国鉄奈良機関区

  • Photo_7
    昭和46年に奈良機関区を訪ねています。変わりやすい天気で、晴れていると思ったら急に雨が降ってきて大変な日でした。

THE 大阪駅~特急編~

  • 16
    中高生のころ、大阪駅はまだ日常の中にはなく、特急列車を撮りに行く特別な場所であった。栄光の時代が残っていた大阪駅に発着する特急列車の姿を封じ込めました。

THE 大阪駅~急行編~

  • 1258
    大阪駅に発着する急行を集めてみました。行き先によっては、ディーゼルカーの急行もあり、思えば楽しい駅だったのですね。ご興味の方は写真帖のずっと下にある「甲子園口急行物語」もご覧ください。

昭和45-47年の天王寺駅

  • キハ58 きのくに
    天王寺駅は単に竜華や奈良方面、阪和方面への乗り換え駅だったが、紀勢線ホームは頭端駅として有名だった。 時折、乗り換えの途中、駅撮りなどしていたようだ。

竜華・昭和46年

  • Photo_3
    昭和46年に数回に分けて竜華へ出陣しています。当時の関西線はローカルそのもの、まだまだ煙も多く残っていました。

甲子園口(その周辺)急行物語

  • Photo_7
    甲子園口西方の踏切があったあたり、そのもう少し西側の日通の倉庫前あたりは友人たちとのたまり場でした。陽が暮れるまで電車の通過を楽しんでいました。

京都駅残照・昭和45年前後

  • Photo_3
    昭和45年当時、京都駅へ行く機会は限られていたが、その中で残していた写真の中からいくつかを抜粋した。 京都の寺社、観光地に興味を持つのはもう少し後になった。

西宮を走った国鉄電車特急・昭和45年頃

  • Photo_2
    国鉄時代、地元西宮でもいろいろな電車特急が走っていた。 そのすべてではないが、手元に残る写真のうちからいくつかを抜粋した。

あぁ上野駅 昭和46年

  • 特急やまびこ
    初めて東京へ行った昭和46年、昔の風情の残る上野駅に間に合いました。

神戸市電 最後の日

  • 星電社前
    1971年3月に神戸市電は歴史を閉じました。その最終日に神戸市内の各所で写真に収めましたが、思えば震災前の神戸の街も封じ込めたことになりました。

東海道のんびり行

  • 24
    昭和49年5月に、当時まだ走っていた急行桜島・高千穂に乗って、のんびり東海道を東上しました。そのときの車窓風景をまとめました。

京阪滝井駅 昭和50年

  • Photo_2
    京阪電車は今年、中ノ島新線の開通や電車の塗装変更、さらに往年の名特急1900系の引退と話題に事欠きませんが、ごく普通に走っていた昭和50年の滝井駅の様子はこんな感じでした。

昔日の近江鉄道

  • Photo_4
    近江鉄道は、学生時代からの万葉旅行会で近江蒲生野へ行くときに撮影した程度だった。これはその一連の名残である。 「茜さす紫野行き標野行き野守りは見ずや妹が袖ふる」

マンモス機 EH10

  • 04
    国鉄が作った最大最強のマンモス電気機関車EH10。 今でこそ、8軸の電機はいろいろあるけれど、目に焼きついているのはこの機関車だ。

京都市電

  • 2607
    京都へ行くと市内の移動はたいてい市電だった。 市電だと京都初心者にもわかりやすかった。 たまにバスに乗るとぐるっと市内の引き回しにあったり、とんでもない方向へ走ったりと痛い目に会ったからだ。

きーんてーつ特急

  • Photo_11
    70年代の近鉄特急の白黒写真を集めてみました。点数も少なく恐縮ですが、関西には少ない観光特急の雰囲気だけでも伝えたい。おまけにあおぞら号も何枚か。

近鉄、ちょっと前の車両たち

  • 1413
    1980年代に撮った近鉄の一般車両の中からチョイスしてみた。少し小さいというだけで、なんだか親しみを感じる車両の面白さもある。

野上電鉄、廃止3週間前

  • キハ28
    1994年3月末をもって廃止された野上電鉄を、廃止3週間前に友人の2Aカレチさんと訪れた。併せて周辺の鉄道へも足を運んだので、藤並駅でみた有田鉄道のキハをおまけに追加した。

阪神5314F 愛

  • Img_6204
    阪神電車最古参の5314Fは5550Fの新規参入によっていよいよ引退の時期を迎えた。この前パン貫通幌を持つ古き阪神電車の顔を残す編成を追いかけた。

ゴハチ

  • 16ef58
    今も人気のEF58ばかりを集めました。近所鉄の西宮、武庫川をはじめ大阪駅、少し遠くて下関。元気にゴハチが走り回っていた時代がありました。

琴電 旧型車を並べて

  • Img_0059
    平成10年から出張が多かった四国ですが、何回かは高松に足を運んで琴電を追いました。古い写真がなぜか見つからないので、旧型車が消える数年前からのものばかりです。

RRE様HP掲載一覧

  • 0001601
    ブログ開設以前はRREさんの掲示板への投稿を続けていました。ここに、その投稿画像をまとめましたので、ご笑覧いただければと思います。

島原鉄道2007

  • Img_2046
    去年の3月に出○ついでに諫早駅周辺、島原鉄道、足を少し伸ばして長崎電軌を訪問しました。島原鉄道の一部廃止は残念です。

JR九州の車両たち、諫早駅周辺

  • Img_2023
    ラストランブームになったなは/あかつきもこのころは全然注目されず。九州はいろんな列車があって楽しめます。

長崎は今日も雨

  • Img_2117
    長崎ではすごい雨にあいました。それにもめげず、撮り鉄に励んできました。

名鉄瀬戸線

  • Img_1926
    名鉄瀬戸線に6750系という大手私鉄最後の吊りかけ車が走っていると聞いて訪問しました。2008.03.24

惜別 0系新幹線 

  • 01 相生駅 0系の横顔
    いよいよ平成20年11月末に引退する0系新幹線。山陽路で活躍していた近年の記録です。

四国の気動車

  • 四国は今でも気動車の天国です。その中でも、普通車の運用に供せられる車両を集めてみました。普通車だけにDCより気動車という言い方が似合います。

名鉄にあったレールバス

  • 到着したレールバスからの乗り換え
    名鉄の三河線、猿投の先には西中金まで延びる単線があり、そこには今ではその姿をほとんど見ることが出来ないレールバスがひっそりと走っていました。1987年4月、2Aカレチさんと訪れた記録です。

名鉄揖斐線

  • 512号車内
    1987年4月に2Aカレチさんと名鉄を訪れました。 揖斐線は一時下車した美濃北方駅と黒野駅での写真です。

名鉄の旧型車

  • 103763
    1987年4月 2Aカレチさんと一緒に名鉄を訪れました。 名鉄の本線あたりでもまだまだ吊り掛け車が走っていました。

名鉄岐阜市内線

  • 08
    1987年4月、2Aカレチさんと名鉄を訪れた。岐阜市内線をとりあえず撮影した後、揖斐線へと向かった。

明延鉱山とともに

  • 04_img_0155
    小学生時代、明延鉱山の学校とクラス同士の文通をした。その場所がどこだか全く知らずに居たが1円電車の存在は知っていた。その地を訪れたのは随分大人になってからとなった。

鍛冶屋線~愛と死をみつめて

  • 09_img_0334
    大正12年に全線が開通した鍛冶屋線はJR後の平成2年、その歴史に幕を下ろした。 また、「愛と死をみつめて」で有名なミコこと大島みち子さんはこの沿線の方で、線路を見下ろす小高い岡の上にお墓がある。

EF65 0番台原色+茶ガマ

  • 103_img_2881
    かつて、全国の直流区間ではおなじみだったEF65の0番台も、今では岡山に集結する11機のみである。そのうち、原色を保っているのはわずか4両となった。

かぎろひ歴史探訪

2019年6月21日 (金)

長岡京を歩く その7 中山修一記念館⇒サントリー京都工場

Dsc06172  Dsc06173  Dsc06174

6月12日は長岡京市内を歩き、長岡天満宮、神足神社、勝竜寺城公園、恵解山古墳などを回り、中山修一記念館へやってきました。中山修一さんは地元の教員をしながら、住んでいる地元にあった長岡京の実態を明らかにした人で、日本のシュリーマンとも呼ばれている方です。もともと、今のJR長岡京市駅の西側に住んでいた中山さんが、近くのお百姓さんに田圃の大きさを聞いたことから、その区画が都の条坊制に該当する大きさだと思いつき、長岡京発掘の糸口を見いだしたとのことです。ここでは、管理されている方から、懇切丁寧なご説明をいただきました。

Dsc06175  Dsc06176

さて、いろいろと長岡京市内を歩いてきましたが、最終的な落としどころはサントリー京都工場です。ここではビール製造の見学ができます、そして見学の後、出来立てのビールの試飲ができるという事です。この日はその恩恵には浴しませんでしたが、来月にこのコースを奈良歩き、かぎろひ歴史探訪の方々を案内して歩こうと思っていますので、その時にはここでしっかりと勉強したいと思っています。おわり。

2019年6月20日 (木)

長岡京を歩く 恵解山古墳(いげのやまこふん)

Dsc06168  Dsc06169_1  Dsc06170

勝竜寺城公園から南西方向へ歩いていくと、JRの線路沿いに恵解山古墳があります。この古墳は、古墳時代中期(今から約1600年前)に造られた前方後円墳です。古墳の大きさは、全長128m、後円部の直径約78.6m、前方部の幅約78.6mで、乙訓(おとくに)地域最大の規模を有しています。古墳の周囲には幅約25mの浅い周濠があり、周濠を含めた古墳の全長は約180mに及びます。

Dsc06165  Dsc06163  Dsc06164

築かれた当時は斜面全体に石が葺かれ、平らなところには埴輪が立て並べられていました。古墳に葬られた人物の名前は記録に残っていませんが、古墳の大きさなどから少なくとも乙訓地域の全域を支配した実力者の墓であったと考えられます。現在では、一部復元されて、埴輪が前方部に並んでいます。発掘の結果、鉄製の武器(大刀146点前後、剣11点、槍57点以上、短刀1点、刀子10点、弓矢の鏃472点余り、ヤス状鉄製品5)など総数約700点を納めた武器類埋納施設が発見されました。後円部は江戸時代から墓地として利用されており、関係者以外立ち入りができません。

51j2kq8ndsl__sx345_bo1204203200_

愛川晶 道具屋殺人事件 神田紅梅亭寄席物帳 中公文庫/読了・・・・・・・・こういうことは余りないのですが、愛川晶の本が文庫で出たというだけで買ってしまいました。奥付を見ると、なんと創元推理文庫で出た本の再発刊という。あちゃー、やってしまった。けれど、愛川晶の見事な文章に酔いしれて、楽しい時間を過ごすことができました。東京の落語の定席を舞台にした、何とも面白い一冊でした。

2019年6月19日 (水)

長岡京を歩く その6 勝竜寺城

Dsc06140 Dsc06139

6月12日は、長岡京を歩き、神足遺跡、神足神社と回り、さらに南下して歩くコースのメインとなる勝竜寺城へやってきました。ガラシャ通りという道路に面して広い堀と城壁が続きます。これはかなりの威容ですね。平成4年に整備工事が進められ公園として公開されています。写真に見える櫓は新しく造られた建物です。

Dsc06144  Dsc06147

ここは、細川忠興と明智光秀の娘、玉、後の細川ガラシャが結婚して住んでいたお城です。もともとは南北朝時代に礎があるようですが、元亀2年1571年に細川藤孝が織田信長から拝領した城で、その子が忠興です。城内の公園には、細川忠興とガラシャの像がありました。

Dsc06149  Dsc06151

この城跡の南側には、堀を渡る橋、大門があり、こちらが正面に当たります。来年のNHKの大河は明智光秀なので、こちらは一層の賑わいを見せることでしょうね。観光協会の方にお話を聞くと、地元ではよほどのアピールをNHKにされたようです。

2019年6月18日 (火)

長岡京を歩く その5 神足神社

Dsc06128  Dsc06129  Dsc06130

6月12日は、長岡京市内を歩きました。阪急から長岡天神、JR長岡京駅から南下し、神足遺跡の説明版を見ました。そこからすぐ南に、神足神社があります。ここは、近くにあった勝竜寺城の城内で有り、外敵を防ぐ土塁が残っています。境内に入ったところには土塁の断面がタイルで示されています。

Dsc06132  Dsc06131  Dsc06133

土塁は断面だけとなく、横矢掛りの虎口と呼ばれる防御の形が残っています。敵が大勢で押し寄せても狭い入り口で敵が並びますから、横から一斉に射撃してやっつけるという、、、ずるいですね(笑) 堀は深いですし、堀に嵌ったら上から狙い撃ちになります。よく考えられた防御の形ですね。見ごたえありです。

Dsc06135  Dsc06138  Dsc06136

神社の拝殿は、もうごく普通の建物です。境内の北側には公園が広がっていて、テニスコートも有ったりして、市民の憩いの広場になっていました。この神社の入り口付近に、神足さんというお家がありました。きっと神官の方なのでしょうね。飛鳥坐神社の宮司さんが飛鳥さんであるかのように。さて、いよいよ、お城へ足を向けます。つづく。

2019年6月17日 (月)

かぎろひ歴史探訪 秋篠寺 西ノ京

Dsc06195  Dsc06210  Dsc06214

昨日6月16日は、奈良歩き、春のかぎろひ歴史探訪、日曜日コースの最終回で、朝10時に近鉄西大寺駅に集合でした。近鉄西大寺駅前は再来年までの予定で駅前再開発の麹が進められています。ここからバスに乗ってまずは技芸天で有名な秋篠寺へ向かいます。技芸天とも随分久しぶりの対面でした。また、塔の跡に残る礎石は苔むしていい感じでしたね。

Dsc06221  Dsc06226

次に秋篠寺に隣接する八所御霊神社へ。日曜日ということもあるのか、神事が行われていました。さらに、十五もの祭神をまとめてお祭りしている十五所神社を訪れます。思いのほか小さな社でしたから、きっと狭い狭いと文句の出るところでしょうね。

Dsc06231  Dsc06239

昼からは、まず西大寺へ行きました。この寺は奈良時代に建立され、東大寺と並ぶ奈良七大寺のひとつとされましたが、その後火事などもあって衰退し鎌倉時代に一時は復興したようです。多くの伽藍が失われ、西大寺というと今では駅名や繁華街としての名前のほうが通りがいいですね。

Dsc06249  Dsc06253

さらに近くの八幡社、元は西大寺の鎮守社だった社を周り、菅原道真が生まれたという菅原神社へ。菅原道真が産湯を使ったという池もありました。境内には、菅公ということもあり、やはり、梅の木が多かったですね。

Dsc06260  Dsc06294

最後に広い道路に面した喜光寺へ立ち寄りました。ここは行基さんの開基と言われています。境内に多くの蓮がありましたが、それはまた別に紹介します。最後に巨大な垂仁天皇陵をぐるっと回り、西ノ京に至る薬師寺の道を歩いて、近鉄西ノ京駅にたどり着き、春の奈良歩きの締めくくりとなりました。

321806000290

谷川流 涼宮ハルヒの憤慨 角川文庫/読了・・・・・・・涼宮ハルヒシリーズのアニメ化されていない作品2つの収まった一冊です。ひとつは、文芸部として活躍しなければならなくなったSOS団の話し、長門有希ちゃんの文章が気になりますね、深読みしてしまいました。さらに、もう一つは幽霊話から転じて、地球外生命体が犬に寄生する話ですが、我々人間の細胞に入っているミトコンドリアもなぜそこに存在しているのかというのは、まだよくわかっていないとか。それも地球外生命体だったとしたら。。。。

 

2019年6月15日 (土)

長岡京を歩く その4 JR長岡京駅から歩き始める

Dsc06119  Dsc06120  Dsc06123

6月12日は、ある目的をもって長岡京市へ行ってきました。阪急から長岡天満宮、そしてJR長岡京駅にやってきました。元の神足駅ですね、私なんぞには、神足のほうが馴染み深いですけれど。この駅も最近の駅状況に倣って、橋上駅となっています。改札横にコンビニがあるのも便利ですね。駅の東側に下りると、まず目につくのが新幹線0系と蒸気機関車D51の第4動輪です、そして、目を南側に転じると貨物列車の車掌車ヨ8000が置かれていました。両サイドにデッキがあるタイプですね。

Dsc06121  Dsc06125

駅前には、このあたりが江戸時代に勝竜寺城の本丸があったとする碑が立っていました。駅整備に当たって、このあたりの発掘調査をしたのでしょうね。駅前には付近の案内地図が、それもかなり大きなものが建てられていました。地図に左側には何もスポットがないですね、無理にでもなにか見つけて書いてあげたらよかったのに。

Dsc06126  Dsc06127

さて、地図に従い、駅前の通り、これをガラシャ通りというのですが、そこを南下します。すぐ近くにある小学校の校庭の端っこに、このあたり一帯が旧石器時代から中世にかけての集落跡であり、特に弥生時代の拠点的集落遺跡であることを説明している看板がありました。今は工場や学校、家ばかりですから、頭の中で想像するしかありません。さて、さらに南下していきます。

2019年6月14日 (金)

長岡京を歩く その3 阪急からJRまで

Dsc06095  Dsc06096  Dsc06097

6月12日は思い立って長岡京市を歩いてきました。阪急長岡天神駅から長岡天満宮まで行き、今度は天満宮前からの道をまっすぐ東進してJR長岡京駅へ向かいます。阪急京都線を越えるときに特急の発車がありました。阪急から少し行くまでは狭い道ですが、途中から広くて電線を地下化した空の広い道に変わります。

Dsc06110  Dsc06111

JRの駅の手前の通りに長岡京と西国街道の碑があります。この南北に走る細い道は江戸時代の西国街道、京都と西宮を結んでいた道です。伊丹や西宮にもあっちこっちにこの街道跡が残っていて、今も生活道路として利用されています。このあたりでは、まっすぐな道として整備されているようです。

Dsc06108  Dsc06109

その先の広々とした交差点の角に、長岡京発見の地の石碑があります。このあたりに、長岡京発見に一生をかけた中山修一氏の邸宅があったようです。この近くでの農家の方とのやり取りで長岡京にしっかりと整備された都があったことを推測し、現在の長岡京確立に努力された出発点となった場所ですね。

Dsc06099  Dsc06105

JRの長岡京駅の現在の姿です。昭和6年の開業で、以前の神足(こうたり)駅という名前でしたが、平成7年に長岡京駅に改称されました。昭和47年に附近が長岡京市となっていますので、遅きに失した感もありますが。このあたりは道路の拡幅に伴って駅前のビルも建て替えられたようで、(空虚さもある)清潔な感じがしています。

321806000289

谷川流 涼宮ハルヒの陰謀 角川文庫/読了・・・・・・・・・涼宮ハルヒシリーズのひとつで、これはアニメ化されていませんね。タイトルの「陰謀」が何かは最後の最後に明らかになるのでお楽しみに。さて、今回はちょっとしたタイムトラベルがひとつのポイントになっていること、新しいメンツ、かつて登場したメンツの意外な面、そして準レギュラーの深い印象というのが描かれていて、登場人物は全員等しく活躍していた今までの物語に比べると比重が少し変わっていますね。多分、そういう試みなのでしょう。そして、これから先にきっと事件を引き起こすであろうキーも置かれているのですが、さて、どうなっていくのでしょうか。解説の最果タヒさんの文章が秀逸ですね、これがすごい。

2019年6月13日 (木)

長岡京を歩く その2 長岡天満宮

Dsc06085  Dsc06087

6月12日はある目的をもって長岡京市を歩きました。阪急長岡天神駅から西へ、開田城土塁をみて、さらに西進、八条ヶ池へ来ました。そこから池をまわるように歩き、長岡天満宮へやってきました。ここは平安時代に菅原道真の所領地だったと言われており、在原業平らとともに交流を深めた場所でもあるとのこと。

Dsc06090  Dsc06088  Dsc06089

長岡天満宮の本殿は、そこにあった説明版によると もともと平安神宮にあった明治28年に建てられた建物を昭和16年に移築しているようです。本殿は昨年の台風によるものでしょうか、屋根が損傷を受けていて少し哀れな様子ではありました。

Dsc06091  Dsc06092  Dsc06094

本殿近くには、錦景園という庭園が整備されていて、もみじのころには大変きれいな景色を見せてくれるようです。さて、境内の東側に面した鳥居を出て、次のポイントを目指しましょう。

2019年6月12日 (水)

長岡京を歩く その1 開田城土塁 八条ヶ池

Dsc06074

今日は、ふと思い立ち、阪急電車で長岡京市へ行ってきました。伏線はあるのですが、それはさておき、長岡京市へ行くのは、阪急だと武庫之荘から長岡天神までが370円、JRだと、立花から長岡京まで710円、倍ほどの運賃の差があります。なんとかならへんのかなぁ、JR。という事で阪急の長岡天神駅に到着しました。この後、市内各所で見る、明智光秀ゆかりのまち、細川ガラシャゆかりのまち の幟が翻っています。

Dsc06075  Dsc06076  Dsc06077

さて、この駅から西へ向かうとすぐに、開田城土塁跡というのがあります。これは、戦国時代(15世紀から16世紀)に活躍した中小路氏によって築かれた開田城の土塁の一部が復元され、公園として残っているものです。幅約6.5m、高さ2mの土塁(どるい)と、 幅約8m、深さ約1mの堀があったことが明らかになっています。

Dsc06080  Dsc06081  Dsc06083

さらに進むと長岡天神に隣接する八条ヶ池が見えてきます。ちょうど花しょうぶが見ごろを迎えていて、その花を愛でに多くの方が来られていました。池も広いし、花も多いし、何だか豊かになるスポットでした。つづく。

2019年6月10日 (月)

関西文学散歩 信太山

Dsc06013  Dsc06014

昨日6月9日は、いつもお世話になっている奈良歩き、かぎろひ歴史探訪の田中先生が講師をされるという事で、初めて関西文学散歩という集いに参加させていただきました。朝10時に阪和線北信太駅に集合です。ここで会費を払って資料をいただきます。

Dsc06020  Dsc06026  Dsc06030

先ずは近くの信太森葛葉稲荷神社へ向かいます。ここが本日の主題となる葛の葉の物語の中心地です。「恋しくば 訪ね来てみよ 和泉なる 信太の森の うらみ葛の葉」お芝居の芦屋道満大内鑑・葛の葉の子別れ、などなど、助けた狐が嫁入りするものの、成長した子供に狐と見破られ、信太の森へ泣く泣く帰っていくという、古くから伝えられた物語です。ここでは、狛犬ならぬお狐さんが迎えてくれます。

Dsc06054  Dsc06056

昼からは、とても立派な本殿を持つ聖神社を訪ねました。ここの本殿は1604年に豊臣秀頼により造替されたもので、さらに昨年の台風被害から修復されたところのようで、とてもきれいな檜皮葺の屋根、極彩色の塗装はものすごく目を引きます。

Dsc06066  Dsc06069  Dsc06070

最後に熊野街道、現地では小栗街道と呼ばれる街道筋にある篠田(信太)王子跡と、小栗判官笠掛松と照手姫腰掛石という伝説の地を訪ねて、一日のコースを得ました。帰りには、久しぶりに難波のニューミュンヘン・南大使館へ立ち寄り、田中先生と裏メニュービールで喉を潤しました。

51a26diprl__sx309_bo1204203200_

土屋武之 ここがすごい!東京メトロ 実感できる驚きポイント 交通新聞社新書/読了・・・・・・東京メトロ、かつての帝都高速度交通営団、営団地下鉄ですね、その歴史と現在の姿を各線別に紹介しています。実質的にJR以外で最も大きな鉄道会社ですから面白そうなところもいろいろありそうでした。東京は地下鉄を介しての相互乗り入れが濃密ですから、やってくる電車も様々ですね。この車両が地下鉄かどうか、皆さんそんな区別しながら乗ってるのかなぁ。関西からはなかなか実感できる話が少なかったのですが、大阪の地下鉄でこんな本が出ないものかと。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

JR貨物 Jフィル MIZUMO T-ストリングス かぎろひ歴史探訪 その他 みちのくひとり旅 やまとんくらぶ アミーキティア管弦楽団 アンサンブル ラ・ピアチェーレ アンサンブル・アルビレオ アンサンブル・コスモリバティ アンサンブル・ジョワン アンサンブル・ツヴァイ アンサンブル・フリー アンサンブル・ミンネン アンサンブル・ヴィオ ウォーキング鉄 オルガンコンサート オーケストラ・アンサンブル・フォルツァ オーケストラ・クラシック オーケストラ・ソノリテ オーケストラ・ノインテ オーケストラ・ブラヴォー! オーケストラ・ポミエ オーケストラ千里山 オーディオ カメラ カンマーフィルハーモニー京都 カンマーフィルハーモニー神戸 クラシックサロン・アマデウス クラシック音楽 クランクレーデ クレセント室内アンサンブル クレー管弦楽団 グッド・シーズン・アンサンブル グルメ コレギウム・ヨハネス コレギウム夙川管弦楽団 シンフォニア・スピカ セント・マーティン・オーケストラ ゾンアーベント・アンサンブル タリヘーレ四重奏団 ダムカード テレマン室内オーケストラ ディスクユニオン ドイツ紀行 ニイジマ・キネン・オーケストラ ニュージーランド鉄道 ハイマート交響楽団 ハイマート合唱団 バス バッハクライス神戸 バンブスアンサンブル パソコン ファゴット・フェスティバル フェニックスフィル フォンス・フローリス古楽院 プロ野球 ホール・バルティカ ミモザの会 ミュー室内管弦楽団 メイプルフィル ライブカメラ ラグビー ワンコイン市民コンサート ヴェデルニコフ 万葉 三宝鉄道 上甲ウィンドシンフォニー 上甲子園中学吹奏楽部 交響楽団ひびき 京急 京成 京王 京都フィロムジカ管弦楽団 京都プレザントオーケストラ 京都大学交響楽団 京都工芸繊維大学交響楽団 京阪 伊予鉄 伊予鉄道 伊豆急行 信濃の旅 六甲フィル 兵庫医科大学医療大学合同オーケストラ_ 兵庫芸術文化センター管弦楽団 切符 初演企画 北摂フィル 北総 千里フィルハーモニア・大阪 南海 卯之町 叡山電車 合唱団 名鉄 吹奏楽 吹奏楽団 吹田市交響楽団 四国詣で 土佐くろしお鉄道 土佐日記 土佐電 地下鉄 堺フィル 夢の国 ニュージーランド 大井川鉄道 大阪センチュリー交響楽団 大阪フィルハーモニー交響楽団 大阪フロイデ合唱団 大阪メトロ 大阪モーツァルトアンサンブル 大阪交響楽団 大阪市営交通局 大阪市営地下鉄 大阪市民管弦楽団 大阪芸術大学管弦楽団 奈良女子大管 奈良歩き 学園都市交響楽団 宝塚響 富士急行 寝屋川市民管弦楽団 小田急 尼崎市吹奏楽団 尼崎市民交響楽団 尼崎弦楽アンサンブル 居酒屋 山陽 岡山電軌 嵐電 川西市民オーケストラ 幻想フィル 広島電鉄 廃線跡 待兼交響楽団 指揮者 新京成 新幹線 旅行 日本センチュリー交響楽団 最近のCD 最近のLP 東京佼成ウィンドオーケストラ 東急 東武 枚方フィル 樹フィル 武庫川女子大学音楽学部 水族館 水間鉄道 江ノ電 父親のアルバムから 甲南大学OB交響楽団 甲南大響 甲南女子大学管弦楽団 白黒懐かし画像 相愛フィルハーモニア 相鉄 神戸アンサンブルソロイスツ 神戸大学響 神戸市地下鉄 神戸電鉄 神戸高校OBオーケストラ 福井鉄道 私の名盤シリーズ 箕面コンセルト室内合奏団 紫苑交響楽団 美術 聖ソフィア・バラ合唱団/合奏団 能勢電 芦屋交響楽団 芦屋室内合奏団 若林顕 落語 蒸気機関車 藤井貴宏 衣笠交響楽団 西宮交響楽団 西宮探訪 西武 見仏 豊中市民管弦楽団 豊橋鉄道 近江鉄道 近畿フィルハーモニー管弦楽団 近鉄 遠州鉄道 鉄道 長岡京市民管弦楽団 長崎電軌 長楽庵 関西グスタフ・マーラー交響楽団 関西フィルハーモニー管弦楽団 関西医科学生交響楽団 関西大学交響楽団 関西学院交響楽団 関西SPレコード愛好会 阪堺電車 阪急 阪神 阪神タイガース 阪神フィル 静岡鉄道 須磨フィル 飛行機 高松琴平電鉄 高槻室内管弦楽団 龍谷大学交響楽団 JR四国 JR東日本 JR東海 JR西日本

フォト

掲示板

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

無料ブログはココログ