国鉄奈良機関区

  • Photo_7
    昭和46年に奈良機関区を訪ねています。変わりやすい天気で、晴れていると思ったら急に雨が降ってきて大変な日でした。

THE 大阪駅~特急編~

  • 16
    中高生のころ、大阪駅はまだ日常の中にはなく、特急列車を撮りに行く特別な場所であった。栄光の時代が残っていた大阪駅に発着する特急列車の姿を封じ込めました。

THE 大阪駅~急行編~

  • 1258
    大阪駅に発着する急行を集めてみました。行き先によっては、ディーゼルカーの急行もあり、思えば楽しい駅だったのですね。ご興味の方は写真帖のずっと下にある「甲子園口急行物語」もご覧ください。

昭和45-47年の天王寺駅

  • キハ58 きのくに
    天王寺駅は単に竜華や奈良方面、阪和方面への乗り換え駅だったが、紀勢線ホームは頭端駅として有名だった。 時折、乗り換えの途中、駅撮りなどしていたようだ。

竜華・昭和46年

  • Photo_3
    昭和46年に数回に分けて竜華へ出陣しています。当時の関西線はローカルそのもの、まだまだ煙も多く残っていました。

甲子園口(その周辺)急行物語

  • Photo_7
    甲子園口西方の踏切があったあたり、そのもう少し西側の日通の倉庫前あたりは友人たちとのたまり場でした。陽が暮れるまで電車の通過を楽しんでいました。

京都駅残照・昭和45年前後

  • Photo_3
    昭和45年当時、京都駅へ行く機会は限られていたが、その中で残していた写真の中からいくつかを抜粋した。 京都の寺社、観光地に興味を持つのはもう少し後になった。

西宮を走った国鉄電車特急・昭和45年頃

  • Photo_2
    国鉄時代、地元西宮でもいろいろな電車特急が走っていた。 そのすべてではないが、手元に残る写真のうちからいくつかを抜粋した。

あぁ上野駅 昭和46年

  • 特急やまびこ
    初めて東京へ行った昭和46年、昔の風情の残る上野駅に間に合いました。

神戸市電 最後の日

  • 星電社前
    1971年3月に神戸市電は歴史を閉じました。その最終日に神戸市内の各所で写真に収めましたが、思えば震災前の神戸の街も封じ込めたことになりました。

東海道のんびり行

  • 24
    昭和49年5月に、当時まだ走っていた急行桜島・高千穂に乗って、のんびり東海道を東上しました。そのときの車窓風景をまとめました。

京阪滝井駅 昭和50年

  • Photo_2
    京阪電車は今年、中ノ島新線の開通や電車の塗装変更、さらに往年の名特急1900系の引退と話題に事欠きませんが、ごく普通に走っていた昭和50年の滝井駅の様子はこんな感じでした。

昔日の近江鉄道

  • Photo_4
    近江鉄道は、学生時代からの万葉旅行会で近江蒲生野へ行くときに撮影した程度だった。これはその一連の名残である。 「茜さす紫野行き標野行き野守りは見ずや妹が袖ふる」

マンモス機 EH10

  • 04
    国鉄が作った最大最強のマンモス電気機関車EH10。 今でこそ、8軸の電機はいろいろあるけれど、目に焼きついているのはこの機関車だ。

京都市電

  • 2607
    京都へ行くと市内の移動はたいてい市電だった。 市電だと京都初心者にもわかりやすかった。 たまにバスに乗るとぐるっと市内の引き回しにあったり、とんでもない方向へ走ったりと痛い目に会ったからだ。

きーんてーつ特急

  • Photo_11
    70年代の近鉄特急の白黒写真を集めてみました。点数も少なく恐縮ですが、関西には少ない観光特急の雰囲気だけでも伝えたい。おまけにあおぞら号も何枚か。

近鉄、ちょっと前の車両たち

  • 1413
    1980年代に撮った近鉄の一般車両の中からチョイスしてみた。少し小さいというだけで、なんだか親しみを感じる車両の面白さもある。

野上電鉄、廃止3週間前

  • キハ28
    1994年3月末をもって廃止された野上電鉄を、廃止3週間前に友人の2Aカレチさんと訪れた。併せて周辺の鉄道へも足を運んだので、藤並駅でみた有田鉄道のキハをおまけに追加した。

阪神5314F 愛

  • Img_6204
    阪神電車最古参の5314Fは5550Fの新規参入によっていよいよ引退の時期を迎えた。この前パン貫通幌を持つ古き阪神電車の顔を残す編成を追いかけた。

ゴハチ

  • 16ef58
    今も人気のEF58ばかりを集めました。近所鉄の西宮、武庫川をはじめ大阪駅、少し遠くて下関。元気にゴハチが走り回っていた時代がありました。

琴電 旧型車を並べて

  • Img_0059
    平成10年から出張が多かった四国ですが、何回かは高松に足を運んで琴電を追いました。古い写真がなぜか見つからないので、旧型車が消える数年前からのものばかりです。

RRE様HP掲載一覧

  • 0001601
    ブログ開設以前はRREさんの掲示板への投稿を続けていました。ここに、その投稿画像をまとめましたので、ご笑覧いただければと思います。

島原鉄道2007

  • Img_2046
    去年の3月に出○ついでに諫早駅周辺、島原鉄道、足を少し伸ばして長崎電軌を訪問しました。島原鉄道の一部廃止は残念です。

JR九州の車両たち、諫早駅周辺

  • Img_2023
    ラストランブームになったなは/あかつきもこのころは全然注目されず。九州はいろんな列車があって楽しめます。

長崎は今日も雨

  • Img_2117
    長崎ではすごい雨にあいました。それにもめげず、撮り鉄に励んできました。

名鉄瀬戸線

  • Img_1926
    名鉄瀬戸線に6750系という大手私鉄最後の吊りかけ車が走っていると聞いて訪問しました。2008.03.24

惜別 0系新幹線 

  • 01 相生駅 0系の横顔
    いよいよ平成20年11月末に引退する0系新幹線。山陽路で活躍していた近年の記録です。

四国の気動車

  • 四国は今でも気動車の天国です。その中でも、普通車の運用に供せられる車両を集めてみました。普通車だけにDCより気動車という言い方が似合います。

名鉄にあったレールバス

  • 到着したレールバスからの乗り換え
    名鉄の三河線、猿投の先には西中金まで延びる単線があり、そこには今ではその姿をほとんど見ることが出来ないレールバスがひっそりと走っていました。1987年4月、2Aカレチさんと訪れた記録です。

名鉄揖斐線

  • 512号車内
    1987年4月に2Aカレチさんと名鉄を訪れました。 揖斐線は一時下車した美濃北方駅と黒野駅での写真です。

名鉄の旧型車

  • 103763
    1987年4月 2Aカレチさんと一緒に名鉄を訪れました。 名鉄の本線あたりでもまだまだ吊り掛け車が走っていました。

名鉄岐阜市内線

  • 08
    1987年4月、2Aカレチさんと名鉄を訪れた。岐阜市内線をとりあえず撮影した後、揖斐線へと向かった。

明延鉱山とともに

  • 04_img_0155
    小学生時代、明延鉱山の学校とクラス同士の文通をした。その場所がどこだか全く知らずに居たが1円電車の存在は知っていた。その地を訪れたのは随分大人になってからとなった。

鍛冶屋線~愛と死をみつめて

  • 09_img_0334
    大正12年に全線が開通した鍛冶屋線はJR後の平成2年、その歴史に幕を下ろした。 また、「愛と死をみつめて」で有名なミコこと大島みち子さんはこの沿線の方で、線路を見下ろす小高い岡の上にお墓がある。

EF65 0番台原色+茶ガマ

  • 103_img_2881
    かつて、全国の直流区間ではおなじみだったEF65の0番台も、今では岡山に集結する11機のみである。そのうち、原色を保っているのはわずか4両となった。

ワンコイン市民コンサート

2017年8月21日 (月)

ワンコイン市民コンサート デュオ・ヴェンタパーネ

Img_2734昨日は久しぶりになったのですが、大阪大学会館で開かれるワイコイン市民コンサートのお手伝いの為、阪急石橋駅で下車しました。石橋駅から大阪大学へ行くには、待兼山という少し小高いところへ向かうのですが、猛烈な暑さのため、吹き出る汗を押さえることができません。

Img_2736今回の登場は、ヴァイオリンの白石茉奈さん、ピアノのマルティン・カルリーチェクの二人で構成するデュオ・ヴェンタパーネで、「不思議の国のカロル・シマノフスキ」と題して、あまり聴くことのないシマノフスキーの作品を取り上げています。曲は、3つのパガニーニのカプリース、ソナタ、神話、夜想曲とタランテラというラインナップです。二人の演奏もすばらしく、シマノフスキーって、まとめて聞いたことなんて今までありませんでしたが、近代の変わり目に登場した音楽を堪能しました。

昨夜はその打ち上げに同行し、午前様になってしまいました。

2017年5月14日 (日)

ワンコイン市民コンサート 青柳いずみこ+高橋悠治

Img_1574今日は昼から大阪大学会館で、ワンコイン市民コンサートのお手伝いでした。

5周年記念特別企画という事で、ピアニストの青柳いずみこさんと高橋悠治さんという日本を代表するピアニスト二人によるストラヴィンスキーペトルーシュカ春の祭典という夢のようなプログラムです。コンサートが始まる前に青柳泉子さんによる解説があったのも、曲の理解をする上では良かったですね。

Img_1577これらの曲をピアノの二重奏で聴くのは初めてのことでしたが、オーケストラで聞くよりも、テンポを合わせるのが難しいのでしょうね、オーケストラの場合テンポアップしていったりする場面でも、ピアノの場合はきっちり音符を押さえて弾き切っていましたね。また、音色にも注意が払われていて、まるでトランペットとしか聞こえてこないような音色も味わいました。これから、お二人によるこれらの曲の録音が行われるようです。楽しみですね。

Img_1575会場の大阪大学会館のなかはこんな感じです。なかなかシックなホールですね。ピアノは、ベーゼンドルファーの比較的年代物らしいです。演奏会を終わったら、このピアノをステージ脇に片付けるのも私の仕事です。

2017年4月 9日 (日)

ワンコイン市民コンサート 今峰由香ピアノリサイタル

Img_0949 本日は、曇りがちの天気の中、大阪大学会館で開催されるワンコイン市民コンサート、今峰由香ピアノリサイタルのボランティアスタッフとしてお手伝いに行きました。
リサイタルの副題は、ベートーヴェンとシューベルトの希望を求めて と題して、彼らの作品が並べられています。
今峰さん、32歳で国立ミュンヘン音楽大学の教授になったという俊才で、かなりの実績をヨーロッパで積まれていますね。
 
Img_0948 いつも、開場前にチラシの挟み込みをしたりするのですが、今日もそんなことをしながら、ピアニストさんの練習が聞こえ始めました。
何とも、すっと音楽に入った感じがピアノの音でわかります。音の粒立ちも素晴らしいですし、何とも軽やかなタッチです。
本番の演奏も、技術的なことが完璧なのはもちろん、柔らかな音楽がステージから流れてきます。かといって、迫力がないのではなく、最後の即興曲第4番では、まるでフルオーケストラを聞いているような色彩と音楽の柄の大きさを感じました。
今日は、本当に音楽の素晴らしさを堪能できる演奏会でした。
 
ベートーヴェン ピアノソナタ第9番、
シューベルト 即興曲作品90から第1番、第2番、第3番、第4番
(休憩)
シューベルト シェイクスピアのセレナーデ、糸をつむぐグレートヒェン
シューベルト 即興曲作品120から 第3番、第4番

2017年3月12日 (日)

ワンコイン市民コンサート 瀨崎紀子ピアノリサイタル 天才フランシス・プーランクの魅力

Img_0527春めいてきた本日の午後、阪急石橋で下車して、大阪大学会館で開かれた、天才フランシス・プーランクの魅力 と題されたワンコイン市民コンサート 瀨崎紀子ピアノリサイタル のお手伝いに行って来ました。毎度のワンコインコンサートですが、プーランクの音楽は初春の明るさにぴったりですね。

Img_0528曲目は、フランス組曲、即興曲から 主題と変奏 そして、青柳いづみこの朗読による小象の場バールの物語/映像付き上演でした。ピアニストの瀨崎産のトークも大変お上手で、会場も良い雰囲気、さらに、ピアノの音が柔らかくて、プーランクにぴったりでした。

2017年1月22日 (日)

ワンコイン市民コンサート 井上ハルカ サクソフォンリサイタル

Img_9972 今日は、昼から出かけ、久しぶりに大阪大学会館で開かれるワンコイン市民コンサートのお手伝いでした。
梅田駅からは阪急宝塚線の宝夢(YUME)でした。電車のボディには手塚治虫の漫画の主人公がシールで貼られ、車内には宝塚にある記念館の紹介など手塚ワールド一色です。
 
Img_9975 今日は、井上ハルカさんのサクソフォンによるリサイタルで、「流動性:混じり合うもの、ぼかしあうもの」という副題が付けられています。
ラヴェル、ドビュッシーの曲もありましたが、ほとんどが前衛的な現代作品でした。
井上さんのサクソフォンのテクニックは、もう超絶技巧をちりばめたもので、どうすればそういう音、特に破裂音の連続はびっくりでした。こんなに多彩な音が作り出せる楽器だとは思っても見ませんでした。
 
Img_9979 大阪大学のあるところは、待兼山という場所にあり、背後に山が広がっています。その坂を下りながら、伊丹空港のほうを見ると、夕日を背景にこんな景色が見られました。
帰りには、こんな寒々とした風景が見送ってくれました。
 
146134_554_raw 畠中恵 すえずえ 新潮文庫/読了・・・・・・・おなじみのしゃばけシリーズですね。今まで文庫化されたものはすべて読んでいます。いわば、この作品のファンですね。相変わらず病弱な若旦那が登場しますが、今回は、夢の中で活躍したり、東海道を旅して上方まで行くなど、意外にワイドな活躍が展開します。楽しませてもらいましたよ。

2016年10月18日 (火)

ワンコイン市民コンサート 100%モーツァルト

Img_8647 パソコンの不具合もあって、16日の日曜日に開催されたワンコイン市民コンサートの件が遅くなりました。この日は、古畑祥子-ケルスティングのピアノでモーツァルトのピアノ協奏曲第23番、第20番が演奏されました。バックは、大阪大学交響楽団のメンバーが務めました。
会場の大阪大学会館へ向かう途中、阪急梅田駅では、今月走り始めたスヌーピー電車に遭遇、皆さん撮影されていましたよ。
 
Img_8649 大阪大学の中の木々も、少しずつ色づき始めていましたね。ほんの一週間前まで、最高気温が30度とか言っていた割には、急激に季節が進んでいるようです。さて、この日の会場は、事前申し込みの方だけでも満席となり、キャンセル待ちが出るほどの盛況でしたが、何とか皆さん着席は出来たようです。
 
Img_8650 オーケストラとピアノの組み合わせはこのコンサートのスタッフとなってから初めてでしたが、少しデッドな音響と、どうしてもステージが狭いことから、演奏するには不利な条件ではありましたが、詩情豊かなモーツァルトが会場に満ち満ちていました。
 
Bookchopin1150x238 青柳いずみこ ショパン・コンクール 最高峰の舞台を読み解く 中公新書/読了・・・・・・上のワンコイン市民コンサートにもご出演された青柳いずみこさんがショパンコンクールを独自にルポしてその様子だけでなく、注目すべき演奏家へのインタビュー、コメントなど、審査員ではないだけにぐいぐいとした忌憚のない意見が述べられており、痛快なピアノ談義の一冊となっている。

2016年9月11日 (日)

ワンコイン市民コンサート 藤村匡人・宮崎貴子 デュオ・リサイタル

Img_8162 本日は、豊中の大阪大学で開かれた、ことたまの音、ドイツ歌曲の魅力と題されたワンコイン市民コンサート、藤村匡人・宮崎貴子 デュオ・リサイタルのコンサートスタッフとしてお手伝いに行った。7月、8月と都合がつかなかったので久しぶりのことである。秋とはいえ、緑濃い阪大の坂。
 
Img_8163 曲目はシューベルトの歌曲から、ドナウ川の上で、舟人、月に寄せて、ガニュメート、遺作となった鳩の便り、そして魔王、次いでヴォルフの歌曲を5曲、後半はシューベルトの歌曲集「詩人の恋」であった。
ピアノがなにせ雄弁で、常にバリトンの藤村さんをリードするような形で進み、曲の構成、骨格、流れからすべてピアノの上に声が乗っかっていくというスタイルで進められた。かといってバリトンが悪いわけでなく、ピアノがそれだけ素晴らしかった。
 
 
Img_8164 リートの場合、こちらは昔からレコード、CDで、ハンス・ホッターやらスゼーに始まり、フィッシャー・ディースカウを聞いているわけで、それが基準になっている耳には、なかなかそのレベルって難しいですよね。それでも、なかなか上手い歌手でしたよ。

2016年5月15日 (日)

ワンコイン市民コンサート 高橋悠治&青柳いずみこ

Img_7139真夏の暑さとなった本日、午後から大阪大学会館で開催されたワンコイン市民コンサート、今日は4周年記念特別企画として、高橋悠治&青柳いずみこのデュオコンサートが開催された。言わずと知れた、現代音楽の雄と、フランス音楽特にドビュッシーについては格別の地位にあるピアニストによる稀有なマッチである。

Img_7140サティ、ラヴェル、ドビュッシー、そして高橋悠治という副題と、喪われた風景というタイトルで開かれたコンサート、いつもはコンサートスタッフとしてステージ袖でこじんまりと聞いているのだが、今日ばかりは、会場で聴かせていただいた。二人による連弾でのマ・メール・ロア、もう音楽の映像がバンバン迫ってくるようでした。そして、サティの不思議な音楽空間、ラヴェルのハバネラ、アンコールの亡き王女のためのパヴァーヌ、もうそのアンニュイな世界と時折鋭く突き刺さる感情、もうすっかり呑まれてしまいました。

Img_7135演奏会が終わって、その後駆け付けた三宮での食事会では、開催主のちょっとした問いかけに、久しぶりに音楽、芸術に関する自分の考え方、また近代演奏史についての自論を恥ずかしげもなくプロの前で語ってしまいました。まだまだ、未熟な考えを披露してしまったことを後悔しつつ、ビールを呷ったことになりました。

最後になぜ阪急電車かというと、これが一番受けるしょうねんがいたからですよ。

 

2016年5月11日 (水)

今月のワンコイン市民コンサート 青柳いずみこ&高橋悠治 ピアノデュオ

Img007今月のワンコイン市民コンサートは、4周年記念特別企画として、サティ、ラヴェル、ドビュッシーそして高橋悠治と題して、なんと、ピアニストの青柳いずみこ&高橋悠治のピアノデュオコンサートです。副題は、失われた風景とされています。

ご存知のように、青柳いずみこさんは、安川加壽子の弟子で、日本ではフランス音楽、特にドビュッシーについてはオーソリティですね。また、高橋悠治さんは、現代音楽の演奏に関しては随一の存在です。

既に予約でほぼ満席に近いようですが、ご興味のある方は下記へお問い合わせください。5月15日午後3時から 大阪大学会館

ワンコイン市民コンサート・・・・・https://sites.google.com/site/concertb252/

サティ 梨の形をした3つの小品、高橋悠治 花園2008、ラヴェル マ・メール・ロア、ラヴェル 耳で聴く風景、ドビュッシー リンダハラ 白と黒で

51phbvxst3l__sx349_bo1204203200_赤川次郎 鼠、滝に打たれる 角川文庫/読了・・・・・・テレビでドラマ化されて放送されている作品。テレビは見たことがないけれど、このシリーズと愛読している。次郎吉は、ここでは何でもできるヒーローであり、小太刀が得意な妹が登場する。男女が鮮やかに立ち回るところは夫は泥棒、妻は掲示シリーズ、兄妹で活躍するところは三毛猫ホームズシリーズ、そういうミックスとなっている作品のようですね。まぁ、あっという間に読み通せます。

2016年4月18日 (月)

ワンコイン市民コンサート 安岡志歩ピアノリサイタル

Img_6818昨日は午後から大阪大学会館で開催されたワンコイン市民コンサート 安岡志歩ピアノリサイタルのコンサートスタッフとして赴き、ステージ横でずっと聞かせてもらっていた。阪大の中は、ボタン桜が満開となり、またツツジも咲き始めて、色彩にあふれる季節を迎えていた。

Img009まず、バッハのイタリア協奏曲から始まり、構成感のきっちりとした音楽を楽しめた。次いで、ベートーヴェンのソナタ24番、そして休憩を挟んでのメシアンがすごかった。メシアンを聞く機会はあまり多くないが、無調音楽の先鞭をつけた作曲家の強烈な透明感を十分に味わうことができた。

最後はドビュッシーの喜びの島で締めくくられ、思わぬ目っけ物のようなコンサートを楽しませてもらった。

9784330639161西森聡 そうだったのか、乗りかえ駅 複雑性と利便性の謎を探る 交通新聞社新書/読了・・・・・・乗換駅とは何かという視点から始まり、鉄道会社や構造による乗換駅の存在や、都会と地方とのちがいをまとめている。珍しい観点からの考察だが、やはり関東中心の視点であることには間違いない。関西についてもいろいろと書いているが、う~ん、どうだかなぁということが散見する。野田阪神って、大阪市電のもともとの駅名から流用されてるんだよな。知らないこと、わからないことを一括してややこしいとは言わないでほしい。

その他のカテゴリー

JR貨物 | Jフィル | MIZUMO | T-ストリングス | かぎろひ歴史探訪 | その他 | やまとんくらぶ | アンサンブル ラ・ピアチェーレ | アンサンブル・アルビレオ | アンサンブル・コスモリバティ | アンサンブル・ジョワン | アンサンブル・ツヴァイ | アンサンブル・フリー | アンサンブル・ミンネン | アンサンブル・ヴィオ | ウォーキング鉄 | オルガンコンサート | オーケストラ・アンサンブル・フォルツァ | オーケストラ・ソノリテ | オーケストラ・ノインテ | オーケストラ・ブラヴォー! | オーケストラ・ポミエ | オーケストラ千里山 | オーディオ | カメラ | カンマーフィルハーモニー京都 | クラシックサロン・アマデウス | クラシック音楽 | クランクレーデ | クレセント室内アンサンブル | クレー管弦楽団 | グッド・シーズン・アンサンブル | グルメ | コレギウム・ヨハネス | コレギウム夙川管弦楽団 | セント・マーティン・オーケストラ | ゾンアーベント・アンサンブル | タリヘーレ四重奏団 | ダムカード | テレマン室内オーケストラ | ディスクユニオン | ニイジマ・キネン・オーケストラ | ニュージーランド鉄道 | ハイマート交響楽団 | ハイマート合唱団 | バス | バッハクライス神戸 | バンブスアンサンブル | パソコン | フォンス・フローリス古楽院 | ホール・バルティカ | ミモザの会 | ミュー室内管弦楽団 | メイプルフィル | ライブカメラ | ラグビー | ワンコイン市民コンサート | ヴェデルニコフ | 万葉 | 三宝鉄道 | 上甲ウィンドシンフォニー | 上甲子園中学吹奏楽部 | 交響楽団ひびき | 京急 | 京成 | 京王 | 京都フィロムジカ管弦楽団 | 京都大学交響楽団 | 京阪 | 伊予鉄道 | 伊豆急行 | 六甲フィル | 兵庫医科大学医療大学合同オーケストラ_ | 兵庫芸術文化センター管弦楽団 | 切符 | 初演企画 | 北摂フィル | 北総 | 南海 | 卯之町 | 合唱団 | 吹奏楽 | 吹奏楽団 | 吹田市交響楽団 | 土佐くろしお鉄道 | 土佐日記 | 土佐電 | 地下鉄 | 堺フィル | 夢の国 ニュージーランド | 大井川鉄道 | 大阪センチュリー交響楽団 | 大阪フィルハーモニー交響楽団 | 大阪フロイデ合唱団 | 大阪モーツァルトアンサンブル | 大阪交響楽団 | 大阪市営交通局 | 大阪市営地下鉄 | 大阪市民管弦楽団 | 大阪芸術大学管弦楽団 | 奈良女子大管 | 学園都市交響楽団 | 宝塚響 | 富士急行 | 小田急 | 尼崎市吹奏楽団 | 尼崎市民交響楽団 | 尼崎弦楽アンサンブル | 居酒屋 | 山陽 | 岡山電軌 | 嵐電 | 広島電鉄 | 廃線跡 | 指揮者 | 新京成 | 新幹線 | 旅行 | 日本センチュリー交響楽団 | 最近のCD | 最近のLP | | 東急 | 東武 | 枚方フィル | 武庫川女子大学音楽学部 | 水族館 | 水間鉄道 | 江ノ電 | 父親のアルバムから | 甲南大学OB交響楽団 | 甲南大響 | 甲南女子大学管弦楽団 | 白黒懐かし画像 | 相鉄 | 神戸アンサンブルソロイスツ | 神戸大学響 | 神戸電鉄 | 神戸高校OBオーケストラ | 福井鉄道 | 私の名盤シリーズ | 箕面コンセルト室内合奏団 | 紫苑交響楽団 | 美術 | 聖ソフィア・バラ合唱団/合奏団 | 能勢電 | 芦屋交響楽団 | 芦屋室内合奏団 | | 若林顕 | 落語 | 蒸気機関車 | 藤井貴宏 | 衣笠交響楽団 | 西宮交響楽団 | 西宮探訪 | 見仏 | 豊中市民管弦楽団 | 豊橋鉄道 | 近江鉄道 | 近畿フィルハーモニー管弦楽団 | 近鉄 | 遠州鉄道 | 鉄道 | 長岡京市民管弦楽団 | 長崎電軌 | 長楽庵 | 関西グスタフ・マーラー交響楽団 | 関西フィルハーモニー管弦楽団 | 関西医科学生交響楽団 | 関西学院交響楽団 | 関西SPレコード愛好会 | 阪堺電車 | 阪急 | 阪神 | 阪神タイガース | 静岡鉄道 | 須磨フィル | 飛行機 | 高松琴平電鉄 | 高槻室内管弦楽団 | | 龍谷大学交響楽団 | JR四国 | JR東日本 | JR東海 | JR西日本

フォト

掲示板

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

無料ブログはココログ