国鉄奈良機関区

  • Photo_7
    昭和46年に奈良機関区を訪ねています。変わりやすい天気で、晴れていると思ったら急に雨が降ってきて大変な日でした。

THE 大阪駅~特急編~

  • 16
    中高生のころ、大阪駅はまだ日常の中にはなく、特急列車を撮りに行く特別な場所であった。栄光の時代が残っていた大阪駅に発着する特急列車の姿を封じ込めました。

THE 大阪駅~急行編~

  • 1258
    大阪駅に発着する急行を集めてみました。行き先によっては、ディーゼルカーの急行もあり、思えば楽しい駅だったのですね。ご興味の方は写真帖のずっと下にある「甲子園口急行物語」もご覧ください。

昭和45-47年の天王寺駅

  • キハ58 きのくに
    天王寺駅は単に竜華や奈良方面、阪和方面への乗り換え駅だったが、紀勢線ホームは頭端駅として有名だった。 時折、乗り換えの途中、駅撮りなどしていたようだ。

竜華・昭和46年

  • Photo_3
    昭和46年に数回に分けて竜華へ出陣しています。当時の関西線はローカルそのもの、まだまだ煙も多く残っていました。

甲子園口(その周辺)急行物語

  • Photo_7
    甲子園口西方の踏切があったあたり、そのもう少し西側の日通の倉庫前あたりは友人たちとのたまり場でした。陽が暮れるまで電車の通過を楽しんでいました。

京都駅残照・昭和45年前後

  • Photo_3
    昭和45年当時、京都駅へ行く機会は限られていたが、その中で残していた写真の中からいくつかを抜粋した。 京都の寺社、観光地に興味を持つのはもう少し後になった。

西宮を走った国鉄電車特急・昭和45年頃

  • Photo_2
    国鉄時代、地元西宮でもいろいろな電車特急が走っていた。 そのすべてではないが、手元に残る写真のうちからいくつかを抜粋した。

あぁ上野駅 昭和46年

  • 特急やまびこ
    初めて東京へ行った昭和46年、昔の風情の残る上野駅に間に合いました。

神戸市電 最後の日

  • 星電社前
    1971年3月に神戸市電は歴史を閉じました。その最終日に神戸市内の各所で写真に収めましたが、思えば震災前の神戸の街も封じ込めたことになりました。

東海道のんびり行

  • 24
    昭和49年5月に、当時まだ走っていた急行桜島・高千穂に乗って、のんびり東海道を東上しました。そのときの車窓風景をまとめました。

京阪滝井駅 昭和50年

  • Photo_2
    京阪電車は今年、中ノ島新線の開通や電車の塗装変更、さらに往年の名特急1900系の引退と話題に事欠きませんが、ごく普通に走っていた昭和50年の滝井駅の様子はこんな感じでした。

昔日の近江鉄道

  • Photo_4
    近江鉄道は、学生時代からの万葉旅行会で近江蒲生野へ行くときに撮影した程度だった。これはその一連の名残である。 「茜さす紫野行き標野行き野守りは見ずや妹が袖ふる」

マンモス機 EH10

  • 04
    国鉄が作った最大最強のマンモス電気機関車EH10。 今でこそ、8軸の電機はいろいろあるけれど、目に焼きついているのはこの機関車だ。

京都市電

  • 2607
    京都へ行くと市内の移動はたいてい市電だった。 市電だと京都初心者にもわかりやすかった。 たまにバスに乗るとぐるっと市内の引き回しにあったり、とんでもない方向へ走ったりと痛い目に会ったからだ。

きーんてーつ特急

  • Photo_11
    70年代の近鉄特急の白黒写真を集めてみました。点数も少なく恐縮ですが、関西には少ない観光特急の雰囲気だけでも伝えたい。おまけにあおぞら号も何枚か。

近鉄、ちょっと前の車両たち

  • 1413
    1980年代に撮った近鉄の一般車両の中からチョイスしてみた。少し小さいというだけで、なんだか親しみを感じる車両の面白さもある。

野上電鉄、廃止3週間前

  • キハ28
    1994年3月末をもって廃止された野上電鉄を、廃止3週間前に友人の2Aカレチさんと訪れた。併せて周辺の鉄道へも足を運んだので、藤並駅でみた有田鉄道のキハをおまけに追加した。

阪神5314F 愛

  • Img_6204
    阪神電車最古参の5314Fは5550Fの新規参入によっていよいよ引退の時期を迎えた。この前パン貫通幌を持つ古き阪神電車の顔を残す編成を追いかけた。

ゴハチ

  • 16ef58
    今も人気のEF58ばかりを集めました。近所鉄の西宮、武庫川をはじめ大阪駅、少し遠くて下関。元気にゴハチが走り回っていた時代がありました。

琴電 旧型車を並べて

  • Img_0059
    平成10年から出張が多かった四国ですが、何回かは高松に足を運んで琴電を追いました。古い写真がなぜか見つからないので、旧型車が消える数年前からのものばかりです。

RRE様HP掲載一覧

  • 0001601
    ブログ開設以前はRREさんの掲示板への投稿を続けていました。ここに、その投稿画像をまとめましたので、ご笑覧いただければと思います。

島原鉄道2007

  • Img_2046
    去年の3月に出○ついでに諫早駅周辺、島原鉄道、足を少し伸ばして長崎電軌を訪問しました。島原鉄道の一部廃止は残念です。

JR九州の車両たち、諫早駅周辺

  • Img_2023
    ラストランブームになったなは/あかつきもこのころは全然注目されず。九州はいろんな列車があって楽しめます。

長崎は今日も雨

  • Img_2117
    長崎ではすごい雨にあいました。それにもめげず、撮り鉄に励んできました。

名鉄瀬戸線

  • Img_1926
    名鉄瀬戸線に6750系という大手私鉄最後の吊りかけ車が走っていると聞いて訪問しました。2008.03.24

惜別 0系新幹線 

  • 01 相生駅 0系の横顔
    いよいよ平成20年11月末に引退する0系新幹線。山陽路で活躍していた近年の記録です。

四国の気動車

  • 四国は今でも気動車の天国です。その中でも、普通車の運用に供せられる車両を集めてみました。普通車だけにDCより気動車という言い方が似合います。

名鉄にあったレールバス

  • 到着したレールバスからの乗り換え
    名鉄の三河線、猿投の先には西中金まで延びる単線があり、そこには今ではその姿をほとんど見ることが出来ないレールバスがひっそりと走っていました。1987年4月、2Aカレチさんと訪れた記録です。

名鉄揖斐線

  • 512号車内
    1987年4月に2Aカレチさんと名鉄を訪れました。 揖斐線は一時下車した美濃北方駅と黒野駅での写真です。

名鉄の旧型車

  • 103763
    1987年4月 2Aカレチさんと一緒に名鉄を訪れました。 名鉄の本線あたりでもまだまだ吊り掛け車が走っていました。

名鉄岐阜市内線

  • 08
    1987年4月、2Aカレチさんと名鉄を訪れた。岐阜市内線をとりあえず撮影した後、揖斐線へと向かった。

明延鉱山とともに

  • 04_img_0155
    小学生時代、明延鉱山の学校とクラス同士の文通をした。その場所がどこだか全く知らずに居たが1円電車の存在は知っていた。その地を訪れたのは随分大人になってからとなった。

鍛冶屋線~愛と死をみつめて

  • 09_img_0334
    大正12年に全線が開通した鍛冶屋線はJR後の平成2年、その歴史に幕を下ろした。 また、「愛と死をみつめて」で有名なミコこと大島みち子さんはこの沿線の方で、線路を見下ろす小高い岡の上にお墓がある。

EF65 0番台原色+茶ガマ

  • 103_img_2881
    かつて、全国の直流区間ではおなじみだったEF65の0番台も、今では岡山に集結する11機のみである。そのうち、原色を保っているのはわずか4両となった。

美術

2020年3月17日 (火)

大阪歴史博物館 猿描き 森狙仙 三兄弟展 2/27

Dsc01276  Dsc01277  Dsc01322

まだ世間が落ち着いていた2月27日は、地下鉄の谷町4丁目にある大阪歴史博物館で開かれていた猿描き 森狙仙 三兄弟展を見に行ってきました。前日26日からの開催でしたが、コロナウィルスの影響によって数日で開催中止となったので見てきて良かったです。

Dsc01275  Dsc01281

大阪歴史博物館がある一帯は、7世紀中ごろの前期難波宮跡、8世紀の後期難波宮跡があった地域ですが、その前には5世紀ころにあった法円坂遺跡が確認されています。大阪歴史博物館の敷地の一画には、その当時の巨大高床倉庫群のうち1棟を復元されています。また、大阪歴史博物館の中からは難波宮跡の大極殿跡周辺を一望できます。

Dsc01319  Dsc01283

大阪歴史博物館から北側を見ると大阪城、そして生駒山を遠望できます。これらの景色を見るだけでも価値がある場所に博物館が建てられています。

肝心の森狙仙の絵画などは写真撮影できませんでしたが、ふっくらとした柔らかい線で猿や鹿などの動物が描かれていてとても印象的でした。また兄弟それぞれの画業の成果も披露され、とても内容の濃い展示でした。若冲の作品も展示されていただけに、翌々日29日には休止となり、開催3日間だけと短くなった会期が残念です。

101861_2176

青山通 ウルトラセブンが「音楽」を教えてくれた 新潮文庫/読了・・・・・・・・・ウルトラセブンの最終回に使われていた音楽がシューマンのピアノ協奏曲の第1楽章だったことを知った少年が、その演奏を収めたレコードを買うも、テレビで聞いた演奏とは全然違うことに気が付き、同じ楽譜でも演奏する人が変わると受ける印象がぜんぜん変わってくるという、クラシック音楽愛好家がはまり込むルートに乗っかってしまい、その道を人生に選んでしまった結果、音楽関係の仕事を続けておられる著者によるウルトラセブン愛とクラシック音楽愛が詰まった一冊。実際、ウルトラセブンの最終回に使われていた演奏は、リパッティのピアノ、カラヤン指揮フィルハーモニア管弦楽団によるものでした。

2020年3月 2日 (月)

須田剋太展 東大阪市民美術センター その2

Dsc01000  Dsc01003  Dsc01007

2月12日は、東大阪市民美術センターで開催が始まった須田剋太展を見に行ってきました。須田剋太というと、私的には司馬遼太郎の「街道を行く」の挿絵ですので、まずはそれらを紹介します。司馬遼太郎本人、司馬の母親の故郷である竹ノ内街道の様子ですね。そして、これは街道を行くにあったかどうかわかりませんが、東大寺大仏殿を描いたものです。思い切った直線が迫力を生んでいます。

Dsc01001  Dsc01012  Dsc01005

次にカラーのものですが、大仏殿の落慶法要、歌舞伎の暫、舞子ふたりです。画面における赤の効果が印象的な作品です。よく見ると書いているだけではなく、色紙を貼り付けていたりと自由な作風がうかがえます。

Dsc01014  Dsc01013

現代的な作品も並べられていました。こんな力強いアートに接することも珍しいですね。絵の持つ力がストレートに目に飛び込んできます。何が何だかわからないですが、作品の前で釘づけにされてしまいました。

Dsc01019  Dsc01018

書の作品もありました。書いてあることもいかにも作者好みの直截的な内容です。今回の展覧会は新型コロナウィルスの影響もあり、2月末で急きょ終わってしまいましたが、時期を見て改めて開催してほしいものです。

大阪府立江之子島文化芸術創造センターでも、須田剋太の抽象・具象という展覧会が2月28日から開催されていましたが、3月1日から中止されてしまいました。いずれも残念なことですが、仕方のないことなのでしょうね。

513qgqgfgl__sx346_bo1204203200_

風野真知雄 幻の城 大阪夏の陣異聞 祥伝社文庫/読了・・・・・・・・・・・・大阪冬の陣、夏の人における真田幸村の活躍をベースに、八丈島に幽閉されていた宇喜多秀家を救いだし、彼らの戦における展開を面白く小説にした一冊。娯楽小説ではありますが、さもありなんと思わせるストーリーの運びはさすがに風野真知雄かもしれません。2015年に舞台化された原作ということですが、面白いステージが繰り広げられたことでしょう。

2020年3月 1日 (日)

須田剋太展 東大阪市民美術センター その1

Dsc00987  Dsc01032  Dsc00988

2月12日は近鉄東花園駅近くの東大阪市民美術センターで開催されていた須田剋太展を見に行ってきました。司馬遼太郎の街道を行くの挿絵でつと有名な画家の没後30年の特別展です。この建物は花園ラグビー場の真ん前にあって前は広々とした公園になっていて、とても気持ちの良いところにあります。

Dsc00989  Dsc00991  About_kido_gazou01

会場に入ります。とても大きくて立派な淡いグリーンの素地の上に展覧会の文字が並びます。これだけで今回の展覧会の高いセンスを感じさせました。このパネルの隣には須田剋太が来ていたジーンズの上下が飾られています。自画像を見るまでもなくトレードマークのようになっていた、普段から身に着けていたものですね。

Dsc00992  Dsc00993   Dsc00994

そのジーンズの上下がこれです。身なりに気を使わないというか、あまりにも無頓着な感じが伝わります。黒くて太い縁のあるメガネも並べられていました。これだけで、須田剋太を好きな人は吸い込まれてしまうことでしょう。続く

この須田剋太展、3月15日までの開催の予定でしたが、新型コロナウィルスの影響で2月末を持って中止となってしまいました。早めに行っていて正解でした。

2020年1月30日 (木)

なにわの企業が集めた絵画の物語

Dsc00480  Dsc00488  Dsc00497

1月24日は阿波座へ出かけ、大阪府立江之子島文化芸術創造センターで開催中の「なにわの企業が集めた絵画の物語」を見ました。 企業の社長室とかに置かれている美術品を集めた展覧会ですね。ロートレック、須田国太郎、小磯良平、ジョワン・ミロなど。

Dsc00481  Dsc00489  Dsc00483

色々な企業から集めているので、作品の統一感はありませんが、ひとつひとつは逸品ぞろいです。浮世絵から、国貞、広重、東郷青児、一番左はフジタのパリの郊外風景(珍しい)、マリー・ローランサン、ブラマンク、ルオー。

Dsc00482  Dsc00499 

最近はやりのミッシャ(確か堺市にこれを集めたところがあったような)、おなじみシャガールです。次から次へと見知った作風の絵画が出てくるので、うわっ、うわっと声が出そうになります。

Dsc00493  Dsc00498

岡本太郎はこの作品の他、万博ポスターもありました。そして、好みのベルナール・ビュッフェもありました。

会期は2月15日まで、江之子島文化芸術創造センターは地下鉄阿波座駅8番出口を出て西へ1分ほど、入場料500円です。帰るときにアンケートに答えると、招待券を貰えます。

Sim

漱石、賢治、啄木のひとり歩きの愉しみ 辻真先/読了・・・・・・・漱石、賢治、啄木の他、牧水、白秋、熊楠、子規の生涯にスポットのような光を当て、その孤独な人生の部分を平易な文章でつづった一冊。辻真先は決して勿体ぶったような文章は書きませんね。とても好きな作家です。それだけ、読んでいて真意が率直に頭に入ってきます。さらっと読める本ですが、深い内容がしみわたってきます。

2020年1月29日 (水)

阿波座界隈へ

Dsc00505  Dsc00506  Dsc00472

先週1月24日は、大阪の阿波座へふらっと出かけました。このあたりは明治の初めに大阪でも比較的早く新時代が拓かれた場所で、今でも少しだけその名残を見ることができます。それと関係があるかどうかは別として洋館風の家が街中にあったりします。その近くにある日本一おいしい焼きそばの店とか。乗り換えの野田阪神では新居浜行きのバスを見ました。(先日新居浜在住の方から、久しぶりに顔を出せ!との下命がありました)

Dsc00473  Dsc00474  Danbo5122000img600x3851424006743dbq

この日、目的があったのは旧大阪府庁があったところに建っている建物です。明治時代の大阪府庁は、外国に向けての対応もあったのでしょう、開国の影響もあって港に近く運上所(税関)なども整えられた川口町近くの江之子島に設けられました。今残る建物は、その後に建設された工業奨励館、今は和泉市に移された大阪府立産業技術総合研究所(⇒大阪市立工業研究所と統合され大阪産業技術研究所に名称変更)として利用されたものの一部です。

Dsc00475  Dsc00476  Dsc00477

ここは、大阪府立江之子島文化芸術創造センターという長ったらしい名称になっていて、様々な催しや団体の活動拠点となっています。ここで、「なにわの企業が集めた絵画の物語」という展覧会がこの日、1月24日から開催されています。これがやってきた目的でした。続く。

41aam0amqjl__sx293_bo1204203200_

小泉武夫 発酵食品礼讃 文春新書/読了・・・・・・小泉教授お得意の発酵食品、日本にあるその独特の食品の他、視点は世界に広がり、なんとも変わった発酵食品を紹介しています。さらに発酵で作られるお酒にも言及しています。驚きはそれらの発酵食品の多くについてその作り方と食した時の味わいを細かに記載されていることです。この人、そんなのほとんどすべて食ってるんだ!というのはさらに驚きです。

2020年1月14日 (火)

法隆寺金堂壁画写真ガラス原版展 奈良国立博物館

82001465_2549793085345017_30020838839371  81755069_2549793082011684_25838069188793

1月10日はいつもの生駒での野暮用、仕事なんですが、それをこなした後、新春の奈良まちでも歩こうかと近鉄奈良へ来ました。奈良のお知り合いの方から、国立博物館の展示がええよ!の情報もいただきました。お昼を取ったお店の外に国立博物館のポスターがありました。あの法隆寺の金堂壁画のガラス原版が見られるようです。これは行くしかないですね。

82761252_2549793132011679_82313550739013  81551023_2549793152011677_88647771341832

奈良公園、鹿せんべい屋さんの近くにはやはり多くの鹿が集まっています。そして、インバウンドの観光客も大勢、みんな鹿を見てうれしそうです。国立博物館前にも若い雄鹿がいました。

81856116_2549793195345006_78892725982011  81624704_2549793215345004_90270757921562

この日は、春日大社若宮のおん祭りに関する展示もありました。ともに濃い内容の展示を見ることができました。法隆寺金堂壁画の写真ガラス原版が見られるとは思っていませんでしたし、壁画の模写も展示してありました。これらは3月から東京でも公開されるようです。その時は夢殿の百済観音も公開されるようです。

81743454_2549793288678330_33321227645333  82132116_2549793255345000_70389474266814

そのあまりの素晴らしさに図録も買ってしまいました。これがまた内容豊富で素晴らしいものでした。金堂壁画以外にも、文化財を写真で残すことの意義について、江戸城や仏像の写真も紹介されていて、それらも面白かったですね。帰りに旧本館にある仏像館も見てきました。3か月くらいの臭気で展示内容の一部が入れ替えられているとのことで、正倉院展の時とは違った仏像が並んでいました。

51vsq8661xl__ac_ul320_sr222320_

小泉武夫 食あれば楽あり 日経ビジネス人文庫/読了・・・・・・1994年から日経新聞に連載されていたコラムを集成された一冊のようで、これも前にもう一冊あったようです。ここんとこ、小泉武夫を本が続いていますが、読むべき神官の本のストックが無くなり、以前、大阪天満宮の古本市で買ってきた本を読みだしているのです。東京農業大学の先生という専門知識に裏打ちされた食の魅力が滔々と語られています。

2019年12月18日 (水)

泉の広場の「いのちの木」

1_20191218062401  2_20191218062401

春ごろ?から工事中だった梅田の泉の広場の改修が終わったようで、12月初めにオープンしたことを知りました。そこで、いつものディスクユニオンへ行った帰りに立ち寄ってきました。広場の中央には木が生えたようなモニュメントができていました。また、その北側のエリアにはNOMOKAという新しい飲み屋街ができていて、これは利用できそうですね。

Thumbnail_image1_20191218062401  Thumbnail_image10

NOMOKAのどん突きの場所に「いのちの木」という富田菜摘さんの作品が壁に張り付くように展示されていました。こちらも木のモニュメントなのですね。

Thumbnail_image4_20191218062401  Thumbnail_image8  Thumbnail_image5_20191218062401

その「いのちの木」に使われている素材をよく見ると鉄道車両の部品が多く使われています。電車のライトと路線図、速度計、大阪市交通局の局章です。

Thumbnail_image7  Thumbnail_image3_20191218062401  Thumbnail_image2_20191218062401

ついで、市電の手動ブレーキレバーでしょうか、電流計と電圧計、東洋電機製造のマークが入った機器カバーです。

Thumbnail_image6_20191218062401  Thumbnail_image9

扉のナンバーが書いてあるプレート、地下鉄1000系の車両の一部でしょうか、もっと探してみるといろいろな部品があるかもしれませんね。

2019年11月13日 (水)

今年の正倉院展 11/6

Dsc08934  Dsc08936

先週11月6日の午前中はいつもの生駒での野暮用があり、府県境を越えて奈良県内にいました。用事も終わったので、その日の午後は奈良国立博物館で開催中の正倉院展を見に出かけました。生駒市内では紅葉もかなり進んでいて、青空に映えていました。

Dsc08937  Dsc08938

国立博物館の前までくると、待ち時間20分の掲示がありました。目をやると入り口付近に並ぶ人、人、人です。でも土曜、日曜に比べると全然ましとのこと。早々にその列に並ぶこととしました。

Dsc08939  Dsc08940

写真での紹介はできませんが天平の宝物が並んでいました。今回の目玉の一つに大きな鏡がありました。想像していたよりも大きなので、今まで見たものの中でも最大級じゃないかな。きれいな螺鈿の箱もありましたね。

Dsc08941  Dsc08942  Dsc08943

帰りに西大寺駅に来た12200系特急、そして田原本線の赤いのと緑の電車は車庫で休んでいました。

2019年10月31日 (木)

松伯美術館開館25周年記念「日本の心」展

73280266_2473896746267985_42447120984178  75392695_2473896766267983_20967063069487  

昨日10月30日はいつもの生駒での野暮用を終えて、昼からの時間をどうしようかと考えていたところ、駅のチラシでなかなか興味深い展覧会があるのがわかりました。生駒の現地から歩きはじめ、なら山通りをどんどん進み、学園前の松伯美術館までやってきました。

74368172_2473896796267980_31355114152641   75462519_2473896806267979_49675932207593 75388402_2473936042930722_83519704300215

上村松園とその息子の上村松篁の作品、それらの多くはこの美術館にありますが、その他全国に散らばっているものを一堂に集めての展覧会です。しかも有名な序の舞をはじめとする松園の日本画も多く展示され、圧倒的な存在感を示していました。

73084134_2473936096264050_96733418104029  73458783_2473936036264056_14602975478840  74670673_2473936106264049_88904468351565

この美術館がある敷地は、近鉄の会長だった佐伯勇の邸宅跡で、今もその邸宅が残っています。邸宅の公開は土日のみという事で中を見ることはできませんでしたが、その外観は十分に見ることができました。

73302962_2473936156264044_11961511535999

近鉄学園前駅のそばでは、ススキが穂を銀色に光らせながら風に吹かれていました。

2019年8月 7日 (水)

コレクション特集展示 ジャコメッティⅠ 8/3

Eaw83_vu4aa8g5w  

先週8月3日は、猛暑の中、中之島の国立国際美術館へ出かけ、抽象世界という展覧会を見ました。同じ館内でもうひとつ、コレクション展示、つまり収蔵品の展示をしていました。今回は、ジャコメッティのヤナイハラ1というブロンズ彫刻(ネットから)の収蔵を記念した展示です。ヤナイハラとは、哲学者の矢内原伊作で、その親交からモデルを務めていたとのことです。

6_  A02

左の写真もジャコメッティの作品(ネットから)です。すくっと立ったその姿は法隆寺の百済観音像(ネットから)に通じるなぁと思っていると、館内の資料展示に百済観音の説明もありました。やはり、百済観音から霊感を呼び起こされたようですね。百済観音、法隆寺に行くと会うことができますが、その気品ある姿にはいつも感動させられてしまいます。

Collection_02_20190807055301  67481430_2397611343896526_81431006599740

収蔵品の中からは、このカンディンスキー(ネットから)、ピカソ、佐伯祐三、セザンヌ、レオナルド・フジタなどの逸品も展示されていて、癒しの時間となりました。個人的には、館内の壁面に置かれたジョアン・ミロの作品が好みなのですね。猛暑の外とは隔絶された涼しい風の中でしばらくこれを見ていました。

さて、今日はちょいとお泊りでお出かけです。天気がイマイチですが、とにかく行ってみようという事にしていますので。

61oupejgftl__sx344_bo1204203200_

二宮敦人 最後の秘境 東京藝大 天才たちのカオスな日常 新潮文庫/読了・・・・・東大へ入るよりも倍率の高さでは難関となっている東京藝大の学生たちへのルポをまとめた一冊ですが、そこには、美術と音楽の世界に接する学生の気質、行動、将来への展望などで大きな違いが有ることが示されています。また、今の世界では絶滅したかのようなバンカラの精神が息づいているようで、面白かったです。特に芸大祭というのは一度見てみたくなりましたね。

 

その他のカテゴリー

2019四国の旅 JR貨物 Jフィル MIZUMO T-ストリングス かぎろひ歴史探訪 その他 みちのくひとり旅 やまとんくらぶ アイチャンオケ アミーキティア管弦楽団 アンサンブル ラ・ピアチェーレ アンサンブル・アルビレオ アンサンブル・コスモリバティ アンサンブル・ジョワン アンサンブル・ツヴァイ アンサンブル・フリー アンサンブル・ミンネン アンサンブル・ヴィオ ウォーキング鉄 オルガンコンサート オーケストラ・アンサンブル・フォルツァ オーケストラ・クラシック オーケストラ・ソノリテ オーケストラ・ノインテ オーケストラ・ブラヴォー! オーケストラ・ポミエ オーケストラ千里山 オーディオ カメラ カンマーフィルハーモニー京都 カンマーフィルハーモニー神戸 クラシックサロン・アマデウス クラシック音楽 クランクレーデ クレセント室内アンサンブル クレー管弦楽団 グッド・シーズン・アンサンブル グルメ コレギウム・ヨハネス コレギウム夙川管弦楽団 シンフォニア・スピカ セント・マーティン・オーケストラ ゾンアーベント・アンサンブル タリヘーレ四重奏団 ダムカード テレマン室内オーケストラ ディスクユニオン ドイツ紀行 ニイジマ・キネン・オーケストラ ニュージーランド鉄道 ハイマート交響楽団 ハイマート合唱団 バス バッハクライス神戸 バンブスアンサンブル パソコン ファゴット・フェスティバル フェニックスフィル フォンス・フローリス古楽院 ブレスシンフォニーオーケストラ プロ野球 ホール・バルティカ ミモザの会 ミュー室内管弦楽団 メイプルフィル ライブカメラ ラグビー ワンコイン市民コンサート ヴェデルニコフ 万葉 三宝鉄道 上甲ウィンドシンフォニー 上甲子園中学吹奏楽部 交響楽団ひびき 京急 京成 京王 京都フィロムジカ管弦楽団 京都プレザントオーケストラ 京都大学交響楽団 京都工芸繊維大学交響楽団 京阪 伊予鉄 伊予鉄道 伊豆急行 信濃の旅 八尾フィル 六甲フィル 兵庫医科大学医療大学合同オーケストラ_ 兵庫芸術文化センターワンコインコンサート 兵庫芸術文化センター管弦楽団 写真展 切符 初演企画 北摂フィル 北総 千里フィルハーモニア・大阪 南海 卯之町 叡山電車 合唱団 名鉄 吹奏楽 吹奏楽団 吹田市交響楽団 四国詣で 土佐くろしお鉄道 土佐日記 土佐電 地下鉄 堺フィル 夢の国 ニュージーランド 大井川鉄道 大阪センチュリー交響楽団 大阪フィルハーモニー交響楽団 大阪フロイデ合唱団 大阪メトロ 大阪モーツァルトアンサンブル 大阪交響楽団 大阪市営交通局 大阪市営地下鉄 大阪市民管弦楽団 大阪芸術大学管弦楽団 天理シティオーケストラ 奈良女子大管 奈良歩き 学園都市交響楽団 宝塚響 富士急行 寝屋川市民管弦楽団 小田急 尼崎市吹奏楽団 尼崎市民交響楽団 尼崎弦楽アンサンブル 居酒屋 山陽 岡山電軌 嵐電 川西市民オーケストラ 幻想フィル 広島電鉄 廃線跡 待兼交響楽団 指揮者 新京成 新幹線 旅行 日本センチュリー交響楽団 最近のCD 最近のLP 東京佼成ウィンドオーケストラ 東急 東武 枚方フィル 樹フィル 武庫川女子大学音楽学部 歴史探訪 水族館 水間鉄道 江ノ電 父親のアルバムから 甲南大学OB交響楽団 甲南大響 甲南女子大学管弦楽団 白黒懐かし画像 相愛フィルハーモニア 相鉄 神戸アンサンブルソロイスツ 神戸大学響 神戸市地下鉄 神戸電鉄 神戸高校OBオーケストラ 福井鉄道 私の名盤シリーズ 箕面コンセルト室内合奏団 紫苑交響楽団 美術 聖ソフィア・バラ合唱団/合奏団 能・狂言 能勢電 芦屋交響楽団 芦屋室内合奏団 若林顕 落語 蒸気機関車 藤井貴宏 街歩き 衣笠交響楽団 西宮交響楽団 西宮探訪 西武 見仏 豊中市民管弦楽団 豊橋鉄道 近江鉄道 近畿フィルハーモニー管弦楽団 近鉄 遠州鉄道 鉄道 長岡京市民管弦楽団 長崎電軌 長楽庵 関西グスタフ・マーラー交響楽団 関西フィルハーモニー管弦楽団 関西医科学生交響楽団 関西大学OB交響楽団 関西大学交響楽団 関西学院交響楽団 関西SPレコード愛好会 阪堺電車 阪急 阪神 阪神タイガース 阪神フィル 静岡鉄道 須磨フィル 飛行機 高松琴平電鉄 高槻フィル 高槻室内管弦楽団 龍谷大学交響楽団 JR四国 JR東日本 JR東海 JR西日本

フォト

掲示板

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

無料ブログはココログ