国鉄奈良機関区

  • Photo_7
    昭和46年に奈良機関区を訪ねています。変わりやすい天気で、晴れていると思ったら急に雨が降ってきて大変な日でした。

THE 大阪駅~特急編~

  • 16
    中高生のころ、大阪駅はまだ日常の中にはなく、特急列車を撮りに行く特別な場所であった。栄光の時代が残っていた大阪駅に発着する特急列車の姿を封じ込めました。

THE 大阪駅~急行編~

  • 1258
    大阪駅に発着する急行を集めてみました。行き先によっては、ディーゼルカーの急行もあり、思えば楽しい駅だったのですね。ご興味の方は写真帖のずっと下にある「甲子園口急行物語」もご覧ください。

昭和45-47年の天王寺駅

  • キハ58 きのくに
    天王寺駅は単に竜華や奈良方面、阪和方面への乗り換え駅だったが、紀勢線ホームは頭端駅として有名だった。 時折、乗り換えの途中、駅撮りなどしていたようだ。

竜華・昭和46年

  • Photo_3
    昭和46年に数回に分けて竜華へ出陣しています。当時の関西線はローカルそのもの、まだまだ煙も多く残っていました。

甲子園口(その周辺)急行物語

  • Photo_7
    甲子園口西方の踏切があったあたり、そのもう少し西側の日通の倉庫前あたりは友人たちとのたまり場でした。陽が暮れるまで電車の通過を楽しんでいました。

京都駅残照・昭和45年前後

  • Photo_3
    昭和45年当時、京都駅へ行く機会は限られていたが、その中で残していた写真の中からいくつかを抜粋した。 京都の寺社、観光地に興味を持つのはもう少し後になった。

西宮を走った国鉄電車特急・昭和45年頃

  • Photo_2
    国鉄時代、地元西宮でもいろいろな電車特急が走っていた。 そのすべてではないが、手元に残る写真のうちからいくつかを抜粋した。

あぁ上野駅 昭和46年

  • 特急やまびこ
    初めて東京へ行った昭和46年、昔の風情の残る上野駅に間に合いました。

神戸市電 最後の日

  • 星電社前
    1971年3月に神戸市電は歴史を閉じました。その最終日に神戸市内の各所で写真に収めましたが、思えば震災前の神戸の街も封じ込めたことになりました。

東海道のんびり行

  • 24
    昭和49年5月に、当時まだ走っていた急行桜島・高千穂に乗って、のんびり東海道を東上しました。そのときの車窓風景をまとめました。

京阪滝井駅 昭和50年

  • Photo_2
    京阪電車は今年、中ノ島新線の開通や電車の塗装変更、さらに往年の名特急1900系の引退と話題に事欠きませんが、ごく普通に走っていた昭和50年の滝井駅の様子はこんな感じでした。

昔日の近江鉄道

  • Photo_4
    近江鉄道は、学生時代からの万葉旅行会で近江蒲生野へ行くときに撮影した程度だった。これはその一連の名残である。 「茜さす紫野行き標野行き野守りは見ずや妹が袖ふる」

マンモス機 EH10

  • 04
    国鉄が作った最大最強のマンモス電気機関車EH10。 今でこそ、8軸の電機はいろいろあるけれど、目に焼きついているのはこの機関車だ。

京都市電

  • 2607
    京都へ行くと市内の移動はたいてい市電だった。 市電だと京都初心者にもわかりやすかった。 たまにバスに乗るとぐるっと市内の引き回しにあったり、とんでもない方向へ走ったりと痛い目に会ったからだ。

きーんてーつ特急

  • Photo_11
    70年代の近鉄特急の白黒写真を集めてみました。点数も少なく恐縮ですが、関西には少ない観光特急の雰囲気だけでも伝えたい。おまけにあおぞら号も何枚か。

近鉄、ちょっと前の車両たち

  • 1413
    1980年代に撮った近鉄の一般車両の中からチョイスしてみた。少し小さいというだけで、なんだか親しみを感じる車両の面白さもある。

野上電鉄、廃止3週間前

  • キハ28
    1994年3月末をもって廃止された野上電鉄を、廃止3週間前に友人の2Aカレチさんと訪れた。併せて周辺の鉄道へも足を運んだので、藤並駅でみた有田鉄道のキハをおまけに追加した。

阪神5314F 愛

  • Img_6204
    阪神電車最古参の5314Fは5550Fの新規参入によっていよいよ引退の時期を迎えた。この前パン貫通幌を持つ古き阪神電車の顔を残す編成を追いかけた。

ゴハチ

  • 16ef58
    今も人気のEF58ばかりを集めました。近所鉄の西宮、武庫川をはじめ大阪駅、少し遠くて下関。元気にゴハチが走り回っていた時代がありました。

琴電 旧型車を並べて

  • Img_0059
    平成10年から出張が多かった四国ですが、何回かは高松に足を運んで琴電を追いました。古い写真がなぜか見つからないので、旧型車が消える数年前からのものばかりです。

RRE様HP掲載一覧

  • 0001601
    ブログ開設以前はRREさんの掲示板への投稿を続けていました。ここに、その投稿画像をまとめましたので、ご笑覧いただければと思います。

島原鉄道2007

  • Img_2046
    去年の3月に出○ついでに諫早駅周辺、島原鉄道、足を少し伸ばして長崎電軌を訪問しました。島原鉄道の一部廃止は残念です。

JR九州の車両たち、諫早駅周辺

  • Img_2023
    ラストランブームになったなは/あかつきもこのころは全然注目されず。九州はいろんな列車があって楽しめます。

長崎は今日も雨

  • Img_2117
    長崎ではすごい雨にあいました。それにもめげず、撮り鉄に励んできました。

名鉄瀬戸線

  • Img_1926
    名鉄瀬戸線に6750系という大手私鉄最後の吊りかけ車が走っていると聞いて訪問しました。2008.03.24

惜別 0系新幹線 

  • 01 相生駅 0系の横顔
    いよいよ平成20年11月末に引退する0系新幹線。山陽路で活躍していた近年の記録です。

四国の気動車

  • 四国は今でも気動車の天国です。その中でも、普通車の運用に供せられる車両を集めてみました。普通車だけにDCより気動車という言い方が似合います。

名鉄にあったレールバス

  • 到着したレールバスからの乗り換え
    名鉄の三河線、猿投の先には西中金まで延びる単線があり、そこには今ではその姿をほとんど見ることが出来ないレールバスがひっそりと走っていました。1987年4月、2Aカレチさんと訪れた記録です。

名鉄揖斐線

  • 512号車内
    1987年4月に2Aカレチさんと名鉄を訪れました。 揖斐線は一時下車した美濃北方駅と黒野駅での写真です。

名鉄の旧型車

  • 103763
    1987年4月 2Aカレチさんと一緒に名鉄を訪れました。 名鉄の本線あたりでもまだまだ吊り掛け車が走っていました。

名鉄岐阜市内線

  • 08
    1987年4月、2Aカレチさんと名鉄を訪れた。岐阜市内線をとりあえず撮影した後、揖斐線へと向かった。

明延鉱山とともに

  • 04_img_0155
    小学生時代、明延鉱山の学校とクラス同士の文通をした。その場所がどこだか全く知らずに居たが1円電車の存在は知っていた。その地を訪れたのは随分大人になってからとなった。

鍛冶屋線~愛と死をみつめて

  • 09_img_0334
    大正12年に全線が開通した鍛冶屋線はJR後の平成2年、その歴史に幕を下ろした。 また、「愛と死をみつめて」で有名なミコこと大島みち子さんはこの沿線の方で、線路を見下ろす小高い岡の上にお墓がある。

EF65 0番台原色+茶ガマ

  • 103_img_2881
    かつて、全国の直流区間ではおなじみだったEF65の0番台も、今では岡山に集結する11機のみである。そのうち、原色を保っているのはわずか4両となった。

かぎろひ歴史探訪

2017年6月 9日 (金)

昨日のかぎろひ歴史探訪 大和郡山

Img_1964いつもお世話になっているかぎろひ歴史探訪、今年の春の回の最終は、大和郡山という事で、6月8日、木曜日の朝10時に近鉄郡山駅に集合し、郡山らしくまず金魚資料館へ立ち寄っています。金魚に関するいろいろな資料よりも、金魚のより分け作業を興味深く眺めていました。

Img_1994その後、新木山古墳から、豊臣秀長の墓所である大納言塚を訪れて、居城でもあった郡山城の天守閣跡へ登りました。ここからは、大和が一望でき、しばらくの殿様気分です。若草山、薬師寺などが遠望できました。この後、しばらくは郡山城の外堀あとなどを歩いた後、次を目指しています。

Img_2017市街地から少し離れたところに、稗田環濠集落というのがあります。環濠集落とは、敵の攻撃に備えて町内の外側に堀を巡らせた集落のことですね。大和にはいくつかまだそういう形態の地域かあるようですが、ここもその一つです。集落のなかを歩きましたが、今では、そんな戦国的な風情はなく、落ち着いた家々が並んでいます。

解散後は、お決まりの反省会で、奈良県内の地酒をすべて置いているという魅力的なお店で十分に反省した次第です。

71mqq7oja5l__ac_ul320_sr224320_黒鉄ヒロシ 色いろ花骨牌 小学館文庫/読了・・・・・・・・著者が若いころから交流を持った著名人との想いでを時代の雰囲気とともに描いたエッセイで、その交流範囲の広さ、多様さ、多士済々に目を見張ります。

曰く、吉行淳之介、阿佐田哲也、尾上辰之助、芦田伸介、園山俊二、柴田錬三郎、秋山庄太郎、近藤啓太郎、生島次郎、みなさん鬼籍に入られた方々ばかりです。

2017年5月26日 (金)

かぎろひ歴史探訪 柳生の道と摩崖仏

Img_1816昨日、5月25日はかぎろひ歴史探訪で、奈良の東方、柳生の道を歩きました。10時に近鉄奈良に集合し、バスで破石バス停へ。そこから志賀直哉旧居の前を通り、柳生への道に入りました。小さな流れが走る山道を登ると、新緑の世界に包まれました。

Img_1825この道沿いには、岩を削って仏を掘った摩崖仏がいくつもあります。寝仏、夕日観音石仏、地獄谷石仏、春日山石仏などを回りました。いくつかの石仏には制作当時の彩色が残るものもあり、長い時を経て残ってきた貴重な石仏に手を合わせました。

Img_1850帰りは、春日山原始林の中を通って降りてきましたが、ここもうっそうとした深い自然に包まれた素晴らしい道でした。ただ、木の上から山ビルが落ちてきたりしますから、油断できません。当初は一日中雨の予報でしたが、傘を使うことも少なく、何とか全行程を歩くことができてよかったですね。

51jndqudgyl__sx342_bo1204203200_手塚治虫 マンガの書き方 似顔絵から長編まで 光文社知恵の森文庫/読了・・・・・・・・・手塚治虫がこれから漫画を描き始めようとする子供たちに送った入門書です。

もう40年ほど前の本ですが、ここには、マンガだけではなく、創作という行為に対する導きを書かれていて、貴重な内容となっています。

2017年4月23日 (日)

飛鳥の原風景 かぎろひ歴史探訪

Img_1135Img_1138 先日のかぎろひ歴史探訪では、久しぶりに飛鳥の地、それも端っこではなく、飛鳥のど真ん中を行く王道の明日香行でしたが、そこには学生時代から親しんだ飛鳥の原風景がいくつも残っていました。野を行く先の甘樫丘、菫の先に天の香久山、耳成山、雷の丘。
 
Img_1151Img_1152 甘樫丘へ上ると、そこからは先ほどの耳成山と飛鳥の里を遠望できます。
飛鳥の街並みの中にかつてあったけばげはしぃガソリンスタンドはもうありませんね。
 
Img_1154 Img_1155 そして、畝傍山とその向こうに大津皇子のお墓がある二上山が見えます。
これこそ、飛鳥の原風景という眺めを堪能した一日でした。

2017年4月21日 (金)

鳳凰の塼(せん)

Img_1104 昨日参加したかぎろひ歴史探訪では、久しぶりの飛鳥資料館へ連れて行ってもらいました。
そこでみた鳳凰の塼(せん)です。塼とは、粘土を型に入れて成形し、その後乾燥させるか焼くかして作ったもので、瓦の原型といわれています。
この塼に表現されている鳳凰の図柄は完成したデザインですね。
 
 
Img_2 この塼は7世紀のものですが、これを超える完成度の高い図柄があるでしょうか。
そこで参考に手塚治虫の火の鳥のデザインを出しておきましょう。
これも素晴らしいデザインで、どちらが甲乙という事はありませんが、塼の鳳凰の素晴らしさには言葉がありません。
時代が古いから、新しい時代のものより劣っているという事は、絶対にありませんね。何でも、常に進化しているという事は、どうもそうではなさそうですね。
 
 
51h09ff948l_sx302_bo1204203200_ 安藤優一郎 西郷隆盛の明治 激動の10年を追う 洋泉社新書/読了・・・・・・・・・幕末に暗躍した西郷隆盛が、明治になって政治にかかわってくるとその抜きんでた才能が空回りしていくことは知られていますね。倒幕という目標については、はっきりと西郷の性格がマッチしていたのに、政府を立ち上げるという現実には、自分の理想が合わなくなってしまったようなことがあるようです。さて、そのあたりの明治になってからの10年間をいろいろな側面からざっとまとめていて、新しい西郷像が示されています。来年の大河ドラマが西郷さんらしく、関連本が、もういろいろ出ていますね。ここらあたりで、もうちょっと西郷さん、そして明治維新について本を読んでみようかと思っています。明治150年が近いですしね。

2017年4月20日 (木)

かぎろひ歴史探訪 山田寺と甘樫丘を訪ねて

Img_1082 今日は、朝10時に近鉄橿原神宮前駅に集合して、かぎろひ歴史探訪、奈良歩きの日でした。
行程は、駅前からパスに乗って、いきなりの飛鳥資料館前までの移動です。
バスを降りて、早速向かったのは、東大谷日女命神社ですが、その後すぐ近くの山田寺跡へ行っています。あの、回廊が土の中からそのままの形で発掘された山田寺ですね。
 
Img_1147_3 山田寺で発掘された回廊が、飛鳥資料館では、実際に建っていた当時の様子まで復元するようで、飛鳥資料館の中に実際を模した形での展示となっていました。これは感激ですね。
その後、山田の里、八釣の里を巡ったのち、甘橿丘へ登頂しています
甘橿丘は今まで何回登ったことでしょう。
 
Img_1150 登り口からしばらく行くと、犬養孝先生の最初に建立された歌碑があります。
これが発端となって、今では、全国で100基を超える数になりました。
久しぶりに、丘の上から大和を見渡すことができて、今日は最高でした。
 

2017年4月10日 (月)

平城京のお花見会 かぎろひお花見

Dsc05410 本日は、奈良の平城京跡まで行って、かぎろひ歴史探訪の方々とのお花見会でした。
平城京というのは、なかなか行く機会がなかったところでしたが、このかぎろひ歴史探訪で少し前に訪れることができました。
復元された平城京大極殿とその前に植えられた桜です。
 
Dsc05461 平城京跡は、近鉄奈良線の西大寺と新大宮の間に広がっていて、都市地域において、こんなにだだっ広い空間は、日本ではほかには思い浮かびません。
その広い敷地を分断するかのように、朱雀門の前を近鉄電車が走り去っていきます。
桜は、その広い敷地を取り囲むように植えられていて、そこかしこでお花見が行われています。
 
Img_0970 平城京の桜はこのように大変見事なものでしたが、本日は、風が強く、また気温もそれほど高くなかったので、少し寒い思いをしました。その分、アルコールで温めたわけではありますが。
ご一緒させていただいた方々は皆さん人生の先輩ばかりで、貴重なお話しをお聞きするだけでも、楽しい時間となりました。
 
27854396_1 和田竜 村上海賊の娘(1)  新潮文庫/読了・・・・・・・・読む本が無くなってしまい、前年に流行ったこのシリーズに手を出してしまいました。和田竜は、のぼうの城でしたでしょうか、面白い、面白いという宣伝につられて読んだものの、終結に向けての筆力が弱くなっていき、あまりうまくまとまらずに話が終わってしまった印象がありました。
今回の、村上海賊の娘は、なんだかアニメチックな印象ではありますが、なかなかテンポが良いストーリー展開となっています。まだ、1巻目ですから、さてその力が継続していくでしょうか。

2017年4月 7日 (金)

かぎろひ歴史探訪 斉明女帝をしのんで

Img_0828 昨日は、先々週に続き、かぎろひ歴史探訪で、奈良歩きに行って来ました。
朝10時にJR和歌山線の掖上(わきがみ)という初めて降りる駅に集合し、そこから歩き始めます。先ずは、歴史に翻弄された斉明女帝の陵墓へ行きます。ここへ行くには200段の階段を登らなければなれません。それだけ、今は静かな場所におられるのですね。
 
Img_0839 主宰の田中先生のお話しは、光雲禅寺でお弁当とした後、行われました。目の前の枝垂れ桜はもう満開です。
この寺は、黄檗宗ということで、京都・宇治の黄檗山満福寺の系列なのでしょうか、本堂の屋根などにもそうした中国の影響が見られます。
ごはんの後、先生のお話し、日差しがあって暖かくなり、つい、、、うとうと(おい、こらっ!)
 
Img_0869 お昼からは、古墳をいくつかめぐり、近鉄飛鳥駅まで歩きました。
歩く途中では、ここ数日の暖かさで桜が、我々の来訪を待って本日、満開になりましたという感じで迎えてくれます。
有名な牽牛子塚古墳の桜も満開で迎えてくれました。
今回もかぎろひさんはじめ、皆さんには大変お世話になりました。

2017年3月24日 (金)

かぎろひ歴史探訪 奈良北方を歩く

Img_0651 昨日は、今年初めてのかぎろひ歴史探訪で、朝10時に近鉄奈良駅に集合、バスで奈良阪まで乗り、そこからが歩くスタートとなりました。
奈良阪から、近くの奈良豆比古神社へ行き、そこでおはようさん。天気は、良いような、雲が多いような、微妙な出だしとなりました。
 
Img_0627 今日は、奈良のどちらかという市街地の北方を歩くという事で、こんな1000年経つという大きな楠を見ることができました。大きな木は、生命力を感じますね。少しだけ木肌に触れさせていただきました。まさに神宿るという雰囲気がありました。皆さん並んで、次々に木との交流を楽しまれました。
途中、大仏鉄道の廃線跡も通りましたが、これはまたの機会にアップします。
 
Img_0674 元明天皇陵、元正天皇陵、大山守命墓などを巡り、不退寺から最後は海龍王寺が最終地点でした。海龍王寺では、ちょうどこの日から、ご本尊の十一面観音の開扉があり、珍しい仏像を拝見させてもらいました。これは貴重な体験でしたね。
天気はだんだん良くなって昼からは歩いていると暑く感じるほどまでなり、西大寺駅近くでの反省会のビールもおいしくいただきました。
海龍王寺の一切経蔵、鎌倉時代の建立、高床式で重要文化財です。

2017年3月17日 (金)

灘の酒蔵 かぎろひ歴史探訪

Img_0564 今日は、奈良歩き、かぎろひ歴史探訪の方々をご案内して、灘の酒蔵めぐりに出かけてきました。
朝10時に阪神魚崎駅に集合して、歩き始めます。魚崎八幡宮を経て、浜福鶴の蔵へ、その後、櫻正宗、菊正宗、そして近くの公園でお昼御飯としました。
 
Img_0567 昼からは、白鶴と福寿の神戸酒心館へ行き、それぞれの場所で少しずつですが、日本酒の試飲をさせていただき、初春の灘歩きを楽しみました。
このあたりは、昔からの遺跡や名跡が点在しているところでもあり、乙女塚古墳では近くの43号線の喧騒の中、ここを舞台とした恋の物語にも思いをはせました。
 
Img_0568 魚崎から、浜通りあたりを巡り、最終的には阪神御影駅へ戻ってきました。
ここで、締めの打ち上げとして、駅前の立ち飲み屋でほっこりしていましたが、皆さん、5~6キロほど歩いた後なのに、2時間も立ったままでした。本当にお元気な方々でした。

2017年2月17日 (金)

灘歩き 酒蔵めぐりの下見

Img001 奈良にお住いの方々の希望もあって、昨年は西宮に有る酒蔵をめぐるツアーをしましたが、今年もそろそろ、そういうリクエストがあるかもしれないと思い立ち、昨日、阪神魚崎駅から始めて、魚崎郷と御影郷にある酒蔵を順番に歩いてきました。
 
酒蔵は、浜福鶴、櫻正宗、菊正宗、白鶴、福寿の5か所です。そのほか、この地に古くからある八幡神社、古墳、旧跡などを巡ってきました。
さて、実施はいつごろになるでしょうか、奈良の方々の日程調整をお願いしますね。
 
915aux6srl 太田和彦 みんな酒場で大きくなった 河出文庫/読了・・・・・・著者の太田和彦が、角野卓造、川上弘美、東海林さだお、椎名誠、大沢在昌、成田一徹と飲み歩いたときの会話を主にまとめられた一冊で、それぞれの方の酒の飲み方、酒肴、スタイルが分かって面白いですね。巻末の茶者自身へ対してのインタビューも面白い。
ちょいと引っかかるのは、著者自身が東京人目線で語っている部分があるところかなぁ、東京の出身でもないのに、そういう視点を持ってしまうって、どういう事なんだか。以前に読んだ本でも、そういうところがあったけど、そんなもんなんかなぁ、東京に住むということは。

その他のカテゴリー

JR貨物 | Jフィル | MIZUMO | T-ストリングス | かぎろひ歴史探訪 | その他 | やまとんくらぶ | アンサンブル ラ・ピアチェーレ | アンサンブル・アルビレオ | アンサンブル・コスモリバティ | アンサンブル・ジョワン | アンサンブル・ツヴァイ | アンサンブル・フリー | アンサンブル・ミンネン | アンサンブル・ヴィオ | ウォーキング鉄 | オルガンコンサート | オーケストラ・アンサンブル・フォルツァ | オーケストラ・ソノリテ | オーケストラ・ノインテ | オーケストラ・ブラヴォー! | オーケストラ千里山 | オーディオ | カメラ | カンマーフィルハーモニー京都 | クラシックサロン・アマデウス | クラシック音楽 | クランクレーデ | クレー管弦楽団 | グッド・シーズン・アンサンブル | グルメ | コレギウム・ヨハネス | コレギウム夙川管弦楽団 | セント・マーティン・オーケストラ | ゾンアーベント・アンサンブル | タリヘーレ四重奏団 | ダムカード | テレマン室内オーケストラ | ディスクユニオン | ニイジマ・キネン・オーケストラ | ニュージーランド鉄道 | ハイマート交響楽団 | ハイマート合唱団 | バス | バッハクライス神戸 | バンブスアンサンブル | パソコン | フォンス・フローリス古楽院 | ホール・バルティカ | ミモザの会 | ミュー室内管弦楽団 | メイプルフィル | ライブカメラ | ラグビー | ワンコイン市民コンサート | ヴェデルニコフ | 万葉 | 三宝鉄道 | 上甲ウィンドシンフォニー | 上甲子園中学吹奏楽部 | 交響楽団ひびき | 京急 | 京成 | 京王 | 京都フィロムジカ管弦楽団 | 京都大学交響楽団 | 京阪 | 伊予鉄道 | 伊豆急行 | 六甲フィル | 兵庫医科大学医療大学合同オーケストラ_ | 兵庫芸術文化センター管弦楽団 | 切符 | 初演企画 | 北摂フィル | 北総 | 南海 | 卯之町 | 合唱団 | 吹奏楽 | 吹田市交響楽団 | 土佐くろしお鉄道 | 土佐日記 | 土佐電 | 地下鉄 | 堺フィル | 夢の国 ニュージーランド | 大井川鉄道 | 大阪センチュリー交響楽団 | 大阪フィルハーモニー交響楽団 | 大阪フロイデ合唱団 | 大阪モーツァルトアンサンブル | 大阪交響楽団 | 大阪市営交通局 | 大阪市営地下鉄 | 大阪市民管弦楽団 | 大阪芸術大学管弦楽団 | 奈良女子大管 | 学園都市交響楽団 | 宝塚響 | 富士急行 | 小田急 | 尼崎市吹奏楽団 | 尼崎市民交響楽団 | 尼崎弦楽アンサンブル | 居酒屋 | 山陽 | 岡山電軌 | 嵐電 | 広島電鉄 | 廃線跡 | 指揮者 | 新京成 | 新幹線 | 旅行 | 日本センチュリー交響楽団 | 最近のCD | 最近のLP | | 東急 | 東武 | 枚方フィル | 武庫川女子大学音楽学部 | 水族館 | 水間鉄道 | 江ノ電 | 父親のアルバムから | 甲南大学OB交響楽団 | 甲南大響 | 甲南女子大学管弦楽団 | 白黒懐かし画像 | 相鉄 | 神戸アンサンブルソロイスツ | 神戸大学響 | 神戸電鉄 | 神戸高校OBオーケストラ | 福井鉄道 | 私の名盤シリーズ | 箕面コンセルト室内合奏団 | 紫苑交響楽団 | 美術 | 聖ソフィア・バラ合唱団/合奏団 | 能勢電 | 芦屋交響楽団 | 芦屋室内合奏団 | | 若林顕 | 落語 | 蒸気機関車 | 藤井貴宏 | 衣笠交響楽団 | 西宮交響楽団 | 西宮探訪 | 見仏 | 豊中市民管弦楽団 | 豊橋鉄道 | 近江鉄道 | 近畿フィルハーモニー管弦楽団 | 近鉄 | 遠州鉄道 | 鉄道 | 長岡京市民管弦楽団 | 長崎電軌 | 長楽庵 | 関西グスタフ・マーラー交響楽団 | 関西フィルハーモニー管弦楽団 | 関西医科学生交響楽団 | 関西学院交響楽団 | 関西SPレコード愛好会 | 阪堺電車 | 阪急 | 阪神 | 阪神タイガース | 静岡鉄道 | 須磨フィル | 飛行機 | 高松琴平電鉄 | 高槻室内管弦楽団 | | 龍谷大学交響楽団 | JR四国 | JR東日本 | JR東海 | JR西日本

フォト

掲示板

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

無料ブログはココログ