国鉄奈良機関区

  • Photo_7
    昭和46年に奈良機関区を訪ねています。変わりやすい天気で、晴れていると思ったら急に雨が降ってきて大変な日でした。

THE 大阪駅~特急編~

  • 16
    中高生のころ、大阪駅はまだ日常の中にはなく、特急列車を撮りに行く特別な場所であった。栄光の時代が残っていた大阪駅に発着する特急列車の姿を封じ込めました。

THE 大阪駅~急行編~

  • 1258
    大阪駅に発着する急行を集めてみました。行き先によっては、ディーゼルカーの急行もあり、思えば楽しい駅だったのですね。ご興味の方は写真帖のずっと下にある「甲子園口急行物語」もご覧ください。

昭和45-47年の天王寺駅

  • キハ58 きのくに
    天王寺駅は単に竜華や奈良方面、阪和方面への乗り換え駅だったが、紀勢線ホームは頭端駅として有名だった。 時折、乗り換えの途中、駅撮りなどしていたようだ。

竜華・昭和46年

  • Photo_3
    昭和46年に数回に分けて竜華へ出陣しています。当時の関西線はローカルそのもの、まだまだ煙も多く残っていました。

甲子園口(その周辺)急行物語

  • Photo_7
    甲子園口西方の踏切があったあたり、そのもう少し西側の日通の倉庫前あたりは友人たちとのたまり場でした。陽が暮れるまで電車の通過を楽しんでいました。

京都駅残照・昭和45年前後

  • Photo_3
    昭和45年当時、京都駅へ行く機会は限られていたが、その中で残していた写真の中からいくつかを抜粋した。 京都の寺社、観光地に興味を持つのはもう少し後になった。

西宮を走った国鉄電車特急・昭和45年頃

  • Photo_2
    国鉄時代、地元西宮でもいろいろな電車特急が走っていた。 そのすべてではないが、手元に残る写真のうちからいくつかを抜粋した。

あぁ上野駅 昭和46年

  • 特急やまびこ
    初めて東京へ行った昭和46年、昔の風情の残る上野駅に間に合いました。

神戸市電 最後の日

  • 星電社前
    1971年3月に神戸市電は歴史を閉じました。その最終日に神戸市内の各所で写真に収めましたが、思えば震災前の神戸の街も封じ込めたことになりました。

東海道のんびり行

  • 24
    昭和49年5月に、当時まだ走っていた急行桜島・高千穂に乗って、のんびり東海道を東上しました。そのときの車窓風景をまとめました。

京阪滝井駅 昭和50年

  • Photo_2
    京阪電車は今年、中ノ島新線の開通や電車の塗装変更、さらに往年の名特急1900系の引退と話題に事欠きませんが、ごく普通に走っていた昭和50年の滝井駅の様子はこんな感じでした。

昔日の近江鉄道

  • Photo_4
    近江鉄道は、学生時代からの万葉旅行会で近江蒲生野へ行くときに撮影した程度だった。これはその一連の名残である。 「茜さす紫野行き標野行き野守りは見ずや妹が袖ふる」

マンモス機 EH10

  • 04
    国鉄が作った最大最強のマンモス電気機関車EH10。 今でこそ、8軸の電機はいろいろあるけれど、目に焼きついているのはこの機関車だ。

京都市電

  • 2607
    京都へ行くと市内の移動はたいてい市電だった。 市電だと京都初心者にもわかりやすかった。 たまにバスに乗るとぐるっと市内の引き回しにあったり、とんでもない方向へ走ったりと痛い目に会ったからだ。

きーんてーつ特急

  • Photo_11
    70年代の近鉄特急の白黒写真を集めてみました。点数も少なく恐縮ですが、関西には少ない観光特急の雰囲気だけでも伝えたい。おまけにあおぞら号も何枚か。

近鉄、ちょっと前の車両たち

  • 1413
    1980年代に撮った近鉄の一般車両の中からチョイスしてみた。少し小さいというだけで、なんだか親しみを感じる車両の面白さもある。

野上電鉄、廃止3週間前

  • キハ28
    1994年3月末をもって廃止された野上電鉄を、廃止3週間前に友人の2Aカレチさんと訪れた。併せて周辺の鉄道へも足を運んだので、藤並駅でみた有田鉄道のキハをおまけに追加した。

阪神5314F 愛

  • Img_6204
    阪神電車最古参の5314Fは5550Fの新規参入によっていよいよ引退の時期を迎えた。この前パン貫通幌を持つ古き阪神電車の顔を残す編成を追いかけた。

ゴハチ

  • 16ef58
    今も人気のEF58ばかりを集めました。近所鉄の西宮、武庫川をはじめ大阪駅、少し遠くて下関。元気にゴハチが走り回っていた時代がありました。

琴電 旧型車を並べて

  • Img_0059
    平成10年から出張が多かった四国ですが、何回かは高松に足を運んで琴電を追いました。古い写真がなぜか見つからないので、旧型車が消える数年前からのものばかりです。

RRE様HP掲載一覧

  • 0001601
    ブログ開設以前はRREさんの掲示板への投稿を続けていました。ここに、その投稿画像をまとめましたので、ご笑覧いただければと思います。

島原鉄道2007

  • Img_2046
    去年の3月に出○ついでに諫早駅周辺、島原鉄道、足を少し伸ばして長崎電軌を訪問しました。島原鉄道の一部廃止は残念です。

JR九州の車両たち、諫早駅周辺

  • Img_2023
    ラストランブームになったなは/あかつきもこのころは全然注目されず。九州はいろんな列車があって楽しめます。

長崎は今日も雨

  • Img_2117
    長崎ではすごい雨にあいました。それにもめげず、撮り鉄に励んできました。

名鉄瀬戸線

  • Img_1926
    名鉄瀬戸線に6750系という大手私鉄最後の吊りかけ車が走っていると聞いて訪問しました。2008.03.24

惜別 0系新幹線 

  • 01 相生駅 0系の横顔
    いよいよ平成20年11月末に引退する0系新幹線。山陽路で活躍していた近年の記録です。

四国の気動車

  • 四国は今でも気動車の天国です。その中でも、普通車の運用に供せられる車両を集めてみました。普通車だけにDCより気動車という言い方が似合います。

名鉄にあったレールバス

  • 到着したレールバスからの乗り換え
    名鉄の三河線、猿投の先には西中金まで延びる単線があり、そこには今ではその姿をほとんど見ることが出来ないレールバスがひっそりと走っていました。1987年4月、2Aカレチさんと訪れた記録です。

名鉄揖斐線

  • 512号車内
    1987年4月に2Aカレチさんと名鉄を訪れました。 揖斐線は一時下車した美濃北方駅と黒野駅での写真です。

名鉄の旧型車

  • 103763
    1987年4月 2Aカレチさんと一緒に名鉄を訪れました。 名鉄の本線あたりでもまだまだ吊り掛け車が走っていました。

名鉄岐阜市内線

  • 08
    1987年4月、2Aカレチさんと名鉄を訪れた。岐阜市内線をとりあえず撮影した後、揖斐線へと向かった。

明延鉱山とともに

  • 04_img_0155
    小学生時代、明延鉱山の学校とクラス同士の文通をした。その場所がどこだか全く知らずに居たが1円電車の存在は知っていた。その地を訪れたのは随分大人になってからとなった。

鍛冶屋線~愛と死をみつめて

  • 09_img_0334
    大正12年に全線が開通した鍛冶屋線はJR後の平成2年、その歴史に幕を下ろした。 また、「愛と死をみつめて」で有名なミコこと大島みち子さんはこの沿線の方で、線路を見下ろす小高い岡の上にお墓がある。

EF65 0番台原色+茶ガマ

  • 103_img_2881
    かつて、全国の直流区間ではおなじみだったEF65の0番台も、今では岡山に集結する11機のみである。そのうち、原色を保っているのはわずか4両となった。

ドイツ紀行

2018年5月 1日 (火)

ドイツ紀行 ちょっと残念なこと

Dsc07079ドイツに行って町の様子を見ていると日本と決定的に違うことがあります。ひとつは、道路に面したアパートの建て方です。道路に窓のある部屋が面していますね。日本だと、ベランダがあって、そこでちゃんと洗濯物を干せるようになっています。ドイツでは、どうも洗濯物は室内か、乾燥機を利用するようで、洗濯物が風に翻る光景は見ませんでした。

Dsc07089もう一つ、残念なことはドイツでは大変喫煙率が高いことです。これはミュンヘン中央駅の売店を撮影したものですが、端っこに立ったまま喫煙している人が写っています。人が集まると煙草、歩きながら煙草、特に若い女性の喫煙者が目立ち、ポイポイ、すいがらを道路に捨てる光景に出会いました。ドイツは、環境先進国とは名ばかりの、公衆衛生後進国かもしれません。

2018年4月30日 (月)

ドイツ紀行 ドレスデンの抵抗

Dsc08590ドイツに行って、何とも考えさせられることがあります。ミュンヘンではあまり感じませんでしたが、ライプチヒ、ドレスデンでは、第2次世界大戦の空襲で破壊された町の復興という課題がまだ現実として日々の生活の中にありました。これは、ドレスデンの売店の絵ハガキのスタンドです。何とも悲痛な写真、絵葉書が目についたので一枚撮りました。

Dsc08590_2Dsc08590_3このように、空襲によって破壊された町のがれきの様子を白黒写真で残していたものを絵葉書として、店の一番中央に堂々と展示して販売していました。一つにはナチスの台頭によるドイツでの影響の大きさと、もう一つはユダヤ人迫害への強烈な反省が、今も市民生活へ投げかける影となっているものと思われます。

何気ない街角で見かけた深いドイツの傷ですね。

2018年4月28日 (土)

ドイツ紀行 自動販売機

Dsc06953自動販売機というと、日本の様に治安が良い国でしか置くことができないというのが私の中では一つの常識としてありましたが、いえいえドイツにもしっかり自動販売機がありましたよ。これは駅のプラットホームにある飲み物の自動販売機です。清涼飲料水とかが入っていたと思います。

Dsc07246もう一つ多くあったのは当然と言えばその通りですが、電車やバスに乗るためのチケットの自動販売機です。最新式のものは選んだ言語の中に日本語も入っているようです。こういうのは少し安心しますね。チケットを自動販売機で買って、駅の改札口やトラムの車内にある刻印機のような機械に通して乗車開始となります。

ところがフランクフルトではチケットを買うというのと刻印されるのが自動販売機の中で同時に行われるので、この手間はありませんでした。しかし、反対にそれに慣れるまで時間がかかりましたけど。

2018年4月27日 (金)

ドイツ紀行 ドイツはやはり車の国

Dsc06995ドイツと言えば、ベンツ、BMWなどの自動車産業が盛んで、町中に車があふれていましたね。この写真の様に住宅街、しかも一軒家の集まっているところでは、認められてはいますが、路上駐車が多く道を車が埋め尽くしていました。自分の家の敷地に駐車スペースを設けるという感覚がないのかもしれません。

Dsc09169そして車の移動にも鉄道が使われていました。駅のガラスの向こう側なので少し見えにくいですが、これらは新車の輸送なのか、それとも個人の車の移送なのかはわかりませんが、コンテナのような車両に隙間なく車が乗せられています。日本では見かけない光景です。

Dsc07012_2日本で見かけないというと、このようにコンテナ貨車の上にトレーラーが積まれているのを比較的多く見ました。これは長距離の移動には環境負荷も少なくていいですね。運転手は現地で待っているのでしょうね。実際の積み下ろしの様子を見てみたいものです。

2018年4月26日 (木)

ドイツ紀行 連接バスは便利

Dsc08351ドイツのバスは基本的に連接バスでした。日本でも少しずつ増えてはいるようですが、ドイツで単車で走っているのは見た記憶がありません。もっとも、最近記憶に関しては自信はありませんが。これはライプチヒで見た連接バスです。連接されている車両はタイヤ1輪ですね。

Dsc09165これは、ドレスデンの連接バスです。そしてここは、トラム、路面電車の電停です。バスもトラムの電停が停留所になっています。これは便利ですね。バスは路線の自由度が高いですし、トラムからの乗り換えにも便利です。トラム自体も連接して運行しているのが普通でした。

51qi9s2atwl__sx351_bo1204203200_パラダイス山元 パラダイス山元の飛行機の乗り方 新潮文庫/読了・・・・・・・・これはすごい人がいたものです。飛行機に乗るのを生きがいにしているというしかありません。それも無茶苦茶です。1日乗り継いで11便の飛行機に乗って出発地の羽田に戻ってくるとか、毎日飛行機に乗って、ほぼ1年間機内食が食事メニューだったとか、凄いです。これは鉄道だと、昔の夜行列車に乗って列車連泊何日とか、全駅乗ったで降りたで、とかやっているのに匹敵するかも。取り立てて用事もないけれど、フランクフルトでフランクフルトソーセージを食べるだけに往復するとか、スケールが違う話満載で目が点になりました。

2018年4月25日 (水)

ドイツ紀行 ドイツの夜は暗い

262ミュンヘン、ライプチヒ、ドレスデン、フランクフルトとドイツを渡り歩きましたが、いずれの街も共通することのひとつに、夜の街が日本に比べて暗いという事です。人が集まるところなのに、夜なのに、なんでこんなに暗いのかと思いましたが、ひょっとすると日本が明るすぎるのかも。フランクフルトのアルテオーパ―というホールがある広場に面した建物の周辺です。

 

Dsc07929これは、ライプチヒの繁華街のひとつで、商店やレストランが並ぶ一画です。この右手角のお店に入りましたが、中は賑やかで流行っていましたが、その前の通りはこの通りです。外にテーブルが出ていて、そこでも食事ができるのですが、何を食べているかわかりにくいと思いますが、どうなのでしょうか。日本が明るすぎるのかなぁ?

 

61kwztqzbjl__sx348_bo1204203200_愛川晶 高座のホームズ 昭和稲荷町らくご探偵 中公文庫/読了・・・・・・・・・・面白い!抜群に面白かったですね。これが文庫書下ろしなのはもったいないですね。というか、ありがたい。プロローグ、話し、幕間、話し、エピローグという構成だったんだというのが読み終わってから初めてそのつながりを認識させられ、ガーンという衝撃でした。手の込んだ構成と選びに選んだ言葉遣いと言葉遊び、落語の世界の忠実な描写、全てが一級品ですね。

2018年4月24日 (火)

ドイツ紀行 少し環境問題とか

Dsc06999ドイツは環境先進国と言われますね。日本もずいぶんと進んで今や世界のトップクラスだと思うのですが、そんなドイツでのひとコマです。これはごみの分別ボックスです。住宅街の街角に置かれていて、いつでもここに捨てられるようになっています。いつでもというのがどうなんだかとは思いますけれど。中までは見ていませんから分別の程度はわかりません。

Dsc07270これはドイツ博物館の鉄道博物館の中のトイレの小便器です。男性にとってはとても高い位置に便器が据えられていました。しかも、便器が小さいのです。ドイツのひとは皆さん背が高いからいいでしょうが、とにかく使いにくいものでした。

ドイツでは街中の公衆便所は基本的に有料でした。駅のトイレもそうです。マイセンに行ったときは、50セントユーロ硬貨を入れないと戸が開かないようになっていて、持ち合わせがないときはどうするんでしょうね。レストランの中のトイレでも、なんだか入り口に人がいて、お金を少し置いていかないといけないという気分、文化の違いとは言うものの、どうなんだかなぁ。

Dsc09200最後に、これはフランクフルトの駅近くにある古紙の再生工場です。大変大きな工場で、この広いヤードに古紙が塊として積まれています。きっと紙のリサイクル率は高いのでしょうね。日本でも紙のリサイクル率は上がっているものと思いますが。

2018年4月20日 (金)

ドイツ紀行 異国らしさ

Dsc07122ドイツはやはり日本と違って、当然ですがその特色というものを感じさせてくれました。このおじさんはミュンヘンでお見かけした方なのですが、ミュンヘン=バイエルン地方の正装をされていました。この羽が付いた緑色の帽子が何ともおしゃれでしたね。

Dsc07212ミュンヘンの旧市街地、カールスプラッツからマリエンプラッツにかけては多くの観光客でにぎわっていたのですが、その街角にこのツィンバロンを演奏する叔父さんがいました。この楽器は東欧から中部ヨーロッパ、特にハンガリーを中心とした民族楽器ですね。コダーイのハーリ・ヤーノシュの中でも使われています。

Dsc06974ドイツと言ったら車、それもベンツですが、なんとタクシーにもベンツが使われていました。実際に乗る機会はなかったのですが、一度乗っておくべきでしたね。ところが、ドイツでは、ニッサンやトヨタに乗ってるとお金持ちと思われるようですよ。ところ変われば、ですね。

2018年4月18日 (水)

ドイツ紀行 駅の設備考

Dsc07244ドイツ紀行で書き落としたことを綴っています。これが駅の改札口です。駅員も自動改札口もありません。通路のなにやら小さな機会がありますが、これは切符に日付を入れる機械です。ドイツは、というよりヨーロッパは電車やバスに乗るのは信用乗車方式なので、基本的に駅に駅員はいませんね。

Dsc07434これは駅のベンチです。パイプで枠を造り、ネットで座面と背面を連続したもので、実にシンプルな作りになっています。ドイツ的な合理性がデザインに現れていますね。いくつか駅のベンチを見ましたが、この形が多かった印象です。

Dsc07435_2もっと合理的なのは、このエスカレーターです。実はこのエスカレーターは上にも下にも動きます。日本だと、どちらか一方に固定して運転しているケースが多いですね。利用する人が少ないところではいいでしょうが、さてトラブルとかはないのでしょうか。このあたりにも、ドイツ人の合理性が表れていると思います。

610414_l磯田道史 日本人の叡智 新潮新書/読了・・・・・・・歴史上の有名無名にかかわらず、98人の人びとの言葉を集めて解説した新聞の連載を一冊にしています。時代も、戦国時代から昭和に至るまでで、実に長い歴史時間を経て珠玉の言葉が集められています。こういう形で歴史から人を引き抜いてくるというのは歴史学者にとって実に実り多いものではないでしょうか。

2018年4月17日 (火)

ドイツ紀行 コンサートホールで

昨年11月に行ったドイツでの雑感を書き記しておこうと思います。昨日はホテルの部屋でした。今日はコンサートホールでのことです。

60これはライプチヒのゲバントハウスでのロビー風景ですが、ドイツ人?はほぼ正装、スーツ、ドレス、ネクタイの着用というスタイルですね。ドイツに行く前は、ラフな格好でもオーケーと聞いていたので気にせずに入場しましたが、すこしはましな格好をしていけばという反省しきりでした。

Dsc07762ミュンヘンフィルの演奏会に行ったとき、会場のポスターにも注目です。バーミンガム市立オーケストラの来演があります。指揮は2016年から音楽監督になったミルガ・グラジニーテ=ディーラという女性指揮者さんです。32歳、金髪、長身のモデルのような女性です。もう一枚は、ロンドンフィルのポスターですね。

Dsc07764これは、多分2015年にワレリー・ゲルギエフが首席指揮者になりミュンヘンフィルを振った演奏がCD化された宣伝なのでしょう。ブルックナーの交響曲第4番「ロマンティック」、マーラーの交響曲第2番「復活」のようですね。柱のポスターはいずれもミュンヘンのガスタイクホールのロビーのものでした。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

JR貨物 Jフィル MIZUMO T-ストリングス かぎろひ歴史探訪 その他 みちのくひとり旅 やまとんくらぶ アミーキティア管弦楽団 アンサンブル ラ・ピアチェーレ アンサンブル・アルビレオ アンサンブル・コスモリバティ アンサンブル・ジョワン アンサンブル・ツヴァイ アンサンブル・フリー アンサンブル・ミンネン アンサンブル・ヴィオ ウォーキング鉄 オルガンコンサート オーケストラ・アンサンブル・フォルツァ オーケストラ・クラシック オーケストラ・ソノリテ オーケストラ・ノインテ オーケストラ・ブラヴォー! オーケストラ・ポミエ オーケストラ千里山 オーディオ カメラ カンマーフィルハーモニー京都 カンマーフィルハーモニー神戸 クラシックサロン・アマデウス クラシック音楽 クランクレーデ クレセント室内アンサンブル クレー管弦楽団 グッド・シーズン・アンサンブル グルメ コレギウム・ヨハネス コレギウム夙川管弦楽団 シンフォニア・スピカ セント・マーティン・オーケストラ ゾンアーベント・アンサンブル タリヘーレ四重奏団 ダムカード テレマン室内オーケストラ ディスクユニオン ドイツ紀行 ニイジマ・キネン・オーケストラ ニュージーランド鉄道 ハイマート交響楽団 ハイマート合唱団 バス バッハクライス神戸 バンブスアンサンブル パソコン ファゴット・フェスティバル フェニックスフィル フォンス・フローリス古楽院 プロ野球 ホール・バルティカ ミモザの会 ミュー室内管弦楽団 メイプルフィル ライブカメラ ラグビー ワンコイン市民コンサート ヴェデルニコフ 万葉 三宝鉄道 上甲ウィンドシンフォニー 上甲子園中学吹奏楽部 交響楽団ひびき 京急 京成 京王 京都フィロムジカ管弦楽団 京都プレザントオーケストラ 京都大学交響楽団 京都工芸繊維大学交響楽団 京阪 伊予鉄 伊予鉄道 伊豆急行 信濃の旅 六甲フィル 兵庫医科大学医療大学合同オーケストラ_ 兵庫芸術文化センター管弦楽団 切符 初演企画 北摂フィル 北総 千里フィルハーモニア・大阪 南海 卯之町 叡山電車 合唱団 名鉄 吹奏楽 吹奏楽団 吹田市交響楽団 四国詣で 土佐くろしお鉄道 土佐日記 土佐電 地下鉄 堺フィル 夢の国 ニュージーランド 大井川鉄道 大阪センチュリー交響楽団 大阪フィルハーモニー交響楽団 大阪フロイデ合唱団 大阪メトロ 大阪モーツァルトアンサンブル 大阪交響楽団 大阪市営交通局 大阪市営地下鉄 大阪市民管弦楽団 大阪芸術大学管弦楽団 奈良女子大管 学園都市交響楽団 宝塚響 富士急行 寝屋川市民管弦楽団 小田急 尼崎市吹奏楽団 尼崎市民交響楽団 尼崎弦楽アンサンブル 居酒屋 山陽 岡山電軌 嵐電 川西市民オーケストラ 幻想フィル 広島電鉄 廃線跡 待兼交響楽団 指揮者 新京成 新幹線 旅行 日本センチュリー交響楽団 最近のCD 最近のLP 東京佼成ウィンドオーケストラ 東急 東武 枚方フィル 樹フィル 武庫川女子大学音楽学部 水族館 水間鉄道 江ノ電 父親のアルバムから 甲南大学OB交響楽団 甲南大響 甲南女子大学管弦楽団 白黒懐かし画像 相愛フィルハーモニア 相鉄 神戸アンサンブルソロイスツ 神戸大学響 神戸電鉄 神戸高校OBオーケストラ 福井鉄道 私の名盤シリーズ 箕面コンセルト室内合奏団 紫苑交響楽団 美術 聖ソフィア・バラ合唱団/合奏団 能勢電 芦屋交響楽団 芦屋室内合奏団 若林顕 落語 蒸気機関車 藤井貴宏 衣笠交響楽団 西宮交響楽団 西宮探訪 西武 見仏 豊中市民管弦楽団 豊橋鉄道 近江鉄道 近畿フィルハーモニー管弦楽団 近鉄 遠州鉄道 鉄道 長岡京市民管弦楽団 長崎電軌 長楽庵 関西グスタフ・マーラー交響楽団 関西フィルハーモニー管弦楽団 関西医科学生交響楽団 関西大学交響楽団 関西学院交響楽団 関西SPレコード愛好会 阪堺電車 阪急 阪神 阪神タイガース 阪神フィル 静岡鉄道 須磨フィル 飛行機 高松琴平電鉄 高槻室内管弦楽団 龍谷大学交響楽団 JR四国 JR東日本 JR東海 JR西日本

フォト

掲示板

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー

無料ブログはココログ