国鉄奈良機関区

  • Photo_7
    昭和46年に奈良機関区を訪ねています。変わりやすい天気で、晴れていると思ったら急に雨が降ってきて大変な日でした。

THE 大阪駅~特急編~

  • 16
    中高生のころ、大阪駅はまだ日常の中にはなく、特急列車を撮りに行く特別な場所であった。栄光の時代が残っていた大阪駅に発着する特急列車の姿を封じ込めました。

THE 大阪駅~急行編~

  • 1258
    大阪駅に発着する急行を集めてみました。行き先によっては、ディーゼルカーの急行もあり、思えば楽しい駅だったのですね。ご興味の方は写真帖のずっと下にある「甲子園口急行物語」もご覧ください。

昭和45-47年の天王寺駅

  • キハ58 きのくに
    天王寺駅は単に竜華や奈良方面、阪和方面への乗り換え駅だったが、紀勢線ホームは頭端駅として有名だった。 時折、乗り換えの途中、駅撮りなどしていたようだ。

竜華・昭和46年

  • Photo_3
    昭和46年に数回に分けて竜華へ出陣しています。当時の関西線はローカルそのもの、まだまだ煙も多く残っていました。

甲子園口(その周辺)急行物語

  • Photo_7
    甲子園口西方の踏切があったあたり、そのもう少し西側の日通の倉庫前あたりは友人たちとのたまり場でした。陽が暮れるまで電車の通過を楽しんでいました。

京都駅残照・昭和45年前後

  • Photo_3
    昭和45年当時、京都駅へ行く機会は限られていたが、その中で残していた写真の中からいくつかを抜粋した。 京都の寺社、観光地に興味を持つのはもう少し後になった。

西宮を走った国鉄電車特急・昭和45年頃

  • Photo_2
    国鉄時代、地元西宮でもいろいろな電車特急が走っていた。 そのすべてではないが、手元に残る写真のうちからいくつかを抜粋した。

あぁ上野駅 昭和46年

  • 特急やまびこ
    初めて東京へ行った昭和46年、昔の風情の残る上野駅に間に合いました。

神戸市電 最後の日

  • 星電社前
    1971年3月に神戸市電は歴史を閉じました。その最終日に神戸市内の各所で写真に収めましたが、思えば震災前の神戸の街も封じ込めたことになりました。

東海道のんびり行

  • 24
    昭和49年5月に、当時まだ走っていた急行桜島・高千穂に乗って、のんびり東海道を東上しました。そのときの車窓風景をまとめました。

京阪滝井駅 昭和50年

  • Photo_2
    京阪電車は今年、中ノ島新線の開通や電車の塗装変更、さらに往年の名特急1900系の引退と話題に事欠きませんが、ごく普通に走っていた昭和50年の滝井駅の様子はこんな感じでした。

昔日の近江鉄道

  • Photo_4
    近江鉄道は、学生時代からの万葉旅行会で近江蒲生野へ行くときに撮影した程度だった。これはその一連の名残である。 「茜さす紫野行き標野行き野守りは見ずや妹が袖ふる」

マンモス機 EH10

  • 04
    国鉄が作った最大最強のマンモス電気機関車EH10。 今でこそ、8軸の電機はいろいろあるけれど、目に焼きついているのはこの機関車だ。

京都市電

  • 2607
    京都へ行くと市内の移動はたいてい市電だった。 市電だと京都初心者にもわかりやすかった。 たまにバスに乗るとぐるっと市内の引き回しにあったり、とんでもない方向へ走ったりと痛い目に会ったからだ。

きーんてーつ特急

  • Photo_11
    70年代の近鉄特急の白黒写真を集めてみました。点数も少なく恐縮ですが、関西には少ない観光特急の雰囲気だけでも伝えたい。おまけにあおぞら号も何枚か。

近鉄、ちょっと前の車両たち

  • 1413
    1980年代に撮った近鉄の一般車両の中からチョイスしてみた。少し小さいというだけで、なんだか親しみを感じる車両の面白さもある。

野上電鉄、廃止3週間前

  • キハ28
    1994年3月末をもって廃止された野上電鉄を、廃止3週間前に友人の2Aカレチさんと訪れた。併せて周辺の鉄道へも足を運んだので、藤並駅でみた有田鉄道のキハをおまけに追加した。

阪神5314F 愛

  • Img_6204
    阪神電車最古参の5314Fは5550Fの新規参入によっていよいよ引退の時期を迎えた。この前パン貫通幌を持つ古き阪神電車の顔を残す編成を追いかけた。

ゴハチ

  • 16ef58
    今も人気のEF58ばかりを集めました。近所鉄の西宮、武庫川をはじめ大阪駅、少し遠くて下関。元気にゴハチが走り回っていた時代がありました。

琴電 旧型車を並べて

  • Img_0059
    平成10年から出張が多かった四国ですが、何回かは高松に足を運んで琴電を追いました。古い写真がなぜか見つからないので、旧型車が消える数年前からのものばかりです。

RRE様HP掲載一覧

  • 0001601
    ブログ開設以前はRREさんの掲示板への投稿を続けていました。ここに、その投稿画像をまとめましたので、ご笑覧いただければと思います。

島原鉄道2007

  • Img_2046
    去年の3月に出○ついでに諫早駅周辺、島原鉄道、足を少し伸ばして長崎電軌を訪問しました。島原鉄道の一部廃止は残念です。

JR九州の車両たち、諫早駅周辺

  • Img_2023
    ラストランブームになったなは/あかつきもこのころは全然注目されず。九州はいろんな列車があって楽しめます。

長崎は今日も雨

  • Img_2117
    長崎ではすごい雨にあいました。それにもめげず、撮り鉄に励んできました。

名鉄瀬戸線

  • Img_1926
    名鉄瀬戸線に6750系という大手私鉄最後の吊りかけ車が走っていると聞いて訪問しました。2008.03.24

惜別 0系新幹線 

  • 01 相生駅 0系の横顔
    いよいよ平成20年11月末に引退する0系新幹線。山陽路で活躍していた近年の記録です。

四国の気動車

  • 四国は今でも気動車の天国です。その中でも、普通車の運用に供せられる車両を集めてみました。普通車だけにDCより気動車という言い方が似合います。

名鉄にあったレールバス

  • 到着したレールバスからの乗り換え
    名鉄の三河線、猿投の先には西中金まで延びる単線があり、そこには今ではその姿をほとんど見ることが出来ないレールバスがひっそりと走っていました。1987年4月、2Aカレチさんと訪れた記録です。

名鉄揖斐線

  • 512号車内
    1987年4月に2Aカレチさんと名鉄を訪れました。 揖斐線は一時下車した美濃北方駅と黒野駅での写真です。

名鉄の旧型車

  • 103763
    1987年4月 2Aカレチさんと一緒に名鉄を訪れました。 名鉄の本線あたりでもまだまだ吊り掛け車が走っていました。

名鉄岐阜市内線

  • 08
    1987年4月、2Aカレチさんと名鉄を訪れた。岐阜市内線をとりあえず撮影した後、揖斐線へと向かった。

明延鉱山とともに

  • 04_img_0155
    小学生時代、明延鉱山の学校とクラス同士の文通をした。その場所がどこだか全く知らずに居たが1円電車の存在は知っていた。その地を訪れたのは随分大人になってからとなった。

鍛冶屋線~愛と死をみつめて

  • 09_img_0334
    大正12年に全線が開通した鍛冶屋線はJR後の平成2年、その歴史に幕を下ろした。 また、「愛と死をみつめて」で有名なミコこと大島みち子さんはこの沿線の方で、線路を見下ろす小高い岡の上にお墓がある。

EF65 0番台原色+茶ガマ

  • 103_img_2881
    かつて、全国の直流区間ではおなじみだったEF65の0番台も、今では岡山に集結する11機のみである。そのうち、原色を保っているのはわずか4両となった。

かぎろひ歴史探訪

2018年6月10日 (日)

旧土佐藩邸 土佐稲荷神社とマンモスアパート

先日、写真展にお越しいただいた奈良歩き、かぎろひ歴史探訪の皆さんをご案内した土佐稲荷神社とマンモスアパートですが、ブログで素通りするにはもったいないくらい歴史的な価値がありますので、本日のネタとしてご紹介いたします。

Dsc08202_4Dsc08200今の西区、カツオ座橋の交差点から南西の区画の広く土佐藩邸がありました。土佐稲荷神社は、伏見稲荷神社から分祀されたのが創建のようです。その日の私のテキストから転載します。

長堀川畔の土佐藩蔵屋敷に古くから鎮座していた。天正年間の創建とも、明和7年(1770年)に伏見稲荷を勧請したものとも伝わる。享保2年(1717年)、藩主山内豊隆が社殿を造営して蔵屋敷の鎮守社とし、一般の参拝を許した。以来、山内家は参勤交代で大坂を通る際には必ず当社に参拝し、社殿の修繕は藩費で行われた。

明治初年、土佐藩は藩の借金を肩代わりする代わりに、所有する艦船などとともに蔵屋敷も岩崎弥太郎に譲り渡した。岩崎弥太郎は当地で事業を営み、三菱の発祥の地となる。境内のいたるところに三菱のマークがある。

Dsc08197Dsc08198その土佐稲荷神社の東側にあるのがマンモスアパートとして知られた昭和33年竣工の公団住宅です。これもその日のテキストから転載します。

今や隣接する高層マンションから見下ろされるような具合で、どこがマンモスやねん!と言われているかもしれませんね。

1958年(昭和33年)竣工の日本住宅公団による都市型高層住宅の第1号。日本住宅公団は、当時、将来的に住宅の高層化が必要とされると考え、これから建設が進むであろう高層住宅の試金石として、晴海団地高層アパートとともにこの西長堀アパートを建設した。外壁には無数の小窓が整然と並び、オフィスビルを思わせる外観となっている。

初期の家賃は2DK16,500円であり、当時の大卒初任給の1.4倍であった。この住宅には著名人の居住も多く、作家の司馬遼太郎や女優の森光子、当時プロ野球選手だった野村克也や作詞家の石浜恒夫などが居住していた。司馬遼太郎は土佐稲荷神社が眼下に見えるこのアパートで「龍馬が行く」を執筆した。

 

 

2018年6月 8日 (金)

大阪市内歴史探訪 西区編

Dsc08191今日は、弊方写真展に、奈良歩き、かぎろひ歴史探訪の方々がご来場されるというので、会場で一服していただいた後は、大阪市内、それも西区にある名所旧跡、その他滅多に行けないところへご案内申し上げた次第です。先ずは、長楽庵から歩いて10分ほどの、和光寺、あみだ池です。

Dsc08199次に、土佐稲荷神社とマンモスアパートを紹介しました。もとの土佐藩の屋敷を岩崎弥太郎が藩から譲り受け、それをもとに三菱商会を興して、現在の三菱の土台を築くきっかけとなったところです。境内のあっちこっちに三菱各社からの寄付を示す石柱の他、神社の紋がスリーダイヤでした。

Dsc08212そのあと、千代崎を経て、九条島の産土神社である茨住吉神社を参拝し、近くの松島遊郭を歩きました。いまも、営業中のお店がずらりと並ぶ様子は壮観です。21世紀に入り、来年には平成時代も終わろうとしている世の中に背を向けて、ここでは昭和33年3月末日で時計が停まっているかのようでした。

Dsc08220九条から、安治川を越えて西九条へ向かいます。安治川を渡るのは、日本最初の沈埋トンネルとして建設された安治川トンネルを通りました。ここは川底14メートルのところを歩いて渡ります。このころには雨が凄い降り方になってきましたが、無事に西九条の居酒屋へ到達し、本日のねぎらいの会となった次第です。二次会は、野田阪神の五右衛門、これも定番となりつつあります。

2018年6月 7日 (木)

かぎろひ歴史探訪 葛城氏の系譜

Image1_jpeg梅雨に入った翌日、今年の奈良歩き、かぎろひ歴史探訪も今日が最終回となりました。朝10時に近鉄南大阪線の二上神社口駅に集合して、二上山の奈良川のふもとを歩きます。集合の前に、駅の北側でしばらく近鉄電車を撮影しました。これがなかなか貴重な時間なのですね。

Image2_jpeg今日の歴史探訪は、言わば、葛城氏の系譜でしょうか。仁徳天皇から武烈天皇に至る系譜を葛城の山すそに求めて歩きました。先ずは、加守神社と加守廃寺跡を訪ね、葛城氏の始祖を思います。二上山はその名の通り、独立峰ながら、頂上をふたつ持つ山で、奈良のどこからでも遠望できますね。

Image3_jpeg二上山ふるさと公園で昼食とした後、相撲に負けて力士が腰を折ったという腰折田という遺跡、古墳の石棺の一部が端に使われたという阿弥陀橋、阿日寺、巨大な狐井城山古墳、福応寺と巡って、本日の奈良歩き、かぎろひ歴史探訪が終わりました。次は、秋の回が9月から始まります。

2018年5月10日 (木)

かぎろひ歴史探訪 矢田丘陵 地蔵の道を歩く

Dsc07999初夏らしい快晴となった本日、奈良歩き、かぎろひ歴史探訪で、矢田丘陵を歩きます。生駒、信貴山の連なりのすこし東側に小高い丘陵があり、自然と歴史が積み重なっている場所ですね。先ずはバスで霊山寺へ向かいます。有名なバラ園に行く方々も多く、バスは満員で発車しました。

Dsc08013霊山寺では、満開のバラ園を楽しみました。その中に見つけた真っ赤な大輪のバラは、その名前もマリア・カラスでした! 晩年に来日し、そのステージでの真紅のドレスの色が脳裏によみがえります。ここからアップダウンの山道を楽しみながら、江戸時代の本陣村上家、東明寺、矢田寺と回ります。

Dsc08044今日歩いた矢田丘陵は、まさに地蔵の道でした。いくつも出会った野仏に癒されます。最後は、天磐船で空を駆けたニギハヤヒを祀り、航空の神さまとして篤く信仰されているという矢田坐久志玉比古神社へお参りし、いつものように反省会へと向かいました。

2018年4月19日 (木)

かぎろひ歴史探訪 上つ道

Dsc07604今日は春の奈良歩き、かぎろひ歴史探訪で、朝10時にJR桜井線の長柄駅に集合です。
長柄から古代の道、上つ道を歩きます。上つ道は古墳銀座と言っていいくらい古墳時代初期の古墳がその沿道に集中しています。

Dsc07659まずは大和神社に立ち寄った後、馬口山古墳、フサギ古墳、ヤハギ古墳、弁天塚古墳を訪問した後、多くの鏡を出土した黒塚古墳でお昼とお勉強です。
昼からはさらにいくつかの古墳をめぐり、邪馬台国の女王、卑弥呼の館跡と言われる纏向遺跡まで来ました。

Dsc07679_2Dsc07696纏向遺跡の発掘成果で、邪馬台国論争も大きく大和節に傾きましたね。確かに、周囲より一段高い場所、古い河川敷から外れているなど、安定した地面が感じられました。
遺跡はJR桜井線のそばなので、105系と合わせて撮影しました。来年から再来年にかけて105系も淘汰され新車と入れ替わります。

2018年4月 5日 (木)

かぎろひ歴史探訪 葛城古道

Dsc07257Dsc07259今日は春のかぎろひ歴史探訪、その2回目という事で、朝9時半に近鉄御所駅に集合し、バスで風の森まで行きました。お酒の名前にもなっている風の森はどんなところだろうと興味深々、まずは金剛山に沿って山沿いを上がっていきました。

Dsc07270Dsc07292葛城古道には、多くの古社があり、その中の高鴨神社へ向かいます。境内の桜ももう散り終りそうな感じ、池の面が花びらで埋まっていました。極楽寺でお昼をとらせてもらいました。

Dsc07300Dsc07311これは、葛城山です。昼からはだんだんお天気も良くなってきて、山の元気をもらいました。最後は銘酒百楽門で有名な葛城酒造さんに行きつき、その美酒を蔵内で少しだけいただきました。爽やかな春の一日を楽しみましたよ。

2018年3月22日 (木)

かぎろひ歴史探訪 唐招提寺あたり

Dsc01262Dsc01292今日は、春の奈良歩き、かぎろひ歴史探訪で、朝10時に近鉄尼ヶ辻駅に集合でした。
ここから、歩いてすぐの垂仁天皇陵を回り、西方院という唐招提寺の奥の院へ向かいます。
ここには、快慶作という阿弥陀さんがおられます。ご住職のお話とともに拝ませていただきました。

Dsc01311Dsc01317ここからはもう何十年ぶりかの唐招提寺に入ります。金堂、講堂、御廟、鼓楼など、ほとんどが国宝という伽藍です。
御影堂は現在改修中ということで、ここだけは入れません。

Dsc01349Dsc01356昼からは、入江泰吉の写真集などで有名な勝間田の大池からの見越しの薬師寺の西塔と金堂です。東塔は改修のため、覆いがかかっています。工事が完了したら若草山を背景とした景色が蘇るでしょう。
最後に、三松禅寺で達磨さんの大きな絵を見て、今日のコースを終えました。

51isgrlhhxl__sx349_bo1204203200_西村京太郎 神戸電鉄殺人事件 新潮文庫/読了・・・・・・・この表紙の写真をお知り合いの鉄道仲間の方が提供されたという事で、即買いした一冊です。これは、神戸電鉄の有馬温泉駅から有馬口へ向かう電車を正面から撮影したもので、この区間の林の深さがよくわかります。しかも、神戸電鉄1000系列のいかにも電車というフェイスがいいですね。さらに、よく見ると前パンの車両だし、goodです。本の表紙に採用されたなんて、素晴らしいですね。

中に書いてあることは、まぁ、この作家のことですから、言わずもがなです。

2018年2月 3日 (土)

かぎろひ歴史探訪 番外編 羽曳野、藤井寺

2昨日、2月2日は、いつもお世話になっているかぎろひ歴史探訪の皆さんをお誘いして、羽曳野の上ノ太子駅近くにある終末期古墳、観音塚古墳をご案内した後、竹内街道を歩き、式内社の飛鳥戸神社などを巡る歴史散歩をしてきました。観音塚古墳は、高松塚古墳と似たその精緻な構造に皆さん驚きの声があり、堪能いただけたようです。

Dsc00343観音塚古墳は、ぶどう畑がある山の中腹にあり、急な階段を登らなければなりません。階段は登るのはしんどいものの危険は少ないのですが、降りるほうが却って危ないものです。皆さん、手すりをもちながらの下山となりました。向かいの山にも多くのブドウ畑が点在しています。

5この街道沿いには見どころが多く、また、河内ワインの工房がいくつもあって、その中の河内ワイン館では、工場の見学、ワインの試飲をはじめ、大変お世話になりました。特に急なお願いにも関わらず、お弁当をいただく場所もご提供いただき、ずいぶん助かりました。帰りにワインをたくさん買い求めたことは言うまでもありません。

2017年12月14日 (木)

南海高野線とJR和歌山線 かぎろひ歴史探訪から

Dsc09649先週、12月7日は今年最後の奈良歩き、かぎろひ歴史探訪でしたが、奈良の皆さんの多くは王寺駅から和歌山線の電車で集合場所の大和二見駅に向かわれたのですが、小生は新今宮で南海に乗り換えて橋本で和歌山線に乗り換えるルートを選択しました。河内長野駅での6000系とこうや号。

Dsc09654橋本では南海からJRへの乗り換えになりますが30分ほど時間がありました。駅前には、今夏の台風で普通になっている高野線高野下駅~極楽橋駅間を補完する高野山行きのバスがずらりと待っています。30分ヘッドくらいで走っているようです。

Dsc09664橋本から集合場所の大和二見までは和歌山線の105系に乗っていきます。105系はみんなこの青色に塗られてしまったようですね。下兵庫、隅田の区間はすぐだったのですが、隅田-大和二見間はかなりの距離を走りました。

2017年12月 7日 (木)

かぎろひ歴史探訪 五條

Image1_jpeg朝からピーカンの晴天となった本日、今年最後の奈良歩き、かぎろひ歴史探訪、奈良五條に行って来ました。その前に、南海の橋本駅で下車し、 犬養孝先生の真土山の歌碑にご対面です。久し振りのことですね。著作のノートから採ったという字体ですが懐かしいです。

Image3_jpegさて、 朝10時30分に和歌山線の大和二見駅に集合し、そこから転法輪寺へ行き、ご住職の講話と田中先生の歴史講座を聞いて、お昼ご飯です。講堂でお茶まで出していただきました。そして、昼から黒駒古墳、黒駒の御霊神社、井上皇后陵、他戸親王墓、霊安寺の御霊神社を経て、五條駅まで戻りました。

Image4_jpeg一応のスケジュールを終えて、最後は五条駅から近くの銘酒「五新」で有名な五條酒造さんで反省会です。皆さん、事前に肴を用意しての楽しいひと時でした。
今日は風も心地よく、清々しい気持ちで奈良歩きを楽しめました。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

JR貨物 | Jフィル | MIZUMO | T-ストリングス | かぎろひ歴史探訪 | その他 | やまとんくらぶ | アンサンブル ラ・ピアチェーレ | アンサンブル・アルビレオ | アンサンブル・コスモリバティ | アンサンブル・ジョワン | アンサンブル・ツヴァイ | アンサンブル・フリー | アンサンブル・ミンネン | アンサンブル・ヴィオ | ウォーキング鉄 | オルガンコンサート | オーケストラ・アンサンブル・フォルツァ | オーケストラ・クラシック | オーケストラ・ソノリテ | オーケストラ・ノインテ | オーケストラ・ブラヴォー! | オーケストラ・ポミエ | オーケストラ千里山 | オーディオ | カメラ | カンマーフィルハーモニー京都 | カンマーフィルハーモニー神戸 | クラシックサロン・アマデウス | クラシック音楽 | クランクレーデ | クレセント室内アンサンブル | クレー管弦楽団 | グッド・シーズン・アンサンブル | グルメ | コレギウム・ヨハネス | コレギウム夙川管弦楽団 | セント・マーティン・オーケストラ | ゾンアーベント・アンサンブル | タリヘーレ四重奏団 | ダムカード | テレマン室内オーケストラ | ディスクユニオン | ドイツ紀行 | ニイジマ・キネン・オーケストラ | ニュージーランド鉄道 | ハイマート交響楽団 | ハイマート合唱団 | バス | バッハクライス神戸 | バンブスアンサンブル | パソコン | フェニックスフィル | フォンス・フローリス古楽院 | ホール・バルティカ | ミモザの会 | ミュー室内管弦楽団 | メイプルフィル | ライブカメラ | ラグビー | ワンコイン市民コンサート | ヴェデルニコフ | 万葉 | 三宝鉄道 | 上甲ウィンドシンフォニー | 上甲子園中学吹奏楽部 | 交響楽団ひびき | 京急 | 京成 | 京王 | 京都フィロムジカ管弦楽団 | 京都プレザントオーケストラ | 京都大学交響楽団 | 京都工芸繊維大学交響楽団 | 京阪 | 伊予鉄 | 伊予鉄道 | 伊豆急行 | 六甲フィル | 兵庫医科大学医療大学合同オーケストラ_ | 兵庫芸術文化センター管弦楽団 | 切符 | 初演企画 | 北摂フィル | 北総 | 南海 | 卯之町 | 合唱団 | 吹奏楽 | 吹奏楽団 | 吹田市交響楽団 | 四国詣で | 土佐くろしお鉄道 | 土佐日記 | 土佐電 | 地下鉄 | 堺フィル | 夢の国 ニュージーランド | 大井川鉄道 | 大阪センチュリー交響楽団 | 大阪フィルハーモニー交響楽団 | 大阪フロイデ合唱団 | 大阪モーツァルトアンサンブル | 大阪交響楽団 | 大阪市営交通局 | 大阪市営地下鉄 | 大阪市民管弦楽団 | 大阪芸術大学管弦楽団 | 奈良女子大管 | 学園都市交響楽団 | 宝塚響 | 富士急行 | 寝屋川市民管弦楽団 | 小田急 | 尼崎市吹奏楽団 | 尼崎市民交響楽団 | 尼崎弦楽アンサンブル | 居酒屋 | 山陽 | 岡山電軌 | 嵐電 | 川西市民オーケストラ | 幻想フィル | 広島電鉄 | 廃線跡 | 待兼交響楽団 | 指揮者 | 新京成 | 新幹線 | 旅行 | 日本センチュリー交響楽団 | 最近のCD | 最近のLP | | 東急 | 東武 | 枚方フィル | 樹フィル | 武庫川女子大学音楽学部 | 水族館 | 水間鉄道 | 江ノ電 | 父親のアルバムから | 甲南大学OB交響楽団 | 甲南大響 | 甲南女子大学管弦楽団 | 白黒懐かし画像 | 相鉄 | 神戸アンサンブルソロイスツ | 神戸大学響 | 神戸電鉄 | 神戸高校OBオーケストラ | 福井鉄道 | 私の名盤シリーズ | 箕面コンセルト室内合奏団 | 紫苑交響楽団 | 美術 | 聖ソフィア・バラ合唱団/合奏団 | 能勢電 | 芦屋交響楽団 | 芦屋室内合奏団 | | 若林顕 | 落語 | 蒸気機関車 | 藤井貴宏 | 衣笠交響楽団 | 西宮交響楽団 | 西宮探訪 | 見仏 | 豊中市民管弦楽団 | 豊橋鉄道 | 近江鉄道 | 近畿フィルハーモニー管弦楽団 | 近鉄 | 遠州鉄道 | 鉄道 | 長岡京市民管弦楽団 | 長崎電軌 | 長楽庵 | 関西グスタフ・マーラー交響楽団 | 関西フィルハーモニー管弦楽団 | 関西医科学生交響楽団 | 関西学院交響楽団 | 関西SPレコード愛好会 | 阪堺電車 | 阪急 | 阪神 | 阪神タイガース | 静岡鉄道 | 須磨フィル | 飛行機 | 高松琴平電鉄 | 高槻室内管弦楽団 | | 龍谷大学交響楽団 | JR四国 | JR東日本 | JR東海 | JR西日本

フォト

掲示板

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ