国鉄奈良機関区

  • Photo_7
    昭和46年に奈良機関区を訪ねています。変わりやすい天気で、晴れていると思ったら急に雨が降ってきて大変な日でした。

THE 大阪駅~特急編~

  • 16
    中高生のころ、大阪駅はまだ日常の中にはなく、特急列車を撮りに行く特別な場所であった。栄光の時代が残っていた大阪駅に発着する特急列車の姿を封じ込めました。

THE 大阪駅~急行編~

  • 1258
    大阪駅に発着する急行を集めてみました。行き先によっては、ディーゼルカーの急行もあり、思えば楽しい駅だったのですね。ご興味の方は写真帖のずっと下にある「甲子園口急行物語」もご覧ください。

昭和45-47年の天王寺駅

  • キハ58 きのくに
    天王寺駅は単に竜華や奈良方面、阪和方面への乗り換え駅だったが、紀勢線ホームは頭端駅として有名だった。 時折、乗り換えの途中、駅撮りなどしていたようだ。

竜華・昭和46年

  • Photo_3
    昭和46年に数回に分けて竜華へ出陣しています。当時の関西線はローカルそのもの、まだまだ煙も多く残っていました。

甲子園口(その周辺)急行物語

  • Photo_7
    甲子園口西方の踏切があったあたり、そのもう少し西側の日通の倉庫前あたりは友人たちとのたまり場でした。陽が暮れるまで電車の通過を楽しんでいました。

京都駅残照・昭和45年前後

  • Photo_3
    昭和45年当時、京都駅へ行く機会は限られていたが、その中で残していた写真の中からいくつかを抜粋した。 京都の寺社、観光地に興味を持つのはもう少し後になった。

西宮を走った国鉄電車特急・昭和45年頃

  • Photo_2
    国鉄時代、地元西宮でもいろいろな電車特急が走っていた。 そのすべてではないが、手元に残る写真のうちからいくつかを抜粋した。

あぁ上野駅 昭和46年

  • 特急やまびこ
    初めて東京へ行った昭和46年、昔の風情の残る上野駅に間に合いました。

神戸市電 最後の日

  • 星電社前
    1971年3月に神戸市電は歴史を閉じました。その最終日に神戸市内の各所で写真に収めましたが、思えば震災前の神戸の街も封じ込めたことになりました。

東海道のんびり行

  • 24
    昭和49年5月に、当時まだ走っていた急行桜島・高千穂に乗って、のんびり東海道を東上しました。そのときの車窓風景をまとめました。

京阪滝井駅 昭和50年

  • Photo_2
    京阪電車は今年、中ノ島新線の開通や電車の塗装変更、さらに往年の名特急1900系の引退と話題に事欠きませんが、ごく普通に走っていた昭和50年の滝井駅の様子はこんな感じでした。

昔日の近江鉄道

  • Photo_4
    近江鉄道は、学生時代からの万葉旅行会で近江蒲生野へ行くときに撮影した程度だった。これはその一連の名残である。 「茜さす紫野行き標野行き野守りは見ずや妹が袖ふる」

マンモス機 EH10

  • 04
    国鉄が作った最大最強のマンモス電気機関車EH10。 今でこそ、8軸の電機はいろいろあるけれど、目に焼きついているのはこの機関車だ。

京都市電

  • 2607
    京都へ行くと市内の移動はたいてい市電だった。 市電だと京都初心者にもわかりやすかった。 たまにバスに乗るとぐるっと市内の引き回しにあったり、とんでもない方向へ走ったりと痛い目に会ったからだ。

きーんてーつ特急

  • Photo_11
    70年代の近鉄特急の白黒写真を集めてみました。点数も少なく恐縮ですが、関西には少ない観光特急の雰囲気だけでも伝えたい。おまけにあおぞら号も何枚か。

近鉄、ちょっと前の車両たち

  • 1413
    1980年代に撮った近鉄の一般車両の中からチョイスしてみた。少し小さいというだけで、なんだか親しみを感じる車両の面白さもある。

野上電鉄、廃止3週間前

  • キハ28
    1994年3月末をもって廃止された野上電鉄を、廃止3週間前に友人の2Aカレチさんと訪れた。併せて周辺の鉄道へも足を運んだので、藤並駅でみた有田鉄道のキハをおまけに追加した。

阪神5314F 愛

  • Img_6204
    阪神電車最古参の5314Fは5550Fの新規参入によっていよいよ引退の時期を迎えた。この前パン貫通幌を持つ古き阪神電車の顔を残す編成を追いかけた。

ゴハチ

  • 16ef58
    今も人気のEF58ばかりを集めました。近所鉄の西宮、武庫川をはじめ大阪駅、少し遠くて下関。元気にゴハチが走り回っていた時代がありました。

琴電 旧型車を並べて

  • Img_0059
    平成10年から出張が多かった四国ですが、何回かは高松に足を運んで琴電を追いました。古い写真がなぜか見つからないので、旧型車が消える数年前からのものばかりです。

RRE様HP掲載一覧

  • 0001601
    ブログ開設以前はRREさんの掲示板への投稿を続けていました。ここに、その投稿画像をまとめましたので、ご笑覧いただければと思います。

島原鉄道2007

  • Img_2046
    去年の3月に出○ついでに諫早駅周辺、島原鉄道、足を少し伸ばして長崎電軌を訪問しました。島原鉄道の一部廃止は残念です。

JR九州の車両たち、諫早駅周辺

  • Img_2023
    ラストランブームになったなは/あかつきもこのころは全然注目されず。九州はいろんな列車があって楽しめます。

長崎は今日も雨

  • Img_2117
    長崎ではすごい雨にあいました。それにもめげず、撮り鉄に励んできました。

名鉄瀬戸線

  • Img_1926
    名鉄瀬戸線に6750系という大手私鉄最後の吊りかけ車が走っていると聞いて訪問しました。2008.03.24

惜別 0系新幹線 

  • 01 相生駅 0系の横顔
    いよいよ平成20年11月末に引退する0系新幹線。山陽路で活躍していた近年の記録です。

四国の気動車

  • 四国は今でも気動車の天国です。その中でも、普通車の運用に供せられる車両を集めてみました。普通車だけにDCより気動車という言い方が似合います。

名鉄にあったレールバス

  • 到着したレールバスからの乗り換え
    名鉄の三河線、猿投の先には西中金まで延びる単線があり、そこには今ではその姿をほとんど見ることが出来ないレールバスがひっそりと走っていました。1987年4月、2Aカレチさんと訪れた記録です。

名鉄揖斐線

  • 512号車内
    1987年4月に2Aカレチさんと名鉄を訪れました。 揖斐線は一時下車した美濃北方駅と黒野駅での写真です。

名鉄の旧型車

  • 103763
    1987年4月 2Aカレチさんと一緒に名鉄を訪れました。 名鉄の本線あたりでもまだまだ吊り掛け車が走っていました。

名鉄岐阜市内線

  • 08
    1987年4月、2Aカレチさんと名鉄を訪れた。岐阜市内線をとりあえず撮影した後、揖斐線へと向かった。

明延鉱山とともに

  • 04_img_0155
    小学生時代、明延鉱山の学校とクラス同士の文通をした。その場所がどこだか全く知らずに居たが1円電車の存在は知っていた。その地を訪れたのは随分大人になってからとなった。

鍛冶屋線~愛と死をみつめて

  • 09_img_0334
    大正12年に全線が開通した鍛冶屋線はJR後の平成2年、その歴史に幕を下ろした。 また、「愛と死をみつめて」で有名なミコこと大島みち子さんはこの沿線の方で、線路を見下ろす小高い岡の上にお墓がある。

EF65 0番台原色+茶ガマ

  • 103_img_2881
    かつて、全国の直流区間ではおなじみだったEF65の0番台も、今では岡山に集結する11機のみである。そのうち、原色を保っているのはわずか4両となった。

ドイツ紀行

2018年2月24日 (土)

ドイツ紀行 ドレスデン旧市街地を歩く レジデンツ宮殿他

Dsc08547ドレスデンのホテルに荷物を置いて、近くの旧市街地の中を散策しています。昨日紹介したツヴィンガー宮殿の向かいには、このように右側にレジデンツ宮殿、左側に三位一体教会がその姿を広げています。どちらも、カメラの広角一杯に広げないと入らないくらい大きな建物です。

Dsc08568今度はその反対側まで来ました。ここからは右側に三位一体教会、左側にレジデンツ宮殿が並んでいます。実は、これらの建物は、第2次世界大戦で徹底的に破壊された後、近年復興されたものです。出来るだけ以前の部材を使っているので、新旧の部材でモザイク柄になっているのがわかります。

Dsc08588これは、上の写真の左側奥に展開する、陶器タイルによって描かれた君主の行列と呼ばれる壁画で、ザクセン地方の36名の君主の姿が現されています。それにしてもドレスデンは、ライプチヒに比べるとなんでもスケールが違いますね。

Dsc08565この橋は、旧市街地とエルベ川の対岸にある新市街地を結ぶアウグストゥス橋ですが、ちょうど修復工事中でした。ここを渡るトラムの写真を撮りたかったのですが、残念ですね。このように、ドレスデンの旧市街地のあっちこっちで、いまだに昔の姿を再現する工事が行われていました。

51muts3qwvl__sx342_bo1204203200_畠山健二 本所おけら長屋(十) PHP文芸文庫/読了・・・・・・・ずいぶんと有名になったシリーズもので、落語的世界の中に江戸情緒を織り交ぜて、今回も人情の深い噺を読ませてもらいました。いつも文庫本への書下ろしとなっていますね。それだけ新鮮な中身に接することができ、うれしいですね。江戸の長屋ものとしては、都筑道夫のなめくじ長屋とともに好みのシリーズです。

2018年2月23日 (金)

ドイツ紀行 ドレスデン旧市街地を歩く ツヴィンガー宮殿

Dsc08536ドレスデンに着いて、旧市街地の中にあるアルトマルクトギヤラリーというモールの中にあるホテルに荷物を置いたら、すぐに付近の散策に出かけました。まず目についたのは、この大きな建物です。ホテルから本当に100メートルも行かないくらいのところです。

Dsc08537ここは、ツヴィンガー宮殿というところで、18世紀初頭から建築が開始された石造の宮殿です。ただし、第2次世界大戦の空襲で大きく破壊されたため、1960年代に修復され再現された建物となっています。それにしても広大な敷地に大きな建物が並びます。

Dsc08544Dsc08545これは入り口側を振り返ったところです。入場料とか要らないので市民のひとや観光客が自由に散策しています。もう一枚の写真は王冠の門というもので、いかにも権威付けしている印象ですね。さて、次に向かう事にしましょう。

2018年2月22日 (木)

ドイツ紀行 ドレスデン中央駅を出ると

Dsc08523ライプチヒからドレスデン中央駅に到着して、駅のプラットホームをうろうろしていましたが、外へ出るとこのように重厚な駅舎の建物が見下ろしています。この日は11月9日ですが、も薄くクリスマスシーズンに入るので一足早くその飾り付けがされていました。それにしても風格のある建物ですね。

Dsc08522その駅前には、トラムが駅舎と並行して進入しています。もう一本駅舎の端っこをドイツ国鉄の線路方向とクロスするように通っている路線もありました。ミュンヘンは青い塗装でしたが、ドレスデンは黄色いトラムなのですね。しかも、ずいぶん新しいイメージのデザインです。

Dsc08526駅前のポスターを見ると、その週の土日、11月11日、12日になにやらトラムのイベントがあるようです。ドイツ語は読めませんが、いや、発音は出来ますが意味が解りませんので、詳細は不明ですが、この旧型の博物館に動態保存されているトラムが走るのではないかと思われます。なかなかそそられるポスターですね。家族チケットが7ユーロ、だいたい950円ですね。

2018年2月21日 (水)

ドイツ紀行 ドレスデン中央駅

Dsc08516さて、ドレスデン中央駅に着いてみると、ライプチヒほどではないにしろ、かなり大きな駅でした。ドイツの中央駅、その街の中心となる駅は、ミュンヘンも、ライプチヒもガラスドームの下にプラットホームがあるタイプですね。色とりどりの列車が並ぶ景観はまるで鉄道模型そのものです。

Dsc08506列車をひとつひとつ見ていきましょう。これは、ライプチヒから乗ってきた列車です。牽引しているのは、146形と言うドイツの誇る高速機関車で最高時速は160km/hです。乗ってきた列車はそこまでの高速運転はしていませんでしたけれど。

Dsc08505次に、これは端っこに留まっていたのですが、143形と言うドイツでは最も一般的な機関車です。600両以上作られているとのことで、日本だとEF210に当たるくらいどこでも見るタイプです。しかし、この無骨な外観イメージ、いかにもドイツという感じがして、たまりませんね。

Dsc08511ドイツはDBの線路を利用して地方に行くとその地域の私鉄が同じ線路上を走っているようですが、これもその一つ、私鉄というには少し違うかもしれませんで、ドレスデン近郊の普通列車として走っているVVOのディーゼルカーですね。

Dsc08508さらに、これはMRBという会社の車両で形も今まで見たことがないタイプの電車です。MRB、中央鉄道とでもいうのでしょうか。ライン川沿いの路線を走る列車のようです。線路上をいくつもの会社の列車が走るという、相互乗り入れとかではなく、事業者参入の方法としても面白い発想ですね。

51ljc5uibnl__sx327_bo1204203200_群ようこ よれよれ肉体百科 文春文庫/読了・・・・・・・・・・久しぶりに群ようこのエッセイを読みました。肩の力が抜けた文章にはいつも癒されます。とは言うものの、一つ年上の群さん、還暦時代の女性の肉体的悩みがいくつもあるようで、自分と自分の回りの出来事の観察眼はさすがです。

2018年2月20日 (火)

ドイツ紀行 ライプチヒからドレスデン 鉄道風景

Dsc08481ライプチヒをDBの急行列車で出発して、街を抜けると、すぐに田園風景が広がりました。ドイツの鉄道ではトンネルに入ることはめったにありません。それほどの間っ平らな土地柄です。鉄道沿線の様子、これはどこかの電車区でしょうか、可愛いディーゼル機関車が列車に連結されています。

Dsc08483これは途中駅でのすれ違いの列車を撮りました。何でも撮っていたので、こんなものも写りました。列車の側面に豪華な?落書きがされています。日本でも最近、関東の私鉄で落書きがされているのが見つかり問題になりましたが、ドイツでも同じようなことがあるのですね。というか、沿線の建物を見るとこちらが本場かもしれないと思うくらい、落書きは多いですね。

Dsc08491これは、どこかの駅を出発としている私鉄の古典的客車なのでしょうね。機関車は見当たりませんでしたが、ひょっとすると蒸気機関車がけん引する観光鉄道かもしれません。今回、あまりそのような下調べをした来なかったことが少し残念です。

2018年2月19日 (月)

ドイツ紀行 さらばライプチヒ

Dsc08472まだ去年の11月9日のことです。2泊3日、ライプチヒで過ごし、今度はドレスデンに向うことになります。ライプチヒは、音楽の街であり、古い町並みが残るヨーロッパを感じる街でした。人の親切さ、食べ物の美味しさ、少し古いタイプの路面電車が走る素敵な町でした。駅の上には、ゲバントハウスオーケストラの文字が掲げられ、世界最古のオーケストラが街の誇りである事がわかります。

Dsc08477ライプチヒ中央駅からは、この赤い電車に乗ってドレスデンに向います。乗っている時間は1時間半ほどですから、そんなに遠くはありませんね。ミュンヘンでもドイツ国鉄(少し意味合いとしては違うのですけれど、ほぼあっています。)の金鉱電車には乗っていましたが、長距離電車はこれが初めてです。

Dsc08479列車の中に入ると座席は固定、日本のようなリクライニングの座席ではありません。しかも、お客さん同士が向き合う集団お見合い式の配置です。それでも初めてのことですから、大変新鮮な気持ちで過ごすことができました。いざ、ドレスデンへ。

2018年2月13日 (火)

ドイツ紀行 ライプチヒのケーキ屋さん

Dsc08439Dsc08437ライプチヒの三日目、この日のお昼は街角にあったカフェ&ケーキ屋さんで、珈琲とケーキをいただくこととしました。このお店はどうやらチェーン店のようですが、手作り感満載でしたね。外から見ても、とても明るい店内なのがわかって入りやすいですね。

Dsc08438これは、カウンターのショーケースの中にあるケーキです。日本のケーキのようにひとつひとつきれいに仕上がっているのは少なくて、どちらかというと、大きなケーキを作ってそれをカットして売っていましたね。とにかく味が濃くて、ずっしりとした甘いケーキでした。

Dsc08440ここはケーキの他に、パンもありました。というか、この写真を見ると、パンがメインのお店ですね。店頭のこのパンは、いろいろな具が入っているものと思いますが、試さなかったことは残念です。日本で見る、固くて黒いいわゆるドイツパンとは少し違いましたね。

今日から、しばらくぶりの四国詣でに出かけます。

2018年2月 9日 (金)

ドイツ紀行 ライプチヒの街がきれいな訳

Dsc08336ライプチヒには、今使われている市庁舎と古い市庁舎の2つの建物が、リングというかつて城壁で囲まれていた旧市街地の中にあります。これは1556~57年にかけて建設された旧市庁舎で1905年まで使われていました。今はライプチヒ市の歴史博物館になっています。

Dsc08350これが今の市庁舎です。リングのはずれにある、元のお城の後に19世紀末に建設されたものです。この尖塔は元のお城の先頭に継ぎ足してつくられたもので、高さではドイツ一の市庁舎の塔らしいです。それにしても、威厳に満ちた建物ですね。

Dsc08372さて、その市庁舎の脇から、なにやら袋を持った人たちが出てきました。手に挟みをもって道端のごみを拾い出しました。ライプチヒの街を歩いていて気が付くことは、ごみが少ないという事です。それはこのような人たちの地道な努力によって支えられていたのですね。

2018年2月 8日 (木)

ドイツ紀行 ライプチヒ中央駅の電車たち

Dsc08275ライプチヒ中央駅には、当然電車もやってきます。これは、ICE-T型という超特急ですね。見ての通り、電車ですので、それまでの機関車に引っ張られるタイプとは根本的に違った列車になっています。いわゆる振子というほどではありませんが、車体が傾斜してカーブが曲がりやすくなっています。JR九州の白いかもめに似ているのは、ご愛敬かと。

Dsc08278これは、オランダ系の鉄道会社アベリオの電車で、ドイツ国鉄の442型と同じ外観です。昨日のディーゼルカーにもありましたが、車両の連結部の下に台車がある連接車の編成です。これだと編成のなかでの台車の数を減らすことができ、保守がそれだけ楽になるのですが、切り離しができなくなるというデメリットも生じます。

Dsc08276最後に、146型の電気機関車がけん引するオール二階建ての列車です。この機関車は最も頻繁にみられるタイプで、最高時速は160km/hです。ドイツでは、座席に座る機会が多くなる2階建ての列車を多く見かけました。また、この客車の先頭には運転席がついていて、このまま、発車することができます。

41axy1oa64l__sx307_bo1204203200_吉田類 酒は人の上に人を造らず 中公新書/読了・・・・・・・・・酒場放浪記の吉田類による酒のエッセイ、もうこういう本は何冊も読んでいますが、かたの力が抜けた読みやすい一冊でしたね。ところどころの自信作の俳句などを交え、雰囲気を作っています。酒場放浪記、毎週楽しくテレビを拝見していますが、1回のロケで2回分の収録をするようで、最近は最初からほろ酔いを通り越してズボズボの時があったりしますよね。それと、居酒屋の料理が本当に旨いかどうか、すぐに顔に出るのも、、、、、、まぁ、それはうなづけますけれどね。

2018年2月 7日 (水)

ドイツ紀行 再びライプチヒ中央駅

Dsc08269ライプチヒの話題、しばらく、音楽家や街並みのことが続きましたね。また鉄道の話題に戻しましょう。ヨーロッパ最大の駅、ライプチヒ中央駅には、ミュンヘンではあまり見られなかったディーゼルカーがやってきています。これは、1両編成ですが、DB ドイツ国鉄の641型ディーゼルカーです。

Dsc08271さらに、これは鉄道会社はDBではないかもしれませんが、車両はDBの648型ディーゼルカーです。2両編成ですが、ちょうど連結部に台車がある連接車と呼ばれるタイプで、日本のディーゼルカーで連接車というのは記憶に有りませんね。

Dsc08279さらに明るい配色のディーゼルカーがいました。これはEBと書かれていて、これはEIB鉄道と言って、ドイツ中央山岳地帯の都市、エルフルトを拠点に路線を持つ第3セクターEIB(Erfurter Bahn GmbH)が保有するディーゼルカーらしいです。両運転台車両が2両編成となっています。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

JR貨物 | Jフィル | MIZUMO | T-ストリングス | かぎろひ歴史探訪 | その他 | やまとんくらぶ | アンサンブル ラ・ピアチェーレ | アンサンブル・アルビレオ | アンサンブル・コスモリバティ | アンサンブル・ジョワン | アンサンブル・ツヴァイ | アンサンブル・フリー | アンサンブル・ミンネン | アンサンブル・ヴィオ | ウォーキング鉄 | オルガンコンサート | オーケストラ・アンサンブル・フォルツァ | オーケストラ・クラシック | オーケストラ・ソノリテ | オーケストラ・ノインテ | オーケストラ・ブラヴォー! | オーケストラ・ポミエ | オーケストラ千里山 | オーディオ | カメラ | カンマーフィルハーモニー京都 | カンマーフィルハーモニー神戸 | クラシックサロン・アマデウス | クラシック音楽 | クランクレーデ | クレセント室内アンサンブル | クレー管弦楽団 | グッド・シーズン・アンサンブル | グルメ | コレギウム・ヨハネス | コレギウム夙川管弦楽団 | セント・マーティン・オーケストラ | ゾンアーベント・アンサンブル | タリヘーレ四重奏団 | ダムカード | テレマン室内オーケストラ | ディスクユニオン | ドイツ紀行 | ニイジマ・キネン・オーケストラ | ニュージーランド鉄道 | ハイマート交響楽団 | ハイマート合唱団 | バス | バッハクライス神戸 | バンブスアンサンブル | パソコン | フェニックスフィル | フォンス・フローリス古楽院 | ホール・バルティカ | ミモザの会 | ミュー室内管弦楽団 | メイプルフィル | ライブカメラ | ラグビー | ワンコイン市民コンサート | ヴェデルニコフ | 万葉 | 三宝鉄道 | 上甲ウィンドシンフォニー | 上甲子園中学吹奏楽部 | 交響楽団ひびき | 京急 | 京成 | 京王 | 京都フィロムジカ管弦楽団 | 京都プレザントオーケストラ | 京都大学交響楽団 | 京阪 | 伊予鉄 | 伊予鉄道 | 伊豆急行 | 六甲フィル | 兵庫医科大学医療大学合同オーケストラ_ | 兵庫芸術文化センター管弦楽団 | 切符 | 初演企画 | 北摂フィル | 北総 | 南海 | 卯之町 | 合唱団 | 吹奏楽 | 吹奏楽団 | 吹田市交響楽団 | 四国詣で | 土佐くろしお鉄道 | 土佐日記 | 土佐電 | 地下鉄 | 堺フィル | 夢の国 ニュージーランド | 大井川鉄道 | 大阪センチュリー交響楽団 | 大阪フィルハーモニー交響楽団 | 大阪フロイデ合唱団 | 大阪モーツァルトアンサンブル | 大阪交響楽団 | 大阪市営交通局 | 大阪市営地下鉄 | 大阪市民管弦楽団 | 大阪芸術大学管弦楽団 | 奈良女子大管 | 学園都市交響楽団 | 宝塚響 | 富士急行 | 小田急 | 尼崎市吹奏楽団 | 尼崎市民交響楽団 | 尼崎弦楽アンサンブル | 居酒屋 | 山陽 | 岡山電軌 | 嵐電 | 川西市民オーケストラ | 広島電鉄 | 廃線跡 | 待兼交響楽団 | 指揮者 | 新京成 | 新幹線 | 旅行 | 日本センチュリー交響楽団 | 最近のCD | 最近のLP | | 東急 | 東武 | 枚方フィル | 武庫川女子大学音楽学部 | 水族館 | 水間鉄道 | 江ノ電 | 父親のアルバムから | 甲南大学OB交響楽団 | 甲南大響 | 甲南女子大学管弦楽団 | 白黒懐かし画像 | 相鉄 | 神戸アンサンブルソロイスツ | 神戸大学響 | 神戸電鉄 | 神戸高校OBオーケストラ | 福井鉄道 | 私の名盤シリーズ | 箕面コンセルト室内合奏団 | 紫苑交響楽団 | 美術 | 聖ソフィア・バラ合唱団/合奏団 | 能勢電 | 芦屋交響楽団 | 芦屋室内合奏団 | | 若林顕 | 落語 | 蒸気機関車 | 藤井貴宏 | 衣笠交響楽団 | 西宮交響楽団 | 西宮探訪 | 見仏 | 豊中市民管弦楽団 | 豊橋鉄道 | 近江鉄道 | 近畿フィルハーモニー管弦楽団 | 近鉄 | 遠州鉄道 | 鉄道 | 長岡京市民管弦楽団 | 長崎電軌 | 長楽庵 | 関西グスタフ・マーラー交響楽団 | 関西フィルハーモニー管弦楽団 | 関西医科学生交響楽団 | 関西学院交響楽団 | 関西SPレコード愛好会 | 阪堺電車 | 阪急 | 阪神 | 阪神タイガース | 静岡鉄道 | 須磨フィル | 飛行機 | 高松琴平電鉄 | 高槻室内管弦楽団 | | 龍谷大学交響楽団 | JR四国 | JR東日本 | JR東海 | JR西日本

フォト

掲示板

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

カテゴリー

無料ブログはココログ