国鉄奈良機関区

  • Photo_7
    昭和46年に奈良機関区を訪ねています。変わりやすい天気で、晴れていると思ったら急に雨が降ってきて大変な日でした。

THE 大阪駅~特急編~

  • 16
    中高生のころ、大阪駅はまだ日常の中にはなく、特急列車を撮りに行く特別な場所であった。栄光の時代が残っていた大阪駅に発着する特急列車の姿を封じ込めました。

THE 大阪駅~急行編~

  • 1258
    大阪駅に発着する急行を集めてみました。行き先によっては、ディーゼルカーの急行もあり、思えば楽しい駅だったのですね。ご興味の方は写真帖のずっと下にある「甲子園口急行物語」もご覧ください。

昭和45-47年の天王寺駅

  • キハ58 きのくに
    天王寺駅は単に竜華や奈良方面、阪和方面への乗り換え駅だったが、紀勢線ホームは頭端駅として有名だった。 時折、乗り換えの途中、駅撮りなどしていたようだ。

竜華・昭和46年

  • Photo_3
    昭和46年に数回に分けて竜華へ出陣しています。当時の関西線はローカルそのもの、まだまだ煙も多く残っていました。

甲子園口(その周辺)急行物語

  • Photo_7
    甲子園口西方の踏切があったあたり、そのもう少し西側の日通の倉庫前あたりは友人たちとのたまり場でした。陽が暮れるまで電車の通過を楽しんでいました。

京都駅残照・昭和45年前後

  • Photo_3
    昭和45年当時、京都駅へ行く機会は限られていたが、その中で残していた写真の中からいくつかを抜粋した。 京都の寺社、観光地に興味を持つのはもう少し後になった。

西宮を走った国鉄電車特急・昭和45年頃

  • Photo_2
    国鉄時代、地元西宮でもいろいろな電車特急が走っていた。 そのすべてではないが、手元に残る写真のうちからいくつかを抜粋した。

あぁ上野駅 昭和46年

  • 特急やまびこ
    初めて東京へ行った昭和46年、昔の風情の残る上野駅に間に合いました。

神戸市電 最後の日

  • 星電社前
    1971年3月に神戸市電は歴史を閉じました。その最終日に神戸市内の各所で写真に収めましたが、思えば震災前の神戸の街も封じ込めたことになりました。

東海道のんびり行

  • 24
    昭和49年5月に、当時まだ走っていた急行桜島・高千穂に乗って、のんびり東海道を東上しました。そのときの車窓風景をまとめました。

京阪滝井駅 昭和50年

  • Photo_2
    京阪電車は今年、中ノ島新線の開通や電車の塗装変更、さらに往年の名特急1900系の引退と話題に事欠きませんが、ごく普通に走っていた昭和50年の滝井駅の様子はこんな感じでした。

昔日の近江鉄道

  • Photo_4
    近江鉄道は、学生時代からの万葉旅行会で近江蒲生野へ行くときに撮影した程度だった。これはその一連の名残である。 「茜さす紫野行き標野行き野守りは見ずや妹が袖ふる」

マンモス機 EH10

  • 04
    国鉄が作った最大最強のマンモス電気機関車EH10。 今でこそ、8軸の電機はいろいろあるけれど、目に焼きついているのはこの機関車だ。

京都市電

  • 2607
    京都へ行くと市内の移動はたいてい市電だった。 市電だと京都初心者にもわかりやすかった。 たまにバスに乗るとぐるっと市内の引き回しにあったり、とんでもない方向へ走ったりと痛い目に会ったからだ。

きーんてーつ特急

  • Photo_11
    70年代の近鉄特急の白黒写真を集めてみました。点数も少なく恐縮ですが、関西には少ない観光特急の雰囲気だけでも伝えたい。おまけにあおぞら号も何枚か。

近鉄、ちょっと前の車両たち

  • 1413
    1980年代に撮った近鉄の一般車両の中からチョイスしてみた。少し小さいというだけで、なんだか親しみを感じる車両の面白さもある。

野上電鉄、廃止3週間前

  • キハ28
    1994年3月末をもって廃止された野上電鉄を、廃止3週間前に友人の2Aカレチさんと訪れた。併せて周辺の鉄道へも足を運んだので、藤並駅でみた有田鉄道のキハをおまけに追加した。

阪神5314F 愛

  • Img_6204
    阪神電車最古参の5314Fは5550Fの新規参入によっていよいよ引退の時期を迎えた。この前パン貫通幌を持つ古き阪神電車の顔を残す編成を追いかけた。

ゴハチ

  • 16ef58
    今も人気のEF58ばかりを集めました。近所鉄の西宮、武庫川をはじめ大阪駅、少し遠くて下関。元気にゴハチが走り回っていた時代がありました。

琴電 旧型車を並べて

  • Img_0059
    平成10年から出張が多かった四国ですが、何回かは高松に足を運んで琴電を追いました。古い写真がなぜか見つからないので、旧型車が消える数年前からのものばかりです。

RRE様HP掲載一覧

  • 0001601
    ブログ開設以前はRREさんの掲示板への投稿を続けていました。ここに、その投稿画像をまとめましたので、ご笑覧いただければと思います。

島原鉄道2007

  • Img_2046
    去年の3月に出○ついでに諫早駅周辺、島原鉄道、足を少し伸ばして長崎電軌を訪問しました。島原鉄道の一部廃止は残念です。

JR九州の車両たち、諫早駅周辺

  • Img_2023
    ラストランブームになったなは/あかつきもこのころは全然注目されず。九州はいろんな列車があって楽しめます。

長崎は今日も雨

  • Img_2117
    長崎ではすごい雨にあいました。それにもめげず、撮り鉄に励んできました。

名鉄瀬戸線

  • Img_1926
    名鉄瀬戸線に6750系という大手私鉄最後の吊りかけ車が走っていると聞いて訪問しました。2008.03.24

惜別 0系新幹線 

  • 01 相生駅 0系の横顔
    いよいよ平成20年11月末に引退する0系新幹線。山陽路で活躍していた近年の記録です。

四国の気動車

  • 四国は今でも気動車の天国です。その中でも、普通車の運用に供せられる車両を集めてみました。普通車だけにDCより気動車という言い方が似合います。

名鉄にあったレールバス

  • 到着したレールバスからの乗り換え
    名鉄の三河線、猿投の先には西中金まで延びる単線があり、そこには今ではその姿をほとんど見ることが出来ないレールバスがひっそりと走っていました。1987年4月、2Aカレチさんと訪れた記録です。

名鉄揖斐線

  • 512号車内
    1987年4月に2Aカレチさんと名鉄を訪れました。 揖斐線は一時下車した美濃北方駅と黒野駅での写真です。

名鉄の旧型車

  • 103763
    1987年4月 2Aカレチさんと一緒に名鉄を訪れました。 名鉄の本線あたりでもまだまだ吊り掛け車が走っていました。

名鉄岐阜市内線

  • 08
    1987年4月、2Aカレチさんと名鉄を訪れた。岐阜市内線をとりあえず撮影した後、揖斐線へと向かった。

明延鉱山とともに

  • 04_img_0155
    小学生時代、明延鉱山の学校とクラス同士の文通をした。その場所がどこだか全く知らずに居たが1円電車の存在は知っていた。その地を訪れたのは随分大人になってからとなった。

鍛冶屋線~愛と死をみつめて

  • 09_img_0334
    大正12年に全線が開通した鍛冶屋線はJR後の平成2年、その歴史に幕を下ろした。 また、「愛と死をみつめて」で有名なミコこと大島みち子さんはこの沿線の方で、線路を見下ろす小高い岡の上にお墓がある。

EF65 0番台原色+茶ガマ

  • 103_img_2881
    かつて、全国の直流区間ではおなじみだったEF65の0番台も、今では岡山に集結する11機のみである。そのうち、原色を保っているのはわずか4両となった。

大阪交響楽団

2018年11月21日 (水)

大阪交響楽団第32回いずみホール定期演奏会

Thumbnail_image1今日は、昼から大阪のいずみホールへ出かけ、大阪交響楽団による第32回いずみホール定期演奏会を聞きました。平日の昼間のコンサートですが、多くのお客さんが詰めかけていました。寒すぎず、また日が当たっても暑く感じないちょうど良い気候ですね。いずみホール横の川沿いの桜も色づいていました。

Thumbnail_image2今日は、現役最長老の87歳の指揮者、外山雄三さんの指揮で、ベートーヴェンの交響曲第4番、第5番「運命」という鉄壁のプログラムです。

最初の第4番は、悠揚迫らぬ実にゆったりとしたテンポで進められ、この曲にして40分ほどを要しました。今の音楽界でこんなにゆったりとしたベートーヴェンを提示してくれる指揮者がほかにあるでしょうか。ひと昔前の欧州の大巨匠たちの演奏をほうふつとさせる大きな音楽となりました。まさか、こんなベートーヴェンが聞けるとは思いませんでした。

Photo休憩の後は、同じくベートーヴェンの交響曲第5番ですが、これも速いところは少しゆっくりめ、遅いところは実にゆっくりと歌い上げるという進み方で、音楽の隅々までもが明らかになっていくような感覚を得ました。

頭に浮かぶ過去の演奏、誰だろう、、、クレンペラー、、、、、カイルベルト、、、、フリッチャイ、、、、、、やはり朝比奈隆かなぁ。

2013年1月31日 (木)

大阪交響楽団第172回定期演奏会

Img_0362ちょいと寒さが緩んだ本日の宵、ご近所にお住いのベースの熊さんのご招待で、ザ・シンフォニーホールで開催された大阪交響楽団第172回定期演奏会を聞いた。この楽団、指揮者が登場するずいぶん前から楽員がステージでパカパカ音出しをしている。少ないながら、知る限りではほかのプロオーケストラでは見られない風景である。指揮者は尾高忠明、チェロは横坂源。

さて、このオケは非有名曲を集めて定期演奏会を行うのをひとつのスタイルにしているが、本日も、ディーリアスの「楽園の道」、エルガーのチェロ協奏曲、休憩を挟んでウォルトンの交響曲第1番というプログラムが並んだ。

Img_0363ディーリアスは独特の中間色の世界が展開され大変美しかった。エルガーのチェロは大変骨太で、しっかりした筆致で描かれた書道の文字のよう。最近、優秀なチェリストが幾人か出てきているが彼も素晴らしい。ウォルトンは初めて聴いたが、大変メッセージ性の強い楽曲で、一気に聞かせる内容だった。ティンパニの音がいろいろと効果的に使われていた。

演奏途中で携帯音が鳴り響いたり、ひとりスタンディングオーべーションで盛り上がる目障りな客とか、空いている席に座りなおした客に元に戻るよういちいち説得する係員やら、場外では何かと騒がしかった。

2012年12月27日 (木)

大阪交響楽団 特別演奏会 感動の第九

Img_0229空気が凍りついたかと思える本日、夕方からザ・シンフォニーホールで開かれた大阪交響楽団 特別演奏会 感動の第九と銘打ったコンサートを聞いた。なまで第九を聴くのも久しぶりのような気がする。

前半はソプラノの福田祥子をメインとしたプッチーニの歌劇「蝶々夫人」からいくつかの場面が披露され、この大柄の身体から発せられるスケール感のある美声に酔いしれた。なんだか、ワーグナーも歌えそうな雰囲気があったよ。

Img_0230後半はいよいよ第九であるが、全体として淡々と進められたという印象。年配の方が多く見られた合唱の皆様も、第4楽章はほとんど立ちっぱなしだったし、本当にお疲れ様でした。

なぜか、前の座席のナンバーに反応してしまい、一枚撮影してしまった。鉄道ファンの皆様なら気になってしまいますよね。そうすると、51番や13番の撮影も行かねばなりませぬ。

2012年11月29日 (木)

大阪交響楽団第171回定期演奏会

121129g 大阪シンフォニカーのほうが頭の中では整理がつくのだが、いまや大阪交響楽団という名称になったオーケストラの第171回定期演奏会を聴いた。本日は、児玉宏の指揮、小森輝彦のバリトンで、ハンス・プフィッツナーとリヒャルト・シュトラウスという世紀末から20世紀にかけて活躍した二人の作品が並べられた。

前半は、プフィッツナーの小交響曲とオーケストラの伴奏つきの歌曲が4曲。いずれも、近代を感じさせないナイーブな旋律でまとめられている印象で、あの激動のヨーロッパの時代になぜこのような静かな音楽が誕生したのか、不思議なくらいだ。

Img_0089 後半は、リヒャルト・シュトラウスの歌曲が2曲と楽劇「ばらの騎士」からの組曲。リヒャルト・シュトラウスの曲になると、ステージがパッと明るくなったよう。音楽の厚みも色彩もぐっと増えた。プフィッツナーは繊細だが、シュトラウスには豪華なイメージが伝わってくる。特にばらの騎士は甘美で芳醇な音楽が流れる。ただし、児玉の指揮はあくまで品を漂わせたもので、あくどい印象は与えない。オーケストラも金管は音色もそろっているし、うまいなぁ。

Img_0090 大阪交響楽団をひさしぶりに聞いたが、何ともお客さんが入っていない。プフィッナーではお客は呼べないのか。来年のプログラムを見ても、ハンス・ロット、マルトゥッチ、パウルス、フランツ・シュミット、ヘルマン・ゲッツとこれだけ音楽を聴いている小生でもぶつかったことのない作曲家の作品が並んでいる。意欲的なことはわかるが、弦楽器の半分近くをエキストラで賄わなくてはならない状況で、楽曲の選択だけ特殊に先鋭化していくのもどんなものだろうか。

その他のカテゴリー

JR貨物 Jフィル MIZUMO T-ストリングス かぎろひ歴史探訪 その他 みちのくひとり旅 やまとんくらぶ アミーキティア管弦楽団 アンサンブル ラ・ピアチェーレ アンサンブル・アルビレオ アンサンブル・コスモリバティ アンサンブル・ジョワン アンサンブル・ツヴァイ アンサンブル・フリー アンサンブル・ミンネン アンサンブル・ヴィオ ウォーキング鉄 オルガンコンサート オーケストラ・アンサンブル・フォルツァ オーケストラ・クラシック オーケストラ・ソノリテ オーケストラ・ノインテ オーケストラ・ブラヴォー! オーケストラ・ポミエ オーケストラ千里山 オーディオ カメラ カンマーフィルハーモニー京都 カンマーフィルハーモニー神戸 クラシックサロン・アマデウス クラシック音楽 クランクレーデ クレセント室内アンサンブル クレー管弦楽団 グッド・シーズン・アンサンブル グルメ コレギウム・ヨハネス コレギウム夙川管弦楽団 シンフォニア・スピカ セント・マーティン・オーケストラ ゾンアーベント・アンサンブル タリヘーレ四重奏団 ダムカード テレマン室内オーケストラ ディスクユニオン ドイツ紀行 ニイジマ・キネン・オーケストラ ニュージーランド鉄道 ハイマート交響楽団 ハイマート合唱団 バス バッハクライス神戸 バンブスアンサンブル パソコン ファゴット・フェスティバル フェニックスフィル フォンス・フローリス古楽院 プロ野球 ホール・バルティカ ミモザの会 ミュー室内管弦楽団 メイプルフィル ライブカメラ ラグビー ワンコイン市民コンサート ヴェデルニコフ 万葉 三宝鉄道 上甲ウィンドシンフォニー 上甲子園中学吹奏楽部 交響楽団ひびき 京急 京成 京王 京都フィロムジカ管弦楽団 京都プレザントオーケストラ 京都大学交響楽団 京都工芸繊維大学交響楽団 京阪 伊予鉄 伊予鉄道 伊豆急行 信濃の旅 六甲フィル 兵庫医科大学医療大学合同オーケストラ_ 兵庫芸術文化センター管弦楽団 切符 初演企画 北摂フィル 北総 千里フィルハーモニア・大阪 南海 卯之町 叡山電車 合唱団 名鉄 吹奏楽 吹奏楽団 吹田市交響楽団 四国詣で 土佐くろしお鉄道 土佐日記 土佐電 地下鉄 堺フィル 夢の国 ニュージーランド 大井川鉄道 大阪センチュリー交響楽団 大阪フィルハーモニー交響楽団 大阪フロイデ合唱団 大阪メトロ 大阪モーツァルトアンサンブル 大阪交響楽団 大阪市営交通局 大阪市営地下鉄 大阪市民管弦楽団 大阪芸術大学管弦楽団 奈良女子大管 奈良歩き 学園都市交響楽団 宝塚響 富士急行 寝屋川市民管弦楽団 小田急 尼崎市吹奏楽団 尼崎市民交響楽団 尼崎弦楽アンサンブル 居酒屋 山陽 岡山電軌 嵐電 川西市民オーケストラ 幻想フィル 広島電鉄 廃線跡 待兼交響楽団 指揮者 新京成 新幹線 旅行 日本センチュリー交響楽団 最近のCD 最近のLP 東京佼成ウィンドオーケストラ 東急 東武 枚方フィル 樹フィル 武庫川女子大学音楽学部 水族館 水間鉄道 江ノ電 父親のアルバムから 甲南大学OB交響楽団 甲南大響 甲南女子大学管弦楽団 白黒懐かし画像 相愛フィルハーモニア 相鉄 神戸アンサンブルソロイスツ 神戸大学響 神戸市地下鉄 神戸電鉄 神戸高校OBオーケストラ 福井鉄道 私の名盤シリーズ 箕面コンセルト室内合奏団 紫苑交響楽団 美術 聖ソフィア・バラ合唱団/合奏団 能勢電 芦屋交響楽団 芦屋室内合奏団 若林顕 落語 蒸気機関車 藤井貴宏 衣笠交響楽団 西宮交響楽団 西宮探訪 西武 見仏 豊中市民管弦楽団 豊橋鉄道 近江鉄道 近畿フィルハーモニー管弦楽団 近鉄 遠州鉄道 鉄道 長岡京市民管弦楽団 長崎電軌 長楽庵 関西グスタフ・マーラー交響楽団 関西フィルハーモニー管弦楽団 関西医科学生交響楽団 関西大学交響楽団 関西学院交響楽団 関西SPレコード愛好会 阪堺電車 阪急 阪神 阪神タイガース 阪神フィル 静岡鉄道 須磨フィル 飛行機 高松琴平電鉄 高槻室内管弦楽団 龍谷大学交響楽団 JR四国 JR東日本 JR東海 JR西日本

フォト

掲示板

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

無料ブログはココログ