国鉄奈良機関区

  • Photo_7
    昭和46年に奈良機関区を訪ねています。変わりやすい天気で、晴れていると思ったら急に雨が降ってきて大変な日でした。

THE 大阪駅~特急編~

  • 16
    中高生のころ、大阪駅はまだ日常の中にはなく、特急列車を撮りに行く特別な場所であった。栄光の時代が残っていた大阪駅に発着する特急列車の姿を封じ込めました。

THE 大阪駅~急行編~

  • 1258
    大阪駅に発着する急行を集めてみました。行き先によっては、ディーゼルカーの急行もあり、思えば楽しい駅だったのですね。ご興味の方は写真帖のずっと下にある「甲子園口急行物語」もご覧ください。

昭和45-47年の天王寺駅

  • キハ58 きのくに
    天王寺駅は単に竜華や奈良方面、阪和方面への乗り換え駅だったが、紀勢線ホームは頭端駅として有名だった。 時折、乗り換えの途中、駅撮りなどしていたようだ。

竜華・昭和46年

  • Photo_3
    昭和46年に数回に分けて竜華へ出陣しています。当時の関西線はローカルそのもの、まだまだ煙も多く残っていました。

甲子園口(その周辺)急行物語

  • Photo_7
    甲子園口西方の踏切があったあたり、そのもう少し西側の日通の倉庫前あたりは友人たちとのたまり場でした。陽が暮れるまで電車の通過を楽しんでいました。

京都駅残照・昭和45年前後

  • Photo_3
    昭和45年当時、京都駅へ行く機会は限られていたが、その中で残していた写真の中からいくつかを抜粋した。 京都の寺社、観光地に興味を持つのはもう少し後になった。

西宮を走った国鉄電車特急・昭和45年頃

  • Photo_2
    国鉄時代、地元西宮でもいろいろな電車特急が走っていた。 そのすべてではないが、手元に残る写真のうちからいくつかを抜粋した。

あぁ上野駅 昭和46年

  • 特急やまびこ
    初めて東京へ行った昭和46年、昔の風情の残る上野駅に間に合いました。

神戸市電 最後の日

  • 星電社前
    1971年3月に神戸市電は歴史を閉じました。その最終日に神戸市内の各所で写真に収めましたが、思えば震災前の神戸の街も封じ込めたことになりました。

東海道のんびり行

  • 24
    昭和49年5月に、当時まだ走っていた急行桜島・高千穂に乗って、のんびり東海道を東上しました。そのときの車窓風景をまとめました。

京阪滝井駅 昭和50年

  • Photo_2
    京阪電車は今年、中ノ島新線の開通や電車の塗装変更、さらに往年の名特急1900系の引退と話題に事欠きませんが、ごく普通に走っていた昭和50年の滝井駅の様子はこんな感じでした。

昔日の近江鉄道

  • Photo_4
    近江鉄道は、学生時代からの万葉旅行会で近江蒲生野へ行くときに撮影した程度だった。これはその一連の名残である。 「茜さす紫野行き標野行き野守りは見ずや妹が袖ふる」

マンモス機 EH10

  • 04
    国鉄が作った最大最強のマンモス電気機関車EH10。 今でこそ、8軸の電機はいろいろあるけれど、目に焼きついているのはこの機関車だ。

京都市電

  • 2607
    京都へ行くと市内の移動はたいてい市電だった。 市電だと京都初心者にもわかりやすかった。 たまにバスに乗るとぐるっと市内の引き回しにあったり、とんでもない方向へ走ったりと痛い目に会ったからだ。

きーんてーつ特急

  • Photo_11
    70年代の近鉄特急の白黒写真を集めてみました。点数も少なく恐縮ですが、関西には少ない観光特急の雰囲気だけでも伝えたい。おまけにあおぞら号も何枚か。

近鉄、ちょっと前の車両たち

  • 1413
    1980年代に撮った近鉄の一般車両の中からチョイスしてみた。少し小さいというだけで、なんだか親しみを感じる車両の面白さもある。

野上電鉄、廃止3週間前

  • キハ28
    1994年3月末をもって廃止された野上電鉄を、廃止3週間前に友人の2Aカレチさんと訪れた。併せて周辺の鉄道へも足を運んだので、藤並駅でみた有田鉄道のキハをおまけに追加した。

阪神5314F 愛

  • Img_6204
    阪神電車最古参の5314Fは5550Fの新規参入によっていよいよ引退の時期を迎えた。この前パン貫通幌を持つ古き阪神電車の顔を残す編成を追いかけた。

ゴハチ

  • 16ef58
    今も人気のEF58ばかりを集めました。近所鉄の西宮、武庫川をはじめ大阪駅、少し遠くて下関。元気にゴハチが走り回っていた時代がありました。

琴電 旧型車を並べて

  • Img_0059
    平成10年から出張が多かった四国ですが、何回かは高松に足を運んで琴電を追いました。古い写真がなぜか見つからないので、旧型車が消える数年前からのものばかりです。

RRE様HP掲載一覧

  • 0001601
    ブログ開設以前はRREさんの掲示板への投稿を続けていました。ここに、その投稿画像をまとめましたので、ご笑覧いただければと思います。

島原鉄道2007

  • Img_2046
    去年の3月に出○ついでに諫早駅周辺、島原鉄道、足を少し伸ばして長崎電軌を訪問しました。島原鉄道の一部廃止は残念です。

JR九州の車両たち、諫早駅周辺

  • Img_2023
    ラストランブームになったなは/あかつきもこのころは全然注目されず。九州はいろんな列車があって楽しめます。

長崎は今日も雨

  • Img_2117
    長崎ではすごい雨にあいました。それにもめげず、撮り鉄に励んできました。

名鉄瀬戸線

  • Img_1926
    名鉄瀬戸線に6750系という大手私鉄最後の吊りかけ車が走っていると聞いて訪問しました。2008.03.24

惜別 0系新幹線 

  • 01 相生駅 0系の横顔
    いよいよ平成20年11月末に引退する0系新幹線。山陽路で活躍していた近年の記録です。

四国の気動車

  • 四国は今でも気動車の天国です。その中でも、普通車の運用に供せられる車両を集めてみました。普通車だけにDCより気動車という言い方が似合います。

名鉄にあったレールバス

  • 到着したレールバスからの乗り換え
    名鉄の三河線、猿投の先には西中金まで延びる単線があり、そこには今ではその姿をほとんど見ることが出来ないレールバスがひっそりと走っていました。1987年4月、2Aカレチさんと訪れた記録です。

名鉄揖斐線

  • 512号車内
    1987年4月に2Aカレチさんと名鉄を訪れました。 揖斐線は一時下車した美濃北方駅と黒野駅での写真です。

名鉄の旧型車

  • 103763
    1987年4月 2Aカレチさんと一緒に名鉄を訪れました。 名鉄の本線あたりでもまだまだ吊り掛け車が走っていました。

名鉄岐阜市内線

  • 08
    1987年4月、2Aカレチさんと名鉄を訪れた。岐阜市内線をとりあえず撮影した後、揖斐線へと向かった。

明延鉱山とともに

  • 04_img_0155
    小学生時代、明延鉱山の学校とクラス同士の文通をした。その場所がどこだか全く知らずに居たが1円電車の存在は知っていた。その地を訪れたのは随分大人になってからとなった。

鍛冶屋線~愛と死をみつめて

  • 09_img_0334
    大正12年に全線が開通した鍛冶屋線はJR後の平成2年、その歴史に幕を下ろした。 また、「愛と死をみつめて」で有名なミコこと大島みち子さんはこの沿線の方で、線路を見下ろす小高い岡の上にお墓がある。

EF65 0番台原色+茶ガマ

  • 103_img_2881
    かつて、全国の直流区間ではおなじみだったEF65の0番台も、今では岡山に集結する11機のみである。そのうち、原色を保っているのはわずか4両となった。

かぎろひ歴史探訪

2020年4月 3日 (金)

かぎろひ歴史探訪 佐保川の満開桜

Dsc01990  Dsc02130  Dsc02159

昨日4月2日は春の奈良歩き、かぎろひ歴史探訪で奈良西大寺界隈の佐紀古墳群と佐保川の桜並木を歩いてきました。佐紀古墳群については、すでに何回かブログに掲載しているので、まずは見事な佐保川の満開桜を紹介します。一番初めの一枚は一週間前3月26日の佐保川の様子です。この一週間で満開になりました。

Dsc02155  Dsc02145  

まさにこぼれんばかりの桜の花びらであふれています。佐保川の桜は、江戸末期(1846~1851年)に奈良奉行を勤めた川路 聖謨(かわじ としあきら1801~1868年)が植樹したのが始まりといいます。

Dsc02139  Dsc02153

天気はだいたい晴れていましたが、風が強く急に曇ったりと目まぐるしく変わる一日でした。佐保川は、奈良市内中央部を南北に貫く形で流れる河川で、桜並木は、約5キロに渡り、途切れることなく続いています。

Dsc02146  Dsc02144  Dsc02134

満開の桜を目にして、日本人としての幸せを感じる一日でした。閉塞感が続く毎日ですが、桜は変わらず毎年咲き続けることでしょう。来年の桜は、晴れやかな気分でみたいものです。

2020年3月29日 (日)

歴史探訪の下見同行

Dsc01947  Dsc01950  Dsc01952

3月26日は、翌週にあるかぎろひ歴史探訪の下見に同行させていただき、西大寺駅北方から平城京跡辺りを歩いてきました。また2日には歩くのですけれど。西大寺駅からすぐの所にある高野陵、そこから東へ歩くと佐紀石塚山古墳、日葉酢媛命陵と続けて回ります。実は、3月1日にもこの辺りを1人で歩いているものですから、ルートはよくわかります。

Dsc01957  Dsc01959

さらに八幡神社や瓢箪山古墳に登ったりして、先日は立ち寄らなかった佐紀神社、釣殿神社などを回りました。

Dsc01965  Dsc01970

佐紀神社から少し南下するとそこはもう平城宮跡の整理された区画に入ります。池越しに第一次大極殿正殿が見え、さらにその奥に若草山が見えます。若草山はまだ緑の草で覆われていないので寂しい絵ではありますが。平城宮跡をぐるっとまわり、正殿の前に出ました。そばに寄るまでもなく、とてつもなく大きな建物だったというのがわかります。

Dsc01971  Dsc01975  Dsc01976

平城宮跡を後にして、その北側にある平城天皇陵を通り過ぎ、コナベ古墳、ウワナベ古墳を回ると、今回のコースの一応のルートになります。これでまっすく南下すれば解散場所の新大宮駅になるのですが、ここから少し遠回りして佐保川の桜を見に行くこととなります。さて、次週2日には桜は満開を迎えているのでしょうか。ちなみのこの日の状況はせいぜい2~3分咲き程度でした。

81w2kcv2lvl

風野真知雄 喧嘩旗本 勝小吉事件帖 どうせおいらは座敷牢 祥伝社文庫/読了・・・・・・・・・・・・・・・・先の勝小吉事件帖のシリーズです。とても軽妙な語り口で、読みやすく楽しめます。探偵が直接介入しないで、集められた情報だけで犯人、事件を推理するという安楽椅子探偵スタイルです。このような作品としては、都筑道夫の退職刑事シリーズが好みですが、あれほど緻密な細工はありません。読みながら、だいたいの推測が及ぶくらいの仕掛けなので、勝小吉という人の魅力が前面に出されています。ということで、その子供の勝海舟の生きざまを描いた本まで買ってしまいました。

2020年3月23日 (月)

かぎろひ歴史探訪 役行者の息吹を追う 千光寺へ

90430481_2614868338837491_35376876818006  90398844_2614868548837470_65374612040450  90435245_2614868402170818_54221884464520

昨日3月22日は、春の奈良歩き、かぎろひ歴史探訪で朝10時に近鉄生駒線の元山上口駅に集合です。この辺りは奈良県の平群町になります。駅のすぐ北側には勧請綱と呼ばれる、疫病や悪霊が入り込まないようにと結界を張る綱が川に掛けられています。

90348342_2614868458837479_28520114860274  90304792_2614868585504133_90864991085327  90814577_2614868675504124_30798658962865

川に沿って歩きながら訪れたのは金勝寺です。行基の創建と言われるもとは三十六の子院を持つ大きな寺でしたが、盛衰を繰り返し、今では本堂のほか限られた建物があるのみです。さらに山側へ歩いて生駒山口神社へ行きました。この階段、とてつもなく急でしかも長い。上を見ないようにして歩いて登りました。

90481478_2614868482170810_71334354788328  90599533_2614868762170782_40739631481246

この辺りは岩肌が露出した巨岩があちこちにみられます。左は先の金勝寺の磨崖仏です。また、右は山を登って行った先にある清滝石仏群のひとつで、大きな岩に線刻が施されていました。いずれも苔むした年月を感じさせるものでした。

90442598_2614868938837431_79864140253133  90511755_2614868905504101_77194708342255

さて、この日の目的地は千光寺です。この一帯は修験道の開祖、役行者、役小角が大峰山を開く前に修行を重ねたとされるところです。境内にも、役行者を模した像がずらりと並んでいました。役行者、歴史上の謎の多い人物、山で修業し、呪術を使い、一夜で伊豆と大和を行き来したとか。思えばそこからロマンが湧きたちます。

Thumbnail_image0

ということで、役行者、役小角というと、藤川桂介の宇宙皇子のシリーズです。全巻で48巻という大作、さらに拾遺伝4巻というすごい作品でしたが、もうすっかり忘れ去られてしまったかもしれません。一時は夢中になって読んでいました。後にアニメ化されたようですが、見ていません。

2020年3月13日 (金)

かぎろひ歴史探訪 櫟本、天理

Dsc01570  Dsc01572  Dsc01584

昨日3月12日は、春のかぎろひ歴史探訪の初日、朝10時にJRまほろば線櫟本(いちのもと)駅に集合です。まず駅から近い高良神社(長寺跡)を訪れます。さらにその南側にある在原神社へ行きました。在原業平ゆかりの神社で、伊勢物語に載せられた筒井筒の遺跡?もありました。

Dsc01592  Dsc01601  Dsc01604

歩く道沿いにある民家に馬曲という馬や牛をつなぐ木の柵がありました。近くの方のお話では、昔は大阪からの荷と奈良の産物を交換する市があり、運搬用の馬や牛をつなぐ必要があったとのこと、まあ、駐車場ですね。さらに和邇下神社へと進みました。付近は古代の和邇氏の勢力範囲だったようです。

Dsc01608  Dsc01619

櫟本からまだ東方向に進み、大きな前方後円墳である赤土山古墳を訪れます。一帯は電気メーカーのシャープの寮などがあったところでした。ここからはとても素敵な山道もあるコースを進みました。竹が心地よい緑陰を作っていました。寒からず暑からずの快適な気候です。

Dsc01621  Dsc01634

櫟本辺りを散策したのち、今度は南へ向かい、まず古墳の蓋石がすでに除かれている石上大塚古墳を訪れました。この古墳は小高い丘の上にありましたが、付近を歩きながら周りを見るといずれも古墳ではないかと思えるこんもりとした土盛りがいくつもありました。本日のコースの終点は石上神宮です。赤い社殿が印象的なところです。

この後は、いつものように反省会。今回は天理駅前のお店でしたが、1人がライン登録するだけで全員の飲み物が何杯でも100円になるという空前絶後のサービスを受けてしまい、これは反省しなければなりませんでした。ということで、近鉄西大寺駅へ向かい、反省会をやり直した次第です。

2020年2月14日 (金)

かぎろひ歴史探訪番外編 観音塚古墳からワイン館へ

Dsc00787  Dsc00792  Dsc00793

2月6日はいつも奈良歩き、かぎろひ歴史探訪でお世話になっている方々をご案内して大阪府の柏原市界隈を歩いた後、近鉄道明寺駅から電車に乗りかえて上ノ太子駅まで移動です。道明寺駅前には大坂夏の陣の時の戦跡を示す大きな碑が建てられています。道明寺合戦の碑です。応神天皇陵を横に見ながらの移動の途中、古市駅では観光列車青の交響曲の通過待ちをしました。

Dsc00795  Dsc00796

上ノ太子駅で降りてまず目指すのは、終末期古墳のひとつ、観音塚古墳です。高い丘のほぼ頂上にある古墳で、石棺の横に穴が開いた形状、横口式石槨と呼ばれている構造となっています。有名な高松塚古墳、牽牛子塚古墳にも似た構造が見られます。中に入るとひと1人を収める空間が開いています。切石の精緻な組み合わせで、紙一枚入るような隙間もありません。観音塚という名前から、かつては内部に壁画が描かれていたのかもしれませんね。

Dsc00794  Dsc00800

観音塚古墳を後にしてまた歩き始めます。山を下りると、安宿部(あすかべ)と言われるこの辺りを守る式内社である飛鳥戸神社があります。今回は時間の関係もあり、素通りしました。

Dsc00802  Dsc00804

さらに進み、古代の国道、竹ノ内街道を歩いて目的地を目指します。竹ノ内街道に沿うように流れる川は飛鳥川と言います。奈良にも飛鳥がありますが、この辺りも飛鳥と言われる地域なのです。そして、本日の最終目的地である河内ワイン館へ到着、豊潤なワインの香りをこの後楽しみました。

2020年2月13日 (木)

かぎろひ歴史探訪番外編 柏原市を歩く

Dsc00745  Dsc00753

先週2月6日は、小生の企画案内で、かぎろひ歴史探訪番外編として大阪府の柏原市を歩きました。10時にJR大和路線の高井田駅に集合し、駅の北側に広がる高井田横穴墓群を訪ねます。ここは関西では珍しく横穴墓を実際に観察できるところです。

Dsc00751  Dsc00758

横穴墓の中には、線刻画が残るものもあり、当時の宗教的なイメージが伝わってきます。また、この一帯の中にある高井田古墳へも足を運びました。石室が露出している古墳ですが、透明の覆いがかけられ、発掘当時の様子がわかるようになっています。このような展示方法はとてもいいですね。

Dsc00765  Dsc00769

その後、大和川を渡って国分神社とその背後にある松岳山(まつおかやま)古墳を訪ねました。巨大な石棺の蓋石を持つ古墳で周囲には石材が散乱するとともに蓋石の前後には壁のように立つパネルのような石があったりと謎に包まれています。

Dsc00776  Dsc00774  Dsc00785

次に玉手山にある安福寺へ向かいます。この寺の境内にも横穴墓がいくつもありました。まさにお墓の団地のようなたたずまいです。境内には近くの古墳から出土した割竹方石棺の蓋石が置かれていました。柏原市での歩きは石川を渡る玉手橋を渡って一つの区切りです。この玉手橋、実は吊り橋なのです。続く。

51k4bqozual__sx329_bo1204203200_

山本功次 花伏せて 江戸の闇風Ⅱ 幻冬舎時代小説文庫/読了・・・・・・・・・大江戸科学捜査八丁堀のおゆうのシリーズや阪堺電車177号の追憶などで好みの作品を次々に出している著者による時代小説の第2弾です。ストーリーは面白かったですが、他の作品のようなテンポの良さが少し目立たなかったかも。登場人物が少し多かったかも。それでも面白く読ませてもらいました。

2019年12月 6日 (金)

かぎろひ歴史探訪 粟原寺跡と周辺の古墳

Dsc09675  Dsc09684  Dsc09687

昨日12月5日は、いつもの奈良歩き、秋のかぎろひ歴史探訪の最終回で、朝9時と言ういつもより早い時間に近鉄桜井駅に集合です。バスで粟原と言うところまで行き、そこから坂を上ったところにある粟原寺跡を訪ねます。かなり高いところにある廃寺跡で、奈良時代初期に建てられた大きなお寺ですが、その後の荒廃で今では礎石を残すのみとなっています。寺跡一帯は落ち葉に覆われ、落ち着いた風情が感じられました。

Dsc09703  Dsc09716  Dsc09722

その粟原の里の様子です。大きな家、それもかなりの旧家が多くある豪壮な集落でした。歩く道々もまだ紅葉やススキの原が残っていて、初冬の風に吹かれながらの歴史探訪となりました。

Dsc09702  Dsc09724   Dsc09739

粟原寺跡から、天満神社へ行き、時間の関係から先に田中先生の歴史講座、そして周辺の古墳めぐりと言う流れとなりました。訪れた古墳は越塚古墳と天王山古墳です。いずれも大きな石室を持つ古墳で、特に天王山古墳の石室には立派な家型石棺が当時のまま据えられていて、その大きさに驚きました。

Dsc09711  Dsc09750  Dsc09762

写真は前後しますが、歴史講座は粟原の公民館で行われました。外が寒かったのでこれは助かりましたね。昼からは石位寺、このお寺にある三尊石仏が有名なのですが、残念ながら他所での展示のためおられませんでした。宗像神社の脇には能の宝生流の始まりの地を示す碑がありました。

Dsc09758  Dsc09767  Dsc09770

大きなクスノキは忍坂山口神社のもので、その周囲に人が手をつないで囲むのに8名を要していました。とても立派な木ですね。最後に訪れたので報恩寺という小さなお寺ですが、此処には粟原寺から来たと言われている高さ216cmの大きな阿弥陀仏がおられます。今回特別に拝観させていただき、その丸みを帯びた柔和な表情に癒されてきました。夕暮れも迫った16時頃に出発した桜井駅に戻り、一年間楽しませていただいたかぎろひ歴史探訪のお開きとなりました。⇒その後、恒例の反省会でした。

2019年11月25日 (月)

かぎろひ歴史探訪 宇陀の阿騎野

78550433_2499607293696930_79053896906126  75534910_2499607370363589_66278938407012  76901725_2499607467030246_33228346658274

昨日11月24日は秋の奈良歩き、かぎろひ歴史探訪で奈良の奥座敷、宇陀の阿騎野を訪れました。朝10時に近鉄榛原駅に集合、バスで大宇陀まで移動しました。そこから城山呼ばれる山の上にある松山城へ登ります。これは戦国期に築かれた古城の跡で、江戸時代初めに破却されました。今では絶景の展望を誇る名所のようです。遠く紅葉に包まれた山々が見えます。

73232033_2499607550363571_82821676594542  78451836_2499607657030227_37636585771017  76697273_2499607690363557_53435754738949

山を下りて江戸時代、明治時代からの旧家が残る宇陀の街並みを歩きます。公開されている民家で説明を受けたりしながら、紅葉を愛でつつ次に目指したのは阿騎野のかぎろひの丘です。学生時代の秋に来て以来、46年ぶりのことでしょうか。途中1回くらいは来ているかもしれませんが、よく覚えていません。その時と同じく、佐々木信綱揮毫の万葉歌碑がすくっと建っています。ここでお弁当と歴史講座です。

76732207_2499607920363534_38745690122349  76771520_2499607950363531_62473690884194  77064647_2499608093696850_49947270460190

昼からは、元伊勢と言われる阿紀神社、大亀和尚民芸館やその裏にある松源院香久山古墳、松山城の遺構である西口関門を訪れ、楽しい一日の締めくくりとしました。

2019年11月 8日 (金)

かぎろひ歴史探訪 長弓寺 王龍禅寺

Dsc08947  Dsc08949  Dsc08951

昨日11月7日は、秋の奈良歩き かぎろひ歴史探訪で朝10時前に近鉄富雄駅に集合し、バスで富雄川沿いに北上します。着いたところは生駒市の高山という地区です。ここは竹製品、特に茶筅の里として有名です。高山にある竹林園を訪れ、様々な竹製品の説明を聞き、整備された竹林を散策します。とてもきれいな公園でした。

Dsc08965  Dsc08960  Dsc08972

富雄川沿いに今度は南下していきます。5分ほど歩くと高岡八幡宮があります。ちょうど新車のお祓いをされているところでした。さらに歩きつづけ近鉄北生駒駅も通り過ぎて長弓寺へ向かいます。長弓寺では国宝の本堂の中でご本尊の十一面観音はじめ多くの仏像を拝観できました。これは稀有な体験でした。このような集いに参加させていただいているおかげですね。

Dsc08979  Dsc08981  Dsc08985

その後さらに南下してこのあたりでは珍しい禅宗の王龍禅寺を訪れます。うっそうとした社叢を背景に持った、とても雰囲気のあるお寺です。また、ここは摩崖仏をご本尊としていて、お堂の中で間近に拝観することができました。王龍禅寺へ至る道は桜の樹々で覆われ、ちょうど紅葉も進んできれいな小道でした。

2019年10月25日 (金)

かぎろひ歴史探訪 河合町界隈を歩く

73008095_2468077830183210_19781705052738   73504731_2468077876849872_91861916603195  73372316_2468077936849866_19769410322306

昨日10月24日は秋の奈良歩き、かぎろひ歴史探訪で河合町界隈を歩きました。先ずは河合町役場がある近鉄池部駅から出発します。穴地蔵と呼ばれる地蔵さんを入れるために家形石棺のふたを使った地蔵堂を見て、天神社を訪れ参拝します。

73235804_2468078146849845_89500857674812  72485547_2468078066849853_79011545522110  73148704_2468078200183173_65246803348548

そこからしばらく歩くと素戔嗚神社の向かいにひっそりと長林寺がありました。元は東に塔、西の金堂を配置した大きなお寺だったようで、塔の心礎が残っています。また、堂内には十一面観音がご本尊として安置されているほか、吉祥天や子供のころの聖徳太子像などがありました。これらを全く自由に拝観させていただき、貴重な体験をしました。

73220676_2468078230183170_44589166817034  72947114_2468078363516490_32279834312415

今度は古墳巡りです。中良塚古墳は2段構成の前方後円墳で全長が88mと比較的大きな古墳です。さらに、大塚山古墳は全長135mのこの地域最大の前方後円墳で、どちらの古墳にも立ち入ることができました。特に大塚山古墳は墳丘に竹林が構成され、他の古墳の様子とは少し違う静謐な感じが良かったですね。

73304772_2468078416849818_83674627421304  73475030_2468078390183154_43731087498674  73028104_2468078456849814_51448535648116

さて、さらに歩を進めると官幣大社の廣瀬神社がありました。とても長い参道には立派な社叢があり、厳かな空気感が漂います。そこを出て北上すると宮堂遺跡の発掘現場に当たりました。ここは古墳時代から鎌倉時代辺りまでの遺跡で、少なくとも700年間程度は集落があったところといいますから歴史の厚みがすごいです。雨中の発掘作業、大変だと思いました。帰りは大和側を渡りJR法隆寺駅へ出て解散となりました。

 

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

2019四国の旅 JR貨物 Jフィル MIZUMO T-ストリングス かぎろひ歴史探訪 その他 みちのくひとり旅 やまとんくらぶ アイチャンオケ アミーキティア管弦楽団 アンサンブル ラ・ピアチェーレ アンサンブル・アルビレオ アンサンブル・コスモリバティ アンサンブル・ジョワン アンサンブル・ツヴァイ アンサンブル・フリー アンサンブル・ミンネン アンサンブル・ヴィオ ウォーキング鉄 オルガンコンサート オーケストラ・アンサンブル・フォルツァ オーケストラ・クラシック オーケストラ・ソノリテ オーケストラ・ノインテ オーケストラ・ブラヴォー! オーケストラ・ポミエ オーケストラ千里山 オーディオ カメラ カンマーフィルハーモニー京都 カンマーフィルハーモニー神戸 クラシックサロン・アマデウス クラシック音楽 クランクレーデ クレセント室内アンサンブル クレー管弦楽団 グッド・シーズン・アンサンブル グルメ コレギウム・ヨハネス コレギウム夙川管弦楽団 シンフォニア・スピカ セント・マーティン・オーケストラ ゾンアーベント・アンサンブル タリヘーレ四重奏団 ダムカード テレマン室内オーケストラ ディスクユニオン ドイツ紀行 ニイジマ・キネン・オーケストラ ニュージーランド鉄道 ハイマート交響楽団 ハイマート合唱団 バス バッハクライス神戸 バンブスアンサンブル パソコン ファゴット・フェスティバル フェニックスフィル フォンス・フローリス古楽院 ブレスシンフォニーオーケストラ プロ野球 ホール・バルティカ ミモザの会 ミュー室内管弦楽団 メイプルフィル ライブカメラ ラグビー ワンコイン市民コンサート ヴェデルニコフ 万葉 三宝鉄道 上甲ウィンドシンフォニー 上甲子園中学吹奏楽部 交響楽団ひびき 京急 京成 京王 京都フィロムジカ管弦楽団 京都プレザントオーケストラ 京都大学交響楽団 京都工芸繊維大学交響楽団 京阪 伊予鉄 伊予鉄道 伊豆急行 信濃の旅 八尾フィル 六甲フィル 兵庫医科大学医療大学合同オーケストラ_ 兵庫芸術文化センターワンコインコンサート 兵庫芸術文化センター管弦楽団 写真展 切符 初演企画 北摂フィル 北総 千里フィルハーモニア・大阪 南海 卯之町 叡山電車 合唱団 名鉄 吹奏楽 吹奏楽団 吹田市交響楽団 四国詣で 土佐くろしお鉄道 土佐日記 土佐電 地下鉄 堺フィル 夢の国 ニュージーランド 大井川鉄道 大阪センチュリー交響楽団 大阪フィルハーモニー交響楽団 大阪フロイデ合唱団 大阪メトロ 大阪モーツァルトアンサンブル 大阪交響楽団 大阪市営交通局 大阪市営地下鉄 大阪市民管弦楽団 大阪芸術大学管弦楽団 天理シティオーケストラ 奈良女子大管 奈良歩き 学園都市交響楽団 宝塚響 富士急行 寝屋川市民管弦楽団 小田急 尼崎市吹奏楽団 尼崎市民交響楽団 尼崎弦楽アンサンブル 居酒屋 山陽 岡山電軌 嵐電 川西市民オーケストラ 幻想フィル 広島電鉄 廃線跡 待兼交響楽団 指揮者 新京成 新幹線 旅行 日本センチュリー交響楽団 最近のCD 最近のLP 東京佼成ウィンドオーケストラ 東急 東武 枚方フィル 樹フィル 武庫川女子大学音楽学部 歴史探訪 水族館 水間鉄道 江ノ電 父親のアルバムから 甲南大学OB交響楽団 甲南大響 甲南女子大学管弦楽団 白黒懐かし画像 相愛フィルハーモニア 相鉄 神戸アンサンブルソロイスツ 神戸大学響 神戸市地下鉄 神戸電鉄 神戸高校OBオーケストラ 福井鉄道 私の名盤シリーズ 箕面コンセルト室内合奏団 紫苑交響楽団 美術 聖ソフィア・バラ合唱団/合奏団 能・狂言 能勢電 芦屋交響楽団 芦屋室内合奏団 若林顕 落語 蒸気機関車 藤井貴宏 街歩き 衣笠交響楽団 西宮交響楽団 西宮探訪 西武 見仏 豊中市民管弦楽団 豊橋鉄道 近江鉄道 近畿フィルハーモニー管弦楽団 近鉄 遠州鉄道 鉄道 長岡京市民管弦楽団 長崎電軌 長楽庵 関西グスタフ・マーラー交響楽団 関西フィルハーモニー管弦楽団 関西医科学生交響楽団 関西大学OB交響楽団 関西大学交響楽団 関西学院交響楽団 関西SPレコード愛好会 阪堺電車 阪急 阪神 阪神タイガース 阪神フィル 静岡鉄道 須磨フィル 飛行機 高松琴平電鉄 高槻フィル 高槻室内管弦楽団 龍谷大学交響楽団 JR四国 JR東日本 JR東海 JR西日本

フォト

掲示板

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

無料ブログはココログ