国鉄奈良機関区

  • Photo_7
    昭和46年に奈良機関区を訪ねています。変わりやすい天気で、晴れていると思ったら急に雨が降ってきて大変な日でした。

THE 大阪駅~特急編~

  • 16
    中高生のころ、大阪駅はまだ日常の中にはなく、特急列車を撮りに行く特別な場所であった。栄光の時代が残っていた大阪駅に発着する特急列車の姿を封じ込めました。

THE 大阪駅~急行編~

  • 1258
    大阪駅に発着する急行を集めてみました。行き先によっては、ディーゼルカーの急行もあり、思えば楽しい駅だったのですね。ご興味の方は写真帖のずっと下にある「甲子園口急行物語」もご覧ください。

昭和45-47年の天王寺駅

  • キハ58 きのくに
    天王寺駅は単に竜華や奈良方面、阪和方面への乗り換え駅だったが、紀勢線ホームは頭端駅として有名だった。 時折、乗り換えの途中、駅撮りなどしていたようだ。

竜華・昭和46年

  • Photo_3
    昭和46年に数回に分けて竜華へ出陣しています。当時の関西線はローカルそのもの、まだまだ煙も多く残っていました。

甲子園口(その周辺)急行物語

  • Photo_7
    甲子園口西方の踏切があったあたり、そのもう少し西側の日通の倉庫前あたりは友人たちとのたまり場でした。陽が暮れるまで電車の通過を楽しんでいました。

京都駅残照・昭和45年前後

  • Photo_3
    昭和45年当時、京都駅へ行く機会は限られていたが、その中で残していた写真の中からいくつかを抜粋した。 京都の寺社、観光地に興味を持つのはもう少し後になった。

西宮を走った国鉄電車特急・昭和45年頃

  • Photo_2
    国鉄時代、地元西宮でもいろいろな電車特急が走っていた。 そのすべてではないが、手元に残る写真のうちからいくつかを抜粋した。

あぁ上野駅 昭和46年

  • 特急やまびこ
    初めて東京へ行った昭和46年、昔の風情の残る上野駅に間に合いました。

神戸市電 最後の日

  • 星電社前
    1971年3月に神戸市電は歴史を閉じました。その最終日に神戸市内の各所で写真に収めましたが、思えば震災前の神戸の街も封じ込めたことになりました。

東海道のんびり行

  • 24
    昭和49年5月に、当時まだ走っていた急行桜島・高千穂に乗って、のんびり東海道を東上しました。そのときの車窓風景をまとめました。

京阪滝井駅 昭和50年

  • Photo_2
    京阪電車は今年、中ノ島新線の開通や電車の塗装変更、さらに往年の名特急1900系の引退と話題に事欠きませんが、ごく普通に走っていた昭和50年の滝井駅の様子はこんな感じでした。

昔日の近江鉄道

  • Photo_4
    近江鉄道は、学生時代からの万葉旅行会で近江蒲生野へ行くときに撮影した程度だった。これはその一連の名残である。 「茜さす紫野行き標野行き野守りは見ずや妹が袖ふる」

マンモス機 EH10

  • 04
    国鉄が作った最大最強のマンモス電気機関車EH10。 今でこそ、8軸の電機はいろいろあるけれど、目に焼きついているのはこの機関車だ。

京都市電

  • 2607
    京都へ行くと市内の移動はたいてい市電だった。 市電だと京都初心者にもわかりやすかった。 たまにバスに乗るとぐるっと市内の引き回しにあったり、とんでもない方向へ走ったりと痛い目に会ったからだ。

きーんてーつ特急

  • Photo_11
    70年代の近鉄特急の白黒写真を集めてみました。点数も少なく恐縮ですが、関西には少ない観光特急の雰囲気だけでも伝えたい。おまけにあおぞら号も何枚か。

近鉄、ちょっと前の車両たち

  • 1413
    1980年代に撮った近鉄の一般車両の中からチョイスしてみた。少し小さいというだけで、なんだか親しみを感じる車両の面白さもある。

野上電鉄、廃止3週間前

  • キハ28
    1994年3月末をもって廃止された野上電鉄を、廃止3週間前に友人の2Aカレチさんと訪れた。併せて周辺の鉄道へも足を運んだので、藤並駅でみた有田鉄道のキハをおまけに追加した。

阪神5314F 愛

  • Img_6204
    阪神電車最古参の5314Fは5550Fの新規参入によっていよいよ引退の時期を迎えた。この前パン貫通幌を持つ古き阪神電車の顔を残す編成を追いかけた。

ゴハチ

  • 16ef58
    今も人気のEF58ばかりを集めました。近所鉄の西宮、武庫川をはじめ大阪駅、少し遠くて下関。元気にゴハチが走り回っていた時代がありました。

琴電 旧型車を並べて

  • Img_0059
    平成10年から出張が多かった四国ですが、何回かは高松に足を運んで琴電を追いました。古い写真がなぜか見つからないので、旧型車が消える数年前からのものばかりです。

RRE様HP掲載一覧

  • 0001601
    ブログ開設以前はRREさんの掲示板への投稿を続けていました。ここに、その投稿画像をまとめましたので、ご笑覧いただければと思います。

島原鉄道2007

  • Img_2046
    去年の3月に出○ついでに諫早駅周辺、島原鉄道、足を少し伸ばして長崎電軌を訪問しました。島原鉄道の一部廃止は残念です。

JR九州の車両たち、諫早駅周辺

  • Img_2023
    ラストランブームになったなは/あかつきもこのころは全然注目されず。九州はいろんな列車があって楽しめます。

長崎は今日も雨

  • Img_2117
    長崎ではすごい雨にあいました。それにもめげず、撮り鉄に励んできました。

名鉄瀬戸線

  • Img_1926
    名鉄瀬戸線に6750系という大手私鉄最後の吊りかけ車が走っていると聞いて訪問しました。2008.03.24

惜別 0系新幹線 

  • 01 相生駅 0系の横顔
    いよいよ平成20年11月末に引退する0系新幹線。山陽路で活躍していた近年の記録です。

四国の気動車

  • 四国は今でも気動車の天国です。その中でも、普通車の運用に供せられる車両を集めてみました。普通車だけにDCより気動車という言い方が似合います。

名鉄にあったレールバス

  • 到着したレールバスからの乗り換え
    名鉄の三河線、猿投の先には西中金まで延びる単線があり、そこには今ではその姿をほとんど見ることが出来ないレールバスがひっそりと走っていました。1987年4月、2Aカレチさんと訪れた記録です。

名鉄揖斐線

  • 512号車内
    1987年4月に2Aカレチさんと名鉄を訪れました。 揖斐線は一時下車した美濃北方駅と黒野駅での写真です。

名鉄の旧型車

  • 103763
    1987年4月 2Aカレチさんと一緒に名鉄を訪れました。 名鉄の本線あたりでもまだまだ吊り掛け車が走っていました。

名鉄岐阜市内線

  • 08
    1987年4月、2Aカレチさんと名鉄を訪れた。岐阜市内線をとりあえず撮影した後、揖斐線へと向かった。

明延鉱山とともに

  • 04_img_0155
    小学生時代、明延鉱山の学校とクラス同士の文通をした。その場所がどこだか全く知らずに居たが1円電車の存在は知っていた。その地を訪れたのは随分大人になってからとなった。

鍛冶屋線~愛と死をみつめて

  • 09_img_0334
    大正12年に全線が開通した鍛冶屋線はJR後の平成2年、その歴史に幕を下ろした。 また、「愛と死をみつめて」で有名なミコこと大島みち子さんはこの沿線の方で、線路を見下ろす小高い岡の上にお墓がある。

EF65 0番台原色+茶ガマ

  • 103_img_2881
    かつて、全国の直流区間ではおなじみだったEF65の0番台も、今では岡山に集結する11機のみである。そのうち、原色を保っているのはわずか4両となった。

紫苑交響楽団

2018年9月 2日 (日)

紫苑交響楽団第32回定期演奏会

Image1_jpeg九月に入って、さすがの猛烈な暑さもひと段落した本日、神戸での六甲フィルの演奏会を振って(六甲フィルさん、ごめんなさい)、阪急長岡天神駅近くの長岡京記念文化会館で開催された紫苑交響楽団の第32回定期演奏会を聞きました。

Image2_jpeg指揮は森口真司さんで、まずはドヴォルザークの序曲「謝肉祭」が演奏されました。これが快活なテンポで、キレッキレの演奏で、久しぶりの鳥肌ものでした。その素晴らしさに、会場から雄たけびのような声がかかりました。次いで演奏された、ストラヴィンスキーの火の鳥は、一転、絶妙なバランスと、繊細な響きを大切にした音楽となり、じっくり聞かせました。

Image3_jpeg休憩の後は、メンデルスゾーンの交響曲第3番「スコットランド」が演奏されましたが、これはオーケストラの分厚い響きをベースにして、木管楽器、金管楽器をナイーブに鳴らした、実に通好みの演奏でしたね。指揮者も、オーケストラも、全力での熱い演奏に大満足です。

コンサートが終わりホールを出ると、周辺に雷鳴がとどろいていました。クワバラ、クワバラ、小走りで駅に急ぎました。

2016年9月 4日 (日)

紫苑交響楽団第28回定期演奏会

紫苑交響楽団がその演奏史に大変輝かしい記録と記憶を刻んだ演奏会となった。
 
Img_8078 今日は台風からの湿った南風がいよいよ強く、朝から高い気温となったものの、長岡京記念文化会館で開催された紫苑交響楽団の第28回定期演奏会を聞いた。曲目は、ウェーバーのオイリアンテ序曲、モーツァルトの交響曲第40番、休憩のあと、チャイコフスキーの交響曲第4番であったが、メリハリの効いたオイリアンテ、ふわっとした甘い空気感に包まれた40番。前半のそれだけでもう夢心地となったよう。40番は超有名曲だが、これほど全曲を通じて音楽の色が整った演奏というのもあまり経験がない。
 
Img_8079 後半はチャイコフスキーだったが、第1楽章から金管、木管の頑張りが素晴らしく、そのままの勢いというか、音楽の骨格がしっかりした演奏が続き、最終楽章では大変な熱気、さらにコーダに向けてヒートアップしてピッチも上がり、アマチュアの演奏ではあまりないことだが、鳥肌が立った。満員の会場も大変な盛り上がりとなり、さらに思うにこの演奏会のお客さんのレベルも大変高く、そういう環境なので名演奏も生まれたものと思われる。指揮は森口真司。
 
9784845628216thumb250xauto268 手塚治虫 僕はマンガ家 立東会文庫/読了・・・・・・・・手塚治虫が書いた唯一の自身の伝記であり、子供のころから、昭和40年代半ばまでの内容となっている。そこには、戦時中の苦難もあるし、戦後の窮乏も書かれているし、漫画家として自立していくための葛藤を詳しく書かれている。また、手塚が今では大家とされているものの、現役時代は常にライバルとの確執を気にかけて苦悩している姿も垣間見える。鉄腕アトムにしても、絶対的な安心を与えなかった様子が赤裸々に語られている。これは今に思うと、日本の漫画創成期の昭和の記録である。
 

2013年9月 8日 (日)

紫苑交響楽団第22回定期演奏会

Img_5012朝からの雨が残る中、久しぶりにカメラを持ってコンサート鉄で時間をつぶしながら、高槻現代劇場大ホールで開催された紫苑交響楽団の第22回定期演奏会を聞いた。途中なかなか成果が上がらない中、阪急高槻市駅で見た2300系。阪急最古参ながら、まだ元気に活躍している。

Img_1190本日は、森口真司の指揮で、ヨーゼフ.シュトラウスのワルツ「うわごと」から始まった。「うわごと」というタイトルとは違った、きっちりと整理された演奏という印象で、後半で華やかさが増す部分でも一定の規律がきちんと守られていて、そういう意味では遊びのない演奏。次いで、R.シュトラウスの交響詩「ドン・ファン」が演奏されたが、これはすごかった。こんな難しい曲を演奏するだけでも脱帽だが、音楽の中身がギュッと詰まった演奏で、ただ演奏するだけという音楽の披露ではなく、音の一つ一つに意味がついているような充実した演奏だった。昼は高槻のチャンチでスンドゥプチゲのランチ。

Img_1191休憩の後、ベートーヴェンの交響曲第7番が演奏されたが、これはこの大曲とがっぷり四つに組んだ力強さに満ちていた。フレーズの最後まできっちりひかせることで、それぞれのパートがどういう音楽をしているかが明確になり、透明感を増す結果を生んでいた。これはドン・ファンでも同じ。最終楽章もむやみに飛ばすのではなく、じっくり音楽と対決している様子がよく分かった。実に印象的な大人の音楽のベートーヴェンだった。アンコールにR.シュトラウスの歌劇「薔薇の騎士」からワルツ。もう、言うことのない締めくくり。

4087450929群ようこ 小福歳時記 集英社文庫/読了・・・・・・・・ユルイ毎日を送る群れさんの絶妙のエッセイ集。この人、エッセイの達人だと思う。流れる水のような語り口は簡単なようで、なかなか難しいんだろうなぁ。がんばらない、しがみつかない、無理しない、・・・・なかなか現実ではできないんですよねぇ。ひとつひとつ、うん、うん、と言いつつ読了した。

2012年9月 2日 (日)

紫苑交響楽団第20回記念定期演奏会

Img_3262 9月になり、少しは涼しくなるかという期待のもと、やはり汗をかきながら、福島のシンフォニーホールで開催された紫苑交響楽団の第20回記念定期演奏会を聞いた。時折、雨の降る不安定な天気が続いている。本日は音楽監督の森口真司の指揮。

200612_31_61_c0043361_2132813本日はご友人の西宮ナジオンさんと苦楽園老松町さんとご一緒させていただいたが、 団員がステージに並んで、指揮者がまだなのに、モーツァルトの行進曲ニ長調が響き、びっくり。こういう始まりもありかと妙に納得。

その後、指揮者登場となり、k204の交響曲が演奏された。モーツァルトらしいという表現がぴったりの、典雅でたっぷりした演奏に魅了された。

Mahler35755lf 休憩ののち、メインのマーラー交響曲第7番が演奏された。いきなり、淀んだテンポで始まったので、これにもびっくりしたが、だんだんと快活になり、クライマックスを経て第1楽章が終わった。その後は攻めて攻めての姿勢で曲が突き進み、各楽章は「夜の歌」の割りには力いっぱいの華やかさが強調された。弦楽器は自信に満ちた演奏で、金管、木管は細かなニュアンスに技量の高さを魅せるところもあり、聴く側としても頭と耳を駆使して心身ともに疲労困憊でオーケストラとともにコーダを迎えた。さすがは紫苑響という演奏だった。

本日得た確かな認識、マグロとマーラーは生に限る。

2012年2月19日 (日)

紫苑交響楽団第19回定期演奏会

Img_7398


晴れたけど空気が冷たい日曜日、本日は阪急京都線方面で2つのコンサートが予定されていたが、みっきいfgさんご出演の北摂フィルはまたの機会とし、ご招待をいただいていた紫苑交響楽団の第19回定期演奏会へ行った。途中、阪急電車を撮影しながらの移動である。富田の京とれいん。

Img_7417


演奏会に先立ち、本楽団とご縁があり、先日亡くなられたゲルハルト・ボッセを偲んで、バッハのアリアが奏された。コンサートは快活なボロディンの歌劇「イーゴリ公」の序曲で始まった。次いで演奏されたショスタコーヴィチの交響曲第9番は、生演奏の迫力にと指揮者の横島勝人の情熱的な演奏に魅了された。まさに豪快なショスタコだった。

Img_7421


休憩の後のチャイコフスキーの交響曲第1番は、さらに充実し、メロディラインをきれいに浮かび上がらせ、抒情に満ちた演奏となった。これはさすがに腕っこきが集まった紫苑響の面目躍如のコンサートとなった。アンコールに弦楽セレナードからのワルツ。メインメニューの後のデザートも優雅に決まった。

2011年9月24日 (土)

紫苑交響楽団第18回定期演奏会

Img_5569 秋晴れの一日となった本日、朝から出撃し、まだ乗っていなかった阪急京都線の「京とれいん」に乗車。これで桂へ向かい、レンタサイクル鉄で桂川鉄橋へ行った。そして、午後からは長岡京記念文化会館で開催された紫苑交響楽団の第18回定期演奏会を聞いた。

Img_5665 本日は音楽監督の森口真司の指揮である。最初にモーツァルトの歌劇「フィガロの結婚」。快活なテンポでやや重厚に進められた。ついで、ヒンデミットの画家マティスである。なんと難しい曲に挑むのかと感心したが演奏内容にはもっと感心した。この起伏の大きな曲を見事に表現し、構成もしっかりまとめられた。

Img_5662 休憩を挟んでシューベルトの交響曲第8番ハ長調。天国的な長さと称されるこの曲であるが指揮者が選んだ解釈はまったく異なり、実に挑戦的なテンポとダイナミックな演奏で、見事な演奏となった。これも腕っこきの集まりである紫苑響の実力にもよるが、指揮者との信頼も十分なものがあるのだろう。とにかく、通常のアマチュアオーケストラの域を抜ける名演に堪能した。

Img_5666 明日は24時間連続のお〇事のため、一回ブログ更新をお休みします。月曜日の朝はどこかで撮影しながら帰ろうと思っています。本日の最後に撮影した十三での臨時急行。仁川で競馬でもあったのかな?

2011年3月13日 (日)

紫苑交響楽団第17回定期演奏会

Img_2606 こんなときにとは思うものの、テレビを見ていると阪神大震災のときのことをどうしても思い起こすので、昼前から出かけ、まずは阪急京都線上新庄駅で撮影を開始した。対面のホームには、初めて見る「夫婦+子ども鉄」の人たちがやってきた。

Omote_020 本日は、高槻現代劇場で紫苑交響楽団の第17回定期演奏会が行われた。

指揮は森香織、ピアノは鈴木華重子。

コンサートに先立って、東北大地震で亡くなられた方々はじめ被災されたすべての人のためにバッハのG線上のアリアが演奏され、黙祷が捧げられた。

Img_2625 コンサートはシベリウスのカレリア組曲で始まったが、名手ぞろいの紫苑響にしてはちょっと不安定さもあり、どうしたのかと危惧した。ところが、次のグリーグのピアノ協奏曲では、豪快なピアノの演奏に引きづられるかのように調子を上げ、素晴らしくメリハリの利いた演奏となった。ピアノの鈴木さんは失礼な話アマチュアオケでピアノを弾くには、レベルが高すぎるのではないかと思うくらい、内容の濃い演奏を展開した。

Img_2630 休憩の後、シューマンの交響曲第1番「春」が演奏された。エンジンがかかった紫苑響はますます快調に飛ばし、豪快な演奏を披露してくれた。この曲のもつ、危なっかしさ、情緒の不安定さ、分裂気味の曲想なんかふっとばすくらいドライな演奏で、森さんという指揮者、なかなかやるわいという印象。アンコールにペール・ギュントから「朝」。東北地方に明るい朝が一日も早く来るように願うばかりである。

2010年9月 5日 (日)

紫苑交響楽団第16回定期演奏会

9月になったのに、猛烈な暑さが続く本日、長岡京記念文化会館で行われた紫苑交響楽団の第16回定期演奏会へ出かけた。当然、阪急京都線でコンサート前の鉄撮り、上新庄での3300系を貼っておこう。その後、摂津市駅でも撮影続行。

本日のプログラムは、モーツァルトの交響曲第38番「プラハ」で始まった。きっちりとした楷書の味わいが伝わってくる実に味わい深い演奏。さすがにこのオーケストラ、うまい。次いで、ブラームスのハイドンの主題による変奏曲。ここでこういう音色が欲しいなぁというところで、きっちりとその音色が出ていた。こういう演奏ってアマチュアなの?と深く感心してしまった。

休憩の後、ドヴォルザークの交響曲第8番が奏された。前半の感じから高いレベルでの演奏が期待できたが、金管も木管もそれ以上の頑張りを見せてくれて、さすがの名演となった。指揮は森口真司、モーツァルト同様のきっちりとした音楽の運びが安定感を増した。そしてコーダの後、ほぼ満員となった聴衆から熱い拍手を受けた。アンコールにハンガリー舞曲第17番。聴衆もこの楽団の素晴らしさをよく知っているんだなぁ、会場の緊張感も並みのアマチュアのオーケストラのそれではなかった。

4時過ぎにコンサートが終わり、急いで谷町9丁目まで戻って、昨日から行われている彦八祭りに行ってきた。いつもの賑わいがあって、楽しめた。これは後日の詳報としよう、今夕は東京からお越しの停看聴さんの歓迎会があり、皆さんとかなり盛り上がった。

2010年8月24日 (火)

紫苑交響楽団

あっちこっちのアマチュアオーケストラのコンサートに出かけていると、時々楽団から「招待状」なるものをいただくことがある。今回、紫苑交響楽団http://www7a.biglobe.ne.jp/~shion_symphony_orchestra/から第16回定期演奏会のご招待を受けた。

曲目は、モーツァルトの交響曲第38番「プラハ」、ブラームスのハイドンの主題による変奏曲、そしてドヴォルザークの交響曲第8番「イギリス」である。

古典からロマン派へかけての流れをおさえた選曲の充実したプログラムである。

指揮は森口真司、9月5日(日)14時から京都府長岡京記念文化会館で開催される。

せっかくご招待を受けたのだから行かねばならないだろう。

事前のコンサート鉄は阪急京都線だろうか。

ところが9月になるとあっちこっちでアマチュアオーケストラの活動も活発になってくる。この日は、神戸芸術センターでオーケストラ・ムジークの演奏で新世界交響曲、大阪のドーン・センターで都島ストリングスの演奏でバッハ、ヴィヴァルディ、モーツァルトと浮気をしたくなりそうなコンサートが目白押しなのだ。

それにしても早く涼しくなって欲しいものだ。

その他のカテゴリー

2019四国の旅 JR貨物 Jフィル MIZUMO T-ストリングス かぎろひ歴史探訪 その他 みちのくひとり旅 やまとんくらぶ アイチャンオケ アミーキティア管弦楽団 アンサンブル ラ・ピアチェーレ アンサンブル・アルビレオ アンサンブル・コスモリバティ アンサンブル・ジョワン アンサンブル・ツヴァイ アンサンブル・フリー アンサンブル・ミンネン アンサンブル・ヴィオ ウォーキング鉄 オルガンコンサート オーケストラ・アンサンブル・フォルツァ オーケストラ・クラシック オーケストラ・ソノリテ オーケストラ・ノインテ オーケストラ・ブラヴォー! オーケストラ・ポミエ オーケストラ千里山 オーディオ カメラ カンマーフィルハーモニー京都 カンマーフィルハーモニー神戸 クラシックサロン・アマデウス クラシック音楽 クランクレーデ クレセント室内アンサンブル クレー管弦楽団 グッド・シーズン・アンサンブル グルメ コレギウム・ヨハネス コレギウム夙川管弦楽団 シンフォニア・スピカ セント・マーティン・オーケストラ ゾンアーベント・アンサンブル タリヘーレ四重奏団 ダムカード テレマン室内オーケストラ ディスクユニオン ドイツ紀行 ニイジマ・キネン・オーケストラ ニュージーランド鉄道 ハイマート交響楽団 ハイマート合唱団 バス バッハクライス神戸 バンブスアンサンブル パソコン ファゴット・フェスティバル フェニックスフィル フォンス・フローリス古楽院 プロ野球 ホール・バルティカ ミモザの会 ミュー室内管弦楽団 メイプルフィル ライブカメラ ラグビー ワンコイン市民コンサート ヴェデルニコフ 万葉 三宝鉄道 上甲ウィンドシンフォニー 上甲子園中学吹奏楽部 交響楽団ひびき 京急 京成 京王 京都フィロムジカ管弦楽団 京都プレザントオーケストラ 京都大学交響楽団 京都工芸繊維大学交響楽団 京阪 伊予鉄 伊予鉄道 伊豆急行 信濃の旅 六甲フィル 兵庫医科大学医療大学合同オーケストラ_ 兵庫芸術文化センター管弦楽団 切符 初演企画 北摂フィル 北総 千里フィルハーモニア・大阪 南海 卯之町 叡山電車 合唱団 名鉄 吹奏楽 吹奏楽団 吹田市交響楽団 四国詣で 土佐くろしお鉄道 土佐日記 土佐電 地下鉄 堺フィル 夢の国 ニュージーランド 大井川鉄道 大阪センチュリー交響楽団 大阪フィルハーモニー交響楽団 大阪フロイデ合唱団 大阪メトロ 大阪モーツァルトアンサンブル 大阪交響楽団 大阪市営交通局 大阪市営地下鉄 大阪市民管弦楽団 大阪芸術大学管弦楽団 天理シティオーケストラ 奈良女子大管 奈良歩き 学園都市交響楽団 宝塚響 富士急行 寝屋川市民管弦楽団 小田急 尼崎市吹奏楽団 尼崎市民交響楽団 尼崎弦楽アンサンブル 居酒屋 山陽 岡山電軌 嵐電 川西市民オーケストラ 幻想フィル 広島電鉄 廃線跡 待兼交響楽団 指揮者 新京成 新幹線 旅行 日本センチュリー交響楽団 最近のCD 最近のLP 東京佼成ウィンドオーケストラ 東急 東武 枚方フィル 樹フィル 武庫川女子大学音楽学部 水族館 水間鉄道 江ノ電 父親のアルバムから 甲南大学OB交響楽団 甲南大響 甲南女子大学管弦楽団 白黒懐かし画像 相愛フィルハーモニア 相鉄 神戸アンサンブルソロイスツ 神戸大学響 神戸市地下鉄 神戸電鉄 神戸高校OBオーケストラ 福井鉄道 私の名盤シリーズ 箕面コンセルト室内合奏団 紫苑交響楽団 美術 聖ソフィア・バラ合唱団/合奏団 能勢電 芦屋交響楽団 芦屋室内合奏団 若林顕 落語 蒸気機関車 藤井貴宏 衣笠交響楽団 西宮交響楽団 西宮探訪 西武 見仏 豊中市民管弦楽団 豊橋鉄道 近江鉄道 近畿フィルハーモニー管弦楽団 近鉄 遠州鉄道 鉄道 長岡京市民管弦楽団 長崎電軌 長楽庵 関西グスタフ・マーラー交響楽団 関西フィルハーモニー管弦楽団 関西医科学生交響楽団 関西大学交響楽団 関西学院交響楽団 関西SPレコード愛好会 阪堺電車 阪急 阪神 阪神タイガース 阪神フィル 静岡鉄道 須磨フィル 飛行機 高松琴平電鉄 高槻フィル 高槻室内管弦楽団 龍谷大学交響楽団 JR四国 JR東日本 JR東海 JR西日本

フォト

掲示板

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ