国鉄奈良機関区

  • Photo_7
    昭和46年に奈良機関区を訪ねています。変わりやすい天気で、晴れていると思ったら急に雨が降ってきて大変な日でした。

THE 大阪駅~特急編~

  • 16
    中高生のころ、大阪駅はまだ日常の中にはなく、特急列車を撮りに行く特別な場所であった。栄光の時代が残っていた大阪駅に発着する特急列車の姿を封じ込めました。

THE 大阪駅~急行編~

  • 1258
    大阪駅に発着する急行を集めてみました。行き先によっては、ディーゼルカーの急行もあり、思えば楽しい駅だったのですね。ご興味の方は写真帖のずっと下にある「甲子園口急行物語」もご覧ください。

昭和45-47年の天王寺駅

  • キハ58 きのくに
    天王寺駅は単に竜華や奈良方面、阪和方面への乗り換え駅だったが、紀勢線ホームは頭端駅として有名だった。 時折、乗り換えの途中、駅撮りなどしていたようだ。

竜華・昭和46年

  • Photo_3
    昭和46年に数回に分けて竜華へ出陣しています。当時の関西線はローカルそのもの、まだまだ煙も多く残っていました。

甲子園口(その周辺)急行物語

  • Photo_7
    甲子園口西方の踏切があったあたり、そのもう少し西側の日通の倉庫前あたりは友人たちとのたまり場でした。陽が暮れるまで電車の通過を楽しんでいました。

京都駅残照・昭和45年前後

  • Photo_3
    昭和45年当時、京都駅へ行く機会は限られていたが、その中で残していた写真の中からいくつかを抜粋した。 京都の寺社、観光地に興味を持つのはもう少し後になった。

西宮を走った国鉄電車特急・昭和45年頃

  • Photo_2
    国鉄時代、地元西宮でもいろいろな電車特急が走っていた。 そのすべてではないが、手元に残る写真のうちからいくつかを抜粋した。

あぁ上野駅 昭和46年

  • 特急やまびこ
    初めて東京へ行った昭和46年、昔の風情の残る上野駅に間に合いました。

神戸市電 最後の日

  • 星電社前
    1971年3月に神戸市電は歴史を閉じました。その最終日に神戸市内の各所で写真に収めましたが、思えば震災前の神戸の街も封じ込めたことになりました。

東海道のんびり行

  • 24
    昭和49年5月に、当時まだ走っていた急行桜島・高千穂に乗って、のんびり東海道を東上しました。そのときの車窓風景をまとめました。

京阪滝井駅 昭和50年

  • Photo_2
    京阪電車は今年、中ノ島新線の開通や電車の塗装変更、さらに往年の名特急1900系の引退と話題に事欠きませんが、ごく普通に走っていた昭和50年の滝井駅の様子はこんな感じでした。

昔日の近江鉄道

  • Photo_4
    近江鉄道は、学生時代からの万葉旅行会で近江蒲生野へ行くときに撮影した程度だった。これはその一連の名残である。 「茜さす紫野行き標野行き野守りは見ずや妹が袖ふる」

マンモス機 EH10

  • 04
    国鉄が作った最大最強のマンモス電気機関車EH10。 今でこそ、8軸の電機はいろいろあるけれど、目に焼きついているのはこの機関車だ。

京都市電

  • 2607
    京都へ行くと市内の移動はたいてい市電だった。 市電だと京都初心者にもわかりやすかった。 たまにバスに乗るとぐるっと市内の引き回しにあったり、とんでもない方向へ走ったりと痛い目に会ったからだ。

きーんてーつ特急

  • Photo_11
    70年代の近鉄特急の白黒写真を集めてみました。点数も少なく恐縮ですが、関西には少ない観光特急の雰囲気だけでも伝えたい。おまけにあおぞら号も何枚か。

近鉄、ちょっと前の車両たち

  • 1413
    1980年代に撮った近鉄の一般車両の中からチョイスしてみた。少し小さいというだけで、なんだか親しみを感じる車両の面白さもある。

野上電鉄、廃止3週間前

  • キハ28
    1994年3月末をもって廃止された野上電鉄を、廃止3週間前に友人の2Aカレチさんと訪れた。併せて周辺の鉄道へも足を運んだので、藤並駅でみた有田鉄道のキハをおまけに追加した。

阪神5314F 愛

  • Img_6204
    阪神電車最古参の5314Fは5550Fの新規参入によっていよいよ引退の時期を迎えた。この前パン貫通幌を持つ古き阪神電車の顔を残す編成を追いかけた。

ゴハチ

  • 16ef58
    今も人気のEF58ばかりを集めました。近所鉄の西宮、武庫川をはじめ大阪駅、少し遠くて下関。元気にゴハチが走り回っていた時代がありました。

琴電 旧型車を並べて

  • Img_0059
    平成10年から出張が多かった四国ですが、何回かは高松に足を運んで琴電を追いました。古い写真がなぜか見つからないので、旧型車が消える数年前からのものばかりです。

RRE様HP掲載一覧

  • 0001601
    ブログ開設以前はRREさんの掲示板への投稿を続けていました。ここに、その投稿画像をまとめましたので、ご笑覧いただければと思います。

島原鉄道2007

  • Img_2046
    去年の3月に出○ついでに諫早駅周辺、島原鉄道、足を少し伸ばして長崎電軌を訪問しました。島原鉄道の一部廃止は残念です。

JR九州の車両たち、諫早駅周辺

  • Img_2023
    ラストランブームになったなは/あかつきもこのころは全然注目されず。九州はいろんな列車があって楽しめます。

長崎は今日も雨

  • Img_2117
    長崎ではすごい雨にあいました。それにもめげず、撮り鉄に励んできました。

名鉄瀬戸線

  • Img_1926
    名鉄瀬戸線に6750系という大手私鉄最後の吊りかけ車が走っていると聞いて訪問しました。2008.03.24

惜別 0系新幹線 

  • 01 相生駅 0系の横顔
    いよいよ平成20年11月末に引退する0系新幹線。山陽路で活躍していた近年の記録です。

四国の気動車

  • 四国は今でも気動車の天国です。その中でも、普通車の運用に供せられる車両を集めてみました。普通車だけにDCより気動車という言い方が似合います。

名鉄にあったレールバス

  • 到着したレールバスからの乗り換え
    名鉄の三河線、猿投の先には西中金まで延びる単線があり、そこには今ではその姿をほとんど見ることが出来ないレールバスがひっそりと走っていました。1987年4月、2Aカレチさんと訪れた記録です。

名鉄揖斐線

  • 512号車内
    1987年4月に2Aカレチさんと名鉄を訪れました。 揖斐線は一時下車した美濃北方駅と黒野駅での写真です。

名鉄の旧型車

  • 103763
    1987年4月 2Aカレチさんと一緒に名鉄を訪れました。 名鉄の本線あたりでもまだまだ吊り掛け車が走っていました。

名鉄岐阜市内線

  • 08
    1987年4月、2Aカレチさんと名鉄を訪れた。岐阜市内線をとりあえず撮影した後、揖斐線へと向かった。

明延鉱山とともに

  • 04_img_0155
    小学生時代、明延鉱山の学校とクラス同士の文通をした。その場所がどこだか全く知らずに居たが1円電車の存在は知っていた。その地を訪れたのは随分大人になってからとなった。

鍛冶屋線~愛と死をみつめて

  • 09_img_0334
    大正12年に全線が開通した鍛冶屋線はJR後の平成2年、その歴史に幕を下ろした。 また、「愛と死をみつめて」で有名なミコこと大島みち子さんはこの沿線の方で、線路を見下ろす小高い岡の上にお墓がある。

EF65 0番台原色+茶ガマ

  • 103_img_2881
    かつて、全国の直流区間ではおなじみだったEF65の0番台も、今では岡山に集結する11機のみである。そのうち、原色を保っているのはわずか4両となった。

卯之町

2018年10月16日 (火)

四国詣で 卯之町の居酒屋れんげそう 3日目

36379月27日、内子、大洲、宇和島と回って、卯之町へ帰ってきました。ホテルに戻り、汗を流して、さっそく、3日目のれんげそうへ突入です。その夜は、グレとクエのしゃぶしゃぶです。一日目は、蛸とグレでしたね。

3840お刺身は、太刀魚です。そういえば今が旬ですね。これもおいしくいただきました。しゃぶしゃぶの追加は、クエとウツボです。ウツボはコラーゲンと白身の大変おいしい魚ですね。見た目の抵抗はあるかもしれないけれど、一度食べれば病みつきになります。

4144その他、巨大な玉子焼き、魚の煮つけ、サザエの肝の煮つけ、そしてなまこ酢です。それらをビールで始まって、林立する日本酒の数々で流し込みます。何とも贅沢な夜が待っている卯之町の夜でした。

454647

2018年10月15日 (月)

四国詣で 内子⇒大洲から宇和島へ

Dsc00546Dsc005439月27日の続きです。朝から、特急に乗って、内子、大洲と愛媛の小京都をまわって、昼からは南に移動して終点の宇和島まで足を延ばしました。宇和島では、駅前のレンタサイクルを借りて一時間程度ですが、ぐるっと回ってきました。先ずは、港にある道の駅 みなとオアシスうわじま きさいや広場へ行きました。ここには、海産物やいろいろなお土産が置いてあります。

Dsc00544Dsc00547宇和島というと有名なのは闘牛ですが、そのほかではお祭りで牛鬼というのがあります。これはその牛鬼のコスチュームになるのでしょうか。そして、この道の駅には珍しいことに北海道のチョコレートROYCEが出店しています。なぜ、宇和島に北の国のお店なんでしょうね。

Dsc00552Dsc00553自転車で市内の名所をぐるっと回りましたが、中心にあるのは宇和島城です。ここの天守は江戸時代の伊達氏のころのもので木造建築です。今回は時間のこともあるので上がりませんでしたが、上からの眺めもなかなか素晴らしいですよ。写真は入城する門のうちのふたつ。

51fsa4feizl__sx353_bo1204203200_風野真知雄 痩せ神様 大江戸落語百景 徳間時代小説文庫/読了・・・・・・・・・・・著者による落語の要素を軸にした短編ですが、すでにある話をベースにしたものではなく、新しく創作したものとなっています。語り口、話しの進行はもう名人芸を見るようです。この人の作品はほとんど読んだことがありませんが、読む本が枯渇してきたら手を伸ばそうと思っています。

2018年10月13日 (土)

大洲でのランチは、なんと意外な名店で

Dsc00527Dsc005339月27日に、愛媛県の内子から大洲へ移動した話の続きです。大洲でお昼過ぎになってしまい、いろいろお店を探しましたが、なかなかこれといったお店が見つからず、妥協してつまらないところに当たると痛いなと、、、ふと見ると、奈良やら蔵風のレストランが出現しました。門構えも大層なのですが、お腹も減ったし、ふらふらと吸い込まれるように入ってしまいました。

Dsc00532Dsc00530大きな暖簾をくぐった先には、まさに蔵造りの大きな扉があって、その中は大きな店内となっていました。建物は蔵造りですが、聞くと、もともとは大きな旅館だったという事です。何とも店内の豪壮なこと、この上ないですね。とにかく、数量限定のランチがまだあるとのことで、お願いしました。

3435出てきたランチのお弁当は二段のお重に入っていて、メインのチキンカツのほか、小鉢が3つも付いています。これで、800円税込とは、驚きです。郷土料理もあったようですが、このお店の為だけに、大洲へ再訪しても良いと思わせるほど、素晴らしいお店でした。

油屋

2018年10月10日 (水)

四国詣で 愛媛の小京都 内子から大洲へ

Dsc00492Dsc00494_29月27日は、朝から観光で愛媛の小京都 内子ヘ行きましたが、そこから特急で戻ってやってきたのが大洲です。大洲も古い町並みが残る、愛媛の小京都のひとつです。大洲駅前には、この方の碑が立っていました。青色発光ダイオードの開発でノーベル賞を取った中村修二さんはこの大洲で小学校から高校まで過ごしました。

Dsc00515Dsc00504今の大洲を象徴するものは、何と言っても大洲城です。この城の天守は、市民からの寄付などをもとに、平成13年に着工し平成16年に竣工した現代の木造建築です。駅からここへ至るまでの間に肘川を渡る大きな橋があり、ちょうどやってきたアンパンマン列車と合わせて撮ることができました。

Dsc00539Dsc00540この大洲は懐かしの朝ドラ、おはなはんの撮影地でもあり、今もおはなはん通りとして名前を残しています。そこへ行くと、たまたまですが、結婚式の写真撮影をしていて、人力車に乗った花嫁さんが。なんだか時代まで戻ったようで、ほっこりする街でした。

2018年10月 9日 (火)

四国詣で 愛媛の小京都 内子へ

43051399_2171078996549763_23853991943048927_2171074649883531_853459340四国詣での9月27日、朝早く出発し、愛媛県の小京都、内子を訪れました。卯之町から特急で40分ほどでしょうか。今回はJR四国のバースディ切符、その特急自由席乗車可の9500円の切符を利用しています。駅前にはC12が綺麗に整備されていました。

43009682_2171074659883530_74381816343067665_2171074769883519_879781952内子は、江戸時代から和蝋燭などの産業で栄えた街で、今もその栄華の街並みが残されています。そんなことから愛媛の小京都と呼ばれています。よくあるパターンですね。歌舞伎も行う内子座、映画館だった旭館、映画館だけに栄華の日々の残滓が漂います。

43004278_2171074819883514_12581025243050752_2171074799883516_161967663街道沿いには古い商家や和蝋燭のお店が並び、落ち着いた風情を醸し出しています。

その他、お寺の涅槃仏など、なかなかに見どころの多い内子の町でした。

42962322_2171074703216859_40662479543036579_2171074946550168_84283837643054635_2171074989883497_86404850743056120_2171074719883524_45835627143065455_2171074856550177_15059130143074483_2171074759883520_674378633



2018年10月 5日 (金)

四国詣で 夜はれんげそう2日目です。

159月26日は、三瓶、野村とまわり、夕方に西予市の中心である卯之町へ戻りました。そして、ひと汗流して、夕方にいつもの居酒屋れんげそうへと足が向きました。昼間行った中国料理の舞華のマスターとそのお父さんが採ってきたというアワビ、サザエ、ウニが届いているとのことでした。先ずはサザエのお造りから。波が静かな宇和海では、サザエのとげはありません。

2425ウニというのは、小皿に少しだけ出てくるものかと思いましたが、ここでは、ボウルにウニが満載されていて、取り放題、食べ放題という、もう訳が分からない状態です。ありがたくいただきました。アワビも一人一枚という何とも贅沢な並びです。

2916ホタテも出ましたので、ホタテのウニ載せという暴挙に出てしまいました。これはもう究極の旨さでしたね。そして、さらに、ここの名物でもある鯛の薄造りの肝和えです。鯛の身にアンコウの肝を巻いていただきます。何をか言わんやのおいしさでした。

2227そのほか、いもだき、鯛のあらだき、鴨ロース、茄子と肉団子、なんやかんやと出てくる料理とずらり並ぶ日本酒の攻撃に撃沈してしまった夜でした。

181930_231_2


2018年10月 4日 (木)

四国詣で ランチは一流の中華で

E7a5c81f2982dad6423c457ecf39b21e9月26日は、午前中に西予市の三瓶という海辺の町を訪れ、一時間ほど街歩きを楽しみました。その後、卯之町へ戻るとちょうどお昼の時間となり、これも何回も通っている中国料理の舞華 でランチをいただきました。

このお店、最近出版された広島・愛媛エリアのミシュランガイドにも掲載されたという事で、本当に良かったですね。ヘルシー中華料理の全国コンテストで2年連続日本一となったマスターが鍋をふるいます。

年内には下記のところへ移転する予定だそうです。

※(移転先)愛媛県西予市宇和町下松葉 43-2

13この日注文したのは、エビチリ定食でした。このお店では、辛さを増した陳麻婆豆腐定食か、このエビチリ定食と決めています。麻婆豆腐は、家の近くでもそこそこおいしくてお気に入りの味もありますが、ここのも大変おいしいです。一方、エビチリは、このお店の味に及ぶものはありません。エビの火通しが絶品です。この日も大変おいしくいただきました。850円。

14そして、ここのマスターは、居酒屋さんのご常連でもありますので、行くたびに杯を一緒に重ねております。そんなこんなで、このお店に行くたびに特別料理を出していただいているのですが、今回も、アワビとマコモダケの炒め物をいただきました。アワビの柔らかくとも国のある味わいとマコモダケの歯ごたえが相まって素晴らしい一品でした。

61knajb7lbl__sx348_bo1204203200_植松三十里 千の命 小学館文庫/読了・・・・・・・・・賀川源悦という、江戸時代中期の男性の産科医、産科という言葉もない時代に多くの命を救う技術を確立した人物の物語です。著者は、今まで読んだ作品でも、歴史上の有名人よりも、脇役のような渋い活躍をした人物にスポットライトを当てて、その生涯をたどるというひとつのスタイルを持っています。この作品もそういった視点で書かれていますね。読み応えのある一冊でした。

2018年10月 3日 (水)

四国詣で 西予市三瓶へ

Dsc00362Dsc003669月26日は、野村へ行く前に実は、海辺の町、三瓶(みかめ)へ行っています。朝9時頃のバスで卯之町駅からいったん山を越えて、今度は奈落の底へ落ちるように200メートルの高低差を下ります。それだけ、卯之町のあるところは高地の盆地であることを知りました。バスはガラガラ、着いたところで3人ほどお客さんが乗られました。

Dsc00367Dsc00383海辺の町らしく、漁港もありますし、船の出入りも頻繁にあります。海上保安庁の船も出港していきました。卯之町にいるとずっと山ばかり見ているのですが、西予市というのは、海から山奥のほうまで、ずいぶんその地面の高低差が大きく、ジオパークの認定も受けています。

Dsc00377Dsc00385海辺の町という事で、お決まりの元歓楽街とか残っているのかどうか、そういう見方で街をぷらぷらしていました。そうすると、なんだか色気のある建物がいくつか見つかりました。確かにそうだというほど自信はありませんが、昔を想像しながらの街歩きも楽しかったです。

帰りのバスは午後1時すぎまでないので、居酒屋のご主人に迎えに来ていただきました。何から何まで、ここではお世話になっております。

2018年10月 2日 (火)

四国詣で 西予市野村の大水害の跡

42532354_2167273210263675_504111382Dsc003939月26日は、7月7日の西日本豪雨で鯛水害に見舞われた西予市野村へ行ってきました。ここは、野村ダムからの大量の放水により、下流の肘川が氾濫し、野村の中心街が水没したもので死者5人という重大な被害がもたらされました。水害時の様子と同じ建物が写っている写真を並べます。民家の一階レベルは完全に水没しているのがわかります。

Dsc00395現在は当然水は引いていましたが、床上まで泥が入り込んだ民家は何軒も見ることができました。また、水没したことによって、屋根の瓦が浮いたりして瓦が流されている民家も散見できました。とにかく、現地で水害時の写真と、現在の建物の高さで、水が達した水位を想像してみると、ここでとんでもないことが起こっていたのが実感できました。

Dsc00407水害から3か月近く経ってしまい、ボランティアの数も減ってきているものと思いますが、街はだんだん平常を取り戻しているような感じで、スーパーにも普通に商品が並んでいました。しかし、街の新しい賑わいのもととなっていた天然温泉は再開の見通しが立っていないし、空き家になった家も多くありました。とにかく、がんばろう 野村 で一日も早く復興してほしいものです。

91c6mzibvwl門井慶喜 かまさん 榎本武揚と函館共和国 祥伝社文庫/読了・・・・・・・・シュンスケ!に続く著者の歴史小説という事ですが、もう完成度はずいぶん高いですね。中心は、函館戦争の首謀、榎本武揚ですが、通常の評判は、裏切り者ですね。幕府を代表するような人物であり、最後まで徹底的に管軍側に抵抗したにも関わらず、降伏後は新政府に入ってひとつの中心となっていく人物ですから。それだからこそ、題材として面白いという事もありそうですね。今回は、その周りを取り巻く人たちとの交流と榎本の思想の発達と解決のカギの見つけ方など、面白い視点がいくつもあって楽しめました。

2018年10月 1日 (月)

四国詣で 卯之町れんげそう一夜目

29月25日は高速バスの乗り継ぎで卯之町へ到着し、ホテルで汗を流したのちは、いつもの居酒屋れんげそうへ顔を出しました。何時ものカウンターの端っこに座り瓶ビールを飲んでいると黙っていても刺身が出てきます。この日は、カンパチ、鯛、鯛の炙り、タコです。刺身のぶ厚さがたまりません。

6この夜のメインは蛸とグレのしゃぶしゃぶでした。さっと湯通しした薄切りの蛸とグレの味わいは格別です。自家製ポン酢でこれをいただきます。グレはマスターが釣ってこられたものかと思います。そして、大皿料理は茄子は肉団子、ピーマンと豚バラです。味付けは甘辛く煮付けたもので、ぐいぐいビールが進みます。さらに、イサキの煮つけが一匹、ドーンと出されてしまいました。

5お酒もこの日は4本並び、これも呑み放題です。とは言うものの、そんなに飲めなくなりましたけどね。その後は小皿で、サーモンの造り、ホタテの貝焼き、牛筋煮込みが出されました。そうこうしているとお知り合いの中華マスターが来店し、手作りの月餅をいただきました。そういえば、この日は中秋から一日遅れながら、本当の満月だったのですね。

347891011










より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

JR貨物 | Jフィル | MIZUMO | T-ストリングス | かぎろひ歴史探訪 | その他 | やまとんくらぶ | アミーキティア管弦楽団 | アンサンブル ラ・ピアチェーレ | アンサンブル・アルビレオ | アンサンブル・コスモリバティ | アンサンブル・ジョワン | アンサンブル・ツヴァイ | アンサンブル・フリー | アンサンブル・ミンネン | アンサンブル・ヴィオ | ウォーキング鉄 | オルガンコンサート | オーケストラ・アンサンブル・フォルツァ | オーケストラ・クラシック | オーケストラ・ソノリテ | オーケストラ・ノインテ | オーケストラ・ブラヴォー! | オーケストラ・ポミエ | オーケストラ千里山 | オーディオ | カメラ | カンマーフィルハーモニー京都 | カンマーフィルハーモニー神戸 | クラシックサロン・アマデウス | クラシック音楽 | クランクレーデ | クレセント室内アンサンブル | クレー管弦楽団 | グッド・シーズン・アンサンブル | グルメ | コレギウム・ヨハネス | コレギウム夙川管弦楽団 | シンフォニア・スピカ | セント・マーティン・オーケストラ | ゾンアーベント・アンサンブル | タリヘーレ四重奏団 | ダムカード | テレマン室内オーケストラ | ディスクユニオン | ドイツ紀行 | ニイジマ・キネン・オーケストラ | ニュージーランド鉄道 | ハイマート交響楽団 | ハイマート合唱団 | バス | バッハクライス神戸 | バンブスアンサンブル | パソコン | ファゴット・フェスティバル | フェニックスフィル | フォンス・フローリス古楽院 | ホール・バルティカ | ミモザの会 | ミュー室内管弦楽団 | メイプルフィル | ライブカメラ | ラグビー | ワンコイン市民コンサート | ヴェデルニコフ | 万葉 | 三宝鉄道 | 上甲ウィンドシンフォニー | 上甲子園中学吹奏楽部 | 交響楽団ひびき | 京急 | 京成 | 京王 | 京都フィロムジカ管弦楽団 | 京都プレザントオーケストラ | 京都大学交響楽団 | 京都工芸繊維大学交響楽団 | 京阪 | 伊予鉄 | 伊予鉄道 | 伊豆急行 | 六甲フィル | 兵庫医科大学医療大学合同オーケストラ_ | 兵庫芸術文化センター管弦楽団 | 切符 | 初演企画 | 北摂フィル | 北総 | 南海 | 卯之町 | 合唱団 | 名鉄 | 吹奏楽 | 吹奏楽団 | 吹田市交響楽団 | 四国詣で | 土佐くろしお鉄道 | 土佐日記 | 土佐電 | 地下鉄 | 堺フィル | 夢の国 ニュージーランド | 大井川鉄道 | 大阪センチュリー交響楽団 | 大阪フィルハーモニー交響楽団 | 大阪フロイデ合唱団 | 大阪メトロ | 大阪モーツァルトアンサンブル | 大阪交響楽団 | 大阪市営交通局 | 大阪市営地下鉄 | 大阪市民管弦楽団 | 大阪芸術大学管弦楽団 | 奈良女子大管 | 学園都市交響楽団 | 宝塚響 | 富士急行 | 寝屋川市民管弦楽団 | 小田急 | 尼崎市吹奏楽団 | 尼崎市民交響楽団 | 尼崎弦楽アンサンブル | 居酒屋 | 山陽 | 岡山電軌 | 嵐電 | 川西市民オーケストラ | 幻想フィル | 広島電鉄 | 廃線跡 | 待兼交響楽団 | 指揮者 | 新京成 | 新幹線 | 旅行 | 日本センチュリー交響楽団 | 最近のCD | 最近のLP | | 東急 | 東武 | 枚方フィル | 樹フィル | 武庫川女子大学音楽学部 | 水族館 | 水間鉄道 | 江ノ電 | 父親のアルバムから | 甲南大学OB交響楽団 | 甲南大響 | 甲南女子大学管弦楽団 | 白黒懐かし画像 | 相愛フィルハーモニア | 相鉄 | 神戸アンサンブルソロイスツ | 神戸大学響 | 神戸電鉄 | 神戸高校OBオーケストラ | 福井鉄道 | 私の名盤シリーズ | 箕面コンセルト室内合奏団 | 紫苑交響楽団 | 美術 | 聖ソフィア・バラ合唱団/合奏団 | 能勢電 | 芦屋交響楽団 | 芦屋室内合奏団 | | 若林顕 | 落語 | 蒸気機関車 | 藤井貴宏 | 衣笠交響楽団 | 西宮交響楽団 | 西宮探訪 | 西武 | 見仏 | 豊中市民管弦楽団 | 豊橋鉄道 | 近江鉄道 | 近畿フィルハーモニー管弦楽団 | 近鉄 | 遠州鉄道 | 鉄道 | 長岡京市民管弦楽団 | 長崎電軌 | 長楽庵 | 関西グスタフ・マーラー交響楽団 | 関西フィルハーモニー管弦楽団 | 関西医科学生交響楽団 | 関西学院交響楽団 | 関西SPレコード愛好会 | 阪堺電車 | 阪急 | 阪神 | 阪神タイガース | 阪神フィル | 静岡鉄道 | 須磨フィル | 飛行機 | 高松琴平電鉄 | 高槻室内管弦楽団 | | 龍谷大学交響楽団 | JR四国 | JR東日本 | JR東海 | JR西日本

フォト

掲示板

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

無料ブログはココログ