国鉄奈良機関区

  • Photo_7
    昭和46年に奈良機関区を訪ねています。変わりやすい天気で、晴れていると思ったら急に雨が降ってきて大変な日でした。

THE 大阪駅~特急編~

  • 16
    中高生のころ、大阪駅はまだ日常の中にはなく、特急列車を撮りに行く特別な場所であった。栄光の時代が残っていた大阪駅に発着する特急列車の姿を封じ込めました。

THE 大阪駅~急行編~

  • 1258
    大阪駅に発着する急行を集めてみました。行き先によっては、ディーゼルカーの急行もあり、思えば楽しい駅だったのですね。ご興味の方は写真帖のずっと下にある「甲子園口急行物語」もご覧ください。

昭和45-47年の天王寺駅

  • キハ58 きのくに
    天王寺駅は単に竜華や奈良方面、阪和方面への乗り換え駅だったが、紀勢線ホームは頭端駅として有名だった。 時折、乗り換えの途中、駅撮りなどしていたようだ。

竜華・昭和46年

  • Photo_3
    昭和46年に数回に分けて竜華へ出陣しています。当時の関西線はローカルそのもの、まだまだ煙も多く残っていました。

甲子園口(その周辺)急行物語

  • Photo_7
    甲子園口西方の踏切があったあたり、そのもう少し西側の日通の倉庫前あたりは友人たちとのたまり場でした。陽が暮れるまで電車の通過を楽しんでいました。

京都駅残照・昭和45年前後

  • Photo_3
    昭和45年当時、京都駅へ行く機会は限られていたが、その中で残していた写真の中からいくつかを抜粋した。 京都の寺社、観光地に興味を持つのはもう少し後になった。

西宮を走った国鉄電車特急・昭和45年頃

  • Photo_2
    国鉄時代、地元西宮でもいろいろな電車特急が走っていた。 そのすべてではないが、手元に残る写真のうちからいくつかを抜粋した。

あぁ上野駅 昭和46年

  • 特急やまびこ
    初めて東京へ行った昭和46年、昔の風情の残る上野駅に間に合いました。

神戸市電 最後の日

  • 星電社前
    1971年3月に神戸市電は歴史を閉じました。その最終日に神戸市内の各所で写真に収めましたが、思えば震災前の神戸の街も封じ込めたことになりました。

東海道のんびり行

  • 24
    昭和49年5月に、当時まだ走っていた急行桜島・高千穂に乗って、のんびり東海道を東上しました。そのときの車窓風景をまとめました。

京阪滝井駅 昭和50年

  • Photo_2
    京阪電車は今年、中ノ島新線の開通や電車の塗装変更、さらに往年の名特急1900系の引退と話題に事欠きませんが、ごく普通に走っていた昭和50年の滝井駅の様子はこんな感じでした。

昔日の近江鉄道

  • Photo_4
    近江鉄道は、学生時代からの万葉旅行会で近江蒲生野へ行くときに撮影した程度だった。これはその一連の名残である。 「茜さす紫野行き標野行き野守りは見ずや妹が袖ふる」

マンモス機 EH10

  • 04
    国鉄が作った最大最強のマンモス電気機関車EH10。 今でこそ、8軸の電機はいろいろあるけれど、目に焼きついているのはこの機関車だ。

京都市電

  • 2607
    京都へ行くと市内の移動はたいてい市電だった。 市電だと京都初心者にもわかりやすかった。 たまにバスに乗るとぐるっと市内の引き回しにあったり、とんでもない方向へ走ったりと痛い目に会ったからだ。

きーんてーつ特急

  • Photo_11
    70年代の近鉄特急の白黒写真を集めてみました。点数も少なく恐縮ですが、関西には少ない観光特急の雰囲気だけでも伝えたい。おまけにあおぞら号も何枚か。

近鉄、ちょっと前の車両たち

  • 1413
    1980年代に撮った近鉄の一般車両の中からチョイスしてみた。少し小さいというだけで、なんだか親しみを感じる車両の面白さもある。

野上電鉄、廃止3週間前

  • キハ28
    1994年3月末をもって廃止された野上電鉄を、廃止3週間前に友人の2Aカレチさんと訪れた。併せて周辺の鉄道へも足を運んだので、藤並駅でみた有田鉄道のキハをおまけに追加した。

阪神5314F 愛

  • Img_6204
    阪神電車最古参の5314Fは5550Fの新規参入によっていよいよ引退の時期を迎えた。この前パン貫通幌を持つ古き阪神電車の顔を残す編成を追いかけた。

ゴハチ

  • 16ef58
    今も人気のEF58ばかりを集めました。近所鉄の西宮、武庫川をはじめ大阪駅、少し遠くて下関。元気にゴハチが走り回っていた時代がありました。

琴電 旧型車を並べて

  • Img_0059
    平成10年から出張が多かった四国ですが、何回かは高松に足を運んで琴電を追いました。古い写真がなぜか見つからないので、旧型車が消える数年前からのものばかりです。

RRE様HP掲載一覧

  • 0001601
    ブログ開設以前はRREさんの掲示板への投稿を続けていました。ここに、その投稿画像をまとめましたので、ご笑覧いただければと思います。

島原鉄道2007

  • Img_2046
    去年の3月に出○ついでに諫早駅周辺、島原鉄道、足を少し伸ばして長崎電軌を訪問しました。島原鉄道の一部廃止は残念です。

JR九州の車両たち、諫早駅周辺

  • Img_2023
    ラストランブームになったなは/あかつきもこのころは全然注目されず。九州はいろんな列車があって楽しめます。

長崎は今日も雨

  • Img_2117
    長崎ではすごい雨にあいました。それにもめげず、撮り鉄に励んできました。

名鉄瀬戸線

  • Img_1926
    名鉄瀬戸線に6750系という大手私鉄最後の吊りかけ車が走っていると聞いて訪問しました。2008.03.24

惜別 0系新幹線 

  • 01 相生駅 0系の横顔
    いよいよ平成20年11月末に引退する0系新幹線。山陽路で活躍していた近年の記録です。

四国の気動車

  • 四国は今でも気動車の天国です。その中でも、普通車の運用に供せられる車両を集めてみました。普通車だけにDCより気動車という言い方が似合います。

名鉄にあったレールバス

  • 到着したレールバスからの乗り換え
    名鉄の三河線、猿投の先には西中金まで延びる単線があり、そこには今ではその姿をほとんど見ることが出来ないレールバスがひっそりと走っていました。1987年4月、2Aカレチさんと訪れた記録です。

名鉄揖斐線

  • 512号車内
    1987年4月に2Aカレチさんと名鉄を訪れました。 揖斐線は一時下車した美濃北方駅と黒野駅での写真です。

名鉄の旧型車

  • 103763
    1987年4月 2Aカレチさんと一緒に名鉄を訪れました。 名鉄の本線あたりでもまだまだ吊り掛け車が走っていました。

名鉄岐阜市内線

  • 08
    1987年4月、2Aカレチさんと名鉄を訪れた。岐阜市内線をとりあえず撮影した後、揖斐線へと向かった。

明延鉱山とともに

  • 04_img_0155
    小学生時代、明延鉱山の学校とクラス同士の文通をした。その場所がどこだか全く知らずに居たが1円電車の存在は知っていた。その地を訪れたのは随分大人になってからとなった。

鍛冶屋線~愛と死をみつめて

  • 09_img_0334
    大正12年に全線が開通した鍛冶屋線はJR後の平成2年、その歴史に幕を下ろした。 また、「愛と死をみつめて」で有名なミコこと大島みち子さんはこの沿線の方で、線路を見下ろす小高い岡の上にお墓がある。

EF65 0番台原色+茶ガマ

  • 103_img_2881
    かつて、全国の直流区間ではおなじみだったEF65の0番台も、今では岡山に集結する11機のみである。そのうち、原色を保っているのはわずか4両となった。

最近のCD

2017年8月31日 (木)

最近のCDから 醒めた演奏とは

よくこの演奏は客観的な解釈だとか、主観的な演奏だという評価がされることがありますね。自分でもそう言っているかもしれませんが。では、そういう演奏ってどういうものかというのは、具体的になかなか表現できません。

B5191e18017fd59cb4f5dcbbee49d6f0ここにある2つの演奏は、聞いていても、決して熱い演奏ではありません。折り目正しく、きっちりとした運びで音楽が淡々と進んでいきます。ただし、ところどころ、おやっと思うフレーズの処理があったりして、それが非常に印象的に聞こえてきたりします。

Arts472442今回のは、一つはバルビローリがハレ管弦楽団を指揮したシューベルトの交響曲第9番「グレート」、もう一つは、ペーター・マークがヴェネト州立パドゥヴァ市管弦楽団を指揮した演奏です。いずれも、あまりメジャーな演奏とは言えませんが、こういう演奏スタイルもあるという事を知るのは面白いですね。

Img_46108864982bd7a2b2aed4c0960ee_2森下典子 こいしいたべもの 文春文庫/読了・・・・・・著者による食べ物とそれにかかわる人物が登場して、ほろっとさせてくれる短編が22も集まった一冊です。女性特有というか、力みのない文が、さらっと流れていく中に、様々な光の様相を見せてくれるような、あくまで柔らかい文章で包み込まれる秀逸な一冊でした。

2017年8月22日 (火)

最近のCDから クレーメル ヴァンデルノート

最近購入したCDに大変面白いものがありましたので紹介します。

31c6d8p4txlひとつは、ギドン・クレーメルが、クレメラータ・バルティカという主兵の合奏団とともに入れたヴィヴァルディとピアソラの四季です。これは、それぞれの作曲家の作品を春夏秋冬として並べたもので、ウィヴァルデイの春の後にピアソラのブエノスアイレスの四季が入るようにです。実に新鮮なクレーメルのヴィヴァルディと後にタンゴチックなピアソラが入って、うきうきした気分になります。

81ri3fibrl__sx355_もう一つは、個性的な指揮者、アンドレ・ヴァンデルノートがベルギー・フランス語放送管弦楽団を指揮した演奏会のライブです。2曲ともチャイコフスキーで、序曲1812年と交響曲第5番ですが、熱のこもった1812年、そして、ゆったりとメロディックな交響曲第5番の演奏に魅了されます。

515nnq4cf4l__sx344_bo1204203200_半藤一利(編集) 学びなおし太平洋戦争 1 文春文庫/読了・・・・・・・・・・・今夏、4冊の冊子として出たシリーズで、秋永芳郎、棟田博が書き、単行本では伊藤正徳、高木惣吉が監修したものを今回、半藤一利が編集しています。もともと青少年用として出た本の為、大変わかりやすい口調で語られています。また、難解な文字には必要以上にルビが振ってあり、刻々と進む情景がありありと再現されていきます。これから残りの3冊に挑むことになりますが、内容も重厚なので、大変読みごたえがありそうです。

2017年6月17日 (土)

最近のCDから モーツァルト 歌劇からの名旋律集

200x_p2_a1042646wモーツァルトの歌劇、ドン・ジョバンニ、フィガロの結婚、後宮からの誘拐、魔笛の中のアリアなどのフレーズを、もとウィーンフィルのフルートの首席で2013年に亡くなったウォルスガング・ショルツと、もとベルリンフィルのオーボエの首席のオーボエ大師匠ことハンスイェルク・シェレンベルガーの二人がデュオで演奏している一枚です。1987年8月、ザルツブルグでの録音です。

これはもう、希代の名手がそろってのことですから、至福と愉悦が入り混じった最高の幸福感の中にある音楽が展開します。特にショルツはウィーン国立歌劇場管弦楽団の団員としても演奏していますから、オペラの深いところまで知り尽くしていますから、そこが演奏に反映されているものと思われます。

2016年12月29日 (木)

最近のCDから カルミニョーラのバッハ

年の瀬も押し詰まってきましたが、ここにきて風邪気味です。数日前から少しずつ鼻の奥がむず痒い状態だったのですが、昨夜から一気に来ました。
 
Img_9725 さて、最近のCDですが、ヴァイオリンのジュリアーノ・カルミニョーラとコンチェルト・ケルンによるバッハのヴァイオリン協奏曲集です。
冴えた音楽、というのが的確な表現になるでしょうか。清々しいとは違った爽快感ですね。
 
来年、5月に芸文ホールでの演奏会、なんと2000円席をゲットしています。
風邪気味ではありますが、音楽のお仲間とちょいと一杯やりに、今から出かけます。
まったく、懲りないことで相済みません。
 
Bt000041034800100101_main_m 太田和彦 居酒屋歳時記 上 小学館文庫/読了・・・・・・太田和彦が全国の居酒屋を巡った手記ですが、この人の好みが反映された素晴らしい居酒屋探訪記なっています。居酒屋、そんなに数多く行ったことはありませんが、毎月の四国の居酒屋さんくらいが常連の顔でしょうか。これを参考に、いろいろなお店を回るのもよさそうですね。

2016年11月 3日 (木)

最近のCDから パールマンのバッハ

21fdiadvfcl イツァ―ク・パールマンというと、現代においてもヴァイオリン界を代表する技巧派で、どんな難曲も軽々と弾きこなしてしまうという印象が強い。
かつて、そういう演奏家は、技術のわりに演奏の深みに欠けるというような演奏批評を多く読んでいたことから、永らくパールマンも聞かずにいたのですね。
 
201004010011_b 今回、このバッハの無伴奏ヴァイオリンソナタとパルティータ全曲を聞いて、目から鱗、耳から何が出るのかわからないけれど、その素晴らしい演奏に聞きほれました。
音色もきれいだし、様々に変化する音楽の様相に魅了されてしまいます。
今までバッハの音楽で気が付いていなかった部分の魅力を深く知らされてしまいました。
 
さて、今日からまたまた恒例の四国詣でです。
先月に比べて、涼しいを通り過ぎて、ずいぶんと寒くなってしまったものです。

2016年8月30日 (火)

最近のCDから グリュミオー、フランソワ

51msvuvfurl 昨日に続いて最近入手した逸品のご紹介です。ひとつは、テレマンの無伴奏ヴァイオリンのための12の幻想曲、アルテュール・グリュミオーのヴァイオリンです。このころの無伴奏物としては、バッハのそれが知られていますが、これはテレマンの曲で、バッハのような厳粛な宗教的雰囲気とは別の次元の自由で闊達な音楽が展開されます。これは、聞いているだけでウキウキしますね。
 
Img001 次いで、ショパンの夜想曲からセレクトされた13曲を一枚にまとめたもの。演奏が何といってもサンソン・フランソワですから、詩情たっぷりに、また突然のパッションが示されるなど、一つ一つの曲へのアプローチも表現も異なりますから、次々に宝箱を開けているような感じです。
 
いずれも大変好みの演奏で、またまた座右の一枚(何枚あるんやろ)が追加されました。

2016年7月13日 (水)

最近のCDから テンシュテットのマーラーなど

Img_7671日曜日に梅田に行き、久しぶりにディスク・ユニオンのクラシック館を覗いてみると、以前より少し配置が変わっていて、探していたコーナーが移動してわからなくなっていた。店員に聞くと、七と立っている真正面にあって、まぁ、そういうものでしょうが。

Img_7667そこにあった中から、テンシュテットがロンドンフィル指揮したマーラーの交響曲から、第3番、第4番、第8番、第9番、第10番のアダージョ、それに子供の不思議な角笛を捕獲。さらに、カール・リヒターが同じくロンドンフィルを指揮したヘンデルのメサイアも。大曲ばかりだが、時間もあるし、天気も悪いし、外へ行くのもままならずなので、何とか聞きこなせるものと思っている。

昼間に土の中から出てきたタイミングの悪いクマゼミ。そっと木に留めてあげた。

2016年2月14日 (日)

最近のCDから ゼルキン 小澤のベートーヴェン

132ルドルフ・ゼルキンのピアノ、小澤征爾指揮ボストン交響楽団の演奏によるベートーヴェンのピアノ協奏曲の第2番と第4番のカップリングの一枚である。ゼルキンというと、レコード芸術などでは重厚なピアニズムに支えられた云々という表現を多用しているが、この演奏はそうではなく、どちらかというと形はシッカリしているけれど、軽やかなテンポと響きで進められていて、重々しさを感じさせられるということは無い。なんとなく相性の良い演奏家同志の出会いという印象を受けました。

本日は、一日法事で時間が取られてしまい、新しいことにチャレンジすることもなく、時間が過ぎていきました。明日から、またいろいろと活躍です。

2016年1月13日 (水)

最近のCDから ショスタコーヴィチ ワルツ集

De3257_2ショスタコーヴィチというと、偉大な15曲の交響曲に代表されるように、大きくて、迫力のある音楽が真骨頂のようですが、実は、組曲、劇音楽、バレエ音楽のなどの中にワルツを数多く残しています。今回はそうしたワルツを集めた一枚をゲット。

コンスタンティン・オルベリアンの指揮、モスクワ室内管弦楽団の演奏です。購入してからわかったのは、このCDの演奏が、ナクソスのライブラリーからネットを通して聞くことができるということでした。まぁ、仕方ないですね。

2015年11月25日 (水)

最近のCDから 朝比奈の第九

Photoハロウィンが終わって、百貨店はじめ商店街はもうクリスマスムードになっているが少し早い感じがするのは私だけだろうか。でも、それに遅れないように今年も第九の一枚を買い足してしまった。朝比奈隆が1985年6月30日に、一連のベートーヴェンチクルスで大阪フィルを振った演奏会録音、今でいうライブである。堂々とした曲の運び、一所懸命についていくオーケストラの様子、少し前の古き良き時代の大阪の楽団の雰囲気が伝わってきました。

今日はこれから、高橋真珠&藤井貴宏、ヴァイオリンとオーボエのデュオ・コンサートに出かけます。打ち上げもあるので、多分午前様の帰りとなることでしょう。では、行って来ます。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

JR貨物 | Jフィル | MIZUMO | T-ストリングス | かぎろひ歴史探訪 | その他 | やまとんくらぶ | アンサンブル ラ・ピアチェーレ | アンサンブル・アルビレオ | アンサンブル・コスモリバティ | アンサンブル・ジョワン | アンサンブル・ツヴァイ | アンサンブル・フリー | アンサンブル・ミンネン | アンサンブル・ヴィオ | ウォーキング鉄 | オルガンコンサート | オーケストラ・アンサンブル・フォルツァ | オーケストラ・ソノリテ | オーケストラ・ノインテ | オーケストラ・ブラヴォー! | オーケストラ・ポミエ | オーケストラ千里山 | オーディオ | カメラ | カンマーフィルハーモニー京都 | クラシックサロン・アマデウス | クラシック音楽 | クランクレーデ | クレセント室内アンサンブル | クレー管弦楽団 | グッド・シーズン・アンサンブル | グルメ | コレギウム・ヨハネス | コレギウム夙川管弦楽団 | セント・マーティン・オーケストラ | ゾンアーベント・アンサンブル | タリヘーレ四重奏団 | ダムカード | テレマン室内オーケストラ | ディスクユニオン | ニイジマ・キネン・オーケストラ | ニュージーランド鉄道 | ハイマート交響楽団 | ハイマート合唱団 | バス | バッハクライス神戸 | バンブスアンサンブル | パソコン | フォンス・フローリス古楽院 | ホール・バルティカ | ミモザの会 | ミュー室内管弦楽団 | メイプルフィル | ライブカメラ | ラグビー | ワンコイン市民コンサート | ヴェデルニコフ | 万葉 | 三宝鉄道 | 上甲ウィンドシンフォニー | 上甲子園中学吹奏楽部 | 交響楽団ひびき | 京急 | 京成 | 京王 | 京都フィロムジカ管弦楽団 | 京都大学交響楽団 | 京阪 | 伊予鉄道 | 伊豆急行 | 六甲フィル | 兵庫医科大学医療大学合同オーケストラ_ | 兵庫芸術文化センター管弦楽団 | 切符 | 初演企画 | 北摂フィル | 北総 | 南海 | 卯之町 | 合唱団 | 吹奏楽 | 吹奏楽団 | 吹田市交響楽団 | 土佐くろしお鉄道 | 土佐日記 | 土佐電 | 地下鉄 | 堺フィル | 夢の国 ニュージーランド | 大井川鉄道 | 大阪センチュリー交響楽団 | 大阪フィルハーモニー交響楽団 | 大阪フロイデ合唱団 | 大阪モーツァルトアンサンブル | 大阪交響楽団 | 大阪市営交通局 | 大阪市営地下鉄 | 大阪市民管弦楽団 | 大阪芸術大学管弦楽団 | 奈良女子大管 | 学園都市交響楽団 | 宝塚響 | 富士急行 | 小田急 | 尼崎市吹奏楽団 | 尼崎市民交響楽団 | 尼崎弦楽アンサンブル | 居酒屋 | 山陽 | 岡山電軌 | 嵐電 | 広島電鉄 | 廃線跡 | 指揮者 | 新京成 | 新幹線 | 旅行 | 日本センチュリー交響楽団 | 最近のCD | 最近のLP | | 東急 | 東武 | 枚方フィル | 武庫川女子大学音楽学部 | 水族館 | 水間鉄道 | 江ノ電 | 父親のアルバムから | 甲南大学OB交響楽団 | 甲南大響 | 甲南女子大学管弦楽団 | 白黒懐かし画像 | 相鉄 | 神戸アンサンブルソロイスツ | 神戸大学響 | 神戸電鉄 | 神戸高校OBオーケストラ | 福井鉄道 | 私の名盤シリーズ | 箕面コンセルト室内合奏団 | 紫苑交響楽団 | 美術 | 聖ソフィア・バラ合唱団/合奏団 | 能勢電 | 芦屋交響楽団 | 芦屋室内合奏団 | | 若林顕 | 落語 | 蒸気機関車 | 藤井貴宏 | 衣笠交響楽団 | 西宮交響楽団 | 西宮探訪 | 見仏 | 豊中市民管弦楽団 | 豊橋鉄道 | 近江鉄道 | 近畿フィルハーモニー管弦楽団 | 近鉄 | 遠州鉄道 | 鉄道 | 長岡京市民管弦楽団 | 長崎電軌 | 長楽庵 | 関西グスタフ・マーラー交響楽団 | 関西フィルハーモニー管弦楽団 | 関西医科学生交響楽団 | 関西学院交響楽団 | 関西SPレコード愛好会 | 阪堺電車 | 阪急 | 阪神 | 阪神タイガース | 静岡鉄道 | 須磨フィル | 飛行機 | 高松琴平電鉄 | 高槻室内管弦楽団 | | 龍谷大学交響楽団 | JR四国 | JR東日本 | JR東海 | JR西日本

フォト

掲示板

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

無料ブログはココログ