国鉄奈良機関区

  • Photo_7
    昭和46年に奈良機関区を訪ねています。変わりやすい天気で、晴れていると思ったら急に雨が降ってきて大変な日でした。

THE 大阪駅~特急編~

  • 16
    中高生のころ、大阪駅はまだ日常の中にはなく、特急列車を撮りに行く特別な場所であった。栄光の時代が残っていた大阪駅に発着する特急列車の姿を封じ込めました。

THE 大阪駅~急行編~

  • 1258
    大阪駅に発着する急行を集めてみました。行き先によっては、ディーゼルカーの急行もあり、思えば楽しい駅だったのですね。ご興味の方は写真帖のずっと下にある「甲子園口急行物語」もご覧ください。

昭和45-47年の天王寺駅

  • キハ58 きのくに
    天王寺駅は単に竜華や奈良方面、阪和方面への乗り換え駅だったが、紀勢線ホームは頭端駅として有名だった。 時折、乗り換えの途中、駅撮りなどしていたようだ。

竜華・昭和46年

  • Photo_3
    昭和46年に数回に分けて竜華へ出陣しています。当時の関西線はローカルそのもの、まだまだ煙も多く残っていました。

甲子園口(その周辺)急行物語

  • Photo_7
    甲子園口西方の踏切があったあたり、そのもう少し西側の日通の倉庫前あたりは友人たちとのたまり場でした。陽が暮れるまで電車の通過を楽しんでいました。

京都駅残照・昭和45年前後

  • Photo_3
    昭和45年当時、京都駅へ行く機会は限られていたが、その中で残していた写真の中からいくつかを抜粋した。 京都の寺社、観光地に興味を持つのはもう少し後になった。

西宮を走った国鉄電車特急・昭和45年頃

  • Photo_2
    国鉄時代、地元西宮でもいろいろな電車特急が走っていた。 そのすべてではないが、手元に残る写真のうちからいくつかを抜粋した。

あぁ上野駅 昭和46年

  • 特急やまびこ
    初めて東京へ行った昭和46年、昔の風情の残る上野駅に間に合いました。

神戸市電 最後の日

  • 星電社前
    1971年3月に神戸市電は歴史を閉じました。その最終日に神戸市内の各所で写真に収めましたが、思えば震災前の神戸の街も封じ込めたことになりました。

東海道のんびり行

  • 24
    昭和49年5月に、当時まだ走っていた急行桜島・高千穂に乗って、のんびり東海道を東上しました。そのときの車窓風景をまとめました。

京阪滝井駅 昭和50年

  • Photo_2
    京阪電車は今年、中ノ島新線の開通や電車の塗装変更、さらに往年の名特急1900系の引退と話題に事欠きませんが、ごく普通に走っていた昭和50年の滝井駅の様子はこんな感じでした。

昔日の近江鉄道

  • Photo_4
    近江鉄道は、学生時代からの万葉旅行会で近江蒲生野へ行くときに撮影した程度だった。これはその一連の名残である。 「茜さす紫野行き標野行き野守りは見ずや妹が袖ふる」

マンモス機 EH10

  • 04
    国鉄が作った最大最強のマンモス電気機関車EH10。 今でこそ、8軸の電機はいろいろあるけれど、目に焼きついているのはこの機関車だ。

京都市電

  • 2607
    京都へ行くと市内の移動はたいてい市電だった。 市電だと京都初心者にもわかりやすかった。 たまにバスに乗るとぐるっと市内の引き回しにあったり、とんでもない方向へ走ったりと痛い目に会ったからだ。

きーんてーつ特急

  • Photo_11
    70年代の近鉄特急の白黒写真を集めてみました。点数も少なく恐縮ですが、関西には少ない観光特急の雰囲気だけでも伝えたい。おまけにあおぞら号も何枚か。

近鉄、ちょっと前の車両たち

  • 1413
    1980年代に撮った近鉄の一般車両の中からチョイスしてみた。少し小さいというだけで、なんだか親しみを感じる車両の面白さもある。

野上電鉄、廃止3週間前

  • キハ28
    1994年3月末をもって廃止された野上電鉄を、廃止3週間前に友人の2Aカレチさんと訪れた。併せて周辺の鉄道へも足を運んだので、藤並駅でみた有田鉄道のキハをおまけに追加した。

阪神5314F 愛

  • Img_6204
    阪神電車最古参の5314Fは5550Fの新規参入によっていよいよ引退の時期を迎えた。この前パン貫通幌を持つ古き阪神電車の顔を残す編成を追いかけた。

ゴハチ

  • 16ef58
    今も人気のEF58ばかりを集めました。近所鉄の西宮、武庫川をはじめ大阪駅、少し遠くて下関。元気にゴハチが走り回っていた時代がありました。

琴電 旧型車を並べて

  • Img_0059
    平成10年から出張が多かった四国ですが、何回かは高松に足を運んで琴電を追いました。古い写真がなぜか見つからないので、旧型車が消える数年前からのものばかりです。

RRE様HP掲載一覧

  • 0001601
    ブログ開設以前はRREさんの掲示板への投稿を続けていました。ここに、その投稿画像をまとめましたので、ご笑覧いただければと思います。

島原鉄道2007

  • Img_2046
    去年の3月に出○ついでに諫早駅周辺、島原鉄道、足を少し伸ばして長崎電軌を訪問しました。島原鉄道の一部廃止は残念です。

JR九州の車両たち、諫早駅周辺

  • Img_2023
    ラストランブームになったなは/あかつきもこのころは全然注目されず。九州はいろんな列車があって楽しめます。

長崎は今日も雨

  • Img_2117
    長崎ではすごい雨にあいました。それにもめげず、撮り鉄に励んできました。

名鉄瀬戸線

  • Img_1926
    名鉄瀬戸線に6750系という大手私鉄最後の吊りかけ車が走っていると聞いて訪問しました。2008.03.24

惜別 0系新幹線 

  • 01 相生駅 0系の横顔
    いよいよ平成20年11月末に引退する0系新幹線。山陽路で活躍していた近年の記録です。

四国の気動車

  • 四国は今でも気動車の天国です。その中でも、普通車の運用に供せられる車両を集めてみました。普通車だけにDCより気動車という言い方が似合います。

名鉄にあったレールバス

  • 到着したレールバスからの乗り換え
    名鉄の三河線、猿投の先には西中金まで延びる単線があり、そこには今ではその姿をほとんど見ることが出来ないレールバスがひっそりと走っていました。1987年4月、2Aカレチさんと訪れた記録です。

名鉄揖斐線

  • 512号車内
    1987年4月に2Aカレチさんと名鉄を訪れました。 揖斐線は一時下車した美濃北方駅と黒野駅での写真です。

名鉄の旧型車

  • 103763
    1987年4月 2Aカレチさんと一緒に名鉄を訪れました。 名鉄の本線あたりでもまだまだ吊り掛け車が走っていました。

名鉄岐阜市内線

  • 08
    1987年4月、2Aカレチさんと名鉄を訪れた。岐阜市内線をとりあえず撮影した後、揖斐線へと向かった。

明延鉱山とともに

  • 04_img_0155
    小学生時代、明延鉱山の学校とクラス同士の文通をした。その場所がどこだか全く知らずに居たが1円電車の存在は知っていた。その地を訪れたのは随分大人になってからとなった。

鍛冶屋線~愛と死をみつめて

  • 09_img_0334
    大正12年に全線が開通した鍛冶屋線はJR後の平成2年、その歴史に幕を下ろした。 また、「愛と死をみつめて」で有名なミコこと大島みち子さんはこの沿線の方で、線路を見下ろす小高い岡の上にお墓がある。

EF65 0番台原色+茶ガマ

  • 103_img_2881
    かつて、全国の直流区間ではおなじみだったEF65の0番台も、今では岡山に集結する11機のみである。そのうち、原色を保っているのはわずか4両となった。

万葉

2016年1月14日 (木)

かぎろひ歴史探訪 忍坂

本日は、今年初めてのかぎろひ歴史探訪、その番外編として希望が多かったという忍坂へ行くということで今年一番の冷え込みの中、出かけていった。忍坂と書いて、おっさかと読む。学生時代に行った懐かしい場所でもある。

それは、万葉旅行でお世話になった犬養孝先生の思い出で、先生の歌碑との対面も40年ぶりくらいになると思われる。すっかり苔むしてしまい、年月の積み重ねが歌碑に現れていた。

近くの鏡女王の陵墓は、植林したと思われる杉に覆われていて、かつての松の木が数本立っていた風情は飛んでしまっていた。

Img_5875Img_5877Img_5880







2014年12月 6日 (土)

奈良東大寺の万葉歌碑

Img_3028奈良へ行ったついでに、東大寺のほうへ少し足を延ばし、中門から(ということは入場は払わずに・・・・)大仏殿を覗いてみた。さすがに我が国最大の、いや世界最大の歴史的木造建築(最近はこれより大きな木造建築物が作られるようになったので微妙)である。さすがに大きい。高さが49.1メートルで、2番目の吉野の蔵王堂が34メートルなので群を抜いている。周りは修学旅行生と中国人が半々、いずれも騒がしい言葉が飛び交う。

Img_3029さて、その中門と南大門の間に、東大寺の真言院があり、その庭に犬養孝先生の万葉歌碑が一基建立されている。先生が亡くなる平成10年の4月に除幕されたもので、小生も除幕式には出席している。歌碑の下端の一部は既に風化して削れてしまい、痛々しい姿である。中には入れず、門からの撮影。

皇(すめろぎ)は御代栄えむと東なる陸奥山(みちのくやま)に金花(くがねはな)咲く 万葉集巻十八 四〇九七

2014年11月17日 (月)

桜井 記紀万葉歌碑原書展

Img001万葉のふるさとである桜井市には、昭和の時代に様々な人の揮毫による古事記、日本書紀、万葉集の歌などを刻んだ歌碑があっちこっちに点在している。かつては、それらの写真を撮り歩いたこともあるが、今回その歌碑を作るにあたっての原書がすべて展示されるということで大注目です。犬養孝先生の歌碑もいくつかあるので、その原書が久しぶりに登場するというのもうれしいですね。

11月26日から30日まで、あべのハルカスにある近鉄百貨店アート館で。大人500円。入江泰吉の写真展も同時開催です。

2014年8月16日 (土)

吉野大淀町の万葉歌碑 犬養孝先生揮毫

Img_3533Img_3540先日、近鉄南大阪線の移動鉄で、奈良県吉野郡大淀町へ行ったとき、前々から訪ねなければと思っていた犬養孝先生の万葉歌碑に巡り合えた。所用のあった近畿農政局の事務所へ向かう途中にある大峰登山一之行場 鈴ヶ森行者堂のちょうど向いに建っていた。ここは大峰山へ登る行者の一番初めの行場だということです。

Img_2528犬養先生の筆による万葉歌碑です。書いてあるのは、「今しくは見目やと思いしみ吉野の大川淀を今日見つるかも」、訳は多分「今か今かと見ることを願っていた美しい吉野にあるという大川淀を今日見ることができるかも」ということだと思います。平成5年11月27日、吉野ライオンズクラブによる建立です。またひとつ犬養先生の歌碑の発見です。

51fg0reh6l__sl500_aa300_吉行淳之介 娼婦小説集成 中公文庫/読了・・・・・・吉行淳之介が亡くなってもう20年になるんですね。本当にかっこいい人でした。この娼婦小説集成は、吉行さんが書いた娼婦小説10編をまとめたもので、娼婦小説はこれですべてだということです。吉行さんの世評から考えて、こんなに少ないとは思いませんでした。いずれも、流れるような文章で、風情と湿度を読後感に漂わせてくれる逸品ぞろいの文章です。学生時代から吉行さんを読んでいて、ずいぶんかっこいい大人だなぁと思っていたけど、今もそのまま思っている。ひょっとして吉行さんの年齢を越えても、かっこいい大人だなぁと思っているでしょう。吉行さんの作品を読むと、自分の未熟を思い知らされる、こりゃ、越えられないわ。

2014年3月14日 (金)

大和路の道標 竹内街道

Img_1879 Img_1880 羽曳野は古市から少し歩いていると町中に、左大和路 右大坂なる道標を発見。裏に回ると、嘉永元年・1848年の建立とのこと。嘉永元年というと、「逃亡中の高野長英、変名して伊予宇和島藩に行く」「オランダ、佐賀藩に種痘苗をもたらす」「佐久間象山、西洋式大砲を鋳造」とある。う~ん、まさに幕末。これが立っているのが、日本最古の街道、竹内街道の一角であるということからも、歴史の真っただ中にいるようだ。

310081_00000_0000_yhjpg420140314020 今朝がたの地震、愛媛県西予市で震度5強とは。日曜日には、なんとその地へ出かけなければならない。まさに、高野長英が隠れ住んだ町へ。

9784334767037 赤川次郎 三毛猫ホームズは階段を上る 光文社文庫/読了・・・・・・このシリーズとしては珍しく長編ものであった。いつもは短編をつないで一つの著書としているので少し勝手が違った。長いと、なんだかハラハラドキドキもあって、少し疲れた。なにせ、赤川次郎のシリーズども、読んでいて緊張するのは余り好かんですばい。

2013年11月14日 (木)

万葉歌碑 生駒

Img_1482 近鉄生駒駅の北へ少し歩くと、坂はだんだんきつくなる一方。その先に、生駒市芸術会館美楽来(みらく)という施設がある。入り口を入るといかにも贅を尽くした感じのエントランスがあり、中庭がシースルーでうかがえる。バブル期の建物であろうか。

Img_1476 その中庭には、犬養先生の小さな歌碑が一基建てられている。平成11年の春に犬養先生追悼展「生駒の万葉」が開かれた折に設置されたものである。

「君があたり 見つつもおらむ 生駒山 雲なたなびき 雨が降るとも」巻12-3032 作者不詳

2013年10月23日 (水)

かぎろひの大和路 つづき

Img_1384 10月7日に紹介した「かぎろひの大和路」という冊子を、この本の編集人の方に送っていただいた。正確には、贈ってもらって、手元にいただいたことになる。多謝です。これでも、弘前りんごさんたちとともに学生時代から、明日香、大和路、奈良を歩き回ったほうだが、この本を見ると、我々が回っていたのは、犬養孝先生お好みの場所に繰り返し足を運んでいたのだということがわかる。

Img_4662 大和路は、実に奥深いし、この方のように今の奈良の生活に密着したところから大和路を見つめている四季折々の味わいも感じることができるのだろう。時間ができたら、ぜひ、大和路を回りなおしてみたいものだ。

150470 小坂剛 あのひとと、「酒都」放浪 日本一ぜいたくな酒場めぐり 中公新書ラクレ/読了・・・・・・著者が、太田和彦、森下賢一、鷲田清一、佐々木幹郎、都筑響一、吉田類、吉永みち子、エンテツ、藤原法仁、倉嶋紀和子、浜田信郎、なぎら健壱、橋本健二という小生もテレビなどでおなじみの方も、そうでない方もいるが、そういう人たちと居酒屋について、酒を飲みながら語った一冊。太田は、「~なければならない」型、吉田は「語り酒」かな。

そういえば、小生、一人で居酒屋に入ることができない。怖いのである。誰か一人でも一緒にいたら、全然平気になる。この本を読んで、一度一人で、どこか静かに(かな?)呑んでみようかという気持ちが少しある。これは新たな大人への脱皮になるかもしれんですな。

2013年10月 7日 (月)

かぎろひの大和路

Img_1362 本日、辻邦生つながりで、かぎろひさんという方からコメントをいただいた。話としては、奈良大学であった企画展のことだったが、この方のサイトを訪問してびっくり。奈良の情報誌である「かぎろひの大和路」にどうも深くかかわっておられる方のようだ。

かぎろひの大和路  http://www4.kcn.ne.jp/~kagiroi/index.html

29 奈良の書店には、奈良コーナーというものがあって、奈良、明日香、大和路に関する著作が多く並べられているのが普通だ。地元を愛している度合いが高い地域でもあるようだ。この本も何回も目にしている。

この方のサイトを見ると、かつて万葉旅行会で犬養先生に連れて行っていただいた明日香の風景が目に浮かぶ。そういえば、長いこと飛鳥へも足を運んでないですね。

2012年11月28日 (水)

万葉の二上山の紅葉

Img_0083 再び奈良の御所へ行ったので、その行きかえり、ガーンと正面に存在感を示す二上山の様子を撮影した。今では「にじょうさん」であるが、万葉の「ふたかみやま」である。ふたこぶの間に夕日が落ちるときがあり、神聖な山として古代あがめられていた。右側の雄岳の山頂には万葉時代の悲劇のヒーロー大津皇子のお墓がある。

宇都曽見乃 人尓有吾哉 従明日者 二上山乎 弟世登吾将見

うつそみの、ひとにある我れや、明日よりは、ふたかみやまを、弟背(いろせ)と我が見む

ところどころ晩秋だというのに緑が濃い部分があるが、人工林として植えられたスギ林である。それ以外は自然のままの自然林が残っており、山全体が燃えるような紅葉を呈している。実は、春先の萌えるような新緑に包まれる山容も、これまた素晴らしい。

61jzypmm54l__sl500_aa300_ 司馬遼太郎 旅の言葉 朝日文庫/読了・・・・・・街道をゆくの中から、司馬遼太郎のことばを拾い集め、ひとつのポエムのように取りまとめた一冊。じっくりかみしめるような言葉が続き、まるで展覧会の素晴らしい絵を次から次へと見せられているようだ。なまなかな作家ではこうはいかない。司馬遼太郎の司馬らしい所以と言える。

2012年6月30日 (土)

西田公園万葉歌碑 春の苑・・・・

Img_9444 梅雨のどんよりした天気の土曜日、昼からも野暮用で、自分の時間がなかなか取りづらい。

早めのアップすることとして、家から最も近い所に立つ万葉歌碑を紹介しよう。

阪急夙川を梅田方面に少し行くと小高い丘の西田公園がある。ここの万葉植物園の中に、犬養孝先生の歌碑がある。

Umoryujo1 歌は「春の苑 紅にほふ 桃の花 下照る道に いで立つ乙女」である。

万葉の時代の濃厚な香りが届くような、珍しく視覚的な歌で、そのモチーフとぴったりのが正倉院宝物の鳥毛立女屏風図である。

この歌碑の脇にも桃の木が植えられている。

来春、花が咲いたときに来てみようかな。

Img_9445 ここの万葉植物園、手入れが悪く雑草が生えまくっていて、もともとの万葉植物が消えているコーナーも散見される。

市内の万葉ファンの方々で定期的に掃除と雑草取りでも。

そうか、あの人に頼んでみようかな。某高校で国語を教えているY先生に(もう定年かな)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

JR貨物 | Jフィル | MIZUMO | T-ストリングス | かぎろひ歴史探訪 | その他 | やまとんくらぶ | アンサンブル ラ・ピアチェーレ | アンサンブル・アルビレオ | アンサンブル・コスモリバティ | アンサンブル・ジョワン | アンサンブル・ツヴァイ | アンサンブル・フリー | アンサンブル・ミンネン | アンサンブル・ヴィオ | ウォーキング鉄 | オルガンコンサート | オーケストラ・アンサンブル・フォルツァ | オーケストラ・ソノリテ | オーケストラ・ノインテ | オーケストラ・ブラヴォー! | オーケストラ・ポミエ | オーケストラ千里山 | オーディオ | カメラ | カンマーフィルハーモニー京都 | クラシックサロン・アマデウス | クラシック音楽 | クランクレーデ | クレセント室内アンサンブル | クレー管弦楽団 | グッド・シーズン・アンサンブル | グルメ | コレギウム・ヨハネス | コレギウム夙川管弦楽団 | セント・マーティン・オーケストラ | ゾンアーベント・アンサンブル | タリヘーレ四重奏団 | ダムカード | テレマン室内オーケストラ | ディスクユニオン | ニイジマ・キネン・オーケストラ | ニュージーランド鉄道 | ハイマート交響楽団 | ハイマート合唱団 | バス | バッハクライス神戸 | バンブスアンサンブル | パソコン | フォンス・フローリス古楽院 | ホール・バルティカ | ミモザの会 | ミュー室内管弦楽団 | メイプルフィル | ライブカメラ | ラグビー | ワンコイン市民コンサート | ヴェデルニコフ | 万葉 | 三宝鉄道 | 上甲ウィンドシンフォニー | 上甲子園中学吹奏楽部 | 交響楽団ひびき | 京急 | 京成 | 京王 | 京都フィロムジカ管弦楽団 | 京都大学交響楽団 | 京阪 | 伊予鉄道 | 伊豆急行 | 六甲フィル | 兵庫医科大学医療大学合同オーケストラ_ | 兵庫芸術文化センター管弦楽団 | 切符 | 初演企画 | 北摂フィル | 北総 | 南海 | 卯之町 | 合唱団 | 吹奏楽 | 吹奏楽団 | 吹田市交響楽団 | 土佐くろしお鉄道 | 土佐日記 | 土佐電 | 地下鉄 | 堺フィル | 夢の国 ニュージーランド | 大井川鉄道 | 大阪センチュリー交響楽団 | 大阪フィルハーモニー交響楽団 | 大阪フロイデ合唱団 | 大阪モーツァルトアンサンブル | 大阪交響楽団 | 大阪市営交通局 | 大阪市営地下鉄 | 大阪市民管弦楽団 | 大阪芸術大学管弦楽団 | 奈良女子大管 | 学園都市交響楽団 | 宝塚響 | 富士急行 | 小田急 | 尼崎市吹奏楽団 | 尼崎市民交響楽団 | 尼崎弦楽アンサンブル | 居酒屋 | 山陽 | 岡山電軌 | 嵐電 | 広島電鉄 | 廃線跡 | 指揮者 | 新京成 | 新幹線 | 旅行 | 日本センチュリー交響楽団 | 最近のCD | 最近のLP | | 東急 | 東武 | 枚方フィル | 武庫川女子大学音楽学部 | 水族館 | 水間鉄道 | 江ノ電 | 父親のアルバムから | 甲南大学OB交響楽団 | 甲南大響 | 甲南女子大学管弦楽団 | 白黒懐かし画像 | 相鉄 | 神戸アンサンブルソロイスツ | 神戸大学響 | 神戸電鉄 | 神戸高校OBオーケストラ | 福井鉄道 | 私の名盤シリーズ | 箕面コンセルト室内合奏団 | 紫苑交響楽団 | 美術 | 聖ソフィア・バラ合唱団/合奏団 | 能勢電 | 芦屋交響楽団 | 芦屋室内合奏団 | | 若林顕 | 落語 | 蒸気機関車 | 藤井貴宏 | 衣笠交響楽団 | 西宮交響楽団 | 西宮探訪 | 見仏 | 豊中市民管弦楽団 | 豊橋鉄道 | 近江鉄道 | 近畿フィルハーモニー管弦楽団 | 近鉄 | 遠州鉄道 | 鉄道 | 長岡京市民管弦楽団 | 長崎電軌 | 長楽庵 | 関西グスタフ・マーラー交響楽団 | 関西フィルハーモニー管弦楽団 | 関西医科学生交響楽団 | 関西学院交響楽団 | 関西SPレコード愛好会 | 阪堺電車 | 阪急 | 阪神 | 阪神タイガース | 静岡鉄道 | 須磨フィル | 飛行機 | 高松琴平電鉄 | 高槻室内管弦楽団 | | 龍谷大学交響楽団 | JR四国 | JR東日本 | JR東海 | JR西日本

フォト

掲示板

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

無料ブログはココログ