国鉄奈良機関区

  • Photo_7
    昭和46年に奈良機関区を訪ねています。変わりやすい天気で、晴れていると思ったら急に雨が降ってきて大変な日でした。

THE 大阪駅~特急編~

  • 16
    中高生のころ、大阪駅はまだ日常の中にはなく、特急列車を撮りに行く特別な場所であった。栄光の時代が残っていた大阪駅に発着する特急列車の姿を封じ込めました。

THE 大阪駅~急行編~

  • 1258
    大阪駅に発着する急行を集めてみました。行き先によっては、ディーゼルカーの急行もあり、思えば楽しい駅だったのですね。ご興味の方は写真帖のずっと下にある「甲子園口急行物語」もご覧ください。

昭和45-47年の天王寺駅

  • キハ58 きのくに
    天王寺駅は単に竜華や奈良方面、阪和方面への乗り換え駅だったが、紀勢線ホームは頭端駅として有名だった。 時折、乗り換えの途中、駅撮りなどしていたようだ。

竜華・昭和46年

  • Photo_3
    昭和46年に数回に分けて竜華へ出陣しています。当時の関西線はローカルそのもの、まだまだ煙も多く残っていました。

甲子園口(その周辺)急行物語

  • Photo_7
    甲子園口西方の踏切があったあたり、そのもう少し西側の日通の倉庫前あたりは友人たちとのたまり場でした。陽が暮れるまで電車の通過を楽しんでいました。

京都駅残照・昭和45年前後

  • Photo_3
    昭和45年当時、京都駅へ行く機会は限られていたが、その中で残していた写真の中からいくつかを抜粋した。 京都の寺社、観光地に興味を持つのはもう少し後になった。

西宮を走った国鉄電車特急・昭和45年頃

  • Photo_2
    国鉄時代、地元西宮でもいろいろな電車特急が走っていた。 そのすべてではないが、手元に残る写真のうちからいくつかを抜粋した。

あぁ上野駅 昭和46年

  • 特急やまびこ
    初めて東京へ行った昭和46年、昔の風情の残る上野駅に間に合いました。

神戸市電 最後の日

  • 星電社前
    1971年3月に神戸市電は歴史を閉じました。その最終日に神戸市内の各所で写真に収めましたが、思えば震災前の神戸の街も封じ込めたことになりました。

東海道のんびり行

  • 24
    昭和49年5月に、当時まだ走っていた急行桜島・高千穂に乗って、のんびり東海道を東上しました。そのときの車窓風景をまとめました。

京阪滝井駅 昭和50年

  • Photo_2
    京阪電車は今年、中ノ島新線の開通や電車の塗装変更、さらに往年の名特急1900系の引退と話題に事欠きませんが、ごく普通に走っていた昭和50年の滝井駅の様子はこんな感じでした。

昔日の近江鉄道

  • Photo_4
    近江鉄道は、学生時代からの万葉旅行会で近江蒲生野へ行くときに撮影した程度だった。これはその一連の名残である。 「茜さす紫野行き標野行き野守りは見ずや妹が袖ふる」

マンモス機 EH10

  • 04
    国鉄が作った最大最強のマンモス電気機関車EH10。 今でこそ、8軸の電機はいろいろあるけれど、目に焼きついているのはこの機関車だ。

京都市電

  • 2607
    京都へ行くと市内の移動はたいてい市電だった。 市電だと京都初心者にもわかりやすかった。 たまにバスに乗るとぐるっと市内の引き回しにあったり、とんでもない方向へ走ったりと痛い目に会ったからだ。

きーんてーつ特急

  • Photo_11
    70年代の近鉄特急の白黒写真を集めてみました。点数も少なく恐縮ですが、関西には少ない観光特急の雰囲気だけでも伝えたい。おまけにあおぞら号も何枚か。

近鉄、ちょっと前の車両たち

  • 1413
    1980年代に撮った近鉄の一般車両の中からチョイスしてみた。少し小さいというだけで、なんだか親しみを感じる車両の面白さもある。

野上電鉄、廃止3週間前

  • キハ28
    1994年3月末をもって廃止された野上電鉄を、廃止3週間前に友人の2Aカレチさんと訪れた。併せて周辺の鉄道へも足を運んだので、藤並駅でみた有田鉄道のキハをおまけに追加した。

阪神5314F 愛

  • Img_6204
    阪神電車最古参の5314Fは5550Fの新規参入によっていよいよ引退の時期を迎えた。この前パン貫通幌を持つ古き阪神電車の顔を残す編成を追いかけた。

ゴハチ

  • 16ef58
    今も人気のEF58ばかりを集めました。近所鉄の西宮、武庫川をはじめ大阪駅、少し遠くて下関。元気にゴハチが走り回っていた時代がありました。

琴電 旧型車を並べて

  • Img_0059
    平成10年から出張が多かった四国ですが、何回かは高松に足を運んで琴電を追いました。古い写真がなぜか見つからないので、旧型車が消える数年前からのものばかりです。

RRE様HP掲載一覧

  • 0001601
    ブログ開設以前はRREさんの掲示板への投稿を続けていました。ここに、その投稿画像をまとめましたので、ご笑覧いただければと思います。

島原鉄道2007

  • Img_2046
    去年の3月に出○ついでに諫早駅周辺、島原鉄道、足を少し伸ばして長崎電軌を訪問しました。島原鉄道の一部廃止は残念です。

JR九州の車両たち、諫早駅周辺

  • Img_2023
    ラストランブームになったなは/あかつきもこのころは全然注目されず。九州はいろんな列車があって楽しめます。

長崎は今日も雨

  • Img_2117
    長崎ではすごい雨にあいました。それにもめげず、撮り鉄に励んできました。

名鉄瀬戸線

  • Img_1926
    名鉄瀬戸線に6750系という大手私鉄最後の吊りかけ車が走っていると聞いて訪問しました。2008.03.24

惜別 0系新幹線 

  • 01 相生駅 0系の横顔
    いよいよ平成20年11月末に引退する0系新幹線。山陽路で活躍していた近年の記録です。

四国の気動車

  • 四国は今でも気動車の天国です。その中でも、普通車の運用に供せられる車両を集めてみました。普通車だけにDCより気動車という言い方が似合います。

名鉄にあったレールバス

  • 到着したレールバスからの乗り換え
    名鉄の三河線、猿投の先には西中金まで延びる単線があり、そこには今ではその姿をほとんど見ることが出来ないレールバスがひっそりと走っていました。1987年4月、2Aカレチさんと訪れた記録です。

名鉄揖斐線

  • 512号車内
    1987年4月に2Aカレチさんと名鉄を訪れました。 揖斐線は一時下車した美濃北方駅と黒野駅での写真です。

名鉄の旧型車

  • 103763
    1987年4月 2Aカレチさんと一緒に名鉄を訪れました。 名鉄の本線あたりでもまだまだ吊り掛け車が走っていました。

名鉄岐阜市内線

  • 08
    1987年4月、2Aカレチさんと名鉄を訪れた。岐阜市内線をとりあえず撮影した後、揖斐線へと向かった。

明延鉱山とともに

  • 04_img_0155
    小学生時代、明延鉱山の学校とクラス同士の文通をした。その場所がどこだか全く知らずに居たが1円電車の存在は知っていた。その地を訪れたのは随分大人になってからとなった。

鍛冶屋線~愛と死をみつめて

  • 09_img_0334
    大正12年に全線が開通した鍛冶屋線はJR後の平成2年、その歴史に幕を下ろした。 また、「愛と死をみつめて」で有名なミコこと大島みち子さんはこの沿線の方で、線路を見下ろす小高い岡の上にお墓がある。

EF65 0番台原色+茶ガマ

  • 103_img_2881
    かつて、全国の直流区間ではおなじみだったEF65の0番台も、今では岡山に集結する11機のみである。そのうち、原色を保っているのはわずか4両となった。

かぎろひ歴史探訪

2019年12月 6日 (金)

かぎろひ歴史探訪 粟原寺跡と周辺の古墳

Dsc09675  Dsc09684  Dsc09687

昨日12月5日は、いつもの奈良歩き、秋のかぎろひ歴史探訪の最終回で、朝9時と言ういつもより早い時間に近鉄桜井駅に集合です。バスで粟原と言うところまで行き、そこから坂を上ったところにある粟原寺跡を訪ねます。かなり高いところにある廃寺跡で、奈良時代初期に建てられた大きなお寺ですが、その後の荒廃で今では礎石を残すのみとなっています。寺跡一帯は落ち葉に覆われ、落ち着いた風情が感じられました。

Dsc09703  Dsc09716  Dsc09722

その粟原の里の様子です。大きな家、それもかなりの旧家が多くある豪壮な集落でした。歩く道々もまだ紅葉やススキの原が残っていて、初冬の風に吹かれながらの歴史探訪となりました。

Dsc09702  Dsc09724   Dsc09739

粟原寺跡から、天満神社へ行き、時間の関係から先に田中先生の歴史講座、そして周辺の古墳めぐりと言う流れとなりました。訪れた古墳は越塚古墳と天王山古墳です。いずれも大きな石室を持つ古墳で、特に天王山古墳の石室には立派な家型石棺が当時のまま据えられていて、その大きさに驚きました。

Dsc09711  Dsc09750  Dsc09762

写真は前後しますが、歴史講座は粟原の公民館で行われました。外が寒かったのでこれは助かりましたね。昼からは石位寺、このお寺にある三尊石仏が有名なのですが、残念ながら他所での展示のためおられませんでした。宗像神社の脇には能の宝生流の始まりの地を示す碑がありました。

Dsc09758  Dsc09767  Dsc09770

大きなクスノキは忍坂山口神社のもので、その周囲に人が手をつないで囲むのに8名を要していました。とても立派な木ですね。最後に訪れたので報恩寺という小さなお寺ですが、此処には粟原寺から来たと言われている高さ216cmの大きな阿弥陀仏がおられます。今回特別に拝観させていただき、その丸みを帯びた柔和な表情に癒されてきました。夕暮れも迫った16時頃に出発した桜井駅に戻り、一年間楽しませていただいたかぎろひ歴史探訪のお開きとなりました。⇒その後、恒例の反省会でした。

2019年11月25日 (月)

かぎろひ歴史探訪 宇陀の阿騎野

78550433_2499607293696930_79053896906126  75534910_2499607370363589_66278938407012  76901725_2499607467030246_33228346658274

昨日11月24日は秋の奈良歩き、かぎろひ歴史探訪で奈良の奥座敷、宇陀の阿騎野を訪れました。朝10時に近鉄榛原駅に集合、バスで大宇陀まで移動しました。そこから城山呼ばれる山の上にある松山城へ登ります。これは戦国期に築かれた古城の跡で、江戸時代初めに破却されました。今では絶景の展望を誇る名所のようです。遠く紅葉に包まれた山々が見えます。

73232033_2499607550363571_82821676594542  78451836_2499607657030227_37636585771017  76697273_2499607690363557_53435754738949

山を下りて江戸時代、明治時代からの旧家が残る宇陀の街並みを歩きます。公開されている民家で説明を受けたりしながら、紅葉を愛でつつ次に目指したのは阿騎野のかぎろひの丘です。学生時代の秋に来て以来、46年ぶりのことでしょうか。途中1回くらいは来ているかもしれませんが、よく覚えていません。その時と同じく、佐々木信綱揮毫の万葉歌碑がすくっと建っています。ここでお弁当と歴史講座です。

76732207_2499607920363534_38745690122349  76771520_2499607950363531_62473690884194  77064647_2499608093696850_49947270460190

昼からは、元伊勢と言われる阿紀神社、大亀和尚民芸館やその裏にある松源院香久山古墳、松山城の遺構である西口関門を訪れ、楽しい一日の締めくくりとしました。

2019年11月 8日 (金)

かぎろひ歴史探訪 長弓寺 王龍禅寺

Dsc08947  Dsc08949  Dsc08951

昨日11月7日は、秋の奈良歩き かぎろひ歴史探訪で朝10時前に近鉄富雄駅に集合し、バスで富雄川沿いに北上します。着いたところは生駒市の高山という地区です。ここは竹製品、特に茶筅の里として有名です。高山にある竹林園を訪れ、様々な竹製品の説明を聞き、整備された竹林を散策します。とてもきれいな公園でした。

Dsc08965  Dsc08960  Dsc08972

富雄川沿いに今度は南下していきます。5分ほど歩くと高岡八幡宮があります。ちょうど新車のお祓いをされているところでした。さらに歩きつづけ近鉄北生駒駅も通り過ぎて長弓寺へ向かいます。長弓寺では国宝の本堂の中でご本尊の十一面観音はじめ多くの仏像を拝観できました。これは稀有な体験でした。このような集いに参加させていただいているおかげですね。

Dsc08979  Dsc08981  Dsc08985

その後さらに南下してこのあたりでは珍しい禅宗の王龍禅寺を訪れます。うっそうとした社叢を背景に持った、とても雰囲気のあるお寺です。また、ここは摩崖仏をご本尊としていて、お堂の中で間近に拝観することができました。王龍禅寺へ至る道は桜の樹々で覆われ、ちょうど紅葉も進んできれいな小道でした。

2019年10月25日 (金)

かぎろひ歴史探訪 河合町界隈を歩く

73008095_2468077830183210_19781705052738   73504731_2468077876849872_91861916603195  73372316_2468077936849866_19769410322306

昨日10月24日は秋の奈良歩き、かぎろひ歴史探訪で河合町界隈を歩きました。先ずは河合町役場がある近鉄池部駅から出発します。穴地蔵と呼ばれる地蔵さんを入れるために家形石棺のふたを使った地蔵堂を見て、天神社を訪れ参拝します。

73235804_2468078146849845_89500857674812  72485547_2468078066849853_79011545522110  73148704_2468078200183173_65246803348548

そこからしばらく歩くと素戔嗚神社の向かいにひっそりと長林寺がありました。元は東に塔、西の金堂を配置した大きなお寺だったようで、塔の心礎が残っています。また、堂内には十一面観音がご本尊として安置されているほか、吉祥天や子供のころの聖徳太子像などがありました。これらを全く自由に拝観させていただき、貴重な体験をしました。

73220676_2468078230183170_44589166817034  72947114_2468078363516490_32279834312415

今度は古墳巡りです。中良塚古墳は2段構成の前方後円墳で全長が88mと比較的大きな古墳です。さらに、大塚山古墳は全長135mのこの地域最大の前方後円墳で、どちらの古墳にも立ち入ることができました。特に大塚山古墳は墳丘に竹林が構成され、他の古墳の様子とは少し違う静謐な感じが良かったですね。

73304772_2468078416849818_83674627421304  73475030_2468078390183154_43731087498674  73028104_2468078456849814_51448535648116

さて、さらに歩を進めると官幣大社の廣瀬神社がありました。とても長い参道には立派な社叢があり、厳かな空気感が漂います。そこを出て北上すると宮堂遺跡の発掘現場に当たりました。ここは古墳時代から鎌倉時代辺りまでの遺跡で、少なくとも700年間程度は集落があったところといいますから歴史の厚みがすごいです。雨中の発掘作業、大変だと思いました。帰りは大和側を渡りJR法隆寺駅へ出て解散となりました。

 

2019年10月21日 (月)

かぎろひ歴史探訪 明神山から尼寺廃寺跡

Dsc08627  Dsc08631  Dsc08632

昨日10月20日は秋の奈良歩き、かぎろひ歴史探訪でした。朝10前にJR王寺駅に集合してバスで明神山の近くまで移動です。10月になりましたが暖かい日々が続いていますから、歩いていてもなかなか季節を感じにくかったですが、ふと見たやぶの中に、なんと見事なアケビがありました。

Dsc08639  Dsc08636  Dsc08638

山へ登る前に、住宅街の中にある畠田古墳を訪ねます。これは7世紀の古墳で、このあたりの豪族の墓とみられています。ふた石がないので、石室の中からもその石組をはっきり見ることができます。

Dsc08646  Dsc08655  Dsc08666

さて、この日の目的の明神山へと登っていきます。登り口からしばらくは急坂が続きますが、その後はだらだらとしたゆるい坂となります。275mくらいですから、比較的上りやすい山でしたね。とはいっても、大阪側にも奈良側にも見晴らしがきいて絶景を見ることができました。

Dsc08682  Dsc08684  Dsc08694

昼から山を下りて、国指定の史跡となっている尼寺廃寺跡を訪れました。ここにあった塔の心礎は国内でも最大級、長さ幅ともに3.8mというそのレプリカを見ることができ、ただただ感心するばかりでした。空にはいく本もの飛行機雲が描かれていました。

74627046_2463825970608396_34449054360403  73349261_2463825880608405_76062846677208

これで、この日のかぎろひ歴史探訪が終わりましたが、帰りに有志で東大阪にある花園ラグビー場へ行き、日本と南アフリカの試合、そのはブリックビューイングを見ました。会場は大変なもの上がりとなりましたが、残念ながらの敗戦となりました。

2019年10月11日 (金)

かぎろひ歴史探訪 五条

71771182_2452963735027953_62059918845909  72304324_2452964051694588_89471555346335  71811075_2452964345027892_87576713228147

昨日10月10日は、奈良歩き、秋のかぎろひ歴史探訪で五条を訪れました。朝10時にJR和歌山線の五条駅に集合です。ただ、列車本数が少ないので、ほとんどの方は10時19分到着の和歌山行で来られました。早速歩いて宇智神社へ行きました。宇智という地名は万葉集の「たまきはる 宇智の大野に 馬並めて 朝踏ますらむ その草深野」にあります。さらに、宇智川の崖を降りて摩崖仏を見に行きました。ここは静謐な空間でしたね。

72039103_2452964641694529_17933843949714  72611582_2452964448361215_14261553925592  71960917_2452964545027872_75603389716040

昼からは、お昼ご飯を取ったところの近くにある栄山寺を訪れます。ここは、南朝時代に三代にわたって天皇が在住したところです。ここには小野道風が揮毫したという梵鐘と八角という天皇の権威を示す形に建てられた八角円堂があり、いずれも国宝に指定されています。境内は樹木の伐採や土砂の掘り起こしの最中ですこし荒れた感じだったのが残念です。工事が終わるときれいになるのでしょうね。

71566872_2452964911694502_77049123510859  72053942_2452964751694518_22086905655103

さて、この日のルートは、五条の町から吉野川沿いに歩いていきます。コスモスが咲いているところもあり季節を感じさせてくれましたが、昨日は最高気温30度くらいと、日差しも強くとても10月とは思えない暑さでした。

72703586_2452964955027831_80947307382864  72742544_2452965168361143_63738382831006

再び、五条の街中へ戻り、歴代の唐招提寺住職の隠居寺である金剛寺、さらに幕末の文久3年に起きた天誅組事件の本陣とされた櫻井寺を訪れこの日の歴史探訪を終えました。天誅組はここ五条の代官所を襲ってから気勢を上げて京都へ乗り込むつもりでしたから、幕末の混とんとした空気も五条には流れていたのですね。

2019年9月27日 (金)

かぎろひ歴史探訪 御所町と役行者

Dsc07733  Dsc07741  Dsc07751

昨日9月26日は、奈良歩き、秋のかぎろひ歴史探訪で朝10時に近鉄御所駅に集合しました。ボランティアガイドの方の説明で御所町の中をご案内いただきます。先ずは高札場でいろいろと解説を受けます。御所町の中には風の杜で有名な酒蔵、油長酒造さんがあります。残念ながら、今回は立ち寄りませんでした。

Dsc07759  Dsc07760  

御所町の古民家のひとつ中井邸で江戸時代、幕末から明治にかかる貴重な資料を拝見しました。町の方々、とても親切ですね。また昔の郵便局の建物もあり、御所町自体が近い将来歴史的建物が集まった地域として登録されるようです。

Dsc07765  Dsc07768  Dsc07770  

葛城公園での昼食後、田中先生の歴史講座があり、昼からは御所町の中にある浄土真宗本願寺派の円照寺へ伺います。とても大きな本堂は京都の本願寺に通じます。また、境内にある御所柿の木には実もたわわに実っていました。ここは有名な御所柿の発祥の地でもあります。

Dsc07773  Dsc07786

御所町を抜け、役行者が生まれたと言われる吉祥草寺へ伺います。お堂の中では般若心経が流れます。堂内に最近はやっている萌えキャラのパネルがあったのも今風でしょうか。最後に(実在が議論されている)6代天皇である考安天皇陵を訪ねてこの日のコースを終えました。

さて、今日からしばらく旅に出ます。ブログ更新は帰ってからの更新となります。FBでは逐次配信していきますが。

2019年9月13日 (金)

かぎろひ歴史探訪 巻向から唐子・鍵遺跡へ

70242700_2428033224187671_60436637287826  70203183_2428033270854333_74252566666873

昨日9月12日は、秋の奈良歩き、かぎろひ歴史探訪の始まりの日となりました。一昨日の夏の湿った空気から一変した秋の風が吹く爽やかな奈良歩きとなりました。朝10時にJRまほろば線、元の桜井線ですね、その巻向駅に集合し、まずはその近くの纏向遺跡へ向かいます。

70742660_2428033317520995_34224331578304  70146072_2428033414187652_16043444459798  69972225_2428033584187635_33547303814577

纏向遺跡は卑弥呼の邪馬台国の候補地としてクローズアップされていて、発掘は進められているものの、まだ全体の5パーセントくらいしか明らかになっていないとのこと。これからどんな発見が待っているのでしょうね。さらに、その周辺には3世紀、卑弥呼の時代に近いころの前期古墳石塚古墳、勝山古墳、矢塚古墳、東田大塚古墳などで点在しています。今ではそれらは私有地となっていますが、なんで古墳が私有地なのか?国民の財産ではないかと思うのですが、そこはようわかりませんね。

70691708_2428033747520952_12959366355940   71022190_2428033834187610_41700063392143  70150123_2428033874187606_65739359990579

お昼は川沿いの公園で田中先生の歴史講座。先生だけ立ったままで、本当申し訳ないことです。ここでも風が爽やかでしたね。昼からは村屋坐弥富都比売神社、池坐朝霧黄幡比売神社などの古社を訪ねました。

70766348_2428034000854260_60392606786346  70927311_2428034037520923_50072906113388  69988242_2428033977520929_32878181195857

この日の最終目的地は、田原本町にある唐子・鍵遺跡です。弥生時代前期(紀元前6世紀)から後期(紀元3世紀)くらいまで栄えた大きな環濠集落跡です。いろいろな埋蔵物から、全国の物品がここに集まっていたことがわかっています。当時の日本の一大物流基地となっていたようです。そこから邪馬台国へという単純ではないですが、勢力の集合という点では、無視できない規模であることは間違いないようです。

最後の一枚は、遠く二上山から葛城山、金剛山の連なりを見たものです。もうすっかり秋の空になっている、、、のかな。

2019年7月 9日 (火)

かぎろひ歴史探訪番外編 長岡京

Dsc06363  Dsc06365  Dsc06374

昨日7月8日は、かぎろひ歴史探訪・番外編で長岡京を歩きました。いつもお世話になっている方々をお誘いして、小生が案内する、エッヘン‼ 番外編です。朝10時にJR長岡京駅に集合していただき歩き始めます。JR長岡京駅は以前は神足駅という名前だったのですが、その由緒となる神足神社や乙訓地域で一番大きな古墳の恵解山古墳をまわるなど、歴史散策を楽しみました。

Dsc06376  Dsc06378  Dsc06380

とは言うものの、長岡京をまわるという企画の発端は、サントリー京都工場、そこのビール工場見学が目的です。13時45分の見学コースを申し込んでいて、12名で伺いました。工場への移動はバスで行きます。このあたりからもうわくわくしますね。見学コースでは、大きなヴィジョンでわかりやすく説明していただきました。

Dsc06382  Dsc06388  Dsc06392

これはビールの麦汁を造る釜ですね、中をのぞくことができました。また、瓶詰工程も面白かったです。見学後の試飲コーナーでは、プレミアム・モルツの他、香るエール、マスターズドリームをいただきます。それもたっぷりです。小さなグラスでの試飲ではなく、ちょっとおしゃれなお店なら生中で十分な量をそれぞれいただきます。試飲タイムが20分ほどと短めだったのが残念でしたが、もう十分いただきました。

2019年6月27日 (木)

かぎろひ歴史探訪と鉄道 続き

0502dsc05193  0502dsc05286

昨日の続き、今年のかぎろひ歴史探訪春のコースで歩いたときの鉄道との出会いをまとめて居ます。5月2日は近鉄榛原駅から歩きはじめました。ちょうどやってきた近鉄特急です。この日は、最後は室生口大野駅まで行きました。そこで乗る電車を待っていると伊勢志摩ライナーのイエローが通過していきました。

0526dsc05703  0526dsc05708

5月26日は近鉄吉野線の飛鳥駅に集合です。乗ってきた吉野行き急行を見送ります。早めに行って駅の北側にある踏切で撮影です。次の急行がやってくるまで待ちました。鋭いカーブなので編成のすべてまでは入りません。

0616dsc06229  0616dsc06293

6月16日は近鉄西大寺から西の京へ向けて歩いています。西大寺駅は近鉄京都線と奈良線が交差しているので、ひっきりなしに電車がやってきます。2階建ての微スターカーを編成に含む特急です。西ノ京近くへ来ると田園風景も広がります。田植えのために水を張った田圃に電車が写り込みます。

梅雨に入り、台風もどきもやってくるとか、昼から阪神間も強い雨域に入るようで、今日は部屋でじっとしていようと思います。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

2019四国の旅 JR貨物 Jフィル MIZUMO T-ストリングス かぎろひ歴史探訪 その他 みちのくひとり旅 やまとんくらぶ アイチャンオケ アミーキティア管弦楽団 アンサンブル ラ・ピアチェーレ アンサンブル・アルビレオ アンサンブル・コスモリバティ アンサンブル・ジョワン アンサンブル・ツヴァイ アンサンブル・フリー アンサンブル・ミンネン アンサンブル・ヴィオ ウォーキング鉄 オルガンコンサート オーケストラ・アンサンブル・フォルツァ オーケストラ・クラシック オーケストラ・ソノリテ オーケストラ・ノインテ オーケストラ・ブラヴォー! オーケストラ・ポミエ オーケストラ千里山 オーディオ カメラ カンマーフィルハーモニー京都 カンマーフィルハーモニー神戸 クラシックサロン・アマデウス クラシック音楽 クランクレーデ クレセント室内アンサンブル クレー管弦楽団 グッド・シーズン・アンサンブル グルメ コレギウム・ヨハネス コレギウム夙川管弦楽団 シンフォニア・スピカ セント・マーティン・オーケストラ ゾンアーベント・アンサンブル タリヘーレ四重奏団 ダムカード テレマン室内オーケストラ ディスクユニオン ドイツ紀行 ニイジマ・キネン・オーケストラ ニュージーランド鉄道 ハイマート交響楽団 ハイマート合唱団 バス バッハクライス神戸 バンブスアンサンブル パソコン ファゴット・フェスティバル フェニックスフィル フォンス・フローリス古楽院 プロ野球 ホール・バルティカ ミモザの会 ミュー室内管弦楽団 メイプルフィル ライブカメラ ラグビー ワンコイン市民コンサート ヴェデルニコフ 万葉 三宝鉄道 上甲ウィンドシンフォニー 上甲子園中学吹奏楽部 交響楽団ひびき 京急 京成 京王 京都フィロムジカ管弦楽団 京都プレザントオーケストラ 京都大学交響楽団 京都工芸繊維大学交響楽団 京阪 伊予鉄 伊予鉄道 伊豆急行 信濃の旅 八尾フィル 六甲フィル 兵庫医科大学医療大学合同オーケストラ_ 兵庫芸術文化センター管弦楽団 切符 初演企画 北摂フィル 北総 千里フィルハーモニア・大阪 南海 卯之町 叡山電車 合唱団 名鉄 吹奏楽 吹奏楽団 吹田市交響楽団 四国詣で 土佐くろしお鉄道 土佐日記 土佐電 地下鉄 堺フィル 夢の国 ニュージーランド 大井川鉄道 大阪センチュリー交響楽団 大阪フィルハーモニー交響楽団 大阪フロイデ合唱団 大阪メトロ 大阪モーツァルトアンサンブル 大阪交響楽団 大阪市営交通局 大阪市営地下鉄 大阪市民管弦楽団 大阪芸術大学管弦楽団 天理シティオーケストラ 奈良女子大管 奈良歩き 学園都市交響楽団 宝塚響 富士急行 寝屋川市民管弦楽団 小田急 尼崎市吹奏楽団 尼崎市民交響楽団 尼崎弦楽アンサンブル 居酒屋 山陽 岡山電軌 嵐電 川西市民オーケストラ 幻想フィル 広島電鉄 廃線跡 待兼交響楽団 指揮者 新京成 新幹線 旅行 日本センチュリー交響楽団 最近のCD 最近のLP 東京佼成ウィンドオーケストラ 東急 東武 枚方フィル 樹フィル 武庫川女子大学音楽学部 水族館 水間鉄道 江ノ電 父親のアルバムから 甲南大学OB交響楽団 甲南大響 甲南女子大学管弦楽団 白黒懐かし画像 相愛フィルハーモニア 相鉄 神戸アンサンブルソロイスツ 神戸大学響 神戸市地下鉄 神戸電鉄 神戸高校OBオーケストラ 福井鉄道 私の名盤シリーズ 箕面コンセルト室内合奏団 紫苑交響楽団 美術 聖ソフィア・バラ合唱団/合奏団 能・狂言 能勢電 芦屋交響楽団 芦屋室内合奏団 若林顕 落語 蒸気機関車 藤井貴宏 衣笠交響楽団 西宮交響楽団 西宮探訪 西武 見仏 豊中市民管弦楽団 豊橋鉄道 近江鉄道 近畿フィルハーモニー管弦楽団 近鉄 遠州鉄道 鉄道 長岡京市民管弦楽団 長崎電軌 長楽庵 関西グスタフ・マーラー交響楽団 関西フィルハーモニー管弦楽団 関西医科学生交響楽団 関西大学交響楽団 関西学院交響楽団 関西SPレコード愛好会 阪堺電車 阪急 阪神 阪神タイガース 阪神フィル 静岡鉄道 須磨フィル 飛行機 高松琴平電鉄 高槻フィル 高槻室内管弦楽団 龍谷大学交響楽団 JR四国 JR東日本 JR東海 JR西日本

フォト

掲示板

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ