国鉄奈良機関区

  • Photo_7
    昭和46年に奈良機関区を訪ねています。変わりやすい天気で、晴れていると思ったら急に雨が降ってきて大変な日でした。

THE 大阪駅~特急編~

  • 16
    中高生のころ、大阪駅はまだ日常の中にはなく、特急列車を撮りに行く特別な場所であった。栄光の時代が残っていた大阪駅に発着する特急列車の姿を封じ込めました。

THE 大阪駅~急行編~

  • 1258
    大阪駅に発着する急行を集めてみました。行き先によっては、ディーゼルカーの急行もあり、思えば楽しい駅だったのですね。ご興味の方は写真帖のずっと下にある「甲子園口急行物語」もご覧ください。

昭和45-47年の天王寺駅

  • キハ58 きのくに
    天王寺駅は単に竜華や奈良方面、阪和方面への乗り換え駅だったが、紀勢線ホームは頭端駅として有名だった。 時折、乗り換えの途中、駅撮りなどしていたようだ。

竜華・昭和46年

  • Photo_3
    昭和46年に数回に分けて竜華へ出陣しています。当時の関西線はローカルそのもの、まだまだ煙も多く残っていました。

甲子園口(その周辺)急行物語

  • Photo_7
    甲子園口西方の踏切があったあたり、そのもう少し西側の日通の倉庫前あたりは友人たちとのたまり場でした。陽が暮れるまで電車の通過を楽しんでいました。

京都駅残照・昭和45年前後

  • Photo_3
    昭和45年当時、京都駅へ行く機会は限られていたが、その中で残していた写真の中からいくつかを抜粋した。 京都の寺社、観光地に興味を持つのはもう少し後になった。

西宮を走った国鉄電車特急・昭和45年頃

  • Photo_2
    国鉄時代、地元西宮でもいろいろな電車特急が走っていた。 そのすべてではないが、手元に残る写真のうちからいくつかを抜粋した。

あぁ上野駅 昭和46年

  • 特急やまびこ
    初めて東京へ行った昭和46年、昔の風情の残る上野駅に間に合いました。

神戸市電 最後の日

  • 星電社前
    1971年3月に神戸市電は歴史を閉じました。その最終日に神戸市内の各所で写真に収めましたが、思えば震災前の神戸の街も封じ込めたことになりました。

東海道のんびり行

  • 24
    昭和49年5月に、当時まだ走っていた急行桜島・高千穂に乗って、のんびり東海道を東上しました。そのときの車窓風景をまとめました。

京阪滝井駅 昭和50年

  • Photo_2
    京阪電車は今年、中ノ島新線の開通や電車の塗装変更、さらに往年の名特急1900系の引退と話題に事欠きませんが、ごく普通に走っていた昭和50年の滝井駅の様子はこんな感じでした。

昔日の近江鉄道

  • Photo_4
    近江鉄道は、学生時代からの万葉旅行会で近江蒲生野へ行くときに撮影した程度だった。これはその一連の名残である。 「茜さす紫野行き標野行き野守りは見ずや妹が袖ふる」

マンモス機 EH10

  • 04
    国鉄が作った最大最強のマンモス電気機関車EH10。 今でこそ、8軸の電機はいろいろあるけれど、目に焼きついているのはこの機関車だ。

京都市電

  • 2607
    京都へ行くと市内の移動はたいてい市電だった。 市電だと京都初心者にもわかりやすかった。 たまにバスに乗るとぐるっと市内の引き回しにあったり、とんでもない方向へ走ったりと痛い目に会ったからだ。

きーんてーつ特急

  • Photo_11
    70年代の近鉄特急の白黒写真を集めてみました。点数も少なく恐縮ですが、関西には少ない観光特急の雰囲気だけでも伝えたい。おまけにあおぞら号も何枚か。

近鉄、ちょっと前の車両たち

  • 1413
    1980年代に撮った近鉄の一般車両の中からチョイスしてみた。少し小さいというだけで、なんだか親しみを感じる車両の面白さもある。

野上電鉄、廃止3週間前

  • キハ28
    1994年3月末をもって廃止された野上電鉄を、廃止3週間前に友人の2Aカレチさんと訪れた。併せて周辺の鉄道へも足を運んだので、藤並駅でみた有田鉄道のキハをおまけに追加した。

阪神5314F 愛

  • Img_6204
    阪神電車最古参の5314Fは5550Fの新規参入によっていよいよ引退の時期を迎えた。この前パン貫通幌を持つ古き阪神電車の顔を残す編成を追いかけた。

ゴハチ

  • 16ef58
    今も人気のEF58ばかりを集めました。近所鉄の西宮、武庫川をはじめ大阪駅、少し遠くて下関。元気にゴハチが走り回っていた時代がありました。

琴電 旧型車を並べて

  • Img_0059
    平成10年から出張が多かった四国ですが、何回かは高松に足を運んで琴電を追いました。古い写真がなぜか見つからないので、旧型車が消える数年前からのものばかりです。

RRE様HP掲載一覧

  • 0001601
    ブログ開設以前はRREさんの掲示板への投稿を続けていました。ここに、その投稿画像をまとめましたので、ご笑覧いただければと思います。

島原鉄道2007

  • Img_2046
    去年の3月に出○ついでに諫早駅周辺、島原鉄道、足を少し伸ばして長崎電軌を訪問しました。島原鉄道の一部廃止は残念です。

JR九州の車両たち、諫早駅周辺

  • Img_2023
    ラストランブームになったなは/あかつきもこのころは全然注目されず。九州はいろんな列車があって楽しめます。

長崎は今日も雨

  • Img_2117
    長崎ではすごい雨にあいました。それにもめげず、撮り鉄に励んできました。

名鉄瀬戸線

  • Img_1926
    名鉄瀬戸線に6750系という大手私鉄最後の吊りかけ車が走っていると聞いて訪問しました。2008.03.24

惜別 0系新幹線 

  • 01 相生駅 0系の横顔
    いよいよ平成20年11月末に引退する0系新幹線。山陽路で活躍していた近年の記録です。

四国の気動車

  • 四国は今でも気動車の天国です。その中でも、普通車の運用に供せられる車両を集めてみました。普通車だけにDCより気動車という言い方が似合います。

名鉄にあったレールバス

  • 到着したレールバスからの乗り換え
    名鉄の三河線、猿投の先には西中金まで延びる単線があり、そこには今ではその姿をほとんど見ることが出来ないレールバスがひっそりと走っていました。1987年4月、2Aカレチさんと訪れた記録です。

名鉄揖斐線

  • 512号車内
    1987年4月に2Aカレチさんと名鉄を訪れました。 揖斐線は一時下車した美濃北方駅と黒野駅での写真です。

名鉄の旧型車

  • 103763
    1987年4月 2Aカレチさんと一緒に名鉄を訪れました。 名鉄の本線あたりでもまだまだ吊り掛け車が走っていました。

名鉄岐阜市内線

  • 08
    1987年4月、2Aカレチさんと名鉄を訪れた。岐阜市内線をとりあえず撮影した後、揖斐線へと向かった。

明延鉱山とともに

  • 04_img_0155
    小学生時代、明延鉱山の学校とクラス同士の文通をした。その場所がどこだか全く知らずに居たが1円電車の存在は知っていた。その地を訪れたのは随分大人になってからとなった。

鍛冶屋線~愛と死をみつめて

  • 09_img_0334
    大正12年に全線が開通した鍛冶屋線はJR後の平成2年、その歴史に幕を下ろした。 また、「愛と死をみつめて」で有名なミコこと大島みち子さんはこの沿線の方で、線路を見下ろす小高い岡の上にお墓がある。

EF65 0番台原色+茶ガマ

  • 103_img_2881
    かつて、全国の直流区間ではおなじみだったEF65の0番台も、今では岡山に集結する11機のみである。そのうち、原色を保っているのはわずか4両となった。

卯之町

2017年10月20日 (金)

秋の四国詣で 言い忘れたことなど

Dsc06570秋の四国詣で、もう終わったはずですが、写真を見ているといくつか置いてきた話もあるので、補遺として書いておこうと思います。一つ目は、徳島駅のホームの屋根の骨組みです。徳島県は日本で唯一電車が走っていない県で、この徳島駅も非電化、ディーゼルカーが発着する駅です。そのホームも木造の柱が屋根を支える構造で、ひと昔前の雰囲気を残しています。

Img_3119次いで、二番目は、金毘羅さんへの登り口にあるお土産屋さんです。何とも重厚な建物で、妻面の格子が高い技術をもってつくられた贅沢な建物だという事を物語っています。今はお土産屋さんですが、昔は多分旅籠として使っていたのではないでしょうか。そういう風情を感じます。

Img_3181最後は、卯之町の駅前にある古風なアーチです。ここに、雑巾がけレース、Z-1の解散予告がされています。雑巾がけレースとは、109mの長い廊下がある旧宇和町小学校校舎(宇和米博物館)で、雑巾がけの速さを競うタイムレースです。テレビでも報道されているので知っている人も多いはず。10月29日が今年の開催日です。

51gcnjhpvsl__sx306_bo1204203200_イリーナ・メジューエワ ピアノの名曲 聴きどころ弾きどころ 講談社現代新書/読了・・・・・・・・・・・・現役のピアニストが書いた本なのでテクニックの話しとか、難しいことの解説かなと思ったら、意外に平易な文章でわかりやすく、しかし、深い話しもあったりで、ずいぶん楽しめた一冊です。さすがにプロなので、演奏を通じて作曲家と対話していますね。お好みの演奏も推薦してくれていて、役に立ちます。また推薦するピアニストが、コルトー、アラウ、ホルショフスキー、ラローチャ、リヒテルなど古い人が多く興味深いですね。とは言うものの、現役も何人か上げていて、こだわりのない選択も好印象です。ロシア生まれですが、日本に住んで20年にもなりますから、ずいぶん日本的な発想も感じられます。コンサート会場で、お客さんとしてお見受けしたこともあり、小柄なかわいい女性でした。

2017年10月18日 (水)

秋の四国詣で 卯之町れんげそう

Img_3171卯之町の夜はいつものれんげそうでした。何時もの様に豪華な料理とお酒が並びます。日本酒は、獺祭の三割九分の一升瓶を届けてもらっていたのですが、他にも銘酒が並びました。特に地元の開明はあっさりとした吞み口に加え、香りが立ってなかなか良かったですね。

料理は、野菜の煮物、鶏バムのサラダ、カンパチと炙り鯛の刺身、ブリしゃぶ、牛筋煮込み、カンパチのカマ塩焼き、などなど。そりゃもう堪能しました。

Img_3172Img_3173Img_3174Img_3176Img_3177Img_3179Img_3180



















2017年10月17日 (火)

秋の四国詣で 酒蔵カフェ池田屋さんで

Img_3167もう10月も半ばを過ぎましたが、まだ先月26日の話題です。卯之町に着いて、少々仕事絡みのことをしたのち、町をプラプラ。歩いているだけでお知り合い数名にお会いするという、そういう狭い町ですが、そのお一人に酒蔵カフェの池田屋さんまで送っていただきました。青い空がきれいですね。

Img_3166ここでは、いつもモーニング珈琲をいただいているのです。ただし、26日が火曜日、その晩に痛飲して翌朝の珈琲というところですが、水曜日が定休日なので、26日に顔を出しておこうという事です。この日は、お昼に辛い麻婆豆腐をいただきましたので、愛媛県らしくオレンジジュースにしました。このオレンジジュースはこの地元のもので、実に濃厚な味わいです。しばらくゆったりとした時間が流れます。

519qoqpmdgl__sy346_中川右介 クラシック音楽の歴史 角川ソフィア文庫/読了・・・・・・・記録が残っているクラシック音楽、いわゆるバロック音楽以降の西洋音楽に焦点を合わせて主に作曲家を軸としてその歴史にふれた本です。平易な文章でつづられているので入門としても役に立つでしょうし、深く関わっていても、それぞれの関係を再確認するにも適切な本ですね。ところどころで、今では異論もある話もありますが、あまり目くじら立てずに読むとちょうど良いかも、ですね。

2017年10月16日 (月)

秋の四国詣で 卯之町 豊かな恵み

Img_3158まだ先月、9月26日のお話しで失礼します。卯之町に到着して、舞華でお昼ごはんをして、ちょいと仕事がらみのところへご挨拶。その後、天気も良かったので、久しぶりに卯之町をぶらぶら歩いていました。途中見つけた、ミカンの安売りです。袋詰めいっぱいで100円という。これは運動会みかんとも言われている小粒のまだ青いミカンですが、香りが大変清々しいものです。

Img_3159Img_3160地産地消の道の駅では、ブドウがもうそろそろ終わりを迎えようとしていました。それでも、まだずいぶんと品物が並んでいます。今年おお流行りのシャイン・マスカットもありました。

Img_3162地元のスーパーを覗くと、そこには新居浜同様、いもたき の文字があり、具材が並べられています。聞くと、9月いっぱいまでは芋炊きのシーズンという事で最後の追い込みですね。卯之町のある南予は、新居浜のある東予に比べて少し甘めの出汁で芋炊きをします。

2017年7月10日 (月)

四国詣で 卯之町れんげそう

Img_2293卯之町の夜はいつもの居酒屋さん、れんげそうと決まっています。この夜は、ビールで口を漱いだ後は日本酒の林の中へ埋没していきました。高知でいただいた南の純米大吟醸を真ん中にして一升瓶が並びます。開明、にごり酒とあるラベルは地元のものですね。やまとしずく、八海山、福来、などなど。

Img_2288料理はいつもの豪華さが一段と増したような。刺身はカンパチ、鯛の炙り、鯛、絶品のイサキの白子、ウニは板に乗ってきました、鯛の刺身にウニを乗せていただきました、メインは生ダコとグレのシャブシャブ、大きなイサキの一夜干し、名物のあら炊き、そして、ながれこの刺身です。

Img_2291Img_2290Img_2289Img_2294Img_2295Img_2296Img_2297Img_2298

















2017年7月 8日 (土)

四国詣で アフタヌーン珈琲は池田屋さん

Img_2286ランチも終わり、実はある場所でちょいと野暮用ではあるけれどまじめなお話しをしたのち、卯之町の池田屋さんへやってきました。

いつもは、二日酔いの頭をシャキッとさせに来るところですが、今日はお昼間ですから、一切飲んでいません。本を読みながらいただきアフタヌーン珈琲は格段の旨さでした。

Img_2285_2この空間には、外の世界、とりわけ、高いで流れているのとは異次元のゆったりとした時間が流れています。外をたまに車が通りすぎますが、その音すら、夢幻のようです。

古い酒蔵のいちぶをカフェにしていますから、天井も高く、室内全体を対象とした空調といったものはありませんが、外からそのまま自然を連れてきたようで、ここに座ると自分がこの空間と同化していくのがわかります。

27681656_1友清哲 物語で知る日本酒と酒蔵 イースト新書/読了・・・・・・・・全国の酒蔵を訪ねて、その歴史や由緒、気にまつわる話を聴きとっています。それほど練れていない文章ですが、かえってこれで読みやすいのかも。写真の差し込み位置が違っていたり、同じような写真が重なって使われていたりとお粗末な編集ではあるけれど、読み終わったら、お酒が飲みたくなってきました。

2017年5月 4日 (木)

最後の四国詣で 卯之町れんげそう

Img_1371_2 さて、3年半に及んだ四国詣でも、4月26日からの2泊3日をもって、オフィシャルなものは最後となりました。
ということで、26日は、いつもの居酒屋「れんげそう」でご常連にも集まっていただき、たいそうな宴会となりました。
 
Img_1379 鳥ハムのサラダ、わらびの胡麻和え、わらびと鶏の煮物、わらびの玉子とじ、メインは鰆のしゃぶしゃぶ、お造りはカンパチと鯛の炙りとスズキ、ニシンの丸焼き、うに板、鰆の白子、名物のあら炊き、それに日本酒が10本も並びました。
 
 
Img_1372Img_1373Img_1374Img_1375Img_1376Img_1377Img_1378Img_1380Img_1381Img_1382Img_1383

2017年2月 9日 (木)

卯之町の朝は珈琲の香りから

Img_0072 卯之町の朝はいつものようにホテルの近所にある池田屋さんでの珈琲から始まります。
寒いですから、薪ストーブに火が入っています。
薪はお知り合いから都合してもらっているとのことで、実はこの薪を確保するのがなかなか難しいらしいです。
 
Img_0071 珈琲が入りました。サイホン珈琲ですね。
そして、なぜだか、ミカンをいただきました。このミカンは甘平、かんぺいという種類です。
まだ生産個数が少ないので、このように大きくて形の良いものはなかなか県外へは出ていきません。
かつては一個1000円したという幻のミカンです。もったいないので持ち帰りましたけど。
この卯之町のモーニング珈琲を味わえるのも、あと数回になってしまいました。
 
41usffhk6ul_ac_ul320_sr198320_ 堀内重人 観光列車が旅を変えた 地域を拓く鉄道チャレンジの軌跡 交通新聞社新書/読了・・・・・・・・・・・・・鉄道が衰退してた海外の国では、本業の鉄道よりも観光鉄道のほうがにぎやかになっているところもありますが、日本でも、そろそろ地域や路線によっては、観光鉄道としての生き残りへ目を向けていかなければ成り立たなくなっている会社もありますね。そうした中、かつてのジョイフルトレインブームの後に少し豪華な、またはすっごく贅沢な列車が走り始める一方、蒸気機関車の復活が相次いでいて、これからの観光列車は大きく2分されていくような気配かと思いますが、そういうことが細かく書かれていて、楽しく読むことができました。

2017年2月 8日 (水)

卯之町の夜 れんげそう

Img_0060 卯之町の夜はいつもの居酒屋れんげそうと決まっています。
この夜は、大皿に牡蠣のオリーブオイル漬けが乗っかっていました。
牡蠣に火を通してありますが、なんだか身が小さくなってしまったらしい。
でも、これはおいしかったですね。
 
Img_0063 次いで、刺身は鯛の薄切りに肝ポン酢という取り合わせです。
あっさりとした鯛の切り身に、ふわっとした旨みの強い肝を巻き、ポン酢を少しだけつけていただきます。これはもう日本酒が進みますね。
あっ、その向こうにうに板が見えますが、これもいただきました。
 
Img_0070 この日は、の良いのが入ったという事で、それの煮つけをいただきました。
実に大きな鯖だったようで、この切り身もずいぶん大きなものでした。
脂の乗りも素晴らしく、とろけるようなさばをいただきました。
この日はこのほかに、メインとなる寄せ鍋が出されましたが、さすがにそれを十分いただくだけの余力は無くなっていましたけれど。
 
 
28181358_1 柴田東吾 車両基地 知られざる鉄道バックヤード 交通新聞社新書/読了・・・・・・・・・新幹線、JR線、SL、地下鉄、モノレール、私鉄として阪急、路面電車、新交通システム、ディーゼルカーのそれぞれの車両基地を訪ねて、どのような検査、補修、さらに技術伝承が行われているのか、大変興味深いてーまを追いかけていますね。
鉄道でも、普段、目にすることがない分野なので、そこで何が行われているのか、まったく知らないことが多く、また、丁寧な文章も楽しく読ませてもらいました。

2017年2月 6日 (月)

卯之町到着 お昼は中華で

Img_0041 朝9時の特急しおかぜで新居浜から松山へ、松山からは特急宇和海に乗り換えて、11時過ぎに卯之町につきました。天気は良かったですね。
市役所に顔を出してから、ひとつ用事を済ませ、ランチはいつもの中華料理・舞華さんで絶品のエビチリ定食をいただきました。
 
Img_0042 エビチリは、海老がほとんどレアの状態、ソースも甘からずピリッとしたチリの味わいも深く、エビに絡みます。
そして、マスターのサービスで、イーピン豆腐というのを出していただきました。きれいな模様と裾に貝柱を巻いた豆腐に白あんがかかり、足元に青梗菜です。食べた感じは、豆腐の蒸し物のようですね。
 
Img_0055 昼からの会議の仕事を終えて、町に戻ってきました。
いつもモーニング珈琲をいただく池田屋さんで時間を調整しようと思い、珈琲もなんだかなぁと思っていると、メニューにぜんざいがあるじゃないですか。
で、早速頼みました。おもちも入って、ほっこりとした夕暮れのひと時となりました。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

JR貨物 | Jフィル | MIZUMO | T-ストリングス | かぎろひ歴史探訪 | その他 | やまとんくらぶ | アンサンブル ラ・ピアチェーレ | アンサンブル・アルビレオ | アンサンブル・コスモリバティ | アンサンブル・ジョワン | アンサンブル・ツヴァイ | アンサンブル・フリー | アンサンブル・ミンネン | アンサンブル・ヴィオ | ウォーキング鉄 | オルガンコンサート | オーケストラ・アンサンブル・フォルツァ | オーケストラ・ソノリテ | オーケストラ・ノインテ | オーケストラ・ブラヴォー! | オーケストラ・ポミエ | オーケストラ千里山 | オーディオ | カメラ | カンマーフィルハーモニー京都 | クラシックサロン・アマデウス | クラシック音楽 | クランクレーデ | クレセント室内アンサンブル | クレー管弦楽団 | グッド・シーズン・アンサンブル | グルメ | コレギウム・ヨハネス | コレギウム夙川管弦楽団 | セント・マーティン・オーケストラ | ゾンアーベント・アンサンブル | タリヘーレ四重奏団 | ダムカード | テレマン室内オーケストラ | ディスクユニオン | ニイジマ・キネン・オーケストラ | ニュージーランド鉄道 | ハイマート交響楽団 | ハイマート合唱団 | バス | バッハクライス神戸 | バンブスアンサンブル | パソコン | フォンス・フローリス古楽院 | ホール・バルティカ | ミモザの会 | ミュー室内管弦楽団 | メイプルフィル | ライブカメラ | ラグビー | ワンコイン市民コンサート | ヴェデルニコフ | 万葉 | 三宝鉄道 | 上甲ウィンドシンフォニー | 上甲子園中学吹奏楽部 | 交響楽団ひびき | 京急 | 京成 | 京王 | 京都フィロムジカ管弦楽団 | 京都大学交響楽団 | 京阪 | 伊予鉄 | 伊予鉄道 | 伊豆急行 | 六甲フィル | 兵庫医科大学医療大学合同オーケストラ_ | 兵庫芸術文化センター管弦楽団 | 切符 | 初演企画 | 北摂フィル | 北総 | 南海 | 卯之町 | 合唱団 | 吹奏楽 | 吹奏楽団 | 吹田市交響楽団 | 土佐くろしお鉄道 | 土佐日記 | 土佐電 | 地下鉄 | 堺フィル | 夢の国 ニュージーランド | 大井川鉄道 | 大阪センチュリー交響楽団 | 大阪フィルハーモニー交響楽団 | 大阪フロイデ合唱団 | 大阪モーツァルトアンサンブル | 大阪交響楽団 | 大阪市営交通局 | 大阪市営地下鉄 | 大阪市民管弦楽団 | 大阪芸術大学管弦楽団 | 奈良女子大管 | 学園都市交響楽団 | 宝塚響 | 富士急行 | 小田急 | 尼崎市吹奏楽団 | 尼崎市民交響楽団 | 尼崎弦楽アンサンブル | 居酒屋 | 山陽 | 岡山電軌 | 嵐電 | 広島電鉄 | 廃線跡 | 指揮者 | 新京成 | 新幹線 | 旅行 | 日本センチュリー交響楽団 | 最近のCD | 最近のLP | | 東急 | 東武 | 枚方フィル | 武庫川女子大学音楽学部 | 水族館 | 水間鉄道 | 江ノ電 | 父親のアルバムから | 甲南大学OB交響楽団 | 甲南大響 | 甲南女子大学管弦楽団 | 白黒懐かし画像 | 相鉄 | 神戸アンサンブルソロイスツ | 神戸大学響 | 神戸電鉄 | 神戸高校OBオーケストラ | 福井鉄道 | 私の名盤シリーズ | 箕面コンセルト室内合奏団 | 紫苑交響楽団 | 美術 | 聖ソフィア・バラ合唱団/合奏団 | 能勢電 | 芦屋交響楽団 | 芦屋室内合奏団 | | 若林顕 | 落語 | 蒸気機関車 | 藤井貴宏 | 衣笠交響楽団 | 西宮交響楽団 | 西宮探訪 | 見仏 | 豊中市民管弦楽団 | 豊橋鉄道 | 近江鉄道 | 近畿フィルハーモニー管弦楽団 | 近鉄 | 遠州鉄道 | 鉄道 | 長岡京市民管弦楽団 | 長崎電軌 | 長楽庵 | 関西グスタフ・マーラー交響楽団 | 関西フィルハーモニー管弦楽団 | 関西医科学生交響楽団 | 関西学院交響楽団 | 関西SPレコード愛好会 | 阪堺電車 | 阪急 | 阪神 | 阪神タイガース | 静岡鉄道 | 須磨フィル | 飛行機 | 高松琴平電鉄 | 高槻室内管弦楽団 | | 龍谷大学交響楽団 | JR四国 | JR東日本 | JR東海 | JR西日本

フォト

掲示板

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

無料ブログはココログ