国鉄奈良機関区

  • Photo_7
    昭和46年に奈良機関区を訪ねています。変わりやすい天気で、晴れていると思ったら急に雨が降ってきて大変な日でした。

THE 大阪駅~特急編~

  • 16
    中高生のころ、大阪駅はまだ日常の中にはなく、特急列車を撮りに行く特別な場所であった。栄光の時代が残っていた大阪駅に発着する特急列車の姿を封じ込めました。

THE 大阪駅~急行編~

  • 1258
    大阪駅に発着する急行を集めてみました。行き先によっては、ディーゼルカーの急行もあり、思えば楽しい駅だったのですね。ご興味の方は写真帖のずっと下にある「甲子園口急行物語」もご覧ください。

昭和45-47年の天王寺駅

  • キハ58 きのくに
    天王寺駅は単に竜華や奈良方面、阪和方面への乗り換え駅だったが、紀勢線ホームは頭端駅として有名だった。 時折、乗り換えの途中、駅撮りなどしていたようだ。

竜華・昭和46年

  • Photo_3
    昭和46年に数回に分けて竜華へ出陣しています。当時の関西線はローカルそのもの、まだまだ煙も多く残っていました。

甲子園口(その周辺)急行物語

  • Photo_7
    甲子園口西方の踏切があったあたり、そのもう少し西側の日通の倉庫前あたりは友人たちとのたまり場でした。陽が暮れるまで電車の通過を楽しんでいました。

京都駅残照・昭和45年前後

  • Photo_3
    昭和45年当時、京都駅へ行く機会は限られていたが、その中で残していた写真の中からいくつかを抜粋した。 京都の寺社、観光地に興味を持つのはもう少し後になった。

西宮を走った国鉄電車特急・昭和45年頃

  • Photo_2
    国鉄時代、地元西宮でもいろいろな電車特急が走っていた。 そのすべてではないが、手元に残る写真のうちからいくつかを抜粋した。

あぁ上野駅 昭和46年

  • 特急やまびこ
    初めて東京へ行った昭和46年、昔の風情の残る上野駅に間に合いました。

神戸市電 最後の日

  • 星電社前
    1971年3月に神戸市電は歴史を閉じました。その最終日に神戸市内の各所で写真に収めましたが、思えば震災前の神戸の街も封じ込めたことになりました。

東海道のんびり行

  • 24
    昭和49年5月に、当時まだ走っていた急行桜島・高千穂に乗って、のんびり東海道を東上しました。そのときの車窓風景をまとめました。

京阪滝井駅 昭和50年

  • Photo_2
    京阪電車は今年、中ノ島新線の開通や電車の塗装変更、さらに往年の名特急1900系の引退と話題に事欠きませんが、ごく普通に走っていた昭和50年の滝井駅の様子はこんな感じでした。

昔日の近江鉄道

  • Photo_4
    近江鉄道は、学生時代からの万葉旅行会で近江蒲生野へ行くときに撮影した程度だった。これはその一連の名残である。 「茜さす紫野行き標野行き野守りは見ずや妹が袖ふる」

マンモス機 EH10

  • 04
    国鉄が作った最大最強のマンモス電気機関車EH10。 今でこそ、8軸の電機はいろいろあるけれど、目に焼きついているのはこの機関車だ。

京都市電

  • 2607
    京都へ行くと市内の移動はたいてい市電だった。 市電だと京都初心者にもわかりやすかった。 たまにバスに乗るとぐるっと市内の引き回しにあったり、とんでもない方向へ走ったりと痛い目に会ったからだ。

きーんてーつ特急

  • Photo_11
    70年代の近鉄特急の白黒写真を集めてみました。点数も少なく恐縮ですが、関西には少ない観光特急の雰囲気だけでも伝えたい。おまけにあおぞら号も何枚か。

近鉄、ちょっと前の車両たち

  • 1413
    1980年代に撮った近鉄の一般車両の中からチョイスしてみた。少し小さいというだけで、なんだか親しみを感じる車両の面白さもある。

野上電鉄、廃止3週間前

  • キハ28
    1994年3月末をもって廃止された野上電鉄を、廃止3週間前に友人の2Aカレチさんと訪れた。併せて周辺の鉄道へも足を運んだので、藤並駅でみた有田鉄道のキハをおまけに追加した。

阪神5314F 愛

  • Img_6204
    阪神電車最古参の5314Fは5550Fの新規参入によっていよいよ引退の時期を迎えた。この前パン貫通幌を持つ古き阪神電車の顔を残す編成を追いかけた。

ゴハチ

  • 16ef58
    今も人気のEF58ばかりを集めました。近所鉄の西宮、武庫川をはじめ大阪駅、少し遠くて下関。元気にゴハチが走り回っていた時代がありました。

琴電 旧型車を並べて

  • Img_0059
    平成10年から出張が多かった四国ですが、何回かは高松に足を運んで琴電を追いました。古い写真がなぜか見つからないので、旧型車が消える数年前からのものばかりです。

RRE様HP掲載一覧

  • 0001601
    ブログ開設以前はRREさんの掲示板への投稿を続けていました。ここに、その投稿画像をまとめましたので、ご笑覧いただければと思います。

島原鉄道2007

  • Img_2046
    去年の3月に出○ついでに諫早駅周辺、島原鉄道、足を少し伸ばして長崎電軌を訪問しました。島原鉄道の一部廃止は残念です。

JR九州の車両たち、諫早駅周辺

  • Img_2023
    ラストランブームになったなは/あかつきもこのころは全然注目されず。九州はいろんな列車があって楽しめます。

長崎は今日も雨

  • Img_2117
    長崎ではすごい雨にあいました。それにもめげず、撮り鉄に励んできました。

名鉄瀬戸線

  • Img_1926
    名鉄瀬戸線に6750系という大手私鉄最後の吊りかけ車が走っていると聞いて訪問しました。2008.03.24

惜別 0系新幹線 

  • 01 相生駅 0系の横顔
    いよいよ平成20年11月末に引退する0系新幹線。山陽路で活躍していた近年の記録です。

四国の気動車

  • 四国は今でも気動車の天国です。その中でも、普通車の運用に供せられる車両を集めてみました。普通車だけにDCより気動車という言い方が似合います。

名鉄にあったレールバス

  • 到着したレールバスからの乗り換え
    名鉄の三河線、猿投の先には西中金まで延びる単線があり、そこには今ではその姿をほとんど見ることが出来ないレールバスがひっそりと走っていました。1987年4月、2Aカレチさんと訪れた記録です。

名鉄揖斐線

  • 512号車内
    1987年4月に2Aカレチさんと名鉄を訪れました。 揖斐線は一時下車した美濃北方駅と黒野駅での写真です。

名鉄の旧型車

  • 103763
    1987年4月 2Aカレチさんと一緒に名鉄を訪れました。 名鉄の本線あたりでもまだまだ吊り掛け車が走っていました。

名鉄岐阜市内線

  • 08
    1987年4月、2Aカレチさんと名鉄を訪れた。岐阜市内線をとりあえず撮影した後、揖斐線へと向かった。

明延鉱山とともに

  • 04_img_0155
    小学生時代、明延鉱山の学校とクラス同士の文通をした。その場所がどこだか全く知らずに居たが1円電車の存在は知っていた。その地を訪れたのは随分大人になってからとなった。

鍛冶屋線~愛と死をみつめて

  • 09_img_0334
    大正12年に全線が開通した鍛冶屋線はJR後の平成2年、その歴史に幕を下ろした。 また、「愛と死をみつめて」で有名なミコこと大島みち子さんはこの沿線の方で、線路を見下ろす小高い岡の上にお墓がある。

EF65 0番台原色+茶ガマ

  • 103_img_2881
    かつて、全国の直流区間ではおなじみだったEF65の0番台も、今では岡山に集結する11機のみである。そのうち、原色を保っているのはわずか4両となった。

大阪交響楽団

2020年9月27日 (日)

大阪交響楽団第113回名曲コンサート

Thumbnail_image0_20200927065301  Thumbnail_image1_20200927065301

昨日9月26日は、半年ぶりになるプロオーケストラのコンサートに出かけました。大阪交響楽団の第113回名曲コンサートです。梅田で下車し、福島の方向へ歩いていくと、なんと高層のタワーマンションの多いことでしょう。見上げると首が痛くなるほどです。ほどなくザ・シンフォニーホールに到着しました。

Thumbnail_image2_20200927065301  Thumbnail_image3_20200927065301

最近コンサートというと、西宮北口にある兵庫芸術文化センターへ行くのがほとんどだったので、ここへ来るのも大変久しぶりな感じです。コロナウィルスの影響もあって、ホールに入場する際も検温と手の消毒が施されます。もう常識になりましたね。

Thumbnail_image4_20200927065301

昨日のプログラムは、ベートーヴェンの歌劇「フィデリオ」序曲、ピアノ協奏曲第3番、後半がサン=サーンスの交響曲第3番「オルガン付き」でした。今年はベートーヴェン生誕250年のイヤーということで、ベートーヴェンが取り上げられていたのかな。

Thumbnail_image6_20200927065301  Thumbnail_image5_20200927065301

指揮は楽団正指揮者の太田弦さん、ピアノは岡田将さんでした。コンサートは、太田さんのきびきびしたフィデリオで始まりました。ピアノ協奏曲は、岡田さんの豪快なピアノで大きな音楽が奏されましたが、こんなに長くて聴きどころの多い曲だったとは改めて認識した感じです。

サン=サーンスの交響曲はじっくり聞くと大変よく構成されて、細部まで本当に聞かせる考えつくされている音楽だと改めて感心しました。久しぶりにフルオーケストラの、それも大変盛り上がる音楽を聞くことができて満足の演奏会でした。

2020年3月 5日 (木)

大阪交響楽団 いずみホール定期演奏会

89319908_2598874827103509_18179265553602  87363153_2598874847103507_17800876057197

昨日3月4日は、いずみホールで開かれた大阪交響楽団の定期演奏会を聞きました。新型コロナウィルスに対する神経質な対応の中、あっちこっちでコンサートがキャンセルされていますが、大阪交響楽団は来られない方には払い戻しをしますよという対応をもって演奏会を開催するという現実的な対応に拍手です。会場のお客さんは少なかったですが、熱い聴衆ばかりが集まった感じでした。

84696308_2598874870436838_57887122538889  89269859_2598874890436836_56882086404780  87484767_2598874917103500_40944174703103

演奏会は、外山雄三さんの指揮、児玉麻里さんのピアノで、ベートーヴェンのピアノ協奏曲第4番、ブラームスの交響曲第4番という重厚なプログラムです。

児玉さんのピアノはまさに絢爛豪華、指揮者以上にぐいぐオーケストラにアタックして行ってましたね。ステージからの熱気がすごかったです。こんな白熱のピアノ演奏はあまり記憶にありません。華やかな演奏でした。

ブラームスの交響曲は、実に渋い、なにか大きなものが客席へ向かって押し寄せてくるような感覚、ひとつとして軽く流すフレーズなんてありません。終楽章のコーダのゆったりとした流れにはとうとう飲み込まれてしまいました。こんなブラームス、実演に接することができた幸福感に満たされました。

84508311_2598874940436831_11689982629804  87151133_2598874970436828_75141067410390  89356801_2598875003770158_81829989991883

コンサートの前に腹ごしらえ、いつもお世話になっている五右衛門の串カツランチをいただきました。ご飯少なめにしてもらって正解でした。開店14周年とかで、アイスクリームとアイスコーヒーがついてきました。ラッキーな700円也。

2020年2月 2日 (日)

大阪交響楽団第110回名曲コンサート

83640828_2570546839936308_79651698972966

昨日2月1日は、福島のザ・シンフォニーホールで開かれた大阪交響楽団の第110回名曲コンサートを聞きました。シンフォニーホールへ行くのも久しぶりのことでした。多くのお客さんがホールに向います。

84525716_2570546846602974_47114682190664  84528385_2570680876589571_11027215574840

大阪交響楽団はシンフォニーホールでの定期演奏会の他、いずみホールでの定期演奏会、そのほかにこの名曲コンサートが活動の柱となっています。定期演奏会では意欲的なプログラムを、名曲コンサートでは親しみやすい曲が並ぶというようなコンセプトでしょうか。シンフォニーホールのトイレでのちょっとした心遣いがうれしいですね。

83503319_2570546919936300_76151135399334  84865137_2570546886602970_28613842428336

この日は今年26歳の若手指揮者、太田弦さんの指揮、元ウィーン交響楽団首席のジャスミン・チェイによるフルートで、ベートーヴェンのコリオラン序曲、メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲のフルート編曲版、そして交響曲第3番「スコットランド」でした。きびきびとした太田さんの指揮姿からはフレッシュながら折り目正しい音楽が聞こえてきました。スコットランドは好みの演奏スタイルでした。

フルートは輝かしい音色で魅了されましたが、やはりヴァイオリンに比べると旋律線の明確さに欠けるのは仕方ないですね、ややぼやけた音楽に聞こえました。一方、アンコールの小曲がすごかった!一本のフルートでの無伴奏の曲、2つの旋律が同時に流れてびっくりでした。

51nhvmhycsl__sx362_bo1204203200_

植松三十里 家康の子 中公文庫/読了・・・・・・家康の次男、実子でありながら秀吉の元に養子にだされ、その後関東の結城氏を継いだ結城秀康の物語。親子の確執や時代に翻弄される人生を際立った筆力でつづられた快作です。後に越前松平家を創設し、その流れが幕末の四賢侯のひとりである松平春嶽(血統は切れていますが)へつながります。また、当時の北の庄城、現在の福井城を居城とし、後の福井の発展に貢献しています。さらに、子孫の流れから、松江、津山、前橋、明石の松平家へつながる系譜であり、江戸時代を通じて栄える祖でもあったのです。

2018年11月21日 (水)

大阪交響楽団第32回いずみホール定期演奏会

Thumbnail_image1今日は、昼から大阪のいずみホールへ出かけ、大阪交響楽団による第32回いずみホール定期演奏会を聞きました。平日の昼間のコンサートですが、多くのお客さんが詰めかけていました。寒すぎず、また日が当たっても暑く感じないちょうど良い気候ですね。いずみホール横の川沿いの桜も色づいていました。

Thumbnail_image2今日は、現役最長老の87歳の指揮者、外山雄三さんの指揮で、ベートーヴェンの交響曲第4番、第5番「運命」という鉄壁のプログラムです。

最初の第4番は、悠揚迫らぬ実にゆったりとしたテンポで進められ、この曲にして40分ほどを要しました。今の音楽界でこんなにゆったりとしたベートーヴェンを提示してくれる指揮者がほかにあるでしょうか。ひと昔前の欧州の大巨匠たちの演奏をほうふつとさせる大きな音楽となりました。まさか、こんなベートーヴェンが聞けるとは思いませんでした。

Photo休憩の後は、同じくベートーヴェンの交響曲第5番ですが、これも速いところは少しゆっくりめ、遅いところは実にゆっくりと歌い上げるという進み方で、音楽の隅々までもが明らかになっていくような感覚を得ました。

頭に浮かぶ過去の演奏、誰だろう、、、クレンペラー、、、、、カイルベルト、、、、フリッチャイ、、、、、、やはり朝比奈隆かなぁ。

その他のカテゴリー

2019四国の旅 JR貨物 かぎろひ歴史探訪 その他 みちのくひとり旅 やまとんくらぶ アイチャンオケ アミーキティア管弦楽団 アンサンブル ラ・ピアチェーレ アンサンブル・アルビレオ アンサンブル・シュシュ アンサンブル・ジョワン アンサンブル・ツヴァイ アンサンブル・フリー アンサンブル・ヴィオ インターネット ウォーキング鉄 オーケストラ・アンサンブル・フォルツァ オーケストラ・アンサンブル京都 オーケストラ・クラシック オーケストラ・ソノリテ オーケストラ・ノインテ オーケストラ・ブラヴォー! オーケストラ・ポミエ オーケストラ千里山 オーディオ カメラ カンマーフィルハーモニー神戸 クラシック音楽 クランクレーデ クレセント室内アンサンブル クレー管弦楽団 グルメ コレギウム夙川管弦楽団 シンフォニア・スピカ セント・マーティン・オーケストラ ディスクユニオン ドイツ紀行 ニュージーランド鉄道 バス バンブスアンサンブル パソコン ファゴット・フェスティバル フェニックスフィル ブレスシンフォニーオーケストラ プロ野球 ホール・バルティカ メイプルフィル ライブカメラ ラグビー ワンコイン市民コンサート 万葉 三宝鉄道 上甲ウィンドシンフォニー 上甲子園中学吹奏楽部 交響楽団ひびき 京急 京成 京王 京都プレザントオーケストラ 京都工芸繊維大学交響楽団 京阪 伊予鉄 伊予鉄道 伊豆急行 保存車 信濃の旅 八尾フィル 六甲フィル 兵庫医科大学医療大学合同オーケストラ_ 兵庫芸術文化センターワンコインコンサート 兵庫芸術文化センター管弦楽団 写真展 切符 初演企画 北摂フィル 千里バロック合奏団 千里フィルハーモニア・大阪 南海 卯之町 叡山電車 名指揮者列伝 名鉄 吹奏楽 吹奏楽団 吹田市交響楽団 四国詣で 土佐日記 土佐電 地下鉄 堺フィル 夢の国 ニュージーランド 大井川鉄道 大阪フィルハーモニー交響楽団 大阪メトロ 大阪モーツァルトアンサンブル 大阪交響楽団 大阪市営地下鉄 大阪市民管弦楽団 天理シティオーケストラ 奈良歩き 学園都市交響楽団 宝塚響 富士急行 寝屋川市民管弦楽団 小田急 尼崎市吹奏楽団 尼崎市民交響楽団 居酒屋 山陽 岡山電軌 嵐電 川西市民オーケストラ 幻想フィル 広島電鉄 廃線跡 待兼交響楽団 指揮者 新幹線 旅行 日本センチュリー交響楽団 最近のCD 最近のLP 東京佼成ウィンドオーケストラ 東急 枚方フィル 樹フィル 武庫川女子大学音楽学部 歴史探訪 水族館 江ノ電 父親のアルバムから 甲南大学OB交響楽団 甲南大響 甲南女子大学管弦楽団 白黒懐かし画像 相愛フィルハーモニア 神戸アンサンブルソロイスツ 神戸市地下鉄 神戸電鉄 福井鉄道 紫苑交響楽団 美術 能・狂言 能勢電 芦屋交響楽団 芦屋室内合奏団 若林顕 落語 蒸気機関車 藤井貴宏 街歩き 衣笠交響楽団 西宮交響楽団 西宮探訪 西武 豊中市民管弦楽団 豊橋鉄道 近畿フィルハーモニー管弦楽団 近鉄 遠州鉄道 鉄道 鉄道前面展望 長楽庵 関西グスタフ・マーラー交響楽団 関西フィルハーモニー管弦楽団 関西医科学生交響楽団 関西大学OB交響楽団 関西大学交響楽団 関西学院交響楽団 阪堺電車 阪急 阪神 阪神タイガース 阪神フィル 静岡鉄道 飛行機 高松琴平電鉄 高槻フィル JR四国 JR東日本 JR東海 JR西日本

フォト

掲示板

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

カテゴリー

無料ブログはココログ