国鉄奈良機関区

  • Photo_7
    昭和46年に奈良機関区を訪ねています。変わりやすい天気で、晴れていると思ったら急に雨が降ってきて大変な日でした。

THE 大阪駅~特急編~

  • 16
    中高生のころ、大阪駅はまだ日常の中にはなく、特急列車を撮りに行く特別な場所であった。栄光の時代が残っていた大阪駅に発着する特急列車の姿を封じ込めました。

THE 大阪駅~急行編~

  • 1258
    大阪駅に発着する急行を集めてみました。行き先によっては、ディーゼルカーの急行もあり、思えば楽しい駅だったのですね。ご興味の方は写真帖のずっと下にある「甲子園口急行物語」もご覧ください。

昭和45-47年の天王寺駅

  • キハ58 きのくに
    天王寺駅は単に竜華や奈良方面、阪和方面への乗り換え駅だったが、紀勢線ホームは頭端駅として有名だった。 時折、乗り換えの途中、駅撮りなどしていたようだ。

竜華・昭和46年

  • Photo_3
    昭和46年に数回に分けて竜華へ出陣しています。当時の関西線はローカルそのもの、まだまだ煙も多く残っていました。

甲子園口(その周辺)急行物語

  • Photo_7
    甲子園口西方の踏切があったあたり、そのもう少し西側の日通の倉庫前あたりは友人たちとのたまり場でした。陽が暮れるまで電車の通過を楽しんでいました。

京都駅残照・昭和45年前後

  • Photo_3
    昭和45年当時、京都駅へ行く機会は限られていたが、その中で残していた写真の中からいくつかを抜粋した。 京都の寺社、観光地に興味を持つのはもう少し後になった。

西宮を走った国鉄電車特急・昭和45年頃

  • Photo_2
    国鉄時代、地元西宮でもいろいろな電車特急が走っていた。 そのすべてではないが、手元に残る写真のうちからいくつかを抜粋した。

あぁ上野駅 昭和46年

  • 特急やまびこ
    初めて東京へ行った昭和46年、昔の風情の残る上野駅に間に合いました。

神戸市電 最後の日

  • 星電社前
    1971年3月に神戸市電は歴史を閉じました。その最終日に神戸市内の各所で写真に収めましたが、思えば震災前の神戸の街も封じ込めたことになりました。

東海道のんびり行

  • 24
    昭和49年5月に、当時まだ走っていた急行桜島・高千穂に乗って、のんびり東海道を東上しました。そのときの車窓風景をまとめました。

京阪滝井駅 昭和50年

  • Photo_2
    京阪電車は今年、中ノ島新線の開通や電車の塗装変更、さらに往年の名特急1900系の引退と話題に事欠きませんが、ごく普通に走っていた昭和50年の滝井駅の様子はこんな感じでした。

昔日の近江鉄道

  • Photo_4
    近江鉄道は、学生時代からの万葉旅行会で近江蒲生野へ行くときに撮影した程度だった。これはその一連の名残である。 「茜さす紫野行き標野行き野守りは見ずや妹が袖ふる」

マンモス機 EH10

  • 04
    国鉄が作った最大最強のマンモス電気機関車EH10。 今でこそ、8軸の電機はいろいろあるけれど、目に焼きついているのはこの機関車だ。

京都市電

  • 2607
    京都へ行くと市内の移動はたいてい市電だった。 市電だと京都初心者にもわかりやすかった。 たまにバスに乗るとぐるっと市内の引き回しにあったり、とんでもない方向へ走ったりと痛い目に会ったからだ。

きーんてーつ特急

  • Photo_11
    70年代の近鉄特急の白黒写真を集めてみました。点数も少なく恐縮ですが、関西には少ない観光特急の雰囲気だけでも伝えたい。おまけにあおぞら号も何枚か。

近鉄、ちょっと前の車両たち

  • 1413
    1980年代に撮った近鉄の一般車両の中からチョイスしてみた。少し小さいというだけで、なんだか親しみを感じる車両の面白さもある。

野上電鉄、廃止3週間前

  • キハ28
    1994年3月末をもって廃止された野上電鉄を、廃止3週間前に友人の2Aカレチさんと訪れた。併せて周辺の鉄道へも足を運んだので、藤並駅でみた有田鉄道のキハをおまけに追加した。

阪神5314F 愛

  • Img_6204
    阪神電車最古参の5314Fは5550Fの新規参入によっていよいよ引退の時期を迎えた。この前パン貫通幌を持つ古き阪神電車の顔を残す編成を追いかけた。

ゴハチ

  • 16ef58
    今も人気のEF58ばかりを集めました。近所鉄の西宮、武庫川をはじめ大阪駅、少し遠くて下関。元気にゴハチが走り回っていた時代がありました。

琴電 旧型車を並べて

  • Img_0059
    平成10年から出張が多かった四国ですが、何回かは高松に足を運んで琴電を追いました。古い写真がなぜか見つからないので、旧型車が消える数年前からのものばかりです。

RRE様HP掲載一覧

  • 0001601
    ブログ開設以前はRREさんの掲示板への投稿を続けていました。ここに、その投稿画像をまとめましたので、ご笑覧いただければと思います。

島原鉄道2007

  • Img_2046
    去年の3月に出○ついでに諫早駅周辺、島原鉄道、足を少し伸ばして長崎電軌を訪問しました。島原鉄道の一部廃止は残念です。

JR九州の車両たち、諫早駅周辺

  • Img_2023
    ラストランブームになったなは/あかつきもこのころは全然注目されず。九州はいろんな列車があって楽しめます。

長崎は今日も雨

  • Img_2117
    長崎ではすごい雨にあいました。それにもめげず、撮り鉄に励んできました。

名鉄瀬戸線

  • Img_1926
    名鉄瀬戸線に6750系という大手私鉄最後の吊りかけ車が走っていると聞いて訪問しました。2008.03.24

惜別 0系新幹線 

  • 01 相生駅 0系の横顔
    いよいよ平成20年11月末に引退する0系新幹線。山陽路で活躍していた近年の記録です。

四国の気動車

  • 四国は今でも気動車の天国です。その中でも、普通車の運用に供せられる車両を集めてみました。普通車だけにDCより気動車という言い方が似合います。

名鉄にあったレールバス

  • 到着したレールバスからの乗り換え
    名鉄の三河線、猿投の先には西中金まで延びる単線があり、そこには今ではその姿をほとんど見ることが出来ないレールバスがひっそりと走っていました。1987年4月、2Aカレチさんと訪れた記録です。

名鉄揖斐線

  • 512号車内
    1987年4月に2Aカレチさんと名鉄を訪れました。 揖斐線は一時下車した美濃北方駅と黒野駅での写真です。

名鉄の旧型車

  • 103763
    1987年4月 2Aカレチさんと一緒に名鉄を訪れました。 名鉄の本線あたりでもまだまだ吊り掛け車が走っていました。

名鉄岐阜市内線

  • 08
    1987年4月、2Aカレチさんと名鉄を訪れた。岐阜市内線をとりあえず撮影した後、揖斐線へと向かった。

明延鉱山とともに

  • 04_img_0155
    小学生時代、明延鉱山の学校とクラス同士の文通をした。その場所がどこだか全く知らずに居たが1円電車の存在は知っていた。その地を訪れたのは随分大人になってからとなった。

鍛冶屋線~愛と死をみつめて

  • 09_img_0334
    大正12年に全線が開通した鍛冶屋線はJR後の平成2年、その歴史に幕を下ろした。 また、「愛と死をみつめて」で有名なミコこと大島みち子さんはこの沿線の方で、線路を見下ろす小高い岡の上にお墓がある。

EF65 0番台原色+茶ガマ

  • 103_img_2881
    かつて、全国の直流区間ではおなじみだったEF65の0番台も、今では岡山に集結する11機のみである。そのうち、原色を保っているのはわずか4両となった。

伊予鉄道

2017年10月11日 (水)

秋の四国詣で 伊予鉄市内線

Dsc06677先月の四国詣で、2日目となる9月26日のお昼前は伊予鉄道古町駅で過ごしていました。郊外電車も撮ったし、光線の関係で少し撮りにくいけど、市内線の路面電車も何枚か撮りました。路面電車は今までも飽きるほど撮影しているので、どうしても食指が動きにくいですね。新旧塗装が並んだところの一枚。

Dsc06703さて、松山から卯之町への移動の為、再びJR松山駅前に戻ったところ、タイミングよく坊ちゃん列車がやってきました。昔、本当に走っていた伊予鉄道の蒸気機関車を忠実に再現したディーゼル機関車ですが、実は、後ろの客車も忠実に再現されています。これは良いものが撮れました。

51xgflbgg0l__sx310_bo1204203200_柴田克彦 山本直純と小澤征爾 朝日新書/読了・・・・・・・・この二人がいなかったら日本のクラシックは存在しなかったとも書かれていますが、音楽の普及、大衆化に取り組み、大きな成果を上げた山本直純は、いろいろなことがあって、なかなか正当な評価がされていません。特に、漏れ聞くその天才性について、本書はかなりのページを割いて書かれていますね。それだけでも十分な内容ですが、小澤征爾、はじめ、奇跡的に同年代にそろった日本の音楽の天才たちの関わりを克明に綴られています。

2015年10月 6日 (火)

いよてつの新しい塗装

Dsc00534先日、松山で少し時間を作っていよてつの電車、バスの撮影とした。会社の方針で、オレンジバーミリオンの一色塗装に変わっていくようなので、どんなものかということですね。先ずはこのリムジンがやってきました。背景は城山公園の緑です。

Dsc00597ついで、少し小型の路面電車、69号がやってきました。↑のバスは流れるようなデザインで違和感はなかったのですが、この旧型の路面電車はいけませんね。ボディの感覚が薄っぺらになっています。のっぺらぼうでアクセントの無い表情になっているように思います。

Dsc00623場所を松山城が見えるところへ移動です。ここでは、2000系の新しい低床車がやってきました。これも似合っているとは言えませんが、どちらかというと違和感の少ない印象です。したがって、この塗装は比較的新しい車体には合うかもしれないけれど、古い車体にはイマイチと結論しておきましょう。

2015年6月 5日 (金)

伊予鉄道のこと

Img_3736先週の四国詣での帰りに松山へ少し立ち寄った。西予の方に送っていただいた次第である。とりあえず、道後温泉で下していただき、そのあたりをぶらぶら。ちょうど駅前に坊ちゃん列車が停まっていた。これは中身はディーゼル機関車だが、本当に良くできていると思う。停まっているところを見たら、絶対蒸気機関車だ。

Img_3748JR松山駅前まで戻り、まだ時間があったので、駅前の路面電車を撮影。今回はカメラをもっていかなかったので仕方なくスマホでの撮影。それでも、晴れているのでそこそこの画像になるから不思議だ。背景の御栗タルトも松山らしい。晴れて暑い日でした。

Img_3730ところが、その日の愛媛新聞にはこんな広告が。ちょうど社長が交代したという記事があり、それに呼応するかのように1面広告で伊予鉄道がリニューアルすることを載せていた。特に郊外電車、市内電車、バスを数年掛りでこのバーミリオンオレンジの一色塗装に替えるという。ああ、伊予鉄道、お前もか。

2014年12月24日 (水)

松山の低床車

Img_9833今月の四国詣での帰りに、松山駅前でしばし撮影。いろいろな車種が来る中、新車といってよいのか、低床車がやってきました。この車両、低床部分は中間部だけで、運転台に近いところは車輪が入ることから一段高くなっています。全国的に、路面電車は低床車両ブームですが、本来の利用者を考えると、乗客みんなが足もとが悪いわけではなく、なにもすべて低床にすることないやんかという伊予鉄道に拍手です。

今夜も忘年会、楽しくやらせてもらいました。ということで本日はこれだけ。

2014年11月26日 (水)

伊予鉄のブレーキ操作を見習え

Img_2958先日、伊予鉄道に乗車した時、停車時の運転士のブレーキの掛け方をつぶさに見ていた。停止位置直前で、ブレーキを全放にして滑るように停車位置に停めていた。完全に停車した後、今度はブレーキをマックスでかけて、そして車掌が扉を開けるという連携である。したがって、停車時の急ブレーキによる衝撃が皆無で実に快適だった。

Img_2959昨今のJRの通勤電車の運転士のように、できるだけ速度を落とさずホームに入線し、ブレーキをかけるタイミングが遅いものだから、停車位置に停めるのにも必死で、最後はかなりの衝撃を伴って停車するというのを繰り返している。もう少し、乗り心地の悪さを解消してほしいものだ。

2014年11月18日 (火)

伊予鉄道 郡中港 

Img_2955昨日、今日と毎度の四国詣でに行ってきた。帰りにJR伊予市駅で下車、伊予鉄道の郡中港駅から松山入りを試みた。写真は、伊予市駅の真向かいにある郡中港駅。ここから歩いてすぐに港があるらしい。建物の突出した2階部分は宿直室だろうか。

Img_2956郡中港駅にやってきた京王井の頭線の3000系。今や、伊予鉄道の主力車両になってしまった感がある。高浜線でも、こればっかりになっていた。10編成30両という布陣である。伊予鉄道はこの鉄道独自の新車である610系もあるが、こちらは2編成とあまり増殖していないようだ。

Img_2957さて、すれ違いで同じく京王の5000系の2両編成に出会った。走っている姿は久しぶりだったが、今も元気に活躍しているようだ。松山市駅に向かう間にもう一本の編成にも出会ったので、まだ活躍の場は残っているのだろう。撮影はスマホ。

2014年3月 1日 (土)

なんと自動改札機を廃止してしまった 伊予鉄道

Img_1828 伊予鉄道の郊外線、その松山市駅へ行ってびっくりしてしまった。こういう看板が立っていて、自動改札機を廃止してしまったということらしい。普段の乗客のほとんどはICカード化してしまったのだろうか。それにしても思い切ったことだ。駅の改札口にはこの通り、カードをタッチする機械しか置かれておらず、ずいぶんとすっきりした感じになっている。おやっ、これはいい感じだなぁ。改札口が何だか軽い印象。束縛されていないというか、こういうのもありかもと思ってしまった。

Img_1827 切符を買って入ろうとすると、当然のことだが、磁気面があるのに、パンチを入れられてしまった。これもおかしい感じだなぁ。都会での応用はあるだろうか?ほとんどがICカード化している地域、そういったところも多いし、比率としてどのくらいで見極めるのかなぁ。通勤時のトラブルとかないのかなぁ。いろいろ考えさせてくれた斬新な伊予鉄道でした。

51kscse9cwl__sl500_aa300_ 成瀬宇平 魚料理のサイエンス 新潮文庫/読了・・・・・・魚、それがいったいどの魚種を、どのように食するのがおいしいか、なぜおいしいか、なぜ味が変わるのか、そういうのを科学的に、そしてもっと理論的に解説した一冊。本当に納得の内容で、簡単に読み飛ばすのがもったいなく、ずいぶんと時間がかかってしまった。これは座右の一冊になりそうだ。ただし、この著者と同じ舌を持っているかどうかは自信がないけれど。

2014年2月19日 (水)

雪の松山 伊予鉄道松山市内線

Img_6924 もうずいぶん前の話で恐縮ですが、今月8日には松山で途中下車して路面電車、伊予鉄道松山市内線の車両をJR松山駅前で撮影した。雪がかなり降っていた、どこかへ移動して撮影すること自体、困難な状況だった。早速やってきた50形の77号。

Img_6923 市内線は昼間でもたくさん走っているかと思ったが、それほど立て続けにやってくるということはなく、しばらく降りしきる雪を眺めて時間をつぶさなくてはならない時間もあった。やってくると数両続けてやってくるのだが。同じく50形に属している50系52号。

Img_6920 新しい車両もやってきた。2100形の2108号。扉間は低床車となっている。全面低いのではないけれど、これで十分ではないだろうか。動きもスムーズで乗って見た感じでは好きな車両ではある。とかなんとか撮っているうちに時間が経って、次の特急の出発時刻が近づいてきた。

51zn6lezspl__sl500_aa300_ 宮田珠己 だいたい四国八十八ヶ所 集英社文庫/読了・・・・・・とにかくゆるく四国八十八ヶ所を歩こうと始めたお遍路旅。東京から行ったり来たりの分割お遍路だが、全行程歩いて走破、じゃなく、歩破。内容はともかく、思ったこと、感じたことを目いっぱい文章で表現できるってすごい。頭の中に浮かんでもここまでしっかり、しつこく、克明に書き記すことってなかなかできませんね。また、読んでみたいと思わせるライターでした。

2012年10月20日 (土)

伊予鉄道 郊外線の電車 古町駅

Img_1591 今回の松山ではあまり時間が取れなかったが、やりくりして何とか郊外線の電車も古町駅で撮影できた。元京王の3000系の車両、ここでも3000系のままで運用されている。

Img_1587 伊予鉄道では今年創業125年ということで、このようなデザインを施した車両も走らせている。だんだん125と名付けられている。これも元京王の3000系、記事はこちらへhttp://www.iyotetsu.co.jp/125th/dandan125/

Img_1612 もうご老体になってしまったが、もと京王の5000系がここでは700系として頑張っている。車庫で寝ていたのが運よくシャワーを掛けに出てきたところ。古町では30分ほどの滞在であった。

205327 森真沙子 龍馬 永遠の許嫁 中公文庫/読了・・・・・・龍馬の嫁はお竜さんという人がいたが、それとは別に、剣術修行していた千葉道場の娘、佐那とのロマンスについては司馬遼太郎もひとつのロマンスとして紹介している。本書は佐那のほうから龍馬の思い出を語るという設定で書かれたもの。特に龍馬の最後の様子については詳細に迫力を持って書かれており、実在感のあるものとなっている。明治の元勲たちに語らせている逸話も様々な角度から龍馬の人生に光を与えている。

2012年10月17日 (水)

伊予鉄道 市内線の新車

Img_1531 伊予鉄道の新車、2100系も増殖しているのか、ずいぶんと多くの車両を見た。バリアフリー化した低床車で、運転室に近い部分、ちょうど車輪の上に一段高い座席が設けられている以外は低い位置に座席が配置されている。この一段高い座席は見晴らしも良く、好みの席である。

Img_1540 ただ、2100系は低床に工夫はあるものの、前期50系などに比べると定員が少なく、ラッシュ時に積み残しが出ることがあるという。赤いのと青いのとがあるが違いは判らなかった。サイドに俳句が並べられているのは、いかにも正岡子規を生んだ松山らしい。

Img_1553 2100系は平成14年、ちょうど10年前に誕生したシリーズだが、それより1年前の平成13年に登場したのがレプリカの坊ちゃん列車である。ディーゼルエンジンを積んだ機関車だが、汽笛は響くし、ダミーの煙も出る。ここまで精巧に復元されたら、もうSLと言っても良いくらい。この努力には拍手。

4408550914 北杜夫 私はなぜにしてカンヅメに失敗したか 実業之日本社文庫/読了・・・・・・この24日で北杜夫が亡くなって一年になる。もうあの懐かしい文体が表現されないのか思っていたら、未発表のものが出てきた。孫の成長を書いたデンヤである。デンヤとは孫が発するデンシャという言葉。何ともほほえましいが、解説者が言うように、文体としては弱弱しい部分がある。ただ、そんなことはどうでもよくて、また一つ北杜夫を読めてよかった。ただ、それだけで幸せになるというのもありだ。

うれしかったので写真も大きめにしておこう。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

JR貨物 Jフィル MIZUMO T-ストリングス かぎろひ歴史探訪 その他 みちのくひとり旅 やまとんくらぶ アミーキティア管弦楽団 アンサンブル ラ・ピアチェーレ アンサンブル・アルビレオ アンサンブル・コスモリバティ アンサンブル・ジョワン アンサンブル・ツヴァイ アンサンブル・フリー アンサンブル・ミンネン アンサンブル・ヴィオ ウォーキング鉄 オルガンコンサート オーケストラ・アンサンブル・フォルツァ オーケストラ・クラシック オーケストラ・ソノリテ オーケストラ・ノインテ オーケストラ・ブラヴォー! オーケストラ・ポミエ オーケストラ千里山 オーディオ カメラ カンマーフィルハーモニー京都 カンマーフィルハーモニー神戸 クラシックサロン・アマデウス クラシック音楽 クランクレーデ クレセント室内アンサンブル クレー管弦楽団 グッド・シーズン・アンサンブル グルメ コレギウム・ヨハネス コレギウム夙川管弦楽団 シンフォニア・スピカ セント・マーティン・オーケストラ ゾンアーベント・アンサンブル タリヘーレ四重奏団 ダムカード テレマン室内オーケストラ ディスクユニオン ドイツ紀行 ニイジマ・キネン・オーケストラ ニュージーランド鉄道 ハイマート交響楽団 ハイマート合唱団 バス バッハクライス神戸 バンブスアンサンブル パソコン ファゴット・フェスティバル フェニックスフィル フォンス・フローリス古楽院 プロ野球 ホール・バルティカ ミモザの会 ミュー室内管弦楽団 メイプルフィル ライブカメラ ラグビー ワンコイン市民コンサート ヴェデルニコフ 万葉 三宝鉄道 上甲ウィンドシンフォニー 上甲子園中学吹奏楽部 交響楽団ひびき 京急 京成 京王 京都フィロムジカ管弦楽団 京都プレザントオーケストラ 京都大学交響楽団 京都工芸繊維大学交響楽団 京阪 伊予鉄 伊予鉄道 伊豆急行 信濃の旅 六甲フィル 兵庫医科大学医療大学合同オーケストラ_ 兵庫芸術文化センター管弦楽団 切符 初演企画 北摂フィル 北総 千里フィルハーモニア・大阪 南海 卯之町 叡山電車 合唱団 名鉄 吹奏楽 吹奏楽団 吹田市交響楽団 四国詣で 土佐くろしお鉄道 土佐日記 土佐電 地下鉄 堺フィル 夢の国 ニュージーランド 大井川鉄道 大阪センチュリー交響楽団 大阪フィルハーモニー交響楽団 大阪フロイデ合唱団 大阪メトロ 大阪モーツァルトアンサンブル 大阪交響楽団 大阪市営交通局 大阪市営地下鉄 大阪市民管弦楽団 大阪芸術大学管弦楽団 天理シティオーケストラ 奈良女子大管 奈良歩き 学園都市交響楽団 宝塚響 富士急行 寝屋川市民管弦楽団 小田急 尼崎市吹奏楽団 尼崎市民交響楽団 尼崎弦楽アンサンブル 居酒屋 山陽 岡山電軌 嵐電 川西市民オーケストラ 幻想フィル 広島電鉄 廃線跡 待兼交響楽団 指揮者 新京成 新幹線 旅行 日本センチュリー交響楽団 最近のCD 最近のLP 東京佼成ウィンドオーケストラ 東急 東武 枚方フィル 樹フィル 武庫川女子大学音楽学部 水族館 水間鉄道 江ノ電 父親のアルバムから 甲南大学OB交響楽団 甲南大響 甲南女子大学管弦楽団 白黒懐かし画像 相愛フィルハーモニア 相鉄 神戸アンサンブルソロイスツ 神戸大学響 神戸市地下鉄 神戸電鉄 神戸高校OBオーケストラ 福井鉄道 私の名盤シリーズ 箕面コンセルト室内合奏団 紫苑交響楽団 美術 聖ソフィア・バラ合唱団/合奏団 能勢電 芦屋交響楽団 芦屋室内合奏団 若林顕 落語 蒸気機関車 藤井貴宏 衣笠交響楽団 西宮交響楽団 西宮探訪 西武 見仏 豊中市民管弦楽団 豊橋鉄道 近江鉄道 近畿フィルハーモニー管弦楽団 近鉄 遠州鉄道 鉄道 長岡京市民管弦楽団 長崎電軌 長楽庵 関西グスタフ・マーラー交響楽団 関西フィルハーモニー管弦楽団 関西医科学生交響楽団 関西大学交響楽団 関西学院交響楽団 関西SPレコード愛好会 阪堺電車 阪急 阪神 阪神タイガース 阪神フィル 静岡鉄道 須磨フィル 飛行機 高松琴平電鉄 高槻フィル 高槻室内管弦楽団 龍谷大学交響楽団 JR四国 JR東日本 JR東海 JR西日本

フォト

掲示板

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

無料ブログはココログ