国鉄奈良機関区

  • Photo_7
    昭和46年に奈良機関区を訪ねています。変わりやすい天気で、晴れていると思ったら急に雨が降ってきて大変な日でした。

THE 大阪駅~特急編~

  • 16
    中高生のころ、大阪駅はまだ日常の中にはなく、特急列車を撮りに行く特別な場所であった。栄光の時代が残っていた大阪駅に発着する特急列車の姿を封じ込めました。

THE 大阪駅~急行編~

  • 1258
    大阪駅に発着する急行を集めてみました。行き先によっては、ディーゼルカーの急行もあり、思えば楽しい駅だったのですね。ご興味の方は写真帖のずっと下にある「甲子園口急行物語」もご覧ください。

昭和45-47年の天王寺駅

  • キハ58 きのくに
    天王寺駅は単に竜華や奈良方面、阪和方面への乗り換え駅だったが、紀勢線ホームは頭端駅として有名だった。 時折、乗り換えの途中、駅撮りなどしていたようだ。

竜華・昭和46年

  • Photo_3
    昭和46年に数回に分けて竜華へ出陣しています。当時の関西線はローカルそのもの、まだまだ煙も多く残っていました。

甲子園口(その周辺)急行物語

  • Photo_7
    甲子園口西方の踏切があったあたり、そのもう少し西側の日通の倉庫前あたりは友人たちとのたまり場でした。陽が暮れるまで電車の通過を楽しんでいました。

京都駅残照・昭和45年前後

  • Photo_3
    昭和45年当時、京都駅へ行く機会は限られていたが、その中で残していた写真の中からいくつかを抜粋した。 京都の寺社、観光地に興味を持つのはもう少し後になった。

西宮を走った国鉄電車特急・昭和45年頃

  • Photo_2
    国鉄時代、地元西宮でもいろいろな電車特急が走っていた。 そのすべてではないが、手元に残る写真のうちからいくつかを抜粋した。

あぁ上野駅 昭和46年

  • 特急やまびこ
    初めて東京へ行った昭和46年、昔の風情の残る上野駅に間に合いました。

神戸市電 最後の日

  • 星電社前
    1971年3月に神戸市電は歴史を閉じました。その最終日に神戸市内の各所で写真に収めましたが、思えば震災前の神戸の街も封じ込めたことになりました。

東海道のんびり行

  • 24
    昭和49年5月に、当時まだ走っていた急行桜島・高千穂に乗って、のんびり東海道を東上しました。そのときの車窓風景をまとめました。

京阪滝井駅 昭和50年

  • Photo_2
    京阪電車は今年、中ノ島新線の開通や電車の塗装変更、さらに往年の名特急1900系の引退と話題に事欠きませんが、ごく普通に走っていた昭和50年の滝井駅の様子はこんな感じでした。

昔日の近江鉄道

  • Photo_4
    近江鉄道は、学生時代からの万葉旅行会で近江蒲生野へ行くときに撮影した程度だった。これはその一連の名残である。 「茜さす紫野行き標野行き野守りは見ずや妹が袖ふる」

マンモス機 EH10

  • 04
    国鉄が作った最大最強のマンモス電気機関車EH10。 今でこそ、8軸の電機はいろいろあるけれど、目に焼きついているのはこの機関車だ。

京都市電

  • 2607
    京都へ行くと市内の移動はたいてい市電だった。 市電だと京都初心者にもわかりやすかった。 たまにバスに乗るとぐるっと市内の引き回しにあったり、とんでもない方向へ走ったりと痛い目に会ったからだ。

きーんてーつ特急

  • Photo_11
    70年代の近鉄特急の白黒写真を集めてみました。点数も少なく恐縮ですが、関西には少ない観光特急の雰囲気だけでも伝えたい。おまけにあおぞら号も何枚か。

近鉄、ちょっと前の車両たち

  • 1413
    1980年代に撮った近鉄の一般車両の中からチョイスしてみた。少し小さいというだけで、なんだか親しみを感じる車両の面白さもある。

野上電鉄、廃止3週間前

  • キハ28
    1994年3月末をもって廃止された野上電鉄を、廃止3週間前に友人の2Aカレチさんと訪れた。併せて周辺の鉄道へも足を運んだので、藤並駅でみた有田鉄道のキハをおまけに追加した。

阪神5314F 愛

  • Img_6204
    阪神電車最古参の5314Fは5550Fの新規参入によっていよいよ引退の時期を迎えた。この前パン貫通幌を持つ古き阪神電車の顔を残す編成を追いかけた。

ゴハチ

  • 16ef58
    今も人気のEF58ばかりを集めました。近所鉄の西宮、武庫川をはじめ大阪駅、少し遠くて下関。元気にゴハチが走り回っていた時代がありました。

琴電 旧型車を並べて

  • Img_0059
    平成10年から出張が多かった四国ですが、何回かは高松に足を運んで琴電を追いました。古い写真がなぜか見つからないので、旧型車が消える数年前からのものばかりです。

RRE様HP掲載一覧

  • 0001601
    ブログ開設以前はRREさんの掲示板への投稿を続けていました。ここに、その投稿画像をまとめましたので、ご笑覧いただければと思います。

島原鉄道2007

  • Img_2046
    去年の3月に出○ついでに諫早駅周辺、島原鉄道、足を少し伸ばして長崎電軌を訪問しました。島原鉄道の一部廃止は残念です。

JR九州の車両たち、諫早駅周辺

  • Img_2023
    ラストランブームになったなは/あかつきもこのころは全然注目されず。九州はいろんな列車があって楽しめます。

長崎は今日も雨

  • Img_2117
    長崎ではすごい雨にあいました。それにもめげず、撮り鉄に励んできました。

名鉄瀬戸線

  • Img_1926
    名鉄瀬戸線に6750系という大手私鉄最後の吊りかけ車が走っていると聞いて訪問しました。2008.03.24

惜別 0系新幹線 

  • 01 相生駅 0系の横顔
    いよいよ平成20年11月末に引退する0系新幹線。山陽路で活躍していた近年の記録です。

四国の気動車

  • 四国は今でも気動車の天国です。その中でも、普通車の運用に供せられる車両を集めてみました。普通車だけにDCより気動車という言い方が似合います。

名鉄にあったレールバス

  • 到着したレールバスからの乗り換え
    名鉄の三河線、猿投の先には西中金まで延びる単線があり、そこには今ではその姿をほとんど見ることが出来ないレールバスがひっそりと走っていました。1987年4月、2Aカレチさんと訪れた記録です。

名鉄揖斐線

  • 512号車内
    1987年4月に2Aカレチさんと名鉄を訪れました。 揖斐線は一時下車した美濃北方駅と黒野駅での写真です。

名鉄の旧型車

  • 103763
    1987年4月 2Aカレチさんと一緒に名鉄を訪れました。 名鉄の本線あたりでもまだまだ吊り掛け車が走っていました。

名鉄岐阜市内線

  • 08
    1987年4月、2Aカレチさんと名鉄を訪れた。岐阜市内線をとりあえず撮影した後、揖斐線へと向かった。

明延鉱山とともに

  • 04_img_0155
    小学生時代、明延鉱山の学校とクラス同士の文通をした。その場所がどこだか全く知らずに居たが1円電車の存在は知っていた。その地を訪れたのは随分大人になってからとなった。

鍛冶屋線~愛と死をみつめて

  • 09_img_0334
    大正12年に全線が開通した鍛冶屋線はJR後の平成2年、その歴史に幕を下ろした。 また、「愛と死をみつめて」で有名なミコこと大島みち子さんはこの沿線の方で、線路を見下ろす小高い岡の上にお墓がある。

EF65 0番台原色+茶ガマ

  • 103_img_2881
    かつて、全国の直流区間ではおなじみだったEF65の0番台も、今では岡山に集結する11機のみである。そのうち、原色を保っているのはわずか4両となった。

藤井貴宏

2018年11月16日 (金)

コンサートのご案内 藤井貴宏さんオーボエ演奏会

45662316_2097716080274725_222907972お知り合いのオーボエ奏者、藤井貴宏さんは、ドイツの自宅と日本を行き来し、年に何回か日本でもコンサートを開催しています。もともとは、兵庫芸術文化センター管弦楽団の一期生として西宮に登場された時からのお付き合いです。去年の11月には、藤井さんのお誘いもあって、小生はドイツまで行ってきました。そして、今回、東北地方、盛岡と弘前でコンサートを開催されます。ピアノは、弘前在住の村田恵理さんです。

45690103_2097716106941389_350208206盛岡では、16日19時から岩手県公会堂で、弘前では、18日14時から弘前学院大学の礼拝堂で開かれます。お近くにお住まいの方はぜひお聞きいただければと思います。

ということで、ドイツよりは近いだろうという事の他、弘前でのコーディネートを担当しているのが学生時代からのお知り合いという事もあり、今日は、早朝よりとりあえず盛岡目指して、出発進行!

2018年6月22日 (金)

第6回 藤井貴宏門下生によるオーボエ演奏会

Image1_jpeg先週の土曜日、6月16日はお知り合いのオーボエ奏者、藤井貴宏さんの門下生による第6回オーボエ演奏会が長堀橋の島之内教会で行われました。小生は、演奏する側には行きませんが、たっぷりとオーボエの音色を聞かせていただきました。演奏会は17時から始まりましたが、演奏者も多いことから、終了は20時をまわっていました。皆さん、本当にお疲れ様でした。

Dsc08678この島之内教会は、難波から心斎橋にかけての東側の区域の中にあり、周りはずいぶんと繁華なところです。しかも、近年のインバウンドなのか、もともとそういうところなのか、中国、韓国の観光客が多く、街を歩くと日本語よりも他の国の言葉が多く聞こえてきます。

Dsc08679さて、演奏は皆さん日ごろの腕を存分に披露されていました。オーボエの曲というのも、ピアノやヴァイオリンの様に無尽蔵にあるわけではないのですが、なかなか難しい楽曲に挑戦されたりして、本当に頭が下がりますね。小生は、演奏会後の打ち上げ場所の確認にうろうろしていただけでした。

51wkx04b13l_2門井慶喜 天才たちの値段 文春文庫/読了・・・・・・昨日まで、著者の評論集を読んでいて、そのストイックなまでのこだわりのようなものを感じていましたが、今日は、それらの知識をふんだんに投入した美術探偵とでも言える軽いミステリーの世界を楽しませてもらいました。ワトソンとホームズに似せた二人主役のような設定が面白いですね。そして、文庫解説も偽名を使って、多分ご自分で書いているのではないでしょうか。そのあたり、都筑道夫の手を使っているのかも。

2018年3月11日 (日)

藤井貴宏 3.11震災チャリティコンサート さんちか

60b08c64c41f282c896ebb933d51279431d637601666cb31dfdf5a5edce3fe4e846f3b3.11という事で、今日はテレビも震災の話題ばかりですね。さて、オーボエ奏者の藤井貴宏さんがミュンヘンから帰国中で、本日はさんちかで行われた3.11震災チャリティコンサートにご出演という事で、応援?に行って来ました。

Dsc01047今日のコンサートは、さんちかの阪神からJRへ向かう階段のところで開かれたもので、ざわざわとした中ではありましたが、多くの人が足を止めて音楽に聞き入っていましたね。最初は女子高生による合唱からでした。そのあと、小学校4年生の女の子のヴァイオリン演奏、高校生による震災への取り組みの発表、そして、藤井さんのコンサートとなりました。

Dsc01055藤井さんは、サン=サーンスの白鳥のあと、震災後の東北でのコンサートの想い出を語りながら、日本の曲から、ヤシの実、この道、カラタチの花、そして最後にシューマンの曲を、アンコールにヘンデルの曲を演奏して30分の予定を終わりました。風が良く通り、寒い場所での演奏でしたが、お疲れさまでした。

2017年9月24日 (日)

藤井貴宏 オーボエリサイタル

Img_2695本日は、午後2時から芦屋のクラシカで、藤井賢宏さんのオーボエリサイタルがありました。

ベルリンフイルに20年間在籍したハンスイェルク・シェレンベルガーの唯一の弟子で、日常はミュンヘンで研さんを積んんでおられますが、ときおり帰国して日本でもコンサートをされるという、そういう具合です。

Img_2696クラシカは、JR芦屋駅北へすぐで有り、電車を使えば、どこからでも短い時間で到達できる立地の良さがいいですね。ただし、会員のみの利用という事で一定の制限がありますが。

今日は、ヴィヴァルデイ、テレマン、バッハ、後半がモーツァルトという比較的古い時代の作曲家の作品の演奏となります。ピアノは、これもドイツで研さんされている竹口苗里さんです。

Img_3080座った席がステージから近かったものですから、演奏者との距離も近く、こういう場合は大変緊張しますね。演奏している姿を間近で見るのはいいですが、心臓に悪いです。

今度からは、少し離れた席に座ろうと思った演奏会でした。

2017年6月 4日 (日)

昨日のオーボエ演奏会

昨日は、オーボエ師匠の藤井貴宏さんの門下生の方々によるオーボエ演奏会が、心斎橋にある島之内教会で催されました。総勢、18名の出演に及ぶコンサートは、16時半から始まり、何と終了を迎えたのは夜の20時半にも近くなった頃でした。

コンサートの後、藤井さんは急いで長野へ向かわれたので、ご一緒できませんでしたが、皆さんとは楽しいお酒の時間を過ごすことができました。

演奏者の皆さん、全く演奏しない(できない)小生と遊んでいただき、ありがとうございました。

Img_1917Img_1918Img_1920




2017年3月19日 (日)

シェレンベルガー スペシャル ロレーコンサート

Img_9996 昨日は夕方から、梅田のドルチェ楽器のホールで、お知り合いのオーボエ奏者、藤井貴宏さんと、彼の師匠のハンスイゥルク・シェレンベルガー大師匠によるコンサートでした。
シェレンベルガーは、ベルリンフィルに20年以上在籍した世界のトッププレーヤーですね。
モーツァルトやボザ、C.P.E.バッハなどの楽曲が演奏されたのち、特別にロレーのオーボエの特性に関するレクチャーがあったりして、充実したコンサートでした。レクチャーの中で、さらっとシェレンベルガーが吹いたブラームスの交響曲のフレーズに、うっとりと溶けてしまいました。
 
Img_0588 コンサート終了後、藤井さんに彼のご子息へのお土産を託した時に、たまたま、出演者と一緒に写真を撮っていただいきました。
 
う~ん、これはもう思い残すことはありませんね。

2017年1月28日 (土)

オーボエコンサートのお知らせ

Img_9996 お知り合いのオーボイスト、藤井貴宏さんがコンサートに出演されます。
それも、なんと師匠のシェレンベルガー氏とともに、大阪、東京で師弟共演されるとは、大ニュースですね。
シェレンベルガーはカラヤン、アバド時代のベルリンフィルで20年以上首席オーボエ奏者として活躍していましたね。
家にあるビデオを見かえしても、ベルリンフィル演奏の映像でしっかり写っていましたよ。
その演奏会のパンフレットができたという事で、藤井さんから送っていただきました。
 
Img_9995 二人の共演は、昨年の1月、震災から20年の兵庫芸文オーケストラのコンサートで、第2、第3オーボエとして、マーラーの復活の演奏でならんでいるのを見ていますが、国内ではそれ以来のことでしょうか。
3月18日 18時から大阪のドルチェでのコンサートです。
今から楽しみにしています。

2016年10月 2日 (日)

藤井貴宏オーボエリサイタル

Img_8404 本日は、芦屋駅近くのクラシカという会員制サロンで、藤井貴宏さんのオーボエリサイタルが催されました。ピアノは田所千佳さん。何回もコンビを組んだお相手ですね。駅近くのカレー屋でランチをして、会場を探しました。こんなユニークな建物の3階にクラシック音楽専用のホールができたのですね。
 
 
Img_8406 エレベーターのところへ来ると、案内のちらしが掲示されています。本日は、シューマン、ブリテン、サン・サーンス、イヴォン、山田耕筰、ハースなどの曲が演奏されました。演奏は、いつもより曲の解説が丁寧に行われ、初めての楽曲でも理解を深めることができ、充実の時間を過ごすことができました。
 
Img_8411 特に終曲に置かれたハースのオーボエ組曲は、近代の音楽ですが、心に突き刺さるような響きで圧倒的な音楽となりました。アンコールのフォーレ、シューマンの2曲に癒され、終演後は、有志による会食となりましたが、熱心な音楽談義は継続され、一日中熱い藤井さんでした。会場はこんなホールです。
 
Chokyori 土屋武之監修 日本と世界の長距離列車 実業之日本社新書/読了・・・・・・題名通り、日本と世界の長距離列車の話しであるが、懐かしい日本の列車の話題にのめり込むように読み続けました。また、世界の列車の端にも釘付けです。数名のなれた書き手によるテンポの良い文章が並び、小さな単元をまとめた一冊ですが、視点かぶれずに読み通せました。列車に乗りたくなってきましたよ。

2016年7月22日 (金)

あれから1年 卯之町のオーボエコンサート

Img_1896 日にちは少し前後しますが、ほぼほぼ1年前の去年7月18日に、たまたま松山までお越しになられていたオーボイストの藤井貴宏さんにお願いして、、いつもお世話になっている愛媛県卯之町にある池田屋さんというカフェでコンサートを開いていただきました。
 
Img_1900 当日は台風が接近し、風雨が強くなることが予想される最悪の予報でしたが、奇跡的にもこの地域だけ、雨にも降られず、多少風が強い程度でコンサートを開催することができました。そういう天気でしたから、お聴きに来られた方も決して多くはなく、しかし、皆さん満足して替えられたということを聞き、ほっとした次第です。
 
また、機会があれば、この素晴らしい場所で演奏が聴けることを願っています。

2016年2月29日 (月)

藤井貴宏門下生によるオーボエ演奏会

Img_6310昨日は、オーボエ師匠こと(勝手にネームを付けていますが・・・)藤井貴宏さんの門下生の皆さんによるオーボエ演奏会が東心斎橋の島之内教会で開催されました。島之内教会、名前は昔から聞いたことがありましたが、繁華な街並みにひっそりありました。

Img_6137演奏はもちろんオーボエがほとんどでしたが、一部にはイングリッシュホルン、ファゴットも演奏され、多彩な音楽が披露されました。極めつけは最後にオーボエ師匠も入って、バッハのヴァイオリンとオーボエの為の協奏曲が演奏されたことでしたね。ヴァイオリンの部分を藤井さんがオーボエで演奏されて、音楽の骨格ができました。聞いてみると、初めから2本のオーボエの為の協奏曲じゃなかったのかと思うほどマッチしていました。実に珍しい体験でした。

演奏者の皆さん、お疲れ様でした。

51ii1wbwhl__sx349_bo1204203200_安岡章太郎 文士の友情 吉行淳之介の事など 新潮文庫/読了・・・・・・2013年に没した著者の晩年の文章、さらに対談などを集めた拾遺集ですね。前半の吉行淳之介の思い出を綴った文章なんかは、さすがに練られた言葉で語られています。文章の品格が高いといわざるを得ません。あとは遠藤周作とのキリスト教に対峙した考えを反芻しています。戦後現れた第三の新人の最後の様子があふれた一冊となっています。長女の安岡治子(ロシア文学者)によるあとがきに代えてという一文も高い品格が感じられます。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

JR貨物 Jフィル MIZUMO T-ストリングス かぎろひ歴史探訪 その他 みちのくひとり旅 やまとんくらぶ アミーキティア管弦楽団 アンサンブル ラ・ピアチェーレ アンサンブル・アルビレオ アンサンブル・コスモリバティ アンサンブル・ジョワン アンサンブル・ツヴァイ アンサンブル・フリー アンサンブル・ミンネン アンサンブル・ヴィオ ウォーキング鉄 オルガンコンサート オーケストラ・アンサンブル・フォルツァ オーケストラ・クラシック オーケストラ・ソノリテ オーケストラ・ノインテ オーケストラ・ブラヴォー! オーケストラ・ポミエ オーケストラ千里山 オーディオ カメラ カンマーフィルハーモニー京都 カンマーフィルハーモニー神戸 クラシックサロン・アマデウス クラシック音楽 クランクレーデ クレセント室内アンサンブル クレー管弦楽団 グッド・シーズン・アンサンブル グルメ コレギウム・ヨハネス コレギウム夙川管弦楽団 シンフォニア・スピカ セント・マーティン・オーケストラ ゾンアーベント・アンサンブル タリヘーレ四重奏団 ダムカード テレマン室内オーケストラ ディスクユニオン ドイツ紀行 ニイジマ・キネン・オーケストラ ニュージーランド鉄道 ハイマート交響楽団 ハイマート合唱団 バス バッハクライス神戸 バンブスアンサンブル パソコン ファゴット・フェスティバル フェニックスフィル フォンス・フローリス古楽院 プロ野球 ホール・バルティカ ミモザの会 ミュー室内管弦楽団 メイプルフィル ライブカメラ ラグビー ワンコイン市民コンサート ヴェデルニコフ 万葉 三宝鉄道 上甲ウィンドシンフォニー 上甲子園中学吹奏楽部 交響楽団ひびき 京急 京成 京王 京都フィロムジカ管弦楽団 京都プレザントオーケストラ 京都大学交響楽団 京都工芸繊維大学交響楽団 京阪 伊予鉄 伊予鉄道 伊豆急行 信濃の旅 六甲フィル 兵庫医科大学医療大学合同オーケストラ_ 兵庫芸術文化センター管弦楽団 切符 初演企画 北摂フィル 北総 千里フィルハーモニア・大阪 南海 卯之町 叡山電車 合唱団 名鉄 吹奏楽 吹奏楽団 吹田市交響楽団 四国詣で 土佐くろしお鉄道 土佐日記 土佐電 地下鉄 堺フィル 夢の国 ニュージーランド 大井川鉄道 大阪センチュリー交響楽団 大阪フィルハーモニー交響楽団 大阪フロイデ合唱団 大阪メトロ 大阪モーツァルトアンサンブル 大阪交響楽団 大阪市営交通局 大阪市営地下鉄 大阪市民管弦楽団 大阪芸術大学管弦楽団 天理シティオーケストラ 奈良女子大管 奈良歩き 学園都市交響楽団 宝塚響 富士急行 寝屋川市民管弦楽団 小田急 尼崎市吹奏楽団 尼崎市民交響楽団 尼崎弦楽アンサンブル 居酒屋 山陽 岡山電軌 嵐電 川西市民オーケストラ 幻想フィル 広島電鉄 廃線跡 待兼交響楽団 指揮者 新京成 新幹線 旅行 日本センチュリー交響楽団 最近のCD 最近のLP 東京佼成ウィンドオーケストラ 東急 東武 枚方フィル 樹フィル 武庫川女子大学音楽学部 水族館 水間鉄道 江ノ電 父親のアルバムから 甲南大学OB交響楽団 甲南大響 甲南女子大学管弦楽団 白黒懐かし画像 相愛フィルハーモニア 相鉄 神戸アンサンブルソロイスツ 神戸大学響 神戸市地下鉄 神戸電鉄 神戸高校OBオーケストラ 福井鉄道 私の名盤シリーズ 箕面コンセルト室内合奏団 紫苑交響楽団 美術 聖ソフィア・バラ合唱団/合奏団 能勢電 芦屋交響楽団 芦屋室内合奏団 若林顕 落語 蒸気機関車 藤井貴宏 衣笠交響楽団 西宮交響楽団 西宮探訪 西武 見仏 豊中市民管弦楽団 豊橋鉄道 近江鉄道 近畿フィルハーモニー管弦楽団 近鉄 遠州鉄道 鉄道 長岡京市民管弦楽団 長崎電軌 長楽庵 関西グスタフ・マーラー交響楽団 関西フィルハーモニー管弦楽団 関西医科学生交響楽団 関西大学交響楽団 関西学院交響楽団 関西SPレコード愛好会 阪堺電車 阪急 阪神 阪神タイガース 阪神フィル 静岡鉄道 須磨フィル 飛行機 高松琴平電鉄 高槻フィル 高槻室内管弦楽団 龍谷大学交響楽団 JR四国 JR東日本 JR東海 JR西日本

フォト

掲示板

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

無料ブログはココログ