バス

2023年12月12日 (火)

富田林の金剛バス さてどうなる?

Dsc02920_20231212063901

先日、歴史探訪・番外編で訪れた富田林ですが、昨今、この地域を走る金剛バスの事業廃止について話題が盛り上がっています。

当事者となる地元の方々には真摯な話題でしょうが、運転手不足、乗客減少、赤字の累積と日本国中共通の問題が浮き彫りになりました。

Dsc02742_20231212063901

金剛バスの車内です。ある日の昼間、13時35分発のバスですが、私以外のお客さんはいません。

車内の座席ももうずいぶん見たことないほど簡素な座席ですし、運賃の支払いも各種カード不可で現金のみとなっています。

20230911oytni500461

さて、既存路線はこのようなもののようです。

近鉄の富田林駅、貴志駅、上ノ太子駅を起点としていくつかの路線で構成しています。

Unnkouhousinn2

さて、新規となる統廃合された路線を見ると、千早赤阪村のHPではこのような表が出てきました。

これはわかりやすいですね。ただ、これですべてではないようです。

Bauro

貴志駅から発車する路線図を示しているのは太子町のHPです。

近つ飛鳥博物館路線の末端が点線で示されていて少々不安が残りそうですが。

Rosennzu2

これまた別のサイトにあった富田林駅からの新しい路線図です。

大型車両の導入ということは、現在と同じようなバスが導入されるようです。

12月21日以降、しばらく金剛バスを継承した路線の話題で盛り上がることでしょうね。

9784396113261

平林章仁 謎の古代豪族 葛城氏 祥伝社新書/読了・・・・・・大和盆地の西側、明日香に対抗するように葛城山のふもとの地域を中心として5世紀に栄えた葛城氏は、その存在に関する文献も記録もほとんどなく、謎の豪族と言われているそうです。ということで、今回この本にチャレンジしましたが、登場する人の名前を追うだけでもなかなか把握できず、苦労しました。それでも一定の理解が進んだことから、次は渡来人に関する本にチャレンジ、頑張ります。謎の豪族なので、読んでいても謎だらけでした。

2023年10月21日 (土)

事業廃止予定の金剛バス 近鉄富田林駅前 10/3

Dsc01806

10月3日は、歴史探訪・番外編の下見に富田林へ行きましたが、もう一つの目的は今のうちに金剛バスを撮っておこうというものです。

報道にあるように今年の12月の内にバス事業から撤退し、現在のバス路線は全て廃止になるということです。

Dsc01818

現在は、富田林駅前のロータリーにバスが入ってお客さんを乗せて出発していく様子を見ることが出来ますが、近いうちに見られなくなってしまいそうです。

事業廃止の理由が赤字だということのほかに、運転手不足だという切実なものなので、簡単な解決方法が見つかりませんね。

Dsc01807_20231021062101

自治体を含めた今後の協議の中では、近鉄バスと南海バスに一部の事業が譲渡され、少なからずの本数が確保される方向で検討されているようですが、減便は避けられないようです。

減便すると余計に利用率が低下して収益性が悪くなるので、明るい未来が残っているというわけにはいかないものと思います。

Dsc01809

これは歴史探訪・番外編で利用する近つ飛鳥博物館行きのバスの時刻表です。

一時間に一本あるのはまだましな方なのかもしれませんね。13時35分のバスに乗る予定です。

時刻表の右上にはバス事業廃止のお知らせが貼られていました。

Dsc01814_20231021062101

現在の金剛バスの路線図とそれぞの停車駅の案内が駅前にありました。

金剛バスは、私鉄系のグループにも入っていない単独でのバス事業なので、なかなか自社だけでは解決できなかったのでしょうね。

2017年3月24日 (金)

あっと驚く阪神バス尼崎市内線車両の色

Img_0689 大阪市の交通局が民営化される模様ですが、尼崎市ではいち早く市バスが阪神バスに売却されて、もうすぐ1年になります。バスは尼崎市営の塗装のまま走っていましたが、最近投入された新車の塗装は、このようになっています。
知ってる人は、おおっ!、という色ですね。
 
Img_0 この塗装色は、阪神電車に昭和33年に登場した初代ジェットカーで採用されたとそうじゃないですか。今では、このようなカードでしか見ることはできませんが、小生の記憶にもうっすらと残っています。
この塗装をバスに施した阪神バスのセンスに座布団一枚ですね。

2014年12月16日 (火)

福山駅前のバス

Img_9782先日の福山行きでは、到着後待ち合わせの時刻まで少々時間があった。福塩線の撮影も終わったので、駅前のロータリーに出ると、地方都市らしく多くのバスの発着が見られた。入っているバスは中国バスとトモテツバスの2つらしい。

Img_9785Img_9786Img_9787Img_9792Img_9793

ということで、今朝は、2Aカレチさん向けにバスを並べてみました。同じトモテツバスでも、それぞれ少しずつ車種が違うようで。・・・・・・今夜も帰りが遅くなる見込みなので早朝からの更新です。

その他のカテゴリー

2019四国の旅 JR貨物 Rayフィル かぎろひ歴史探訪 かぶとやま交響楽団 きまぐれ歴史探訪 きまぐれ音楽探訪 その他 ひばりガ丘合奏団 みちのくひとり旅 やまとんくらぶ アイチャンオケ アミーキティア管弦楽団 アンサンブル ラ・ピアチェーレ アンサンブル・アルビレオ アンサンブル・シュシュ アンサンブル・ジョワン アンサンブル・ツヴァイ アンサンブル・デッラ・スフィーダ アンサンブル・フリー アンサンブル・プテイ・タ・プティ アンサンブル・ペルーシュ アンサンブル・ヴィオ インターネット ウォーキング鉄 オーケストラ・アンサンブル・フォルツァ オーケストラ・アンサンブル京都 オーケストラ・クラシック オーケストラ・ソノリテ オーケストラ・ノインテ オーケストラ・ブラヴォー! オーケストラ・ポミエ オーケストラ千里山 オーディオ カメラ カンマーフィルハーモニー神戸 クラシックサロン・アマデウス クラシック音楽 クラシック音楽カフェ クランクレーデ クレセント室内アンサンブル クレー管弦楽団 グルメ コレギウム・ヨハネス コレギウム夙川管弦楽団 シュペーテ弦楽四重奏団 シンフォニア・スピカ セント・マーティン・オーケストラ ディスクユニオン ドイツ紀行 ニュージーランド鉄道 バス バンブスアンサンブル パソコン ファゴット・フェスティバル フェニックスフィル ブレスシンフォニーオーケストラ プリモパッソオーケストラ プロ野球 ホール・バルティカ メイプルフィル ライブカメラ ラグビー ワンコイン市民コンサート ヴェデルニコフ 万葉 三宝鉄道 上甲ウィンドシンフォニー 上甲子園中学吹奏楽部 交響楽団ひびき 京急 京成 京王 京都プレザントオーケストラ 京都工芸繊維大学交響楽団 京阪 今峰由香 伊予鉄 伊予鉄道 伊豆急行 保存車 信濃の旅 八尾フィル 六甲フィル 六甲ライナー 兵庫医科大学医療大学合同オーケストラ_ 兵庫芸術文化センターワンコインコンサート 兵庫芸術文化センター管弦楽団 写真展 切符 初演企画 北大阪急行 北摂フィル 北条鉄道 千里バロック合奏団 千里フィルハーモニア・大阪 南海 卯之町 叡山電車 名指揮者列伝 名鉄 吹奏楽 吹奏楽団 吹田市交響楽団 四国詣で 土佐日記 土佐電 地下鉄 堺フィル 夢の国 ニュージーランド 大井川鉄道 大阪ハイドンアンサンブル 大阪フィルハーモニー交響楽団 大阪メトロ 大阪モノレール 大阪モーツァルトアンサンブル 大阪交響楽団 大阪市営地下鉄 大阪市民管弦楽団 大阪芸術大学管弦楽団 天理シティオーケストラ 奈良歩き 学園都市交響楽団 宝塚ヒルズ室内オーケストラ 宝塚響 富士急行 寝屋川市民管弦楽団 小田急 尼崎市吹奏楽団 尼崎市民交響楽団 居酒屋 山陽 岡山電軌 嵐電 川西市民オーケストラ 幻想フィル 広島電鉄 廃線跡 待兼交響楽団 指揮者 新幹線 旅行 日本センチュリー交響楽団 最近のCD 最近のLP 東京佼成ウィンドオーケストラ 東急 枚方フィル 柴田由貴 樹フィル 武庫川女子大学音楽学部 歴史探訪 水族館 江ノ電 父親のアルバムから 甲南大学OB交響楽団 甲南大響 甲南女子大学管弦楽団 白黒懐かし画像 相愛オーケストラ 相愛フィルハーモニア 神戸アンサンブルソロイスツ 神戸市地下鉄 神戸電鉄 福井鉄道 紫苑交響楽団 美術 能・狂言 能勢電 芦屋フィル 芦屋交響楽団 芦屋室内合奏団 若林顕 華ノ音 落語 蒸気機関車 藤井貴宏 藤田真央 街歩き 衣笠交響楽団 西宮交響楽団 西宮探訪 西武 豊中市民管弦楽団 豊橋鉄道 辻本玲 近畿フィルハーモニー管弦楽団 近鉄 遠州鉄道 鉄道 鉄道前面展望 長楽庵 関西グスタフ・マーラー交響楽団 関西フィルハーモニー管弦楽団 関西医科学生交響楽団 関西大学OB交響楽団 関西大学交響楽団 関西学院交響楽団 阪堺電車 阪急 阪神 阪神タイガース 阪神フィル 静岡鉄道 飛行機 高松琴平電鉄 高槻フィル 高槻室内管弦楽団 高橋真珠 JR四国 JR東日本 JR東海 JR西日本

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー