

その他のカテゴリー

2019四国の旅 JR貨物 Rayフィル かぎろひ歴史探訪 かぶとやま交響楽団 きまぐれ歴史探訪 きまぐれ音楽探訪 その他 ひばりガ丘合奏団 みちのくひとり旅 やまとんくらぶ アイチャンオケ アミーキティア管弦楽団 アンサンブル ラ・ピアチェーレ アンサンブル・アルビレオ アンサンブル・シュシュ アンサンブル・ジョワン アンサンブル・ツヴァイ アンサンブル・デッラ・スフィーダ アンサンブル・フリー アンサンブル・プテイ・タ・プティ アンサンブル・ペルーシュ アンサンブル・ヴィオ インターネット ウォーキング鉄 オーケストラ・アンサンブル・フォルツァ オーケストラ・アンサンブル京都 オーケストラ・クラシック オーケストラ・ソノリテ オーケストラ・ノインテ オーケストラ・ブラヴォー! オーケストラ・ポミエ オーケストラ千里山 オーディオ カメラ カンマーフィルハーモニー神戸 クラシックサロン・アマデウス クラシック音楽 クラシック音楽カフェ クランクレーデ クレセント室内アンサンブル クレー管弦楽団 グルメ コレギウム・ヨハネス コレギウム夙川管弦楽団 シュペーテ弦楽四重奏団 シンフォニア・スピカ セント・マーティン・オーケストラ ディスクユニオン ドイツ紀行 ニュージーランド鉄道 バス バンブスアンサンブル パソコン ファゴット・フェスティバル フェニックスフィル ブレスシンフォニーオーケストラ プリモパッソオーケストラ プロ野球 ホール・バルティカ メイプルフィル ライブカメラ ラグビー ワンコイン市民コンサート ヴェデルニコフ 万葉 三宝鉄道 上甲ウィンドシンフォニー 上甲子園中学吹奏楽部 交響楽団ひびき 京急 京成 京王 京都プレザントオーケストラ 京都工芸繊維大学交響楽団 京阪 今峰由香 伊予鉄 伊予鉄道 伊豆急行 保存車 信濃の旅 八尾フィル 六甲フィル 六甲ライナー 兵庫医科大学医療大学合同オーケストラ_ 兵庫芸術文化センターワンコインコンサート 兵庫芸術文化センター管弦楽団 写真展 切符 初演企画 北大阪急行 北摂フィル 北条鉄道 千里バロック合奏団 千里フィルハーモニア・大阪 南海 卯之町 叡山電車 名指揮者列伝 名鉄 吹奏楽 吹奏楽団 吹田市交響楽団 四国詣で 土佐日記 土佐電 地下鉄 堺フィル 夢の国 ニュージーランド 大井川鉄道 大阪ハイドンアンサンブル 大阪フィルハーモニー交響楽団 大阪メトロ 大阪モノレール 大阪モーツァルトアンサンブル 大阪交響楽団 大阪市営地下鉄 大阪市民管弦楽団 大阪芸術大学管弦楽団 天理シティオーケストラ 奈良歩き 学園都市交響楽団 宝塚ヒルズ室内オーケストラ 宝塚響 富士急行 寝屋川市民管弦楽団 小田急 尼崎市吹奏楽団 尼崎市民交響楽団 居酒屋 山陽 岡山電軌 嵐電 川西市民オーケストラ 幻想フィル 広島電鉄 廃線跡 待兼交響楽団 指揮者 新幹線 旅行 日本センチュリー交響楽団 最近のCD 最近のLP 東京佼成ウィンドオーケストラ 東急 枚方フィル 柴田由貴 樹フィル 武庫川女子大学音楽学部 歴史探訪 水族館 江ノ電 父親のアルバムから 甲南大学OB交響楽団 甲南大響 甲南女子大学管弦楽団 白黒懐かし画像 相愛オーケストラ 相愛フィルハーモニア 神戸アンサンブルソロイスツ 神戸市地下鉄 神戸電鉄 福井鉄道 紫苑交響楽団 美術 能・狂言 能勢電 芦屋フィル 芦屋交響楽団 芦屋室内合奏団 若林顕 華ノ音 落語 蒸気機関車 藤井貴宏 藤田真央 街歩き 衣笠交響楽団 西宮交響楽団 西宮探訪 西武 豊中市民管弦楽団 豊橋鉄道 辻本玲 近畿フィルハーモニー管弦楽団 近鉄 遠州鉄道 鉄道 鉄道前面展望 長楽庵 関西グスタフ・マーラー交響楽団 関西フィルハーモニー管弦楽団 関西医科学生交響楽団 関西大学OB交響楽団 関西大学交響楽団 関西学院交響楽団 阪堺電車 阪急 阪神 阪神タイガース 阪神フィル 静岡鉄道 飛行機 高松琴平電鉄 高槻フィル 高槻室内管弦楽団 高橋真珠 JR四国 JR東日本 JR東海 JR西日本

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー