国鉄奈良機関区

  • Photo_7
    昭和46年に奈良機関区を訪ねています。変わりやすい天気で、晴れていると思ったら急に雨が降ってきて大変な日でした。

THE 大阪駅~特急編~

  • 16
    中高生のころ、大阪駅はまだ日常の中にはなく、特急列車を撮りに行く特別な場所であった。栄光の時代が残っていた大阪駅に発着する特急列車の姿を封じ込めました。

THE 大阪駅~急行編~

  • 1258
    大阪駅に発着する急行を集めてみました。行き先によっては、ディーゼルカーの急行もあり、思えば楽しい駅だったのですね。ご興味の方は写真帖のずっと下にある「甲子園口急行物語」もご覧ください。

昭和45-47年の天王寺駅

  • キハ58 きのくに
    天王寺駅は単に竜華や奈良方面、阪和方面への乗り換え駅だったが、紀勢線ホームは頭端駅として有名だった。 時折、乗り換えの途中、駅撮りなどしていたようだ。

竜華・昭和46年

  • Photo_3
    昭和46年に数回に分けて竜華へ出陣しています。当時の関西線はローカルそのもの、まだまだ煙も多く残っていました。

甲子園口(その周辺)急行物語

  • Photo_7
    甲子園口西方の踏切があったあたり、そのもう少し西側の日通の倉庫前あたりは友人たちとのたまり場でした。陽が暮れるまで電車の通過を楽しんでいました。

京都駅残照・昭和45年前後

  • Photo_3
    昭和45年当時、京都駅へ行く機会は限られていたが、その中で残していた写真の中からいくつかを抜粋した。 京都の寺社、観光地に興味を持つのはもう少し後になった。

西宮を走った国鉄電車特急・昭和45年頃

  • Photo_2
    国鉄時代、地元西宮でもいろいろな電車特急が走っていた。 そのすべてではないが、手元に残る写真のうちからいくつかを抜粋した。

あぁ上野駅 昭和46年

  • 特急やまびこ
    初めて東京へ行った昭和46年、昔の風情の残る上野駅に間に合いました。

神戸市電 最後の日

  • 星電社前
    1971年3月に神戸市電は歴史を閉じました。その最終日に神戸市内の各所で写真に収めましたが、思えば震災前の神戸の街も封じ込めたことになりました。

東海道のんびり行

  • 24
    昭和49年5月に、当時まだ走っていた急行桜島・高千穂に乗って、のんびり東海道を東上しました。そのときの車窓風景をまとめました。

京阪滝井駅 昭和50年

  • Photo_2
    京阪電車は今年、中ノ島新線の開通や電車の塗装変更、さらに往年の名特急1900系の引退と話題に事欠きませんが、ごく普通に走っていた昭和50年の滝井駅の様子はこんな感じでした。

昔日の近江鉄道

  • Photo_4
    近江鉄道は、学生時代からの万葉旅行会で近江蒲生野へ行くときに撮影した程度だった。これはその一連の名残である。 「茜さす紫野行き標野行き野守りは見ずや妹が袖ふる」

マンモス機 EH10

  • 04
    国鉄が作った最大最強のマンモス電気機関車EH10。 今でこそ、8軸の電機はいろいろあるけれど、目に焼きついているのはこの機関車だ。

京都市電

  • 2607
    京都へ行くと市内の移動はたいてい市電だった。 市電だと京都初心者にもわかりやすかった。 たまにバスに乗るとぐるっと市内の引き回しにあったり、とんでもない方向へ走ったりと痛い目に会ったからだ。

きーんてーつ特急

  • Photo_11
    70年代の近鉄特急の白黒写真を集めてみました。点数も少なく恐縮ですが、関西には少ない観光特急の雰囲気だけでも伝えたい。おまけにあおぞら号も何枚か。

近鉄、ちょっと前の車両たち

  • 1413
    1980年代に撮った近鉄の一般車両の中からチョイスしてみた。少し小さいというだけで、なんだか親しみを感じる車両の面白さもある。

野上電鉄、廃止3週間前

  • キハ28
    1994年3月末をもって廃止された野上電鉄を、廃止3週間前に友人の2Aカレチさんと訪れた。併せて周辺の鉄道へも足を運んだので、藤並駅でみた有田鉄道のキハをおまけに追加した。

阪神5314F 愛

  • Img_6204
    阪神電車最古参の5314Fは5550Fの新規参入によっていよいよ引退の時期を迎えた。この前パン貫通幌を持つ古き阪神電車の顔を残す編成を追いかけた。

ゴハチ

  • 16ef58
    今も人気のEF58ばかりを集めました。近所鉄の西宮、武庫川をはじめ大阪駅、少し遠くて下関。元気にゴハチが走り回っていた時代がありました。

琴電 旧型車を並べて

  • Img_0059
    平成10年から出張が多かった四国ですが、何回かは高松に足を運んで琴電を追いました。古い写真がなぜか見つからないので、旧型車が消える数年前からのものばかりです。

RRE様HP掲載一覧

  • 0001601
    ブログ開設以前はRREさんの掲示板への投稿を続けていました。ここに、その投稿画像をまとめましたので、ご笑覧いただければと思います。

島原鉄道2007

  • Img_2046
    去年の3月に出○ついでに諫早駅周辺、島原鉄道、足を少し伸ばして長崎電軌を訪問しました。島原鉄道の一部廃止は残念です。

JR九州の車両たち、諫早駅周辺

  • Img_2023
    ラストランブームになったなは/あかつきもこのころは全然注目されず。九州はいろんな列車があって楽しめます。

長崎は今日も雨

  • Img_2117
    長崎ではすごい雨にあいました。それにもめげず、撮り鉄に励んできました。

名鉄瀬戸線

  • Img_1926
    名鉄瀬戸線に6750系という大手私鉄最後の吊りかけ車が走っていると聞いて訪問しました。2008.03.24

惜別 0系新幹線 

  • 01 相生駅 0系の横顔
    いよいよ平成20年11月末に引退する0系新幹線。山陽路で活躍していた近年の記録です。

四国の気動車

  • 四国は今でも気動車の天国です。その中でも、普通車の運用に供せられる車両を集めてみました。普通車だけにDCより気動車という言い方が似合います。

名鉄にあったレールバス

  • 到着したレールバスからの乗り換え
    名鉄の三河線、猿投の先には西中金まで延びる単線があり、そこには今ではその姿をほとんど見ることが出来ないレールバスがひっそりと走っていました。1987年4月、2Aカレチさんと訪れた記録です。

名鉄揖斐線

  • 512号車内
    1987年4月に2Aカレチさんと名鉄を訪れました。 揖斐線は一時下車した美濃北方駅と黒野駅での写真です。

名鉄の旧型車

  • 103763
    1987年4月 2Aカレチさんと一緒に名鉄を訪れました。 名鉄の本線あたりでもまだまだ吊り掛け車が走っていました。

名鉄岐阜市内線

  • 08
    1987年4月、2Aカレチさんと名鉄を訪れた。岐阜市内線をとりあえず撮影した後、揖斐線へと向かった。

明延鉱山とともに

  • 04_img_0155
    小学生時代、明延鉱山の学校とクラス同士の文通をした。その場所がどこだか全く知らずに居たが1円電車の存在は知っていた。その地を訪れたのは随分大人になってからとなった。

鍛冶屋線~愛と死をみつめて

  • 09_img_0334
    大正12年に全線が開通した鍛冶屋線はJR後の平成2年、その歴史に幕を下ろした。 また、「愛と死をみつめて」で有名なミコこと大島みち子さんはこの沿線の方で、線路を見下ろす小高い岡の上にお墓がある。

EF65 0番台原色+茶ガマ

  • 103_img_2881
    かつて、全国の直流区間ではおなじみだったEF65の0番台も、今では岡山に集結する11機のみである。そのうち、原色を保っているのはわずか4両となった。

かぎろひ歴史探訪

2019年4月22日 (月)

かぎろひ歴史探訪 終末期古墳の被葬者は誰だ!

57544644_2319741621683499_17752966040607  57812380_2319741681683493_35144948455172  57599610_2319741791683482_81045491151294 昨日4月21日は、先週の木曜日に続いて、奈良歩き、かぎろひ歴史探訪でした。
朝10時に近鉄南大阪線の壺阪山駅に集合です。ここから南大阪線に沿うようなルートで北上していきました。
壺阪山駅の近くには、土佐からやって来られた人達の村を通る道、土佐街道があり、そこをプラプラ歩いたのち、子嶋寺を経由して有名なキトラ古墳を訪ねました。子嶋寺は、現在は小さなお寺でしたが、かつては、観覚寺という広い寺域をもつ大寺だったようです。

57382203_2319741875016807_75130569694275  57602879_2319742028350125_54495274122346  57460116_2319742111683450_59752144441442 キトラ古墳、有名な壁画が見つかり、その場所も高松塚古墳や文武天皇陵などがある王家のラインの上にあることから、その被葬者についてもいろいろと言われていますね。ここでは、昼食をとった後、田中先生の歴史講座を聞きました。田中先生のお話しも、その被葬者にまつわる詳しい解説があり、興味深々でした。写真は、キトラ古墳、マルコヤマ古墳、岩屋山古墳です。


57503311_2319741818350146_64335064727426  58381810_2319741918350136_11958614537608  Dsc05115 昼から、檜前寺跡と言われる於美阿志神社、そこの石塔は学生時代にも見ている懐かしい場所でした。その後、櫛玉命神社、そしてマルコヤマ古墳、岩屋山古墳という終末期古墳を回りました。マルコヤマ古墳はちょうど草刈りされたところで、きれいな丸坊主になっていました。
最後に岡寺駅前の牟佐坐神社へ行って本日の行程を歩き終えました。
線路沿いを歩いていたので、こんなラッキーな電車の写真も撮れました。岡寺-飛鳥間です。

2019年4月18日 (木)

かぎろひ歴史探訪 ナガスネ彦を追って

57852729_2317651865225808_98763285361118  57218035_2317651795225815_30839609414448  57345135_2317652078559120_68423374518018 今日は春の奈良歩き、かぎろひ歴史探訪で、朝10時に近鉄生駒線の南生駒駅に集合です。
この駅のそばを竜田川が流れ、生駒山を近くに望むという景勝の場所でした。生駒山、広々とした風景の中でみると、結構立派な山ですね、あらためていい山だなぁと思いました。三番目の写真の左端が暗峠のようです。

58377721_2317651955225799_82409440436562  57372979_2317652195225775_30288058518979  57258213_2317652048559123_35275253339117 駅近くの観泉寺を拝観し、またその近くの酒蔵、菊司を訪ねました。朝早かったため、試飲すると一日がぼろぼろになりそうなので断念しましたが、機会を見つけて再訪したいですね。
そこから榁木峠越えをして弘法大師堂を経て矢田自然公園で昼食、田中先生の歴史講座となります。途中に、犬養孝先生の生駒山の万葉歌碑があり、これは初めての対面でした。いい場所に建てられていましたね。

57411792_2317652328559095_41792121850015  57568463_2317652141892447_15695788675621  57221216_2317652365225758_21711318453059 午後は、追分本陣の村木家前を通り、日本最大の三段築造円墳である富雄丸山古墳を訪ねました。この古墳は余りに大きすぎて、その全景をとらえることはなかなか至難の業でしたよ。まだ、これからも発掘調査が続くようです。
最後に赤膚焼の窯元を訪ね、作品の数々を見ましたが、値段を見ると、とても手が出るものではありません。今日は一日中、素晴らしい晴天で、暑いくらいの天気でした。春を越して、初夏の様相でした。

2019年4月 4日 (木)

かぎろひ歴史探訪 大和上市 世尊寺

1   4  3 今日はかぎろひ歴史探訪で、吉野近くの近鉄南大阪線大和上市駅に朝10時に集合です。なんと自宅を出てから2時間半かかりました。この駅からは吉野の蔵王堂が遠望できるんですね。
吉野川鉄橋を渡る近鉄特急も撮影できました。

5  6 駅から歩いて水分神社、世尊寺へ歩きます。世尊寺は桜の名所ですが、まだ少し早かったようです、残念。右の写真は奈良県内に5本しかないというハナの木です。

7  8  9 次いで妙楽寺で、平安時代の仏像3体を拝観させていただきました。ここでは写真の撮影もオーケーでした。
最後に六田の槙が峰古墳、ここは石室に棚板の石がある珍しい古墳です。
帰り道、春らしくサラワビが萌えていました。

2019年4月 2日 (火)

大和郡山城でお花見

Dsc04375  Dsc04376  Dsc04387 昨日、4月1日は、以前から日程が決まっていたこともあり、大和郡山城でお花見がありました。花の咲き具合はなかなか満開というところまでは行きませんが、それでも、木によっては満開といってよいほど開花しているものがあり、そのような桜が群集しているところを選んでシートを広げました。

Dsc04377  Dsc04380 参加された方々は全員で8名と少し寂しい人数でしたが、ちょうど菅官房長官の「令和」の元号発表に合わせて乾杯!、楽しい時間を始まりとなりました。座したところはお城の建物が見える範囲にあり、お城と桜の花とのマッチングはベストでしたね。

Dsc04352  Dsc04336  Dsc04360 お花見の前には、この郡山城の枝垂れ桜を入れた近鉄電車を撮影していました。時間的にちょうどしまかぜが通過する頃だったので、これを激写しました。同じようなカットは何度も撮っているのですけれど。天気はあいにく、晴れたり、曇ったり、雨が降ったり、雹が振ったりと目まぐるしく変化しましたが、おいしいお酒と料理をいただきました。

2019年3月22日 (金)

昨日のかぎろひ歴史探訪 柳本から天理 山辺の道

昨日、3月21日は、先週日曜日に続いてかぎろひ歴史探訪で奈良を歩いてきました。
今回は、天理市内の山辺の道を歩くという事で、朝10時にJR桜井線の柳本駅に集合しました。
ここから、まずは黒塚古墳へ行き、さらに崇神天皇陵を経て山辺の道に向かいます。写真は黒塚古墳とその発掘された石室を復元したものです。
山辺の道に沿っていくつもの大きな古墳があり、これは巨大な崇神天皇陵です。
階段を上って墳丘の前に出るとその威容に感激します。
さらに歩いていくといくつもの大きな古墳があります。
これは、古墳後期の西山塚古墳、前方後円墳ですが、墳丘の土が削られたのか、
墳丘が段になっている構造が見て取れます。
さて、昨日は大変暖かく、春を実感するお天気で、広い菜の花畑越しに、
二上山から葛城山、金剛山へ連なる峰が大変きれいに景色の中に浮かび上がって見えました。
最後は七支剣で有名な石上(いそのかみ)神宮へたどり着きました。朱塗りの建物がきれいでした。
昨日は、近鉄奈良線での事故で西大寺駅からの帰り道が大和八木駅回りとなり、
帰宅がずいぶん遅くなったため、今朝の報告となりました。
41bs0qxo8il__sx341_bo1204203200_
磯田道史 日本史の探偵手帳 文春文庫/読了・・・・・・・・・「古文書から見る本当の日本の歴史」と帯にありましたが、まさに歴史上の様々な出来事を、現代の生活から投影してみたら、あんなこと、こんなこととの対比ができるものですね。そこにあった、経済、教育、思想、生活、そういった日常の出来事が古文書から浮かび上がってくる様子を伝えてくれます。面白い本で、じっくり読んでいて、ずいぶん時間がかかってしまいました。

2019年3月18日 (月)

畝傍山界隈を歩けば

54419836_2296346530689675_490133881昨日、3月17日は今年初めてのかぎろひ歴史探訪でした。今回は大和三山というテーマで、まず初めに橿原神宮の背後、西側にそびえる畝傍山の登頂を目指します。橿原神宮は明治初めに国策で作られた神社ですが、創建から100数十年にもなるとその威勢がますます感じられるようになってきました。大きな鳥居もその威厳を感じます。

55483118_2296346577356337_65784030254255526_2296346604023001_474831642神宮の拝殿脇には、今年の干支の亥をあしらった巨大な絵馬が奉納されています。これが巨大であるという事自体が、もう橿原神宮なのですね。夫婦の親イノシシと子供が3匹でしょうか、子孫繁栄としては物足りないかも。そして、広い神宮の森を通って、いよいよ登山にかかります。

53581835_2296346624022999_41143300154350950_2296346654022996_449148766畝傍山は大和三山の中では最も標高があり、その高さは199mです。ただ、そこへ至る道はかなり緩やかで、息が上がるようなことはありません。頂上にはかつて存在した畝傍山山口神社社殿跡の碑がポツンとあります。降りてくると、道々にはもう土筆が顔を出しています。

2019年3月17日 (日)

かぎろひ歴史探訪 大和三山

55521051_2296346557356339_783975178今日は、いつもの奈良歩き、かぎろひ歴史探訪の今年の初回で、大和三山登頂でした。
朝10時に近鉄橿原神宮前駅に集合して、まずは橿原神宮に参拝し本日の無事を祈ります。
境内では、天皇在位30年記念の奉献行事が行われていました。橿原神宮拝殿からの畝傍山。

54228892_2296346740689654_313728814次は畝傍山から、藤原京を横切り、天之香久山に向かいます。
写真をごらんのとおり、途中、天気はコロコロ変わり、雨が降ったり、急に晴れたり、雷が鳴ったりと大変でした。あぜ道にはつくしもたくさん出ていて、いよいよ春到来という感じにはなっていたのですが、天気はどうしようもありません。

54428340_2296346747356320_738571839最後に、耳成山へ登りました。この山はその周囲をぐるりと回るような道が整備されているので登りやすいですね。学生時代に耳成山に登った時、エリザベス女王が京都から伊勢に向かう近鉄特急を見送りました。今から40年以上前のことです。(調べてみたら1975年5月11日のことでした)    香具山から見た耳成山、遠く背景は生駒山。

先週から風邪、発熱、さらにギックリ腰と身体がぼろぼろだったのですが、なんとか今日に間に合わせられました。

Img_7b0d349752a17985d16da4367646b34平岩弓枝 新・御宿かわせみ お伊勢まいり 文春文庫/読了・・・・・・・・・・・おなじみのかわせみシリーズも世代交代し、時代も江戸から明治になっています。ですから新・   ですね。登場人物の相変わらずのぶ厚い親切と信心に支えられ、あくまでハッピーエンドに終わるのですが、今回は壮絶な舞台が用意されていました。それもひとまず終わり、長々と引きづっていた懸案がひとつ片付き、ほっとしている自分はすっかりこのかわせみの世界の住人と化していたことに気が付く次第です。

2019年2月 7日 (木)

かぎろひ歴史探訪番外編から 東大阪の古墳群

51705768_2269979479993047_899558430昨日、2月6日に行いましたかぎろひ歴史探訪番外編で、東大阪市の生駒山ろくにあるいくつかの古墳を巡りました。東大阪市内には220基ほどの古墳があるとのことですが、そのうちの200基ほどは、この生駒山ろくに集中しています。郷土博物館前の山畑古墳群22号墳です。

Dsc02920Dsc02781近鉄石切駅あたりに辻子谷古墳群、そこから南へ順番に神並古墳群、額田山古墳群、みかん山古墳群、豊浦谷古墳群、出雲井古墳群、五条山古墳群、客坊山古墳群、山畑古墳群、花草山古墳群、五里山古墳群、六万寺古墳群云々とそれぞれの山の谷ごと、尾根ごとに古墳が集まっていて、生駒山ろくは、まさに古墳のデパートなのです。整備された五里山3号墳と二本松古墳。

Dsc02928これらの古墳の形状の多くは円墳で、たまに方墳が混じることがあるようです。また、珍しいのは双円墳という二つの円墳が引っ付いてひとつの墳墓となっているものがあります。有名なのは瓢箪山古墳で、その上に瓢箪山稲荷神社が築かれています。双円墳の形が少しだけ残る瓢箪山古墳。

51bc2qddiul__sx360_bo1204203200__2風野真知雄 昭和探偵2 講談社文庫/読了・・・・・前作に続いて昭和の匂いプンプンの一冊でした。こういうのは心をくすぐりますよね。ラッタッタ、インベーダー、電話に掛けた手編みの毛糸カバー、ひとつひとつの小道具が面白い上に、謎の登場人物が最後に鈍電返しをしそうで面白いですね。それはまだ先のようですが。

2019年2月 6日 (水)

かぎろひ歴史探訪番外編 枚岡神社から古墳群へ、さらに信仰の跡を訪ねて

51304453_2269979466659715_62454169351186812_2269979469993048_627702956今日はいつもお世話になっているかぎろひ歴史探訪の方々をお誘いして、東大阪の枚岡神社から生駒山の大阪側の山麓を、歩き、付近の古墳群や神社、地蔵尊、さらに古代の廃寺跡を巡ってきました。雨の枚岡駅、雨にけぶる大阪平野。

51705768_2269979479993047_89955843051421294_2269979536659708_74355388051411405_2269979566659705_565710229午前中は残念ながら雨模様でしたが、昼からは好天に恵まれ、いくつもの古墳の石室を訪ねたり、大切に信仰の対象となっているお地蔵様を訪ねたりという、とても貴重な時間を過ごすことができました。山畑古墳群22号墳、二本松古墳の石室、町中にある地蔵尊は、いずれも地蔵堂が建てられていました。

51381277_2269979483326380_77680246651286712_2269979583326370_718588254コースを巡った後は、その反省会、さらに反省が足りなかったのか、継ぎ足しの🍺など、充実した1日となりました。いずれも古墳の上に建てられていた旧春日神社、瓢箪山稲荷神社。
ご参加いただいた皆様へ、感謝、感謝です。

2018年12月 7日 (金)

かぎろひ歴史探訪 宇治あたり

Dsc02249昨日は、朝から泣き出しそうな空模様でしたが、いつもの奈良歩き、かぎろひ歴史探訪の秋季最終回で、JR宇治駅に集合しました。(宇治なのに奈良歩きとは、これいかに)
結局、10時過ぎから歩き出すとポツポツと雨が降り始め、終日降ったり止んだりの一日となりました。

 

Dsc02263_2宇治駅を出発して、まずは、近くの平等院の拝観です。まだ、紅葉が残っていて、随分楽しめました。付近の道沿いにも、紅葉🍁🍁🍁ウォッチ出来る場所があり、今年の分の紅葉を全部見た気分です。修学旅行生が多く来ていましたね、そういう季節なんでしょう。

Dsc02314その後、宇治神社、宇治上神社を経て、紫陽花で有名な三室戸寺を拝観です。
紫陽花はありませんが、雨に濡れた紫陽花と名残の紅葉がいい感じです。最後に応神天皇皇太子の菟道稚郎子の墓、大きな古墳ですが、そこを訪問して宇治駅に戻ってきました。

 

Dsc02325JR奈良線、普通車は205系ばかりかと思ったら、一本だけ103系が残ってました。

 

これはまた機会を作って撮りに行かねばなりませんね。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

JR貨物 Jフィル MIZUMO T-ストリングス かぎろひ歴史探訪 その他 みちのくひとり旅 やまとんくらぶ アミーキティア管弦楽団 アンサンブル ラ・ピアチェーレ アンサンブル・アルビレオ アンサンブル・コスモリバティ アンサンブル・ジョワン アンサンブル・ツヴァイ アンサンブル・フリー アンサンブル・ミンネン アンサンブル・ヴィオ ウォーキング鉄 オルガンコンサート オーケストラ・アンサンブル・フォルツァ オーケストラ・クラシック オーケストラ・ソノリテ オーケストラ・ノインテ オーケストラ・ブラヴォー! オーケストラ・ポミエ オーケストラ千里山 オーディオ カメラ カンマーフィルハーモニー京都 カンマーフィルハーモニー神戸 クラシックサロン・アマデウス クラシック音楽 クランクレーデ クレセント室内アンサンブル クレー管弦楽団 グッド・シーズン・アンサンブル グルメ コレギウム・ヨハネス コレギウム夙川管弦楽団 シンフォニア・スピカ セント・マーティン・オーケストラ ゾンアーベント・アンサンブル タリヘーレ四重奏団 ダムカード テレマン室内オーケストラ ディスクユニオン ドイツ紀行 ニイジマ・キネン・オーケストラ ニュージーランド鉄道 ハイマート交響楽団 ハイマート合唱団 バス バッハクライス神戸 バンブスアンサンブル パソコン ファゴット・フェスティバル フェニックスフィル フォンス・フローリス古楽院 プロ野球 ホール・バルティカ ミモザの会 ミュー室内管弦楽団 メイプルフィル ライブカメラ ラグビー ワンコイン市民コンサート ヴェデルニコフ 万葉 三宝鉄道 上甲ウィンドシンフォニー 上甲子園中学吹奏楽部 交響楽団ひびき 京急 京成 京王 京都フィロムジカ管弦楽団 京都プレザントオーケストラ 京都大学交響楽団 京都工芸繊維大学交響楽団 京阪 伊予鉄 伊予鉄道 伊豆急行 信濃の旅 六甲フィル 兵庫医科大学医療大学合同オーケストラ_ 兵庫芸術文化センター管弦楽団 切符 初演企画 北摂フィル 北総 千里フィルハーモニア・大阪 南海 卯之町 叡山電車 合唱団 名鉄 吹奏楽 吹奏楽団 吹田市交響楽団 四国詣で 土佐くろしお鉄道 土佐日記 土佐電 地下鉄 堺フィル 夢の国 ニュージーランド 大井川鉄道 大阪センチュリー交響楽団 大阪フィルハーモニー交響楽団 大阪フロイデ合唱団 大阪メトロ 大阪モーツァルトアンサンブル 大阪交響楽団 大阪市営交通局 大阪市営地下鉄 大阪市民管弦楽団 大阪芸術大学管弦楽団 奈良女子大管 学園都市交響楽団 宝塚響 富士急行 寝屋川市民管弦楽団 小田急 尼崎市吹奏楽団 尼崎市民交響楽団 尼崎弦楽アンサンブル 居酒屋 山陽 岡山電軌 嵐電 川西市民オーケストラ 幻想フィル 広島電鉄 廃線跡 待兼交響楽団 指揮者 新京成 新幹線 旅行 日本センチュリー交響楽団 最近のCD 最近のLP 東京佼成ウィンドオーケストラ 東急 東武 枚方フィル 樹フィル 武庫川女子大学音楽学部 水族館 水間鉄道 江ノ電 父親のアルバムから 甲南大学OB交響楽団 甲南大響 甲南女子大学管弦楽団 白黒懐かし画像 相愛フィルハーモニア 相鉄 神戸アンサンブルソロイスツ 神戸大学響 神戸電鉄 神戸高校OBオーケストラ 福井鉄道 私の名盤シリーズ 箕面コンセルト室内合奏団 紫苑交響楽団 美術 聖ソフィア・バラ合唱団/合奏団 能勢電 芦屋交響楽団 芦屋室内合奏団 若林顕 落語 蒸気機関車 藤井貴宏 衣笠交響楽団 西宮交響楽団 西宮探訪 西武 見仏 豊中市民管弦楽団 豊橋鉄道 近江鉄道 近畿フィルハーモニー管弦楽団 近鉄 遠州鉄道 鉄道 長岡京市民管弦楽団 長崎電軌 長楽庵 関西グスタフ・マーラー交響楽団 関西フィルハーモニー管弦楽団 関西医科学生交響楽団 関西大学交響楽団 関西学院交響楽団 関西SPレコード愛好会 阪堺電車 阪急 阪神 阪神タイガース 阪神フィル 静岡鉄道 須磨フィル 飛行機 高松琴平電鉄 高槻室内管弦楽団 龍谷大学交響楽団 JR四国 JR東日本 JR東海 JR西日本

フォト

掲示板

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー

無料ブログはココログ