国鉄奈良機関区

  • Photo_7
    昭和46年に奈良機関区を訪ねています。変わりやすい天気で、晴れていると思ったら急に雨が降ってきて大変な日でした。

THE 大阪駅~特急編~

  • 16
    中高生のころ、大阪駅はまだ日常の中にはなく、特急列車を撮りに行く特別な場所であった。栄光の時代が残っていた大阪駅に発着する特急列車の姿を封じ込めました。

THE 大阪駅~急行編~

  • 1258
    大阪駅に発着する急行を集めてみました。行き先によっては、ディーゼルカーの急行もあり、思えば楽しい駅だったのですね。ご興味の方は写真帖のずっと下にある「甲子園口急行物語」もご覧ください。

昭和45-47年の天王寺駅

  • キハ58 きのくに
    天王寺駅は単に竜華や奈良方面、阪和方面への乗り換え駅だったが、紀勢線ホームは頭端駅として有名だった。 時折、乗り換えの途中、駅撮りなどしていたようだ。

竜華・昭和46年

  • Photo_3
    昭和46年に数回に分けて竜華へ出陣しています。当時の関西線はローカルそのもの、まだまだ煙も多く残っていました。

甲子園口(その周辺)急行物語

  • Photo_7
    甲子園口西方の踏切があったあたり、そのもう少し西側の日通の倉庫前あたりは友人たちとのたまり場でした。陽が暮れるまで電車の通過を楽しんでいました。

京都駅残照・昭和45年前後

  • Photo_3
    昭和45年当時、京都駅へ行く機会は限られていたが、その中で残していた写真の中からいくつかを抜粋した。 京都の寺社、観光地に興味を持つのはもう少し後になった。

西宮を走った国鉄電車特急・昭和45年頃

  • Photo_2
    国鉄時代、地元西宮でもいろいろな電車特急が走っていた。 そのすべてではないが、手元に残る写真のうちからいくつかを抜粋した。

あぁ上野駅 昭和46年

  • 特急やまびこ
    初めて東京へ行った昭和46年、昔の風情の残る上野駅に間に合いました。

神戸市電 最後の日

  • 星電社前
    1971年3月に神戸市電は歴史を閉じました。その最終日に神戸市内の各所で写真に収めましたが、思えば震災前の神戸の街も封じ込めたことになりました。

東海道のんびり行

  • 24
    昭和49年5月に、当時まだ走っていた急行桜島・高千穂に乗って、のんびり東海道を東上しました。そのときの車窓風景をまとめました。

京阪滝井駅 昭和50年

  • Photo_2
    京阪電車は今年、中ノ島新線の開通や電車の塗装変更、さらに往年の名特急1900系の引退と話題に事欠きませんが、ごく普通に走っていた昭和50年の滝井駅の様子はこんな感じでした。

昔日の近江鉄道

  • Photo_4
    近江鉄道は、学生時代からの万葉旅行会で近江蒲生野へ行くときに撮影した程度だった。これはその一連の名残である。 「茜さす紫野行き標野行き野守りは見ずや妹が袖ふる」

マンモス機 EH10

  • 04
    国鉄が作った最大最強のマンモス電気機関車EH10。 今でこそ、8軸の電機はいろいろあるけれど、目に焼きついているのはこの機関車だ。

京都市電

  • 2607
    京都へ行くと市内の移動はたいてい市電だった。 市電だと京都初心者にもわかりやすかった。 たまにバスに乗るとぐるっと市内の引き回しにあったり、とんでもない方向へ走ったりと痛い目に会ったからだ。

きーんてーつ特急

  • Photo_11
    70年代の近鉄特急の白黒写真を集めてみました。点数も少なく恐縮ですが、関西には少ない観光特急の雰囲気だけでも伝えたい。おまけにあおぞら号も何枚か。

近鉄、ちょっと前の車両たち

  • 1413
    1980年代に撮った近鉄の一般車両の中からチョイスしてみた。少し小さいというだけで、なんだか親しみを感じる車両の面白さもある。

野上電鉄、廃止3週間前

  • キハ28
    1994年3月末をもって廃止された野上電鉄を、廃止3週間前に友人の2Aカレチさんと訪れた。併せて周辺の鉄道へも足を運んだので、藤並駅でみた有田鉄道のキハをおまけに追加した。

阪神5314F 愛

  • Img_6204
    阪神電車最古参の5314Fは5550Fの新規参入によっていよいよ引退の時期を迎えた。この前パン貫通幌を持つ古き阪神電車の顔を残す編成を追いかけた。

ゴハチ

  • 16ef58
    今も人気のEF58ばかりを集めました。近所鉄の西宮、武庫川をはじめ大阪駅、少し遠くて下関。元気にゴハチが走り回っていた時代がありました。

琴電 旧型車を並べて

  • Img_0059
    平成10年から出張が多かった四国ですが、何回かは高松に足を運んで琴電を追いました。古い写真がなぜか見つからないので、旧型車が消える数年前からのものばかりです。

RRE様HP掲載一覧

  • 0001601
    ブログ開設以前はRREさんの掲示板への投稿を続けていました。ここに、その投稿画像をまとめましたので、ご笑覧いただければと思います。

島原鉄道2007

  • Img_2046
    去年の3月に出○ついでに諫早駅周辺、島原鉄道、足を少し伸ばして長崎電軌を訪問しました。島原鉄道の一部廃止は残念です。

JR九州の車両たち、諫早駅周辺

  • Img_2023
    ラストランブームになったなは/あかつきもこのころは全然注目されず。九州はいろんな列車があって楽しめます。

長崎は今日も雨

  • Img_2117
    長崎ではすごい雨にあいました。それにもめげず、撮り鉄に励んできました。

名鉄瀬戸線

  • Img_1926
    名鉄瀬戸線に6750系という大手私鉄最後の吊りかけ車が走っていると聞いて訪問しました。2008.03.24

惜別 0系新幹線 

  • 01 相生駅 0系の横顔
    いよいよ平成20年11月末に引退する0系新幹線。山陽路で活躍していた近年の記録です。

四国の気動車

  • 四国は今でも気動車の天国です。その中でも、普通車の運用に供せられる車両を集めてみました。普通車だけにDCより気動車という言い方が似合います。

名鉄にあったレールバス

  • 到着したレールバスからの乗り換え
    名鉄の三河線、猿投の先には西中金まで延びる単線があり、そこには今ではその姿をほとんど見ることが出来ないレールバスがひっそりと走っていました。1987年4月、2Aカレチさんと訪れた記録です。

名鉄揖斐線

  • 512号車内
    1987年4月に2Aカレチさんと名鉄を訪れました。 揖斐線は一時下車した美濃北方駅と黒野駅での写真です。

名鉄の旧型車

  • 103763
    1987年4月 2Aカレチさんと一緒に名鉄を訪れました。 名鉄の本線あたりでもまだまだ吊り掛け車が走っていました。

名鉄岐阜市内線

  • 08
    1987年4月、2Aカレチさんと名鉄を訪れた。岐阜市内線をとりあえず撮影した後、揖斐線へと向かった。

明延鉱山とともに

  • 04_img_0155
    小学生時代、明延鉱山の学校とクラス同士の文通をした。その場所がどこだか全く知らずに居たが1円電車の存在は知っていた。その地を訪れたのは随分大人になってからとなった。

鍛冶屋線~愛と死をみつめて

  • 09_img_0334
    大正12年に全線が開通した鍛冶屋線はJR後の平成2年、その歴史に幕を下ろした。 また、「愛と死をみつめて」で有名なミコこと大島みち子さんはこの沿線の方で、線路を見下ろす小高い岡の上にお墓がある。

EF65 0番台原色+茶ガマ

  • 103_img_2881
    かつて、全国の直流区間ではおなじみだったEF65の0番台も、今では岡山に集結する11機のみである。そのうち、原色を保っているのはわずか4両となった。

2016年12月 3日 (土)

真田太平記 全12巻読了

11 一昨日から四国詣でをしていましたが、それに持って行った池浪正太郎の真田太平記11巻、12巻を読了し、全12巻を読み通しました。
何と言っても道中とても長いので時間はふんだんにありましたから。
これらの作品は、10月の後半から読み始めたもので、約40日間で12巻を読破しました。
一冊が500~600ページあったので、ボリウムも大変なものでした。
 
12sim ストーリーは、現在放送中の大河ドラマ真田丸に沿ったものですが、放送の終了を待たずに読み終えることができました。
テレビではこれから大阪夏の陣が始まりますが、その攻防が11巻で、その後日談で真田信之の話しが12巻にまとめられていました。
いずれにしても、大変な大作であることは確かですね。堪能しました。

2016年7月12日 (火)

東急デハ3450の本

Img001今月の鉄道ファン誌で紹介されていた鉄道車両ガイドvol.22の東急デハ3450を、梅田の紀伊国屋で購入してきた。特に小生自身がこの電車に傾倒していたわけではないが、今春早世されたお知り合いがまとめられた資料が巻末に掲載されていること、元の資料となった自費出版の図書が既に入手困難になっていることで、その一端でも知ることができればという思いで手に入れた次第である。この電車、愛嬌があって、なかなかいいですね。

Img_7672さて、その資料であるが、年代から見ると彼が高校生のころのものだ。実に綿密に調査しておられ、その仕事ぶりがお人柄を偲ばせるものとなっている。また、件の自費出版の図書であるが、発行年から見ると30代後半のものである。じっくりこの本を読んでみようと思っている。

2016年7月 3日 (日)

本 戦争交響楽

17979中川右介 戦争交響楽 音楽家たちの第二次世界大戦 アサヒ新書/読了・・・・・・・先日から読んでいたこの本を読了した。フルトヴェングラー、トスカニーニ、ワルター、それにカラヤンを軸に、ヨーロッパにおける第二次世界大戦の時代における音楽界の様子を時系列にまとめ、それぞの音楽家が、どのような信念に基づいて活動を続けていたか、また、戦争状態における音楽、とりわけ、歌劇の上演にどれだけ大きな意味があったかということを知らされた。また、実に多くの優秀な才能が戦争で失われていったかというのも痛切に語っている。ある程度そのあたりのことはおぼろげに理解していたつもりだったが、複雑に音楽家の地位が右往左往していく中で、必死にその時代を生き抜いた人々の呼吸までもが聞こえてくるかのようだった。

Img_7642Img_7643_2さて、その中で終戦後の1946年12月21日にベルリンで上演されたチェリビダッケ指揮ベルリンフィルによるショスタコーヴィチの交響曲第7番がこれだ。この上演後、客席にいたフルトヴェングラーは指揮者のチェリビダッケに歩み寄り、声をかけたという。この曲がドイツが攻めたレニングラード攻防戦、ついにはドイツが敗れるのであるが、その勝利へ向けた楽曲をドイツで演奏し、フルトヴェングラーも聞いていたという複雑な事情がここに記録されている。なお、これは同曲のドイツ初演となった。

2016年4月21日 (木)

振子気動車

41pyxw9hlgl__ac_ul320_sr198320_福原俊一 振子気動車に懸けた男たち JR四国 2000系開発秘話 交通新聞社新書/読了・・・・・・毎月の四国詣ででお世話になっているJR四国の特急、宇和海、今までは時々しおかぜにも充当されていた2000系の開発に関わるプロジェクトの話しが様々な視点から書かれている。また災い転じてアンパンマン列車の登場となったくだりも。2000系の制御振り子の成功はまさに弱小鉄道会社であるJR四国の起死回生の起爆剤だったのですね。これからは少し見方を変えて乗車したいと思います。

初期の開発系列であるTSE(Trans Shikoku ExpressではなくExperimental)、貫通扉の有無の違い、また、量産型との比較です。

Img_0343Img_0377貫通扉の車両はその形状が量産型とは異なりますね。卯之町と八幡浜。予讃線、松山-宇和島間では指定席の位置が松山寄りに変更になったほか、どうもグリーン車は廃止になったようです。残念ですね。

Img_0503Img_0404宇和島のアンパンマン号と古い風格のある八幡浜駅の駅舎と2000系。








2016年4月13日 (水)

ドビュッシーとの散歩 青柳いずみこ

Cdchjqmukaaoui7青柳いずみ子 ドビュッシーとの散歩 中公文庫/読了・・・・・・ドビュッシーの前奏曲集第1番、第2番、喜びの島、アラベスク、子供の領分、その他ピアノピースを題材に、ピアニストでもある著者がまるでドビュッシーと散歩するかのように自然体で音楽のこと、自身の想い出、演奏技術の話し、音楽と物語の関わりなどとりとめのない会話を楽しんでいるかのような一冊。そのような語らいの中でなにげにドビュッシーの人生の変遷も語っているところからは伝記ものであるという側面も待っている。肩の凝らない話の流れ、それでいて充実感を持って読了した。

012この本を読み終えてにわかに取り出して聞いているのが、サンソン・フランソワがドビュッシーの作品を演奏している3枚組のボックスである。フランソワはショパンでおなじみなのであるが、ドビュッシーもいいですね。風のようにさらっと流れていくかと思うと、急に立ち止まって考え込んでしまうようなフレーズを弾いたりと、ついつい引き込まれてしまいます。それでいて、美観を損なうことはありません。

Img007ワンコイン市民コンサート4周年記念特別企画

 

高橋悠治+青柳いずみこ デュオ・コンサート

 

サティ、ラヴェル、ドビュッシー、そして高橋悠治

 

5月15日(日)15時から 大阪大学会館

2015年8月 6日 (木)

追悼 阿川弘之

Img_4226作家の阿川弘之氏が亡くなられた。94歳、老衰によるとのことだった。吉行淳之介や遠藤周作、安岡章太郎などとともに、第三の新人と呼ばれた。師は志賀直哉。師匠譲りの簡潔な文章はリズムも良く、読みやすくわかりやすい。そういうことが徹底されている。これで、あの時代の作家はいなくなってしまった。

6171rtfwijl高松良晴 東京の鉄道ネットワークはこうしてつくられた 東京を大東京に替えた五方面作戦 交通新聞社新書/読了・・・・・・通勤しなくなって、通勤時にほんを読む時間が無くなったことから、どうもほんを読むスピードが鈍っている。こりゃ、本を読むためだけに電車に乗りに行かなければならないか。この本は東京の発展と鉄道の進捗がどのようにかかわってきたかを丁寧に細かく積み上げるように書かれている。大変な資料を基に書かれ、これだけデータやら理屈で示されると、もう完全にやられてしまう。力作ですね。

2015年5月 2日 (土)

写真アルバム 西宮市の昭和

Img_3577先年より少し関わっていた名古屋にある樹林舎という出版社が作成していた「西宮市の昭和」という写真アルバムが完成したということで、昨日届けていただいた。予想を裏切る分厚さで、税抜9250円という価格もそれなりだと思う。主には昭和10年代以降、特に昭和30年代以降は多くの写真が寄せられている。鉄道関係では、阪急、阪神、国鉄とそれぞれの風景が残されている。高度成長期に変貌した街並み、大震災で一変した建物群、その昔の姿を集大成した貴重な記録となっている。

来年には尼崎市の昭和が発刊されるとのこと。これから嫁さんの実家のアルバムを漁ってみることにしよう。

2015年4月27日 (月)

子規、最後の八年

412lsykb6ql__sy344_bo1204203200_関川夏央 子規、最後の八年 講談社文庫/読了・・・・・・・読み上げるのに1週間かかってしまった。久しぶりに重厚で読みごたえのある一級の作品に接した。正岡子規が明治28年に肺結核を発病して明治36年に亡くなるまでの8年間の子規の活躍とそれを取り巻く人々の様子を様々な角度で描き出している。そこには近くにいて俳句、短歌に関わる人だけでなく、遠く倫敦にある夏目漱石への思い、日本海海戦で活躍する秋山真之のような海軍軍人も登場する。

C_068子規は、結果として俳句の再構築と写生の発見、短歌において万葉調を基礎としたアララギ派への派生へのきっかけ作り、さらに夏目漱石との書簡において、現代日本の文章表現の確立という、現在我々が日本語として文章を表現するベースを作ったという功績が浮かび上がる。この一冊は子規を中心としたもうひとつの坂の上の雲である。

2015年4月19日 (日)

ひょうご 懐かしの鉄道 廃線ノスタルジー

5154ed45qzl__sx230_曲直部健朗 谷口秀雄 ひょうご 懐かしの鉄道 廃線ノスタルジー 神戸新聞総合出版センター/読了・・・・・・・・・・嫁さんがしているボランティアの活動の中で、ひょいと出てきた本書のタイトルからネットで取り寄せたのがこの一冊。神戸新聞の記者が、県内にかつてあった鉄道の数々を取り上げ、その歴史、活動、地域社会への影響などをまとめた内容で、良くこれだけ調べ上げたと思うし、今後人々の記憶が薄れていく中で貴重な記録にもなっている。

Img009その対象となった路線はこの目次にあり、たいていのことは地元なので知っていたと思ったが、廃線になった時期によっては全く知らない路線(国鉄兵庫港臨港線、山陽電車明石線)もあり、また播磨地方の路線についても名前すら聞いたことがない路線もあり、びっくりした。

Img010Img011それぞれどこにあったかは、この地図で判別できる。概略は知っていても、実際どこを走っていたかを今回知った路線も多く、大変濃い内容に感心しきり。写真、地図もふんだんで、また地元の方の話しも載せるなど、これは座右の一冊になりそうだ。

おやっ、三木鉄道が載っていないと思ったら、本書は2005年12月の出版でした。

2015年4月15日 (水)

エディット・ピアフという生き方

61rcxxsphwl__sy344_bo1204203200_山口路子 エディット・ピアフという生き方 新人物文庫/読了・・・・・・エディット・ピアフをご存じだろうか。フランスのシャンソン界においてもっとも重要な存在、シャンソンを越えて一段高いところにその歌の世界を持って行った歌手である。バラ色の人生、愛の賛歌を聞いたことがない人はいないだろう。恋愛、麻薬、酒、そんなものにおぼれて人生がズタズタになるが、歌だけからは離れなかった人生。破滅型の典型ですね。しかし、逆境こそ、彼女の歌に力を与えています。決して澄んだ透明感のあるきれいな声質ではないけれど、少し濁った響きが、歌の本質に近づき、聞き手の心の奥深くにある感動の芯を鷲づかみする、そんな感じの歌い方です。マリア・カラスがソプラノだけど少し暗い声質だからこそ、ドラマティックな歌唱ができたのに似ています。

Img_0バラ色の人生https://www.youtube.com/watch?v=ChTm6G4s5rU

愛の賛歌https://www.youtube.com/watch?v=K-eoyQMONGA

その他のカテゴリー

JR貨物 | Jフィル | MIZUMO | T-ストリングス | あおなみ線 | えちぜん鉄道 | かぎろひ歴史探訪 | その他 | みうらじゅん | やまとんくらぶ | アルテムジカ バロック アンサンブル | アンサンブル ラ・ピアチェーレ | アンサンブル・コスモリバティ | アンサンブル・ジョワン | アンサンブル・ツヴァイ | アンサンブル・フリー | アンサンブル・ミンネン | イッセー尾形 | インターネット | ウォーキング鉄 | オルガンコンサート | オーケストラ・アンサンブル・フォルツァ | オーケストラ・ソノリテ | オーケストラ・ノインテ | オーケストラ・ブラヴォー! | オーケストラ千里山 | オーディオ | カメラ | カンマーフィルハーモニー京都 | クラシックサロン・アマデウス | クラシック音楽 | クランクレーデ | クレー管弦楽団 | グッド・シーズン・アンサンブル | グルメ | コレギウム・ヨハネス | コレギウム夙川管弦楽団 | セント・マーティン・オーケストラ | ゾンアーベント・アンサンブル | タリヘーレ四重奏団 | ダムカード | テレマン室内オーケストラ | ディスクユニオン | ニイジマ・キネン・オーケストラ | ニュージーランド鉄道 | ハイマート交響楽団 | ハイマート合唱団 | バス | バッハクライス神戸 | バンブスアンサンブル | パソコン | フォンス・フローリス古楽院 | ホール・バルティカ | ミモザの会 | ミュー室内管弦楽団 | メイプルフィル | ライブカメラ | ラグビー | ワンコイン市民コンサート | ヴェデルニコフ | 万葉 | 三宝鉄道 | 上甲ウィンドシンフォニー | 上甲子園中学吹奏楽部 | 交響楽団ひびき | 京急 | 京成 | 京王 | 京都フィロムジカ管弦楽団 | 京都大学交響楽団 | 京阪 | 伊予鉄道 | 伊豆急行 | 保存車 | 六甲フィル | 兵庫医科大学医療大学合同オーケストラ_ | 兵庫芸術文化センター管弦楽団 | 切符 | 初演企画 | 北摂フィル | 北総 | 南海 | 卯之町 | 台湾鉄道 | 合唱団 | 名指揮者列伝 | 吹奏楽 | 吹田市交響楽団 | 土佐くろしお鉄道 | 土佐日記 | 土佐電 | 地下鉄 | 地方私鉄 | 堺フィル | 夢の国 ニュージーランド | 大井川鉄道 | 大阪センチュリー交響楽団 | 大阪フィルハーモニー交響楽団 | 大阪フロイデ合唱団 | 大阪モーツァルトアンサンブル | 大阪交響楽団 | 大阪市営交通局 | 大阪市営地下鉄 | 大阪市民管弦楽団 | 大阪芸術大学管弦楽団 | 奈良女子大管 | 学園都市交響楽団 | 宝塚響 | 富士急行 | 小田急 | 尼崎市吹奏楽団 | 尼崎市民交響楽団 | 尼崎弦楽アンサンブル | 居酒屋 | 山陽 | 岡山電軌 | 嵐電 | 広島電鉄 | 廃線跡 | 指揮者 | 新京成 | 新幹線 | 旅行 | 日本センチュリー交響楽団 | 映画 | 更新のお知らせ | 最近のCD | 最近のLP | | 東急 | 東武 | 枚方フィル | 桜谷軽便鉄道 | 武庫川女子大学音楽学部 | 水族館 | 水間鉄道 | 江ノ電 | 父親のアルバムから | 甲南大学OB交響楽団 | 甲南女子大学管弦楽団 | 白黒懐かし画像 | 相鉄 | 神戸アンサンブルソロイスツ | 神戸大学響 | 神戸電鉄 | 神戸高校OBオーケストラ | 福井鉄道 | 私の名盤シリーズ | 箕面コンセルト室内合奏団 | 紫苑交響楽団 | 美術 | 聖ソフィア・バラ合唱団/合奏団 | 能勢電 | 芦屋室内合奏団 | | 若林顕 | 落語 | 蒸気機関車 | 藤井貴宏 | 衣笠交響楽団 | 西宮交響楽団 | 西宮探訪 | 見仏 | 豊中市民管弦楽団 | 豊橋鉄道 | 近江鉄道 | 近畿フィルハーモニー管弦楽団 | 近鉄 | 遠州鉄道 | 都筑道夫 | 鉄道 | 鉄道古地図 | 長岡京市民管弦楽団 | 長崎電軌 | 関西グスタフ・マーラー交響楽団 | 関西フィルハーモニー管弦楽団 | 関西医科学生交響楽団 | 関西学院交響楽団 | 関西SPレコード愛好会 | 阪堺電車 | 阪急 | 阪神 | 阪神タイガース | 静岡鉄道 | 須磨フィル | 飛行機 | 高松琴平電鉄 | 高槻室内管弦楽団 | | 龍谷大学交響楽団 | JR九州 | JR四国 | JR東日本 | JR東海 | JR西日本

フォト

掲示板

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

無料ブログはココログ