大阪フィルハーモニー交響楽団

2023年7月23日 (日)

大阪フィルハーモニー交響楽団第570回定期演奏会 7/22

04_20230723064001

昨日7月22日は、もう長年のお付き合いになる友人のお誘いを受け、大阪フィルハーモニー交響楽団の第570回定期演奏会を聞きました。

指揮は下野竜也さん、ピアノはヴァルヴァラさんというゲザ・アンダコンクール優勝者のピアニストさんが登場しました。

03_20230723064001

フィンジの前奏曲という大変きれいな弦楽合奏の曲でコンサートは始まりました。大変印象的な音楽でした。もう一度聞きたい。

モーツァルトの27番の協奏曲、ピアノの柄がこの楽曲にぴったりはまって、大きくなく、小さくなく、透明感のある音楽が届けられました。

02_20230723064001

大阪フェスティバルホールがある肥後橋のビルです。最後に演奏されたフランクの交響曲はこのように壮麗な音楽で締めくくられますが、フランスの音楽史、もっと広げて西洋音楽史の中で、フランクという人、この交響曲ニ短調と言うのはどのような位置を示すのかと考えてしまい、いずれもその前にも後にもフランス音楽に影響を与えていない孤高の存在ではなかったかと、そんなことを思いながら聞いていました。

05_20230723064101

帰路につくときに見上げたビルの向こうの夏空に湧き上がる雲が見えました。

広い広いフェスティバルホール、席はホール側から勝手に指定されてしまうのに、終演後真後ろにお知り合いのY崎さんが居られたとは、いやはや。名前を呼ばれて焦ってしまいました(笑)

2020年1月18日 (土)

大阪フィルハーモニー交響楽団第534回定期演奏会

5_20200118095201  6_20200118095201  7_20200118095201

昨日1月17日は、お誘いをいただき大阪フィルハーモニー交響楽団の第534回定期演奏会を聞きました。会場は中之島のフェスティバルホールです。夜の中の島、きれいなライトアップで雰囲気がありますね。シンボルでもある大階段、赤いじゅうたんが映えています。

Thumbnail_image2_20200118095201  4_20200118095201

昨日は、エルガーのチェロ協奏曲で始まりました。ソロはイギリスのスティーブン・イッサーリス、最近テレビでリサイタルを見た記憶があります。とてもムードのある奥深い音色のチェロ、激しさと優しさを兼ね備えたとても素晴らしい演奏でした。この曲は聞くたびに早世したジャクリーヌ・デュプレを思い出してしまいますが、これもオールドファンの想い出のひとつでしょうか。

Thumbnail_image3_20200118095201  Thumbnail_image1_20200118095201  

後半は、尾高忠明さんの指揮で、ブルックナーの交響曲第3番です。去年、この方の指揮でマーラーの9番を聞きましたが、いずれも深刻な音楽とは違う世界で、あっけらかんとした明るさに満ちた風通しの良い音楽が展開されます。小泉さんとセンチュリーの時代に同曲を聞きましたが、きっちりとした枠の中で精緻な技術によって音楽が研磨されていき、音楽が金属光沢を帯びてくるような様子とはずいぶん違う感触です。その分。昨夜の演奏では、ブルックナーの音楽を客観的に俯瞰するようなイメージで聞くことができました。

82479418_2557736571217335_52835160599769

終ってからは駅前第3ビルにある同窓生のお店で軽く食事です。高校1年時、同じクラスだった彼女もそろそろゆっくりしたいとのことで、今春にはお店を閉めてしまうようです。それまでには、何回か足を運ばなくてはなりませんね。

2019年4月13日 (土)

大阪フィルハーモニー交響楽団第527回定期演奏会

56990200_2314172108907117_62975752546549  56757448_2314172152240446_73793340044801 今日は、お知り合いのお誘いで、フェスティバルホールで開かれる大阪フィルハーモニー交響楽団の第527回定期演奏会を聞きました。新しく音楽監督に就任した尾高忠明さんの記念演奏会です。プログラムは藤倉大さんのレア・グラヴィティという曲と、マーラーの交響曲第9番です。藤倉氏の作品はともかく、マーラーは、この指揮者らしく、暗く陰鬱に沈むことはなく、あくまで日なたを歩くような、どこかほっこりする印象を受けました。特に2楽章は速いテンポで押しまくり、受けた印象は、お祭りのよう!でした。

57198724_2314172122240449_13276215971791 尾高さん、前立せんがんが発覚し、音楽監督就任間もなく、治療のため長期離脱されるようです。前任の井上道義さんに続き、同じような展開となってしまいましたが、大阪フィルの音楽監督になると病気になるというジンクスだけと避けてもらいたいところですね。無事に回復されることをお祈りいたします。

41gvrmmxmwl__sx353_bo1204203200_ 立川談志 自伝 狂気ありて ちくま文庫/読了・・・・・・談志による3部作らしいですが、前作、前々作を読んでないので何とも言えませんが、この文章を読み限り、談志は天才ですね。記憶力の天才です。なんの資料も見ずに、これだけの物量を要する本を書けるというのは、もう以上です。特に映画、落語、人物の記憶力は尋常ではないのがわかります。それが別の言い方で、狂気になるのでしょうね。それを思うと凄みのある一冊でした。

2015年1月25日 (日)

昨日のコンサート 井上道義 大ブルックナー展

Img004_2昨日は、昼から兵庫芸術文化センターで開催された、大ブルックナー展と称する一連のシリーズの第一回、井上道義指揮大阪フィルによるブルックナーの交響曲第8番を聞いた。先週のマーラーの復活に続いて、今週も大曲の登場です。大阪フィルのブルックナーというと、何と言っても朝比奈隆の指揮、音楽に接してきて長かったものだから、さて、新しい常任指揮者である井上道義はどのような棒さばきか、期待も高まって会場は満員の盛況でした。

Img003_2演奏は、比較的ゆったりとしたテンポで始まり、大きな流れとなってこの大曲を進めていった。特に金管楽器が絶妙の響きを発し、盛り上がりがさらに高まった。全曲通して1時間半近くにもなり、終演後の拍手も割れんばかりだった。全体的にはメリハリの効いたスタイルで、決め所をピシッと刻んでいくような印象。霧の中からぼんやり音楽が聞こえてくるというようなものではなかったですね。わかるかなぁ。ノヴァーク版による演奏でした。

大阪フィルと言っても、かつては団員のほとんどが男性というイメージから、現在はずいぶんと女性が目立ち、というどころか、特に弦楽器の多くは女性が占めるオーケストラに変わってしまった。昔の大阪フィルに比べると機能が数段上がったように感じるし、ホールのせいもあろうが、音も少し煌びやかな感じになっている。ただ、一つ言うと、コンマスのあまりのオーバーアクションは見ていてもうるさい感じを与えた。

その他のカテゴリー

2019四国の旅 JR貨物 Rayフィル かぎろひ歴史探訪 かぶとやま交響楽団 きまぐれ歴史探訪 きまぐれ音楽探訪 その他 ひばりガ丘合奏団 みちのくひとり旅 やまとんくらぶ アイチャンオケ アミーキティア管弦楽団 アンサンブル ラ・ピアチェーレ アンサンブル・アルビレオ アンサンブル・シュシュ アンサンブル・ジョワン アンサンブル・ツヴァイ アンサンブル・デッラ・スフィーダ アンサンブル・フリー アンサンブル・プテイ・タ・プティ アンサンブル・ペルーシュ アンサンブル・ヴィオ インターネット ウォーキング鉄 オーケストラ・アンサンブル・フォルツァ オーケストラ・アンサンブル京都 オーケストラ・クラシック オーケストラ・ソノリテ オーケストラ・ノインテ オーケストラ・ブラヴォー! オーケストラ・ポミエ オーケストラ千里山 オーディオ カメラ カンマーフィルハーモニー神戸 クラシックサロン・アマデウス クラシック音楽 クラシック音楽カフェ クランクレーデ クレセント室内アンサンブル クレー管弦楽団 グルメ コレギウム・ヨハネス コレギウム夙川管弦楽団 シュペーテ弦楽四重奏団 シンフォニア・スピカ セント・マーティン・オーケストラ ディスクユニオン ドイツ紀行 ニュージーランド鉄道 バス バンブスアンサンブル パソコン ファゴット・フェスティバル フェニックスフィル ブレスシンフォニーオーケストラ プリモパッソオーケストラ プロ野球 ホール・バルティカ メイプルフィル ライブカメラ ラグビー ワンコイン市民コンサート ヴェデルニコフ 万葉 三宝鉄道 上甲ウィンドシンフォニー 上甲子園中学吹奏楽部 交響楽団ひびき 京急 京成 京王 京都プレザントオーケストラ 京都工芸繊維大学交響楽団 京阪 今峰由香 伊予鉄 伊予鉄道 伊豆急行 保存車 信濃の旅 八尾フィル 六甲フィル 六甲ライナー 兵庫医科大学医療大学合同オーケストラ_ 兵庫芸術文化センターワンコインコンサート 兵庫芸術文化センター管弦楽団 写真展 切符 初演企画 北大阪急行 北摂フィル 北条鉄道 千里バロック合奏団 千里フィルハーモニア・大阪 南海 卯之町 叡山電車 名指揮者列伝 名鉄 吹奏楽 吹奏楽団 吹田市交響楽団 四国詣で 土佐日記 土佐電 地下鉄 堺フィル 夢の国 ニュージーランド 大井川鉄道 大阪ハイドンアンサンブル 大阪フィルハーモニー交響楽団 大阪メトロ 大阪モノレール 大阪モーツァルトアンサンブル 大阪交響楽団 大阪市営地下鉄 大阪市民管弦楽団 大阪芸術大学管弦楽団 天理シティオーケストラ 奈良歩き 学園都市交響楽団 宝塚ヒルズ室内オーケストラ 宝塚響 富士急行 寝屋川市民管弦楽団 小田急 尼崎市吹奏楽団 尼崎市民交響楽団 居酒屋 山陽 岡山電軌 嵐電 川西市民オーケストラ 幻想フィル 広島電鉄 廃線跡 待兼交響楽団 指揮者 新幹線 旅行 日本センチュリー交響楽団 最近のCD 最近のLP 東京佼成ウィンドオーケストラ 東急 枚方フィル 柴田由貴 樹フィル 武庫川女子大学音楽学部 歴史探訪 水族館 江ノ電 父親のアルバムから 甲南大学OB交響楽団 甲南大響 甲南女子大学管弦楽団 白黒懐かし画像 相愛オーケストラ 相愛フィルハーモニア 神戸アンサンブルソロイスツ 神戸市地下鉄 神戸電鉄 福井鉄道 紫苑交響楽団 美術 能・狂言 能勢電 芦屋フィル 芦屋交響楽団 芦屋室内合奏団 若林顕 華ノ音 落語 蒸気機関車 藤井貴宏 藤田真央 街歩き 衣笠交響楽団 西宮交響楽団 西宮探訪 西武 豊中市民管弦楽団 豊橋鉄道 辻本玲 近畿フィルハーモニー管弦楽団 近鉄 遠州鉄道 鉄道 鉄道前面展望 長楽庵 関西グスタフ・マーラー交響楽団 関西フィルハーモニー管弦楽団 関西医科学生交響楽団 関西大学OB交響楽団 関西大学交響楽団 関西学院交響楽団 阪堺電車 阪急 阪神 阪神タイガース 阪神フィル 静岡鉄道 飛行機 高松琴平電鉄 高槻フィル 高槻室内管弦楽団 高橋真珠 JR四国 JR東日本 JR東海 JR西日本

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー