国鉄奈良機関区

  • Photo_7
    昭和46年に奈良機関区を訪ねています。変わりやすい天気で、晴れていると思ったら急に雨が降ってきて大変な日でした。

THE 大阪駅~特急編~

  • 16
    中高生のころ、大阪駅はまだ日常の中にはなく、特急列車を撮りに行く特別な場所であった。栄光の時代が残っていた大阪駅に発着する特急列車の姿を封じ込めました。

THE 大阪駅~急行編~

  • 1258
    大阪駅に発着する急行を集めてみました。行き先によっては、ディーゼルカーの急行もあり、思えば楽しい駅だったのですね。ご興味の方は写真帖のずっと下にある「甲子園口急行物語」もご覧ください。

昭和45-47年の天王寺駅

  • キハ58 きのくに
    天王寺駅は単に竜華や奈良方面、阪和方面への乗り換え駅だったが、紀勢線ホームは頭端駅として有名だった。 時折、乗り換えの途中、駅撮りなどしていたようだ。

竜華・昭和46年

  • Photo_3
    昭和46年に数回に分けて竜華へ出陣しています。当時の関西線はローカルそのもの、まだまだ煙も多く残っていました。

甲子園口(その周辺)急行物語

  • Photo_7
    甲子園口西方の踏切があったあたり、そのもう少し西側の日通の倉庫前あたりは友人たちとのたまり場でした。陽が暮れるまで電車の通過を楽しんでいました。

京都駅残照・昭和45年前後

  • Photo_3
    昭和45年当時、京都駅へ行く機会は限られていたが、その中で残していた写真の中からいくつかを抜粋した。 京都の寺社、観光地に興味を持つのはもう少し後になった。

西宮を走った国鉄電車特急・昭和45年頃

  • Photo_2
    国鉄時代、地元西宮でもいろいろな電車特急が走っていた。 そのすべてではないが、手元に残る写真のうちからいくつかを抜粋した。

あぁ上野駅 昭和46年

  • 特急やまびこ
    初めて東京へ行った昭和46年、昔の風情の残る上野駅に間に合いました。

神戸市電 最後の日

  • 星電社前
    1971年3月に神戸市電は歴史を閉じました。その最終日に神戸市内の各所で写真に収めましたが、思えば震災前の神戸の街も封じ込めたことになりました。

東海道のんびり行

  • 24
    昭和49年5月に、当時まだ走っていた急行桜島・高千穂に乗って、のんびり東海道を東上しました。そのときの車窓風景をまとめました。

京阪滝井駅 昭和50年

  • Photo_2
    京阪電車は今年、中ノ島新線の開通や電車の塗装変更、さらに往年の名特急1900系の引退と話題に事欠きませんが、ごく普通に走っていた昭和50年の滝井駅の様子はこんな感じでした。

昔日の近江鉄道

  • Photo_4
    近江鉄道は、学生時代からの万葉旅行会で近江蒲生野へ行くときに撮影した程度だった。これはその一連の名残である。 「茜さす紫野行き標野行き野守りは見ずや妹が袖ふる」

マンモス機 EH10

  • 04
    国鉄が作った最大最強のマンモス電気機関車EH10。 今でこそ、8軸の電機はいろいろあるけれど、目に焼きついているのはこの機関車だ。

京都市電

  • 2607
    京都へ行くと市内の移動はたいてい市電だった。 市電だと京都初心者にもわかりやすかった。 たまにバスに乗るとぐるっと市内の引き回しにあったり、とんでもない方向へ走ったりと痛い目に会ったからだ。

きーんてーつ特急

  • Photo_11
    70年代の近鉄特急の白黒写真を集めてみました。点数も少なく恐縮ですが、関西には少ない観光特急の雰囲気だけでも伝えたい。おまけにあおぞら号も何枚か。

近鉄、ちょっと前の車両たち

  • 1413
    1980年代に撮った近鉄の一般車両の中からチョイスしてみた。少し小さいというだけで、なんだか親しみを感じる車両の面白さもある。

野上電鉄、廃止3週間前

  • キハ28
    1994年3月末をもって廃止された野上電鉄を、廃止3週間前に友人の2Aカレチさんと訪れた。併せて周辺の鉄道へも足を運んだので、藤並駅でみた有田鉄道のキハをおまけに追加した。

阪神5314F 愛

  • Img_6204
    阪神電車最古参の5314Fは5550Fの新規参入によっていよいよ引退の時期を迎えた。この前パン貫通幌を持つ古き阪神電車の顔を残す編成を追いかけた。

ゴハチ

  • 16ef58
    今も人気のEF58ばかりを集めました。近所鉄の西宮、武庫川をはじめ大阪駅、少し遠くて下関。元気にゴハチが走り回っていた時代がありました。

琴電 旧型車を並べて

  • Img_0059
    平成10年から出張が多かった四国ですが、何回かは高松に足を運んで琴電を追いました。古い写真がなぜか見つからないので、旧型車が消える数年前からのものばかりです。

RRE様HP掲載一覧

  • 0001601
    ブログ開設以前はRREさんの掲示板への投稿を続けていました。ここに、その投稿画像をまとめましたので、ご笑覧いただければと思います。

島原鉄道2007

  • Img_2046
    去年の3月に出○ついでに諫早駅周辺、島原鉄道、足を少し伸ばして長崎電軌を訪問しました。島原鉄道の一部廃止は残念です。

JR九州の車両たち、諫早駅周辺

  • Img_2023
    ラストランブームになったなは/あかつきもこのころは全然注目されず。九州はいろんな列車があって楽しめます。

長崎は今日も雨

  • Img_2117
    長崎ではすごい雨にあいました。それにもめげず、撮り鉄に励んできました。

名鉄瀬戸線

  • Img_1926
    名鉄瀬戸線に6750系という大手私鉄最後の吊りかけ車が走っていると聞いて訪問しました。2008.03.24

惜別 0系新幹線 

  • 01 相生駅 0系の横顔
    いよいよ平成20年11月末に引退する0系新幹線。山陽路で活躍していた近年の記録です。

四国の気動車

  • 四国は今でも気動車の天国です。その中でも、普通車の運用に供せられる車両を集めてみました。普通車だけにDCより気動車という言い方が似合います。

名鉄にあったレールバス

  • 到着したレールバスからの乗り換え
    名鉄の三河線、猿投の先には西中金まで延びる単線があり、そこには今ではその姿をほとんど見ることが出来ないレールバスがひっそりと走っていました。1987年4月、2Aカレチさんと訪れた記録です。

名鉄揖斐線

  • 512号車内
    1987年4月に2Aカレチさんと名鉄を訪れました。 揖斐線は一時下車した美濃北方駅と黒野駅での写真です。

名鉄の旧型車

  • 103763
    1987年4月 2Aカレチさんと一緒に名鉄を訪れました。 名鉄の本線あたりでもまだまだ吊り掛け車が走っていました。

名鉄岐阜市内線

  • 08
    1987年4月、2Aカレチさんと名鉄を訪れた。岐阜市内線をとりあえず撮影した後、揖斐線へと向かった。

明延鉱山とともに

  • 04_img_0155
    小学生時代、明延鉱山の学校とクラス同士の文通をした。その場所がどこだか全く知らずに居たが1円電車の存在は知っていた。その地を訪れたのは随分大人になってからとなった。

鍛冶屋線~愛と死をみつめて

  • 09_img_0334
    大正12年に全線が開通した鍛冶屋線はJR後の平成2年、その歴史に幕を下ろした。 また、「愛と死をみつめて」で有名なミコこと大島みち子さんはこの沿線の方で、線路を見下ろす小高い岡の上にお墓がある。

EF65 0番台原色+茶ガマ

  • 103_img_2881
    かつて、全国の直流区間ではおなじみだったEF65の0番台も、今では岡山に集結する11機のみである。そのうち、原色を保っているのはわずか4両となった。

最近のLP

2018年9月24日 (月)

最近のLPから 珍しい演奏も

前週に続いての3連休という事で、世間は少し浮かれているのかもしれませんが、サンデー毎日の小生には特にかかわることではありません、とは言うものの、関東から帰宅していた長男を大阪まで送ったついでに、いつものレコード屋さんで盤を漁っていました。

Thumbnail_image1これはパガニーニのヴァイオリン、ヴィオラ、チェロとギターのための四重奏曲と三重奏曲の演奏です。最近読んだパガニーニの本にもあるように超人的な技巧で聞く人を驚かせるとともに、実に魅惑的な音色でも魅了したとあります。ここに収められた楽曲のヴァイオリンのメロディは魅惑に満ちたものでした。実に珍しいブラジルでプレスされたレコードです。

Thumbnail_image2次に、パウル・ファン・ケンペンがアムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団を指揮したチャイコフスキーの交響曲第5番です。ケンペンというと既に忘れ去られた指揮者かもしれませんが実に骨太のがっしりとした展開をしています。レコードから聞こえてくる音色も重厚感が魅力です。今ではこんな演奏は聞かれないでしょうね。

Thumbnail_image_1最後に、比較的若い時代のモーツァルトの作品から、ディヴェルティメント、セレナード、カッサシオンのそれぞれ第1番というラインナップです。演奏は、ベルンハルト・パウムガルトナーが指揮するザルツブルグ・モーツァルテウム室内管弦楽団です。このコンビも懐かしいですね。演奏は、暖かさを感じさせるもので、柔らかい印象を与えます。音質はイマイチですが、じっくり聞いていこうと思います。

2018年8月10日 (金)

最近のLPから ボックス

819u6fjrwul__sx355_最近のLPも調べてみたら、5月から更新していませんでした。まぁ、いちいち報告するようなものではありませんが、こんなものがありますよという情報にはなりますね。今回は、ボックス入りのLPの3枚組の紹介です。先ずは、モーツァルトの弦楽四重奏曲、その中でも絶頂期の作品が集まった、いわゆるハイドンセットと呼ばれる曲集です。演奏は、名手の集まりであるアルバン・ベルク弦楽四重奏団です。

Simついで、入手したのは、同じくモーツァルトの弦楽五重奏曲全集です。モーツァルトの弦楽五重奏はヴィオラが2本入る少し変わった構成となります。演奏はこれも高い評価を受けていたブダペスト弦楽四重奏団、それに、ワルター・トランプラーがヴィオラで参加しています。これも発売された時から名盤の誉れを受けていたレコードです。

Image1_jpegそして、つい最近入手したのは、ドビュッシーの歌劇「ペレアスとメリザンド」です。指揮は、好みのアンドレ・クリュイタンス、フランス国立放送局管弦楽団の演奏で、スペインの名花、ヴィクトリア・デ・ロス・アンヘレスがメリザンドを歌っています。

これらはいずれも中古レコードですが、学生時代以降もこうしたボックスに入ったレコードを買うこと自体が憧れの行為でしたから、大変な満足感がありますね。

51psrjdzxul__sx348_bo1204203200_半藤一利、山折哲雄、童門冬二ほか 司馬遼太郎がゆく 小学館文庫/読了・・・・・・・・・・・司馬遼太郎を身近で接していた人々が、その魅力や歴史観にまつわる考え方など、思い思いのエピソードを文章にしたためたものを集めています。多角的に司馬遼太郎の存在と思考の深さを伝えていて、その人なりのとらえ方があって面白いですね。今も、多くの人の中に司馬遼太郎が生きている感じです。

2018年5月 8日 (火)

最近のLPから カラヤン クレツキー 海野義雄

久しぶりになりますが、最近のLPから、です。

Image1_jpegカラヤンがまだ若いころ、フィルハーモニア管弦楽団と録音したモーツァルトの管楽のための協奏交響曲です。モノラル録音のレコードですが、音はまとまっていて十分良い音です。演奏は、ゆったりとした時代を感じさせるもので、何回聴いても聞き飽きしない穏やかさを感じます。

Image2_jpegパウル・クレツキーというと、もう忘れられた指揮者という感じで、私の中でもその存在感をほとんど持っていませんでした。たまたま購入したチャイコフスキーの交響曲第4番ですが、クレツキーという指揮者がこんなに熱い音楽を届けてくれるとは思ってもみませんでした。パリ国立放送局管弦楽団の演奏です。

Image3_jpeg元NHK交響楽団のコンサートマスターの海野義雄がソロを弾いたチャイコフスキーとメンデルスゾーンの協奏曲です。これらの言わば、誰でも知っている名曲ですが、こんなに存在感を感じさせるヴァイオリンの演奏はそうそう聞いたことがありません。しっかりとした芯のある演奏です。つくづくも、芸大事件で日本から消えたこの演奏家の実力を思い知り、残念な気持ちです。

2017年11月 3日 (金)

最近のLPから ケンペのアルプス交響曲

I4相変わらず、ディスクユニオンはじめ中古レコード屋さんでLPレコードを漁っています。先日、これは!という名盤に出会い、すぐに購入しました。ルドルフ・ケンペ指揮 リヒャルト・シュトラウス作曲のアルプス交響曲です。雄大な音楽が、渋い指揮者のタクトで表現されている昔からの名演奏ですね。

ところが家に帰って確認してみると、この盤は以前にも購入していてすでにレコード棚の一画を占めていることに気が付きました。最近、こういう事が多いのですよね。

これからしばらく旅に出ます、探さないでください、笑。

とはいうものの、少しずつ報告はアップしていくと思いますが。

10120928_59deb739d4e9c和佐田貞一 列車ダイヤはこう進化を遂げた 日本の鉄道はニーズにどう答えてきたのか 交通新聞社新書/読了・・・・・・・列車ダイヤが日本人の手で作成されるようになったのは、実は新橋-横浜間開通からずいぶん時間が経ってからのことでした。それからダイヤがどのように発達していったかという話しの他、やはり早く到達するための手段の最終整理としてダイヤが果たした役割とその効果が連綿と綴られています。

2017年9月 7日 (木)

最近のLPから クライバーン 小澤 ボスコフスキー

梅田へ行ったり、元町へ行ったりしたついでに中古レコード屋さんに立ち寄る癖がついてしまったようで、毎回レコードを漁っては何枚か連れて帰っています。ここ一か月の間だけでももうかなりの枚数になりました。

Efbd9e20lsc2252thumbnail2チャイコフスキー ピアノ協奏曲第1番変ロ短調 ヴァン・クライバーン キリル・コンドラシン式の交響楽団

クライバーンが第1回のチャイコフスキーコンクールで優勝して帰ってきてすぐにカーネギーホールで録音されたもので、ビルボード誌で全米第一位を獲得した歴史的なレコードですね。活きの良いというか、闊達なピアノが1958年という割には良い音で聞こえてきます。迫力に満ち溢れた演奏ですね。

41avmxq09blストラヴィンスキー 春の祭典 花火 小澤征爾 シカゴ交響楽団

まだ33歳という若い小澤征爾の棒による春の祭典です。元気に満ち溢れているかというと、案外そうでもなくて、ち密な音楽が聞こえてきます。第2部終盤では、音楽が疲弊してくるような印象で進むところもなんだか推進力がついて終末へ向かっていくような印象を持ちます。醒めた音楽が聞こえてきますね。

19038_1グレート・シュトラウス・ワルツ ウィリー・ボスコフスキー ウィーンフィル 

定番のようなウィンナ・ワルツの演奏が6曲披露されています。この演奏を聞いた思うのは、ボスコフスキーの呼吸とクレメンス・クラウスの呼吸は全くそっくりだという事です。クラウスが遺した数多くのウィンナ・ワルツの伝統がそっくりボスコフスキーに引き継がれていますね。今では、誰に残っているのか、いないのか。

51wwp5mwjl__sx301_bo1204203200_倍賞千恵子 倍賞千恵子の現場 出会った素敵な人たち PHP新書/読了・・・・・・・映画「男はつらいよ」シリーズのさくらで有名な倍賞千恵子が、この映画で共演した渥美清、他の面々、さらに、何本も共演した高倉健との思い出、山田洋二監督、脇役の皆さんたち、そういった人たちとの思い出と自分自身の俳優としての心構え、客観的に見た自分というもの、そして歌手としての自分というもの、そういう多角的に自分自身を解剖して見せた一冊です。どうしても寅さんのさくらの印象が強いですが、多面的な倍賞千恵子がここにいて面白かったです。

2017年9月 4日 (月)

最近のLPから クリュイタンス ヴィシャーマン

Img_2830昨日、神戸大倉山の神戸文化ホールでのコンサートの帰りは、とことこ歩きながら元町の方向へ歩いていきました。JRの線路に当たると、その高架下はモトコータウンです。ただ、その西の方はすっかりシャッター商店街になっています。この寂れ方はひどいですね。ところどころ開いているお店もありますが、なんだか活気がありません。これでは立ち退きを求められても仕方ないですね。

Img_2833ところが、そこから元町駅の方へ行くにしたがってぽつぽつとお店が開いていて、そのうちに中古レコード屋さんがありました。比較的きれいに整理されているお店で、クラシックのコーナーを漁っていると、クリュイタンスがウィーンフィルを振って交響曲の断片などを録音した一枚が出てきました。この演奏はCDでも持っているのですが、なぜか「非売品」という文字に曳かれて手に取りました。大写しのクリュイタンスの写真もいいですね。

Img_2834もう一枚、ヘルムート・ヴィンシャーマンが主兵のドイツ・バッハ・ゾリスデンを率いて録音したバッハのヴァイオリンとオーボエのための協奏曲、チェンバロ協奏曲第7番がありました。懐かしいヴィンシャーマンを聞きたくて、これは迷わず買いましたね。演奏も素晴らしいものでした。

2017年8月11日 (金)

最近のLP ホフナング音楽祭 1956/1958/1961

昨日は梅田の阪神百貨店で開催中のレコードフェアに行きましたが、なかなか目ぼしいアルバムに出会うことがなく、いつものように中崎町のディスクユニオンに行き、いくつかのLPを連れて帰りました。

Img_2691その中に、このホフナング音楽祭1956/1958/1961というのがありました。まだ聞いてはいませんが、有名な未開始交響曲をはじめ、いくつもの高度なテクニックで披露されている冗談音楽の数々が収められていることと思います。

こういう分野の音楽は真剣にやればやるほど、高い技術があるほど、面白さが満ちてくるものだと思います。さて、どのような音楽が詰まっていることでしょうか。

今夜はお盆休み開始を記念して、音楽のお仲間と暑気払いです。

2017年8月 4日 (金)

最近のLPから クラウスのニューイヤーコンサート1954

Kb03クレメンス・クラウスは戦前から戦後にかけてウィーンを中心として活躍した大指揮者で、貴族の血を引くと言われていました。たしかにその風貌には高貴な雰囲気が漂っているかもしれません。

彼は戦前の1939年から途中の中止も含めてこの1954年まで、現在でも元旦に開かれるニューイヤーコンサートを指揮していたことでも知られています。

Arcwu116171954年のニューイヤーコンサートの演奏はCD化されており、その演奏を聴くことができますが、それはラジオの実況放送のエアチェックであるようで、司会者の声、熱狂する聴衆の叫び声のようなものまで収録されていて、生々しい会場の熱気が伝わるものです。これはそのCDです。

Img_2623このLPに収められた演奏はそのタイトルからも1954年の元旦に演奏されたウィンナ・ワルツの数々であろうと思われますが、曲ごとに切られて収録されている為、拍手もアナウンスもありません。ただし、音質はモノラルながらずいぶんと優秀なもので、実況放送の録音と比較しても勝っていると思います。これは入手したLPのジャケットです。

ニューイヤーコンサートは、この1954年にクラウスが急逝したことから、当時、ウィーンフィルのコンサートマスターであったウィリー・ボスコフスキーに引き継がれ、その後ロリン・マゼールが受け持ち、さらに後年その年ごとに指揮者を選ぶ輪番制へと移行していきました。

さて、このLPの音源はどこから持ってきたものなのでしょうね?

2017年8月 1日 (火)

最近のLPから プーランク歌曲集 クリストフ・ブノワ

Img_262120世紀中ごろに活躍したフランスの作曲、フランシス・クープランの歌曲集、オーケストラやピアノがついている作品を集めたLPが、とてつもなくおもしろい。演奏は、ジャン=クリストフ・ブノワというバリトン歌手、それにジョルジュ・プレートル指揮パリ音楽院管弦楽団、ピアノはマリース・シャルパンティエが付けています。

とにかく、プーランクの軽妙洒脱で、趣味の良い音楽がここでは展開されていますし、何と言っても、クリストフ・ブノワが自在な歌唱を披露しています。これは優れた音楽と演奏の結晶ですね。

歌曲集「村人の歌」、黒人の狂詩曲、世俗カンタータ「仮面舞踏会」、歌曲集「動物詩集」が収められています。

Pianistshukusaibunko150x218青柳いずみこ ピアニストたちの祝祭 唯一無二の時間を求めて 中公文庫/読了・・・・・・・ピアニストにして文筆家、少し評論家でもある著者によるポリーニ、アルゲリッチ、バレンボイム、内田光子、少し違う角度からフジ子ヘミングに対する論評、さらに、ラ・フォルネ・ジュルネ、サイトウ・キネン・フェスティバル、ショパンコンクールへ訪れたり出演した印象を克明に刻んで深く洞察した一冊。本物の演奏家が書くので辛辣な内容もありますが、それだけに真に迫った表現となっていますね。

ただ、論評を書いた演奏会の多くが、チケットを購入せずに、特定枠で会場に入れてもらったもののようで、そこんとこは、高い金額を出してわざわざ会場へ足を運んでという努力をした通常の聴衆とは、音楽を聴くという行為が感覚的に合わないこともあるということに、著者が気が付いているかどうかはわかりませんが。

2017年6月16日 (金)

最近のLPから ケンペ ブラームス交響曲第1番

Rudolfkempeとうとう見つけてしまったかもしれません。何をって、ブラームスの交響曲第1番のお気に入りですよ。ルドルフ・ケンペがベルリンフィルを指揮して1959年に録音した演奏です。この時、ブラームスのほかの交響曲も同時期に録音していますが、交響曲でステレオ録音の演奏はこれだけのようです。後にミュンヘンフィルとの全集がありますが、それも聞いてみたいですね。

Wolfgojiraimg600x6001492583687z8yg9なんとも、心地よいベルリンフィルの響きがここにはあります。この当時のベルリンフィルはクリュイタンスとベートーヴェンの全集を録音していて、音色は大変似通っています。そして、ケンペのアプローチも正統派そのもので一切のケレン味はありません。かといって、過度の堅牢さ、重厚さを前面に出したものではなく音楽は自然に流れていきます。またひとつ、素晴らしい演奏に巡り合えました。

51qsbcfa60l__sx353_bo1204203200_辻真先 義経号、北溟を走る 徳間文庫/読了・・・・・・・・・高齢による断筆宣言ともとれる記事をかつて発表していた辻真先がまた執筆を開始したようで、これは徳間文庫への書下ろしとなっています。内容は明治初めに北海道の鉄道開拓時代に明治天皇が義経号牽引の客車に乗車した史実から派生したミステリーになっています。話の流れからある程度事前に犯人グループがわかっているので、いまならテロ等防止罪の適用で捕まるようなところではないでしょうか。からくりの綿密さが薄いところも、なんだか、この作家が好きなんですよね。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

JR貨物 | Jフィル | MIZUMO | T-ストリングス | かぎろひ歴史探訪 | その他 | やまとんくらぶ | アンサンブル ラ・ピアチェーレ | アンサンブル・アルビレオ | アンサンブル・コスモリバティ | アンサンブル・ジョワン | アンサンブル・ツヴァイ | アンサンブル・フリー | アンサンブル・ミンネン | アンサンブル・ヴィオ | ウォーキング鉄 | オルガンコンサート | オーケストラ・アンサンブル・フォルツァ | オーケストラ・クラシック | オーケストラ・ソノリテ | オーケストラ・ノインテ | オーケストラ・ブラヴォー! | オーケストラ・ポミエ | オーケストラ千里山 | オーディオ | カメラ | カンマーフィルハーモニー京都 | カンマーフィルハーモニー神戸 | クラシックサロン・アマデウス | クラシック音楽 | クランクレーデ | クレセント室内アンサンブル | クレー管弦楽団 | グッド・シーズン・アンサンブル | グルメ | コレギウム・ヨハネス | コレギウム夙川管弦楽団 | シンフォニア・スピカ | セント・マーティン・オーケストラ | ゾンアーベント・アンサンブル | タリヘーレ四重奏団 | ダムカード | テレマン室内オーケストラ | ディスクユニオン | ドイツ紀行 | ニイジマ・キネン・オーケストラ | ニュージーランド鉄道 | ハイマート交響楽団 | ハイマート合唱団 | バス | バッハクライス神戸 | バンブスアンサンブル | パソコン | ファゴット・フェスティバル | フェニックスフィル | フォンス・フローリス古楽院 | ホール・バルティカ | ミモザの会 | ミュー室内管弦楽団 | メイプルフィル | ライブカメラ | ラグビー | ワンコイン市民コンサート | ヴェデルニコフ | 万葉 | 三宝鉄道 | 上甲ウィンドシンフォニー | 上甲子園中学吹奏楽部 | 交響楽団ひびき | 京急 | 京成 | 京王 | 京都フィロムジカ管弦楽団 | 京都プレザントオーケストラ | 京都大学交響楽団 | 京都工芸繊維大学交響楽団 | 京阪 | 伊予鉄 | 伊予鉄道 | 伊豆急行 | 六甲フィル | 兵庫医科大学医療大学合同オーケストラ_ | 兵庫芸術文化センター管弦楽団 | 切符 | 初演企画 | 北摂フィル | 北総 | 南海 | 卯之町 | 合唱団 | 名鉄 | 吹奏楽 | 吹奏楽団 | 吹田市交響楽団 | 四国詣で | 土佐くろしお鉄道 | 土佐日記 | 土佐電 | 地下鉄 | 堺フィル | 夢の国 ニュージーランド | 大井川鉄道 | 大阪センチュリー交響楽団 | 大阪フィルハーモニー交響楽団 | 大阪フロイデ合唱団 | 大阪メトロ | 大阪モーツァルトアンサンブル | 大阪交響楽団 | 大阪市営交通局 | 大阪市営地下鉄 | 大阪市民管弦楽団 | 大阪芸術大学管弦楽団 | 奈良女子大管 | 学園都市交響楽団 | 宝塚響 | 富士急行 | 寝屋川市民管弦楽団 | 小田急 | 尼崎市吹奏楽団 | 尼崎市民交響楽団 | 尼崎弦楽アンサンブル | 居酒屋 | 山陽 | 岡山電軌 | 嵐電 | 川西市民オーケストラ | 幻想フィル | 広島電鉄 | 廃線跡 | 待兼交響楽団 | 指揮者 | 新京成 | 新幹線 | 旅行 | 日本センチュリー交響楽団 | 最近のCD | 最近のLP | | 東急 | 東武 | 枚方フィル | 樹フィル | 武庫川女子大学音楽学部 | 水族館 | 水間鉄道 | 江ノ電 | 父親のアルバムから | 甲南大学OB交響楽団 | 甲南大響 | 甲南女子大学管弦楽団 | 白黒懐かし画像 | 相愛フィルハーモニア | 相鉄 | 神戸アンサンブルソロイスツ | 神戸大学響 | 神戸電鉄 | 神戸高校OBオーケストラ | 福井鉄道 | 私の名盤シリーズ | 箕面コンセルト室内合奏団 | 紫苑交響楽団 | 美術 | 聖ソフィア・バラ合唱団/合奏団 | 能勢電 | 芦屋交響楽団 | 芦屋室内合奏団 | | 若林顕 | 落語 | 蒸気機関車 | 藤井貴宏 | 衣笠交響楽団 | 西宮交響楽団 | 西宮探訪 | 西武 | 見仏 | 豊中市民管弦楽団 | 豊橋鉄道 | 近江鉄道 | 近畿フィルハーモニー管弦楽団 | 近鉄 | 遠州鉄道 | 鉄道 | 長岡京市民管弦楽団 | 長崎電軌 | 長楽庵 | 関西グスタフ・マーラー交響楽団 | 関西フィルハーモニー管弦楽団 | 関西医科学生交響楽団 | 関西学院交響楽団 | 関西SPレコード愛好会 | 阪堺電車 | 阪急 | 阪神 | 阪神タイガース | 阪神フィル | 静岡鉄道 | 須磨フィル | 飛行機 | 高松琴平電鉄 | 高槻室内管弦楽団 | | 龍谷大学交響楽団 | JR四国 | JR東日本 | JR東海 | JR西日本

フォト

掲示板

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

無料ブログはココログ