居酒屋

2023年3月 3日 (金)

天王寺界隈散策 さて、反省会の場所探し 3/1

Dsc09084

Dsc09085

次週に予定している歴史探訪・番外編の下見のために散策した後、終了後の反省会の場所を探しに行きました。谷町筋沿いにあるお店が目に付きました。ブリや真鯛、ヒラメなどのメニューが並ぶところからは、魚料理が得意なお店でしょうか。森田屋

Dsc09087

同じ通りの並びにあったのがこのお店です。大阪では他の場所でも見たことがあるので、チェーン店なのでしょう。その分、良いものが割安にいただけるのかもしれませんね。ここもお魚料理がそろっているようです。吾作どん・天王寺公園前店

Dsc09089

細い路地を入ってみました。アーケードがあって薄暗いその奥にあったのが、いわゆる裏天王寺です。これはもう映画のセットではないでしょうか。魅力的なお店が点在します。

Dsc09090

裏天王寺を抜けたところにもいくつかお店がありました。瀟洒な建物のみおつくしという居酒屋さんがありました。このお店の隣には、大変な人気店のお寿司屋さんがあって、平日の昼間だというのにずらり長蛇の列の様相でした。

Dsc09095

JR天王寺駅まで戻ってきました。この駅構内の2階には最近新しいお店ゾーンが出来ました。その一つに、奈良歩き、かぎろひ歴史探訪の皆さんにはおなじみの奈良の酒蔵「豊祝」のお店がありました。酒蔵直送のお酒が呑める立飲みというコンセプトですが、なぜかスツールがあって落ち着けそうです。

2017年6月14日 (水)

奈良の「うまっしゅ」  居酒屋探訪

Img_2023先週の奈良歩きの後の打ち上げは、近鉄奈良駅近くのビルの中に最近開店したという「うまっしゅ」へとなだれ込みました。このお店のコンセプトは、奈良県内にある地元の蔵の酒はすべておいてあるというものです。開店早々という事で、店先はこういう具合になっています。

Img_2024さて、取りあえずビールという事で喉の渇きをいやしたのちは日本酒です。さて、初めにどのお酒にしようかというような迷いはいたしません。迷わず、御所のお酒、風の森にいたします。濃厚な味わいが口中に広がり、愉悦のひと時となりました。

以下、いくつかの奈良の地酒をいただきましたが、地酒とは言うものの、全国どこでもそうですが、全ての出来が素晴らしいというものではありません。それぞれにそれぞれの味わいがあって、自分にあったものを発見した時の喜びにむせぶのですね。

Img_2025Img_2026Img_2027Img_2028








2015年11月13日 (金)

近鉄西大寺駅の豊祝

Img_5349昨日のかぎろひ歴史探訪は、打ち上げとして近鉄西大寺駅子構内にある豊祝へ皆さんとお伺いした。仕事してた時は奈良県内で移動もかねて食事するところがないので、ちょくちょくお邪魔していたが、夜は初めてである。写真は、とりあえずのビールセット。焼き鳥、ゴボウ天ぷら、枝豆などがついて500円。

Img_5350ビールセットはこの値段としてはなかなかのもので、もともとビール370円は安い。それで、次にお酒のセットも頼んでみた。ビールセットの肴よりぐっと味が濃厚なものが並ぶ。おかず味噌、カニカマ、イワシの煮つけ。もうこれで何杯も飲めそうだ。600円。写真では空のように見えるが、大ぶりのぐい飲みに満々入っているのである。

Img_5352お店は16時開店と同時にほぼ満席(とはいっても立ち飲みスタイル)になり、夜は次第に更けていった。こんなのが近くにあったらいいですね。それにしても、西大寺から帰るのはなかなか距離もあるし大変でした。今更ですが、飲みすぎには注意しましょう。

2015年10月 4日 (日)

高知居酒屋めぐり 〆はやはりこれ

Img_4687居酒屋2軒、日本酒バー、本格的バーを回って、高知の夜もそろそろ〆に入る時刻となった。高知には、博多ほどではないがいくつかの屋台が出ている。川沿いということではなく、広い道路の中央分離帯のようなところに出ている。そこに旨い餃子屋があるのだが、この夜はお休み。

Img_4688ということで、近くのそれなりのところへ向かった。ラーメン一つはもう大きいので、二人で分けて、餃子をビールで流し込む。屋台餃子もそうだが、ここも揚げ餃子かと思うほどパリパリになっていて香ばしい。これも高知のひとつの名物か。ご馳走様でした。

51ydtl4uskl__sx349_bo1204203200_太田和彦 居酒屋百名山 新潮文庫/読了・・・・・・日本百名山にあやかって全国の居酒屋のうち、100店を集めてその様子をまとめた一冊。これを欠くダメに何年の仕込み、総計何回の居酒屋通いをしていたのだろうか。一回だけしか言っていないというような浅井付き合いのお店は無く、ある程度の常連としての考察なので、この人の肝臓はヘビー級に強いのでしょうね。私も通ってみたいお店が満載。ただ、呑むだけでなく、その店と人の生活も呑んでますね。

2015年10月 3日 (土)

高知居酒屋めぐり Bar Bitter Fruit

Img_4683一昨日から、再び四国詣ででしたが、こちらではまだ高知の夜が続きます。居酒屋を巡って、日本酒もあおった後、今度はちょいと粋にバーでもということで、Bitter Fruit へ行きました。ここのバーテンに、同行している高知高専の先生の教え子がいるという特典付きです。

Img_4684教え子は、化学科の卒業生ということで、いろいろなお酒を混ぜて一つの味を作り出すのはなんだか科学の実験にも似ていますよね。お店の棚には、様々な酒瓶が並びますが、特にラム酒の種類はもう全世界のものを集めているかというくらいすごかったです。

Img_4686好みのカクテルもいくつかありますが、話しの成り行きで、10数年以上前に行ったシンガポールのことになり、懐かしい彼の地のラップルズホテルのロングバーの名物カクテル、シンガポール・スリング、ラップルズバージョンを作っていただきました。ご馳走様でした。

2015年10月 1日 (木)

高知居酒屋めぐり 土佐酒バル

Img_4681こちらは居酒屋というカテゴリーではないかもしれませんが、土佐の酒を集めた日本酒バー、土佐酒バル 。出来て2年というからまだ新しいですね。連休明けということもあり、この日は夜10時には終わりということで、ちょい呑みだけ。外からも店内の見通しがいいですね。

Img_4679取りあえず採ったのは、地酒3種のお試しセット。付きだしも3種類そろって、きれいな料理でした。お酒は30mlずつで少し少なめですが、それぞれのお酒の味わいを試すには十分です。今度来たときはゆっくりしたいと思わせる良いお店を見つけました。

Img_4682ここは堀詰という場所でしたが、近くにはこんな路地があります。なんだか深い奈落の底のような横丁ですが、きっと濃密な雰囲気のお店があるのでしょうね。土佐の素人には、ここへ入っていく勇気はなかなかありません。勉強して、こんなところへ足を踏み入れたいですね。

今日からまたまた四国詣で、天気が心配です。

2015年9月29日 (火)

高知居酒屋めぐり 葉牡丹

Img_4672一軒家を出て、途中、目指していた珍珍亭が連休明けということもあって休んだいたことから、路面電車の走る通り沿いの葉牡丹へ入った。ここは、同行の先生との初回に体験したお店だが、何とも良い場所にあるので再訪した。暖簾というか、店の表がいい感じです。

Img_4673ここでは、まずは串揚げの盛り合わせ、写真にはないけれどモツの煮込みを頼み、その庶民的な味わいと、びっくりするような廉価な価格に改めて敬意を表した。このお店、一人で来られているお客さんが多い。みんな、ほっとする空気感を味わいに来ているのがわかる。これぞ、居酒屋文化ではないだろうか。

Img_4674そして、目指すは、土佐の高知のカツオのたたき。このお店では、レモン塩だけで食べさせる独特なやり方。カツオは、日ごろ地元のスーパーでも簡単に買えるが、決して土佐の本物と同じものとは思うべからず。私も何回も高知に来て、これぞ本物という味に接している。カツオのたたきは、高知に来ないと食べてはいかんぜよ。

2015年9月28日 (月)

高知居酒屋めぐり 一軒家

Img_4670高知の夜は、高知高専の先生と居酒屋を徘徊すると決めていた。事前に吉田類の本を参考にいくつかピックアップし、宿泊先のはりまや橋から少し北に上がり段々に南に下りてくる道順を考えていたものだから、初めはこの一軒家にした。場所は、中央公園の北側、追手筋に面したところ。

Img_4671映画のセットのようなここでいただくのは、牛筋煮込み、鳥レバー串焼き、そしてこの甘めのたれが付いた鳥足。いずれも味わい深く、これからの土佐の夜を期待させるものだったが、どうも地元客御用達のお店のようで、場違いな二人連れは、生中3杯ずつでしっぽ丸めて退散でした。

その他のカテゴリー

2019四国の旅 JR貨物 Rayフィル かぎろひ歴史探訪 かぶとやま交響楽団 きまぐれ歴史探訪 きまぐれ音楽探訪 その他 ひばりガ丘合奏団 みちのくひとり旅 やまとんくらぶ アイチャンオケ アミーキティア管弦楽団 アンサンブル ラ・ピアチェーレ アンサンブル・アルビレオ アンサンブル・シュシュ アンサンブル・ジョワン アンサンブル・ツヴァイ アンサンブル・デッラ・スフィーダ アンサンブル・フリー アンサンブル・プテイ・タ・プティ アンサンブル・ペルーシュ アンサンブル・ヴィオ インターネット ウォーキング鉄 オーケストラ・アンサンブル・フォルツァ オーケストラ・アンサンブル京都 オーケストラ・クラシック オーケストラ・ソノリテ オーケストラ・ノインテ オーケストラ・ブラヴォー! オーケストラ・ポミエ オーケストラ千里山 オーディオ カメラ カンマーフィルハーモニー神戸 クラシックサロン・アマデウス クラシック音楽 クラシック音楽カフェ クランクレーデ クレセント室内アンサンブル クレー管弦楽団 グルメ コレギウム・ヨハネス コレギウム夙川管弦楽団 シュペーテ弦楽四重奏団 シンフォニア・スピカ セント・マーティン・オーケストラ ディスクユニオン ドイツ紀行 ニュージーランド鉄道 バス バンブスアンサンブル パソコン ファゴット・フェスティバル フェニックスフィル ブレスシンフォニーオーケストラ プリモパッソオーケストラ プロ野球 ホール・バルティカ メイプルフィル ライブカメラ ラグビー ワンコイン市民コンサート ヴェデルニコフ 万葉 三宝鉄道 上甲ウィンドシンフォニー 上甲子園中学吹奏楽部 交響楽団ひびき 京急 京成 京王 京都プレザントオーケストラ 京都工芸繊維大学交響楽団 京阪 今峰由香 伊予鉄 伊予鉄道 伊豆急行 保存車 信濃の旅 八尾フィル 六甲フィル 六甲ライナー 兵庫医科大学医療大学合同オーケストラ_ 兵庫芸術文化センターワンコインコンサート 兵庫芸術文化センター管弦楽団 写真展 切符 初演企画 北大阪急行 北摂フィル 北条鉄道 千里バロック合奏団 千里フィルハーモニア・大阪 南海 卯之町 叡山電車 名指揮者列伝 名鉄 吹奏楽 吹奏楽団 吹田市交響楽団 四国詣で 土佐日記 土佐電 地下鉄 堺フィル 夢の国 ニュージーランド 大井川鉄道 大阪ハイドンアンサンブル 大阪フィルハーモニー交響楽団 大阪メトロ 大阪モノレール 大阪モーツァルトアンサンブル 大阪交響楽団 大阪市営地下鉄 大阪市民管弦楽団 大阪芸術大学管弦楽団 天理シティオーケストラ 奈良歩き 学園都市交響楽団 宝塚ヒルズ室内オーケストラ 宝塚響 富士急行 寝屋川市民管弦楽団 小田急 尼崎市吹奏楽団 尼崎市民交響楽団 居酒屋 山陽 岡山電軌 嵐電 川西市民オーケストラ 幻想フィル 広島電鉄 廃線跡 待兼交響楽団 指揮者 新幹線 旅行 日本センチュリー交響楽団 最近のCD 最近のLP 東京佼成ウィンドオーケストラ 東急 枚方フィル 柴田由貴 樹フィル 武庫川女子大学音楽学部 歴史探訪 水族館 江ノ電 父親のアルバムから 甲南大学OB交響楽団 甲南大響 甲南女子大学管弦楽団 白黒懐かし画像 相愛オーケストラ 相愛フィルハーモニア 神戸アンサンブルソロイスツ 神戸市地下鉄 神戸電鉄 福井鉄道 紫苑交響楽団 美術 能・狂言 能勢電 芦屋フィル 芦屋交響楽団 芦屋室内合奏団 若林顕 華ノ音 落語 蒸気機関車 藤井貴宏 藤田真央 街歩き 衣笠交響楽団 西宮交響楽団 西宮探訪 西武 豊中市民管弦楽団 豊橋鉄道 辻本玲 近畿フィルハーモニー管弦楽団 近鉄 遠州鉄道 鉄道 鉄道前面展望 長楽庵 関西グスタフ・マーラー交響楽団 関西フィルハーモニー管弦楽団 関西医科学生交響楽団 関西大学OB交響楽団 関西大学交響楽団 関西学院交響楽団 阪堺電車 阪急 阪神 阪神タイガース 阪神フィル 静岡鉄道 飛行機 高松琴平電鉄 高槻フィル 高槻室内管弦楽団 高橋真珠 JR四国 JR東日本 JR東海 JR西日本

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー