国鉄奈良機関区

  • Photo_7
    昭和46年に奈良機関区を訪ねています。変わりやすい天気で、晴れていると思ったら急に雨が降ってきて大変な日でした。

THE 大阪駅~特急編~

  • 16
    中高生のころ、大阪駅はまだ日常の中にはなく、特急列車を撮りに行く特別な場所であった。栄光の時代が残っていた大阪駅に発着する特急列車の姿を封じ込めました。

THE 大阪駅~急行編~

  • 1258
    大阪駅に発着する急行を集めてみました。行き先によっては、ディーゼルカーの急行もあり、思えば楽しい駅だったのですね。ご興味の方は写真帖のずっと下にある「甲子園口急行物語」もご覧ください。

昭和45-47年の天王寺駅

  • キハ58 きのくに
    天王寺駅は単に竜華や奈良方面、阪和方面への乗り換え駅だったが、紀勢線ホームは頭端駅として有名だった。 時折、乗り換えの途中、駅撮りなどしていたようだ。

竜華・昭和46年

  • Photo_3
    昭和46年に数回に分けて竜華へ出陣しています。当時の関西線はローカルそのもの、まだまだ煙も多く残っていました。

甲子園口(その周辺)急行物語

  • Photo_7
    甲子園口西方の踏切があったあたり、そのもう少し西側の日通の倉庫前あたりは友人たちとのたまり場でした。陽が暮れるまで電車の通過を楽しんでいました。

京都駅残照・昭和45年前後

  • Photo_3
    昭和45年当時、京都駅へ行く機会は限られていたが、その中で残していた写真の中からいくつかを抜粋した。 京都の寺社、観光地に興味を持つのはもう少し後になった。

西宮を走った国鉄電車特急・昭和45年頃

  • Photo_2
    国鉄時代、地元西宮でもいろいろな電車特急が走っていた。 そのすべてではないが、手元に残る写真のうちからいくつかを抜粋した。

あぁ上野駅 昭和46年

  • 特急やまびこ
    初めて東京へ行った昭和46年、昔の風情の残る上野駅に間に合いました。

神戸市電 最後の日

  • 星電社前
    1971年3月に神戸市電は歴史を閉じました。その最終日に神戸市内の各所で写真に収めましたが、思えば震災前の神戸の街も封じ込めたことになりました。

東海道のんびり行

  • 24
    昭和49年5月に、当時まだ走っていた急行桜島・高千穂に乗って、のんびり東海道を東上しました。そのときの車窓風景をまとめました。

京阪滝井駅 昭和50年

  • Photo_2
    京阪電車は今年、中ノ島新線の開通や電車の塗装変更、さらに往年の名特急1900系の引退と話題に事欠きませんが、ごく普通に走っていた昭和50年の滝井駅の様子はこんな感じでした。

昔日の近江鉄道

  • Photo_4
    近江鉄道は、学生時代からの万葉旅行会で近江蒲生野へ行くときに撮影した程度だった。これはその一連の名残である。 「茜さす紫野行き標野行き野守りは見ずや妹が袖ふる」

マンモス機 EH10

  • 04
    国鉄が作った最大最強のマンモス電気機関車EH10。 今でこそ、8軸の電機はいろいろあるけれど、目に焼きついているのはこの機関車だ。

京都市電

  • 2607
    京都へ行くと市内の移動はたいてい市電だった。 市電だと京都初心者にもわかりやすかった。 たまにバスに乗るとぐるっと市内の引き回しにあったり、とんでもない方向へ走ったりと痛い目に会ったからだ。

きーんてーつ特急

  • Photo_11
    70年代の近鉄特急の白黒写真を集めてみました。点数も少なく恐縮ですが、関西には少ない観光特急の雰囲気だけでも伝えたい。おまけにあおぞら号も何枚か。

近鉄、ちょっと前の車両たち

  • 1413
    1980年代に撮った近鉄の一般車両の中からチョイスしてみた。少し小さいというだけで、なんだか親しみを感じる車両の面白さもある。

野上電鉄、廃止3週間前

  • キハ28
    1994年3月末をもって廃止された野上電鉄を、廃止3週間前に友人の2Aカレチさんと訪れた。併せて周辺の鉄道へも足を運んだので、藤並駅でみた有田鉄道のキハをおまけに追加した。

阪神5314F 愛

  • Img_6204
    阪神電車最古参の5314Fは5550Fの新規参入によっていよいよ引退の時期を迎えた。この前パン貫通幌を持つ古き阪神電車の顔を残す編成を追いかけた。

ゴハチ

  • 16ef58
    今も人気のEF58ばかりを集めました。近所鉄の西宮、武庫川をはじめ大阪駅、少し遠くて下関。元気にゴハチが走り回っていた時代がありました。

琴電 旧型車を並べて

  • Img_0059
    平成10年から出張が多かった四国ですが、何回かは高松に足を運んで琴電を追いました。古い写真がなぜか見つからないので、旧型車が消える数年前からのものばかりです。

RRE様HP掲載一覧

  • 0001601
    ブログ開設以前はRREさんの掲示板への投稿を続けていました。ここに、その投稿画像をまとめましたので、ご笑覧いただければと思います。

島原鉄道2007

  • Img_2046
    去年の3月に出○ついでに諫早駅周辺、島原鉄道、足を少し伸ばして長崎電軌を訪問しました。島原鉄道の一部廃止は残念です。

JR九州の車両たち、諫早駅周辺

  • Img_2023
    ラストランブームになったなは/あかつきもこのころは全然注目されず。九州はいろんな列車があって楽しめます。

長崎は今日も雨

  • Img_2117
    長崎ではすごい雨にあいました。それにもめげず、撮り鉄に励んできました。

名鉄瀬戸線

  • Img_1926
    名鉄瀬戸線に6750系という大手私鉄最後の吊りかけ車が走っていると聞いて訪問しました。2008.03.24

惜別 0系新幹線 

  • 01 相生駅 0系の横顔
    いよいよ平成20年11月末に引退する0系新幹線。山陽路で活躍していた近年の記録です。

四国の気動車

  • 四国は今でも気動車の天国です。その中でも、普通車の運用に供せられる車両を集めてみました。普通車だけにDCより気動車という言い方が似合います。

名鉄にあったレールバス

  • 到着したレールバスからの乗り換え
    名鉄の三河線、猿投の先には西中金まで延びる単線があり、そこには今ではその姿をほとんど見ることが出来ないレールバスがひっそりと走っていました。1987年4月、2Aカレチさんと訪れた記録です。

名鉄揖斐線

  • 512号車内
    1987年4月に2Aカレチさんと名鉄を訪れました。 揖斐線は一時下車した美濃北方駅と黒野駅での写真です。

名鉄の旧型車

  • 103763
    1987年4月 2Aカレチさんと一緒に名鉄を訪れました。 名鉄の本線あたりでもまだまだ吊り掛け車が走っていました。

名鉄岐阜市内線

  • 08
    1987年4月、2Aカレチさんと名鉄を訪れた。岐阜市内線をとりあえず撮影した後、揖斐線へと向かった。

明延鉱山とともに

  • 04_img_0155
    小学生時代、明延鉱山の学校とクラス同士の文通をした。その場所がどこだか全く知らずに居たが1円電車の存在は知っていた。その地を訪れたのは随分大人になってからとなった。

鍛冶屋線~愛と死をみつめて

  • 09_img_0334
    大正12年に全線が開通した鍛冶屋線はJR後の平成2年、その歴史に幕を下ろした。 また、「愛と死をみつめて」で有名なミコこと大島みち子さんはこの沿線の方で、線路を見下ろす小高い岡の上にお墓がある。

EF65 0番台原色+茶ガマ

  • 103_img_2881
    かつて、全国の直流区間ではおなじみだったEF65の0番台も、今では岡山に集結する11機のみである。そのうち、原色を保っているのはわずか4両となった。

日本センチュリー交響楽団

2014年12月18日 (木)

日本センチュリー交響楽団第197回定期演奏会

Img_3073すさまじく冷えた本日の夕方、福島のザ・シンフォニーホールへ向かい、日本センチュリー交響楽団の第197回定期演奏会を聞いた。ホールの前の樹にLEDのイルミネーション、こんなの初めてです。このホールも運営が変わって、いろいろと新規なことを始めていますね。

Img_3074さて、本日はオケにとっても、初めての指揮者、チェコ出身のイジー・シュトルンツ。あのエリシュカに師事したとある。曲はスメタナの交響詩「我が祖国」ということで、自家薬籠中の楽曲なのでしょう。繊細で、リズムがしっかりあって、若々しさに満ちていて、決して爆発せずに理性の範囲で音量をコントロールできて、と申し分のない演奏でした。最後のブラニークでは大変な盛り上がりになりましたが、それもきっちり前半から計算されていたかのよう。馥郁とした音色をセンチュリーから引き出していて、これなら、彼のシューマンやメンデルスゾーンも聞いてみたいところだ。

Img_3075ところで、センチュリーは来季からチケット販売方法や料金、その他サービスの各面で大きく様変わりする。定期演奏会も金曜日と土曜日の2回公演となるなど、変化が大きい。確かに木曜日の夜の定期は通いづらいものがあった。客の減少に歯止めが掛けられるかどうか、頑張ってほしい。

2014年10月17日 (金)

日本センチュリー交響楽団第195回定期演奏会

Img_2821待ちに待ったというか、大阪のクラシックコンサートの秋の白眉と思っていた日本センチュリー交響楽団の第195回定期演奏会を聞いた。なにせ、マーラーの交響曲第2番「復活」が演奏されるのだから。バブル時代はともかく、このような大曲を演奏することだけでも、今では事件だ。山形交響楽団との共演で、指揮は新しい常任の飯守範親。ソロは、安藤赴美子、アンナ・クオの二人。

Img_2820ホールはほぼ、満席。最近のセンチュリーの定期にはなかったことだ。それだけでも事件なのだが。演奏は、切れの良いテンポと、歌うところは歌うという感じで進められ、一つ一つのフレーズが意味を持った音楽になっていたのは、演奏が良かったのか、それともマーラーの楽譜がそれだけのものを要求していたのか。最終楽章のコーダは感動的でさえあった。

Img_2822とにかく、マーラーの復活を聞いているという幸福感の中に浸りながらの1時間半、素晴らしい時間を過ごすことができた。今度は、12月の定期でマーラーの5番のシンフォニーが演奏される。これはいよいよ指揮者の資質が明らかにされる楽曲なので、期待が大きい演奏会になりそうだ。

2014年9月25日 (木)

日本センチュリー交響楽団第194回定期演奏会

201205260019_b夕暮れが早く迫るようになってきた本日、ザ・シンフォニーホールで開かれた日本センチュリー交響楽団の第194回定期演奏会を聞いた。独奏と指揮は、名匠ハインツ・ホリガー。コンサートは、作曲者がはっきりしないもののハイドンの作品と言われているオーボエ協奏曲で始まった。これは、冒頭の演奏が始まった瞬間から間違いなくハイドンの音楽、音だった。ホリガーはさすがに上手い。朗々とした節回しも美しく、こういう境地に達した演奏家というのも、稀有なことなんでしょうね。まさに聞きほれてしまったひと時でした。

Img_2714次いで、オーボエをタクトに変えて、シューマンの交響曲第1番が演奏された。ところが、冒頭のトランペットから、何が始まったのかと、思わず身を乗り出してしまった。シューマンの馥郁としたロマンの香りなんて、ぶっ飛ぶほどのスピードでオーケストラをぐいぐい引っ張っていく。ストーリー性なんて、ほったらかしで、オーケストラもごつごつした響きで美しくないし、聞こえてくる音色の魅力もない。関西フィルのデュメイもそうだし、名演奏家、必ずしも名指揮者にはならないということか。さて、ホリガーの棒の振り方は無茶苦茶だと思ったが、演奏者はどう思っていたのかな?

後半は、聞いたことのない近代、現代曲が並んでいたこともあり、最近疲れもたまっていたことから、これまでで失礼した次第である。

2014年7月24日 (木)

日本センチュリー交響楽団第193回定期演奏会

Img_2404夕方になっても真夏の暑さが残る本日、ザ・シンフォニーホールで開かれた日本センチュリー交響楽団の第193回定期演奏会を聞いた。本日の指揮者であるアラン・ブリバエフの首席客演指揮者就任記念演奏会と銘打たれている。トロンボーンのソロの元ウィーンフィルの首席イアン・バウスフィールドを招いている。

銘打った割にはお客さんが多くはないですね。残念だなぁ。何とか、芸文オケくらいにならないものでしょうか。

Img_2405_2プログラムは、レスピーギの組曲「鳥」、ブルジョワのトロンボーン協奏曲、シベリウスのトゥォネラの白鳥、最後にラヴェルのマ・メール・ロア。いずれも繊細で精緻で、彩りが豊かな音色に支えられ、ただの一回も耳をつんざくフォルティシモもなく、真夏に一瞬の涼風のような音楽が流れた。トロンボーンはもう、超絶技巧の連続でしたね。レスピーギをはじめ、このような曲はよほどの名人奏者か集まらないと面白くないですね。そういう意味では、本日のセンチュリーは、さすがという演奏でした。

2014年6月19日 (木)

日本センチュリー交響楽団第192回定期演奏会

Img_2271梅雨の晴れ間となった本日、夕方からザ・シンフォニーホールで開かれた日本センチュリー交響楽団の第192回定期演奏会を聞いた。指揮は、かつてサン・サーンスの3番で透明感ある奇跡的な演奏を引き出した仙台フィルのパスカル・ヴェロ、ピアノはエリック・ル・サージュ。コンサートは、フォーレのマスクとベルガマスクより5曲で始まった。これは実にデリケートな音楽で、弱音の美しさを堪能した。とにかくきれい。これだけでも、十分なくらい癒される音楽だった。

次いでエリック・ル・サージュのソロで、ラヴェルのピアノ協奏曲が演奏された。彼は、良い意味で癖があるピアニストかな。その癖がこの音色キラ☆キラの音楽にはピッタリとはまったようだ。ピアノのテクニックも余裕十分で申し分ないし、オーケストラも負けないくらいの色彩で応えた。

Img_2272休憩の後、フランクの交響曲が演奏された。ニ短調のやりようによっては、フルトヴェングラーみたいに暗くて重くなる音楽なのだが、パスカル・ヴェロは分厚く重くなるような音楽ではなく、オーケストラの音量を控えめにして、音楽のしなやかさを引き出し、音量の強弱ではなく、固さとか柔らかとかいう音の触感を届けてくれた。重くならないから、曲の構成もわかりやすく、金管の最後の華やかさも際立った。

それにしても、こんな良い演奏がされたのに、お客さんが少なく残念ですね。

2014年4月19日 (土)

日本センチュリー交響楽団第191回定期演奏会

Img_2041 蒸し暑さが増した土曜の午後、ザ・シンフォニーホールで開かれた日本センチュリー交響楽団の第191回定期演奏会を聞いた。一昨日に続き、飯森範親の首席指揮者就任の記念コンサートである。今日は、ブラームスの交響曲第2番と第4番。先日の演奏と合わせて、録音してCDとして売り出そうという企画付きである。

この指揮者、テレビでもなかなか有名らしく、ひょっとすると財力のないセンチュリー響の救世主になるかもですね。

Img_2044 交響曲第2番は、この指揮者の持ち味である明るさが前面に出て、その勢いに飲まれたという印象が強い。ただ、第一楽章がとてつもなく長い時間となり、全体で47分にも喃々とする演奏だった。この曲で繰り返しとかあったのかなぁ。良かったけど、疲れた。

Img_2043 休憩の後、交響曲第4番が演奏された。この曲は明るさだけでは克服することができないので、難儀しているかと思うと、自信満々の展開が示された。それはいいが、音楽の流れには、歌舞伎の見栄を切るという同じような展開の節目でのアクセントが必要なのだが、そういうのが全く見られない。これでは、だらだらと音楽が流れていくだけである。そういうのがいいという人もあるかもしれないが、好みからは外れた。

このブラームスチクルス、順位はこのようなところか。3番>2番>4番>1番

みっきぃfgさん、いかがでしょうか?

515sjrba1il__aa300_ 西澤あきら 阪神戦実況32年 甲子園の放送席から見続けたタイガースの真実 講談社/読了・・・・・・元「サンテレビボックス席」アナウンサーの著者が、ひたすらタイガースを見続け、選手との交流の中から得られた多彩な体験、経験を読みやすい一冊にまとめてくれている。裏話続々の一冊で、ファンはもちろん、プロ野球を愛する人は必読か。それにしても、あの猪俣がアメリカで寿司屋をやってるとは知らなんだ。井川の金銭感覚も、驚くべき。あっという間に読み終えてしまった。

2014年4月17日 (木)

日本センチュリー交響楽団第190回定期演奏会

湿度が上がり、薄雲が広がってきた本日、ザ・シンフォニーホールで開かれた日本センチュリー交響楽団の第190回定期演奏会を聞いた。今回首席指揮者に就任する飯森範親を迎えての記念演奏会、ブラームス・チクルスである。

Img_2040 まず、交響曲第3番が演奏された。実に濃厚なフレーズの歌い方で、陰影をしっかり彫り込んだ演奏で、聴きながら体が揺れてくるような錯覚を覚えた。オーケストラもどんどん乗ってきて、熱のこもった素晴らしい演奏で堪能した。

Img_2041 休憩の後、今度は交響曲第1番が演奏された。第3番があまりに素晴らしかったので期待したが、聴いていたなんとも違和感を覚える内容だった。演奏自体は、熱気もあるし、立派な構築性も感じられるし、スピード感もなかなかなもの。

何がというと、空気感とでもいうか、音楽から滲み出してくる雰囲気というものがないのですねぇ。ここで改めて、朝比奈はどんなだったかと反芻しながら聞いていたが、聴き手を引き込むような世界がありましたよね。朝比奈はブラームスと対話しながら演奏していた、飯森は楽譜と格闘して演奏していた、そういう違いでしょうか。

2014年3月 6日 (木)

日本センチュリー交響楽団第189回定期演奏会

Img_1872 四国遠征の帰りに、福島のザ・シンフォニーホールへ直行、日本センチュリー交響楽団の第189回定期演奏会を聴くというハードな一日であった。本日は、クリスティアン・アルミンクの指揮、上原彩子のピアノで、ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番、そしてブラームスの交響曲第2番というなかなか期待の大きなプログラムである。

Img_189_l ラフマニノフは、前半、上原の固さが取れず、何とも機械的な音楽になって、楽曲の流れに乗り切れないまま終わってしまった。2楽章以降は、そこそこピアノも乗ってきたが、ラフマニノフの音楽に感じる悩ましいような濃厚な空気感には乏しい演奏だった。ブラームスは、アルミンクがいろいろな試みを加えた演奏で、そのすべてが成功していたわけではないが、全体としては何とも上品でエレガントな演奏となった。柔らかい響きを常の求めていたという印象。まぁ、とにかく出張帰りのコンサートは疲れが残ったです。

2014年2月13日 (木)

日本センチュリー交響楽団第188回定期演奏会

Img_1769 明日は朝から積雪になるという天気予報を耳に入れつつ、すでに寒風が吹きつける中、福島のザ・シンフォニーホールで行われた日本センチュリー交響楽団の第188回定期演奏会を聞いた。指揮は首席客演の沼尻竜典、チェロにアリサ・ワイラースタイン。沼尻は客演としては今夜がラストステージになる。

Img_188_l まず、武満徹のハウ・スロー・ザ・ウィンドという小品が演奏された。実に美しい響きをたたえた音楽が流れ、不思議に映像が展開されているような感覚を持った。武満の本領というところか。オーケストラの音色も絶妙。ついで、ワイラースタインのチェロで、エルガーのチェロ協奏曲が演奏された。この曲は、ジャクリーヌ・デュプレを思い起こさせる。ワイラースタインは同じく女流チェリストで、バレンボイムの棒でも独奏したことがあるという。今夜の演奏は、朗々とした豊かな音色で、実に表情豊かな、哀切に満ちた感情も豊かに表現し、充実した演奏を届けた。

Img_1770 休憩の後、ストラヴィンスキーのペトルーシュカ1947年版が演奏された。沼尻もこれで最後かと感慨にふけって聞いていたが、今夜のセンチュリーは金管群と木管群のかみ合わせが悪く、不満が残る演奏となった。最後ということで、このオーケストラが今まで何回も見せてきた奇跡的な演奏を期待したが、期待が高すぎたかもしれない。

シンフォニーホールは株式会社化された後、警備員やエレベータ案内がカットされた一方、入り口に絨毯が敷かれ、以前より少しおもてなしの仕方が変わったようだ。演奏会ごとに代わっていた看板も統一されたようだ。

2014年1月 9日 (木)

日本センチュリー交響楽団 特別演奏会

Img_1626 今冬一番の冷気が北から舞い降りてきた本日、福島のザ・シンフォニーホールで開かれた~輝かしい未来への序奏~と題する日本センチュリー交響楽団の特別演奏会を聞いた。4月からこの楽団の首席指揮者となる飯森範親のお披露目である。

Img_sp_20140109_l 本日はチェロに新倉瞳を迎え、シューマンの協奏曲と和田薫の祷歌という曲の初演が行われたが、注目は後半のマーラー交響曲第1番だった。この指揮者、端的に言うと「陽」なのだろうと思う。持って回った、うっとうしい表現というのはなく、ストレートにわかりやすい表現に努めているように感じた。「巨人」も、生の音楽を聴く喜びに浸りながら、楽しめた。この曲を青春の賛歌のようなこんなに明るい演奏で進めるというのも珍しいのではないだろうか。

さて、これからセンチュリー響がどう変わっていくのか、楽しみだ。

経営母体が変わったシンフォニーホールであるが、2階ロビーにショップが出来たり、ラウンジがすべて着席できるようにテーブルと椅子が配されていて、ゆったりとした時間が持てるようになった。その前にトイレを増設してほしいところだが・・・・・

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

JR貨物 | Jフィル | MIZUMO | T-ストリングス | かぎろひ歴史探訪 | その他 | やまとんくらぶ | アンサンブル ラ・ピアチェーレ | アンサンブル・アルビレオ | アンサンブル・コスモリバティ | アンサンブル・ジョワン | アンサンブル・ツヴァイ | アンサンブル・フリー | アンサンブル・ミンネン | アンサンブル・ヴィオ | ウォーキング鉄 | オルガンコンサート | オーケストラ・アンサンブル・フォルツァ | オーケストラ・ソノリテ | オーケストラ・ノインテ | オーケストラ・ブラヴォー! | オーケストラ千里山 | オーディオ | カメラ | カンマーフィルハーモニー京都 | クラシックサロン・アマデウス | クラシック音楽 | クランクレーデ | クレー管弦楽団 | グッド・シーズン・アンサンブル | グルメ | コレギウム・ヨハネス | コレギウム夙川管弦楽団 | セント・マーティン・オーケストラ | ゾンアーベント・アンサンブル | タリヘーレ四重奏団 | ダムカード | テレマン室内オーケストラ | ディスクユニオン | ニイジマ・キネン・オーケストラ | ニュージーランド鉄道 | ハイマート交響楽団 | ハイマート合唱団 | バス | バッハクライス神戸 | バンブスアンサンブル | パソコン | フォンス・フローリス古楽院 | ホール・バルティカ | ミモザの会 | ミュー室内管弦楽団 | メイプルフィル | ライブカメラ | ラグビー | ワンコイン市民コンサート | ヴェデルニコフ | 万葉 | 三宝鉄道 | 上甲ウィンドシンフォニー | 上甲子園中学吹奏楽部 | 交響楽団ひびき | 京急 | 京成 | 京王 | 京都フィロムジカ管弦楽団 | 京都大学交響楽団 | 京阪 | 伊予鉄道 | 伊豆急行 | 六甲フィル | 兵庫医科大学医療大学合同オーケストラ_ | 兵庫芸術文化センター管弦楽団 | 切符 | 初演企画 | 北摂フィル | 北総 | 南海 | 卯之町 | 合唱団 | 吹奏楽 | 吹田市交響楽団 | 土佐くろしお鉄道 | 土佐日記 | 土佐電 | 地下鉄 | 堺フィル | 夢の国 ニュージーランド | 大井川鉄道 | 大阪センチュリー交響楽団 | 大阪フィルハーモニー交響楽団 | 大阪フロイデ合唱団 | 大阪モーツァルトアンサンブル | 大阪交響楽団 | 大阪市営交通局 | 大阪市営地下鉄 | 大阪市民管弦楽団 | 大阪芸術大学管弦楽団 | 奈良女子大管 | 学園都市交響楽団 | 宝塚響 | 富士急行 | 小田急 | 尼崎市吹奏楽団 | 尼崎市民交響楽団 | 尼崎弦楽アンサンブル | 居酒屋 | 山陽 | 岡山電軌 | 嵐電 | 広島電鉄 | 廃線跡 | 指揮者 | 新京成 | 新幹線 | 旅行 | 日本センチュリー交響楽団 | 最近のCD | 最近のLP | | 東急 | 東武 | 枚方フィル | 武庫川女子大学音楽学部 | 水族館 | 水間鉄道 | 江ノ電 | 父親のアルバムから | 甲南大学OB交響楽団 | 甲南大響 | 甲南女子大学管弦楽団 | 白黒懐かし画像 | 相鉄 | 神戸アンサンブルソロイスツ | 神戸大学響 | 神戸電鉄 | 神戸高校OBオーケストラ | 福井鉄道 | 私の名盤シリーズ | 箕面コンセルト室内合奏団 | 紫苑交響楽団 | 美術 | 聖ソフィア・バラ合唱団/合奏団 | 能勢電 | 芦屋交響楽団 | 芦屋室内合奏団 | | 若林顕 | 落語 | 蒸気機関車 | 藤井貴宏 | 衣笠交響楽団 | 西宮交響楽団 | 西宮探訪 | 見仏 | 豊中市民管弦楽団 | 豊橋鉄道 | 近江鉄道 | 近畿フィルハーモニー管弦楽団 | 近鉄 | 遠州鉄道 | 鉄道 | 長岡京市民管弦楽団 | 長崎電軌 | 長楽庵 | 関西グスタフ・マーラー交響楽団 | 関西フィルハーモニー管弦楽団 | 関西医科学生交響楽団 | 関西学院交響楽団 | 関西SPレコード愛好会 | 阪堺電車 | 阪急 | 阪神 | 阪神タイガース | 静岡鉄道 | 須磨フィル | 飛行機 | 高松琴平電鉄 | 高槻室内管弦楽団 | | 龍谷大学交響楽団 | JR四国 | JR東日本 | JR東海 | JR西日本

フォト

掲示板

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

無料ブログはココログ