国鉄奈良機関区

  • Photo_7
    昭和46年に奈良機関区を訪ねています。変わりやすい天気で、晴れていると思ったら急に雨が降ってきて大変な日でした。

THE 大阪駅~特急編~

  • 16
    中高生のころ、大阪駅はまだ日常の中にはなく、特急列車を撮りに行く特別な場所であった。栄光の時代が残っていた大阪駅に発着する特急列車の姿を封じ込めました。

THE 大阪駅~急行編~

  • 1258
    大阪駅に発着する急行を集めてみました。行き先によっては、ディーゼルカーの急行もあり、思えば楽しい駅だったのですね。ご興味の方は写真帖のずっと下にある「甲子園口急行物語」もご覧ください。

昭和45-47年の天王寺駅

  • キハ58 きのくに
    天王寺駅は単に竜華や奈良方面、阪和方面への乗り換え駅だったが、紀勢線ホームは頭端駅として有名だった。 時折、乗り換えの途中、駅撮りなどしていたようだ。

竜華・昭和46年

  • Photo_3
    昭和46年に数回に分けて竜華へ出陣しています。当時の関西線はローカルそのもの、まだまだ煙も多く残っていました。

甲子園口(その周辺)急行物語

  • Photo_7
    甲子園口西方の踏切があったあたり、そのもう少し西側の日通の倉庫前あたりは友人たちとのたまり場でした。陽が暮れるまで電車の通過を楽しんでいました。

京都駅残照・昭和45年前後

  • Photo_3
    昭和45年当時、京都駅へ行く機会は限られていたが、その中で残していた写真の中からいくつかを抜粋した。 京都の寺社、観光地に興味を持つのはもう少し後になった。

西宮を走った国鉄電車特急・昭和45年頃

  • Photo_2
    国鉄時代、地元西宮でもいろいろな電車特急が走っていた。 そのすべてではないが、手元に残る写真のうちからいくつかを抜粋した。

あぁ上野駅 昭和46年

  • 特急やまびこ
    初めて東京へ行った昭和46年、昔の風情の残る上野駅に間に合いました。

神戸市電 最後の日

  • 星電社前
    1971年3月に神戸市電は歴史を閉じました。その最終日に神戸市内の各所で写真に収めましたが、思えば震災前の神戸の街も封じ込めたことになりました。

東海道のんびり行

  • 24
    昭和49年5月に、当時まだ走っていた急行桜島・高千穂に乗って、のんびり東海道を東上しました。そのときの車窓風景をまとめました。

京阪滝井駅 昭和50年

  • Photo_2
    京阪電車は今年、中ノ島新線の開通や電車の塗装変更、さらに往年の名特急1900系の引退と話題に事欠きませんが、ごく普通に走っていた昭和50年の滝井駅の様子はこんな感じでした。

昔日の近江鉄道

  • Photo_4
    近江鉄道は、学生時代からの万葉旅行会で近江蒲生野へ行くときに撮影した程度だった。これはその一連の名残である。 「茜さす紫野行き標野行き野守りは見ずや妹が袖ふる」

マンモス機 EH10

  • 04
    国鉄が作った最大最強のマンモス電気機関車EH10。 今でこそ、8軸の電機はいろいろあるけれど、目に焼きついているのはこの機関車だ。

京都市電

  • 2607
    京都へ行くと市内の移動はたいてい市電だった。 市電だと京都初心者にもわかりやすかった。 たまにバスに乗るとぐるっと市内の引き回しにあったり、とんでもない方向へ走ったりと痛い目に会ったからだ。

きーんてーつ特急

  • Photo_11
    70年代の近鉄特急の白黒写真を集めてみました。点数も少なく恐縮ですが、関西には少ない観光特急の雰囲気だけでも伝えたい。おまけにあおぞら号も何枚か。

近鉄、ちょっと前の車両たち

  • 1413
    1980年代に撮った近鉄の一般車両の中からチョイスしてみた。少し小さいというだけで、なんだか親しみを感じる車両の面白さもある。

野上電鉄、廃止3週間前

  • キハ28
    1994年3月末をもって廃止された野上電鉄を、廃止3週間前に友人の2Aカレチさんと訪れた。併せて周辺の鉄道へも足を運んだので、藤並駅でみた有田鉄道のキハをおまけに追加した。

阪神5314F 愛

  • Img_6204
    阪神電車最古参の5314Fは5550Fの新規参入によっていよいよ引退の時期を迎えた。この前パン貫通幌を持つ古き阪神電車の顔を残す編成を追いかけた。

ゴハチ

  • 16ef58
    今も人気のEF58ばかりを集めました。近所鉄の西宮、武庫川をはじめ大阪駅、少し遠くて下関。元気にゴハチが走り回っていた時代がありました。

琴電 旧型車を並べて

  • Img_0059
    平成10年から出張が多かった四国ですが、何回かは高松に足を運んで琴電を追いました。古い写真がなぜか見つからないので、旧型車が消える数年前からのものばかりです。

RRE様HP掲載一覧

  • 0001601
    ブログ開設以前はRREさんの掲示板への投稿を続けていました。ここに、その投稿画像をまとめましたので、ご笑覧いただければと思います。

島原鉄道2007

  • Img_2046
    去年の3月に出○ついでに諫早駅周辺、島原鉄道、足を少し伸ばして長崎電軌を訪問しました。島原鉄道の一部廃止は残念です。

JR九州の車両たち、諫早駅周辺

  • Img_2023
    ラストランブームになったなは/あかつきもこのころは全然注目されず。九州はいろんな列車があって楽しめます。

長崎は今日も雨

  • Img_2117
    長崎ではすごい雨にあいました。それにもめげず、撮り鉄に励んできました。

名鉄瀬戸線

  • Img_1926
    名鉄瀬戸線に6750系という大手私鉄最後の吊りかけ車が走っていると聞いて訪問しました。2008.03.24

惜別 0系新幹線 

  • 01 相生駅 0系の横顔
    いよいよ平成20年11月末に引退する0系新幹線。山陽路で活躍していた近年の記録です。

四国の気動車

  • 四国は今でも気動車の天国です。その中でも、普通車の運用に供せられる車両を集めてみました。普通車だけにDCより気動車という言い方が似合います。

名鉄にあったレールバス

  • 到着したレールバスからの乗り換え
    名鉄の三河線、猿投の先には西中金まで延びる単線があり、そこには今ではその姿をほとんど見ることが出来ないレールバスがひっそりと走っていました。1987年4月、2Aカレチさんと訪れた記録です。

名鉄揖斐線

  • 512号車内
    1987年4月に2Aカレチさんと名鉄を訪れました。 揖斐線は一時下車した美濃北方駅と黒野駅での写真です。

名鉄の旧型車

  • 103763
    1987年4月 2Aカレチさんと一緒に名鉄を訪れました。 名鉄の本線あたりでもまだまだ吊り掛け車が走っていました。

名鉄岐阜市内線

  • 08
    1987年4月、2Aカレチさんと名鉄を訪れた。岐阜市内線をとりあえず撮影した後、揖斐線へと向かった。

明延鉱山とともに

  • 04_img_0155
    小学生時代、明延鉱山の学校とクラス同士の文通をした。その場所がどこだか全く知らずに居たが1円電車の存在は知っていた。その地を訪れたのは随分大人になってからとなった。

鍛冶屋線~愛と死をみつめて

  • 09_img_0334
    大正12年に全線が開通した鍛冶屋線はJR後の平成2年、その歴史に幕を下ろした。 また、「愛と死をみつめて」で有名なミコこと大島みち子さんはこの沿線の方で、線路を見下ろす小高い岡の上にお墓がある。

EF65 0番台原色+茶ガマ

  • 103_img_2881
    かつて、全国の直流区間ではおなじみだったEF65の0番台も、今では岡山に集結する11機のみである。そのうち、原色を保っているのはわずか4両となった。

最近のLP

2019年8月15日 (木)

最近のLPから 自作自演

Thumbnail_image1_20190815063701

ベートーヴェンやモーツァルトはピアノの名手として活躍したというようなことが記録されていますが、その演奏を聴くことはできません。ところが近代になると、その作曲家の演奏や指揮した演奏が残っているものです。これは、ブラジルの作曲家ヴィラ・ロボスが自身の指揮で録音したブラジル風バッハの組曲のレコードです。有名な第5番のアリアは、スペインの名ソプラノ、ビクトリア・デ・ロス・アンヘレスが歌っています。艶のある若々しい声が魅力です。

Thumbnail_image2_20190815063701

これは火の鳥や春の祭典で有名なストラヴィンスキーが自身で指揮した演奏をまとめた一枚です。ストラヴィンスキーは来日してNHK公共楽団を指揮したりしていますので、かなり多くの自作自演が残ってはいるのですが。それにしても、自分の作品を指揮するのですから、他人が解釈を施して演奏するよりもストレートなイメージか伝わるのではないでしょうか。

Thumbnail_image3_20190815063701

最後は、ドミトリ・ショスタコーヴィチのバレエ音楽から、黄金時代とボルトです。これは作曲者自身というのではなく、息子のマキシム・ショスタコーヴィチの指揮による演奏です。そうはいっても、解釈などは父親に聞くこともできるでしょうから、より具体的な内容になるものと思われます。ショスタコーヴィチ自身は、ピアノの名手として、自身のピアノ協奏曲などの演奏も残しています。

2019年5月25日 (土)

最近のLPから シューベルト バッハ 歌

1-2

一昨日は写真展に向かう前に梅田のディスク・ユニオンへ立ち寄り、CDの他、いつものようにLPも何枚か連れて帰ってきました。そのうち、ここにあるように、まずシューベルトのピアノ三重奏曲全集があります。演奏は、すでに90歳を超えてなお現役というメナヘム・プレスラー率いるボザール・トリオです。これは大変興味がわきましたね。

1-4

ついで、バッハのロ短調ミサ、演奏はリフケン指揮バッハ・アンサンブルによるオリジナル楽器によるものです。これは20人のアンサンブル、8人の歌唱によるとても少人数の演奏で、発売当時大変話題になったものです。

1-3

そして、現代歌曲を得意とするソプラノのキャシー・バーベリアンによるエディンバラ音楽祭でのライブです。この中では、比較的古い時代の歌曲も歌われていますので聞くのが楽しみです。

1_3

最後に、バスのヨセ・ファン・ダムによる歌劇アリア集です。ダムの大阪での引退記念公演は、なんと関西フィルの定期演奏会の中で行われました。その演奏会を聞いたのですが、ダムが歌い出した瞬間、シンフォニーホールのステージが、ヨーロッパの歌劇場に見えてしまった経験があります。空気が一瞬で入れ替わったような、他にはない体験をしました。

 

2019年5月11日 (土)

最近のレコードから ミケランジェリのベートーヴェン

863 少し前になるけれど、ベートーヴェンのピアノ協奏曲第1番のレコードをディスク・ユニオンから持ち帰ってきました。ピアノはベネディッティ・ミケランジェリ、カルロ・マリア・ジュリーニ指揮ウィーン交響楽団が付けている1979年のライブ録音です。もともと、ベートーヴェンの協奏曲の中でも、第1番はベートーヴェンの若書きで、ずいぶん意図的なというか、効果を狙ったストーリーが煩わしく好みではなかったのですが。

71gsgj2etal__sx355_ これが不思議な演奏でした。ピアノが、今まで聞いたピアニストとは全然別の方向からのアタックなのです。ドイツ系の、例えばバックハウス、グルダ、そういう人たちとは、立ち位置が違うところから音楽を見ていると言えばいいのでしょうか。音楽の語り口が雄弁なのですね、ころっころっと表情が変わっていきます。ある部分だけ聞いていたら、とてもベートーヴェンとは思えない響きも聞こえてきます。また、リズムも独特ですね。ミケランジェリはこのドビュッシーを聞いて面白いなぁと思っていましたが、すこし聞いてみようかと思う今日この頃です。

916czsuzcnl 吉田秀和 バッハ 河出文庫/読了・・・・・・・・・音楽評論家の大家である著者による、特にバッハに関する著述をまとめた一冊でさすがに読みごたえがありました。前半はバッハの作品自体へのアプローチ、後半は、名人上手の演奏家による様々な録音、演奏を鋭い感性と柔らかい文章で解説してくれています。その中に、上のミケランジェリのことも出てくるのですが、それはさておき、ビルスマ、マイスキー、ミンツ、などなど、今では大家となった演奏家との出会いの時の印象なども面白く読みました。後半は、ジムで自転車を漕ぎながら、耳にはイヤフォンでゴルトベルクを聞きながらの読書でしたが。

2019年5月10日 (金)

最近のレコードから レーガー ヴァイオリン協奏曲イ長調

A  B 5月5日になりますが、今般変転するという名曲堂東通り店に伺った時、たまたま目についたのが、マックス・レーガーのヴァイオリン協奏曲、其れよりも塩川悠子というヴァイオリニストの名前でしょうか。同窓生にしてヴァイオリニストのM女史が敬愛してやまないのが、塩川悠子さんです。という事で、女史に連絡して速攻購入しました。レーガー、塩川悠子、ともにかなりのレアアイテムなのです。

Siokawa 塩川さんは、ご存知の方も多いかと思いますが、ピアニストのアンドラーシュ・シフの夫人で、最近も共演した演奏がCDになっているようです。とは言うものの、このレーガーの録音は1970年代で、塩川さん30歳前後の瑞々しい演奏を聴くことができます。

9775  Max_reger_playing_piano そして、このマックス・レーガーのヴァイオリン協奏曲は、第1楽章だけで30分、第2、第3楽章に25分ほどかかる大曲です。慎重な始まりの管弦楽がひと段落してから入るヴァイオリンが切々と歌い上げる楽曲で、大きな盛り上がりというものはなかなかないのですが、ヴァイオリンの響きから耳を離すことができません。今回、初めて接しましたが、もっと有名になっても良い音楽だと感じました。

2019年5月 9日 (木)

中古レコード店の閉店 名曲堂東通り店

59350738_2330819230575738_87508060495203 10連休とかで世間が騒いでいた5月6日、大阪、梅田の阪急東通りのアーケードを抜けたところにある中古レコード店の名曲堂東通り店がひっそりと閉店しました。店主の高齢化という事のようですが、残念至極なことです。ここの店主さんとは、薄いながらもご縁をいただいており、時々通っていたお店でした。

Thumbnail_image1_2 最後の売り出し、定価の半額セールをしているとの情報がありましたので、5月5日と最終日の6日に訪ねて、何枚も連れて帰りました。とりあえずCDは、クリュイタンス指揮の寄せ集めもの、シェレンベルガーの演奏でイタリアバロック協奏曲集とヴィヴァルディのオーボエ協奏曲集です。

レコードは、順に解説します。

59345429_2330819240575737_25792196876487 モーツァルトの弦楽五重奏曲全集、ヨセフ・スークとスメタナ弦楽四重奏団
そして、カサドジュによるラヴェルのピアノ曲全集。
いずれも憧れの盤でした。その他、目に付いたものも連れて帰ってきました。

59451767_2330819283909066_38336836594711 真ん中は、珍しい塩川悠子の演奏、レーガーのヴァイオリン協奏曲→55分ほどかかる大曲です
以下、上から右回りで紹介。

モーツァルトのヴァイオリン協奏曲第2番、4番、藤川真弓→初々しい藤川の演奏が魅力です

クーレンカンプのヴァイオリンでモーツァルトとシューマンの協奏曲→シューマンの協奏曲は1937年にクーレンカンプが世界初演しています。

イタリア弦楽四重奏団の演奏で、ラヴェルとドビュッシーの作品

安川加寿子のピアノで、ドビュッシーの映像と版画、ピアノのために

クリュイタンス指揮で、ルーセルの管弦楽曲集、蜘蛛の饗宴など

ランパルのフルートでハチャトリアンのヴァイオリン協奏曲のフルート版→帰って確認したら同じ演奏を持っていた。

パイヤールの東京での演奏、バッハのオーボエとヴァイオリンの協奏曲など→パイヤールのライブとは珍しい

カラヤンによるワーグナーの合唱曲集とR.シュトラウスの変容

最後に、日本の和笛の演奏、藤舎流の中川善男の演奏→和笛の世界は深くて魅力的です

2019年2月21日 (木)

最近のLPから 昨日の漁盤

またまたネタの枯渇で、昨日買ったLPレコードを紹介します。

52590164_2279777659013229_504503012初めてシェレンベルガーのLPレコードを入手しました。この演奏はCDでも持ってますから音の比較もできますね。3月に芸文ホールでコンサートがありますので、その時にサインしてもらおうと思います。皆さんは多分CDばかりだろうから、LPって目立つんじゃないかな。シェレンベルガーのオーボエとフィルハーモニア・カルテット・ベルリンの演奏。

52606098_2279777629013232_843837825ベートーヴェンのピアノ協奏曲第6番???ですが、これはヴァイオリン協奏曲のピアノ編曲です。ベートーヴェン自身が編曲した作品ですね。一時、何枚か演奏が出ていたように思いますが、実演でも聞いたことないし、とにかく珍しい演奏ですね。これも生で聞いてみたいなぁ。ピアノはバレンボイム、オーケストラはイギリス室内管弦楽団。

52300435_2279777665679895_2415648_2何気に買ったシベリウスの交響曲第1番。指揮者の名前を見て、 誰や?ロベルト・カヤヌスってと思ったらシベリウスの9歳年長、この曲の世界初録音でした。1930年の録音ですが、それほど古さを感じさせませんし、演奏もなかなか立派です。掘り出し物!カレリア組曲から2曲もカップリングです。

演奏はジャケットではロンドン交響楽団となっていますが、資料を調べるとロンドンフィルのようです。いずれも1930年5月の録音。

2019年2月20日 (水)

最近のLPから 行進曲、ワルツ、ピアノ協奏曲

ネタが無くなってくると、この話題、最近のLPからとなります。

Thumbnail_image2Thumbnail_image1先ずは、オーストリアの軍隊の楽団による行進曲の演奏です。曲の名前もあまり知りませんでしたが、勇壮な曲想に魅了されます。思ったよりも新しい録音で音質も楽しめます。

そして、アルヴェーンのスウェーデン狂詩曲第1番「夏至の徹夜祭」 グリーグ組曲「十字軍のスグール」のカップリングです。夏至の徹夜祭のメロディは、NHKの今日の料理のテーマ音楽と酷似しています。

Thumbnail_image3Thumbnail_image4ヨゼフ・シュトラウスのワルツを一枚に収めた盤です。ヨハンのワルツが有名ですが、実は多くのヨゼフの曲も混ざって演奏されているのが常ですね。ボスコフスキーの安定した演奏です。

チッコリーニの演奏によるサン・サーンスのピアノ協奏曲第5番。華麗なピアノ演奏が映える楽曲、そして演奏です。この曲を生で聞いてみたいものですね。

51dxxa04lhl__sx329_bo1204203200_山本功次 江戸の闇風 黒桔梗裏草紙 幻冬舎時代小説文庫/読了・・・・・・・・・・阪堺電車の177号という架空の車両を舞台にした小説が流行っている著者の新作ですね。江戸物としては、現代人の女性が江戸時代にタイムスリップして事件を解決するシリーズがありますが、これはどっぷりと江戸時代の物語。登場人物に多くの謎が残ったままなのは、すでにシリーズ化を目論んでいるものと感じました。次が待ち遠しいですね。

2018年11月12日 (月)

最近のLPから フーベルマンのチャイコフスキー

220pxbronislaw_hubermanクラシック音楽を聴き始めた当初、FM放送をカセットに録音し夢中になった演奏のひとつにブロニスラフ・フーベルマン というヴァイオリニストが弾いたチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲がありました。ハイフェッツやオイストラフほど有名ではなかったですが、何とも粘っこい音質、そして抜群のテクニックによるその演奏は他のヴァイオリニストでは聞いたことがないほどロマンに満ちたものでした。

Thumbnail_image2CD時代になって、NAXSの復刻シリーズにベートーヴェンの協奏曲とのカップリングで発売され、早速買いましたが、こもった音で、ヴァイオリンの旋律線も薄く、がっかりしたものでした。かつて夢中になっていた演奏とはかけ離れたものだったからです。こんなのだったか!と嘆いたものです。

Thumbnail_image1先週、いつものディスクユニオンに行くと、このフーベルマンの演奏によるチャイコフスキーとラロのスペイン交響曲のカップリングのLPがあるのを見つけ、だめもとで買ってきました。これがなんとも冴えた音で、昔の記憶を呼び起こしてくれました。改めてフーベルマンを聞くと、素晴らしいテクニックに支えられた濃厚な演奏が繰り広げられていました。

今から90年も前の1928年、ベルリンでの録音。ウィリアム・スタインバーグ指揮、ベルリン国立歌劇場管弦楽団が付けています。

29134049_1高田郁 花だより みをつくし料理帖 特別巻 ハルキ文庫/読了・・・・・・・・一連のみをつくしシリーズの後日談を4編にまとめた一冊。久しぶりに登場人物それぞれに再会した懐かしい感じですね。このシリーズ、まだ続くかと思いましたが、これで締めのようです。それはそれで良いという感じの終わり方でした。ほのぼのとした連作が、きっちりとした終わり方になり、登場人物がみんな幸せになるという、、、、それでよかったのですね。

2018年9月24日 (月)

最近のLPから 珍しい演奏も

前週に続いての3連休という事で、世間は少し浮かれているのかもしれませんが、サンデー毎日の小生には特にかかわることではありません、とは言うものの、関東から帰宅していた長男を大阪まで送ったついでに、いつものレコード屋さんで盤を漁っていました。

Thumbnail_image1これはパガニーニのヴァイオリン、ヴィオラ、チェロとギターのための四重奏曲と三重奏曲の演奏です。最近読んだパガニーニの本にもあるように超人的な技巧で聞く人を驚かせるとともに、実に魅惑的な音色でも魅了したとあります。ここに収められた楽曲のヴァイオリンのメロディは魅惑に満ちたものでした。実に珍しいブラジルでプレスされたレコードです。

Thumbnail_image2次に、パウル・ファン・ケンペンがアムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団を指揮したチャイコフスキーの交響曲第5番です。ケンペンというと既に忘れ去られた指揮者かもしれませんが実に骨太のがっしりとした展開をしています。レコードから聞こえてくる音色も重厚感が魅力です。今ではこんな演奏は聞かれないでしょうね。

Thumbnail_image_1最後に、比較的若い時代のモーツァルトの作品から、ディヴェルティメント、セレナード、カッサシオンのそれぞれ第1番というラインナップです。演奏は、ベルンハルト・パウムガルトナーが指揮するザルツブルグ・モーツァルテウム室内管弦楽団です。このコンビも懐かしいですね。演奏は、暖かさを感じさせるもので、柔らかい印象を与えます。音質はイマイチですが、じっくり聞いていこうと思います。

2018年8月10日 (金)

最近のLPから ボックス

819u6fjrwul__sx355_最近のLPも調べてみたら、5月から更新していませんでした。まぁ、いちいち報告するようなものではありませんが、こんなものがありますよという情報にはなりますね。今回は、ボックス入りのLPの3枚組の紹介です。先ずは、モーツァルトの弦楽四重奏曲、その中でも絶頂期の作品が集まった、いわゆるハイドンセットと呼ばれる曲集です。演奏は、名手の集まりであるアルバン・ベルク弦楽四重奏団です。

Simついで、入手したのは、同じくモーツァルトの弦楽五重奏曲全集です。モーツァルトの弦楽五重奏はヴィオラが2本入る少し変わった構成となります。演奏はこれも高い評価を受けていたブダペスト弦楽四重奏団、それに、ワルター・トランプラーがヴィオラで参加しています。これも発売された時から名盤の誉れを受けていたレコードです。

Image1_jpegそして、つい最近入手したのは、ドビュッシーの歌劇「ペレアスとメリザンド」です。指揮は、好みのアンドレ・クリュイタンス、フランス国立放送局管弦楽団の演奏で、スペインの名花、ヴィクトリア・デ・ロス・アンヘレスがメリザンドを歌っています。

これらはいずれも中古レコードですが、学生時代以降もこうしたボックスに入ったレコードを買うこと自体が憧れの行為でしたから、大変な満足感がありますね。

51psrjdzxul__sx348_bo1204203200_半藤一利、山折哲雄、童門冬二ほか 司馬遼太郎がゆく 小学館文庫/読了・・・・・・・・・・・司馬遼太郎を身近で接していた人々が、その魅力や歴史観にまつわる考え方など、思い思いのエピソードを文章にしたためたものを集めています。多角的に司馬遼太郎の存在と思考の深さを伝えていて、その人なりのとらえ方があって面白いですね。今も、多くの人の中に司馬遼太郎が生きている感じです。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

JR貨物 Jフィル MIZUMO T-ストリングス かぎろひ歴史探訪 その他 みちのくひとり旅 やまとんくらぶ アミーキティア管弦楽団 アンサンブル ラ・ピアチェーレ アンサンブル・アルビレオ アンサンブル・コスモリバティ アンサンブル・ジョワン アンサンブル・ツヴァイ アンサンブル・フリー アンサンブル・ミンネン アンサンブル・ヴィオ ウォーキング鉄 オルガンコンサート オーケストラ・アンサンブル・フォルツァ オーケストラ・クラシック オーケストラ・ソノリテ オーケストラ・ノインテ オーケストラ・ブラヴォー! オーケストラ・ポミエ オーケストラ千里山 オーディオ カメラ カンマーフィルハーモニー京都 カンマーフィルハーモニー神戸 クラシックサロン・アマデウス クラシック音楽 クランクレーデ クレセント室内アンサンブル クレー管弦楽団 グッド・シーズン・アンサンブル グルメ コレギウム・ヨハネス コレギウム夙川管弦楽団 シンフォニア・スピカ セント・マーティン・オーケストラ ゾンアーベント・アンサンブル タリヘーレ四重奏団 ダムカード テレマン室内オーケストラ ディスクユニオン ドイツ紀行 ニイジマ・キネン・オーケストラ ニュージーランド鉄道 ハイマート交響楽団 ハイマート合唱団 バス バッハクライス神戸 バンブスアンサンブル パソコン ファゴット・フェスティバル フェニックスフィル フォンス・フローリス古楽院 プロ野球 ホール・バルティカ ミモザの会 ミュー室内管弦楽団 メイプルフィル ライブカメラ ラグビー ワンコイン市民コンサート ヴェデルニコフ 万葉 三宝鉄道 上甲ウィンドシンフォニー 上甲子園中学吹奏楽部 交響楽団ひびき 京急 京成 京王 京都フィロムジカ管弦楽団 京都プレザントオーケストラ 京都大学交響楽団 京都工芸繊維大学交響楽団 京阪 伊予鉄 伊予鉄道 伊豆急行 信濃の旅 六甲フィル 兵庫医科大学医療大学合同オーケストラ_ 兵庫芸術文化センター管弦楽団 切符 初演企画 北摂フィル 北総 千里フィルハーモニア・大阪 南海 卯之町 叡山電車 合唱団 名鉄 吹奏楽 吹奏楽団 吹田市交響楽団 四国詣で 土佐くろしお鉄道 土佐日記 土佐電 地下鉄 堺フィル 夢の国 ニュージーランド 大井川鉄道 大阪センチュリー交響楽団 大阪フィルハーモニー交響楽団 大阪フロイデ合唱団 大阪メトロ 大阪モーツァルトアンサンブル 大阪交響楽団 大阪市営交通局 大阪市営地下鉄 大阪市民管弦楽団 大阪芸術大学管弦楽団 天理シティオーケストラ 奈良女子大管 奈良歩き 学園都市交響楽団 宝塚響 富士急行 寝屋川市民管弦楽団 小田急 尼崎市吹奏楽団 尼崎市民交響楽団 尼崎弦楽アンサンブル 居酒屋 山陽 岡山電軌 嵐電 川西市民オーケストラ 幻想フィル 広島電鉄 廃線跡 待兼交響楽団 指揮者 新京成 新幹線 旅行 日本センチュリー交響楽団 最近のCD 最近のLP 東京佼成ウィンドオーケストラ 東急 東武 枚方フィル 樹フィル 武庫川女子大学音楽学部 水族館 水間鉄道 江ノ電 父親のアルバムから 甲南大学OB交響楽団 甲南大響 甲南女子大学管弦楽団 白黒懐かし画像 相愛フィルハーモニア 相鉄 神戸アンサンブルソロイスツ 神戸大学響 神戸市地下鉄 神戸電鉄 神戸高校OBオーケストラ 福井鉄道 私の名盤シリーズ 箕面コンセルト室内合奏団 紫苑交響楽団 美術 聖ソフィア・バラ合唱団/合奏団 能勢電 芦屋交響楽団 芦屋室内合奏団 若林顕 落語 蒸気機関車 藤井貴宏 衣笠交響楽団 西宮交響楽団 西宮探訪 西武 見仏 豊中市民管弦楽団 豊橋鉄道 近江鉄道 近畿フィルハーモニー管弦楽団 近鉄 遠州鉄道 鉄道 長岡京市民管弦楽団 長崎電軌 長楽庵 関西グスタフ・マーラー交響楽団 関西フィルハーモニー管弦楽団 関西医科学生交響楽団 関西大学交響楽団 関西学院交響楽団 関西SPレコード愛好会 阪堺電車 阪急 阪神 阪神タイガース 阪神フィル 静岡鉄道 須磨フィル 飛行機 高松琴平電鉄 高槻フィル 高槻室内管弦楽団 龍谷大学交響楽団 JR四国 JR東日本 JR東海 JR西日本

フォト

掲示板

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

無料ブログはココログ