国鉄奈良機関区

  • Photo_7
    昭和46年に奈良機関区を訪ねています。変わりやすい天気で、晴れていると思ったら急に雨が降ってきて大変な日でした。

THE 大阪駅~特急編~

  • 16
    中高生のころ、大阪駅はまだ日常の中にはなく、特急列車を撮りに行く特別な場所であった。栄光の時代が残っていた大阪駅に発着する特急列車の姿を封じ込めました。

THE 大阪駅~急行編~

  • 1258
    大阪駅に発着する急行を集めてみました。行き先によっては、ディーゼルカーの急行もあり、思えば楽しい駅だったのですね。ご興味の方は写真帖のずっと下にある「甲子園口急行物語」もご覧ください。

昭和45-47年の天王寺駅

  • キハ58 きのくに
    天王寺駅は単に竜華や奈良方面、阪和方面への乗り換え駅だったが、紀勢線ホームは頭端駅として有名だった。 時折、乗り換えの途中、駅撮りなどしていたようだ。

竜華・昭和46年

  • Photo_3
    昭和46年に数回に分けて竜華へ出陣しています。当時の関西線はローカルそのもの、まだまだ煙も多く残っていました。

甲子園口(その周辺)急行物語

  • Photo_7
    甲子園口西方の踏切があったあたり、そのもう少し西側の日通の倉庫前あたりは友人たちとのたまり場でした。陽が暮れるまで電車の通過を楽しんでいました。

京都駅残照・昭和45年前後

  • Photo_3
    昭和45年当時、京都駅へ行く機会は限られていたが、その中で残していた写真の中からいくつかを抜粋した。 京都の寺社、観光地に興味を持つのはもう少し後になった。

西宮を走った国鉄電車特急・昭和45年頃

  • Photo_2
    国鉄時代、地元西宮でもいろいろな電車特急が走っていた。 そのすべてではないが、手元に残る写真のうちからいくつかを抜粋した。

あぁ上野駅 昭和46年

  • 特急やまびこ
    初めて東京へ行った昭和46年、昔の風情の残る上野駅に間に合いました。

神戸市電 最後の日

  • 星電社前
    1971年3月に神戸市電は歴史を閉じました。その最終日に神戸市内の各所で写真に収めましたが、思えば震災前の神戸の街も封じ込めたことになりました。

東海道のんびり行

  • 24
    昭和49年5月に、当時まだ走っていた急行桜島・高千穂に乗って、のんびり東海道を東上しました。そのときの車窓風景をまとめました。

京阪滝井駅 昭和50年

  • Photo_2
    京阪電車は今年、中ノ島新線の開通や電車の塗装変更、さらに往年の名特急1900系の引退と話題に事欠きませんが、ごく普通に走っていた昭和50年の滝井駅の様子はこんな感じでした。

昔日の近江鉄道

  • Photo_4
    近江鉄道は、学生時代からの万葉旅行会で近江蒲生野へ行くときに撮影した程度だった。これはその一連の名残である。 「茜さす紫野行き標野行き野守りは見ずや妹が袖ふる」

マンモス機 EH10

  • 04
    国鉄が作った最大最強のマンモス電気機関車EH10。 今でこそ、8軸の電機はいろいろあるけれど、目に焼きついているのはこの機関車だ。

京都市電

  • 2607
    京都へ行くと市内の移動はたいてい市電だった。 市電だと京都初心者にもわかりやすかった。 たまにバスに乗るとぐるっと市内の引き回しにあったり、とんでもない方向へ走ったりと痛い目に会ったからだ。

きーんてーつ特急

  • Photo_11
    70年代の近鉄特急の白黒写真を集めてみました。点数も少なく恐縮ですが、関西には少ない観光特急の雰囲気だけでも伝えたい。おまけにあおぞら号も何枚か。

近鉄、ちょっと前の車両たち

  • 1413
    1980年代に撮った近鉄の一般車両の中からチョイスしてみた。少し小さいというだけで、なんだか親しみを感じる車両の面白さもある。

野上電鉄、廃止3週間前

  • キハ28
    1994年3月末をもって廃止された野上電鉄を、廃止3週間前に友人の2Aカレチさんと訪れた。併せて周辺の鉄道へも足を運んだので、藤並駅でみた有田鉄道のキハをおまけに追加した。

阪神5314F 愛

  • Img_6204
    阪神電車最古参の5314Fは5550Fの新規参入によっていよいよ引退の時期を迎えた。この前パン貫通幌を持つ古き阪神電車の顔を残す編成を追いかけた。

ゴハチ

  • 16ef58
    今も人気のEF58ばかりを集めました。近所鉄の西宮、武庫川をはじめ大阪駅、少し遠くて下関。元気にゴハチが走り回っていた時代がありました。

琴電 旧型車を並べて

  • Img_0059
    平成10年から出張が多かった四国ですが、何回かは高松に足を運んで琴電を追いました。古い写真がなぜか見つからないので、旧型車が消える数年前からのものばかりです。

RRE様HP掲載一覧

  • 0001601
    ブログ開設以前はRREさんの掲示板への投稿を続けていました。ここに、その投稿画像をまとめましたので、ご笑覧いただければと思います。

島原鉄道2007

  • Img_2046
    去年の3月に出○ついでに諫早駅周辺、島原鉄道、足を少し伸ばして長崎電軌を訪問しました。島原鉄道の一部廃止は残念です。

JR九州の車両たち、諫早駅周辺

  • Img_2023
    ラストランブームになったなは/あかつきもこのころは全然注目されず。九州はいろんな列車があって楽しめます。

長崎は今日も雨

  • Img_2117
    長崎ではすごい雨にあいました。それにもめげず、撮り鉄に励んできました。

名鉄瀬戸線

  • Img_1926
    名鉄瀬戸線に6750系という大手私鉄最後の吊りかけ車が走っていると聞いて訪問しました。2008.03.24

惜別 0系新幹線 

  • 01 相生駅 0系の横顔
    いよいよ平成20年11月末に引退する0系新幹線。山陽路で活躍していた近年の記録です。

四国の気動車

  • 四国は今でも気動車の天国です。その中でも、普通車の運用に供せられる車両を集めてみました。普通車だけにDCより気動車という言い方が似合います。

名鉄にあったレールバス

  • 到着したレールバスからの乗り換え
    名鉄の三河線、猿投の先には西中金まで延びる単線があり、そこには今ではその姿をほとんど見ることが出来ないレールバスがひっそりと走っていました。1987年4月、2Aカレチさんと訪れた記録です。

名鉄揖斐線

  • 512号車内
    1987年4月に2Aカレチさんと名鉄を訪れました。 揖斐線は一時下車した美濃北方駅と黒野駅での写真です。

名鉄の旧型車

  • 103763
    1987年4月 2Aカレチさんと一緒に名鉄を訪れました。 名鉄の本線あたりでもまだまだ吊り掛け車が走っていました。

名鉄岐阜市内線

  • 08
    1987年4月、2Aカレチさんと名鉄を訪れた。岐阜市内線をとりあえず撮影した後、揖斐線へと向かった。

明延鉱山とともに

  • 04_img_0155
    小学生時代、明延鉱山の学校とクラス同士の文通をした。その場所がどこだか全く知らずに居たが1円電車の存在は知っていた。その地を訪れたのは随分大人になってからとなった。

鍛冶屋線~愛と死をみつめて

  • 09_img_0334
    大正12年に全線が開通した鍛冶屋線はJR後の平成2年、その歴史に幕を下ろした。 また、「愛と死をみつめて」で有名なミコこと大島みち子さんはこの沿線の方で、線路を見下ろす小高い岡の上にお墓がある。

EF65 0番台原色+茶ガマ

  • 103_img_2881
    かつて、全国の直流区間ではおなじみだったEF65の0番台も、今では岡山に集結する11機のみである。そのうち、原色を保っているのはわずか4両となった。

オーケストラ・ノインテ

2017年5月 6日 (土)

オーケストラ・ノインテ第24回定期演奏会

Img_1528 今日は、時折ざっと降る雨の中、バスでアルカイックホールに行き、オーケストラ・ノインテと芦屋混成合唱団の共演による大曲、ヴェルディのレクイエムを聞きました。
こういった大勢の人数と長時間を要する楽曲は、なかなかプログラムにも上がりませんね。
指揮は、いつもの金子正樹。風貌がフリッチャイとかにも似てきたかも。
 
Img_1529 さて、演奏は独唱の4人が安定しているものですから、安心して聞けましたね。特にアルトの方の豊かで伸びやかな声に魅了されました。
合唱もオーケストラも、この4人に引っ張られるかのように好演で応えていました。
今回は、2階の一番後ろの席で聴きましたが、意外にオーケストラの細かなところまで聞こえてきて、これからはこの席がいい感じかもしれません。
会場も、雨の天気の割には多くの方が来られていて、これは良い演奏に出会いましたね。
 
Img_1530 独唱 ソプラノ 六車智香 アルト 野上貴子
    テノール 二塚直紀 バス 萩原寛明
 
合唱が入った分、ステージを前にせり出してオーケストラを並べていますね。
 

2014年9月28日 (日)

オーケストラ・ノインテ第20回定期演奏会

Img001天高く秋晴れの日曜日、午後から伊丹ホールで開かれたオーケストラ・ノインテの第20回定期演奏会を聞いた。このオーケストラ、もともと第九を演奏したいというきっかけで発足したということで、今回は2回目の第九の演奏である。指揮は常任の金子正樹。ソロは夫人でもある六車智香、渡邉由美子、井場謙一、井原秀人の4人、合唱は大正区民合唱団「大正フロイデ」。先ずは、軽騎兵序曲で元気よく始まった。

Img_2724ベートーヴェンの交響曲第9番をこの季節に聞くのは初めてのことで、これで今年が終わりそうな気分にもなりかけたが、演奏は、ずいぶん早いテンポで進められ、分厚い弦楽器が音楽を推進した。少し狭いホールのせいか、木管金管が少し弱め、音量不足で残念。合唱も年配の方が多かったが、このホールにはちょうど良いくらいの音量。とにかく、こんな大曲、仕上げるだけでも大変だったでしょう。最後、ホールの中は歓喜の拍手に包まれました。

2013年11月10日 (日)

オーケストラ・ノインテ第19回定期演奏会 昨日の分

Img007 自分でもご苦労なことと思うが、昨日は、芸文オーケストラの定期の後、今度は午後6時半から伊丹のアイフォニックホールで開かれたオーケストラ・ノインテの第19回定期演奏会を聞いた。久しぶりのコンサートの梯子である。指揮は常任指揮者の金子正樹。本日のプログラムは、スメタナの高い城、ドヴォルザークのスラブ舞曲から5曲。その後、カリンニコフの交響曲第1番というなかなか凝ったプログラムである。

Img008 高い城は、ハープの華麗な音で始まり、金管の頑張りもあって、濃厚な味付けの音楽が流れた。次いで、スラブ舞曲ばかり5曲も集めるという珍しい趣向であるが、こうして並べられると民族色豊かな交響詩か組曲を聞いているようで、大変面白い。特に第7番のオーボエのソロが雰囲気と濃厚な味わいを深く醸し出していて秀逸。

Img_1468 休憩の後のカリンニコフは、特に大好きな音楽なので、期待していたが、このようなデッドな小さなホールでは、どうしてもテンポが上がってしまうのか、出だしから快速で飛ばしてしまい、ゆったりとしてメロディの響きというものがあまり感じられなくて残念。ドカンドカンという迫力ある音は響いたが、この曲特有の、場面、場面での情景の展開、移り変わりの妙といった聴いていて吸い込まれるような体験はやってこなかった。しかし、大団円の後、ブラボーの声も上がり、もう一曲スラブ舞曲が演奏されてお開きとなった。

2013年3月10日 (日)

オーケストラ・ノインテ第18回定期演奏会

Concert2013寒冷前線の通過に伴う暴風と強い雨の中、住道のサーティホールで開かれたオーケストラ・ノインテの第18回定期演奏会を聞いた。

本日は、常任の金子正樹の指揮、県立西宮高校出身の松本光史のピアノである。まず、元気よくグリンカの歌劇「ルスランとリュドミラ」序曲で始まった。うんっ、弦楽器の乱れ・・・すぐに立て直して圧倒的なコーダへと導いた。金管も精一杯鳴らしているし迫力あった。

Img_0500次いで、松本のピアノでラフマニノフの2番の協奏曲。このひと、かなりゆったりと大柄な音楽で、立派に全体を鳴らし続けた。まさにラフマニノフにふさわしい大きな音楽が展開され、オーケストラも分厚い弦楽器や管楽器の豊かな響きで支えた。アンコールにドビュッシーの月の光。

Img_0501休憩の後、ブラームスの交響曲第3番が演奏された。ブラームスの交響曲、第2番とか、この曲とかは、弦楽器群と管楽器群の対話が音楽を進行させているように感じているので、もう少し管楽器で音楽がまとまらないと相互のやり取りがままならない気がする。後半良くなったけど、少し管楽器が弱かったかも。アンコールにカヴァレリア・ルスティカーナの間奏曲。

次回は11月に伊丹でカリンニコフの交響曲第1番という。こりゃ、楽しみだ。

【希望】楽章の合間に起こる拍手、心細げに続いていたけど、指揮者の配慮で止めるように出来なかったかなぁ。どうも緊張も途切れるし、耳障りなんですよねぇ。プロのコンサートへこういう人たちがたまたま行ったりしたときにどうなるか、これが常識と思ってしまうと、とんだ間違いを起こしそうで怖い、怖い。

2012年7月22日 (日)

オーケストラ・ノインテ第17回定期演奏会

Img_0456 変わりやすいとの天気予報が良いほうに外れて、真夏の太陽が顔を出した本日、天神祭のベッドマークを掲げた阪急電車を神戸線園田で撮影した。ただ、すべての電車につけられているわけではなく、おおよそ3本に1本の割合で掲示されている。

Img_0502 昼からは曽根のアクア文化ホールで行われたオーケストラ・ノインテの第17回定期演奏会を聴いた。指揮は音楽監督の金子正樹。

まず演奏されたブラームスの悲劇的序曲は、まだ開始早々ということもあってか、オーケストラが十分鳴っておらず、少し控えめに進んだ。

ところが次のシベリウスの交響詩フィンランディアでは、金管の咆哮も、弦楽器の唸りも十分に効果を発揮し、分厚い音楽が展開された。

2005111800000072jijentview000 休憩の後のベートーヴェンの田園は、弦楽器が微妙に線が細くなるところもあったが、木管楽器のソロが音楽を先導して全体の構築に努めていた。テンポが全体に早く、ホルンなどではついていくのがやっとの所もあったが、技量に応じたテンポも必要か。ただ、このハキハキとしたテンポは好みだなぁ。アンコールはカレリアから行進曲。

となりの席のおっさんは朝から飲んでいるとのことで酔っ払い。田園が始まるかどうかというところで、ワンカップをぐい飲み。目が点になったわい。

2011年11月13日 (日)

オーケストラ・ノインテ、カンマーフィル京都合同演奏会

Img_6182 昨日は阪急、今日は京阪とコンサートの前に撮影に臨んだ。千林のホームに立つと、まさにそのとき旧3000系の特急が通過していった。下りの特急と被ったのが残念。ここで、この特急が出町柳から折り返して来るまで間撮影した。

Img_6306 本日は、京阪古川橋駅近くのルミエールホールという初めての会場で、オーケストラ・ノインテとカンマーフィル京都の合同演奏会が開かれた。シュトラウスの喜歌劇「こうもり」序曲、メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲、そして、マーラーの交響曲第1番「巨人」というプログラムだ。

Img_6307 座席について、パンフレットを見て驚いた。オーボエの藤井さんの弟子であるオーボエ娘の名前がメンバーの中にある。尼吹にも参画している人だし、ここでも吹いているとは、かなりの頑張り屋さんだ。演奏会終了後、ちょいとお話が出来て良かった、良かった・・・・・・・応援してますよ。

Img_6310 こうもりとメンコンは袖岡浩平の指揮、マーラーは、まるでエリアフ・インバルのような容貌の金子正樹。ヴァイオリンは獄崎あき子で、つややかな音色が魅力。この曲によく合っている。マーラーは、皆さんの頑張りで壮大な音楽が展開された。最後はお決まりのようにホルンが立った。

1106083907 有栖川有栖 有栖川有栖の鉄道ミステリー旅 光文社文庫/読了・・・・・・・センチュリー響のパンフレットにコメントを寄せている有栖川有栖が乗り鉄派の鉄道ファンだったとは知らなかった。鉄道と音楽、小生と合い通じるものがあるが、先方にとってはおこがましい話ではある。実に読みやすいエッセイであり、肩の力が抜けている。あまり本のタイトルにこだわらないほうが良いだろう。秋の一日、気軽に読むのに好適な一冊。

2011年2月27日 (日)

オーケストラ・ノインテ第16回定期演奏会

Img_2523 すっかり春の陽気となった本日、昼前から出かけ甲子園口駅でしばらく撮影した後、片町線の住道駅近くのサーティホールで開催されたオーケストラ・ノインテの第16回定期演奏会へ出かけた。写真は、甲子園口駅を通過する新車225系の快速電車。徐々に増殖中である。

Img_2526 さて、本日は常任指揮者の金子正樹の指揮により、サン・サーンスの歌劇「サムソンとデリラ」から「パッカサール」という景気の良い音楽で始まった。華やかな始まりで盛り上がったところ、続いてドリーブのバレエ音楽「コッペリア」の組曲が演奏され、さらに華やかさが増した。

Photo 休憩を挟んでチャイコフスキーの交響曲第4番が演奏された。豊麗なホルンの咆哮で始まり、アマチュアらしい熱気を孕んだ演奏となった。妙に腕に自信のある楽団よりも、このノインテのように、思い切りの良い演奏をしていただくのも、アマチュアの醍醐味である。そして、大変な盛り上がりをもって終曲。せっかくの熱演に聴衆が少なく、その面では残念であったが、会場を後にする人々はいずれも満足感が顔にあふれているようだった。

11月13日には、カンマーフィル京都との合同により、門真市市民会館でこうもり序曲、メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲、マーラーの交響曲第1番が演奏されるという。これも楽しみだ。

その他のカテゴリー

JR貨物 | Jフィル | MIZUMO | T-ストリングス | かぎろひ歴史探訪 | その他 | やまとんくらぶ | アンサンブル ラ・ピアチェーレ | アンサンブル・アルビレオ | アンサンブル・コスモリバティ | アンサンブル・ジョワン | アンサンブル・ツヴァイ | アンサンブル・フリー | アンサンブル・ミンネン | アンサンブル・ヴィオ | ウォーキング鉄 | オルガンコンサート | オーケストラ・アンサンブル・フォルツァ | オーケストラ・ソノリテ | オーケストラ・ノインテ | オーケストラ・ブラヴォー! | オーケストラ・ポミエ | オーケストラ千里山 | オーディオ | カメラ | カンマーフィルハーモニー京都 | クラシックサロン・アマデウス | クラシック音楽 | クランクレーデ | クレセント室内アンサンブル | クレー管弦楽団 | グッド・シーズン・アンサンブル | グルメ | コレギウム・ヨハネス | コレギウム夙川管弦楽団 | セント・マーティン・オーケストラ | ゾンアーベント・アンサンブル | タリヘーレ四重奏団 | ダムカード | テレマン室内オーケストラ | ディスクユニオン | ニイジマ・キネン・オーケストラ | ニュージーランド鉄道 | ハイマート交響楽団 | ハイマート合唱団 | バス | バッハクライス神戸 | バンブスアンサンブル | パソコン | フォンス・フローリス古楽院 | ホール・バルティカ | ミモザの会 | ミュー室内管弦楽団 | メイプルフィル | ライブカメラ | ラグビー | ワンコイン市民コンサート | ヴェデルニコフ | 万葉 | 三宝鉄道 | 上甲ウィンドシンフォニー | 上甲子園中学吹奏楽部 | 交響楽団ひびき | 京急 | 京成 | 京王 | 京都フィロムジカ管弦楽団 | 京都大学交響楽団 | 京阪 | 伊予鉄道 | 伊豆急行 | 六甲フィル | 兵庫医科大学医療大学合同オーケストラ_ | 兵庫芸術文化センター管弦楽団 | 切符 | 初演企画 | 北摂フィル | 北総 | 南海 | 卯之町 | 合唱団 | 吹奏楽 | 吹奏楽団 | 吹田市交響楽団 | 土佐くろしお鉄道 | 土佐日記 | 土佐電 | 地下鉄 | 堺フィル | 夢の国 ニュージーランド | 大井川鉄道 | 大阪センチュリー交響楽団 | 大阪フィルハーモニー交響楽団 | 大阪フロイデ合唱団 | 大阪モーツァルトアンサンブル | 大阪交響楽団 | 大阪市営交通局 | 大阪市営地下鉄 | 大阪市民管弦楽団 | 大阪芸術大学管弦楽団 | 奈良女子大管 | 学園都市交響楽団 | 宝塚響 | 富士急行 | 小田急 | 尼崎市吹奏楽団 | 尼崎市民交響楽団 | 尼崎弦楽アンサンブル | 居酒屋 | 山陽 | 岡山電軌 | 嵐電 | 広島電鉄 | 廃線跡 | 指揮者 | 新京成 | 新幹線 | 旅行 | 日本センチュリー交響楽団 | 最近のCD | 最近のLP | | 東急 | 東武 | 枚方フィル | 武庫川女子大学音楽学部 | 水族館 | 水間鉄道 | 江ノ電 | 父親のアルバムから | 甲南大学OB交響楽団 | 甲南大響 | 甲南女子大学管弦楽団 | 白黒懐かし画像 | 相鉄 | 神戸アンサンブルソロイスツ | 神戸大学響 | 神戸電鉄 | 神戸高校OBオーケストラ | 福井鉄道 | 私の名盤シリーズ | 箕面コンセルト室内合奏団 | 紫苑交響楽団 | 美術 | 聖ソフィア・バラ合唱団/合奏団 | 能勢電 | 芦屋交響楽団 | 芦屋室内合奏団 | | 若林顕 | 落語 | 蒸気機関車 | 藤井貴宏 | 衣笠交響楽団 | 西宮交響楽団 | 西宮探訪 | 見仏 | 豊中市民管弦楽団 | 豊橋鉄道 | 近江鉄道 | 近畿フィルハーモニー管弦楽団 | 近鉄 | 遠州鉄道 | 鉄道 | 長岡京市民管弦楽団 | 長崎電軌 | 長楽庵 | 関西グスタフ・マーラー交響楽団 | 関西フィルハーモニー管弦楽団 | 関西医科学生交響楽団 | 関西学院交響楽団 | 関西SPレコード愛好会 | 阪堺電車 | 阪急 | 阪神 | 阪神タイガース | 静岡鉄道 | 須磨フィル | 飛行機 | 高松琴平電鉄 | 高槻室内管弦楽団 | | 龍谷大学交響楽団 | JR四国 | JR東日本 | JR東海 | JR西日本

フォト

掲示板

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

無料ブログはココログ