国鉄奈良機関区

  • Photo_7
    昭和46年に奈良機関区を訪ねています。変わりやすい天気で、晴れていると思ったら急に雨が降ってきて大変な日でした。

THE 大阪駅~特急編~

  • 16
    中高生のころ、大阪駅はまだ日常の中にはなく、特急列車を撮りに行く特別な場所であった。栄光の時代が残っていた大阪駅に発着する特急列車の姿を封じ込めました。

THE 大阪駅~急行編~

  • 1258
    大阪駅に発着する急行を集めてみました。行き先によっては、ディーゼルカーの急行もあり、思えば楽しい駅だったのですね。ご興味の方は写真帖のずっと下にある「甲子園口急行物語」もご覧ください。

昭和45-47年の天王寺駅

  • キハ58 きのくに
    天王寺駅は単に竜華や奈良方面、阪和方面への乗り換え駅だったが、紀勢線ホームは頭端駅として有名だった。 時折、乗り換えの途中、駅撮りなどしていたようだ。

竜華・昭和46年

  • Photo_3
    昭和46年に数回に分けて竜華へ出陣しています。当時の関西線はローカルそのもの、まだまだ煙も多く残っていました。

甲子園口(その周辺)急行物語

  • Photo_7
    甲子園口西方の踏切があったあたり、そのもう少し西側の日通の倉庫前あたりは友人たちとのたまり場でした。陽が暮れるまで電車の通過を楽しんでいました。

京都駅残照・昭和45年前後

  • Photo_3
    昭和45年当時、京都駅へ行く機会は限られていたが、その中で残していた写真の中からいくつかを抜粋した。 京都の寺社、観光地に興味を持つのはもう少し後になった。

西宮を走った国鉄電車特急・昭和45年頃

  • Photo_2
    国鉄時代、地元西宮でもいろいろな電車特急が走っていた。 そのすべてではないが、手元に残る写真のうちからいくつかを抜粋した。

あぁ上野駅 昭和46年

  • 特急やまびこ
    初めて東京へ行った昭和46年、昔の風情の残る上野駅に間に合いました。

神戸市電 最後の日

  • 星電社前
    1971年3月に神戸市電は歴史を閉じました。その最終日に神戸市内の各所で写真に収めましたが、思えば震災前の神戸の街も封じ込めたことになりました。

東海道のんびり行

  • 24
    昭和49年5月に、当時まだ走っていた急行桜島・高千穂に乗って、のんびり東海道を東上しました。そのときの車窓風景をまとめました。

京阪滝井駅 昭和50年

  • Photo_2
    京阪電車は今年、中ノ島新線の開通や電車の塗装変更、さらに往年の名特急1900系の引退と話題に事欠きませんが、ごく普通に走っていた昭和50年の滝井駅の様子はこんな感じでした。

昔日の近江鉄道

  • Photo_4
    近江鉄道は、学生時代からの万葉旅行会で近江蒲生野へ行くときに撮影した程度だった。これはその一連の名残である。 「茜さす紫野行き標野行き野守りは見ずや妹が袖ふる」

マンモス機 EH10

  • 04
    国鉄が作った最大最強のマンモス電気機関車EH10。 今でこそ、8軸の電機はいろいろあるけれど、目に焼きついているのはこの機関車だ。

京都市電

  • 2607
    京都へ行くと市内の移動はたいてい市電だった。 市電だと京都初心者にもわかりやすかった。 たまにバスに乗るとぐるっと市内の引き回しにあったり、とんでもない方向へ走ったりと痛い目に会ったからだ。

きーんてーつ特急

  • Photo_11
    70年代の近鉄特急の白黒写真を集めてみました。点数も少なく恐縮ですが、関西には少ない観光特急の雰囲気だけでも伝えたい。おまけにあおぞら号も何枚か。

近鉄、ちょっと前の車両たち

  • 1413
    1980年代に撮った近鉄の一般車両の中からチョイスしてみた。少し小さいというだけで、なんだか親しみを感じる車両の面白さもある。

野上電鉄、廃止3週間前

  • キハ28
    1994年3月末をもって廃止された野上電鉄を、廃止3週間前に友人の2Aカレチさんと訪れた。併せて周辺の鉄道へも足を運んだので、藤並駅でみた有田鉄道のキハをおまけに追加した。

阪神5314F 愛

  • Img_6204
    阪神電車最古参の5314Fは5550Fの新規参入によっていよいよ引退の時期を迎えた。この前パン貫通幌を持つ古き阪神電車の顔を残す編成を追いかけた。

ゴハチ

  • 16ef58
    今も人気のEF58ばかりを集めました。近所鉄の西宮、武庫川をはじめ大阪駅、少し遠くて下関。元気にゴハチが走り回っていた時代がありました。

琴電 旧型車を並べて

  • Img_0059
    平成10年から出張が多かった四国ですが、何回かは高松に足を運んで琴電を追いました。古い写真がなぜか見つからないので、旧型車が消える数年前からのものばかりです。

RRE様HP掲載一覧

  • 0001601
    ブログ開設以前はRREさんの掲示板への投稿を続けていました。ここに、その投稿画像をまとめましたので、ご笑覧いただければと思います。

島原鉄道2007

  • Img_2046
    去年の3月に出○ついでに諫早駅周辺、島原鉄道、足を少し伸ばして長崎電軌を訪問しました。島原鉄道の一部廃止は残念です。

JR九州の車両たち、諫早駅周辺

  • Img_2023
    ラストランブームになったなは/あかつきもこのころは全然注目されず。九州はいろんな列車があって楽しめます。

長崎は今日も雨

  • Img_2117
    長崎ではすごい雨にあいました。それにもめげず、撮り鉄に励んできました。

名鉄瀬戸線

  • Img_1926
    名鉄瀬戸線に6750系という大手私鉄最後の吊りかけ車が走っていると聞いて訪問しました。2008.03.24

惜別 0系新幹線 

  • 01 相生駅 0系の横顔
    いよいよ平成20年11月末に引退する0系新幹線。山陽路で活躍していた近年の記録です。

四国の気動車

  • 四国は今でも気動車の天国です。その中でも、普通車の運用に供せられる車両を集めてみました。普通車だけにDCより気動車という言い方が似合います。

名鉄にあったレールバス

  • 到着したレールバスからの乗り換え
    名鉄の三河線、猿投の先には西中金まで延びる単線があり、そこには今ではその姿をほとんど見ることが出来ないレールバスがひっそりと走っていました。1987年4月、2Aカレチさんと訪れた記録です。

名鉄揖斐線

  • 512号車内
    1987年4月に2Aカレチさんと名鉄を訪れました。 揖斐線は一時下車した美濃北方駅と黒野駅での写真です。

名鉄の旧型車

  • 103763
    1987年4月 2Aカレチさんと一緒に名鉄を訪れました。 名鉄の本線あたりでもまだまだ吊り掛け車が走っていました。

名鉄岐阜市内線

  • 08
    1987年4月、2Aカレチさんと名鉄を訪れた。岐阜市内線をとりあえず撮影した後、揖斐線へと向かった。

明延鉱山とともに

  • 04_img_0155
    小学生時代、明延鉱山の学校とクラス同士の文通をした。その場所がどこだか全く知らずに居たが1円電車の存在は知っていた。その地を訪れたのは随分大人になってからとなった。

鍛冶屋線~愛と死をみつめて

  • 09_img_0334
    大正12年に全線が開通した鍛冶屋線はJR後の平成2年、その歴史に幕を下ろした。 また、「愛と死をみつめて」で有名なミコこと大島みち子さんはこの沿線の方で、線路を見下ろす小高い岡の上にお墓がある。

EF65 0番台原色+茶ガマ

  • 103_img_2881
    かつて、全国の直流区間ではおなじみだったEF65の0番台も、今では岡山に集結する11機のみである。そのうち、原色を保っているのはわずか4両となった。

宝塚響

2017年10月 9日 (月)

宝塚市交響楽団第62回定期演奏会

1今日は昼からオーボエ工務店さんの御誘いで、芸文センターで開かれた宝塚市交響楽団の第62回定期演奏会を聞きました。指揮は、シズオ・Z・クワハラ、ピアノは西宮市出身の崎谷明弘。芸文センター前の公園も人がいましたが、今日は暑かったですね。

2さて、コンサートは、モーツァルトの歌劇「魔笛」序曲で始まりました。これが10分ほどの音楽ですが、実に内容の濃い音楽が聞こえてきました。どちらかというと休符をうまくコントロールする指揮者のようですね。

次に、ラフマニノフのピアノ協奏曲第3番という大曲が演奏されました。この崎谷さんというピアニストが大変すごかった。どちらかというとバリバリ弾くタイプなんでしょうが、音の線はきっちりと浮かんでくるし、オーケストラとがっぷり四つ以上の存在感をありました。テクニックは申し分ないですし、音楽の中のほとんどの部分をピアノが占めているという演奏でしたね。すさまじい演奏。

※崎谷さん、加古川でピアノ教師をしている同窓生の友達の教え子とか、本人も知っているそうで、小学3年生のころに日経新聞を読む変わった子だったとか。

3休憩の後は、ドヴォルザークの交響曲第9番「新世界より」です。もう、協奏曲だけでお腹いっぱいのところ、これが少し難解な演奏となりました。とてもテンポが速いのです。音楽の中にある呼吸とか、生命感というようなものが感じられない一本調子の音楽です。スーパーカーに乗って高速道路をぶっ飛ばしたという表現が適当かと思います。フリッチャイの演奏をベストと考える小生には、このテンポは不可解なものでした。演奏が立派なだけに、残念。お客さんの声の中に、協奏曲だけで帰ればよかった という声があったのも尤もかも。

2017年4月16日 (日)

予告(宣伝かも) 宝塚市交響楽団第61回定期演奏会のお知らせ

61st_l この楽団から、当選通知が来て、次回のこのコンサートにご招待をいただきました。
というわけで、ここはひとつよいしょもしておかないといけませぬ。
6月18日、14時から西宮北口の芸文ホールでの開催、指揮は牧村邦彦、ブラームスの交響曲第2番をメインに、リヒャルト・シュトラウスのティルとフンパーディンクのヘンゼルとグレーテルの序曲です。
御用とお急ぎでない方はぜひどうぞ。
 
134980_l 和田竜 村上海賊の娘 3 新潮文庫/読了・・・・・・売れに売れている小説らしいけれど、なんともテンポが良くありませんね。大づかみな話とこまかな話のバランスがどうもねぇ。題材は面白いのですが、もう少し時間の流れや情景の距離感とか、そういう具体性が見えてこないと小説の世界に引き込まれません。第3巻の後半はがぜんよくなってきているので、最後の第4巻が期待ですね。相変わらずの劇画タッチ、そこは好きずきなんでしょうが、映画化を意識した筆致になっているのかなぁ。

2016年11月 6日 (日)

宝塚市交響楽団第60回定期演奏会

Img_8968 晴れの予報の天気が裏切られ、寒風が吹く日曜日の午後、自転車に乗って西宮北口の芸文ホールで開かれた宝塚市交響楽団の第60回定期演奏会を聴きました。指揮は田中一嘉。
先ず演奏されたモーツァルトの交響曲第31番「パリ」は当初軽快なリズムが刻まれていたものの、少しそれが重くなるようなところも見られたが、もともとアンサンブルの良いこのオケの実力としては、目立ち傷はありませんでしたね。
 
Img_8969 後半は大曲、マーラーの交響曲第5番嬰ハ短調です。
マーラーを生で聴くことは、バブル時期以降ずいぶん多かったように思いますが、近年は少しずつその機会が少なくなってきているようです。マーラーを生で聴くことは、CDではわからない、楽器が複雑に絡み合っている様子を目で確認することができる楽しい時間です。今日はそのように充実した演奏を目と耳で楽しむことができました。
本日お誘いいただいたオーボエ工務店さんに感謝です。

2016年6月12日 (日)

宝塚市交響楽団第59回定期演奏会

Img_3669小雨が降り出した本日の午後、西宮北口の芸文ホールで開かれた宝塚市交響楽団の第59回定期演奏会を聞いた。本日は、リャードフ、エングルンド、シベリウスとロシア、北欧フィンランドのプログラムである。指揮は、新田ユリ、ピアノは宮田雅代。新田さん、最近よく出ておられますね。

59th_l曲は、ウィットに富んだ小曲が並ぶリャードフの8つのロシア民謡で始まり、その親しみを持てる旋律を愉しんだ。次いで、エングルンドのピアノ協奏曲が演奏された。全く知らない作曲家、作品であったが、緊張感のある音楽をピアノがしっかり押さえこんで聞かせるという進み方。少し固かった演奏も、アンコールでは天空を舞うかの表情に変わった。

休憩の後、シベリウスの交響曲第2番が演奏された。多分指揮者はこの曲の隅々まで知り尽くしているんだろうなというか、ぐいぐいオーケストラを引っ張っていき、曲の骨組みまでわかるかのような見通しの良い音楽が聞かれた。聞き手としても、一つ一つのフレーズに納得できる演奏で、息をもつかせぬほどの締まった音楽が展開された。オーケストラは、これはもう宝塚響ですから問題ありません。

あっ、アンケート出し忘れてしもた。これじゃ、今度は招待に当たらんわなぁ。

Sim宮部みゆき ペトロの葬列 上 文春文庫/読了・・・・・・・最近軽い作品も目立つ宮部みゆきだが、久しぶりに本格的に面白い作品ですね。最初は何も起こらないのかという導入からいきなり日常を覆す事件に巻き込まれ、いったんはそれも終息したものの、新たな謎が沸きあがるという展開にもう飲み込まれてしまっています。これは一気に読んだ方が良いのか、じっくり読んだ方が良いのか悩むところです。さて、そろそろ下巻に移りましょうか。

2015年9月 6日 (日)

宝塚市交響楽団第58回定期演奏会

Img_4501_2雨模様の日曜日、午後から芸文センターで開かれた宝塚市交響楽団の第58回定期演奏会を聞いた。席は2階の正面、ほぼ真正面の席で、オーケストラの動きを良く把握できた。指揮は、田中一嘉、チェロの独奏にセンチュリー響の北口大輔を擁してのもの。先ずはシューベルトの未完成交響曲から。ゆったりとしたテンポで音楽が展開し、緊張感もあり、深みのある音楽が奏でられた。願わくは、もう少し響きというものについて整理された透明感が欲しかったが、アマオケでそこまで思わせるのは、宝塚響の実力があってこそのもの。

Img_4502次いで、チャイコフスキーのロココの主題による変奏曲が北口のソロで演奏された。ロマンティックなこの曲も北口の刃物のようなチェロのスタイルの前には、音楽の様相がだいぶん変わってしまうようで、鋭利な金属のきらめきを感じさせるソロには脱帽。

休憩の後、シューマンの交響曲第4番が演奏された。すべてに計算されたような緻密な演奏は、それはそれでレベルの高いものだったが、未完成ともども、ロマンの霧が音楽を包み込むような空気感は感じられなかった。それは好みの問題だけれど、仕方ない。

未完成の最後で指揮者が棒を上げたとたんに拍手して雰囲気を壊した奴、オープンマウスで咳をする奴、演奏中にも関わらず会話に夢中な奴、市民楽団と言えど、市民に音楽を聴く態度を啓蒙することも大切かと。つまらん感想ですけれど。

2015年5月 3日 (日)

昨夜の宝塚市交響楽団第57回定期演奏会

Img_3584昨夜はオーボエ工務店さんのお誘いで、芸文センターで開催された宝塚市交響楽団の第57回定期演奏会を聞いた。お客さんは4階の客席まで満員となった。指揮はコントラバス奏者の南出信一、ヴァイオリンは数々の受賞歴を持つ見渡風雅(みわたしふうが)、パンフには珍しく生年が記載されており、今年二十歳のお嬢さん。

Img015モーツァルトのフィガロの結婚序曲で始まったが、これが何ともだれたダレたテンポで、オペラの序曲としてのドキドキ感皆無の演奏、私が学校の先生ならこれは0点だ。あの宝塚饗のアンサンブルもピリッとしていない。次いで、見渡風雅のソロで、メンデルスゾーンの協奏曲が演奏された。これがすごい。出だしから、この人のヴァイオリンの音に魅了され、気が付くと演奏が終わっていた。凛とした気品と存在感のある音、そして清潔感もあり、バックがどんな強奏でも決して音がまじりあわない個性を備えている。持っている音に関しては、天が与えて才能だろう。今後、さらに演奏スタイルを磨いて高みに上がってもらいたい。この音を自分のものとしたいプロ演奏家は何人も居ることだろう。

休憩の後、ベートーヴェンの交響曲第7番が演奏された。これもモーツァルトのようなテンポで演奏されたが、そうすると逆に堂々と構えた、小細工のないスタイルで、思わず朝比奈隆の演奏を思い出してしまった。特に第一楽章はこれ以上ないほど堂々とした演奏で、十分満足してしまった。ただ、第3楽章は繰り返しを全部行うという演奏で冗長な感じを受けた。そこまでせんでもええやろうと。最終楽章も決してテンポをあおることなく、大きな音楽が展開された。ケレン味のない演奏スタイルで成功するということは、結局、ベートーヴェンの音楽が素晴らしいということだろうか。

2014年6月22日 (日)

宝塚市交響楽団第55回定期演奏会

Img_2280梅雨空が抜けきらない日曜日、西宮北口の芸文ホールで開かれた宝塚市交響楽団の第55回定期演奏会を聞いた。今回は第55回の定期というだけでなく、市制60周年、文化財団設立20周年ということで力が入っているようだ。指揮は、シズオ・Z・クワハラ、ヴァイオリンは石上真由子

Img_2282まず、ジョン・ヘネケンという伊予弁のような名前の人の作品で、皆その時にかなって美しいという曲が演奏された。宝塚市とオーガスタ市の姉妹都市25周年のために作られたという。その世界初演。20世紀の作品の様々な音がするような曲で、盛り上がりもあり、美しい旋律もありで、耳になじみました。

55th_l次いで、石上のソロでチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲が演奏された。石上の演奏は、自信に満ちたもので、朗々とした音楽が流れ、情感たっぷりに進められた。これは拾い物の素晴らしい演奏でしたね。ただ、この指揮者はとにかく大きな音がお好きなようですね。ソロが消される場面もあり、ちょいと残念。アンコールもパガニーニのカブリース第13番とは粋な選曲。

休憩の後、ラフマニノフの交響曲第3番が演奏された。この重量級の楽曲を、指揮もいいし、宝塚市響の腕っこきが披露する高度な演奏も素晴らしいし、これ以上望むべくもないくらいラフマニノフの濃厚なメロディを堪能した。アンコールに、くるみ割り人形からロシアの踊り

2013年10月27日 (日)

宝塚市交響楽団第54回定期演奏会

Img005 朝から気持ちよく晴れあがった本日、阪急電車を少し撮影した後、西宮北口の芸文ホールで開催された宝塚市交響楽団の第54回定期演奏会を聞いた。指揮は十束尚宏ということで、初めてかぶりつきのサイドの席に座ってみた。

コンサートは、指揮者自身の作曲による序曲(2009)で始まった。なにぶん、世界初演ということで大層だが、要は今回がお初の曲。バラの騎士の最初のホルンのような感じで始まり、大きなソナタ形式の曲だったが、随所に映画音楽のような甘い旋律が配され、聴きようによっては親しめそうな感じでした。

Img006 次いで、ストラヴィンスキーの火の鳥(1919年版)。これはすごい演奏だった。さすがに腕っこきが集まった宝塚響の面目躍如。管楽器も上手かったし、弦楽器も厚みがあって音色も煌びやかで満足。休憩の後、ベートーヴェンの交響曲第5番が演奏された。これはもう自信に満ちた揺るぎのない音楽で、スケールの大きな演奏が披露された。テンポは全体にゆっくり目だが、力にみなぎっている。指揮者も一音一音、念を押すような指示を出していた。これはもう、普通のアマチュアのレベルではなく、音楽を通じて作曲者の意図を伝えようという意志が演奏の中に感じられ、さすがに宝塚響というところか。アンコールにG線上のアリア。

本日は、この宝塚響のほかに天理シティフィル、八尾フィル、京都フィル室内合奏団、カンマーフィル神戸の演奏会が開催されたりと、芸術の秋本番ですな。

2013年5月19日 (日)

宝塚市交響楽団第53回定期演奏会

53rd_s雨が降り始め、だんだん勢いを増す中、アルカイックホールで開かれた宝塚市交響楽団の第53回定期演奏会を聞いた。会場に到着すると見たこともないくらいの長蛇のお客さんの列、会場も熱気むんむんというところ。

本日は、ともに新進気鋭といえる指揮者の斎藤一郎、ピアニストの吉川隆弘の出演。まずは、芥川也寸志の交響管弦楽のための音楽から始まった。この雰囲気のあるエキゾチックで力感あふれる音楽が、音色も豊かに奏でられた。さすが、腕っこきの集まりのオーケストラだ。

ついで、吉川隆弘のピアノでベートーヴェンのピアノ協奏曲第5番皇帝が演奏された。実の豊かにホール一杯に鳴らしたピアノでこの大曲に立ち向かい、堂々とした演奏を展開。まさに実力を示したといえる。アンコールにリストのリゴレット・パラフレーズ、これだけでも聞きごたえが十分あった。

Img_0715休憩の後演奏されたのは、斎藤の指揮でチャイコフスキーの交響曲第5番。豊かなメロディーに溢れたこの楽曲をギュッと密度を高め、力強く、そして熱い演奏に持って行った。この人の指揮振りも颯爽としていて気持ち良い。とにかく今日は、ラジオでなんだか忘れたが数小節だけ聞いて気になっていた斎藤一郎を生で初めて聞いた日となった。これからも注目していこう。

ただ、曲が改まり、オーケストラが着席するたびにコンマスが単独で登場、そのたびに拍手を要求するのはどうだろうか。プロでも最初しかそういうのはしないし、センチュリーの後藤氏、芸文オケの四方さんはみんなと一緒に出てきて、特に目だったことはしない。ちょいと気になったことなので。

2012年10月14日 (日)

宝塚市交響楽団第52回定期演奏会

Img_3338 曇天の日曜日、西宮北口の芸文ホールで開催された宝塚市交響楽団の第52回定期演奏会を聴いた。指揮はクラリネット奏者でもある鈴木豊人。コンサートは、ワーグナーのマイスタージンガー前奏曲で始まり、ずっと同じ調子の乾いたテンポで通された。次いで、モーツァルトのハフナー、これもフルオーケストラのままで演奏され、最近にない大きな音楽が流れた。

Brahms1 休憩の後、ブラームスの交響曲第1番が実に堂々とした流れで演奏された。世の中、いろいろと工夫した演奏スタイルが模索されているところであるが、正統派というか、細かなことにこだわらない、昔聞いたタイプの演奏を聴かせてもらい、懐かしささえ覚えた。ただ、腕っこきの多い塚響にしてはほころびが多かったのは、少し棒のせいかもしれないなぁ。

次回の定期は来年の5月19日、指揮は齋藤一郎というから、これは楽しみ。チャイコの5番で登場するようだ。

その他のカテゴリー

JR貨物 Jフィル MIZUMO T-ストリングス かぎろひ歴史探訪 その他 みちのくひとり旅 やまとんくらぶ アミーキティア管弦楽団 アンサンブル ラ・ピアチェーレ アンサンブル・アルビレオ アンサンブル・コスモリバティ アンサンブル・ジョワン アンサンブル・ツヴァイ アンサンブル・フリー アンサンブル・ミンネン アンサンブル・ヴィオ ウォーキング鉄 オルガンコンサート オーケストラ・アンサンブル・フォルツァ オーケストラ・クラシック オーケストラ・ソノリテ オーケストラ・ノインテ オーケストラ・ブラヴォー! オーケストラ・ポミエ オーケストラ千里山 オーディオ カメラ カンマーフィルハーモニー京都 カンマーフィルハーモニー神戸 クラシックサロン・アマデウス クラシック音楽 クランクレーデ クレセント室内アンサンブル クレー管弦楽団 グッド・シーズン・アンサンブル グルメ コレギウム・ヨハネス コレギウム夙川管弦楽団 シンフォニア・スピカ セント・マーティン・オーケストラ ゾンアーベント・アンサンブル タリヘーレ四重奏団 ダムカード テレマン室内オーケストラ ディスクユニオン ドイツ紀行 ニイジマ・キネン・オーケストラ ニュージーランド鉄道 ハイマート交響楽団 ハイマート合唱団 バス バッハクライス神戸 バンブスアンサンブル パソコン ファゴット・フェスティバル フェニックスフィル フォンス・フローリス古楽院 プロ野球 ホール・バルティカ ミモザの会 ミュー室内管弦楽団 メイプルフィル ライブカメラ ラグビー ワンコイン市民コンサート ヴェデルニコフ 万葉 三宝鉄道 上甲ウィンドシンフォニー 上甲子園中学吹奏楽部 交響楽団ひびき 京急 京成 京王 京都フィロムジカ管弦楽団 京都プレザントオーケストラ 京都大学交響楽団 京都工芸繊維大学交響楽団 京阪 伊予鉄 伊予鉄道 伊豆急行 信濃の旅 六甲フィル 兵庫医科大学医療大学合同オーケストラ_ 兵庫芸術文化センター管弦楽団 切符 初演企画 北摂フィル 北総 千里フィルハーモニア・大阪 南海 卯之町 叡山電車 合唱団 名鉄 吹奏楽 吹奏楽団 吹田市交響楽団 四国詣で 土佐くろしお鉄道 土佐日記 土佐電 地下鉄 堺フィル 夢の国 ニュージーランド 大井川鉄道 大阪センチュリー交響楽団 大阪フィルハーモニー交響楽団 大阪フロイデ合唱団 大阪メトロ 大阪モーツァルトアンサンブル 大阪交響楽団 大阪市営交通局 大阪市営地下鉄 大阪市民管弦楽団 大阪芸術大学管弦楽団 奈良女子大管 奈良歩き 学園都市交響楽団 宝塚響 富士急行 寝屋川市民管弦楽団 小田急 尼崎市吹奏楽団 尼崎市民交響楽団 尼崎弦楽アンサンブル 居酒屋 山陽 岡山電軌 嵐電 川西市民オーケストラ 幻想フィル 広島電鉄 廃線跡 待兼交響楽団 指揮者 新京成 新幹線 旅行 日本センチュリー交響楽団 最近のCD 最近のLP 東京佼成ウィンドオーケストラ 東急 東武 枚方フィル 樹フィル 武庫川女子大学音楽学部 水族館 水間鉄道 江ノ電 父親のアルバムから 甲南大学OB交響楽団 甲南大響 甲南女子大学管弦楽団 白黒懐かし画像 相愛フィルハーモニア 相鉄 神戸アンサンブルソロイスツ 神戸大学響 神戸市地下鉄 神戸電鉄 神戸高校OBオーケストラ 福井鉄道 私の名盤シリーズ 箕面コンセルト室内合奏団 紫苑交響楽団 美術 聖ソフィア・バラ合唱団/合奏団 能勢電 芦屋交響楽団 芦屋室内合奏団 若林顕 落語 蒸気機関車 藤井貴宏 衣笠交響楽団 西宮交響楽団 西宮探訪 西武 見仏 豊中市民管弦楽団 豊橋鉄道 近江鉄道 近畿フィルハーモニー管弦楽団 近鉄 遠州鉄道 鉄道 長岡京市民管弦楽団 長崎電軌 長楽庵 関西グスタフ・マーラー交響楽団 関西フィルハーモニー管弦楽団 関西医科学生交響楽団 関西大学交響楽団 関西学院交響楽団 関西SPレコード愛好会 阪堺電車 阪急 阪神 阪神タイガース 阪神フィル 静岡鉄道 須磨フィル 飛行機 高松琴平電鉄 高槻室内管弦楽団 龍谷大学交響楽団 JR四国 JR東日本 JR東海 JR西日本

フォト

掲示板

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

無料ブログはココログ