国鉄奈良機関区

  • Photo_7
    昭和46年に奈良機関区を訪ねています。変わりやすい天気で、晴れていると思ったら急に雨が降ってきて大変な日でした。

THE 大阪駅~特急編~

  • 16
    中高生のころ、大阪駅はまだ日常の中にはなく、特急列車を撮りに行く特別な場所であった。栄光の時代が残っていた大阪駅に発着する特急列車の姿を封じ込めました。

THE 大阪駅~急行編~

  • 1258
    大阪駅に発着する急行を集めてみました。行き先によっては、ディーゼルカーの急行もあり、思えば楽しい駅だったのですね。ご興味の方は写真帖のずっと下にある「甲子園口急行物語」もご覧ください。

昭和45-47年の天王寺駅

  • キハ58 きのくに
    天王寺駅は単に竜華や奈良方面、阪和方面への乗り換え駅だったが、紀勢線ホームは頭端駅として有名だった。 時折、乗り換えの途中、駅撮りなどしていたようだ。

竜華・昭和46年

  • Photo_3
    昭和46年に数回に分けて竜華へ出陣しています。当時の関西線はローカルそのもの、まだまだ煙も多く残っていました。

甲子園口(その周辺)急行物語

  • Photo_7
    甲子園口西方の踏切があったあたり、そのもう少し西側の日通の倉庫前あたりは友人たちとのたまり場でした。陽が暮れるまで電車の通過を楽しんでいました。

京都駅残照・昭和45年前後

  • Photo_3
    昭和45年当時、京都駅へ行く機会は限られていたが、その中で残していた写真の中からいくつかを抜粋した。 京都の寺社、観光地に興味を持つのはもう少し後になった。

西宮を走った国鉄電車特急・昭和45年頃

  • Photo_2
    国鉄時代、地元西宮でもいろいろな電車特急が走っていた。 そのすべてではないが、手元に残る写真のうちからいくつかを抜粋した。

あぁ上野駅 昭和46年

  • 特急やまびこ
    初めて東京へ行った昭和46年、昔の風情の残る上野駅に間に合いました。

神戸市電 最後の日

  • 星電社前
    1971年3月に神戸市電は歴史を閉じました。その最終日に神戸市内の各所で写真に収めましたが、思えば震災前の神戸の街も封じ込めたことになりました。

東海道のんびり行

  • 24
    昭和49年5月に、当時まだ走っていた急行桜島・高千穂に乗って、のんびり東海道を東上しました。そのときの車窓風景をまとめました。

京阪滝井駅 昭和50年

  • Photo_2
    京阪電車は今年、中ノ島新線の開通や電車の塗装変更、さらに往年の名特急1900系の引退と話題に事欠きませんが、ごく普通に走っていた昭和50年の滝井駅の様子はこんな感じでした。

昔日の近江鉄道

  • Photo_4
    近江鉄道は、学生時代からの万葉旅行会で近江蒲生野へ行くときに撮影した程度だった。これはその一連の名残である。 「茜さす紫野行き標野行き野守りは見ずや妹が袖ふる」

マンモス機 EH10

  • 04
    国鉄が作った最大最強のマンモス電気機関車EH10。 今でこそ、8軸の電機はいろいろあるけれど、目に焼きついているのはこの機関車だ。

京都市電

  • 2607
    京都へ行くと市内の移動はたいてい市電だった。 市電だと京都初心者にもわかりやすかった。 たまにバスに乗るとぐるっと市内の引き回しにあったり、とんでもない方向へ走ったりと痛い目に会ったからだ。

きーんてーつ特急

  • Photo_11
    70年代の近鉄特急の白黒写真を集めてみました。点数も少なく恐縮ですが、関西には少ない観光特急の雰囲気だけでも伝えたい。おまけにあおぞら号も何枚か。

近鉄、ちょっと前の車両たち

  • 1413
    1980年代に撮った近鉄の一般車両の中からチョイスしてみた。少し小さいというだけで、なんだか親しみを感じる車両の面白さもある。

野上電鉄、廃止3週間前

  • キハ28
    1994年3月末をもって廃止された野上電鉄を、廃止3週間前に友人の2Aカレチさんと訪れた。併せて周辺の鉄道へも足を運んだので、藤並駅でみた有田鉄道のキハをおまけに追加した。

阪神5314F 愛

  • Img_6204
    阪神電車最古参の5314Fは5550Fの新規参入によっていよいよ引退の時期を迎えた。この前パン貫通幌を持つ古き阪神電車の顔を残す編成を追いかけた。

ゴハチ

  • 16ef58
    今も人気のEF58ばかりを集めました。近所鉄の西宮、武庫川をはじめ大阪駅、少し遠くて下関。元気にゴハチが走り回っていた時代がありました。

琴電 旧型車を並べて

  • Img_0059
    平成10年から出張が多かった四国ですが、何回かは高松に足を運んで琴電を追いました。古い写真がなぜか見つからないので、旧型車が消える数年前からのものばかりです。

RRE様HP掲載一覧

  • 0001601
    ブログ開設以前はRREさんの掲示板への投稿を続けていました。ここに、その投稿画像をまとめましたので、ご笑覧いただければと思います。

島原鉄道2007

  • Img_2046
    去年の3月に出○ついでに諫早駅周辺、島原鉄道、足を少し伸ばして長崎電軌を訪問しました。島原鉄道の一部廃止は残念です。

JR九州の車両たち、諫早駅周辺

  • Img_2023
    ラストランブームになったなは/あかつきもこのころは全然注目されず。九州はいろんな列車があって楽しめます。

長崎は今日も雨

  • Img_2117
    長崎ではすごい雨にあいました。それにもめげず、撮り鉄に励んできました。

名鉄瀬戸線

  • Img_1926
    名鉄瀬戸線に6750系という大手私鉄最後の吊りかけ車が走っていると聞いて訪問しました。2008.03.24

惜別 0系新幹線 

  • 01 相生駅 0系の横顔
    いよいよ平成20年11月末に引退する0系新幹線。山陽路で活躍していた近年の記録です。

四国の気動車

  • 四国は今でも気動車の天国です。その中でも、普通車の運用に供せられる車両を集めてみました。普通車だけにDCより気動車という言い方が似合います。

名鉄にあったレールバス

  • 到着したレールバスからの乗り換え
    名鉄の三河線、猿投の先には西中金まで延びる単線があり、そこには今ではその姿をほとんど見ることが出来ないレールバスがひっそりと走っていました。1987年4月、2Aカレチさんと訪れた記録です。

名鉄揖斐線

  • 512号車内
    1987年4月に2Aカレチさんと名鉄を訪れました。 揖斐線は一時下車した美濃北方駅と黒野駅での写真です。

名鉄の旧型車

  • 103763
    1987年4月 2Aカレチさんと一緒に名鉄を訪れました。 名鉄の本線あたりでもまだまだ吊り掛け車が走っていました。

名鉄岐阜市内線

  • 08
    1987年4月、2Aカレチさんと名鉄を訪れた。岐阜市内線をとりあえず撮影した後、揖斐線へと向かった。

明延鉱山とともに

  • 04_img_0155
    小学生時代、明延鉱山の学校とクラス同士の文通をした。その場所がどこだか全く知らずに居たが1円電車の存在は知っていた。その地を訪れたのは随分大人になってからとなった。

鍛冶屋線~愛と死をみつめて

  • 09_img_0334
    大正12年に全線が開通した鍛冶屋線はJR後の平成2年、その歴史に幕を下ろした。 また、「愛と死をみつめて」で有名なミコこと大島みち子さんはこの沿線の方で、線路を見下ろす小高い岡の上にお墓がある。

EF65 0番台原色+茶ガマ

  • 103_img_2881
    かつて、全国の直流区間ではおなじみだったEF65の0番台も、今では岡山に集結する11機のみである。そのうち、原色を保っているのはわずか4両となった。

オーケストラ・アンサンブル・フォルツァ

2017年11月19日 (日)

オーケストラ・アンサンブル・フォルツァ オータムコンサート2017

1東西線で京橋駅に来ると、この駅にもホームドアが設置されていました。なんだか、どんどん増えていますね。大阪の様にお客さんが多いところでの導入が進んでいるのはいいですね。さて、京橋駅で今度は京阪に乗り換えて、門真市のルミエールホールを目指しました。

2今日は、ご招待いただいたオーケストラ・アンサンブル・フォルツァのオータムコンサートです。
ヘンゼルとグレーテルの前奏曲、ピーターと狼、と言う親しみのあるような楽曲の後にストラヴィンスキーの交響曲ハ調とは、渋いプログラムですね。

3指揮者は団内の方のようで特にお名前の記載はありませんでしたが、司会進行とピーターと狼の語りを団内の打楽器担当、山田りささんがされていて、八面六臂のご活躍でした。大阪弁のピーターと狼、大変楽しませていただきました。ストラヴィンスキーは、びしっと決まったアンサンブルで大変引き締まった演奏が展開されました。

2015年10月18日 (日)

オーケストラ・アンサンブル・フォルツァオータムコンサート2015

Img_5020今日は朝から出かけ、京阪電車に乗って、途中駅で撮影を繰り返しながら、最終的に古川橋駅で下車。ルミエール・ホールで開催されたオーケストラ・アンサンブル・フォルツァのオータムコンサート2015を聞いた。京阪電車は塗装も変わったけど、車内のモケットもきれいになっている。

Img_5025今回の演奏会はイギリス音楽というテーマで、まずエルガー編曲によるバッハの幻想曲とフーガBWV537が演奏された。指揮は松永健司郎。丁寧な重奏で音の厚みを重ね、思っていたより重厚な音が鳴った。次いで、吉田円香のチェロによるエルガーのチェロ協奏曲。ナイーブなチェロの音だったが、少し線が細いかも。最終楽章は柔らかい音色が曲想に合っていた。

休憩の後、ヴォーン・ウィリアムスの交響曲第5番が演奏された。多分、初めて聞く曲だったが、印象派の絵画を見るようで、色彩と絶妙な音色に酔いしれた。ここはちょっとヴォーン・ウィリアムスに凝ってみようかと思う。客席も静かに緊張感をもって時間を過ごしていたようだ。良いコンサートでした。

今日はそれよりも古川橋駅前のカレー屋チェーン店で、すっごい美人さんが店員研修受けてたよ。そりゃ、すっごい完璧なべっぴんさん。これが一番の収穫(オイオイ)

2014年10月19日 (日)

オーケストラ・アンサンブル・フォルツァ ハロウィン・コンサート2014

Img_9297快晴の本日、とりあえずカメラをもって近鉄沿線に出ようと鶴橋駅に行くと、もう少しでしまかぜがやってくるということらしい。では、一つだけ前に進んで今里駅でキャッチしたのがこれだ。とりあえず順光で、全編成を入れることができた。そののち、新しい撮影ポイントを確認のため移動したが、それは後報としよう。なかなか良かったです。

Img_2828さて、昼からは、八尾のプリズムホールで開かれたオーケストラ・アンサンブル・フォルツァ のハロウィン・コンサート2014を聞いた。なにが、ハロウィンなのか、あまり理解していないが、魔法使いとゾンビと、地獄の釜が開くような事態のお祭りらしい。それにちなんだ選曲がされていた。それだけでなく、会場をハロウィンの雰囲気に盛り上げようと、様々な趣向が凝らされていた。なかなか大変ですな。

Img_2826オーケストラの面々も、それらしいような、そうでないような恰好で登場し、プロのナレーターの山村雅代のナビゲーションで楽しくコンサートが進められた。ムソルグスキーのはげ山の一夜が原典版で演奏されたのが珍しく、また、なかなか実演に出会わないデュカスの魔法使いの弟子が演奏されるなど、内容も充実した演奏会だった。

アンケートに、フォルツァでは未就学児童にも開放しているがそれについての意見は? ということだったが、総論としては良いのだが、泣き叫ぶ幼児をいつまでも会場に置く父兄というのも、どうなんだかなねぇ?今日みたいなコンサートならまだ許せるけれど、次回は、なになに、あの静謐なメシアンもある???、ご一考願いたいものですな。乳幼児にメシアンわかるかい?常識の線を打ち出してほしいところですが。

2012年5月13日 (日)

オーケストラ・アンサンブル・フォルツァ第16回定期演奏会

Img_8943_3 本日は午前中の野暮用が思いのほか早く終わったので、近鉄沿線へ出かけて撮影していた。その後昼から八尾のプリズムホールで開催されたオーケストラ・アンサンブル・フォルツァの第16回定期演奏会へ足を向けた。今里駅での12200系特急。

Img_8914_2 プログラムは、いずれも団内指揮者の大塚氏によるリストの交響詩「祭典の響き」、菊氏によるショスタコーヴィチの交響曲第9番、そして、松永氏によるブラームスの交響曲第1番という充実したもの。リストは初めて聴く曲だが響きを大切にした秀演。ショスタコーヴィチはゆったりとしたテンポで、この曲の内面に迫る好演。各楽章の意味合いをじっくりと聞かせた。

Img_8917_2 休憩の後のブラームス。出だしをこの早めのテンポで始めると、こんなに曲想が変わるのかと目からうろこの名演奏。これだからアマオケは素晴らしい。全体にテンポは速めで、さわやかな青空の広がる印象をもたらしたブラームスだった。写真は背景にプリズムホールを入れた一枚。車掌がきっちり後方確認していて気持ち良い。阪急はしっかり遂行するが近鉄ではめったに実行しない行為だ。

Srsg260 週刊朝日編集部 司馬遼太郎の戦国Ⅱ 「梟の城」「功名が辻」「馬上少年過ぐ」の世界 朝日文庫/読了・・・・・・司馬遼太郎が小説で作り上げた葛籠重蔵というキャラクターのほか、山内一豊、伊達正宗に加え、タイトルにはないが「箱根の坂」の北条早雲にひかりを当てた一冊。司馬の選んだ歴史上の人物が生き生きと踊っている。ただ、NHKのドラマによって注目されるかどうかということで解析している点は不要かも。

2011年5月22日 (日)

オーケストラ・アンサンブル・フォルツァ第15回定期演奏会

Img_2071 午前中の雨が峠を超え、空気に涼しさが戻った日曜日の午後、新しく買ったスピーカーの試聴もひと段落させ、尼崎のアルカイックホールで行われるオーケストラ・アンサンブル・フォルツァの第15回定期演奏会へと足を運んだ。本日は大曲、マーラーの交響曲第6番「悲劇的」である。今月は、芦屋響、神戸市民響と本日のフォルツァ、3本も6番が演奏されるが、日程の都合で行けるのは今回だけ。それにしても贅沢なプログラムである。

Gustavmahler さて、東日本大震災へ捧げるバッハと、序としてのメンデルスゾーンの「真夏の夜の夢」序曲を終え、休憩ののち、いよいよマーラーの6番がズンズンズンで開始された。指揮はこの楽団ともう4年の付き合いになる永峰大輔。今回は第2楽章と第3楽章の順番を入れ替えたという(それだけではないだろうが)1906/2010年新批評版による演奏だ。第1楽章の後、アンダンテが来るのも違和感を感じたが、もともとマーラーの主旨ということなら仕方が無い。今後こういうスタイルに変わるかも知れないなぁ。オーケストラの熱演は1時間半近くに及び、6番を聞いたという達成感とともに軽い疲労感もぶら下げて帰宅した次第である。とにかく、やるほうも聞くほうも大変な曲である。

ハンマーは2回、かなり強烈だった。多分、芸文定期で使った道具ではないだろうか。

Detail_201104_02 安彦薫 続鉄バカ日記 メディアワークス文庫/読了・・・・・鉄道オタクの義兄を日常生活に抱え込んだ主人公の苦労とそれが意外な事件の解決につながっていくという、ストーリーは単純だが、こういうことは起こりうるかも知れないなァと思ってしまうところがある。餘部鉄橋の廃止と絡めて、後味はほのぼのとさせられる。

2010年10月24日 (日)

オーケストラ・アンサンブル・フォルツァ オータム・コンサート2010

Img_1410 雨が降り始める前に、近鉄八尾駅前のプリズムホールへ飛び込んだ。オーケストラ・アンサンブル・フォルツァのオータム・コンサート2010を聞く為である。今回は関東からお越しの月影さんをご同行し、伊福部昭の作品を堪能する予定だったが、事前に演奏順を確認すると、一番最後とのこと。新幹線の都合もあり、月影さんには聞いていただけなく、残念なこととなった。その分、気合を入れて小生が聴いた次第である。八尾西武百貨店からプリズムホールと近鉄特急を臨む。

Akutagawa1 さて、本日はまず芥川也寸志の交響管弦楽の為の音楽から始まった。この新時代を予感させた曲も、今では懐かしい。金管の頑張りもあって、しょっぱなから日本音楽に堪能した。指揮は団内指揮者の池田俊明。芥川さんは長く芦屋交響楽団の面倒をみられ、幾度と無くその指揮に接したので、あわせて懐かしい。

Ravel 次いで、鈴木愛子のピアノでラヴェルのピアノ協奏曲が奏された。指揮はやはり団内指揮者の松永健司郎(かっこええ名前やな!)。この人のピアノの音は実に透明感があって、曲想にあっていた。楽曲全体もがっちり押えておられたようで、自由な展開が自信を持って進められたようだ。難しいバックの支えも失敗を恐れずチャレンジしていくオーケストラの頑張りがあった。アマチュアはこれで良い。アマチュアの本道である。

Medium_image_file_url 休憩を挟んでいよいよ伊福部昭のシンフォニア・タブカーラである。この伊福部の唯一の交響曲は映画で使われた様々なフレーズが混載されていて、実に楽しい。曲想全体も骨太な構成感を伝える。聴き応え満点の曲を金管がしっかり支えて熱い演奏となった。指揮の池田氏も熱演。

Img_1411 アンコールは松永氏でクープランの墓からメヌエット、それで終わりかと思ったら、お決まりのように池田氏に棒が替わり、伊福部のSF交響ファンタジー第1番、ゴジラのテーマ他で締めくくった。やっぱり、これを聴かないとスムーズには帰れなかったね。感謝、感謝のフォルツァでした。

133391 石川英輔 江戸人と歩く東海道五十三次 新潮文庫/読了・・・・・江戸時代の東海道の旅の様子を様々な資料からわかりやすく解説している。雰囲気も伝わってくるし、あの結構いい加減な時代の様子もほほえましい。実際にこういうものだったという気がしてくるから不思議だ。面白かったのは、江戸自体の人はみんな左側通行だったということ。絵を見るとみんなそうだね。

その他のカテゴリー

2019四国の旅 JR貨物 Jフィル MIZUMO T-ストリングス かぎろひ歴史探訪 その他 みちのくひとり旅 やまとんくらぶ アイチャンオケ アミーキティア管弦楽団 アンサンブル ラ・ピアチェーレ アンサンブル・アルビレオ アンサンブル・コスモリバティ アンサンブル・ジョワン アンサンブル・ツヴァイ アンサンブル・フリー アンサンブル・ミンネン アンサンブル・ヴィオ ウォーキング鉄 オルガンコンサート オーケストラ・アンサンブル・フォルツァ オーケストラ・クラシック オーケストラ・ソノリテ オーケストラ・ノインテ オーケストラ・ブラヴォー! オーケストラ・ポミエ オーケストラ千里山 オーディオ カメラ カンマーフィルハーモニー京都 カンマーフィルハーモニー神戸 クラシックサロン・アマデウス クラシック音楽 クランクレーデ クレセント室内アンサンブル クレー管弦楽団 グッド・シーズン・アンサンブル グルメ コレギウム・ヨハネス コレギウム夙川管弦楽団 シンフォニア・スピカ セント・マーティン・オーケストラ ゾンアーベント・アンサンブル タリヘーレ四重奏団 ダムカード テレマン室内オーケストラ ディスクユニオン ドイツ紀行 ニイジマ・キネン・オーケストラ ニュージーランド鉄道 ハイマート交響楽団 ハイマート合唱団 バス バッハクライス神戸 バンブスアンサンブル パソコン ファゴット・フェスティバル フェニックスフィル フォンス・フローリス古楽院 プロ野球 ホール・バルティカ ミモザの会 ミュー室内管弦楽団 メイプルフィル ライブカメラ ラグビー ワンコイン市民コンサート ヴェデルニコフ 万葉 三宝鉄道 上甲ウィンドシンフォニー 上甲子園中学吹奏楽部 交響楽団ひびき 京急 京成 京王 京都フィロムジカ管弦楽団 京都プレザントオーケストラ 京都大学交響楽団 京都工芸繊維大学交響楽団 京阪 伊予鉄 伊予鉄道 伊豆急行 信濃の旅 八尾フィル 六甲フィル 兵庫医科大学医療大学合同オーケストラ_ 兵庫芸術文化センター管弦楽団 切符 初演企画 北摂フィル 北総 千里フィルハーモニア・大阪 南海 卯之町 叡山電車 合唱団 名鉄 吹奏楽 吹奏楽団 吹田市交響楽団 四国詣で 土佐くろしお鉄道 土佐日記 土佐電 地下鉄 堺フィル 夢の国 ニュージーランド 大井川鉄道 大阪センチュリー交響楽団 大阪フィルハーモニー交響楽団 大阪フロイデ合唱団 大阪メトロ 大阪モーツァルトアンサンブル 大阪交響楽団 大阪市営交通局 大阪市営地下鉄 大阪市民管弦楽団 大阪芸術大学管弦楽団 天理シティオーケストラ 奈良女子大管 奈良歩き 学園都市交響楽団 宝塚響 富士急行 寝屋川市民管弦楽団 小田急 尼崎市吹奏楽団 尼崎市民交響楽団 尼崎弦楽アンサンブル 居酒屋 山陽 岡山電軌 嵐電 川西市民オーケストラ 幻想フィル 広島電鉄 廃線跡 待兼交響楽団 指揮者 新京成 新幹線 旅行 日本センチュリー交響楽団 最近のCD 最近のLP 東京佼成ウィンドオーケストラ 東急 東武 枚方フィル 樹フィル 武庫川女子大学音楽学部 水族館 水間鉄道 江ノ電 父親のアルバムから 甲南大学OB交響楽団 甲南大響 甲南女子大学管弦楽団 白黒懐かし画像 相愛フィルハーモニア 相鉄 神戸アンサンブルソロイスツ 神戸大学響 神戸市地下鉄 神戸電鉄 神戸高校OBオーケストラ 福井鉄道 私の名盤シリーズ 箕面コンセルト室内合奏団 紫苑交響楽団 美術 聖ソフィア・バラ合唱団/合奏団 能・狂言 能勢電 芦屋交響楽団 芦屋室内合奏団 若林顕 落語 蒸気機関車 藤井貴宏 衣笠交響楽団 西宮交響楽団 西宮探訪 西武 見仏 豊中市民管弦楽団 豊橋鉄道 近江鉄道 近畿フィルハーモニー管弦楽団 近鉄 遠州鉄道 鉄道 長岡京市民管弦楽団 長崎電軌 長楽庵 関西グスタフ・マーラー交響楽団 関西フィルハーモニー管弦楽団 関西医科学生交響楽団 関西大学交響楽団 関西学院交響楽団 関西SPレコード愛好会 阪堺電車 阪急 阪神 阪神タイガース 阪神フィル 静岡鉄道 須磨フィル 飛行機 高松琴平電鉄 高槻フィル 高槻室内管弦楽団 龍谷大学交響楽団 JR四国 JR東日本 JR東海 JR西日本

フォト

掲示板

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ