国鉄奈良機関区

  • Photo_7
    昭和46年に奈良機関区を訪ねています。変わりやすい天気で、晴れていると思ったら急に雨が降ってきて大変な日でした。

THE 大阪駅~特急編~

  • 16
    中高生のころ、大阪駅はまだ日常の中にはなく、特急列車を撮りに行く特別な場所であった。栄光の時代が残っていた大阪駅に発着する特急列車の姿を封じ込めました。

THE 大阪駅~急行編~

  • 1258
    大阪駅に発着する急行を集めてみました。行き先によっては、ディーゼルカーの急行もあり、思えば楽しい駅だったのですね。ご興味の方は写真帖のずっと下にある「甲子園口急行物語」もご覧ください。

昭和45-47年の天王寺駅

  • キハ58 きのくに
    天王寺駅は単に竜華や奈良方面、阪和方面への乗り換え駅だったが、紀勢線ホームは頭端駅として有名だった。 時折、乗り換えの途中、駅撮りなどしていたようだ。

竜華・昭和46年

  • Photo_3
    昭和46年に数回に分けて竜華へ出陣しています。当時の関西線はローカルそのもの、まだまだ煙も多く残っていました。

甲子園口(その周辺)急行物語

  • Photo_7
    甲子園口西方の踏切があったあたり、そのもう少し西側の日通の倉庫前あたりは友人たちとのたまり場でした。陽が暮れるまで電車の通過を楽しんでいました。

京都駅残照・昭和45年前後

  • Photo_3
    昭和45年当時、京都駅へ行く機会は限られていたが、その中で残していた写真の中からいくつかを抜粋した。 京都の寺社、観光地に興味を持つのはもう少し後になった。

西宮を走った国鉄電車特急・昭和45年頃

  • Photo_2
    国鉄時代、地元西宮でもいろいろな電車特急が走っていた。 そのすべてではないが、手元に残る写真のうちからいくつかを抜粋した。

あぁ上野駅 昭和46年

  • 特急やまびこ
    初めて東京へ行った昭和46年、昔の風情の残る上野駅に間に合いました。

神戸市電 最後の日

  • 星電社前
    1971年3月に神戸市電は歴史を閉じました。その最終日に神戸市内の各所で写真に収めましたが、思えば震災前の神戸の街も封じ込めたことになりました。

東海道のんびり行

  • 24
    昭和49年5月に、当時まだ走っていた急行桜島・高千穂に乗って、のんびり東海道を東上しました。そのときの車窓風景をまとめました。

京阪滝井駅 昭和50年

  • Photo_2
    京阪電車は今年、中ノ島新線の開通や電車の塗装変更、さらに往年の名特急1900系の引退と話題に事欠きませんが、ごく普通に走っていた昭和50年の滝井駅の様子はこんな感じでした。

昔日の近江鉄道

  • Photo_4
    近江鉄道は、学生時代からの万葉旅行会で近江蒲生野へ行くときに撮影した程度だった。これはその一連の名残である。 「茜さす紫野行き標野行き野守りは見ずや妹が袖ふる」

マンモス機 EH10

  • 04
    国鉄が作った最大最強のマンモス電気機関車EH10。 今でこそ、8軸の電機はいろいろあるけれど、目に焼きついているのはこの機関車だ。

京都市電

  • 2607
    京都へ行くと市内の移動はたいてい市電だった。 市電だと京都初心者にもわかりやすかった。 たまにバスに乗るとぐるっと市内の引き回しにあったり、とんでもない方向へ走ったりと痛い目に会ったからだ。

きーんてーつ特急

  • Photo_11
    70年代の近鉄特急の白黒写真を集めてみました。点数も少なく恐縮ですが、関西には少ない観光特急の雰囲気だけでも伝えたい。おまけにあおぞら号も何枚か。

近鉄、ちょっと前の車両たち

  • 1413
    1980年代に撮った近鉄の一般車両の中からチョイスしてみた。少し小さいというだけで、なんだか親しみを感じる車両の面白さもある。

野上電鉄、廃止3週間前

  • キハ28
    1994年3月末をもって廃止された野上電鉄を、廃止3週間前に友人の2Aカレチさんと訪れた。併せて周辺の鉄道へも足を運んだので、藤並駅でみた有田鉄道のキハをおまけに追加した。

阪神5314F 愛

  • Img_6204
    阪神電車最古参の5314Fは5550Fの新規参入によっていよいよ引退の時期を迎えた。この前パン貫通幌を持つ古き阪神電車の顔を残す編成を追いかけた。

ゴハチ

  • 16ef58
    今も人気のEF58ばかりを集めました。近所鉄の西宮、武庫川をはじめ大阪駅、少し遠くて下関。元気にゴハチが走り回っていた時代がありました。

琴電 旧型車を並べて

  • Img_0059
    平成10年から出張が多かった四国ですが、何回かは高松に足を運んで琴電を追いました。古い写真がなぜか見つからないので、旧型車が消える数年前からのものばかりです。

RRE様HP掲載一覧

  • 0001601
    ブログ開設以前はRREさんの掲示板への投稿を続けていました。ここに、その投稿画像をまとめましたので、ご笑覧いただければと思います。

島原鉄道2007

  • Img_2046
    去年の3月に出○ついでに諫早駅周辺、島原鉄道、足を少し伸ばして長崎電軌を訪問しました。島原鉄道の一部廃止は残念です。

JR九州の車両たち、諫早駅周辺

  • Img_2023
    ラストランブームになったなは/あかつきもこのころは全然注目されず。九州はいろんな列車があって楽しめます。

長崎は今日も雨

  • Img_2117
    長崎ではすごい雨にあいました。それにもめげず、撮り鉄に励んできました。

名鉄瀬戸線

  • Img_1926
    名鉄瀬戸線に6750系という大手私鉄最後の吊りかけ車が走っていると聞いて訪問しました。2008.03.24

惜別 0系新幹線 

  • 01 相生駅 0系の横顔
    いよいよ平成20年11月末に引退する0系新幹線。山陽路で活躍していた近年の記録です。

四国の気動車

  • 四国は今でも気動車の天国です。その中でも、普通車の運用に供せられる車両を集めてみました。普通車だけにDCより気動車という言い方が似合います。

名鉄にあったレールバス

  • 到着したレールバスからの乗り換え
    名鉄の三河線、猿投の先には西中金まで延びる単線があり、そこには今ではその姿をほとんど見ることが出来ないレールバスがひっそりと走っていました。1987年4月、2Aカレチさんと訪れた記録です。

名鉄揖斐線

  • 512号車内
    1987年4月に2Aカレチさんと名鉄を訪れました。 揖斐線は一時下車した美濃北方駅と黒野駅での写真です。

名鉄の旧型車

  • 103763
    1987年4月 2Aカレチさんと一緒に名鉄を訪れました。 名鉄の本線あたりでもまだまだ吊り掛け車が走っていました。

名鉄岐阜市内線

  • 08
    1987年4月、2Aカレチさんと名鉄を訪れた。岐阜市内線をとりあえず撮影した後、揖斐線へと向かった。

明延鉱山とともに

  • 04_img_0155
    小学生時代、明延鉱山の学校とクラス同士の文通をした。その場所がどこだか全く知らずに居たが1円電車の存在は知っていた。その地を訪れたのは随分大人になってからとなった。

鍛冶屋線~愛と死をみつめて

  • 09_img_0334
    大正12年に全線が開通した鍛冶屋線はJR後の平成2年、その歴史に幕を下ろした。 また、「愛と死をみつめて」で有名なミコこと大島みち子さんはこの沿線の方で、線路を見下ろす小高い岡の上にお墓がある。

EF65 0番台原色+茶ガマ

  • 103_img_2881
    かつて、全国の直流区間ではおなじみだったEF65の0番台も、今では岡山に集結する11機のみである。そのうち、原色を保っているのはわずか4両となった。

ワンコイン市民コンサート

2018年4月15日 (日)

ワンコイン市民コンサート 宮本あき子ソプラノリサイタル

Image1_jpegツツジが満開となった大阪大学の構内にある大阪大学会館で、ワンコイン市民コンサートが開かれた本日、いつものようにボランティアスタッフとしてお手伝いに出向きました。今日は、バイロイト歌劇場でもご活躍の宮本あき子さんによるソプラノリサイタルです。ピアノは、浜野りささん。練習の段階からホールを満たしロビーにまで響いてくる素晴らしい声量です。

Image2_jpeg今日はバイロイトの歌手らしく、ワーグナーをめぐる作曲家とその音楽という副題が付けられたプログラム、ペーター・コルネリウス、フランツ・リスト、リヒャルト・シュトラウス、それにワーグナーの歌曲がふんだんに披露されました。それぞれの作曲家が微妙にワーグナーと結びついているのですね。

Image3_jpeg宮本さん、意外に小柄な方でしたが、さすがの歌唱で魅了されました。バイロイトをはじめ、ヨーロッパの歌劇場で鍛えられたというのは、まさに本物ですね。ウィーンのフォルクス・オーパーでもご活躍とは、素晴らしい。ピアノの浜野さんですが、少しだけご縁のある奥千恵子さんというピアニストのお弟子さんというのも、ほっこりでした。

2018年3月18日 (日)

大阪大学ワンコイン市民コンサート エマニュエル・リモルデイ ピアノリサイタル

Image1_jpeg今月の大阪大学ワンコイン市民コンサートは、ミラノ生まれのエマニュエル・リモルデイのピアノリサイタルでした。今日も、暑いのか寒いのか、よくわからない天気の中、阪急石橋で下車して大阪大学会館まで行って来ました。ミラノ生まれのリモルディ、数々のコンクールで優勝、入賞を飾っており、多くのホールでコンサートを経験しているという人のようです、若い!

Image3_jpeg今日のプログラムは、クレメンティのソナタ、シューマンの幻想曲(これは大曲)、ヴェルディの歌劇「アイーダ」から神前の踊りと終幕の二重唱をリストが編曲した音楽、最後にまたまた大曲であるラフマニノフの前奏曲集です。

Image2_jpeg何と言っても、シューマンとラフマニノフですが、音の洪水にのまれてしまいました、ただただ、凄いとしか言うような音楽がステージから流れました。ダイナミックな音楽の展開の中にも、細かなニュアンスがあるし、リズム感もすごいので思わず腰を上げてしまいそうな、そんなのめり方に誘われてしまいました。ソロもいいかもしれませんが、協奏曲とかもぜひ聞いてみたいピアニストさんでしたね。お客さんがやや少なめだったのが惜しいですね。

102189磯田道史 歴史の愉しみ方 忍者・合戦・幕末史に学ぶ 中公新書/読了・・・・・・・・・磯田さんの読みやすい語り口に引き込まれてしまい、ほぼ1日で読み終えてしまいましたが、面白さ酔ったので、すこしもったいない気持ちもありました。忍者の実像に迫った章から始まり、この歴史に触れる愉しさに思わず手を打ちました。最近、歴史上の地震学に深く入っておられるようで、こういった本もまた読んでみたいですね。

2018年2月18日 (日)

大阪大学ワンコイン市民コンサート 沼沢淑音ピアノリサイタル

Image2_jpeg風は冷たいものの、真冬と比べると鋭い日差しとなった本日、大阪大学会館で開催された大阪大学ワンコイン市民コンサートのボランティア・スタッフとしてのお手伝い、沼沢淑音さんのオルフェウスの竪琴・冥府に響く音と題されたピアノリサイタルでした。快晴の空に飛行機雲が2本、建物は大阪大学会館。

1_2本日は、スカルラッティ、モーツァルト、ヤナーチェク、後半にショパンのピアノソナタ第3番を置き、最後にスクリャービンという並び、時代を超越したプログラムでした。スカルラッティ、モーツァルトは繊細な表現、強い音を極力抑えた演奏に少し暗めの印象を受けました。ヤナーチェクは初めて聞きましたが、ピアノソナタというものの、構成感よりも自由な音の舞踏が面白い音楽でしたね。1905年というと、ロシアの血の日曜日事件の年ですが、何か関係するのでしょうね。これは調べなくてはなりませんね。

Image3_jpegショパンのソナタは、椅子に座るなり弾きはじめ、音楽に没入したという演奏でした。前半にあった繊細な音楽はそのままに、一本力強い筋が入った上に音がだんだん堂々としていく様子が伺えました。最後は華麗な音場がホールに響きました。スクリャービンはそれらの音楽とまったく違う世界でしたが、音の中に美しさも残していました。沼沢さん、お疲れ様でした。

51ig3kb6vjl__sx339_bo1204203200_鯨統一郎 作家で十年いきのびる方法 光文社文庫/読了・・・・・・・・面白さが好みの鯨統一郎が作家になるまでの苦節については、別の努力しないで作家になれる方法という本で読みましたが、今回の本は作家としてデビューしてようやく軌道に乗るまでの10年間のもたもたを書いた半自伝的小説です。半分どころか、本音も含めて、多分そのままだと思いますが。はい、楽しくさらっと読ませていただきました。この後の10年間についても、作家でさらに10年間生き続ける方法という本が出ることを祈っています。

2018年1月21日 (日)

大阪大学ワンコイン市民コンサート 寺神戸亮リサイタル

Image3_jpeg昼から今年初めての、大阪大学ワンコイン市民コンサートのお手伝いに出かけました。阪急石橋へやってくるのも久しぶりのことです。今日は、バロックヴァイオリンの第一人者、寺神戸亮さんによる、<シャコンヌへの道>と題するコンサートです。

演奏者自身の解説もあり、ソロでの演奏が披露されました。曲目は、バッハ以前の時代から、バルツァー、ヴェストホフ、ビーバーの作品が前半に演奏され、後半はテレマンと最後にバッハの無伴奏パルティータ第2番からシャコンヌが演奏されました。

Image4_jpegいずれの演奏も、極力音楽の余分な衣を廃した生身の芯の部分だけが表現され、厳しい音楽が披露されました。ヴェストホフはバッハの師匠という事だけあって、響きの中に、バッハが見え隠れするのが面白かったですね。本当は逆なんですけれど。シャコンヌは、味わい深い音楽になりました。

51h19uzjvtl畠中恵 うずら大名 集英社文庫/読了・・・・・・・著者は、今や最高のシリーズものを持っていますが、このような単発物も書いているようですね。とは言うものの、これは登場人物のキャラクターが面白いですから、ぜひシリーズ化してほしいところですね。物語の流れの多くは、そのキャラクターに乗っかった感じがしますね。そうすると、謎の解明とか、そういうのがどうでもよくなるという弊害は出てくるのですが。

2017年10月15日 (日)

ワンコイン市民コンサート 佐藤卓史ピアノリサイタル

Image1_jpeg_2雨がしとしと降る中、大阪大学会館で開かれたワンコイン市民コンサート 佐藤卓史ピアノリサイタルのお手伝いに出かけてきました。本当に今日は雨の止み間がなく連続して降りましたね。こんな日に野球していたなんて思いもよりませんでしたが。石橋駅を梅田方面に向けて出発する宝夢YUME編成の阪急電車1000系。

Image2_jpeg今日は、「ウィーン 夢の街」と題して、ウィーンで活躍した古今の作曲家に焦点を当てたプログラム。佐藤さんの解説を挟んだ進行となりました。モーツァルトからベートーヴェン、シューベルト、ブラームス、さらにシェーンベルク、ベルク、コルンゴルド、コント、本当に幅広い選択ですね。

Image3_jpeg佐藤さんの演奏は、大きなおもちゃ箱をひっくり返したみたいで、次々に楽しいことが起きるワクワクする内容でした。様々な音色、音質、表現で楽しませていただきました。

2017年9月30日 (土)

ワンコイン市民コンサート 柴田由貴 無伴奏ヴァイオリンリサイタル

Image1_jpegすさまじいコンサート体験でした。なにがすごいって、練習の会場から漏れ聞こえる音楽をきいているだけでもうお腹いっぱいになったくらいですから。

今日は昼から、17日に予定されていたものの、台風の直撃で延期になっていたワンコイン市民コンサートのお手伝いのために大阪大学会館に行きました。台風の日とは全く違う青空が広がる秋の一日です。

Image2_jpeg今日は柴田由貴さんというヴァイオリニストで、冊子によると、なんとパトリス・フォンタナローザのお弟子さんなのですね。フォンタナローザ、懐かしい名前です。フランコ・ベルギー派の流れを汲む伝統的な演奏法が取り入れてられるところも期待大ですね。この派では、古くはアルトゥール・グリュミオー、現役ではオーギュスタン・デュメイが知られていますね。とにかく美音と合ったウ的な表現力が魅力なんですよね。

Image3_jpeg演奏は期待にたがわずどころではなく、バッハとイザイの無伴奏ソナタに真正面から取り組んだ本格的なもので、こんなすごい演奏に出会えるなんて、滅多にあるものではありませんでした。特にイザイについては、根を詰めた演奏で、一分の隙も無い完璧な演奏を目指したものでした。帰りに柴田さんが録音されたイザイの無伴奏ソナタのCDを購入しました。これは大変な楽しみになりますね。

緊迫度では、今年聞いた演奏会のなかでも白眉の内容でした。すごい!

2017年8月21日 (月)

ワンコイン市民コンサート デュオ・ヴェンタパーネ

Img_2734昨日は久しぶりになったのですが、大阪大学会館で開かれるワイコイン市民コンサートのお手伝いの為、阪急石橋駅で下車しました。石橋駅から大阪大学へ行くには、待兼山という少し小高いところへ向かうのですが、猛烈な暑さのため、吹き出る汗を押さえることができません。

Img_2736今回の登場は、ヴァイオリンの白石茉奈さん、ピアノのマルティン・カルリーチェクの二人で構成するデュオ・ヴェンタパーネで、「不思議の国のカロル・シマノフスキ」と題して、あまり聴くことのないシマノフスキーの作品を取り上げています。曲は、3つのパガニーニのカプリース、ソナタ、神話、夜想曲とタランテラというラインナップです。二人の演奏もすばらしく、シマノフスキーって、まとめて聞いたことなんて今までありませんでしたが、近代の変わり目に登場した音楽を堪能しました。

昨夜はその打ち上げに同行し、午前様になってしまいました。

2017年5月14日 (日)

ワンコイン市民コンサート 青柳いずみこ+高橋悠治

Img_1574今日は昼から大阪大学会館で、ワンコイン市民コンサートのお手伝いでした。

5周年記念特別企画という事で、ピアニストの青柳いずみこさんと高橋悠治さんという日本を代表するピアニスト二人によるストラヴィンスキーペトルーシュカ春の祭典という夢のようなプログラムです。コンサートが始まる前に青柳泉子さんによる解説があったのも、曲の理解をする上では良かったですね。

Img_1577これらの曲をピアノの二重奏で聴くのは初めてのことでしたが、オーケストラで聞くよりも、テンポを合わせるのが難しいのでしょうね、オーケストラの場合テンポアップしていったりする場面でも、ピアノの場合はきっちり音符を押さえて弾き切っていましたね。また、音色にも注意が払われていて、まるでトランペットとしか聞こえてこないような音色も味わいました。これから、お二人によるこれらの曲の録音が行われるようです。楽しみですね。

Img_1575会場の大阪大学会館のなかはこんな感じです。なかなかシックなホールですね。ピアノは、ベーゼンドルファーの比較的年代物らしいです。演奏会を終わったら、このピアノをステージ脇に片付けるのも私の仕事です。

2017年4月 9日 (日)

ワンコイン市民コンサート 今峰由香ピアノリサイタル

Img_0949 本日は、曇りがちの天気の中、大阪大学会館で開催されるワンコイン市民コンサート、今峰由香ピアノリサイタルのボランティアスタッフとしてお手伝いに行きました。
リサイタルの副題は、ベートーヴェンとシューベルトの希望を求めて と題して、彼らの作品が並べられています。
今峰さん、32歳で国立ミュンヘン音楽大学の教授になったという俊才で、かなりの実績をヨーロッパで積まれていますね。
 
Img_0948 いつも、開場前にチラシの挟み込みをしたりするのですが、今日もそんなことをしながら、ピアニストさんの練習が聞こえ始めました。
何とも、すっと音楽に入った感じがピアノの音でわかります。音の粒立ちも素晴らしいですし、何とも軽やかなタッチです。
本番の演奏も、技術的なことが完璧なのはもちろん、柔らかな音楽がステージから流れてきます。かといって、迫力がないのではなく、最後の即興曲第4番では、まるでフルオーケストラを聞いているような色彩と音楽の柄の大きさを感じました。
今日は、本当に音楽の素晴らしさを堪能できる演奏会でした。
 
ベートーヴェン ピアノソナタ第9番、
シューベルト 即興曲作品90から第1番、第2番、第3番、第4番
(休憩)
シューベルト シェイクスピアのセレナーデ、糸をつむぐグレートヒェン
シューベルト 即興曲作品120から 第3番、第4番

2017年3月12日 (日)

ワンコイン市民コンサート 瀨崎紀子ピアノリサイタル 天才フランシス・プーランクの魅力

Img_0527春めいてきた本日の午後、阪急石橋で下車して、大阪大学会館で開かれた、天才フランシス・プーランクの魅力 と題されたワンコイン市民コンサート 瀨崎紀子ピアノリサイタル のお手伝いに行って来ました。毎度のワンコインコンサートですが、プーランクの音楽は初春の明るさにぴったりですね。

Img_0528曲目は、フランス組曲、即興曲から 主題と変奏 そして、青柳いづみこの朗読による小象の場バールの物語/映像付き上演でした。ピアニストの瀨崎産のトークも大変お上手で、会場も良い雰囲気、さらに、ピアノの音が柔らかくて、プーランクにぴったりでした。

その他のカテゴリー

JR貨物 | Jフィル | MIZUMO | T-ストリングス | かぎろひ歴史探訪 | その他 | やまとんくらぶ | アンサンブル ラ・ピアチェーレ | アンサンブル・アルビレオ | アンサンブル・コスモリバティ | アンサンブル・ジョワン | アンサンブル・ツヴァイ | アンサンブル・フリー | アンサンブル・ミンネン | アンサンブル・ヴィオ | ウォーキング鉄 | オルガンコンサート | オーケストラ・アンサンブル・フォルツァ | オーケストラ・クラシック | オーケストラ・ソノリテ | オーケストラ・ノインテ | オーケストラ・ブラヴォー! | オーケストラ・ポミエ | オーケストラ千里山 | オーディオ | カメラ | カンマーフィルハーモニー京都 | カンマーフィルハーモニー神戸 | クラシックサロン・アマデウス | クラシック音楽 | クランクレーデ | クレセント室内アンサンブル | クレー管弦楽団 | グッド・シーズン・アンサンブル | グルメ | コレギウム・ヨハネス | コレギウム夙川管弦楽団 | セント・マーティン・オーケストラ | ゾンアーベント・アンサンブル | タリヘーレ四重奏団 | ダムカード | テレマン室内オーケストラ | ディスクユニオン | ドイツ紀行 | ニイジマ・キネン・オーケストラ | ニュージーランド鉄道 | ハイマート交響楽団 | ハイマート合唱団 | バス | バッハクライス神戸 | バンブスアンサンブル | パソコン | フェニックスフィル | フォンス・フローリス古楽院 | ホール・バルティカ | ミモザの会 | ミュー室内管弦楽団 | メイプルフィル | ライブカメラ | ラグビー | ワンコイン市民コンサート | ヴェデルニコフ | 万葉 | 三宝鉄道 | 上甲ウィンドシンフォニー | 上甲子園中学吹奏楽部 | 交響楽団ひびき | 京急 | 京成 | 京王 | 京都フィロムジカ管弦楽団 | 京都プレザントオーケストラ | 京都大学交響楽団 | 京阪 | 伊予鉄 | 伊予鉄道 | 伊豆急行 | 六甲フィル | 兵庫医科大学医療大学合同オーケストラ_ | 兵庫芸術文化センター管弦楽団 | 切符 | 初演企画 | 北摂フィル | 北総 | 南海 | 卯之町 | 合唱団 | 吹奏楽 | 吹奏楽団 | 吹田市交響楽団 | 四国詣で | 土佐くろしお鉄道 | 土佐日記 | 土佐電 | 地下鉄 | 堺フィル | 夢の国 ニュージーランド | 大井川鉄道 | 大阪センチュリー交響楽団 | 大阪フィルハーモニー交響楽団 | 大阪フロイデ合唱団 | 大阪モーツァルトアンサンブル | 大阪交響楽団 | 大阪市営交通局 | 大阪市営地下鉄 | 大阪市民管弦楽団 | 大阪芸術大学管弦楽団 | 奈良女子大管 | 学園都市交響楽団 | 宝塚響 | 富士急行 | 小田急 | 尼崎市吹奏楽団 | 尼崎市民交響楽団 | 尼崎弦楽アンサンブル | 居酒屋 | 山陽 | 岡山電軌 | 嵐電 | 川西市民オーケストラ | 幻想フィル | 広島電鉄 | 廃線跡 | 待兼交響楽団 | 指揮者 | 新京成 | 新幹線 | 旅行 | 日本センチュリー交響楽団 | 最近のCD | 最近のLP | | 東急 | 東武 | 枚方フィル | 樹フィル | 武庫川女子大学音楽学部 | 水族館 | 水間鉄道 | 江ノ電 | 父親のアルバムから | 甲南大学OB交響楽団 | 甲南大響 | 甲南女子大学管弦楽団 | 白黒懐かし画像 | 相鉄 | 神戸アンサンブルソロイスツ | 神戸大学響 | 神戸電鉄 | 神戸高校OBオーケストラ | 福井鉄道 | 私の名盤シリーズ | 箕面コンセルト室内合奏団 | 紫苑交響楽団 | 美術 | 聖ソフィア・バラ合唱団/合奏団 | 能勢電 | 芦屋交響楽団 | 芦屋室内合奏団 | | 若林顕 | 落語 | 蒸気機関車 | 藤井貴宏 | 衣笠交響楽団 | 西宮交響楽団 | 西宮探訪 | 見仏 | 豊中市民管弦楽団 | 豊橋鉄道 | 近江鉄道 | 近畿フィルハーモニー管弦楽団 | 近鉄 | 遠州鉄道 | 鉄道 | 長岡京市民管弦楽団 | 長崎電軌 | 長楽庵 | 関西グスタフ・マーラー交響楽団 | 関西フィルハーモニー管弦楽団 | 関西医科学生交響楽団 | 関西学院交響楽団 | 関西SPレコード愛好会 | 阪堺電車 | 阪急 | 阪神 | 阪神タイガース | 静岡鉄道 | 須磨フィル | 飛行機 | 高松琴平電鉄 | 高槻室内管弦楽団 | | 龍谷大学交響楽団 | JR四国 | JR東日本 | JR東海 | JR西日本

フォト

掲示板

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー

無料ブログはココログ