国鉄奈良機関区

  • Photo_7
    昭和46年に奈良機関区を訪ねています。変わりやすい天気で、晴れていると思ったら急に雨が降ってきて大変な日でした。

THE 大阪駅~特急編~

  • 16
    中高生のころ、大阪駅はまだ日常の中にはなく、特急列車を撮りに行く特別な場所であった。栄光の時代が残っていた大阪駅に発着する特急列車の姿を封じ込めました。

THE 大阪駅~急行編~

  • 1258
    大阪駅に発着する急行を集めてみました。行き先によっては、ディーゼルカーの急行もあり、思えば楽しい駅だったのですね。ご興味の方は写真帖のずっと下にある「甲子園口急行物語」もご覧ください。

昭和45-47年の天王寺駅

  • キハ58 きのくに
    天王寺駅は単に竜華や奈良方面、阪和方面への乗り換え駅だったが、紀勢線ホームは頭端駅として有名だった。 時折、乗り換えの途中、駅撮りなどしていたようだ。

竜華・昭和46年

  • Photo_3
    昭和46年に数回に分けて竜華へ出陣しています。当時の関西線はローカルそのもの、まだまだ煙も多く残っていました。

甲子園口(その周辺)急行物語

  • Photo_7
    甲子園口西方の踏切があったあたり、そのもう少し西側の日通の倉庫前あたりは友人たちとのたまり場でした。陽が暮れるまで電車の通過を楽しんでいました。

京都駅残照・昭和45年前後

  • Photo_3
    昭和45年当時、京都駅へ行く機会は限られていたが、その中で残していた写真の中からいくつかを抜粋した。 京都の寺社、観光地に興味を持つのはもう少し後になった。

西宮を走った国鉄電車特急・昭和45年頃

  • Photo_2
    国鉄時代、地元西宮でもいろいろな電車特急が走っていた。 そのすべてではないが、手元に残る写真のうちからいくつかを抜粋した。

あぁ上野駅 昭和46年

  • 特急やまびこ
    初めて東京へ行った昭和46年、昔の風情の残る上野駅に間に合いました。

神戸市電 最後の日

  • 星電社前
    1971年3月に神戸市電は歴史を閉じました。その最終日に神戸市内の各所で写真に収めましたが、思えば震災前の神戸の街も封じ込めたことになりました。

東海道のんびり行

  • 24
    昭和49年5月に、当時まだ走っていた急行桜島・高千穂に乗って、のんびり東海道を東上しました。そのときの車窓風景をまとめました。

京阪滝井駅 昭和50年

  • Photo_2
    京阪電車は今年、中ノ島新線の開通や電車の塗装変更、さらに往年の名特急1900系の引退と話題に事欠きませんが、ごく普通に走っていた昭和50年の滝井駅の様子はこんな感じでした。

昔日の近江鉄道

  • Photo_4
    近江鉄道は、学生時代からの万葉旅行会で近江蒲生野へ行くときに撮影した程度だった。これはその一連の名残である。 「茜さす紫野行き標野行き野守りは見ずや妹が袖ふる」

マンモス機 EH10

  • 04
    国鉄が作った最大最強のマンモス電気機関車EH10。 今でこそ、8軸の電機はいろいろあるけれど、目に焼きついているのはこの機関車だ。

京都市電

  • 2607
    京都へ行くと市内の移動はたいてい市電だった。 市電だと京都初心者にもわかりやすかった。 たまにバスに乗るとぐるっと市内の引き回しにあったり、とんでもない方向へ走ったりと痛い目に会ったからだ。

きーんてーつ特急

  • Photo_11
    70年代の近鉄特急の白黒写真を集めてみました。点数も少なく恐縮ですが、関西には少ない観光特急の雰囲気だけでも伝えたい。おまけにあおぞら号も何枚か。

近鉄、ちょっと前の車両たち

  • 1413
    1980年代に撮った近鉄の一般車両の中からチョイスしてみた。少し小さいというだけで、なんだか親しみを感じる車両の面白さもある。

野上電鉄、廃止3週間前

  • キハ28
    1994年3月末をもって廃止された野上電鉄を、廃止3週間前に友人の2Aカレチさんと訪れた。併せて周辺の鉄道へも足を運んだので、藤並駅でみた有田鉄道のキハをおまけに追加した。

阪神5314F 愛

  • Img_6204
    阪神電車最古参の5314Fは5550Fの新規参入によっていよいよ引退の時期を迎えた。この前パン貫通幌を持つ古き阪神電車の顔を残す編成を追いかけた。

ゴハチ

  • 16ef58
    今も人気のEF58ばかりを集めました。近所鉄の西宮、武庫川をはじめ大阪駅、少し遠くて下関。元気にゴハチが走り回っていた時代がありました。

琴電 旧型車を並べて

  • Img_0059
    平成10年から出張が多かった四国ですが、何回かは高松に足を運んで琴電を追いました。古い写真がなぜか見つからないので、旧型車が消える数年前からのものばかりです。

RRE様HP掲載一覧

  • 0001601
    ブログ開設以前はRREさんの掲示板への投稿を続けていました。ここに、その投稿画像をまとめましたので、ご笑覧いただければと思います。

島原鉄道2007

  • Img_2046
    去年の3月に出○ついでに諫早駅周辺、島原鉄道、足を少し伸ばして長崎電軌を訪問しました。島原鉄道の一部廃止は残念です。

JR九州の車両たち、諫早駅周辺

  • Img_2023
    ラストランブームになったなは/あかつきもこのころは全然注目されず。九州はいろんな列車があって楽しめます。

長崎は今日も雨

  • Img_2117
    長崎ではすごい雨にあいました。それにもめげず、撮り鉄に励んできました。

名鉄瀬戸線

  • Img_1926
    名鉄瀬戸線に6750系という大手私鉄最後の吊りかけ車が走っていると聞いて訪問しました。2008.03.24

惜別 0系新幹線 

  • 01 相生駅 0系の横顔
    いよいよ平成20年11月末に引退する0系新幹線。山陽路で活躍していた近年の記録です。

四国の気動車

  • 四国は今でも気動車の天国です。その中でも、普通車の運用に供せられる車両を集めてみました。普通車だけにDCより気動車という言い方が似合います。

名鉄にあったレールバス

  • 到着したレールバスからの乗り換え
    名鉄の三河線、猿投の先には西中金まで延びる単線があり、そこには今ではその姿をほとんど見ることが出来ないレールバスがひっそりと走っていました。1987年4月、2Aカレチさんと訪れた記録です。

名鉄揖斐線

  • 512号車内
    1987年4月に2Aカレチさんと名鉄を訪れました。 揖斐線は一時下車した美濃北方駅と黒野駅での写真です。

名鉄の旧型車

  • 103763
    1987年4月 2Aカレチさんと一緒に名鉄を訪れました。 名鉄の本線あたりでもまだまだ吊り掛け車が走っていました。

名鉄岐阜市内線

  • 08
    1987年4月、2Aカレチさんと名鉄を訪れた。岐阜市内線をとりあえず撮影した後、揖斐線へと向かった。

明延鉱山とともに

  • 04_img_0155
    小学生時代、明延鉱山の学校とクラス同士の文通をした。その場所がどこだか全く知らずに居たが1円電車の存在は知っていた。その地を訪れたのは随分大人になってからとなった。

鍛冶屋線~愛と死をみつめて

  • 09_img_0334
    大正12年に全線が開通した鍛冶屋線はJR後の平成2年、その歴史に幕を下ろした。 また、「愛と死をみつめて」で有名なミコこと大島みち子さんはこの沿線の方で、線路を見下ろす小高い岡の上にお墓がある。

EF65 0番台原色+茶ガマ

  • 103_img_2881
    かつて、全国の直流区間ではおなじみだったEF65の0番台も、今では岡山に集結する11機のみである。そのうち、原色を保っているのはわずか4両となった。

かぎろひ歴史探訪

2017年11月16日 (木)

かぎろひ歴史探訪 三本松

Dsc09419朝10時前に、奈良県と三重県の境にある近鉄三本松駅に来ました。
いつもの奈良歩き、かぎろひ歴史探訪で、今日は三本松あたりの伊勢街道を歩きます。 近鉄三本松駅へは、鉄道の撮影に何度も来ていますが、その他の用事での来訪は初めてのことです。

Dsc09469_2駅近くの海神社、重要文化財の地蔵がある安産寺でじっくりお話を聞いて、昼から白鳥神社、長命寺、伊勢街道の宿場町、ここの地名の由来の三本松、最後に周囲の紅葉がきれいな大野の磨崖仏を回りました。

Dsc09530_3今日は一日中、良いお天気で、山も色づき始めていて、なんとものどかな日本の風景を堪能しました。
ドイツの景色もいいですが、日本の景色も素晴らしいです。最後に行った大野の磨崖仏は紅葉と相まって、崇高な風景を創出していました。

2017年10月27日 (金)

かぎろひ歴史探訪 柳生の道

Dsc06877_2雲一つない、ピーカンの昨日、いつものかぎろひ歴史探訪で柳生を訪れました。朝9時半に近鉄奈良駅に集合してバスで柳生の里へ向かいます。柳生は初めての訪問で、山の奥にぽっかりと広がった高原の佇まい、良い一日が始まりました。

Dsc06869_2柳生では巨石信仰の天之石立神社、芳徳禅寺、柳生家老屋敷、柳生陣屋跡などを巡り、柳生宗矩の側室、おふじの母親が娘を送ってきてここで帰ると言ったかえりばさ峠への山道を歩きました。秋の柳生路には柿が良く似合っていました。

Dsc06838柳生一族、テレビや映画では有名ですが、その実態は大目付という大職でありながら、小領主でもあり、名前と伝説の割には、こじんまりとした領所、風景、墓所の様子に、一面、徳川幕府が大きな権限委譲と石高の制限というバランスをうまく図っていた側面も見えました。

※昨夜の反省会で、人数を16人のところ15人と勘違いして計算してしまいました。男性から少し多めに集めてしまいましたので、次回繰り越しとさせていただきます。申し訳ないことです。

31iiblgjfhl__sx303_bo1204203200_佐々木敦 筒井康隆入門 星海社新書/読了・・・・・・筒井康隆が「わし以上にわしのことを知っている人がいる。困ったことである。」という推薦文を寄せている筒井康隆を丸裸にしたような本である。とは言うものの、筒井ファンにとっては、自分だけの筒井康隆があるもので、著者が絶賛する作品の他にも、小生もこれはという逸品を指すことができますよ。筒井作品は「幻想の未来」に始まり、ごく最近の数点を除いてはすべて読了していますので、懐かしい作品の紹介もあり、再び筒井作品に接っしてみようかという気持ちになりました。ちなみに、小生が一押しの作品は「熊の木本線」ですが、なにか?

2017年10月21日 (土)

亀の瀬近くの電車たち

雨が続きますね、さらに週末から週明けに至っては、季節外れの超大型台風の来襲とか。

Img_3212さて、またまた先月のことですが、四国詣でから帰ってきた翌日、9月28日は、かぎろひ歴史探訪で奈良県と大阪府の境にある大和川の難所、亀の瀬を訪れました。降り立ったのはJR関西線の河内堅上駅です。ここは桜の名所でもありますし、何回か撮影に来た場所でもあります。

Img_3216河内堅上駅から20分ほど歩くと、亀の瀬の地滑り地帯に入ります。今回は特別に管理されている区域に入ることができ、普段は撮影できないアングルから関西線を撮影できました。とは言うものの、小雨が降る中でしたので、いまいちの画像です。まぁ、こういうカットが撮れるというだけです。

Img_3299さて、その後、王寺駅まで歩いていきましたので、近鉄生駒線を渡りました。ちょうどその時出会った近鉄電車です。生駒へは野暮用もあってちょくちょくお邪魔していますが、それも奈良線のこと、生駒線はあまりご縁のない線ですが、一枚撮影できました。これも天気が悪いのが残念。

51enbghrrnl__sx308_bo1204203200_マンフレッド・クラメス 交響曲「第九」の秘密 楽聖・ベートーヴェンが歌詞に隠した真実 ワニブックスPLUS新書/読了・・・・・・・・・日本に12年間滞在した心理カウンセラーが書いたベートーヴェンの第九を、まぁ、賛美する本ですが、巻頭でその治療効果とかをうたっている割には、中味としては、たいして要点がつかみにくく、本の内容も、引用が多かったり、思い込みがあったりと、途中でうんざりしてしまう一冊でした。また、字が大きく、ページ稼ぎをしているのにも感心しません。200ページ未満、これで830円(税別)は残念な一冊でしたね。

2017年10月12日 (木)

かぎろひ歴史探訪 名張 夏見廃寺跡

Dsc06735秋のかぎろひ歴史探訪、今日は朝10時に近鉄名張駅に集合です。尼崎から名張はちとしんどい。着いたときは霧雨の状態で、これがお昼前まで続きましたね。いつも何とか天気は持つのですが、今回はだめでした。そして、名張駅からとろとろと歩いて到着したのが、夏見廃寺跡でした。

Dsc06743夏見廃寺跡は、以前からその名称は聞いていたのですが、積極的に調べていなかったため、今回が初めての訪問です。そこには犬養孝先生の歌碑がありました。何回も先生から説明を聞いていた馬酔木の歌ですね。これでまた一つ先生が遺された大切な記念に会えました。

Dsc06751夏見廃寺は、かなり珍しい立ち位置にあるお寺だったようで、金堂の柱配置も独特とのこと、また、多くのせん仏が出土したことでも有名です。せん仏とは、粘土で型押しして作られた仏像のレリーフで、それを壁一面に立ち上げることで、独特の世界ができたようです。

続く。

Dsc06753Dsc06754Dsc06756







2017年9月28日 (木)

かぎろひ歴史探訪 龍田路

Img_3220昨日、四国から帰ってきたところではありますが、今日は、かぎろひ歴史探訪でたつたじを訪れました。朝10時にJR関西線の河内堅上駅に集合し、そこから歩いて20分ほどの国交省大和川工事事務所へ向かいます。この付近、亀の瀨の地すべり地帯について勉強です。明治以降、土木技術が地すべりと格闘してきた姿を拝見してきました。

Img_3280その後、亀の瀬の峠越え、亀瀬八幡神社、関の地蔵、万葉の磐瀬の森、神奈備神社を回りました。途中、JR三郷駅前には、犬養孝先生の歌碑があります。この歌碑は初めて見るもので、粗削りな岩に大きな文字が刻まれていました。

Img_3290最後に訪れたのは龍田神社で、赤い鳥居が印象的です。階段が工事中という事で参拝は見送りましたが、広い境内には一種風格を感じました。

今回も田中先生、かぎろひさんはじめ多くの方にお世話になり、楽しい時間を過ごすことができました。

2017年9月14日 (木)

かぎろひ歴史探訪 都祁高原の秋

Img_2926ようやく本格的に秋になりましたね。という事で、かぎろひ歴史探訪の秋の部が始まり、 本日参加してきました。朝10時に近鉄の榛原駅に集合です。阪神間に住んでいる身としては、榛原はちょいと遠いですけれど頑張って行って来ました。

Img_2940今回歩いたのは、都祁高原の中で、榛原からバスで都祁高原のど真ん中へ入り込みました。ここはもう秋でしたね。都祁では、柘植水分神社、来迎寺、小治田安万呂の墓、国津神社、歓楽寺、三陵墓古墳など経巡り、その先にある倉本酒造さんに落ち着きました。

Img_2984倉本酒造さんでは、ご自慢のお酒をいただきましたが、さらに反省会という事でいつもの近鉄西大寺駅構内の豊祝さんで最後の打ち上げをして帰ってきた次第です。この建物の中に、倉本酒造さんの琺瑯タンクがありました。

2017年6月 9日 (金)

昨日のかぎろひ歴史探訪 大和郡山

Img_1964いつもお世話になっているかぎろひ歴史探訪、今年の春の回の最終は、大和郡山という事で、6月8日、木曜日の朝10時に近鉄郡山駅に集合し、郡山らしくまず金魚資料館へ立ち寄っています。金魚に関するいろいろな資料よりも、金魚のより分け作業を興味深く眺めていました。

Img_1994その後、新木山古墳から、豊臣秀長の墓所である大納言塚を訪れて、居城でもあった郡山城の天守閣跡へ登りました。ここからは、大和が一望でき、しばらくの殿様気分です。若草山、薬師寺などが遠望できました。この後、しばらくは郡山城の外堀あとなどを歩いた後、次を目指しています。

Img_2017市街地から少し離れたところに、稗田環濠集落というのがあります。環濠集落とは、敵の攻撃に備えて町内の外側に堀を巡らせた集落のことですね。大和にはいくつかまだそういう形態の地域かあるようですが、ここもその一つです。集落のなかを歩きましたが、今では、そんな戦国的な風情はなく、落ち着いた家々が並んでいます。

解散後は、お決まりの反省会で、奈良県内の地酒をすべて置いているという魅力的なお店で十分に反省した次第です。

71mqq7oja5l__ac_ul320_sr224320_黒鉄ヒロシ 色いろ花骨牌 小学館文庫/読了・・・・・・・・著者が若いころから交流を持った著名人との想いでを時代の雰囲気とともに描いたエッセイで、その交流範囲の広さ、多様さ、多士済々に目を見張ります。

曰く、吉行淳之介、阿佐田哲也、尾上辰之助、芦田伸介、園山俊二、柴田錬三郎、秋山庄太郎、近藤啓太郎、生島次郎、みなさん鬼籍に入られた方々ばかりです。

2017年5月26日 (金)

かぎろひ歴史探訪 柳生の道と摩崖仏

Img_1816昨日、5月25日はかぎろひ歴史探訪で、奈良の東方、柳生の道を歩きました。10時に近鉄奈良に集合し、バスで破石バス停へ。そこから志賀直哉旧居の前を通り、柳生への道に入りました。小さな流れが走る山道を登ると、新緑の世界に包まれました。

Img_1825この道沿いには、岩を削って仏を掘った摩崖仏がいくつもあります。寝仏、夕日観音石仏、地獄谷石仏、春日山石仏などを回りました。いくつかの石仏には制作当時の彩色が残るものもあり、長い時を経て残ってきた貴重な石仏に手を合わせました。

Img_1850帰りは、春日山原始林の中を通って降りてきましたが、ここもうっそうとした深い自然に包まれた素晴らしい道でした。ただ、木の上から山ビルが落ちてきたりしますから、油断できません。当初は一日中雨の予報でしたが、傘を使うことも少なく、何とか全行程を歩くことができてよかったですね。

51jndqudgyl__sx342_bo1204203200_手塚治虫 マンガの書き方 似顔絵から長編まで 光文社知恵の森文庫/読了・・・・・・・・・手塚治虫がこれから漫画を描き始めようとする子供たちに送った入門書です。

もう40年ほど前の本ですが、ここには、マンガだけではなく、創作という行為に対する導きを書かれていて、貴重な内容となっています。

2017年4月23日 (日)

飛鳥の原風景 かぎろひ歴史探訪

Img_1135Img_1138 先日のかぎろひ歴史探訪では、久しぶりに飛鳥の地、それも端っこではなく、飛鳥のど真ん中を行く王道の明日香行でしたが、そこには学生時代から親しんだ飛鳥の原風景がいくつも残っていました。野を行く先の甘樫丘、菫の先に天の香久山、耳成山、雷の丘。
 
Img_1151Img_1152 甘樫丘へ上ると、そこからは先ほどの耳成山と飛鳥の里を遠望できます。
飛鳥の街並みの中にかつてあったけばげはしぃガソリンスタンドはもうありませんね。
 
Img_1154 Img_1155 そして、畝傍山とその向こうに大津皇子のお墓がある二上山が見えます。
これこそ、飛鳥の原風景という眺めを堪能した一日でした。

2017年4月21日 (金)

鳳凰の塼(せん)

Img_1104 昨日参加したかぎろひ歴史探訪では、久しぶりの飛鳥資料館へ連れて行ってもらいました。
そこでみた鳳凰の塼(せん)です。塼とは、粘土を型に入れて成形し、その後乾燥させるか焼くかして作ったもので、瓦の原型といわれています。
この塼に表現されている鳳凰の図柄は完成したデザインですね。
 
 
Img_2 この塼は7世紀のものですが、これを超える完成度の高い図柄があるでしょうか。
そこで参考に手塚治虫の火の鳥のデザインを出しておきましょう。
これも素晴らしいデザインで、どちらが甲乙という事はありませんが、塼の鳳凰の素晴らしさには言葉がありません。
時代が古いから、新しい時代のものより劣っているという事は、絶対にありませんね。何でも、常に進化しているという事は、どうもそうではなさそうですね。
 
 
51h09ff948l_sx302_bo1204203200_ 安藤優一郎 西郷隆盛の明治 激動の10年を追う 洋泉社新書/読了・・・・・・・・・幕末に暗躍した西郷隆盛が、明治になって政治にかかわってくるとその抜きんでた才能が空回りしていくことは知られていますね。倒幕という目標については、はっきりと西郷の性格がマッチしていたのに、政府を立ち上げるという現実には、自分の理想が合わなくなってしまったようなことがあるようです。さて、そのあたりの明治になってからの10年間をいろいろな側面からざっとまとめていて、新しい西郷像が示されています。来年の大河ドラマが西郷さんらしく、関連本が、もういろいろ出ていますね。ここらあたりで、もうちょっと西郷さん、そして明治維新について本を読んでみようかと思っています。明治150年が近いですしね。

その他のカテゴリー

JR貨物 | Jフィル | MIZUMO | T-ストリングス | かぎろひ歴史探訪 | その他 | やまとんくらぶ | アンサンブル ラ・ピアチェーレ | アンサンブル・アルビレオ | アンサンブル・コスモリバティ | アンサンブル・ジョワン | アンサンブル・ツヴァイ | アンサンブル・フリー | アンサンブル・ミンネン | アンサンブル・ヴィオ | ウォーキング鉄 | オルガンコンサート | オーケストラ・アンサンブル・フォルツァ | オーケストラ・ソノリテ | オーケストラ・ノインテ | オーケストラ・ブラヴォー! | オーケストラ・ポミエ | オーケストラ千里山 | オーディオ | カメラ | カンマーフィルハーモニー京都 | クラシックサロン・アマデウス | クラシック音楽 | クランクレーデ | クレセント室内アンサンブル | クレー管弦楽団 | グッド・シーズン・アンサンブル | グルメ | コレギウム・ヨハネス | コレギウム夙川管弦楽団 | セント・マーティン・オーケストラ | ゾンアーベント・アンサンブル | タリヘーレ四重奏団 | ダムカード | テレマン室内オーケストラ | ディスクユニオン | ドイツ紀行 | ニイジマ・キネン・オーケストラ | ニュージーランド鉄道 | ハイマート交響楽団 | ハイマート合唱団 | バス | バッハクライス神戸 | バンブスアンサンブル | パソコン | フォンス・フローリス古楽院 | ホール・バルティカ | ミモザの会 | ミュー室内管弦楽団 | メイプルフィル | ライブカメラ | ラグビー | ワンコイン市民コンサート | ヴェデルニコフ | 万葉 | 三宝鉄道 | 上甲ウィンドシンフォニー | 上甲子園中学吹奏楽部 | 交響楽団ひびき | 京急 | 京成 | 京王 | 京都フィロムジカ管弦楽団 | 京都大学交響楽団 | 京阪 | 伊予鉄 | 伊予鉄道 | 伊豆急行 | 六甲フィル | 兵庫医科大学医療大学合同オーケストラ_ | 兵庫芸術文化センター管弦楽団 | 切符 | 初演企画 | 北摂フィル | 北総 | 南海 | 卯之町 | 合唱団 | 吹奏楽 | 吹奏楽団 | 吹田市交響楽団 | 土佐くろしお鉄道 | 土佐日記 | 土佐電 | 地下鉄 | 堺フィル | 夢の国 ニュージーランド | 大井川鉄道 | 大阪センチュリー交響楽団 | 大阪フィルハーモニー交響楽団 | 大阪フロイデ合唱団 | 大阪モーツァルトアンサンブル | 大阪交響楽団 | 大阪市営交通局 | 大阪市営地下鉄 | 大阪市民管弦楽団 | 大阪芸術大学管弦楽団 | 奈良女子大管 | 学園都市交響楽団 | 宝塚響 | 富士急行 | 小田急 | 尼崎市吹奏楽団 | 尼崎市民交響楽団 | 尼崎弦楽アンサンブル | 居酒屋 | 山陽 | 岡山電軌 | 嵐電 | 広島電鉄 | 廃線跡 | 指揮者 | 新京成 | 新幹線 | 旅行 | 日本センチュリー交響楽団 | 最近のCD | 最近のLP | | 東急 | 東武 | 枚方フィル | 武庫川女子大学音楽学部 | 水族館 | 水間鉄道 | 江ノ電 | 父親のアルバムから | 甲南大学OB交響楽団 | 甲南大響 | 甲南女子大学管弦楽団 | 白黒懐かし画像 | 相鉄 | 神戸アンサンブルソロイスツ | 神戸大学響 | 神戸電鉄 | 神戸高校OBオーケストラ | 福井鉄道 | 私の名盤シリーズ | 箕面コンセルト室内合奏団 | 紫苑交響楽団 | 美術 | 聖ソフィア・バラ合唱団/合奏団 | 能勢電 | 芦屋交響楽団 | 芦屋室内合奏団 | | 若林顕 | 落語 | 蒸気機関車 | 藤井貴宏 | 衣笠交響楽団 | 西宮交響楽団 | 西宮探訪 | 見仏 | 豊中市民管弦楽団 | 豊橋鉄道 | 近江鉄道 | 近畿フィルハーモニー管弦楽団 | 近鉄 | 遠州鉄道 | 鉄道 | 長岡京市民管弦楽団 | 長崎電軌 | 長楽庵 | 関西グスタフ・マーラー交響楽団 | 関西フィルハーモニー管弦楽団 | 関西医科学生交響楽団 | 関西学院交響楽団 | 関西SPレコード愛好会 | 阪堺電車 | 阪急 | 阪神 | 阪神タイガース | 静岡鉄道 | 須磨フィル | 飛行機 | 高松琴平電鉄 | 高槻室内管弦楽団 | | 龍谷大学交響楽団 | JR四国 | JR東日本 | JR東海 | JR西日本

フォト

掲示板

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

無料ブログはココログ