国鉄奈良機関区

  • Photo_7
    昭和46年に奈良機関区を訪ねています。変わりやすい天気で、晴れていると思ったら急に雨が降ってきて大変な日でした。

THE 大阪駅~特急編~

  • 16
    中高生のころ、大阪駅はまだ日常の中にはなく、特急列車を撮りに行く特別な場所であった。栄光の時代が残っていた大阪駅に発着する特急列車の姿を封じ込めました。

THE 大阪駅~急行編~

  • 1258
    大阪駅に発着する急行を集めてみました。行き先によっては、ディーゼルカーの急行もあり、思えば楽しい駅だったのですね。ご興味の方は写真帖のずっと下にある「甲子園口急行物語」もご覧ください。

昭和45-47年の天王寺駅

  • キハ58 きのくに
    天王寺駅は単に竜華や奈良方面、阪和方面への乗り換え駅だったが、紀勢線ホームは頭端駅として有名だった。 時折、乗り換えの途中、駅撮りなどしていたようだ。

竜華・昭和46年

  • Photo_3
    昭和46年に数回に分けて竜華へ出陣しています。当時の関西線はローカルそのもの、まだまだ煙も多く残っていました。

甲子園口(その周辺)急行物語

  • Photo_7
    甲子園口西方の踏切があったあたり、そのもう少し西側の日通の倉庫前あたりは友人たちとのたまり場でした。陽が暮れるまで電車の通過を楽しんでいました。

京都駅残照・昭和45年前後

  • Photo_3
    昭和45年当時、京都駅へ行く機会は限られていたが、その中で残していた写真の中からいくつかを抜粋した。 京都の寺社、観光地に興味を持つのはもう少し後になった。

西宮を走った国鉄電車特急・昭和45年頃

  • Photo_2
    国鉄時代、地元西宮でもいろいろな電車特急が走っていた。 そのすべてではないが、手元に残る写真のうちからいくつかを抜粋した。

あぁ上野駅 昭和46年

  • 特急やまびこ
    初めて東京へ行った昭和46年、昔の風情の残る上野駅に間に合いました。

神戸市電 最後の日

  • 星電社前
    1971年3月に神戸市電は歴史を閉じました。その最終日に神戸市内の各所で写真に収めましたが、思えば震災前の神戸の街も封じ込めたことになりました。

東海道のんびり行

  • 24
    昭和49年5月に、当時まだ走っていた急行桜島・高千穂に乗って、のんびり東海道を東上しました。そのときの車窓風景をまとめました。

京阪滝井駅 昭和50年

  • Photo_2
    京阪電車は今年、中ノ島新線の開通や電車の塗装変更、さらに往年の名特急1900系の引退と話題に事欠きませんが、ごく普通に走っていた昭和50年の滝井駅の様子はこんな感じでした。

昔日の近江鉄道

  • Photo_4
    近江鉄道は、学生時代からの万葉旅行会で近江蒲生野へ行くときに撮影した程度だった。これはその一連の名残である。 「茜さす紫野行き標野行き野守りは見ずや妹が袖ふる」

マンモス機 EH10

  • 04
    国鉄が作った最大最強のマンモス電気機関車EH10。 今でこそ、8軸の電機はいろいろあるけれど、目に焼きついているのはこの機関車だ。

京都市電

  • 2607
    京都へ行くと市内の移動はたいてい市電だった。 市電だと京都初心者にもわかりやすかった。 たまにバスに乗るとぐるっと市内の引き回しにあったり、とんでもない方向へ走ったりと痛い目に会ったからだ。

きーんてーつ特急

  • Photo_11
    70年代の近鉄特急の白黒写真を集めてみました。点数も少なく恐縮ですが、関西には少ない観光特急の雰囲気だけでも伝えたい。おまけにあおぞら号も何枚か。

近鉄、ちょっと前の車両たち

  • 1413
    1980年代に撮った近鉄の一般車両の中からチョイスしてみた。少し小さいというだけで、なんだか親しみを感じる車両の面白さもある。

野上電鉄、廃止3週間前

  • キハ28
    1994年3月末をもって廃止された野上電鉄を、廃止3週間前に友人の2Aカレチさんと訪れた。併せて周辺の鉄道へも足を運んだので、藤並駅でみた有田鉄道のキハをおまけに追加した。

阪神5314F 愛

  • Img_6204
    阪神電車最古参の5314Fは5550Fの新規参入によっていよいよ引退の時期を迎えた。この前パン貫通幌を持つ古き阪神電車の顔を残す編成を追いかけた。

ゴハチ

  • 16ef58
    今も人気のEF58ばかりを集めました。近所鉄の西宮、武庫川をはじめ大阪駅、少し遠くて下関。元気にゴハチが走り回っていた時代がありました。

琴電 旧型車を並べて

  • Img_0059
    平成10年から出張が多かった四国ですが、何回かは高松に足を運んで琴電を追いました。古い写真がなぜか見つからないので、旧型車が消える数年前からのものばかりです。

RRE様HP掲載一覧

  • 0001601
    ブログ開設以前はRREさんの掲示板への投稿を続けていました。ここに、その投稿画像をまとめましたので、ご笑覧いただければと思います。

島原鉄道2007

  • Img_2046
    去年の3月に出○ついでに諫早駅周辺、島原鉄道、足を少し伸ばして長崎電軌を訪問しました。島原鉄道の一部廃止は残念です。

JR九州の車両たち、諫早駅周辺

  • Img_2023
    ラストランブームになったなは/あかつきもこのころは全然注目されず。九州はいろんな列車があって楽しめます。

長崎は今日も雨

  • Img_2117
    長崎ではすごい雨にあいました。それにもめげず、撮り鉄に励んできました。

名鉄瀬戸線

  • Img_1926
    名鉄瀬戸線に6750系という大手私鉄最後の吊りかけ車が走っていると聞いて訪問しました。2008.03.24

惜別 0系新幹線 

  • 01 相生駅 0系の横顔
    いよいよ平成20年11月末に引退する0系新幹線。山陽路で活躍していた近年の記録です。

四国の気動車

  • 四国は今でも気動車の天国です。その中でも、普通車の運用に供せられる車両を集めてみました。普通車だけにDCより気動車という言い方が似合います。

名鉄にあったレールバス

  • 到着したレールバスからの乗り換え
    名鉄の三河線、猿投の先には西中金まで延びる単線があり、そこには今ではその姿をほとんど見ることが出来ないレールバスがひっそりと走っていました。1987年4月、2Aカレチさんと訪れた記録です。

名鉄揖斐線

  • 512号車内
    1987年4月に2Aカレチさんと名鉄を訪れました。 揖斐線は一時下車した美濃北方駅と黒野駅での写真です。

名鉄の旧型車

  • 103763
    1987年4月 2Aカレチさんと一緒に名鉄を訪れました。 名鉄の本線あたりでもまだまだ吊り掛け車が走っていました。

名鉄岐阜市内線

  • 08
    1987年4月、2Aカレチさんと名鉄を訪れた。岐阜市内線をとりあえず撮影した後、揖斐線へと向かった。

明延鉱山とともに

  • 04_img_0155
    小学生時代、明延鉱山の学校とクラス同士の文通をした。その場所がどこだか全く知らずに居たが1円電車の存在は知っていた。その地を訪れたのは随分大人になってからとなった。

鍛冶屋線~愛と死をみつめて

  • 09_img_0334
    大正12年に全線が開通した鍛冶屋線はJR後の平成2年、その歴史に幕を下ろした。 また、「愛と死をみつめて」で有名なミコこと大島みち子さんはこの沿線の方で、線路を見下ろす小高い岡の上にお墓がある。

EF65 0番台原色+茶ガマ

  • 103_img_2881
    かつて、全国の直流区間ではおなじみだったEF65の0番台も、今では岡山に集結する11機のみである。そのうち、原色を保っているのはわずか4両となった。

美術

2021年2月27日 (土)

生駒の緑ヶ丘美術館 蒔絵展

Dsc08391 Dsc08392_20210227084501

2月17日は、いつもの生駒の野暮用を終えて、その後、近鉄生駒駅から南へ15分ほどのところにある緑ヶ丘美術館を訪れました。今、「美を纏う名品の嘉宴 語りつぐ蒔絵展」~世界に誇る日本「漆」文化~ 日本の漆展 Ⅳ という展覧会が開催中です。

Dsc08432 Dsc08429 Dsc08410

美術館に入ると、いつものように15分ほどのビデオを鑑賞、これで蒔絵の基本的なことから展示されている作品の解説を受けます。これがとてもゆったりとしていいのですね。そして、2階の展示室に行きます。階段が急なので、足の悪い人はエレベータもありますよ。

Dsc08424 Dsc08394 Dsc08398

蒔絵を施した作品が20点ほどでしょうか、並んでいました。どれも、精緻で、華麗で、高貴な仕上げで、目で見るよりも写真に撮って拡大しないとその良さが分かりにくいほど、見事な蒔絵です。

Dsc08403 Dsc08401

この美術館には別館もあって、蒔絵展と合わせて香炉の展示もされていたのですが、蒔絵のほうに時間を取られすぎてしまい、閉館時間を過ぎていました。ここへはやはり2時間以上のゆったりとした余裕をもってこなければなりませんね。

2021年2月 9日 (火)

広重の名所江戸百景 奈良県立美術館

Dsc07991 Dsc07994

2月3日は、いつもの生駒での野暮用の後、奈良へ出てうろうろ。三条通りの上三条町の交差点近くにあるじゅん平でランチをいただきました。いつもは夜だけの営業でしたが、お昼のランチも始めたとのことで、まずはお試しです。この日は好みのアジフライとしましたが、たっぷりの前菜、しゃきしゃきのサラダ、旨味の濃いみそ汁と相まって至福のランチ(890円+税)となりました。

Dsc07995 Dsc08000 Dsc08006

観光客が消えた冬の奈良、いつもお客さんが取り囲んで、高速餅打ちを披露していた中谷堂も閑散とした空気が流れていました。興福寺へ行くと、鹿が草を食んでいて奈良らしい風景を見ることが出来ました。宝物殿もすいているのでしょうね、こんな日だったら阿修羅くんも独り占めできそうですが、この日は別物の鑑賞で奈良へ来たのでパスです。

Dsc08007_20210209064501 Dsc08009_20210209064501

興福寺から県庁前の大宮通を渡って行ったのは、奈良県立美術館です。大宮通りから見る若草山も茶色の枯れた草で覆われているようで、春になって萌えるような緑に変わった姿に思いをはせます。

Dsc08012 Dsc08195_20210209064501 Dsc08013

奈良県立美術館では、1月16日から広重の名所江戸百景と題して、展覧会が開かれています。その内容は、名所江戸百景のほか、東海道五十三次、東海道、六十余州名所図会、富士三十六景、東都名所などなど、さらに北斎、春信、歌麿、二代目広重の作品など200点以上が公開されています。まさに浮世絵の洪水に溺れそうになった展覧会でした。(2月16日からは一部展示を変えて後半の部となるのでまた行かねばなりません、3月14日まで)

しかも、65歳以上だと入場料が無料になるという扱いになりました。歳を取って、初めていいことがあった冬の一日でした。

2020年11月 1日 (日)

東日本の縄文土器 辰馬考古資料館 10/22

Dsc05895 Dsc05896

10月22日は、西宮の夙川沿いにある辰馬考古資料館で開かれている令和2年度秋季展「東日本の縄文土器」を見に出かけていました。この考古館は白鷹で知られる酒造会社のオーナー、辰馬悦蔵の収集資料を保存維持し公開する目的で設立されたものです。資料は考古遺物と富岡鉄斎の作品から成り立っているとのことです。

Dsc05906 Dsc05898

さて、200円の入場料を払い、靴を脱いで館内に入ります。特に気に入ったものは、茨城県椎塚貝塚出土の注口土器と茨城県福田貝塚出土の遮光器土偶風の注口土器でした。いずれも重要文化財で、素晴らしく精緻な装飾が施されていて見飽きることがありません。

Dsc05909 Dsc05910 Dsc05908

その他、青森県の亀ヶ岡遺跡、田舎館遺跡からの出土物を中心に、茨城県、千葉県、宮城県、岩手県などの地域、東日本というよりも東北あたりの縄文土器が陳列されていました。

Dsc05900 Dsc05901 Dsc05899

縄文という時期、残された遺物でみると断然東日本に多いですね。西日本には弥生時代の痕跡が濃厚です。実用的な土器のほか、あまりに精緻で使うのももったいないくらいの土器がありました。そうした装飾品をみると、縄文時代というのは、芸術的にずいぶん贅沢な時期だったような気がしてきました。小さな資料館ですが、良いものを見ることが出来ました。

2020年10月31日 (土)

生駒の素敵なスポット 緑ヶ丘美術館

Dsc05859 Dsc05860_20201031063801

先週、10月21日は、いつもの生駒での野暮用を終え、その後の時間を使って近鉄生駒駅から南へ15分ほど歩いたところにある私設の美術館、緑ヶ丘美術館へ行きました。九谷焼色絵磁器の名工、三代 浅蔵五十吉の作品が展示されています。まずはビデオを見て作者の紹介を受けます。

Dsc05887 Dsc05888

展示室に入ります。一点一点がかなり大きな作品ばかりです。それほど広いという古都はない展示室に見やすく配置されています。うれしいことにこの美術館は撮影可能です。もちろん作品に手を触れてはいけませんが。

Dsc05870 Dsc05872

大皿がいくつもありましたその中から、アジサイと椿をあしらった2点を紹介します。濃い彩りが特徴ですね。その大きさとともに抜群の存在感が伝わります。

Dsc05881 Dsc05885

花器になるのでしょうか、魚をあしらった作品が2点ありました。この作者は花と魚というのがモチーフらしいです。色鮮やかな作品が魅力的です。

Dsc05869 Dsc05871

2枚の大きな板を合わせた作品が会談の登り際に建てられています。椿と鳥というのもこの作者のモチーフです。そして、岩層と名付けられた雰囲気の異なる作品がありました。その荒々しさがぐっと迫る力強さに圧倒されます。これが一番気に入りました。

このように圧倒的な存在感のある作品が並び、陶芸作品ではあまり感じたことのない鳥肌が立つほどの感動がありました。とても素敵な冊子とカレンダーまでいただいて無料とは、何とも申し訳ない限りですが、生駒の極楽スポットであることには間違いありません。

718mux2kxxl-1

鯨統一郎 銀幕のメッセージ 女子大生桜川東子の推理 光文社文庫/読了・・・・・・絶好調の鯨君の作品が読めて幸せです。たとえば、素晴らしい映像作品って、瞬きするのも惜しいとか言いますね。この一冊は、ひと言も、どんな文字も読み逃すことなく読み通したいという、緩い内容ながら、変な緊張感を持ったまま接しなければなりません。ちりばめられたギャグや仕掛けを見逃してはもったいないですね。シリーズものですが、新作が出るたびに短編数が減って、扱われる酒の種類が増えていく。そんな面白さも発見できます。

2020年8月17日 (月)

だるま商店って何? 随心院の襖絵

01_20200817062901  Dsc03988_20200817062801  733kabus

7月30日に奈良歩き、かぎろひ歴史探訪の方々を案内して訪れた随心院、そこででみた衝撃的な襖絵。その精密でまさに絢爛豪華な現代アートに魅了されたものですが、よく見ると、舞台で踊る舞いの人たちをスマホで撮影している観客の姿があるなど、遊び心も入っていたのです。ふすまを開けるとこんな具合だったとは知りませんでしたが。

Cx056crq

この絵を描いているのが、だるま商店という絵描きユニットだったのです。二人が出会ったエピソードとか大変面白くドラマチックなようですが、興味のある方は調べてみてください。⇒ホームページ

Kfk2l7qt  Va5l4bds  Daruma_a_07

彼らの作品は京都のあっちこっちにあるようですが、いずれも現代性を持ちながらもしっかりと京都に根差した内容のようです。一番左は都踊りでしょうか。そして島原の遊郭街、さらに天岩戸伝説。アメノヴズメノミコトの顔はコロッケが岩崎宏美の物まねをしているところとか。

J4uglgvi  Lj4jawt_  Ujftnpyt_20200817062801

これは曼荼羅図でしょうね。これだけすごい絵はコンピューターグラフィックによるものだということですが、当然ですが、下絵は自身がスケッチされています。そして、安土城があるので信長の一代記でしょうか。最後に牛カツ専門店の暖簾にも採用されています。新しいことを求めることが伝統の京都、その面目躍如の作品群ですね。(写真の多くはネットからの借り物です)

2020年8月15日 (土)

描き鉄~大人も子供も楽しめる絵画展

116264351_2734324610225196_6831126894116  Dsc04157

大阪梅田のACTⅢというビルの中にあるギャラリーで、鉄道絵画の展覧会が開催中ということで、出かけてきました。描き鉄と題して、精密な車輛が描かれています。左は、以前に見かけた案内、右は今回の会場の前にあったものです。

Dsc04150  Dsc04154  Dsc04158_20200815070601

手書きのとても精密な描写には、写真では味わえない質感が感じられました。DE10、キハ30、キハ40です。ほとんど背景は書かれていないようですが、キハ40は雪原を走る姿です。

Dsc04156  Dsc04155  Dsc04153

主催の方にお聞きするとお勤めもあるので週末に集中して書かれているとのこと、一枚仕上げるのに一月ほどかかるとのことでした。旧京都市電(広島電鉄)、EF66-27号機、EF66-21号機、DE10、七尾線413系、広島電鉄3800系です。

Dsc04152  Dsc04151_20200815070601

写真を見ながら描かれるとのこと、安定した構図のものばかりですね。ED75、元西武101系の近江鉄道100系、もと京王5000系の一畑電鉄2100系、富山ライトレールのTRL0600系です。絵を描く才能がある方というのは素晴らしいですね。明日16日まで。

2020年7月29日 (水)

熊谷守一生誕140年記念展 伊丹市立美術館

Dsc03930  Futi93txq405grzvggdqg1ydijlvpcfx6btyj5kt  Dsc03927

昨日7月28日は、他の用事もあったので伊丹まで行ってきました。伊丹市立美術館では、今月いっぱいまで熊谷守一の生誕140年を記念する展覧会が開催されています。まずはこれに行ってきました。孤高の画家の展覧会は「わたしはわたし」という、画家にふさわしいタイトルが付けられていました。

Dsc03928  Dsc03929  Thumbnail_image0_20200729083001

若いころの写実画からだんだん変化していき、大きくデフォルメされた抽象画への到達する様子が作品によって実感させられました。特に晩年の作品は簡略の極みでしょうか。作品を撮ることはできませんが、チラシにある絵は見飽きぬ良さがありました。7月31日まで、伊丹市立美術館、大人800円。

Dsc03925  Dsc03932_20200729083001  Dsc03931

市立美術館に隣接して、旧岡田家が保存されています。この家は造り酒屋でしたので、屋内に米を蒸す大きな釜が発掘されてその様子を見ることができます。ここにはホールもあり、時々演奏会や落語界なども開催されていましたが、最近はどうなのでしょうね。

2020年7月19日 (日)

生駒にある小さな美術館 緑ヶ丘美術館 7/15

Dsc03606  Dsc03605

7月15日は、生駒での野暮用の後、生駒にある小さな美術館、緑ヶ丘美術館へ足を運びました。左の写真で、奥にある白い建物が本館、手前の建物が別館です。すぐ近くですね。別館を正面から見たらこんな具合です。

Dsc03600  Dsc03601

早速、別館へ入ることにします。こちらにMAMの文字が。緑ヶ丘というのはこの辺りの地名です。白い壁が清潔感を際立たせています。

Dsc03602  Dsc03603  Dsc03604

この日は、石川県、奈良県、兵庫県在住の陶芸家の作品展でした。素人のものではなく、とてもレベルの高いプロの作品でした。その一つにとても気にいった作品がありました。持って帰れるものなら、、、、、、それくらい良い作品でした。

Dsc03608

帰りは生駒駅に戻るのではなく、近鉄生駒線の菜畑駅へ出ます。美術館からほぼ下りの道ですから楽ちんでした。駅のホームから見た生駒山です。美術館は手前の丘の向こうになります。

緑ヶ丘美術館、とても素晴らしい空間を提供してくれました。これで無料だというのにはただただ驚くばかりです。⇒

2020年7月18日 (土)

生駒にある小さな美術館 緑ヶ丘美術館 7/15

6a0cc3519df7c80312a1c65723a1529a  Dsc03588_20200718065901  Dsc03589

生駒にある小さな美術館、緑ヶ丘美術館で催されている野口久光の映画ポスター展に行ってきました。野口久光さん、この写真を見ると、なんだかどこかで見たお顔ですね。画家というよりもジャズ評論家としての活躍の方が有名だったかも。

さて、展示室へ入りました。まず目に入るポスターは、赤い靴禁じられた遊びです。

Dsc03590  Dsc03591  Dsc03592

続いて、第三の男、大人は判ってくれない。リチャード三世、天井桟敷の人々。赤と黒、旅情です。

Dsc03593  Dsc03594  Dsc03595

さらに、殿方ごめんあそばせ、埋もれた青春。お嬢様お手やわらかに、夜の騎士道。わが青春のマリアンヌ、ノートルダムのせむし男、居酒屋。

映画のストーリーを一枚のポスターで表現する、そこには描かれた人々の視線、表情、背景との組み合わせ、そのようなファクターで絶対にはずさない集中力が必要とされるようです。とても良いものを見た満足感が得られました。

2020年7月17日 (金)

生駒にある小さな美術館 緑ヶ丘美術館 7/15

Dsc03583  Dsc03599

7月15日は、いつもの生駒での野暮用(仕事なんですが・・・・)を終え、生駒市内で見つけた緑ヶ丘美術館というところを初めて訪問しました。近鉄生駒駅から南へ15分ほどの所。アップダウンもありますが、どちらかというとダウンの方が多い道でした。しばらく歩いて到着しました。白いケレン味のない爽やかな好印象の建物です。

Dsc03586  Dsc03587

その入り口に「緑ヶ丘美術館」とあります。MAMというロゴデザインもいいですね。すっきりとしたエントランスを入っていきます。このさりげなさが自然な感じです。思っていたよりも大きな建物でした。

Dsc03588  Dsc03597  

入り口には「ヨーロッパ映画ポスター展 野口久光の世界」とあります。あまりなじみのない分野ですが、今回はとりあえず訪問することを第一に思い、館内へ入ります。入り口で靴を脱ぎ、この時期ですから、手をアルコール消毒して、来館者の記録を書き入れます。

Dsc03598

ふと、壁に目をやると大林宣彦監督の映画「ふたり」のポスターが目に入りました。悲しい話しですが、映画のバックにずっと第九が流れていたことを思い出しました。さて、ここはどんな美術館なのでしょうか。まずは、展覧会の内容をまとめた15分ほどのビデオを魅せられました。これを見ると見ないでは、全然違いました。さて、会場の様子は明日の楽しみとして。

Gp386zsz

桂米朝 上方落語ノート第三集 岩波現代文庫/読了・・・・・・・・・・・・米朝さんの覚書、その第三集が出ました。落語家という分野で人間国宝にまでなられた米朝さんですが、その書斎は学者の部屋のようで、数多くの本が部屋を埋め尽くしていたそうです。この本の中にはそれらの知識の一端が詰め込まれているかのようです。しかも、自身が実際に聞かれた話を掲載されていること、その話の内容が江戸末期から明治、大正、昭和と歴史的な幅が広く、今からではとても集めることが困難なものばかりです。上方落語の大きな遺産の一つとして本書の位置づけがあると思います。

 

その他のカテゴリー

2019四国の旅 JR貨物 かぎろひ歴史探訪 その他 みちのくひとり旅 やまとんくらぶ アイチャンオケ アミーキティア管弦楽団 アンサンブル ラ・ピアチェーレ アンサンブル・アルビレオ アンサンブル・シュシュ アンサンブル・ジョワン アンサンブル・ツヴァイ アンサンブル・フリー アンサンブル・ヴィオ インターネット ウォーキング鉄 オーケストラ・アンサンブル・フォルツァ オーケストラ・アンサンブル京都 オーケストラ・クラシック オーケストラ・ソノリテ オーケストラ・ノインテ オーケストラ・ブラヴォー! オーケストラ・ポミエ オーケストラ千里山 オーディオ カメラ カンマーフィルハーモニー神戸 クラシック音楽 クランクレーデ クレセント室内アンサンブル クレー管弦楽団 グルメ コレギウム夙川管弦楽団 シンフォニア・スピカ セント・マーティン・オーケストラ ディスクユニオン ドイツ紀行 ニュージーランド鉄道 バス バンブスアンサンブル パソコン ファゴット・フェスティバル フェニックスフィル ブレスシンフォニーオーケストラ プロ野球 ホール・バルティカ メイプルフィル ライブカメラ ラグビー ワンコイン市民コンサート 万葉 三宝鉄道 上甲ウィンドシンフォニー 上甲子園中学吹奏楽部 交響楽団ひびき 京急 京成 京王 京都プレザントオーケストラ 京都工芸繊維大学交響楽団 京阪 伊予鉄 伊予鉄道 伊豆急行 保存車 信濃の旅 八尾フィル 六甲フィル 兵庫医科大学医療大学合同オーケストラ_ 兵庫芸術文化センターワンコインコンサート 兵庫芸術文化センター管弦楽団 写真展 切符 初演企画 北摂フィル 千里バロック合奏団 千里フィルハーモニア・大阪 南海 卯之町 叡山電車 名指揮者列伝 名鉄 吹奏楽 吹奏楽団 吹田市交響楽団 四国詣で 土佐日記 土佐電 地下鉄 堺フィル 夢の国 ニュージーランド 大井川鉄道 大阪フィルハーモニー交響楽団 大阪メトロ 大阪モーツァルトアンサンブル 大阪交響楽団 大阪市営地下鉄 大阪市民管弦楽団 天理シティオーケストラ 奈良歩き 学園都市交響楽団 宝塚響 富士急行 寝屋川市民管弦楽団 小田急 尼崎市吹奏楽団 尼崎市民交響楽団 居酒屋 山陽 岡山電軌 嵐電 川西市民オーケストラ 幻想フィル 広島電鉄 廃線跡 待兼交響楽団 指揮者 新幹線 旅行 日本センチュリー交響楽団 最近のCD 最近のLP 東京佼成ウィンドオーケストラ 東急 枚方フィル 樹フィル 武庫川女子大学音楽学部 歴史探訪 水族館 江ノ電 父親のアルバムから 甲南大学OB交響楽団 甲南大響 甲南女子大学管弦楽団 白黒懐かし画像 相愛フィルハーモニア 神戸アンサンブルソロイスツ 神戸市地下鉄 神戸電鉄 福井鉄道 紫苑交響楽団 美術 能・狂言 能勢電 芦屋交響楽団 芦屋室内合奏団 若林顕 落語 蒸気機関車 藤井貴宏 街歩き 衣笠交響楽団 西宮交響楽団 西宮探訪 西武 豊中市民管弦楽団 豊橋鉄道 近畿フィルハーモニー管弦楽団 近鉄 遠州鉄道 鉄道 鉄道前面展望 長楽庵 関西グスタフ・マーラー交響楽団 関西フィルハーモニー管弦楽団 関西医科学生交響楽団 関西大学OB交響楽団 関西大学交響楽団 関西学院交響楽団 阪堺電車 阪急 阪神 阪神タイガース 阪神フィル 静岡鉄道 飛行機 高松琴平電鉄 高槻フィル JR四国 JR東日本 JR東海 JR西日本

フォト

掲示板

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

カテゴリー

無料ブログはココログ