山陽

2024年2月26日 (月)

山陽電車加古川橋梁 2/3

Dsc03748

2月3日は、高砂出身の工楽松右衛門の足跡を訪ねましたが、帰りにはここへ立ち寄らなければ、やってきた甲斐がありません。

山陽電車の加古川橋梁を通過する姫路行き直通特急の阪神8000系です。

Dsc03762

天気がイマイチで、寒風が吹きぬける状況でしたが、ここで頑張らなければなりません。

5000系山陽特急です。

Dsc03758_20240226053201

2016年登場の山陽電車の新車、6000系です。

徐々に勢力を伸ばして普通でも特急でも良く見かけるようになりました。

Dsc03756

山陽電車の普通として頑張っていた3000系もずいぶん車両数を減らしています。

この日も1時間ほどの間に2本見ただけでした。

Dsc03757

加古川の上流方向に新幹線の橋梁があります。

薄いブルーの8両編成、九州新幹線ですね。

Dsc03764

帰りの高砂駅で待っていたら5000系の山陽特急がやってきました。

寒い中で立ったままでしたから、クロスシートに座れるだけでもありがたいことです。

2024年2月20日 (火)

山陽電車で須磨から高砂へ 2/3

Dsc03678

Dsc03680

2月3日はそれまで読んでいた本に触発されて、居ても立っても居られずJR線に乗って須磨へ。

そこから山陽電車に乗り換えて高砂を目指しました。須磨駅での一枚、阪神8000系です。

Dsc03679

姫路行きの特急が出た直後だったので、姫路行きの普通が取り残されていました。

この6000系の増備が進んでいるようで、旧来の3000系の運用が減っているように感じるのですが。

Dsc03681

さて、2枚のHMを取り付けた姫路行き特急が到着しました。

なんだか賑やかな感じです。

Dsc03682_20240220054601

須磨から、垂水、舞子公園、明石、東二見と経て、高砂に到着しました。

もうずいぶん前に秋祭りを見に来て以来のことでしょうか。

2023年4月28日 (金)

山陽電車須磨駅から 4/24

Dsc09892

4月24日は天気がイマイチでしたが、先の予定を考えるとこの日に行かねばならぬと思い、山陽電車に乗りました。着いたのは山陽須磨駅です。

山陽特急が出ていく先にあるのが須磨浦山上公園がある鉢伏山です。来月の番外編の下見です。

Dsc09894_20230428065001

Dsc09895

山陽須磨駅での乗り換えを待っていると阪神電車の直通特急がやってきました。

発車していくところを見ると唯一残る阪神顔の急行型8502編成でした。2段降下窓の側面が時代を感じさせますが今や貴重な車両です。

Dsc09893_20230428065001

Dsc09896

須磨駅から普通に乗ってひとつ先の須磨浦公園駅まで来ました。基本的に特急は停まりませんので、ここへやってくるときは要注意です。

ただし、阪神特急の須磨浦公園行きだけはここが終点なので停車するという、阪神電車の停車駅マジックのひとつかもしれません。

M88706352629_1

矢野隆 山崎の戦い 講談社時代小説文庫/読了・・・・・・・著者による〇〇の戦いシリーズの一冊、秀吉の中国大返しから京都山科の光秀の殺略までの時の流れを、いろいろな武将の立場から変遷を追っています。生き生きとした活写により、これから戦国時代の最後のステージへ向かう武将の生き様が明らかにされています。光秀が謀反を起こしたから秀吉が立ち機会を生んだのですね。

2023年4月21日 (金)

山陽電車須磨浦公園駅で、さらに帆船を見ていると! 4/18

Dsc09820

Dsc09821_20230421062501

須磨浦山上公園の休園で宙に浮いたような4月18日でしたが、そのまますごすご帰るわけにもいかず、しばらく撮影タイムも過ごしました。

山陽特急と相互乗り入れしている阪神電車の直通特急です。

Dsc09826

山陽電車の普通に多く採用され始めた6000系です。2015年の登場なので、もう8年目になるようです。

Dsc09828

須磨浦公園駅ホームの東端から直線での撮影が出来ます。狭い場所なので一本撮っただけでこの場所からは退散しました。

Dsc09830

乗車する電車を待っていると、阪神電車の「甲子園球場100周年記念」のラッピング車が通過していきました。撮影したのは初めてかもしれません。

Dsc09832

さて、山陽電車で須磨まで戻り駅前でランチをした後はJRに乗り換えたわけですが、JR須磨駅からもう一度帆船を撮影しました。

このブログに投稿するために写真をチェックしていると、帆船の遠方に変な突起が写っていました。よく見ると潜水艦が潜橋を出して航行しているところでした。珍しいものを撮影していました。

2022年9月18日 (日)

山陽電車 月見山 8/31

Dsc06685

Dsc06683

8月31日は思い立ち須磨寺を訪問しましたが、その帰りには月見山駅近くでしばらく撮影しました。山陽電車の新旧がやってきました。この辺りの柵は、大手私鉄では考えられないくらい低いものでした。ひょいと跨ぐことができるくらいです、跨ぎませんけど。

Dsc06686

この場所は、離宮公園から南へまっすぐ延びる離宮道の踏切です。しばらく待っていると阪神電車の8502がやってきました。急行タイプでは唯一残る阪神顔の車両です。須磨浦公園行きの特急運用についていました。

Dsc06691

Dsc06694

月見山駅のほうへ移動しました。駅を出たところのカーブで撮影しました。特急には今年11月に開催される豊かな海づくり大会兵庫大会を記念するHMが取り付けられていました。

Dsc06703

この後、須磨浦公園から折り返してやってきた8502を撮影して、この日の須磨寺、月見山界隈の散策を終えました。

2021年12月 4日 (土)

山陽電車 霞ヶ丘 11/20

Dsc02805

11月20日は垂水へ行ったついでに、山陽電車の霞ヶ丘駅まで行きました。かつて、ここで山陽電車を何回も撮影したことがありました。山陽電車の普通車が背景の茂みの前を走り抜けます。

Dsc02811_20211204064301

この区間ですが、手前の線路が整備され、左の端っこに見えていますが保線車両と電気の箱が新設されていて、以前のように広々とした感じでの撮影が困難になっていました。手前の住宅を少し入れないと余裕をもって撮影出来ないですね。

Dsc02814_20211204064301

Dsc02810

やってきた6両編成の特急と以前の場所では撮影が難しく、また下りの4両編成の普通車も窮屈なアングルにならざるを得ません。

Dsc02813

Dsc02815

霞ヶ丘駅に進入する普通車と特急です。時間も遅いので、夕日を浴びてます。さて、そろそろ時間も良いころになってきたので、目的とするところへ移動することとしましょうか。

2021年12月 3日 (金)

垂水駅 JRと山陽電車 11/20

Dsc02788

11月20日は思い立ち、JR垂水駅まで行き、東西に広く抜けた空間で撮影しました。西側にはご同業が2名ほどおられたので東側での撮影です。早速やってきたのはEF210の貨物列車ですが、これが1号機でした。ラッキーな始まりでした。

Dsc02798

Dsc02796

午後3時ころからの撮影でしたが、この時間帯はめぼしいものはあまりやってこず、カメラのレンズの風通しをしていたくらいです。EF210の貨物列車と225系の新快速です。

Dsc02789

JR垂水駅は山陽電車の垂水駅と並列して設けられていて、山陽電車の出入りも見ることが出来ます。たまたまとらえられた5000系と6000系が並んだ一枚です。新旧の顔の違いが比較できます。

Dsc02791

アルミ車の3050系もやってきました。この顔も一枚は撮っておかなければなりません。山陽電車のこの時代の車両はシートの位置が若干低く、また深く座れるので、乗っていてすぐに熟睡してしまいます。ある意味危ない電車です。

Dsc02802

山陽電車の垂水駅に来ました。なにやら標識を付けているのでよく見ると「姫路城と初デート」とあります。車体のサイドにもシールがはりつけられていますね。

2020年3月20日 (金)

須磨浦公園詣で

Dsc01419  Dsc01420

3月5日は風が強かったのですが、天気も良かったので須磨浦公園辺りを散策していました。姫路からやってきて、梅田へ向かう直通特急です。須磨浦公園駅からロープウェイが出ています。この日はちょうど山上の梅が満開になっていたころです。

Dsc01426  Dsc01427  Dsc01428

山陽電車の普通車がやってきました。この須磨浦公園駅で並ぶ姿がいいですね。姫路行の普通車は、遠く淡路島を正面に見据え走り去っていきました。海岸線を走る山陽電車らしい一コマです。

Dsc01431  Dsc01433  Dsc01434

さて、この須磨浦公園辺りは春になると桜の名所として多くの観光客が来るところです。少し高台になったところからは桜に包まれた公園から大阪湾を一望できる素晴らしい景観を味わうことができます。

新型コロナ騒ぎで、野外で行うお花見にまで行政が言及するってのは行き過ぎな規制だと思いますが、どうなんでしょうね。楽しみを減らすと人間の免疫力が下がると聞いたことが有りますが。

Dsc01435

帰りに山陽電車の電鉄須磨駅から特急に乗り込んだら、やってきたのがこの旧塗装車でした。そうか、まだ走っていたんだと思ったものの、後の祭りとなりました。

2020年1月10日 (金)

初春の塩屋へ

Dsc00232

神戸の北野には異人館街が広がっていますが、もう一か所、垂水区の塩屋、そのジェームス山の界隈にも異人館が幾棟か建てられて残っています。そのひとつ、グッゲンハイム邸付近で撮られた素敵な写真があったので同じカットが撮れるものかどうか、それを確認しに1月8日、低気圧の通過でめちゃくちゃ風が強い中、出かけてきました。実際には、写真が撮られたアングルは個人のお宅からのようでその場に立つことはできませんでした。

Dsc00233  Dsc00234

グッゲンハイム邸の前には山陽電車、さらに南側にはJR線が走っています。このあたりは山が海岸線に迫っていて、線路も道路もひしめき合っているところです。せっかくなので、グッゲンハイム邸の前の階段付近を通過する阪神特急と山陽の普通車を撮影しました。

Dsc00235  Dsc00236  Dsc00237

塩屋から東進し須磨まで歩きます。強い西風、時々暴風となって背中を押してくれるので歩くのはとても楽でした。歩きながらも山陽電車を撮影します。また、高台がすぐにありますので、そんなところへ登って強風で白波が立つ海を背景にして撮影できました。さらに須磨を目指して歩きます。

41zuakdmvil__sx298_bo1204203200_

小泉武夫 納豆の快楽 講談社文庫/読了・・・・・・・味覚人飛行物体を自称する著者による納豆愛炸裂の一冊です。納豆とはなにか?から始まり、いかにおいしく納豆を食べられるかにまで言及した納豆づくしの内容に圧倒されます。小生も納豆好きなので、その食べ方や効果については大いに啓発されたところです。小生は細ねぎの刻みと辛し、納豆についているたれ、さらに一つ追加するものがありますが、まぁ、内緒にしておきましょう。ほかに、納豆にワサビも上手いです。これは本書には書かれていません。

2019年11月12日 (火)

山陽電車 鉄道フェスティバル 10/26

Dsc08759  Dsc08760

先月、10月26日は山陽電車の東二見車庫で鉄道フェスティバルが開かれるとのことで出かけました。まずは明石駅で下車してお昼を取ってからです。明石駅前は再開発によって高いビルができただけでなく、多くの飲食店が駅前に出来ていて、大いににぎわっていました。また、駅からそのビルの中を通って駅の南側の魚の棚商店街へ行けるのは便利ですね。

Dsc08761  Dsc08762  Dsc08763

さて、山陽電車のフェスティバルに来たのはこのシーンを見たかったからです。復刻塗装、細い赤ラインのそれぞれ3000系、さらに静態保存されている2000系の並びです。このフェスティバルはなぜかよく来ているのですが、2000系がこんなに前に出てきたことはなかったですね。昼からは晴れてきたのですっきりとした写真が撮れて大満足です。

Dsc08766  Dsc08767

時間もあるので他の展示も見て回ります。工場の中ではパンタグラフの上げ下げに長い列ができていたりしましたが、会場を2周もするとさすがに飽きてきます。トラパーサーでしたか? これじっとしているばかりでした。多くの売店も出ていましたが、子供のお土産が多かったです。とは言うものの、過去に一度、レールをカットしたものを購入したことが有ります。それは今でも足元に置いてありますが。

Dsc08772  Dsc08773  Dsc08780

会場を後にしましたが、そのままでは帰りません。東二見車庫の外周を歩いてみました。門を出たところから206号と舞子駅の橋梁が見えます。また、すこし工場の裏に回ったところに倉庫に使われている廃車体がありました。さらに、、ぐっると西側に回ったところでは姫路で開かれるB-1グランプリのヘッドマークを付けた車両がありました。なんやかんやあって、晴れて気持ちの良い一日となりました。

その他のカテゴリー

2019四国の旅 JR貨物 Rayフィル かぎろひ歴史探訪 かぶとやま交響楽団 きまぐれ歴史探訪 きまぐれ音楽探訪 その他 ひばりガ丘合奏団 みちのくひとり旅 やまとんくらぶ アイチャンオケ アミーキティア管弦楽団 アンサンブル ラ・ピアチェーレ アンサンブル・アルビレオ アンサンブル・シュシュ アンサンブル・ジョワン アンサンブル・ツヴァイ アンサンブル・デッラ・スフィーダ アンサンブル・フリー アンサンブル・プテイ・タ・プティ アンサンブル・ペルーシュ アンサンブル・ヴィオ インターネット ウォーキング鉄 オーケストラ・アンサンブル・フォルツァ オーケストラ・アンサンブル京都 オーケストラ・クラシック オーケストラ・ソノリテ オーケストラ・ノインテ オーケストラ・ブラヴォー! オーケストラ・ポミエ オーケストラ千里山 オーディオ カメラ カンマーフィルハーモニー神戸 クラシックサロン・アマデウス クラシック音楽 クラシック音楽カフェ クランクレーデ クレセント室内アンサンブル クレー管弦楽団 グルメ コレギウム・ヨハネス コレギウム夙川管弦楽団 シュペーテ弦楽四重奏団 シンフォニア・スピカ セント・マーティン・オーケストラ ディスクユニオン ドイツ紀行 ニュージーランド鉄道 バス バンブスアンサンブル パソコン ファゴット・フェスティバル フェニックスフィル ブレスシンフォニーオーケストラ プリモパッソオーケストラ プロ野球 ホール・バルティカ メイプルフィル ライブカメラ ラグビー ワンコイン市民コンサート ヴェデルニコフ 万葉 三宝鉄道 上甲ウィンドシンフォニー 上甲子園中学吹奏楽部 交響楽団ひびき 京急 京成 京王 京都プレザントオーケストラ 京都工芸繊維大学交響楽団 京阪 今峰由香 伊予鉄 伊予鉄道 伊豆急行 保存車 信濃の旅 八尾フィル 六甲フィル 六甲ライナー 兵庫医科大学医療大学合同オーケストラ_ 兵庫芸術文化センターワンコインコンサート 兵庫芸術文化センター管弦楽団 写真展 切符 初演企画 北大阪急行 北摂フィル 北条鉄道 千里バロック合奏団 千里フィルハーモニア・大阪 南海 卯之町 叡山電車 名指揮者列伝 名鉄 吹奏楽 吹奏楽団 吹田市交響楽団 四国詣で 土佐日記 土佐電 地下鉄 堺フィル 夢の国 ニュージーランド 大井川鉄道 大阪ハイドンアンサンブル 大阪フィルハーモニー交響楽団 大阪メトロ 大阪モノレール 大阪モーツァルトアンサンブル 大阪交響楽団 大阪市営地下鉄 大阪市民管弦楽団 大阪芸術大学管弦楽団 天理シティオーケストラ 奈良歩き 学園都市交響楽団 宝塚ヒルズ室内オーケストラ 宝塚響 富士急行 寝屋川市民管弦楽団 小田急 尼崎市吹奏楽団 尼崎市民交響楽団 居酒屋 山陽 岡山電軌 嵐電 川西市民オーケストラ 幻想フィル 広島電鉄 廃線跡 待兼交響楽団 指揮者 新幹線 旅行 日本センチュリー交響楽団 最近のCD 最近のLP 東京佼成ウィンドオーケストラ 東急 枚方フィル 柴田由貴 樹フィル 武庫川女子大学音楽学部 歴史探訪 水族館 江ノ電 父親のアルバムから 甲南大学OB交響楽団 甲南大響 甲南女子大学管弦楽団 白黒懐かし画像 相愛オーケストラ 相愛フィルハーモニア 神戸アンサンブルソロイスツ 神戸市地下鉄 神戸電鉄 福井鉄道 紫苑交響楽団 美術 能・狂言 能勢電 芦屋フィル 芦屋交響楽団 芦屋室内合奏団 若林顕 華ノ音 落語 蒸気機関車 藤井貴宏 藤田真央 街歩き 衣笠交響楽団 西宮交響楽団 西宮探訪 西武 豊中市民管弦楽団 豊橋鉄道 辻本玲 近畿フィルハーモニー管弦楽団 近鉄 遠州鉄道 鉄道 鉄道前面展望 長楽庵 関西グスタフ・マーラー交響楽団 関西フィルハーモニー管弦楽団 関西医科学生交響楽団 関西大学OB交響楽団 関西大学交響楽団 関西学院交響楽団 阪堺電車 阪急 阪神 阪神タイガース 阪神フィル 静岡鉄道 飛行機 高松琴平電鉄 高槻フィル 高槻室内管弦楽団 高橋真珠 JR四国 JR東日本 JR東海 JR西日本

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー