国鉄奈良機関区

  • Photo_7
    昭和46年に奈良機関区を訪ねています。変わりやすい天気で、晴れていると思ったら急に雨が降ってきて大変な日でした。

THE 大阪駅~特急編~

  • 16
    中高生のころ、大阪駅はまだ日常の中にはなく、特急列車を撮りに行く特別な場所であった。栄光の時代が残っていた大阪駅に発着する特急列車の姿を封じ込めました。

THE 大阪駅~急行編~

  • 1258
    大阪駅に発着する急行を集めてみました。行き先によっては、ディーゼルカーの急行もあり、思えば楽しい駅だったのですね。ご興味の方は写真帖のずっと下にある「甲子園口急行物語」もご覧ください。

昭和45-47年の天王寺駅

  • キハ58 きのくに
    天王寺駅は単に竜華や奈良方面、阪和方面への乗り換え駅だったが、紀勢線ホームは頭端駅として有名だった。 時折、乗り換えの途中、駅撮りなどしていたようだ。

竜華・昭和46年

  • Photo_3
    昭和46年に数回に分けて竜華へ出陣しています。当時の関西線はローカルそのもの、まだまだ煙も多く残っていました。

甲子園口(その周辺)急行物語

  • Photo_7
    甲子園口西方の踏切があったあたり、そのもう少し西側の日通の倉庫前あたりは友人たちとのたまり場でした。陽が暮れるまで電車の通過を楽しんでいました。

京都駅残照・昭和45年前後

  • Photo_3
    昭和45年当時、京都駅へ行く機会は限られていたが、その中で残していた写真の中からいくつかを抜粋した。 京都の寺社、観光地に興味を持つのはもう少し後になった。

西宮を走った国鉄電車特急・昭和45年頃

  • Photo_2
    国鉄時代、地元西宮でもいろいろな電車特急が走っていた。 そのすべてではないが、手元に残る写真のうちからいくつかを抜粋した。

あぁ上野駅 昭和46年

  • 特急やまびこ
    初めて東京へ行った昭和46年、昔の風情の残る上野駅に間に合いました。

神戸市電 最後の日

  • 星電社前
    1971年3月に神戸市電は歴史を閉じました。その最終日に神戸市内の各所で写真に収めましたが、思えば震災前の神戸の街も封じ込めたことになりました。

東海道のんびり行

  • 24
    昭和49年5月に、当時まだ走っていた急行桜島・高千穂に乗って、のんびり東海道を東上しました。そのときの車窓風景をまとめました。

京阪滝井駅 昭和50年

  • Photo_2
    京阪電車は今年、中ノ島新線の開通や電車の塗装変更、さらに往年の名特急1900系の引退と話題に事欠きませんが、ごく普通に走っていた昭和50年の滝井駅の様子はこんな感じでした。

昔日の近江鉄道

  • Photo_4
    近江鉄道は、学生時代からの万葉旅行会で近江蒲生野へ行くときに撮影した程度だった。これはその一連の名残である。 「茜さす紫野行き標野行き野守りは見ずや妹が袖ふる」

マンモス機 EH10

  • 04
    国鉄が作った最大最強のマンモス電気機関車EH10。 今でこそ、8軸の電機はいろいろあるけれど、目に焼きついているのはこの機関車だ。

京都市電

  • 2607
    京都へ行くと市内の移動はたいてい市電だった。 市電だと京都初心者にもわかりやすかった。 たまにバスに乗るとぐるっと市内の引き回しにあったり、とんでもない方向へ走ったりと痛い目に会ったからだ。

きーんてーつ特急

  • Photo_11
    70年代の近鉄特急の白黒写真を集めてみました。点数も少なく恐縮ですが、関西には少ない観光特急の雰囲気だけでも伝えたい。おまけにあおぞら号も何枚か。

近鉄、ちょっと前の車両たち

  • 1413
    1980年代に撮った近鉄の一般車両の中からチョイスしてみた。少し小さいというだけで、なんだか親しみを感じる車両の面白さもある。

野上電鉄、廃止3週間前

  • キハ28
    1994年3月末をもって廃止された野上電鉄を、廃止3週間前に友人の2Aカレチさんと訪れた。併せて周辺の鉄道へも足を運んだので、藤並駅でみた有田鉄道のキハをおまけに追加した。

阪神5314F 愛

  • Img_6204
    阪神電車最古参の5314Fは5550Fの新規参入によっていよいよ引退の時期を迎えた。この前パン貫通幌を持つ古き阪神電車の顔を残す編成を追いかけた。

ゴハチ

  • 16ef58
    今も人気のEF58ばかりを集めました。近所鉄の西宮、武庫川をはじめ大阪駅、少し遠くて下関。元気にゴハチが走り回っていた時代がありました。

琴電 旧型車を並べて

  • Img_0059
    平成10年から出張が多かった四国ですが、何回かは高松に足を運んで琴電を追いました。古い写真がなぜか見つからないので、旧型車が消える数年前からのものばかりです。

RRE様HP掲載一覧

  • 0001601
    ブログ開設以前はRREさんの掲示板への投稿を続けていました。ここに、その投稿画像をまとめましたので、ご笑覧いただければと思います。

島原鉄道2007

  • Img_2046
    去年の3月に出○ついでに諫早駅周辺、島原鉄道、足を少し伸ばして長崎電軌を訪問しました。島原鉄道の一部廃止は残念です。

JR九州の車両たち、諫早駅周辺

  • Img_2023
    ラストランブームになったなは/あかつきもこのころは全然注目されず。九州はいろんな列車があって楽しめます。

長崎は今日も雨

  • Img_2117
    長崎ではすごい雨にあいました。それにもめげず、撮り鉄に励んできました。

名鉄瀬戸線

  • Img_1926
    名鉄瀬戸線に6750系という大手私鉄最後の吊りかけ車が走っていると聞いて訪問しました。2008.03.24

惜別 0系新幹線 

  • 01 相生駅 0系の横顔
    いよいよ平成20年11月末に引退する0系新幹線。山陽路で活躍していた近年の記録です。

四国の気動車

  • 四国は今でも気動車の天国です。その中でも、普通車の運用に供せられる車両を集めてみました。普通車だけにDCより気動車という言い方が似合います。

名鉄にあったレールバス

  • 到着したレールバスからの乗り換え
    名鉄の三河線、猿投の先には西中金まで延びる単線があり、そこには今ではその姿をほとんど見ることが出来ないレールバスがひっそりと走っていました。1987年4月、2Aカレチさんと訪れた記録です。

名鉄揖斐線

  • 512号車内
    1987年4月に2Aカレチさんと名鉄を訪れました。 揖斐線は一時下車した美濃北方駅と黒野駅での写真です。

名鉄の旧型車

  • 103763
    1987年4月 2Aカレチさんと一緒に名鉄を訪れました。 名鉄の本線あたりでもまだまだ吊り掛け車が走っていました。

名鉄岐阜市内線

  • 08
    1987年4月、2Aカレチさんと名鉄を訪れた。岐阜市内線をとりあえず撮影した後、揖斐線へと向かった。

明延鉱山とともに

  • 04_img_0155
    小学生時代、明延鉱山の学校とクラス同士の文通をした。その場所がどこだか全く知らずに居たが1円電車の存在は知っていた。その地を訪れたのは随分大人になってからとなった。

鍛冶屋線~愛と死をみつめて

  • 09_img_0334
    大正12年に全線が開通した鍛冶屋線はJR後の平成2年、その歴史に幕を下ろした。 また、「愛と死をみつめて」で有名なミコこと大島みち子さんはこの沿線の方で、線路を見下ろす小高い岡の上にお墓がある。

EF65 0番台原色+茶ガマ

  • 103_img_2881
    かつて、全国の直流区間ではおなじみだったEF65の0番台も、今では岡山に集結する11機のみである。そのうち、原色を保っているのはわずか4両となった。

夢の国 ニュージーランド

2015年11月20日 (金)

5年前の今日 NZへの旅

0235年前の今日は、ニュージーランドのクライストチャーチにいた。前日の14時に関西空港を離陸したNZ-AirのB767は赤道を越え、真夜中にオークランドで乗り継ぎ、早朝にクライストチャーチの空港に降り立った。写真はオークランドまで乗せてもらったNZ-Air機。

140到着した日は寝不足でもあり、フラフラだったが、それでも近くの鉄道を見に行き、ダイヤも何もわからなかったが、夕方に中心部へ向かう列車一本を撮影。NZでの初めての鉄道写真となった。空港から中心部へ向かう途中、トラムを見かけたが、それは撮るまでには行かなかった。

180夜は、トラムのレストランカーに乗って、周回する路線を2周。トラムで食べて飲んでの楽しい時間を過ごした。仕事を辞めたら、一か月くらいNZに行って、のら羊氏と楽しく有意義な時間を過ごす予定だったが、彼の死によって、それもかなわなくなってしまった。大きな予定変更を強いられていると思う今日この頃である。

2012年12月 7日 (金)

追悼 のら羊ミカエル大天使大兄

本日は全く個人的な内容でお許しを願いたい。尤も、ブログは個人的なものというわけだけど。

142 2010年11月にニュージーランドへ行ったときにお世話になったのら羊大兄が亡くなられたとの報があった。小生とは平成9年の能勢のダイオキシン汚染騒ぎ以来のお付き合いで、仕事を離れ、個人的なお付き合いをいただいていた。それから数年後、難病で奥様を亡くされる不幸に見舞われたが、生前の約束でお二人の思い出の地、ニュージーランドへの移住を決められ、現地で英語を学び、退職金で入手した家で下宿屋を営んでいた。その後、縁あって14歳年下のロシア人の奥様を娶られ、平穏な生活をされていた。

Imgp1112 しかし、一昨年、日本への帰国の折りの検査で前立腺ガンが発覚、その後胆管癌や肝臓への転移もあって、11月24日にシンガポールで大きな手術を受けられることとなっていたが、経緯は不明だが、今月初めに逝去されたものとのこと。真に友達が逝ってしまったのは初めてで、たいへん堪えている。

上はニュージーランド、クライストチャーチ近郊ののランギオラという駅で撮影しているのら羊氏。下は、その撮られた写真の一枚。ミカエル大天使は、奥様とロシア正教への入信をされた時の名前だと聞いている。

2011年11月24日 (木)

NZ Railways オタゴ アウリポ 廃線

Img_5956 ニュージーランド鉄道の景色を配した今年のカレンダーから、オタゴのアウリポの鉄橋の写真を載せる。この列車はダニーデンから発車し、内陸のミドルマーチへ至る線区であったが、1990年4月に廃止となった。

Otago_2562 Otago_2564 この地を2009年に訪れ、現地の詳報をされている方がいる。海外の廃線跡を訪れるとはなんと稀有なことか、どこにその根っこがあるのかはわからないが、こういう時に役に立つ。よほど大昔の様子と現在のさびしい鉄橋の写真があったので借りてきた。廃線は、いつ、どこのを見てもさびしい。

2011年6月13日 (月)

またまたNZ クライストチャーチで地震

またまた、クライストチャーチで地震があったようだ。9日に帰国されたところののら羊さんのブログには生々しい様子が書き込まれた。

車を運転していたら、何かが側面を押して蛇行しているような感覚があり、停車すると、電柱が架線とともに大きく揺れていた。

家に帰ってきて全員揃ってくつろいでいると、二回目の揺れが来た。
なんとか立っていられるという感じの揺れであったが、揺れの時間が短かかったのが幸いだった。


午後1時にマグニチュードが5.5で震源の深さが9kmの地震があり、その後、2時20分にマグニチュードが6.0で深さ10kmのほぼ直下型の地震があり、いくつかのビルが崩れたり、噴砂現象や液状化現象に伴う洪水が起きたりしたようだ。

報道されている映像を見ていると、死者が出なかったのが不思議なくらいのダメージがでているようだし、非常事態宣言を出すかどうかの協議も始まったみたいである。

日本での報道は以下のとおり。

【ジャカルタ支局】米地質調査所(USGS)の観測によると、ニュージーランド南島のクライストチャーチ付近で、13日午後2時20分(日本時間同日午前11時20分)ごろ、マグニチュード(M)6・0の地震があった。

 その1時間20分前にもM5・2の地震があり、AP通信によると、2回の地震で少なくとも6人が負傷した。建物の被害も出ている模様だ。また、同市東部を中心に、約1万世帯で停電している。

201106_13_02_a0093802_20493268 今日はのら羊さんのブログをほとんどパチった。(いただきました)

2011年5月28日 (土)

ニュージーランドから届いたもの

Img58769106 Img59000738 前年、ニュージーランドでお世話になったのら羊さんが所用で一時帰国され、本日ランチをご一緒するとともに、頼んでおいたニュージーランドワインとチョコレートを受け取った。ワインは日本では希少価値が大変高いペガサスベイというワイナリーのシャルドネとリースリングの2本。うれしいなぁ。

Macadamia Hazelnut それと、前回もお願いしていたマカデミアナッツ入りのホワイトチョコと、今回は別にヘーゼルナッツ入りのチョコである。チョコというと、ゴデイバなどのベルギー系が有名だが、このWhittaker'sというメーカーのものは、特に美味で、今回お願いしたヘーゼルナッツのものはカカオの香りの素晴らしさでは、日本のものやゴディバのものを相当抜いている。

http://www.shopnewzealand.co.nz/ja/c/%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%BC_WHITTAKERS

チョコ好きの停看聴さん、Trazomさん、ニュージーランドチョコに注目ですよ。現地での値段は上のサイトに書いてある3分の1くらいです。

2011年4月13日 (水)

ニュージーランドの朝食 in NZ

Imgp1706 クライストチャーチでは、のら羊さんの御宅に居たので、いわば市民生活の中で暮らしていたわけである。これはある日の朝食メニュー。ドライフルーツに、味噌汁?スープかな、それに目玉焼き。その他ライ麦パン。ミルクの容器はかなりでかい。

Imgp1707 いたって普通の食事だが、ドライフルーツの中にイチジクがあった。イチジクを乾燥したものは、今まで見たり聞いたりしたところでは、どうもシルクロード全体に広まっているのではないだろうかという印象だ。ニュージーランドにも飛んでいたということ。

Imgp1708 いろいろと紹介したニュージーランド紀行もこれで一旦終了。ブログに載せている間にクライストチャーチでは大きな地震に見舞われ多くの人命が失われた。全くもって、悲しい出来事であった。いずれ復活の日がやってくるのを祈るばかりである。

51zyxiqga0l__bo2204203200_pisitbsti 都筑道夫 さかしま砂絵 うそつき砂絵 なめくじ長屋捕物さわぎ 光文社時代小説文庫/読了・・・・・・・わが国の文学史上最高位に位置するシリーズもこれで終わり。なんだか名残惜しいが、これでこのシリーズの読破は3回目か4回目。今まで出版された文庫はすべて持っている。ファンとはこういうものだ。

2011年4月 8日 (金)

ニュージーランドの弊ブログ管理人 その5 in NZ

Imgp1553 Imgp1554 さて、ニュージーランドは、なんともすごい自然あふれる国だった。山の駅近くの駐車場では、ケアと呼ばれる大型のオウムがいた。人には馴れているが、全く野生のものだ。ただ、馴れ馴れしいという感じまでしたけれど。

Imgp1564 のら羊さんには、お花畑でポーズを取る小生の後姿も撮られていた。本当は何もポーズをとったわけではなく、遠くを走りさる貨物列車を確認しているのである。もう少し、アーサーズ・パスの駅にいたら撮れたのになぁ・・・・との残念ポーズ。

Imgp1582 そして、山の中の湖でみんなが遊んでいるのだが、小生は椅子に座ってゆったりとした時間を過ごしていたのである。この湖の静けさは日本では体験できないものだった。音が無いというのも本当はすごい自然なのだ。

2011年4月 6日 (水)

ニュージーランドの弊ブログ管理人その4 in NZ

Imgp1489 クライストチャーチ駅からアーサーズパス駅まで乗車したトランツアルパインの列車の乗車時にものら羊さんに撮られていた。

クライストチャーチ駅のカウンターはひとりひとり確実に切符の手渡しが出来るように大きなしきりで区切られていた。

Imgp1490 クライストチャーチ駅は、不要なものを取り去ったさっぱりとした造作で、実に機能的だった。これも客扱いがほとんど無いということの反映かも知れない。これから列車に乗り込もうとしている小生の後姿である。

Imgp1502 Imgp1505 そして、下車駅のアーサーズパスについたところも撮られていた。こちらは到着したからといって、すぐに駅を離れるわけには行かない。列車の出発を見送り、駅の様々な設備を確認してからでないと駅舎を後に出来ないからだ。これで、のら羊さん一家を随分と待たせてしまった次第ではあるけれど。

2011年4月 5日 (火)

ニュージーランドの弊ブログ管理人 その3 in NZ

Imgp1482 さて、先にも紹介したけれど、クライストチャーチから南へ400キロほど行ったところにあるダニーデンへの旅の途中、ベリー畑の中の店に立ち寄った。ここでは採れ立てのラズベリーを混ぜたアイスクリームがいただけるのである。

Imgp1487 Imgp1485 これがそのアイスと、それを食する弊ブログ管理人である。天気も素晴らしく、天国の気持ちになった時間である。このときはまだクライストチャーチを地震が襲うなんて思ってもみなかった頃である。

41gsbdblol__ss500_ 吉田秀和 マーラー 河出文庫/読了・・・・・・1913年生まれの吉田秀和によるマーラー論の集大成。「マーラーはむずかしい、私には」で始まる本書を手にとり、読者はそれからどうしたらよいのだろうか。吉田秀和の明晰な音楽評論がここでも的確に展開されていく。偏見や思い込みの無い全く客観的な芸術評論は素晴らしい。この人の音楽批評が日本にあって本当によかったなぁと思わざるを得ない。高い質の文章で全編満たされている。そして、ここ数日、マーラーを聞きなおしている。       吉田秀和 98歳、そして、今でも現役の音楽批評家なんだものなぁ。

2011年4月 4日 (月)

ニュージーランドの弊ブログ管理人 その2 in NZ

Imgp1107 Imgp1112 ニュージーランドでの小生の働きを記録しておこう。

今回は、列車を追いかけて編である。まずは、ランギオラ駅に行って、ピクトンからクライストチャーチへ向かう列車と遭遇したときのもの。

Imgp1429 Imgp1434 次に、ダニーデンを出発したタイエリ渓谷鉄道の列車を途中で待ち受けたときのもの。天気も悪くなってきて、イマイチの出来だったので、撮影後すぐにのら羊さんの車で移動するため、彼のカメラの前を横切った。

Imgp1450 Imgp1451 ついで、タイエリ渓谷鉄道の列車が到着する終着駅であるパーマストンで待ち受けた。次回、ニュージーランドに行ったときはこの列車に乗ってみようと思う。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

JR貨物 Jフィル MIZUMO T-ストリングス かぎろひ歴史探訪 その他 みちのくひとり旅 やまとんくらぶ アミーキティア管弦楽団 アンサンブル ラ・ピアチェーレ アンサンブル・アルビレオ アンサンブル・コスモリバティ アンサンブル・ジョワン アンサンブル・ツヴァイ アンサンブル・フリー アンサンブル・ミンネン アンサンブル・ヴィオ ウォーキング鉄 オルガンコンサート オーケストラ・アンサンブル・フォルツァ オーケストラ・クラシック オーケストラ・ソノリテ オーケストラ・ノインテ オーケストラ・ブラヴォー! オーケストラ・ポミエ オーケストラ千里山 オーディオ カメラ カンマーフィルハーモニー京都 カンマーフィルハーモニー神戸 クラシックサロン・アマデウス クラシック音楽 クランクレーデ クレセント室内アンサンブル クレー管弦楽団 グッド・シーズン・アンサンブル グルメ コレギウム・ヨハネス コレギウム夙川管弦楽団 シンフォニア・スピカ セント・マーティン・オーケストラ ゾンアーベント・アンサンブル タリヘーレ四重奏団 ダムカード テレマン室内オーケストラ ディスクユニオン ドイツ紀行 ニイジマ・キネン・オーケストラ ニュージーランド鉄道 ハイマート交響楽団 ハイマート合唱団 バス バッハクライス神戸 バンブスアンサンブル パソコン ファゴット・フェスティバル フェニックスフィル フォンス・フローリス古楽院 プロ野球 ホール・バルティカ ミモザの会 ミュー室内管弦楽団 メイプルフィル ライブカメラ ラグビー ワンコイン市民コンサート ヴェデルニコフ 万葉 三宝鉄道 上甲ウィンドシンフォニー 上甲子園中学吹奏楽部 交響楽団ひびき 京急 京成 京王 京都フィロムジカ管弦楽団 京都プレザントオーケストラ 京都大学交響楽団 京都工芸繊維大学交響楽団 京阪 伊予鉄 伊予鉄道 伊豆急行 信濃の旅 六甲フィル 兵庫医科大学医療大学合同オーケストラ_ 兵庫芸術文化センター管弦楽団 切符 初演企画 北摂フィル 北総 千里フィルハーモニア・大阪 南海 卯之町 叡山電車 合唱団 名鉄 吹奏楽 吹奏楽団 吹田市交響楽団 四国詣で 土佐くろしお鉄道 土佐日記 土佐電 地下鉄 堺フィル 夢の国 ニュージーランド 大井川鉄道 大阪センチュリー交響楽団 大阪フィルハーモニー交響楽団 大阪フロイデ合唱団 大阪メトロ 大阪モーツァルトアンサンブル 大阪交響楽団 大阪市営交通局 大阪市営地下鉄 大阪市民管弦楽団 大阪芸術大学管弦楽団 奈良女子大管 奈良歩き 学園都市交響楽団 宝塚響 富士急行 寝屋川市民管弦楽団 小田急 尼崎市吹奏楽団 尼崎市民交響楽団 尼崎弦楽アンサンブル 居酒屋 山陽 岡山電軌 嵐電 川西市民オーケストラ 幻想フィル 広島電鉄 廃線跡 待兼交響楽団 指揮者 新京成 新幹線 旅行 日本センチュリー交響楽団 最近のCD 最近のLP 東京佼成ウィンドオーケストラ 東急 東武 枚方フィル 樹フィル 武庫川女子大学音楽学部 水族館 水間鉄道 江ノ電 父親のアルバムから 甲南大学OB交響楽団 甲南大響 甲南女子大学管弦楽団 白黒懐かし画像 相愛フィルハーモニア 相鉄 神戸アンサンブルソロイスツ 神戸大学響 神戸市地下鉄 神戸電鉄 神戸高校OBオーケストラ 福井鉄道 私の名盤シリーズ 箕面コンセルト室内合奏団 紫苑交響楽団 美術 聖ソフィア・バラ合唱団/合奏団 能勢電 芦屋交響楽団 芦屋室内合奏団 若林顕 落語 蒸気機関車 藤井貴宏 衣笠交響楽団 西宮交響楽団 西宮探訪 西武 見仏 豊中市民管弦楽団 豊橋鉄道 近江鉄道 近畿フィルハーモニー管弦楽団 近鉄 遠州鉄道 鉄道 長岡京市民管弦楽団 長崎電軌 長楽庵 関西グスタフ・マーラー交響楽団 関西フィルハーモニー管弦楽団 関西医科学生交響楽団 関西大学交響楽団 関西学院交響楽団 関西SPレコード愛好会 阪堺電車 阪急 阪神 阪神タイガース 阪神フィル 静岡鉄道 須磨フィル 飛行機 高松琴平電鉄 高槻室内管弦楽団 龍谷大学交響楽団 JR四国 JR東日本 JR東海 JR西日本

フォト

掲示板

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

無料ブログはココログ