国鉄奈良機関区

  • Photo_7
    昭和46年に奈良機関区を訪ねています。変わりやすい天気で、晴れていると思ったら急に雨が降ってきて大変な日でした。

THE 大阪駅~特急編~

  • 16
    中高生のころ、大阪駅はまだ日常の中にはなく、特急列車を撮りに行く特別な場所であった。栄光の時代が残っていた大阪駅に発着する特急列車の姿を封じ込めました。

THE 大阪駅~急行編~

  • 1258
    大阪駅に発着する急行を集めてみました。行き先によっては、ディーゼルカーの急行もあり、思えば楽しい駅だったのですね。ご興味の方は写真帖のずっと下にある「甲子園口急行物語」もご覧ください。

昭和45-47年の天王寺駅

  • キハ58 きのくに
    天王寺駅は単に竜華や奈良方面、阪和方面への乗り換え駅だったが、紀勢線ホームは頭端駅として有名だった。 時折、乗り換えの途中、駅撮りなどしていたようだ。

竜華・昭和46年

  • Photo_3
    昭和46年に数回に分けて竜華へ出陣しています。当時の関西線はローカルそのもの、まだまだ煙も多く残っていました。

甲子園口(その周辺)急行物語

  • Photo_7
    甲子園口西方の踏切があったあたり、そのもう少し西側の日通の倉庫前あたりは友人たちとのたまり場でした。陽が暮れるまで電車の通過を楽しんでいました。

京都駅残照・昭和45年前後

  • Photo_3
    昭和45年当時、京都駅へ行く機会は限られていたが、その中で残していた写真の中からいくつかを抜粋した。 京都の寺社、観光地に興味を持つのはもう少し後になった。

西宮を走った国鉄電車特急・昭和45年頃

  • Photo_2
    国鉄時代、地元西宮でもいろいろな電車特急が走っていた。 そのすべてではないが、手元に残る写真のうちからいくつかを抜粋した。

あぁ上野駅 昭和46年

  • 特急やまびこ
    初めて東京へ行った昭和46年、昔の風情の残る上野駅に間に合いました。

神戸市電 最後の日

  • 星電社前
    1971年3月に神戸市電は歴史を閉じました。その最終日に神戸市内の各所で写真に収めましたが、思えば震災前の神戸の街も封じ込めたことになりました。

東海道のんびり行

  • 24
    昭和49年5月に、当時まだ走っていた急行桜島・高千穂に乗って、のんびり東海道を東上しました。そのときの車窓風景をまとめました。

京阪滝井駅 昭和50年

  • Photo_2
    京阪電車は今年、中ノ島新線の開通や電車の塗装変更、さらに往年の名特急1900系の引退と話題に事欠きませんが、ごく普通に走っていた昭和50年の滝井駅の様子はこんな感じでした。

昔日の近江鉄道

  • Photo_4
    近江鉄道は、学生時代からの万葉旅行会で近江蒲生野へ行くときに撮影した程度だった。これはその一連の名残である。 「茜さす紫野行き標野行き野守りは見ずや妹が袖ふる」

マンモス機 EH10

  • 04
    国鉄が作った最大最強のマンモス電気機関車EH10。 今でこそ、8軸の電機はいろいろあるけれど、目に焼きついているのはこの機関車だ。

京都市電

  • 2607
    京都へ行くと市内の移動はたいてい市電だった。 市電だと京都初心者にもわかりやすかった。 たまにバスに乗るとぐるっと市内の引き回しにあったり、とんでもない方向へ走ったりと痛い目に会ったからだ。

きーんてーつ特急

  • Photo_11
    70年代の近鉄特急の白黒写真を集めてみました。点数も少なく恐縮ですが、関西には少ない観光特急の雰囲気だけでも伝えたい。おまけにあおぞら号も何枚か。

近鉄、ちょっと前の車両たち

  • 1413
    1980年代に撮った近鉄の一般車両の中からチョイスしてみた。少し小さいというだけで、なんだか親しみを感じる車両の面白さもある。

野上電鉄、廃止3週間前

  • キハ28
    1994年3月末をもって廃止された野上電鉄を、廃止3週間前に友人の2Aカレチさんと訪れた。併せて周辺の鉄道へも足を運んだので、藤並駅でみた有田鉄道のキハをおまけに追加した。

阪神5314F 愛

  • Img_6204
    阪神電車最古参の5314Fは5550Fの新規参入によっていよいよ引退の時期を迎えた。この前パン貫通幌を持つ古き阪神電車の顔を残す編成を追いかけた。

ゴハチ

  • 16ef58
    今も人気のEF58ばかりを集めました。近所鉄の西宮、武庫川をはじめ大阪駅、少し遠くて下関。元気にゴハチが走り回っていた時代がありました。

琴電 旧型車を並べて

  • Img_0059
    平成10年から出張が多かった四国ですが、何回かは高松に足を運んで琴電を追いました。古い写真がなぜか見つからないので、旧型車が消える数年前からのものばかりです。

RRE様HP掲載一覧

  • 0001601
    ブログ開設以前はRREさんの掲示板への投稿を続けていました。ここに、その投稿画像をまとめましたので、ご笑覧いただければと思います。

島原鉄道2007

  • Img_2046
    去年の3月に出○ついでに諫早駅周辺、島原鉄道、足を少し伸ばして長崎電軌を訪問しました。島原鉄道の一部廃止は残念です。

JR九州の車両たち、諫早駅周辺

  • Img_2023
    ラストランブームになったなは/あかつきもこのころは全然注目されず。九州はいろんな列車があって楽しめます。

長崎は今日も雨

  • Img_2117
    長崎ではすごい雨にあいました。それにもめげず、撮り鉄に励んできました。

名鉄瀬戸線

  • Img_1926
    名鉄瀬戸線に6750系という大手私鉄最後の吊りかけ車が走っていると聞いて訪問しました。2008.03.24

惜別 0系新幹線 

  • 01 相生駅 0系の横顔
    いよいよ平成20年11月末に引退する0系新幹線。山陽路で活躍していた近年の記録です。

四国の気動車

  • 四国は今でも気動車の天国です。その中でも、普通車の運用に供せられる車両を集めてみました。普通車だけにDCより気動車という言い方が似合います。

名鉄にあったレールバス

  • 到着したレールバスからの乗り換え
    名鉄の三河線、猿投の先には西中金まで延びる単線があり、そこには今ではその姿をほとんど見ることが出来ないレールバスがひっそりと走っていました。1987年4月、2Aカレチさんと訪れた記録です。

名鉄揖斐線

  • 512号車内
    1987年4月に2Aカレチさんと名鉄を訪れました。 揖斐線は一時下車した美濃北方駅と黒野駅での写真です。

名鉄の旧型車

  • 103763
    1987年4月 2Aカレチさんと一緒に名鉄を訪れました。 名鉄の本線あたりでもまだまだ吊り掛け車が走っていました。

名鉄岐阜市内線

  • 08
    1987年4月、2Aカレチさんと名鉄を訪れた。岐阜市内線をとりあえず撮影した後、揖斐線へと向かった。

明延鉱山とともに

  • 04_img_0155
    小学生時代、明延鉱山の学校とクラス同士の文通をした。その場所がどこだか全く知らずに居たが1円電車の存在は知っていた。その地を訪れたのは随分大人になってからとなった。

鍛冶屋線~愛と死をみつめて

  • 09_img_0334
    大正12年に全線が開通した鍛冶屋線はJR後の平成2年、その歴史に幕を下ろした。 また、「愛と死をみつめて」で有名なミコこと大島みち子さんはこの沿線の方で、線路を見下ろす小高い岡の上にお墓がある。

EF65 0番台原色+茶ガマ

  • 103_img_2881
    かつて、全国の直流区間ではおなじみだったEF65の0番台も、今では岡山に集結する11機のみである。そのうち、原色を保っているのはわずか4両となった。

美術

2017年11月 2日 (木)

美術館×植物!? アートで植物採集

1西宮の大谷美術館で、美術館×植物!? アートで植物採集 と題する美術展が行われています。先日、これを見てきましたので、その様子なんぞを紹介しましょう。これは大谷美術館を入ったところのロビーです。いつも癒される景色ですね。

Exh_171007_img03さて、植物採集とありますが、植物に関するアート、絵画の他、焼き物で作られた花などもあり、それらを見て回りながら作品を紹介したカードを集めていくという趣向なのですね。受付で、カードを入れるフォルダーを手渡されました。そんな中には、青山政吉の万葉百景から松代もありました。

2展覧会を見た後は庭の散策です。美術館の建物の回りに創設者の大谷竹次郎さんの自宅であった庭が広がっています。そんな一角にもアート作品が置かれています。これは、見ただけでわかると思いますが、岡本太郎の作品ですね。

2017年1月24日 (火)

日本画に見る四季のうつろい 西宮市大谷記念美術館

Img_9992 西宮市の大谷記念美術館では、「日本画に見る四季のうつろい」と題する展覧会が開かれており、館所蔵の名品が並んでいるとのことで、早速目の保養に行って来ました。
ポスターは意外にあっさりしているかなぁ、左が横山大観の若葉、右が北野恒富の春餘。
 
Img_9989 さて、作品のほうですが、前田青邨、横山大観、橋本関雪、川合玉堂、小倉遊亀、富岡鉄斎、堂本印象、橋本雅邦、菱田春草、上村松園、伊東深水、川端龍子、等々の名人による絵画が並び、圧倒的な存在感にあふれていました。
中でも、川合玉堂の峻峰雨後(1935)は遠近感に富み、清浄な空気感までが感じられ、本日の逸品であると思いました。
 
 
Img_9988 さて、この美術館は庭園もあって、そこを散策するのも魅力のひとつです。
最近、ここのロウバイが花をつけたというのがニュースになっていて、それは美術館入り口の左右に幾本も並んで一足早い春のかおりを漂わせていました。
 
61a6ibgzl_ac_ul320_sr224320_146168_xl 原作 畠中恵 しゃばけ漫画 仁吉の巻、佐助の巻 新潮文庫/読了・・・・・・・しゃばけシリーズを漫画にしたいという漫画家がとっても多いらしく、高橋留美子、萩尾望都、その他有名な漫画家さんが、それぞしゃばけのひと話をもとに作品を競っています。もともと柴田ゆうという漫画家が原作のなかにも漫画のような挿絵を入れているので、そんなに方向性の違いはありませんが、それでも漫画家さんの個性が出ていて面白かったですね。
 
 
 

2016年12月23日 (金)

大山崎山荘美術館 

Tamise_1 今月10日は、大山崎山荘美術館へ出かけ、最後の紅葉と、モネの絵画を堪能してきました。巷では、EF66-27号機がカモレを引っ張って通過するとかで、どの駅もどの踏切も、その他有名なお立ち台では数多くのご同業が出ておられましたが、お構いなくJR山崎駅で下車しました。
 
 
Img_9598 この日は天気も良く、天王山の中腹にあるこの美術館からは、遠く京都市内も見ることができるくらいでしたが、少々風が冷たかったですね。紅葉は本当に見事で、これだけを見に来ても十分価値がありました。もちろん、モネの睡蓮をはじめ、数多くの作品を目にすることができて、初冬の穏やかな一日となりました。
 
711ikvygil_ac_ul320_sr226320_ 関川夏夫 汽車旅放浪記 中公文庫/読了・・・・・・・・汽車旅と言いながら、文学との交わりで、川端康成、林芙美子、太宰治、夏目漱石、内田百閒、そして宮脇俊三の作品や人となりとの邂逅をしみじみとした文章で読ませてくれました。
いい本だなぁと読んでいると、少し前に新潮文庫で出ていたものの焼き直しで、すでに読了していた一冊だったとわかったものの、内容が良かったので、これも良しとしました。

2016年10月 5日 (水)

神戸で松方コレクション

Img_8391_2 先日、神戸市立博物館で開催中の松方コレクションを見に行きました。これは、川崎重工業の前身の川崎造船の社長だった松方幸次郎が主にヨーロッパで買い集めた美術品のうち、絵画、彫刻、浮世絵を約160点展示公開するもので、15世紀以降のヨーロッパ絵画がその中心というもの。
 
Img_8433 モネ、ロートレック、ゴーギャン、ピカソ、セザンヌ、モロー、ムンク、と名前の通った一流どころの作品もあるけれど、その多くは、(小生が知らないだけではあるけれど・・・・)初めて目にする画家のものでしたね。でも、時代を映した大作が多く、目の保養には十分なりました。(写真は展覧会HPから)
 
Img_8434 土曜日でしたが、それほどの混雑もなく、じっくり見ることができました。また、館内の木さ点に入ると、今までここで開催された展覧会の図録が置いてあり、これを見ながら、そして、絵画を何回も見ながら、一日をゆっくり過ごすのも悪くないと思う今日この頃です。(写真は展覧会HPから)
 

2016年7月15日 (金)

浮世絵 楽屋風俗

Dsc018671昨日見てきた、国芳・国貞展では、時代の背景もあって、歌舞伎役者のプロマイド、役者絵ですね。それもかなりありました。当然、絵師と歌舞伎役者とは今のタレントと事務所との関係のようなものがあったのでしょう。ここに楽屋風景を現した浮世絵が2枚あります。この絵は2階建ての建物の様子を写しています。

Dsc01865いずれも有名ところが楽屋の部屋の中央に鎮座している絵柄なのですが、良く見ると、木の床のところではみなさん草鞋を履いたままなのです。いわば、上履きゾーンではないのですね。毛氈を敷いてあるところへは草履を脱いで上がっていますから、そこからは一つの結界ですね。板の間の草履がそのまま外へ出られるものかどうかはわかりませんが、2枚目の中央で大きなお皿を持った人物のように靴に近いものを履いている場合は脱ぐのが難しいでしょうね。

そんなことも思いながら鑑賞していました。

2016年7月14日 (木)

国芳国貞展 神戸市立博物館

Img_7677野暮用の合間を縫って、神戸市立博物館で開催されているボストン美術館所蔵「俺たちの国芳、私の国貞」展を見に行った。先日報告の様に、納屋の整理をしていて出てきた豊原国周の浮世絵以来、こういうのに興味が沸いています。神戸旧居留地に残る異人館、震災前はノザワの本社じゃなかったでしょうか。

Img_7678博物館に入って所にあるポスターです。雰囲気ありますね。今回の展覧会はボストン美術館からやってきたものですが、もともと、浮世絵は日本ではそんなに長期に味わってどうこうしようと思って作ったものではなく、飽きたらほかの用途に転用しようとするくらいの価値しかなかったので使われている絵の具がそれほど耐久性のあるものではありません。

Img_7682そのため、会場は作品の状態を少しでも維持するために室温を20度に設定し、照明もそんなに強くありません。ただ、今月中までは、近頃の展覧会にもみられるようになったストロボ無しで撮影オーケーです。オートフォーカスのピカッとするのも禁止ですのでご注意ください。今回の公開のあとは何十年も非公開になる作品ばかりです。

展示点数も多く、それぞれのカテゴリーにきっちり分けられていて、グループごとでのイメージも把握しやすいので、数多くの作品を見た割には疲れませんでしたよ。ただ、20度と寒いので、一枚上着が必要かも。

2016年6月25日 (土)

浮世絵ふたたび 片岡我當 市川團十郎

Img003昨日の続き、出てきた浮世絵のルーツを訪ねている。ここにあるのは、豊原国周の作品で、まずは片岡我當の稲川である。これは、関取千両幟という話しで相撲を題材にした歌舞伎のもの。片岡我當は、書かれた明治中頃だと三代目ということになり、後に二代目に第九代仁左衛門が追贈されたため、第10代片岡仁左衛門となっている。意固地と負けん気が災いして九代目仁左衛門の襲名披露を台無しにしたことを気に病んで悶死したとある。

Img004ついで、市川團十郎であるが、年代からみて名優と言われた九代目市川團十郎と思われる。明治以降の歌舞伎の隆盛に大きく貢献したということで、劇聖と言われ、単に九代目というとこの團十郎をさすほどとのこと。

このように少し歌舞伎の系譜をいくつか見てみたが、時代に翻弄され、また名跡を継いでいかなければならない環境にある人々の間では様々な葛藤があるようで、その中でそれぞれの人生が見え隠れしていました。

2016年6月24日 (金)

浮世絵のこと 豊原國周

Img0015月18日にアップした話題で、納屋を掃除していたら出てきた浮世絵のことをお知らせしていたかと思いますが、そのうちの一点を紹介します。出てきたのは、豊原國周 の浮世絵です。これは、武蔵という名前が右上に書かれているので、ひょっとしたらそういう名前の花魁のことかもしれませんね。

鉄道でいう、おいらん車 さながらの櫛が髪にこれでもかというくらい刺さっています。ツキジ大金というのは浮世絵の版元でしょうか。眺めていても、細かな描写に飽きることはありません。

203ちょうど今、神戸市博物館では、ボストン美術館所蔵の国貞と国芳の浮世絵 を集めた展覧会が催されています。光にさらされるのが苦手な浮世絵ですから、今回の日本での公開のあとは数十年という単位でまた保管するということですので、お見逃しなくなく。

2016年5月30日 (月)

我が名は鶴亭

Img_7241過日、三宮へ出て、神戸で一番の老舗イタリアンであるドンナロイヤでランチとした。値段は少々お高いものの、さすがに落ち着いた雰囲気と、客の扱いに大変満足した。

思い起こせば、35年ぶりの来店で、震災前はずっと南の大丸の近くだったように思う。高い天井は再現されていたが今の店のほうが調度類も洗練されているように感じた。

Jigyo160129さて、その後市立博物館で開催されていた「我が名は鶴亭」展を見た。今話題の伊藤若冲に影響を与えたとかいうことでその先進性はいかにというところか。

鶴亭(1722~85)は長崎に生まれた江戸中期の黄檗宗の僧で、25歳で還俗すると沈南蘋の弟子の熊斐の弟子になり、写生風の花鳥画を得意とした。池大雅や伊藤若冲にも影響を与えたといわれ、その画風の一端は確かに若冲にもみられる。

A0153490_2231368_2121d02e9755c2bc37c5b4172f6693cba_2さて、鶴亭の絵も特に牡丹図はまるでそこに実在するかのような存在感が素晴らしく、持ち帰りたいほどだった。展示されている鶴亭の作品は、良いものもあるが、なんだか評価に値しないなぁと思わせるものも混在していた。少し残念。そして一方、その時代の流れとして紹介されていた沈南蘋の獅子図、曾我蕭白の鷹図がまた素晴らしかった。

沈南蘋は初めて意識した見たが、上にある獅子の毛並みの滑らかさ、質感、獣としてのぬくもりは圧倒的な迫力があった。蕭白の鷹図も絵の勢いが感じられ、ほかの絵画を圧倒していた。やっぱり違いますよね。

Img_7253若冲は、襖絵の群鶏図が展示されていたがもうすでに墨色が薄れており、鑑賞には耐えられない作品だった。

全体に大変素晴らしい展覧会だったが、今から見たいと思う方がおられても29日に会期は終わっていますのであしからず。

2015年11月 3日 (火)

文化の日 鴨居玲展 in 伊丹

Img_5202今日は伊丹へ行き、白雪酒造が経営する酒蔵を改装したレストランでランチ。前菜、スープ、メイン料理にスペアリブの煮込み、パン、デザート、珈琲というコースでお腹がいっぱいになった。これで1700円はそこそこ立派な内容。車なので、地ビールも地酒もいただけませんでした。

Img_5204食事が終わったので、近くにある伊丹市立美術館で10月末から開催されている鴨居玲展を鑑賞。文化の日ということで、本日は入館料が無料という大サービス、大変結構なことでした。鴨居玲展は、没後30年という記念展で、北海道、東京、金沢とまわって12月まで伊丹で開催されるという日本一周の巡回展覧展である。11月になってここへ来ることを実は楽しみにしていたのです。

Img_520519歳の自画像から、絶筆の自画像まで、鴨居玲の集大成でした。スペイン時代の暗い画像の迫力、最晩年の自画像群の絶望感、絵画からの強いメッセージをいただきました。

その他のカテゴリー

JR貨物 | Jフィル | MIZUMO | T-ストリングス | かぎろひ歴史探訪 | その他 | やまとんくらぶ | アンサンブル ラ・ピアチェーレ | アンサンブル・アルビレオ | アンサンブル・コスモリバティ | アンサンブル・ジョワン | アンサンブル・ツヴァイ | アンサンブル・フリー | アンサンブル・ミンネン | アンサンブル・ヴィオ | ウォーキング鉄 | オルガンコンサート | オーケストラ・アンサンブル・フォルツァ | オーケストラ・ソノリテ | オーケストラ・ノインテ | オーケストラ・ブラヴォー! | オーケストラ・ポミエ | オーケストラ千里山 | オーディオ | カメラ | カンマーフィルハーモニー京都 | クラシックサロン・アマデウス | クラシック音楽 | クランクレーデ | クレセント室内アンサンブル | クレー管弦楽団 | グッド・シーズン・アンサンブル | グルメ | コレギウム・ヨハネス | コレギウム夙川管弦楽団 | セント・マーティン・オーケストラ | ゾンアーベント・アンサンブル | タリヘーレ四重奏団 | ダムカード | テレマン室内オーケストラ | ディスクユニオン | ニイジマ・キネン・オーケストラ | ニュージーランド鉄道 | ハイマート交響楽団 | ハイマート合唱団 | バス | バッハクライス神戸 | バンブスアンサンブル | パソコン | フォンス・フローリス古楽院 | ホール・バルティカ | ミモザの会 | ミュー室内管弦楽団 | メイプルフィル | ライブカメラ | ラグビー | ワンコイン市民コンサート | ヴェデルニコフ | 万葉 | 三宝鉄道 | 上甲ウィンドシンフォニー | 上甲子園中学吹奏楽部 | 交響楽団ひびき | 京急 | 京成 | 京王 | 京都フィロムジカ管弦楽団 | 京都大学交響楽団 | 京阪 | 伊予鉄 | 伊予鉄道 | 伊豆急行 | 六甲フィル | 兵庫医科大学医療大学合同オーケストラ_ | 兵庫芸術文化センター管弦楽団 | 切符 | 初演企画 | 北摂フィル | 北総 | 南海 | 卯之町 | 合唱団 | 吹奏楽 | 吹奏楽団 | 吹田市交響楽団 | 土佐くろしお鉄道 | 土佐日記 | 土佐電 | 地下鉄 | 堺フィル | 夢の国 ニュージーランド | 大井川鉄道 | 大阪センチュリー交響楽団 | 大阪フィルハーモニー交響楽団 | 大阪フロイデ合唱団 | 大阪モーツァルトアンサンブル | 大阪交響楽団 | 大阪市営交通局 | 大阪市営地下鉄 | 大阪市民管弦楽団 | 大阪芸術大学管弦楽団 | 奈良女子大管 | 学園都市交響楽団 | 宝塚響 | 富士急行 | 小田急 | 尼崎市吹奏楽団 | 尼崎市民交響楽団 | 尼崎弦楽アンサンブル | 居酒屋 | 山陽 | 岡山電軌 | 嵐電 | 広島電鉄 | 廃線跡 | 指揮者 | 新京成 | 新幹線 | 旅行 | 日本センチュリー交響楽団 | 最近のCD | 最近のLP | | 東急 | 東武 | 枚方フィル | 武庫川女子大学音楽学部 | 水族館 | 水間鉄道 | 江ノ電 | 父親のアルバムから | 甲南大学OB交響楽団 | 甲南大響 | 甲南女子大学管弦楽団 | 白黒懐かし画像 | 相鉄 | 神戸アンサンブルソロイスツ | 神戸大学響 | 神戸電鉄 | 神戸高校OBオーケストラ | 福井鉄道 | 私の名盤シリーズ | 箕面コンセルト室内合奏団 | 紫苑交響楽団 | 美術 | 聖ソフィア・バラ合唱団/合奏団 | 能勢電 | 芦屋交響楽団 | 芦屋室内合奏団 | | 若林顕 | 落語 | 蒸気機関車 | 藤井貴宏 | 衣笠交響楽団 | 西宮交響楽団 | 西宮探訪 | 見仏 | 豊中市民管弦楽団 | 豊橋鉄道 | 近江鉄道 | 近畿フィルハーモニー管弦楽団 | 近鉄 | 遠州鉄道 | 鉄道 | 長岡京市民管弦楽団 | 長崎電軌 | 長楽庵 | 関西グスタフ・マーラー交響楽団 | 関西フィルハーモニー管弦楽団 | 関西医科学生交響楽団 | 関西学院交響楽団 | 関西SPレコード愛好会 | 阪堺電車 | 阪急 | 阪神 | 阪神タイガース | 静岡鉄道 | 須磨フィル | 飛行機 | 高松琴平電鉄 | 高槻室内管弦楽団 | | 龍谷大学交響楽団 | JR四国 | JR東日本 | JR東海 | JR西日本

フォト

掲示板

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

無料ブログはココログ