フォト

掲示板

無料ブログはココログ

名指揮者列伝

2021年1月13日 (水)

ヨゼフ・カイルベルトの第九

Blog_import_5c808614df637

大好きな指揮者の一人にドイツの指揮者、ヨゼフ・カイルベルト(1908-1968)がいます。1908年生まれの名指揮者としては、ヘルベルト・フォン・カラヤン、カレル・アンチェル、そして朝比奈隆などがいます。大指揮者の時代ですね。カイルベルトは、歌劇場から修業を始め、バンベルグ交響楽団の首席指揮者として亡くなるまで活躍した指揮者です。

Dsc07560

私がカイルベルトの演奏の初めて接したのは、ベートーヴェンの交響曲第5番でした。ずしりと重い音楽という印象で始まった第1楽章でしたが、なんといっても緩徐楽章となる第2楽章で音楽が一切緩んでいないのに驚くとともに感心しました。ベートーヴェンの交響曲もその多くを残していますが、正規のスタジオ録音としては第9番だけが欠けていたのが残念でした。

51yfzu0a0l_ac_sx355_

そんななか、1965年12月25日のNHK交響楽団を指揮した第九のライブ演奏が以前から発売されていました。これは大変な名演奏として歴史的価値があると知られていましたが、今に至るまで聞くことはなかったです。この日の演奏、第4楽章の後半部分はその映像が残されており、Youtubeで見ることが出来ます。⇒ 

興奮した聴衆がステージに駆け寄り、カイルベルトに握手を求める様子も写されています。阪神タイガースのサヨナラゲームで興奮したファンが柵を乗り越え田淵選手とともにホームインする映像とかは見たことがありますが、クラシックでは他に知りません。

08_1114_01

昨年12月にとんでもないニュースが飛び込んできました。カイルベルトがケルン放送交響楽団を指揮したスタジオ録音が発売されたのです。その中に第九もありました。⇒ 

1963年の録音ということから、日本での演奏より少し前になりますが、まさに絶好のタイミングであったかと思います。カイルベルトは60歳の時、ワーグナーの楽劇を指揮している最中に心臓まひで亡くなるという劇的な最期でしたが、あと10年、20年長生きしていたら、カラヤンが率いていたクラシック音楽の世界の様子も大きく変わっていたことでしょう。

2020年5月20日 (水)

指揮の芸術 The Art of Conducting

Erich  左からワルター、トスカニーニ、クライバー、クレンペラー、フルトヴェングラー

自粛生活の中で、テレビも再放送やつまらないバラエティが多くなっていることもあり、最近Youtuveを見る機会が増えています。そんな中、指揮の芸術という過去の時代の指揮者たちがどのようなスタイルの指揮をしていたかという動画かありました。そのうちのひとつは以前にNHKで放送されたのを録画して見ていたのですが、もう一編、全く別の動画がアップされていました。

第1部⇒  第2部⇒

Hqdefaultz71yy2w8  Carlos_kleiber_20200520070901 父と息子

その中で初めて、エーリッヒ・クライバーの指揮を見ることができました。エーリッヒ・クライバーは、カリスマ的な指揮で業界最高のギャラと言われたカルロス・クライバーの父親です。戦前はヨーロッパの5大指揮者のひとりと言われ、ウィーンはもとよりアルゼンチンのテアトル・コロンなどでも活躍した名指揮者でした。自由な指揮ぶりの息子とは違って、しっかりと拍を刻むオーソドックスなタクトの裁きでした。

Mengelberg_11024x681  D0170835_21254299  メンゲルベルクとミュンシュ

その他の大指揮者の指揮ぶりが映像として紹介されています。コンセルトヘボウの常任を長く続けたウィレム・メンゲルベルク、フランス音楽からドイツ音楽まで幅広いレパートリーで晩年はパリ管弦楽団の初代指揮者にもなったシャルル・ミュンシュです。

Furtwangler_3  Cluytens2020ph20hauert   フルトヴェングラーとクリュイタンス

大物が続きます。いまも日本ではその人気が衰えていないウィルヘルム・フルトヴェングラー、圧倒的な存在感が示されています。そして、その作り出す音楽そのものの優雅な指揮ぶりのアンドレ・クリュイタンスも紹介されています。

101365_celibidache_celibidache24a   Yevgeny_mravinsky  チェリビダツケとムラヴィンスキー

終盤の辺りで、若いころのチェリビダッケが登場します。若いころはストレートな音楽表現で好ましく思っていたのですが、ミュンヘンフィルを振った晩年の彼の演奏はふにゃふにゃの音楽づくりとなってしまい残念でしたね。そして、最後はロシアの巨匠、エフゲニ・ムラヴィンスキーです。その厳しい眼光が楽員に投げかけられ、引き締まった音楽が作られていきます。

その他のカテゴリー

2019四国の旅 JR貨物 かぎろひ歴史探訪 その他 みちのくひとり旅 やまとんくらぶ アイチャンオケ アミーキティア管弦楽団 アンサンブル ラ・ピアチェーレ アンサンブル・アルビレオ アンサンブル・シュシュ アンサンブル・ジョワン アンサンブル・ツヴァイ アンサンブル・フリー アンサンブル・ヴィオ インターネット ウォーキング鉄 オーケストラ・アンサンブル・フォルツァ オーケストラ・アンサンブル京都 オーケストラ・クラシック オーケストラ・ソノリテ オーケストラ・ノインテ オーケストラ・ブラヴォー! オーケストラ・ポミエ オーケストラ千里山 オーディオ カメラ カンマーフィルハーモニー神戸 クラシックサロン・アマデウス クラシック音楽 クランクレーデ クレセント室内アンサンブル クレー管弦楽団 グルメ コレギウム夙川管弦楽団 シンフォニア・スピカ セント・マーティン・オーケストラ ディスクユニオン ドイツ紀行 ニュージーランド鉄道 バス バンブスアンサンブル パソコン ファゴット・フェスティバル フェニックスフィル ブレスシンフォニーオーケストラ プロ野球 ホール・バルティカ メイプルフィル ライブカメラ ラグビー ワンコイン市民コンサート ヴェデルニコフ 万葉 三宝鉄道 上甲ウィンドシンフォニー 上甲子園中学吹奏楽部 交響楽団ひびき 京急 京成 京王 京都プレザントオーケストラ 京都工芸繊維大学交響楽団 京阪 伊予鉄 伊予鉄道 伊豆急行 保存車 信濃の旅 八尾フィル 六甲フィル 兵庫医科大学医療大学合同オーケストラ_ 兵庫芸術文化センターワンコインコンサート 兵庫芸術文化センター管弦楽団 写真展 切符 初演企画 北摂フィル 千里バロック合奏団 千里フィルハーモニア・大阪 南海 卯之町 叡山電車 名指揮者列伝 名鉄 吹奏楽 吹奏楽団 吹田市交響楽団 四国詣で 土佐日記 土佐電 地下鉄 堺フィル 夢の国 ニュージーランド 大井川鉄道 大阪フィルハーモニー交響楽団 大阪メトロ 大阪モーツァルトアンサンブル 大阪交響楽団 大阪市営地下鉄 大阪市民管弦楽団 天理シティオーケストラ 奈良歩き 学園都市交響楽団 宝塚響 富士急行 寝屋川市民管弦楽団 小田急 尼崎市吹奏楽団 尼崎市民交響楽団 居酒屋 山陽 岡山電軌 嵐電 川西市民オーケストラ 幻想フィル 広島電鉄 廃線跡 待兼交響楽団 指揮者 新幹線 旅行 日本センチュリー交響楽団 最近のCD 最近のLP 東京佼成ウィンドオーケストラ 東急 枚方フィル 樹フィル 武庫川女子大学音楽学部 歴史探訪 水族館 江ノ電 父親のアルバムから 甲南大学OB交響楽団 甲南大響 甲南女子大学管弦楽団 白黒懐かし画像 相愛オーケストラ 相愛フィルハーモニア 神戸アンサンブルソロイスツ 神戸市地下鉄 神戸電鉄 福井鉄道 紫苑交響楽団 美術 能・狂言 能勢電 芦屋交響楽団 芦屋室内合奏団 若林顕 落語 蒸気機関車 藤井貴宏 街歩き 衣笠交響楽団 西宮交響楽団 西宮探訪 西武 豊中市民管弦楽団 豊橋鉄道 近畿フィルハーモニー管弦楽団 近鉄 遠州鉄道 鉄道 鉄道前面展望 長楽庵 関西グスタフ・マーラー交響楽団 関西フィルハーモニー管弦楽団 関西医科学生交響楽団 関西大学OB交響楽団 関西大学交響楽団 関西学院交響楽団 阪堺電車 阪急 阪神 阪神タイガース 阪神フィル 静岡鉄道 飛行機 高松琴平電鉄 高槻フィル JR四国 JR東日本 JR東海 JR西日本

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー