国鉄奈良機関区

  • Photo_7
    昭和46年に奈良機関区を訪ねています。変わりやすい天気で、晴れていると思ったら急に雨が降ってきて大変な日でした。

THE 大阪駅~特急編~

  • 16
    中高生のころ、大阪駅はまだ日常の中にはなく、特急列車を撮りに行く特別な場所であった。栄光の時代が残っていた大阪駅に発着する特急列車の姿を封じ込めました。

THE 大阪駅~急行編~

  • 1258
    大阪駅に発着する急行を集めてみました。行き先によっては、ディーゼルカーの急行もあり、思えば楽しい駅だったのですね。ご興味の方は写真帖のずっと下にある「甲子園口急行物語」もご覧ください。

昭和45-47年の天王寺駅

  • キハ58 きのくに
    天王寺駅は単に竜華や奈良方面、阪和方面への乗り換え駅だったが、紀勢線ホームは頭端駅として有名だった。 時折、乗り換えの途中、駅撮りなどしていたようだ。

竜華・昭和46年

  • Photo_3
    昭和46年に数回に分けて竜華へ出陣しています。当時の関西線はローカルそのもの、まだまだ煙も多く残っていました。

甲子園口(その周辺)急行物語

  • Photo_7
    甲子園口西方の踏切があったあたり、そのもう少し西側の日通の倉庫前あたりは友人たちとのたまり場でした。陽が暮れるまで電車の通過を楽しんでいました。

京都駅残照・昭和45年前後

  • Photo_3
    昭和45年当時、京都駅へ行く機会は限られていたが、その中で残していた写真の中からいくつかを抜粋した。 京都の寺社、観光地に興味を持つのはもう少し後になった。

西宮を走った国鉄電車特急・昭和45年頃

  • Photo_2
    国鉄時代、地元西宮でもいろいろな電車特急が走っていた。 そのすべてではないが、手元に残る写真のうちからいくつかを抜粋した。

あぁ上野駅 昭和46年

  • 特急やまびこ
    初めて東京へ行った昭和46年、昔の風情の残る上野駅に間に合いました。

神戸市電 最後の日

  • 星電社前
    1971年3月に神戸市電は歴史を閉じました。その最終日に神戸市内の各所で写真に収めましたが、思えば震災前の神戸の街も封じ込めたことになりました。

東海道のんびり行

  • 24
    昭和49年5月に、当時まだ走っていた急行桜島・高千穂に乗って、のんびり東海道を東上しました。そのときの車窓風景をまとめました。

京阪滝井駅 昭和50年

  • Photo_2
    京阪電車は今年、中ノ島新線の開通や電車の塗装変更、さらに往年の名特急1900系の引退と話題に事欠きませんが、ごく普通に走っていた昭和50年の滝井駅の様子はこんな感じでした。

昔日の近江鉄道

  • Photo_4
    近江鉄道は、学生時代からの万葉旅行会で近江蒲生野へ行くときに撮影した程度だった。これはその一連の名残である。 「茜さす紫野行き標野行き野守りは見ずや妹が袖ふる」

マンモス機 EH10

  • 04
    国鉄が作った最大最強のマンモス電気機関車EH10。 今でこそ、8軸の電機はいろいろあるけれど、目に焼きついているのはこの機関車だ。

京都市電

  • 2607
    京都へ行くと市内の移動はたいてい市電だった。 市電だと京都初心者にもわかりやすかった。 たまにバスに乗るとぐるっと市内の引き回しにあったり、とんでもない方向へ走ったりと痛い目に会ったからだ。

きーんてーつ特急

  • Photo_11
    70年代の近鉄特急の白黒写真を集めてみました。点数も少なく恐縮ですが、関西には少ない観光特急の雰囲気だけでも伝えたい。おまけにあおぞら号も何枚か。

近鉄、ちょっと前の車両たち

  • 1413
    1980年代に撮った近鉄の一般車両の中からチョイスしてみた。少し小さいというだけで、なんだか親しみを感じる車両の面白さもある。

野上電鉄、廃止3週間前

  • キハ28
    1994年3月末をもって廃止された野上電鉄を、廃止3週間前に友人の2Aカレチさんと訪れた。併せて周辺の鉄道へも足を運んだので、藤並駅でみた有田鉄道のキハをおまけに追加した。

阪神5314F 愛

  • Img_6204
    阪神電車最古参の5314Fは5550Fの新規参入によっていよいよ引退の時期を迎えた。この前パン貫通幌を持つ古き阪神電車の顔を残す編成を追いかけた。

ゴハチ

  • 16ef58
    今も人気のEF58ばかりを集めました。近所鉄の西宮、武庫川をはじめ大阪駅、少し遠くて下関。元気にゴハチが走り回っていた時代がありました。

琴電 旧型車を並べて

  • Img_0059
    平成10年から出張が多かった四国ですが、何回かは高松に足を運んで琴電を追いました。古い写真がなぜか見つからないので、旧型車が消える数年前からのものばかりです。

RRE様HP掲載一覧

  • 0001601
    ブログ開設以前はRREさんの掲示板への投稿を続けていました。ここに、その投稿画像をまとめましたので、ご笑覧いただければと思います。

島原鉄道2007

  • Img_2046
    去年の3月に出○ついでに諫早駅周辺、島原鉄道、足を少し伸ばして長崎電軌を訪問しました。島原鉄道の一部廃止は残念です。

JR九州の車両たち、諫早駅周辺

  • Img_2023
    ラストランブームになったなは/あかつきもこのころは全然注目されず。九州はいろんな列車があって楽しめます。

長崎は今日も雨

  • Img_2117
    長崎ではすごい雨にあいました。それにもめげず、撮り鉄に励んできました。

名鉄瀬戸線

  • Img_1926
    名鉄瀬戸線に6750系という大手私鉄最後の吊りかけ車が走っていると聞いて訪問しました。2008.03.24

惜別 0系新幹線 

  • 01 相生駅 0系の横顔
    いよいよ平成20年11月末に引退する0系新幹線。山陽路で活躍していた近年の記録です。

四国の気動車

  • 四国は今でも気動車の天国です。その中でも、普通車の運用に供せられる車両を集めてみました。普通車だけにDCより気動車という言い方が似合います。

名鉄にあったレールバス

  • 到着したレールバスからの乗り換え
    名鉄の三河線、猿投の先には西中金まで延びる単線があり、そこには今ではその姿をほとんど見ることが出来ないレールバスがひっそりと走っていました。1987年4月、2Aカレチさんと訪れた記録です。

名鉄揖斐線

  • 512号車内
    1987年4月に2Aカレチさんと名鉄を訪れました。 揖斐線は一時下車した美濃北方駅と黒野駅での写真です。

名鉄の旧型車

  • 103763
    1987年4月 2Aカレチさんと一緒に名鉄を訪れました。 名鉄の本線あたりでもまだまだ吊り掛け車が走っていました。

名鉄岐阜市内線

  • 08
    1987年4月、2Aカレチさんと名鉄を訪れた。岐阜市内線をとりあえず撮影した後、揖斐線へと向かった。

明延鉱山とともに

  • 04_img_0155
    小学生時代、明延鉱山の学校とクラス同士の文通をした。その場所がどこだか全く知らずに居たが1円電車の存在は知っていた。その地を訪れたのは随分大人になってからとなった。

鍛冶屋線~愛と死をみつめて

  • 09_img_0334
    大正12年に全線が開通した鍛冶屋線はJR後の平成2年、その歴史に幕を下ろした。 また、「愛と死をみつめて」で有名なミコこと大島みち子さんはこの沿線の方で、線路を見下ろす小高い岡の上にお墓がある。

EF65 0番台原色+茶ガマ

  • 103_img_2881
    かつて、全国の直流区間ではおなじみだったEF65の0番台も、今では岡山に集結する11機のみである。そのうち、原色を保っているのはわずか4両となった。

長楽庵

2019年6月 3日 (月)

写真展2019 in 長楽庵 ~庭の花~ 夜の花 つづき

今日は朝から長楽庵へ行って展示していた写真などを撤収してきました。さて、夜の花の続きです。

Img_8995  Img_8711  Dsc04584

先ずはサクランボです。完熟したサクランボの実は、ガラス質のような光沢をもっています。次にチューリップですが、盛りを過ぎて花弁が垂れ下がり始めています。赤い花弁の中に白い模様が均等に散らばって、まるで牛肉の霜降りのようです。白い花はフリージアです。白い花は表情が乏しいのですが、光の当て方で少し青みがかり、立体感が出ました。

Img_9424  Img_9263

夜のオニユリです。一本のおしべがぬっと突き出して、その先にたっぷりと花粉を蓄えています。次はアジサイです。白い大きなアジサイなのですが、その花の中にライトを入れて撮影しました。上手い具合に 青みがかった色彩と立体感が表現できました。

Img_9316  Dsc04673

白い花はユリの様に見えますが、実はアフリカハマユウという花です。普通のハマユウよりもずっと細身の茎、葉、花です。白い花は表情が少なく難しいですね。最後に今年の撮影のチューリップです。強烈な赤を映し出すことができました。自分としては会心の一枚です。

41zjxyxbtl__sx307_bo1204203200_

山田康弘 縄文時代の歴史 講談社現代新書/読了・・・・・・・・・掲示板ご常連の2Aカレチさんが、最近、縄文時代の貝塚を巡っているとのことで、それではと縄文時代に関する最新刊を読んでみました。学校で習って以降、縄文時代に触れたこともなかったけれど、これはいろいろな意味でその古い時代の示唆を与えてくれました。期間として1万3000年ほどの縄文時代も気候区分によっていくつものフェイズがあるようだし、文化も時代、地域、生活環境によってさまざまなようですね。単に稲作以前の狩猟生活時代というだけでなく、現代にも通じる基本的な人間の生き方の見直しも迫られるような、そんな考え方にも通じる一冊でした。

2019年6月 2日 (日)

写真展2019 in 長楽庵 ~庭の花~ 夜の花

大阪、阿波座の長楽庵で開催していました写真展も本日をもって終了いたしました。ご来場いただいたみなさんに感謝の気持ちでいっぱいです。

Img_8730

さて、タイトルにもありますが、庭の花の夜の様子も撮影して展示していました。最初に夜の花を撮影したのはこのチューリップの写真です。花が少しくたびれてきて、花弁のひとつが垂れ下がっておしべ、めしべが見えるようになったのを撮った一枚です。夜になると背景の余分なものが写らず、花の持つ強烈な色だけを撮影することができることがわかりました。

Img_8800  Img_8879  Img_8737

その後、いくつかの花を夜に撮影しました。同じようなチューリップを撮影していますが、花弁だけ空中に浮いたように撮れました。次に、シランですが、これを光を当てながら撮影すると、空中に突然花がふりそそぐかのような画像になりました。一番右の写真はモクレンなのですが、夜に撮影すると幾分厚みのある花弁が肉質感を持って表現できました。なかなか面白い夜の花の光景です。続く。

2019年6月 1日 (土)

写真展2019 in 長楽庵 ~庭の花~ 続き

現在、大阪阿波座の長楽庵で開催中の写真展から、昼間に撮影した花の写真をアップしておきます。

Dsc07321

まず、モクレンです。背景となる煉瓦の塀があるのですが、新緑の葉とマッチしてよい空間を作っているように思います。

Dsc08770

真夏にひときわ存在感を示すハマユウです。これはまだ花びらに当たる部分が広がる前の状態です。濃い緑の葉の重なり具合を表現しました。

Dsc09307

これは芙蓉の花です。細い木なのですが、花が咲くとそのあたりが明るくなるような親しみやすい印象を与えます。

Dsc09305

オニユリです。真夏の太陽と一緒にとらえるためにカメラを太陽の方向に向けて撮影しました。本当に暑かった日の一枚です。

Dsc07239

これは 桃ですが、八重の花びらである上に枝垂れです。花びらが多い分、満開に鳴ると豪華な雰囲気になります。

Dsc07234

これはとても小さな花で、実は山椒の花です。ちょうどミツバチがやってきましたので、一緒に撮影しました。山椒の花は、とても高級な食材で、佃煮にすると爽やかな香りが立ってきます。

Dsc01210

ハクモクレンは毎年3月中旬に満開となります。細く伸びた枝の先に空に向かって咲き誇る姿勢がいいですね。実はこの写真が売れました。展示した写真は販売目的ではなかったのですが、とても気に入っていただいたお客さんに実費で購入していただきました。

Dsc02950

最後に、多弁の椿の花で枯れ葉の上に落ちたところです。灰色になった枯れ葉と真っ赤な椿の対比が面白く、皆さんから大変好評を頂いた一枚です。

2019年5月23日 (木)

ラストエンペラーにまつわる朝顔の種、差し上げています

Dsc09323

昨日から始まった、私の3回目となる写真展、それにちなんで、ラストエンペラーにまつわる朝顔の種をご希望の方に差し上げています。昨年、その種をいただき、夏に花を咲かせて、秋に種を採ったものです。以下にその朝顔にまつわる由来を書いておきます。

Wedding_photo

ラストエンペラーとして知られ、その後、満州国皇帝になったのは愛新覚羅溥儀(ふぎ)、その弟が、愛新覚羅溥傑(ふけつ)でした。溥傑は1937(昭和12)年4月、日本の嵯峨侯爵家の令嬢、嵯峨浩(ひろ)と結婚、やがて慧生(えいせい/長女)と嫮(こ)生(こせい/次女)という二人の女児が誕生します。しかし、平穏な時間は続かず、終戦とともに家族4人を待っていたのは別離と流浪の日々でした。

43

特赦により溥傑が一人の市民として暮らすことができるようになったのは1960(昭和35)年12月。北京・北海公園内の景山で庭師として働くことになったのです。知らせを受けた浩は溥傑と暮らすべく、1961(昭和36)年5月、北京に旅立ちました。そのとき日本の思い出として携えていたものの一つが、この朝顔の種でした。

40

溥傑と浩は紫禁城の西北、北京の護国寺街の家で暮らしました。その後、浩は1987(昭和62)年、溥傑は1994(平成6)年に亡くなりますが、両親が愛して育てたアサガオは次女の嫮(こ)生さんが日本に持ち帰り、日中友好の思いを込めて育ててきました。嫮(こ)生さんが西宮市内にお住まいだったことから、市内を中心にこの朝顔を咲かせる人が増えています。皇室にもこの朝顔の種が届けられています。以上。

2019年5月22日 (水)

写真展、いよいよ開催

60769592_2342260859431575_61437447818360  60808753_2342260879431573_20379820995788

本日から、大阪は阿波座の長楽庵で、私の3回目となる写真展〜庭の花〜を開催させていただいております。
うれしいことに、初日にもかかわらず、そして平日でもあるのに、5人のお知り合いの方にお越しいただきました。

60761259_2342260916098236_53471035618953  60765203_2342260942764900_52959529838911

拙い写真ですが、数だけは24枚と多めにしております。お店に入って右回りで昼の花、夜の花と並べています。
お時間ありましたら、お立ち寄り下さい。

61072744_2342260992764895_45927669108268

お昼は野田阪神、地獄谷の中にある五右衛門でいただきました。このお店のカレーも久しぶりでしたが、今日は多くの具材が入った五右衛門カレーをいただきました。ほかに牛肉カレー、カツカレーがあります。いずれも、破格の500円です。

711ukjckerl__ac_ul320_sr226320_

谷川流 涼宮ハルヒの動揺 角川文庫/読了・・・・・・・・相変わらずの涼宮ハルヒシリーズです。今回もライブアライブ、朝比奈ミクルの冒険はアニメ化されているものの、ひとめぼれLOVER、猫はどこへ行った、朝比奈ミクルの憂鬱はアニメ化されておらず、頭の中で想像するしかありません。それでもだいたいの場所や登場人物の声、語り口は想像つきます。頭の中でアニメを制作しながら読みました。解説に辻真先とは嬉しいですね。

2019年5月21日 (火)

写真展のお知らせ

60534504_2341440609513600_28953637949915

朝から阿波座の長楽庵へ行き、明日5月22日からの3回目となる私の写真展の準備を終えました。
会期中、5月23日の15時まで、5月25日の13時半以降、5月26日全日、5月30日14時半以降、6月1日の16時まで、不在にしている可能性が大です。
また、5月27日と28日はお店が休みですのでご注意ください。
お越しいただく時は、ひと声かけていただけると調整させていただきます。

321806000287

谷川流 涼宮ハルヒの暴走 角川文庫/読了・・・・・・・・・・涼宮ハルヒシリーズのうちの一冊。アニメではずっと終わらない夏を続けたエンドレス・サマーも、この本の中では一遍で終わってしまいました。射手座の日は、コンピ研との闘いでしたね。長門有希ちゃんの得意技ですからSOS団が負けるわけはありません。最後の雪山症候群はアニメ化されていないので、自身で想像するしかありませんでした。なぜ、吹雪の中で時空を超えた異空間が局所的に発生したのか、だれがそれを作り出したのか、何のためなのか、はっきりしないことが残りますが、いずれ解決してくれるものだと思います。何のことか、わからん人は、最初の涼宮ハルヒの憂鬱から読んでみてください。

 

2018年6月15日 (金)

写真展再現その5 ドレスデン フランクフルト

長楽庵での写真展、ドイツもこれで終わりになります。ドレスデンとフランクフルトです。

03_dsc0888504_dsc08927ドレスデンのトラムは比較的新しい車両で、いずれも黄色い塗装で新鮮でした。一枚目は旧市街地の中ではありながら、新しい街並みの中の電停です。バスもここに乗り込みます。2枚目はドレスデン中央駅の上からみたトラムです。駅前で線路がダイヤモンドクロスとなっています。

07_dsc09328最終日に立ち寄ったフランクフルトはそれまでの都市とちがって本当に大都市でした。そこにも古い町並みがあり、トラムが走ります。これはフランクフルト中央駅前のトラムです。ドイツは難民受け入れをしている関係からでしょうか、駅前はそれこそ人種のるつぼのような感じでした。

05_dsc0926806_dsc09311歌劇場やバレエのためのホールがある文化的な一画を走るトラムです。フランクフルトは高層ビルと古い歴史的佇まいを感じさせる建物が混在する街でした。

また来年も長楽庵での写真展を開催出来れば思っています。その折はぜひお越しください。

2018年6月14日 (木)

写真展再現その4 ライプチヒのトラム

長楽庵での写真展の紹介、その続きです、今日は旧東ドイツの街、ライプチヒのトラムです。

15_dsc08244ライプチヒのトラムで特徴的なのは、この黄色い少しレトロなスタイルの車両ががんばっていることです。これは、ライプチヒ中央駅前を出て、これからライプチヒ大学や歌劇場のほうへ向かう列車です。このように、大きなパンタグラフが面白いですね。

16_dsc0831414_dsc08090そのトラムが進んだ方向にあるのが、この歌劇場ですね。ここは、その前に広がる広場です。寄るの風景ですが、何とか止めて撮影できました。次にその反対側にある、ゲバントハウスというコンサートホールの前のトラムです。これは新しいタイプの車両で、ラッピングが面白いですね。

13_dsc0803717_dsc08425ドイツでは、トラムをはじめ、市内の地下鉄、近郊電車は公共交通としてひとくくりにして乗車できるようになっています。ですから、このようにすべてのドアを開けて乗り降りができるようになっています。また、広い通りを進むトラムも町の威容に負けないで堂々としていました。

2018年6月13日 (水)

写真展再現その3 ドイツ ミュンヘンのトラム

長楽庵で開催していた写真展の回顧です。今回からドイツ編となります。

08_dsc07087ドイツで初めて訪れた街、ミュンヘンにはお知り合いのオーボエ奏者さんがおられるので、彼を訪ねてのドイツ上陸となりました。ここは、ミュンヘン中央駅から東へ3つ目のライムという町のトラムの電停です。ドイツには、このような歴史的景観をもった建物が数多くありました。

11_dsc07346上の電停の反対側の通りの様子です。この方向へ進むトラムはミュンヘン中央駅に向かって走ります。道路沿いのアパートが同じ高さで並んでいます。また、少しずつ色合いが変わっていき、グラディエーションの効果をもたらしてきれいです。こんな街づくり、素敵ですね。

10_dsc07183ミュンヘンの旧市街地、マリエンプラッツの近くの通りです。この左側にはバイエルン州立歌劇場、レジデンツと呼ばれるかつての王宮が広がっています。写真にある、柱を何本も出した建物はインターナショナル・シアターという事でした。ここも建物の高さがそろっていてきれいですね。

12_dsc07820ミュンヘンを離れる日の午前中、雨の中をニンフェンブルグ城という、かつてのバイエルン侯の離宮、その前を行くトラムです。前と言っても、ここから左折して500メートルほど行かないと建物には到達しないのですが。離宮は、とてつもない広さでした。

Photo鯨統一郎 ただいま家事見習い中 ハウスワーク代行・亜美の日記 中公文庫/読了・・・・・・・・鯨くんの文庫書下ろしですが、すこし柔らかいタッチでの一冊。ハートウォーミングミステリーとありますが、ミステリーというほどの深刻さはありませんね。なんでこの方向に鯨くんが行ったのかはわかりませんが、あるいは新機軸を求めてあがいているのかもしれませんね。今までの作品の延長での完全シリーズ化してほしいのがいくつもあるのになぁ。

2018年6月12日 (火)

写真展再現その2 ニュージーランドの列車

長楽庵で開催した写真展の続きです。2010年11月のニュージーランドでの撮影です。

21_266クライストチャーチから北へ車で40分ほど行ったところにあるワイパラという町で日曜日ごとに走るSL列車です。広い草原を黒い煙を吐いて走ります。写真の右側に見える畑はワイン用のブドウです。ニュージーランドのワインは8割が白ワイン、ニューワールドのワインとしては大変高級な味わいです。

24_1071_2クライストチャーチから南へ400kmほど行ったところにあるオタゴという町の近く、ダニーデンという駅からタイエリ峡谷鉄道が一日一本の観光列車が走っています。重連のディーゼル機関車が超大編成の客車をけん引する姿はかつての鉄道全盛期の様子を伝えています。

25_1586_2朝7時にクライストチャーチ駅を発車し、北の街、ピクトンまで走る列車です。ピクトンへは昼過ぎに到着し、13時過ぎに今度はクライストチャーチに戻ってきます。この列車も観光列車のようですが、朝7時はちと早いような気がしますね。

23_704_2ニュージーランドの南島では、鉄道が既にその使命を終わっていて、旅客列車はすべて観光用として運行されています。ところが、この石炭列車だけは、長大な貨車を連ねて元気よく走っています。

その他のカテゴリー

2019四国の旅 JR貨物 Jフィル MIZUMO T-ストリングス かぎろひ歴史探訪 その他 みちのくひとり旅 やまとんくらぶ アイチャンオケ アミーキティア管弦楽団 アンサンブル ラ・ピアチェーレ アンサンブル・アルビレオ アンサンブル・コスモリバティ アンサンブル・ジョワン アンサンブル・ツヴァイ アンサンブル・フリー アンサンブル・ミンネン アンサンブル・ヴィオ ウォーキング鉄 オルガンコンサート オーケストラ・アンサンブル・フォルツァ オーケストラ・クラシック オーケストラ・ソノリテ オーケストラ・ノインテ オーケストラ・ブラヴォー! オーケストラ・ポミエ オーケストラ千里山 オーディオ カメラ カンマーフィルハーモニー京都 カンマーフィルハーモニー神戸 クラシックサロン・アマデウス クラシック音楽 クランクレーデ クレセント室内アンサンブル クレー管弦楽団 グッド・シーズン・アンサンブル グルメ コレギウム・ヨハネス コレギウム夙川管弦楽団 シンフォニア・スピカ セント・マーティン・オーケストラ ゾンアーベント・アンサンブル タリヘーレ四重奏団 ダムカード テレマン室内オーケストラ ディスクユニオン ドイツ紀行 ニイジマ・キネン・オーケストラ ニュージーランド鉄道 ハイマート交響楽団 ハイマート合唱団 バス バッハクライス神戸 バンブスアンサンブル パソコン ファゴット・フェスティバル フェニックスフィル フォンス・フローリス古楽院 プロ野球 ホール・バルティカ ミモザの会 ミュー室内管弦楽団 メイプルフィル ライブカメラ ラグビー ワンコイン市民コンサート ヴェデルニコフ 万葉 三宝鉄道 上甲ウィンドシンフォニー 上甲子園中学吹奏楽部 交響楽団ひびき 京急 京成 京王 京都フィロムジカ管弦楽団 京都プレザントオーケストラ 京都大学交響楽団 京都工芸繊維大学交響楽団 京阪 伊予鉄 伊予鉄道 伊豆急行 信濃の旅 六甲フィル 兵庫医科大学医療大学合同オーケストラ_ 兵庫芸術文化センター管弦楽団 切符 初演企画 北摂フィル 北総 千里フィルハーモニア・大阪 南海 卯之町 叡山電車 合唱団 名鉄 吹奏楽 吹奏楽団 吹田市交響楽団 四国詣で 土佐くろしお鉄道 土佐日記 土佐電 地下鉄 堺フィル 夢の国 ニュージーランド 大井川鉄道 大阪センチュリー交響楽団 大阪フィルハーモニー交響楽団 大阪フロイデ合唱団 大阪メトロ 大阪モーツァルトアンサンブル 大阪交響楽団 大阪市営交通局 大阪市営地下鉄 大阪市民管弦楽団 大阪芸術大学管弦楽団 天理シティオーケストラ 奈良女子大管 奈良歩き 学園都市交響楽団 宝塚響 富士急行 寝屋川市民管弦楽団 小田急 尼崎市吹奏楽団 尼崎市民交響楽団 尼崎弦楽アンサンブル 居酒屋 山陽 岡山電軌 嵐電 川西市民オーケストラ 幻想フィル 広島電鉄 廃線跡 待兼交響楽団 指揮者 新京成 新幹線 旅行 日本センチュリー交響楽団 最近のCD 最近のLP 東京佼成ウィンドオーケストラ 東急 東武 枚方フィル 樹フィル 武庫川女子大学音楽学部 水族館 水間鉄道 江ノ電 父親のアルバムから 甲南大学OB交響楽団 甲南大響 甲南女子大学管弦楽団 白黒懐かし画像 相愛フィルハーモニア 相鉄 神戸アンサンブルソロイスツ 神戸大学響 神戸市地下鉄 神戸電鉄 神戸高校OBオーケストラ 福井鉄道 私の名盤シリーズ 箕面コンセルト室内合奏団 紫苑交響楽団 美術 聖ソフィア・バラ合唱団/合奏団 能・狂言 能勢電 芦屋交響楽団 芦屋室内合奏団 若林顕 落語 蒸気機関車 藤井貴宏 衣笠交響楽団 西宮交響楽団 西宮探訪 西武 見仏 豊中市民管弦楽団 豊橋鉄道 近江鉄道 近畿フィルハーモニー管弦楽団 近鉄 遠州鉄道 鉄道 長岡京市民管弦楽団 長崎電軌 長楽庵 関西グスタフ・マーラー交響楽団 関西フィルハーモニー管弦楽団 関西医科学生交響楽団 関西大学交響楽団 関西学院交響楽団 関西SPレコード愛好会 阪堺電車 阪急 阪神 阪神タイガース 阪神フィル 静岡鉄道 須磨フィル 飛行機 高松琴平電鉄 高槻フィル 高槻室内管弦楽団 龍谷大学交響楽団 JR四国 JR東日本 JR東海 JR西日本

フォト

掲示板

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

無料ブログはココログ