国鉄奈良機関区

  • Photo_7
    昭和46年に奈良機関区を訪ねています。変わりやすい天気で、晴れていると思ったら急に雨が降ってきて大変な日でした。

THE 大阪駅~特急編~

  • 16
    中高生のころ、大阪駅はまだ日常の中にはなく、特急列車を撮りに行く特別な場所であった。栄光の時代が残っていた大阪駅に発着する特急列車の姿を封じ込めました。

THE 大阪駅~急行編~

  • 1258
    大阪駅に発着する急行を集めてみました。行き先によっては、ディーゼルカーの急行もあり、思えば楽しい駅だったのですね。ご興味の方は写真帖のずっと下にある「甲子園口急行物語」もご覧ください。

昭和45-47年の天王寺駅

  • キハ58 きのくに
    天王寺駅は単に竜華や奈良方面、阪和方面への乗り換え駅だったが、紀勢線ホームは頭端駅として有名だった。 時折、乗り換えの途中、駅撮りなどしていたようだ。

竜華・昭和46年

  • Photo_3
    昭和46年に数回に分けて竜華へ出陣しています。当時の関西線はローカルそのもの、まだまだ煙も多く残っていました。

甲子園口(その周辺)急行物語

  • Photo_7
    甲子園口西方の踏切があったあたり、そのもう少し西側の日通の倉庫前あたりは友人たちとのたまり場でした。陽が暮れるまで電車の通過を楽しんでいました。

京都駅残照・昭和45年前後

  • Photo_3
    昭和45年当時、京都駅へ行く機会は限られていたが、その中で残していた写真の中からいくつかを抜粋した。 京都の寺社、観光地に興味を持つのはもう少し後になった。

西宮を走った国鉄電車特急・昭和45年頃

  • Photo_2
    国鉄時代、地元西宮でもいろいろな電車特急が走っていた。 そのすべてではないが、手元に残る写真のうちからいくつかを抜粋した。

あぁ上野駅 昭和46年

  • 特急やまびこ
    初めて東京へ行った昭和46年、昔の風情の残る上野駅に間に合いました。

神戸市電 最後の日

  • 星電社前
    1971年3月に神戸市電は歴史を閉じました。その最終日に神戸市内の各所で写真に収めましたが、思えば震災前の神戸の街も封じ込めたことになりました。

東海道のんびり行

  • 24
    昭和49年5月に、当時まだ走っていた急行桜島・高千穂に乗って、のんびり東海道を東上しました。そのときの車窓風景をまとめました。

京阪滝井駅 昭和50年

  • Photo_2
    京阪電車は今年、中ノ島新線の開通や電車の塗装変更、さらに往年の名特急1900系の引退と話題に事欠きませんが、ごく普通に走っていた昭和50年の滝井駅の様子はこんな感じでした。

昔日の近江鉄道

  • Photo_4
    近江鉄道は、学生時代からの万葉旅行会で近江蒲生野へ行くときに撮影した程度だった。これはその一連の名残である。 「茜さす紫野行き標野行き野守りは見ずや妹が袖ふる」

マンモス機 EH10

  • 04
    国鉄が作った最大最強のマンモス電気機関車EH10。 今でこそ、8軸の電機はいろいろあるけれど、目に焼きついているのはこの機関車だ。

京都市電

  • 2607
    京都へ行くと市内の移動はたいてい市電だった。 市電だと京都初心者にもわかりやすかった。 たまにバスに乗るとぐるっと市内の引き回しにあったり、とんでもない方向へ走ったりと痛い目に会ったからだ。

きーんてーつ特急

  • Photo_11
    70年代の近鉄特急の白黒写真を集めてみました。点数も少なく恐縮ですが、関西には少ない観光特急の雰囲気だけでも伝えたい。おまけにあおぞら号も何枚か。

近鉄、ちょっと前の車両たち

  • 1413
    1980年代に撮った近鉄の一般車両の中からチョイスしてみた。少し小さいというだけで、なんだか親しみを感じる車両の面白さもある。

野上電鉄、廃止3週間前

  • キハ28
    1994年3月末をもって廃止された野上電鉄を、廃止3週間前に友人の2Aカレチさんと訪れた。併せて周辺の鉄道へも足を運んだので、藤並駅でみた有田鉄道のキハをおまけに追加した。

阪神5314F 愛

  • Img_6204
    阪神電車最古参の5314Fは5550Fの新規参入によっていよいよ引退の時期を迎えた。この前パン貫通幌を持つ古き阪神電車の顔を残す編成を追いかけた。

ゴハチ

  • 16ef58
    今も人気のEF58ばかりを集めました。近所鉄の西宮、武庫川をはじめ大阪駅、少し遠くて下関。元気にゴハチが走り回っていた時代がありました。

琴電 旧型車を並べて

  • Img_0059
    平成10年から出張が多かった四国ですが、何回かは高松に足を運んで琴電を追いました。古い写真がなぜか見つからないので、旧型車が消える数年前からのものばかりです。

RRE様HP掲載一覧

  • 0001601
    ブログ開設以前はRREさんの掲示板への投稿を続けていました。ここに、その投稿画像をまとめましたので、ご笑覧いただければと思います。

島原鉄道2007

  • Img_2046
    去年の3月に出○ついでに諫早駅周辺、島原鉄道、足を少し伸ばして長崎電軌を訪問しました。島原鉄道の一部廃止は残念です。

JR九州の車両たち、諫早駅周辺

  • Img_2023
    ラストランブームになったなは/あかつきもこのころは全然注目されず。九州はいろんな列車があって楽しめます。

長崎は今日も雨

  • Img_2117
    長崎ではすごい雨にあいました。それにもめげず、撮り鉄に励んできました。

名鉄瀬戸線

  • Img_1926
    名鉄瀬戸線に6750系という大手私鉄最後の吊りかけ車が走っていると聞いて訪問しました。2008.03.24

惜別 0系新幹線 

  • 01 相生駅 0系の横顔
    いよいよ平成20年11月末に引退する0系新幹線。山陽路で活躍していた近年の記録です。

四国の気動車

  • 四国は今でも気動車の天国です。その中でも、普通車の運用に供せられる車両を集めてみました。普通車だけにDCより気動車という言い方が似合います。

名鉄にあったレールバス

  • 到着したレールバスからの乗り換え
    名鉄の三河線、猿投の先には西中金まで延びる単線があり、そこには今ではその姿をほとんど見ることが出来ないレールバスがひっそりと走っていました。1987年4月、2Aカレチさんと訪れた記録です。

名鉄揖斐線

  • 512号車内
    1987年4月に2Aカレチさんと名鉄を訪れました。 揖斐線は一時下車した美濃北方駅と黒野駅での写真です。

名鉄の旧型車

  • 103763
    1987年4月 2Aカレチさんと一緒に名鉄を訪れました。 名鉄の本線あたりでもまだまだ吊り掛け車が走っていました。

名鉄岐阜市内線

  • 08
    1987年4月、2Aカレチさんと名鉄を訪れた。岐阜市内線をとりあえず撮影した後、揖斐線へと向かった。

明延鉱山とともに

  • 04_img_0155
    小学生時代、明延鉱山の学校とクラス同士の文通をした。その場所がどこだか全く知らずに居たが1円電車の存在は知っていた。その地を訪れたのは随分大人になってからとなった。

鍛冶屋線~愛と死をみつめて

  • 09_img_0334
    大正12年に全線が開通した鍛冶屋線はJR後の平成2年、その歴史に幕を下ろした。 また、「愛と死をみつめて」で有名なミコこと大島みち子さんはこの沿線の方で、線路を見下ろす小高い岡の上にお墓がある。

EF65 0番台原色+茶ガマ

  • 103_img_2881
    かつて、全国の直流区間ではおなじみだったEF65の0番台も、今では岡山に集結する11機のみである。そのうち、原色を保っているのはわずか4両となった。

セント・マーティン・オーケストラ

2018年11月27日 (火)

セント・マーティン・オーケストラ第14回定期演奏会

46890155_2217658451891817_576488782一昨日、11月25日は、川西市のみつなかホールで開かれたセント・マーティン・オーケストラの第14回定期演奏会を聞きました。阪急川西能勢口駅の近くになかなかお気に入りのレストランがないので、武庫之荘駅近くのタイ料理店に入ったら、これが大正解でした。さて、みつなかホールにつきました。

46520606_2217658558558473_124866437この日は、ベートーヴェンの「プロメテウスの創造物」序曲、ブラームスのハイドン・バリエーション、交響曲第2番というしっかりとした曲目が並ぶものでした。これだけのラインナップだと、聴く方にも頑張りが必要です。実に正統派的な音楽ですね。

46814170_2217658458558483_120479000演奏はこのオーケストラの特徴であるノンヴィブラートの弦楽器がストレートな表現をしていて、また指揮者の河﨑聡さんのいつもの快活なテンポが、いずれの曲目にもマッチしていて、重厚で濃度の高い音楽を聴くことができました。特に、ブラームスの第2番は、甘いところのないビターな演奏で充実していたように思います。

この演奏会には、お知り合いのご夫婦がご出演でした。お疲れ様でした。

2018年6月 4日 (月)

セント・マーティン・オーケストラ ミニコンサート

Image3_jpeg一昨日、6月2日は、大阪の阿波座にある日本生命病院のオープニングイベントに、お知り合いが参加されているセント・マーティン・オーケストラがそのお祝いのコンサートを開かれるというので、11時過ぎに会場に到着しました。この病院がある場所は、明治の初めに大阪府庁が置かれた場所で、尖塔を持つ当時としては最先端の様式の建物がそびえたっていました。

Image1_jpegコンサートは11時15分頃から始まり、12時前までと、ミニイベントというより、しっかりとしたコンサートになりました。ヨゼフ・シュトラウスのポルカ「テープは切られた」、スッペの軽騎兵序曲などの有名曲が演奏され、聴衆からの暖かい拍手が送られていました。

Image2_jpeg会場の外では、マルシェが開かれていて、古本市や、軽い食品の販売、さらに隣接するこのあたり一帯、江之子島というのですが、その街びらきのようなイベントで、多くの人が詰めかけていました。近年まで大阪府立産業技術研究所があって、おかたい場所でしたが、高層マンションが建ち、広場ができて、街の活性化が進んでいますね。

511o1zsql__sx351_bo1204203200_門井慶喜 シュンスケ! 角川文庫/読了・・・・・・・・新撰組颯爽録で楽しまさせてもらった著者の歴史ものということで続けて読みました。話のテンポ、場面の運び、描写など素晴らしいですね。シュンスケは、当然、後の伊藤博文のことですが、身の軽い、そしていつでも前向きで明るい青年として描かれています。悲愴な決意をもった高杉晋作とのコンビは、まるで織田信長と羽柴秀吉とのやり取りの様です。そういえば、長州の貧しい家に生まれた伊藤博文がわが国最初の総理大臣になったのですから、彼はまさに今太閤かもしれません。

2018年3月 4日 (日)

セント・マーティンオーケストラ第13回定期演奏会

Image2_jpeg急に気温が上がり、汗ばむような陽気となった本日、あ知り合いのご夫婦もご出演という事で、セント・マーティンオーケストラの第13回定期演奏会を聴きに、川西市のみつなかホールへ行って来ました。用心のため、薄いコートを羽織っていきましたが、それも要らなかった具合です。

Image3_jpeg今日は、ベートーヴェンのコリオラン序曲に始まり、プロコフィエフの古典交響曲、後半がベートーヴェンの交響曲第7番です。ベートーヴェンの7番は、先週から続いていて、短い期間に3回目の遭遇となりました。指揮は、いつもの河﨑聡さん。

Image1_jpeg_2このオーケストラは、アマチュアとしては珍しく、固有の音色をもっているように思います。楽曲によっては、ノンヴィヴラートの奏法を行っていることがあるからでしょうか、コリオランの冒頭でも、いぶし銀の響きを感じます。プロコフィエフでは、響きよりも音楽を大づかみにした表現に飲みこまれてしまいましたが、50名を割り込むメンバーにしては、大変大きな響きが聞こえてきます。特に管楽器の音量の大きさは他にはないくらい充実しています。

ベートーヴェンは、みっちりとした音楽が詰まった演奏でしたね。ずいぶん短い期間に3回もこの楽曲に接すると、それぞれの表現の違いもあって、いろいろと考えてしまいますが、家にあるCDやレコードで、もう少しいろいろな演奏をおさらいしてみたくなりましたね。

2016年9月19日 (月)

セント・マーティン・オーケストラ第12回定期演奏会

Img_8213 台風からの風、そして雨が心配された本日、午後から伊丹のアイフォニックホールで開かれたセント・マーティン・オーケストラの第12回定期演奏会を聞いた。このオーケストラは近代楽器を使いながら、いわゆるピリオド奏法、弦楽器のノンビブラートで演奏している稀有なアマチュアオーケストラである。
 
Img_8216 先ず、ハイドンの珍しい「月世界」というオペラの序曲で始まり、次に同じくハイドンの交響曲第100番「軍隊」が演奏された。軍隊は、その名前にちなんだいろいろな仕掛けがあるがそれの一つ一つも面白く、ずいぶん大きな音楽が展開された。木管が素晴らしく、特にフルートはさえた輝きのある音が会場に響いた。
 
Img_8222 後半は、ベートーヴェンの交響曲第3番英雄が演奏された。ずいぶん早めのテンポでの演奏であるが、熱気がこもり、ぐいぐいとした推進力のある演奏で、ノンビブラートによる表現の幅の制約も感じさせることもなく、密度の濃い音楽が展開された。昨夜放送された大阪フィルの英雄を思い浮かべながら聞いたが、それとは別の世界を構築していた。どちらも、好みの演奏である。
 
08121351_57ad55b601f0b 櫻井寛 にっぽん縦断民鉄駅物語(西日本編) 完全網羅!全国162鉄道途中下車の旅 交通新聞社新書/読了・・・・・・・・前作、東日本編に続く後半の内容である。前作でも気になったのだが、題名は駅物語であるが多くの内容はそこに至る道中の話しで、駅にまつわる逸話などはあまり語られていない。また、データなどに少し勘違いされている内容もあり、おやっと思うことがたびたびあった。前作でもそういうことだったので、もう少し慎重な書き方が必要かもしれない。

その他のカテゴリー

2019四国の旅 JR貨物 かぎろひ歴史探訪 その他 みちのくひとり旅 やまとんくらぶ アイチャンオケ アミーキティア管弦楽団 アンサンブル ラ・ピアチェーレ アンサンブル・アルビレオ アンサンブル・シュシュ アンサンブル・ジョワン アンサンブル・ツヴァイ アンサンブル・フリー アンサンブル・ヴィオ インターネット ウォーキング鉄 オーケストラ・アンサンブル・フォルツァ オーケストラ・アンサンブル京都 オーケストラ・クラシック オーケストラ・ソノリテ オーケストラ・ノインテ オーケストラ・ブラヴォー! オーケストラ・ポミエ オーケストラ千里山 オーディオ カメラ カンマーフィルハーモニー神戸 クラシック音楽 クランクレーデ クレセント室内アンサンブル クレー管弦楽団 グルメ コレギウム夙川管弦楽団 シンフォニア・スピカ セント・マーティン・オーケストラ ディスクユニオン ドイツ紀行 ニュージーランド鉄道 バス バンブスアンサンブル パソコン ファゴット・フェスティバル フェニックスフィル ブレスシンフォニーオーケストラ プロ野球 ホール・バルティカ メイプルフィル ライブカメラ ラグビー ワンコイン市民コンサート 万葉 三宝鉄道 上甲ウィンドシンフォニー 上甲子園中学吹奏楽部 交響楽団ひびき 京急 京成 京王 京都プレザントオーケストラ 京都工芸繊維大学交響楽団 京阪 伊予鉄 伊予鉄道 伊豆急行 保存車 信濃の旅 八尾フィル 六甲フィル 兵庫医科大学医療大学合同オーケストラ_ 兵庫芸術文化センターワンコインコンサート 兵庫芸術文化センター管弦楽団 写真展 切符 初演企画 北摂フィル 千里バロック合奏団 千里フィルハーモニア・大阪 南海 卯之町 叡山電車 名指揮者列伝 名鉄 吹奏楽 吹奏楽団 吹田市交響楽団 四国詣で 土佐日記 土佐電 地下鉄 堺フィル 夢の国 ニュージーランド 大井川鉄道 大阪フィルハーモニー交響楽団 大阪メトロ 大阪モーツァルトアンサンブル 大阪交響楽団 大阪市営地下鉄 大阪市民管弦楽団 天理シティオーケストラ 奈良歩き 学園都市交響楽団 宝塚響 富士急行 寝屋川市民管弦楽団 小田急 尼崎市吹奏楽団 尼崎市民交響楽団 居酒屋 山陽 岡山電軌 嵐電 川西市民オーケストラ 幻想フィル 広島電鉄 廃線跡 待兼交響楽団 指揮者 新幹線 旅行 日本センチュリー交響楽団 最近のCD 最近のLP 東京佼成ウィンドオーケストラ 東急 枚方フィル 樹フィル 武庫川女子大学音楽学部 歴史探訪 水族館 江ノ電 父親のアルバムから 甲南大学OB交響楽団 甲南大響 甲南女子大学管弦楽団 白黒懐かし画像 相愛フィルハーモニア 神戸アンサンブルソロイスツ 神戸市地下鉄 神戸電鉄 福井鉄道 紫苑交響楽団 美術 能・狂言 能勢電 芦屋交響楽団 芦屋室内合奏団 若林顕 落語 蒸気機関車 藤井貴宏 街歩き 衣笠交響楽団 西宮交響楽団 西宮探訪 西武 豊中市民管弦楽団 豊橋鉄道 近畿フィルハーモニー管弦楽団 近鉄 遠州鉄道 鉄道 鉄道前面展望 長楽庵 関西グスタフ・マーラー交響楽団 関西フィルハーモニー管弦楽団 関西医科学生交響楽団 関西大学OB交響楽団 関西大学交響楽団 関西学院交響楽団 阪堺電車 阪急 阪神 阪神タイガース 阪神フィル 静岡鉄道 飛行機 高松琴平電鉄 高槻フィル JR四国 JR東日本 JR東海 JR西日本

フォト

掲示板

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

カテゴリー

無料ブログはココログ