国鉄奈良機関区

  • Photo_7
    昭和46年に奈良機関区を訪ねています。変わりやすい天気で、晴れていると思ったら急に雨が降ってきて大変な日でした。

THE 大阪駅~特急編~

  • 16
    中高生のころ、大阪駅はまだ日常の中にはなく、特急列車を撮りに行く特別な場所であった。栄光の時代が残っていた大阪駅に発着する特急列車の姿を封じ込めました。

THE 大阪駅~急行編~

  • 1258
    大阪駅に発着する急行を集めてみました。行き先によっては、ディーゼルカーの急行もあり、思えば楽しい駅だったのですね。ご興味の方は写真帖のずっと下にある「甲子園口急行物語」もご覧ください。

昭和45-47年の天王寺駅

  • キハ58 きのくに
    天王寺駅は単に竜華や奈良方面、阪和方面への乗り換え駅だったが、紀勢線ホームは頭端駅として有名だった。 時折、乗り換えの途中、駅撮りなどしていたようだ。

竜華・昭和46年

  • Photo_3
    昭和46年に数回に分けて竜華へ出陣しています。当時の関西線はローカルそのもの、まだまだ煙も多く残っていました。

甲子園口(その周辺)急行物語

  • Photo_7
    甲子園口西方の踏切があったあたり、そのもう少し西側の日通の倉庫前あたりは友人たちとのたまり場でした。陽が暮れるまで電車の通過を楽しんでいました。

京都駅残照・昭和45年前後

  • Photo_3
    昭和45年当時、京都駅へ行く機会は限られていたが、その中で残していた写真の中からいくつかを抜粋した。 京都の寺社、観光地に興味を持つのはもう少し後になった。

西宮を走った国鉄電車特急・昭和45年頃

  • Photo_2
    国鉄時代、地元西宮でもいろいろな電車特急が走っていた。 そのすべてではないが、手元に残る写真のうちからいくつかを抜粋した。

あぁ上野駅 昭和46年

  • 特急やまびこ
    初めて東京へ行った昭和46年、昔の風情の残る上野駅に間に合いました。

神戸市電 最後の日

  • 星電社前
    1971年3月に神戸市電は歴史を閉じました。その最終日に神戸市内の各所で写真に収めましたが、思えば震災前の神戸の街も封じ込めたことになりました。

東海道のんびり行

  • 24
    昭和49年5月に、当時まだ走っていた急行桜島・高千穂に乗って、のんびり東海道を東上しました。そのときの車窓風景をまとめました。

京阪滝井駅 昭和50年

  • Photo_2
    京阪電車は今年、中ノ島新線の開通や電車の塗装変更、さらに往年の名特急1900系の引退と話題に事欠きませんが、ごく普通に走っていた昭和50年の滝井駅の様子はこんな感じでした。

昔日の近江鉄道

  • Photo_4
    近江鉄道は、学生時代からの万葉旅行会で近江蒲生野へ行くときに撮影した程度だった。これはその一連の名残である。 「茜さす紫野行き標野行き野守りは見ずや妹が袖ふる」

マンモス機 EH10

  • 04
    国鉄が作った最大最強のマンモス電気機関車EH10。 今でこそ、8軸の電機はいろいろあるけれど、目に焼きついているのはこの機関車だ。

京都市電

  • 2607
    京都へ行くと市内の移動はたいてい市電だった。 市電だと京都初心者にもわかりやすかった。 たまにバスに乗るとぐるっと市内の引き回しにあったり、とんでもない方向へ走ったりと痛い目に会ったからだ。

きーんてーつ特急

  • Photo_11
    70年代の近鉄特急の白黒写真を集めてみました。点数も少なく恐縮ですが、関西には少ない観光特急の雰囲気だけでも伝えたい。おまけにあおぞら号も何枚か。

近鉄、ちょっと前の車両たち

  • 1413
    1980年代に撮った近鉄の一般車両の中からチョイスしてみた。少し小さいというだけで、なんだか親しみを感じる車両の面白さもある。

野上電鉄、廃止3週間前

  • キハ28
    1994年3月末をもって廃止された野上電鉄を、廃止3週間前に友人の2Aカレチさんと訪れた。併せて周辺の鉄道へも足を運んだので、藤並駅でみた有田鉄道のキハをおまけに追加した。

阪神5314F 愛

  • Img_6204
    阪神電車最古参の5314Fは5550Fの新規参入によっていよいよ引退の時期を迎えた。この前パン貫通幌を持つ古き阪神電車の顔を残す編成を追いかけた。

ゴハチ

  • 16ef58
    今も人気のEF58ばかりを集めました。近所鉄の西宮、武庫川をはじめ大阪駅、少し遠くて下関。元気にゴハチが走り回っていた時代がありました。

琴電 旧型車を並べて

  • Img_0059
    平成10年から出張が多かった四国ですが、何回かは高松に足を運んで琴電を追いました。古い写真がなぜか見つからないので、旧型車が消える数年前からのものばかりです。

RRE様HP掲載一覧

  • 0001601
    ブログ開設以前はRREさんの掲示板への投稿を続けていました。ここに、その投稿画像をまとめましたので、ご笑覧いただければと思います。

島原鉄道2007

  • Img_2046
    去年の3月に出○ついでに諫早駅周辺、島原鉄道、足を少し伸ばして長崎電軌を訪問しました。島原鉄道の一部廃止は残念です。

JR九州の車両たち、諫早駅周辺

  • Img_2023
    ラストランブームになったなは/あかつきもこのころは全然注目されず。九州はいろんな列車があって楽しめます。

長崎は今日も雨

  • Img_2117
    長崎ではすごい雨にあいました。それにもめげず、撮り鉄に励んできました。

名鉄瀬戸線

  • Img_1926
    名鉄瀬戸線に6750系という大手私鉄最後の吊りかけ車が走っていると聞いて訪問しました。2008.03.24

惜別 0系新幹線 

  • 01 相生駅 0系の横顔
    いよいよ平成20年11月末に引退する0系新幹線。山陽路で活躍していた近年の記録です。

四国の気動車

  • 四国は今でも気動車の天国です。その中でも、普通車の運用に供せられる車両を集めてみました。普通車だけにDCより気動車という言い方が似合います。

名鉄にあったレールバス

  • 到着したレールバスからの乗り換え
    名鉄の三河線、猿投の先には西中金まで延びる単線があり、そこには今ではその姿をほとんど見ることが出来ないレールバスがひっそりと走っていました。1987年4月、2Aカレチさんと訪れた記録です。

名鉄揖斐線

  • 512号車内
    1987年4月に2Aカレチさんと名鉄を訪れました。 揖斐線は一時下車した美濃北方駅と黒野駅での写真です。

名鉄の旧型車

  • 103763
    1987年4月 2Aカレチさんと一緒に名鉄を訪れました。 名鉄の本線あたりでもまだまだ吊り掛け車が走っていました。

名鉄岐阜市内線

  • 08
    1987年4月、2Aカレチさんと名鉄を訪れた。岐阜市内線をとりあえず撮影した後、揖斐線へと向かった。

明延鉱山とともに

  • 04_img_0155
    小学生時代、明延鉱山の学校とクラス同士の文通をした。その場所がどこだか全く知らずに居たが1円電車の存在は知っていた。その地を訪れたのは随分大人になってからとなった。

鍛冶屋線~愛と死をみつめて

  • 09_img_0334
    大正12年に全線が開通した鍛冶屋線はJR後の平成2年、その歴史に幕を下ろした。 また、「愛と死をみつめて」で有名なミコこと大島みち子さんはこの沿線の方で、線路を見下ろす小高い岡の上にお墓がある。

EF65 0番台原色+茶ガマ

  • 103_img_2881
    かつて、全国の直流区間ではおなじみだったEF65の0番台も、今では岡山に集結する11機のみである。そのうち、原色を保っているのはわずか4両となった。

土佐電

2014年10月 9日 (木)

土電のHM車両

Img_9073前回は、土電のいの行の看板を紹介しているが、土電には、ほかにもHMを掲げた車両が走っている。これは、わんぱーくこうち 行きのHMが付いている。これは桟橋5丁目にある高知市立の動物園らしい。今度、行ってみようかな。

Img_9100次は、いのの反対側、ごめんへ行く電車。このHMも、ごめんの「」の字が強調されている。看板が四角で真中が広がっているので、その方が見やすいのでしょうね。はりまや橋からごめんまで、ちょいとした電車旅ですね。

Img_9078トリは、高知駅からはりまや橋を右折し、県庁前まで行くルートの電車。これは今回は初めて気にかけたもので、以前からありましたかねぇ。今回は、乗り鉄四国一周だったので、土電の撮影もあまりしつこくしませんでした。

2014年10月 7日 (火)

土電 タブレット交換

Img_9032伊野を出発した路面電車は、ずっと単線区間を走破する。そうすると、どこかで行き違いしなければならず、その閉塞区間にほかの電車が入らないように信号システムを仕組まなければならないが、この区間では、通票閉塞、すなわちタブレット交換によって確認を行っている。

Img_9033途中の八代信号所での交換がまず行われる。向こうからやってきた、いの行きである。弘前りんごさんからの質問で、「いの」は伊野じゃないのか?ということですが、ここにあるようにサボは「いの」です。これも、「の」の字を少し大きめに書くという伝統があるようです。

Img_9038次に、朝倉駅前でも交換があります。電光掲示では、字の大きさを変えることは無理なようです。ただし、ここでも、「いの」です。さて、この線は、10月1日から土佐電鉄の土佐電ドリームサービスと高知県交通の経営統合により、とさでん交通に承継されるとのこと。そして、八代信号所は、年度内に八代通 - 中山間に新設される中山信号所に電車交換場所を変更されるとのこと、いろいろと変化がありますね。

2014年10月 6日 (月)

土電のレール 線路は続くよどこまでも

Img_9031土電のいの駅から乗車し、一路、宿泊先の西鉄インがあるはりまや橋を目指したが、先頭配置についていると、この土電の線路が面白いので、ずいぶん楽しめた。道路と併走するが、ここではさらに家との間に一本道があるので、線路を渡る自動車もある。

Img_9035この場所は峠越えなので、上下2本の道路と併走して線路が敷かれている。路面電車で勾配を上っていく楽しさ、格別のものでした。しかし、線路と道路の間の溝に自動車でも落っこちたら大変だ。電車も頑張ってそれなりのスビートが出ていた。

Img_9039これは町中に下りてきて、もう完全に線路と道路が一体化していますね。道路市車線の上に線路が敷かれていて、遠慮も何もありません。こんな風景を楽しみながらの1時間でした。

2014年10月 3日 (金)

土電いの駅

Img_9021JRの伊野駅から北西方向へ歩くこと数分、というか、信号を二つ進むと路面電車の線路に当たり、そこから西方向を見ると、土電いの駅が見える。すぐそこという感じだ。で、電車が入ってくるとこういう感じになる。終着駅だが、実にあっけらかんとしているのも好ましい。

Img_9026駅に行って、高知中心部方面を見る。まっすぐ延びるのがそれで、左のほうへ分岐していて、既にポイントが撤去されているのは、もともとこの先に車庫があった名残の路線である。緩やかな坂を上っていき、数百メートル先に車庫があったようだ。

Img_9029土電いの駅は終着駅だけに、路面電車には珍しく駅舎がある。中は観光案内のポスターが数多く貼られていて、地域の人も集まれるようになっている。1時間に3本の運行ですが、発車時刻になるとぞろぞろひとが集まってきましたよ。

今夜は帰りが遅くなる見込みなので、早朝からの更新でした。

2014年6月16日 (月)

土佐詣で その16 桟橋車庫

Img_7873土電に乗って、高知駅のまっ南方向へ行くと、桟橋というエリアに達する。海が近く、きっと有名な桟橋があるか、あったかで誰もが知っている有名な桟橋なのでしょうね。そこの車庫へは事務所へひと声かけるだけで、今では珍しい車庫見学ができるのである。

Img_7874車庫の見学といっても、場内を自由に出入りできるというのではなく、入ってすぐのところに看板があってそこから先へ入ってはいけないことになっている。したがって、そこからは望遠の力を借りて撮影するしかない。よって、撮影といっても、数枚撮ると、もう撮るアングルが無くなってしまうということになるんだなぁ。

Img_7877この車庫でおもしろいものを見つけた。100系、ハートラムの顔に似せた自動販売機の枠ですね。遊び心があって、こういうの好きですね。まだ、暑くなかったので、ここでの飲料購入には至りませんでしたが、記念ボトルとかあったら、絶対に買うでしょうね。

15931道上洋三 おはようパーソナリティ 道上洋三のないしょ話 朝日文庫/読了・・・・・・・朝日放送ラジオ6時半というと、おはようパーソナリティである。学生のころはまだ中村鋭一が放送していたが、働きだしたころからはそれまで深夜放送のヤングリクエストをやっていた道上洋三だった。もうあれから34~5年くらい経ってしまったようだ。ないしょ話というか、こぼれ話だけでも一杯あるのに、もっともっと話題を載せてほしいと、この続きを切望したい。

2014年6月12日 (木)

土佐詣で その15 土電100系

Img_7866高知城とともに土電を撮るという目的を達したが、通過していった新車の100系が程なく戻ってくることが電停のダイヤからわかったので、少し待ってこれに乗ることとした。やってくるところを一枚撮影。電停のホームが狭いのでこれでもなかなか撮影は難しいのです。低床車は、岡山のmomo、阪堺電車の堺トラムに次いで3車両目かなぁ。広島も長崎も最近行ってないしなぁ。

Img_7867乗って見ると、座席は適度にばらついているものの、席の数は車体の長さに比べて決して多いとは言えないですね。それでも、走り初めの加速の感じは、ほかの路面電車にはない鋭いものでした。揺れも少なく、なかなか快適な走りでしたよ。同じ電停からに乗ったおじさん二人も、「初めてだわぁ」と言ってたから、良かったですね。

51mdhtnb2zl__sl500_aa300_鯨統一郎 湯布院・産土神の殺人 作家六波羅一輝の推理 中公文庫/読了・・・・・・・・遠野、沖縄、京都、小樽と各地を回り、今回は湯布院である。相変わらず、推理のストーリーにはあまり興味がないが、軽いタッチで描き進められた文体が好みです。これで現在出版されている六波羅一輝シリーズは一応完読・・・・と思っていたら、もう一冊出ているようです。秩父を舞台にした一冊、早速本屋で探してみようかと思い立った今日この頃です。

2014年6月11日 (水)

土佐詣で その14 お城と路面電車

Img_7844松山では、市役所付近で路面電車と松山城一帯で撮影でき、小生も何回となくその風景をカメラに収めている。高知にも当然、高知城があるわけだが、お城が路面電車と並行して位置しているため、背景としてとらえるのはなかなか難しいかも。

Img_7852それでも、高知市役所前の通りを挟んで、電車の全景は難しいものの、一部を入れて撮影してみようとチャレンジしてみた。ちょうど新車の100系ハートラムがやってきたので、お城とのコラボを撮影。新旧の雰囲気は伝わるだろうか。これがやっとというところか。

Img_7851新車のハートラムは、2002年にアルナ工機で作られた車両で、3つの車体をつないだ連接構造の車両である。今回、これに初めて乗車したので、車内の様子はまた後日に紹介します。

2014年6月 7日 (土)

土佐詣で その10 今日は帰るだけ

Img_7797明けて火曜日はのんびり帰るだけだったので、帰途に就くまでは土電の撮影などで楽しみました。高知駅のコインロッカーに荷物を預けて、駅前に出るとこの目に痛い703号にまだ出会いました。ピンクの路面電車ってなかなかないですね。阪堺にも無かったのでは?

Img_7801はりまや橋では、おきゃく電車として走っている607号が通り過ぎました。高知でおきゃくするというのは、宴会するということらしいのです。おきゃく電車、電車で宴会しながら走るので、そのままの宴会電車ですね。匂いとか付いていないのかな、レ友ファブリーズしているのかもですね。

Img_7805はりまや橋では、この復活塗装の213号にも出会いました。一見、地味ですが、なかなか風合いの良い色で好みです。車両のイメージが落ち着いた感じになって、町にしっくりなじむように思いますが、いかがでしょうか。

2014年6月 6日 (金)

土佐詣で その9 明けて火曜日

Img_77854軒もはしごをして、呑み疲れが残る火曜日の朝、旅の土地でも、いつものように早く目が覚めてしまいます。天気予報は雨、しかも大雨の注意が出ていましたが、窓のカーテンを開けると晴れていました。足元の通りを行く202号と591号。

Img_7793続けて、592号がやってきました。591号と兄弟ですが、車両番号の位置が異なっています。そして、残念ながら、もともと付いていた名鉄時代の特徴的な字体のナンバーは外されていました。土電では、この名鉄グループは、この2両ががんばっているようです。

Img_7786ホテルから真北を見ると、ビルの合間から高知駅が見えます。ちょうど、2000系の特急が到着して停車したところのようです。今度は、9月のバースディ切符が使えるときにやってこようと思っています。

今夜も帰りが遅くなる予定なので、早朝の更新です。なんだか、毎週金曜日はこのパターンだったりして。

2014年5月30日 (金)

土佐詣で その4

Img_7745いざ、高知へということで、到着したものの雨上りのしょぼい天気の中、何とか撮影していましたが、そろそろ初日の納めとなりました。目の前を居酒屋の広告バスが行きます。

葉牡丹という老舗の居酒屋で、はりまや橋交差点から西へ200メートルほど行ったところに、電車通りに面して建っています。

Img_7765カツオのたたき1000円と、高知ではなかなか良心的な価格です。不思議に思われるかもしれませんが、高知では、カツオのたたきは高いのです。しかし、ものが違うというか、ここでしか味わえないものだという認識を今回も改めて確認しました。そのお話はまた今度。

今夜は帰りが遅くなりそうなので、朝の更新です。

その他のカテゴリー

JR貨物 | Jフィル | MIZUMO | T-ストリングス | あおなみ線 | えちぜん鉄道 | かぎろひ歴史探訪 | その他 | みうらじゅん | やまとんくらぶ | アルテムジカ バロック アンサンブル | アンサンブル ラ・ピアチェーレ | アンサンブル・アルビレオ | アンサンブル・コスモリバティ | アンサンブル・ジョワン | アンサンブル・ツヴァイ | アンサンブル・フリー | アンサンブル・ミンネン | アンサンブル・ヴィオ | イッセー尾形 | インターネット | ウォーキング鉄 | オルガンコンサート | オーケストラ・アンサンブル・フォルツァ | オーケストラ・ソノリテ | オーケストラ・ノインテ | オーケストラ・ブラヴォー! | オーケストラ千里山 | オーディオ | カメラ | カンマーフィルハーモニー京都 | クラシックサロン・アマデウス | クラシック音楽 | クランクレーデ | クレー管弦楽団 | グッド・シーズン・アンサンブル | グルメ | コレギウム・ヨハネス | コレギウム夙川管弦楽団 | セント・マーティン・オーケストラ | ゾンアーベント・アンサンブル | タリヘーレ四重奏団 | ダムカード | テレマン室内オーケストラ | ディスクユニオン | ニイジマ・キネン・オーケストラ | ニュージーランド鉄道 | ハイマート交響楽団 | ハイマート合唱団 | バス | バッハクライス神戸 | バンブスアンサンブル | パソコン | フォンス・フローリス古楽院 | ホール・バルティカ | ミモザの会 | ミュー室内管弦楽団 | メイプルフィル | ライブカメラ | ラグビー | ワンコイン市民コンサート | ヴェデルニコフ | 万葉 | 三宝鉄道 | 上甲ウィンドシンフォニー | 上甲子園中学吹奏楽部 | 交響楽団ひびき | 京急 | 京成 | 京王 | 京都フィロムジカ管弦楽団 | 京都大学交響楽団 | 京阪 | 伊予鉄道 | 伊豆急行 | 保存車 | 六甲フィル | 兵庫医科大学医療大学合同オーケストラ_ | 兵庫芸術文化センター管弦楽団 | 切符 | 初演企画 | 北摂フィル | 北総 | 南海 | 卯之町 | 合唱団 | 名指揮者列伝 | 吹奏楽 | 吹田市交響楽団 | 土佐くろしお鉄道 | 土佐日記 | 土佐電 | 地下鉄 | 地方私鉄 | 堺フィル | 夢の国 ニュージーランド | 大井川鉄道 | 大阪センチュリー交響楽団 | 大阪フィルハーモニー交響楽団 | 大阪フロイデ合唱団 | 大阪モーツァルトアンサンブル | 大阪交響楽団 | 大阪市営交通局 | 大阪市営地下鉄 | 大阪市民管弦楽団 | 大阪芸術大学管弦楽団 | 奈良女子大管 | 学園都市交響楽団 | 宝塚響 | 富士急行 | 小田急 | 尼崎市吹奏楽団 | 尼崎市民交響楽団 | 尼崎弦楽アンサンブル | 居酒屋 | 山陽 | 岡山電軌 | 嵐電 | 広島電鉄 | 廃線跡 | 指揮者 | 新京成 | 新幹線 | 旅行 | 日本センチュリー交響楽団 | 映画 | 更新のお知らせ | 最近のCD | 最近のLP | | 東急 | 東武 | 枚方フィル | 武庫川女子大学音楽学部 | 水族館 | 水間鉄道 | 江ノ電 | 父親のアルバムから | 甲南大学OB交響楽団 | 甲南大響 | 甲南女子大学管弦楽団 | 白黒懐かし画像 | 相鉄 | 神戸アンサンブルソロイスツ | 神戸大学響 | 神戸電鉄 | 神戸高校OBオーケストラ | 福井鉄道 | 私の名盤シリーズ | 箕面コンセルト室内合奏団 | 紫苑交響楽団 | 美術 | 聖ソフィア・バラ合唱団/合奏団 | 能勢電 | 芦屋交響楽団 | 芦屋室内合奏団 | | 若林顕 | 落語 | 蒸気機関車 | 藤井貴宏 | 衣笠交響楽団 | 西宮交響楽団 | 西宮探訪 | 見仏 | 豊中市民管弦楽団 | 豊橋鉄道 | 近江鉄道 | 近畿フィルハーモニー管弦楽団 | 近鉄 | 遠州鉄道 | 都筑道夫 | 鉄道 | 鉄道古地図 | 長岡京市民管弦楽団 | 長崎電軌 | 長楽庵 | 関西グスタフ・マーラー交響楽団 | 関西フィルハーモニー管弦楽団 | 関西医科学生交響楽団 | 関西学院交響楽団 | 関西SPレコード愛好会 | 阪堺電車 | 阪急 | 阪神 | 阪神タイガース | 静岡鉄道 | 須磨フィル | 飛行機 | 高松琴平電鉄 | 高槻室内管弦楽団 | | 龍谷大学交響楽団 | JR九州 | JR四国 | JR東日本 | JR東海 | JR西日本

フォト

掲示板

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

無料ブログはココログ