国鉄奈良機関区

  • Photo_7
    昭和46年に奈良機関区を訪ねています。変わりやすい天気で、晴れていると思ったら急に雨が降ってきて大変な日でした。

THE 大阪駅~特急編~

  • 16
    中高生のころ、大阪駅はまだ日常の中にはなく、特急列車を撮りに行く特別な場所であった。栄光の時代が残っていた大阪駅に発着する特急列車の姿を封じ込めました。

THE 大阪駅~急行編~

  • 1258
    大阪駅に発着する急行を集めてみました。行き先によっては、ディーゼルカーの急行もあり、思えば楽しい駅だったのですね。ご興味の方は写真帖のずっと下にある「甲子園口急行物語」もご覧ください。

昭和45-47年の天王寺駅

  • キハ58 きのくに
    天王寺駅は単に竜華や奈良方面、阪和方面への乗り換え駅だったが、紀勢線ホームは頭端駅として有名だった。 時折、乗り換えの途中、駅撮りなどしていたようだ。

竜華・昭和46年

  • Photo_3
    昭和46年に数回に分けて竜華へ出陣しています。当時の関西線はローカルそのもの、まだまだ煙も多く残っていました。

甲子園口(その周辺)急行物語

  • Photo_7
    甲子園口西方の踏切があったあたり、そのもう少し西側の日通の倉庫前あたりは友人たちとのたまり場でした。陽が暮れるまで電車の通過を楽しんでいました。

京都駅残照・昭和45年前後

  • Photo_3
    昭和45年当時、京都駅へ行く機会は限られていたが、その中で残していた写真の中からいくつかを抜粋した。 京都の寺社、観光地に興味を持つのはもう少し後になった。

西宮を走った国鉄電車特急・昭和45年頃

  • Photo_2
    国鉄時代、地元西宮でもいろいろな電車特急が走っていた。 そのすべてではないが、手元に残る写真のうちからいくつかを抜粋した。

あぁ上野駅 昭和46年

  • 特急やまびこ
    初めて東京へ行った昭和46年、昔の風情の残る上野駅に間に合いました。

神戸市電 最後の日

  • 星電社前
    1971年3月に神戸市電は歴史を閉じました。その最終日に神戸市内の各所で写真に収めましたが、思えば震災前の神戸の街も封じ込めたことになりました。

東海道のんびり行

  • 24
    昭和49年5月に、当時まだ走っていた急行桜島・高千穂に乗って、のんびり東海道を東上しました。そのときの車窓風景をまとめました。

京阪滝井駅 昭和50年

  • Photo_2
    京阪電車は今年、中ノ島新線の開通や電車の塗装変更、さらに往年の名特急1900系の引退と話題に事欠きませんが、ごく普通に走っていた昭和50年の滝井駅の様子はこんな感じでした。

昔日の近江鉄道

  • Photo_4
    近江鉄道は、学生時代からの万葉旅行会で近江蒲生野へ行くときに撮影した程度だった。これはその一連の名残である。 「茜さす紫野行き標野行き野守りは見ずや妹が袖ふる」

マンモス機 EH10

  • 04
    国鉄が作った最大最強のマンモス電気機関車EH10。 今でこそ、8軸の電機はいろいろあるけれど、目に焼きついているのはこの機関車だ。

京都市電

  • 2607
    京都へ行くと市内の移動はたいてい市電だった。 市電だと京都初心者にもわかりやすかった。 たまにバスに乗るとぐるっと市内の引き回しにあったり、とんでもない方向へ走ったりと痛い目に会ったからだ。

きーんてーつ特急

  • Photo_11
    70年代の近鉄特急の白黒写真を集めてみました。点数も少なく恐縮ですが、関西には少ない観光特急の雰囲気だけでも伝えたい。おまけにあおぞら号も何枚か。

近鉄、ちょっと前の車両たち

  • 1413
    1980年代に撮った近鉄の一般車両の中からチョイスしてみた。少し小さいというだけで、なんだか親しみを感じる車両の面白さもある。

野上電鉄、廃止3週間前

  • キハ28
    1994年3月末をもって廃止された野上電鉄を、廃止3週間前に友人の2Aカレチさんと訪れた。併せて周辺の鉄道へも足を運んだので、藤並駅でみた有田鉄道のキハをおまけに追加した。

阪神5314F 愛

  • Img_6204
    阪神電車最古参の5314Fは5550Fの新規参入によっていよいよ引退の時期を迎えた。この前パン貫通幌を持つ古き阪神電車の顔を残す編成を追いかけた。

ゴハチ

  • 16ef58
    今も人気のEF58ばかりを集めました。近所鉄の西宮、武庫川をはじめ大阪駅、少し遠くて下関。元気にゴハチが走り回っていた時代がありました。

琴電 旧型車を並べて

  • Img_0059
    平成10年から出張が多かった四国ですが、何回かは高松に足を運んで琴電を追いました。古い写真がなぜか見つからないので、旧型車が消える数年前からのものばかりです。

RRE様HP掲載一覧

  • 0001601
    ブログ開設以前はRREさんの掲示板への投稿を続けていました。ここに、その投稿画像をまとめましたので、ご笑覧いただければと思います。

島原鉄道2007

  • Img_2046
    去年の3月に出○ついでに諫早駅周辺、島原鉄道、足を少し伸ばして長崎電軌を訪問しました。島原鉄道の一部廃止は残念です。

JR九州の車両たち、諫早駅周辺

  • Img_2023
    ラストランブームになったなは/あかつきもこのころは全然注目されず。九州はいろんな列車があって楽しめます。

長崎は今日も雨

  • Img_2117
    長崎ではすごい雨にあいました。それにもめげず、撮り鉄に励んできました。

名鉄瀬戸線

  • Img_1926
    名鉄瀬戸線に6750系という大手私鉄最後の吊りかけ車が走っていると聞いて訪問しました。2008.03.24

惜別 0系新幹線 

  • 01 相生駅 0系の横顔
    いよいよ平成20年11月末に引退する0系新幹線。山陽路で活躍していた近年の記録です。

四国の気動車

  • 四国は今でも気動車の天国です。その中でも、普通車の運用に供せられる車両を集めてみました。普通車だけにDCより気動車という言い方が似合います。

名鉄にあったレールバス

  • 到着したレールバスからの乗り換え
    名鉄の三河線、猿投の先には西中金まで延びる単線があり、そこには今ではその姿をほとんど見ることが出来ないレールバスがひっそりと走っていました。1987年4月、2Aカレチさんと訪れた記録です。

名鉄揖斐線

  • 512号車内
    1987年4月に2Aカレチさんと名鉄を訪れました。 揖斐線は一時下車した美濃北方駅と黒野駅での写真です。

名鉄の旧型車

  • 103763
    1987年4月 2Aカレチさんと一緒に名鉄を訪れました。 名鉄の本線あたりでもまだまだ吊り掛け車が走っていました。

名鉄岐阜市内線

  • 08
    1987年4月、2Aカレチさんと名鉄を訪れた。岐阜市内線をとりあえず撮影した後、揖斐線へと向かった。

明延鉱山とともに

  • 04_img_0155
    小学生時代、明延鉱山の学校とクラス同士の文通をした。その場所がどこだか全く知らずに居たが1円電車の存在は知っていた。その地を訪れたのは随分大人になってからとなった。

鍛冶屋線~愛と死をみつめて

  • 09_img_0334
    大正12年に全線が開通した鍛冶屋線はJR後の平成2年、その歴史に幕を下ろした。 また、「愛と死をみつめて」で有名なミコこと大島みち子さんはこの沿線の方で、線路を見下ろす小高い岡の上にお墓がある。

EF65 0番台原色+茶ガマ

  • 103_img_2881
    かつて、全国の直流区間ではおなじみだったEF65の0番台も、今では岡山に集結する11機のみである。そのうち、原色を保っているのはわずか4両となった。

信濃の旅

2019年4月25日 (木)

信濃の旅 松本電鉄、帰り道

ココログがおかしくなって、その後正常に戻ったかと思っていましたが、今日はきちんと写真を貼ることができません。回復したら、また写真を並べ替えます。

4/26 復旧したようです。写真、貼り付けます、困ったものですね。

Dsc04326  Dsc04312  Dsc04309 3月29日は、今回の信濃の旅の最終日、朝早くに須坂のホテルを出て、松本へ移動、お昼前の電車で終点の新島々駅まで行ってすぐにリターンです。戻ってくる途中、車庫のある新村駅で下車しました。

Dsc04320  Dsc04319  Dsc04321 この新村駅のはずれには、もと東急の青ガエルこと5000系電車の廃車体がそのまま放置されていました。また正体不明の貨車も並んでおかれていました。寂しい風景ではありますが、この電車の青ガエルたる色合いを残す貴重な車体であることには変わりありません。

Dsc04323  Dsc04322 ちょうどお昼頃だったので、この新村駅から一番近いそば茶屋 松花でお昼ご飯を頂きました。なんでも、名物が山賊焼きというらしく、それを注文すると、草鞋二足分くらいの大きなチキンカツが出てきました。そのもの凄さに圧倒されながら、満腹のランチとなりました。付いていたそばも、今回初めての信州そばでしたが、しっかりとしたコシがあって大変美味な味でした。

その後松本へ戻り、13時52分発の特急しなので名古屋へ、新幹線に乗り換えてあっという間に新大阪へ帰ってきてしまいました。

信濃の旅、終わり。

2019年4月24日 (水)

信濃の旅 長野から松本電鉄へ

Dsc04292  Dsc04291  Dsc04290 明けて3月29日は泊まっていた須坂のホテルを出て、8時29分の電車で長野駅に向かい、9時29分長野発のJR普通車で松本へ向かいました。途中、日本三大鉄道車窓のひとつ、姨捨駅付近の素晴らしい眺望を望むことができました。電車は、スイッチバックで急坂を上っていくのですが、この景色を乗客に誇ることもなく全く事務的に運転を続けていくことに少し不満でしたね。もう少し駅で停車するとかすればいいものを。列車密度もそんなにないだろうし。

Dsc04295  Dsc04296  Dsc04297 さて、そんな思いのなか、定刻10時56分に松本駅に到着し、今度はここでアルピコ交通というよりも松本電鉄ですね、それの11時28分発の電車に乗り換えて、終点の新島々へ向かいました。松本電鉄を全線乗るのは多分初めてではないでしょうか。なかなか長野県の私鉄とはご縁がありませんでしたから。松本電鉄、かつての京王井の頭線の電車が発着するホームの隣はJR線です。近代的なE-353系が通過していきます。

Dsc04307  Dsc04304  Dsc04305 新島々駅に到着しました。その向かいには、旧島々駅舎が残されています。かつてはここからさらに先のこの島々駅まであった線路も昭和58年の台風被害で廃線になり、新しい駅となりました。ここへやってきた感慨を覚える間もなく、滞在わずか9分で折り返しの電車に乗って、新島々駅を後にしました。

2019年4月23日 (火)

信濃の旅 小布施町歩き

Dsc04235  Dsc04236 信濃の旅、3月28日の夜は藤井貴宏さんのコンサートでしたが、そのコンサートが開かれた小布施の町を、コンサートが始まる時刻まで散策していました。そして、これが実に素晴らしい街でした。寒かったので、思わず飛び込んだ酒蔵があります。北信流という銘柄のお酒を造っている松葉谷本店です。試飲のお酒は、お客さんが勝手に注ぐことになっているようで、申し訳ないので一本買って帰りました。

Dsc04238  Dsc04241 そして、その近くに小布施ミュージアム 中島千波館というのがありました。すでに閉館時間を過ぎていて入ることができませんでしたが、広大な敷地に落ち着きのある建物がありました。花が咲くといい感じになるでしょうね。

Dsc04246  Dsc04249 街の中央を走る道路わきに、なんと有名な小布施堂がありました。家の冷蔵庫の中にも、このお店の製品が入っているはずです。建物も豪壮な感じです。道路に面したところに隣接して、枡一市村酒造場という酒蔵がありましたが、小布施堂と敷地が一緒なので経営も同じではないでしょうか。

Dsc04253  Dsc04257 この小布施には北斎が4年にわたって逗留しており、版画ではなく、肉筆画を多く残しているそうです。その作品を所蔵した北斎館です。ここも時間切れで入場できませんでした。その北斎を滞在させた豪商、高井鴻山の記念館もありました。

Dsc04247 小布施という町、今回は滞在時間が短くて、この町の魅力に触れることができませんでしたが、きっと近い将来、もう一度やってきて、これらの施設を見て回りたいものだと思っています。ふと見た道路わきの畑に、ふきのとうがいっぱい!

517pitq07sl__sx354_bo1204203200_ 畠中恵 明治・金色キタン 朝日文庫/読了・・・・・・しゃばけシリーズで有名な著者による明治時代の東京を舞台にした一連の作品です。しゃばけに比べて社会が複雑化していることもあるのかもしれませんが、街や施設の描写がこまごまとありすぎて、関連する登場人物の動きとか心理的な動きが捉えにくいですね。そして、これもしゃばけ同様、妖が絡む話ですから、江戸時代にあったオブラートが、明治に合わないのかもしれませんね。

2019年4月19日 (金)

信濃の旅 藤井貴宏&マティアス・ファイト デュオコンサート

Dsc04226  Dsc04227 3月28日の夜は、小布施の町の中にあるBUD、バドさんというジャズ喫茶で、オーボエの藤井貴宏さんとピアニストのマティアス・ファイトさんによるデュオコンサートを聴きました。今回の信濃の旅の肝はここです。藤井さんからは、一度信州へ!というお誘いを受けていたので、その実現となりました。会場となったBUDとその入り口です。

Dsc04265  Dsc04266 このBUDというジャズ喫茶の建物はもともと隣接する味噌屋さんの材料を収めておく蔵だったようです。2階まで吹き抜けのホールでなかなか凝った造りのお店でした。置いてあるオーディオ機器も、プロ仕様のものを中心に凄いラインナップで、スピーカーはアルテックA7をベースにしたものです。

Dsc04225  Dsc04218 この日の演奏は、クララ・シューマンの3つのロマンスを軸に、パスクッリやファルグ、ドラゼッティ、ブラームスの曲などを挟むとともに、後半では、マティアス・ファイトの弾き語りによるグリーグの歌曲という珍しいプログラム、最後にロベルト・シューマンのアダージョとアレグロが演奏されました。とてもアットホームなコンサートで楽しめました。

51uhrnnm4nl__sx309_bo1204203200_ 中村建治 中央本線、全線開通 誘致攻防・難関工事で拓いた、東京~名古屋間 交通新聞社新書/読了・・・・・・・・最近のブログ記事である信濃の旅の帰りにも利用した中央本線ですが、関西からはなかなかご縁のない路線ではないでしょうか。関東からでも、長野方面は新幹線だろうし、スキーへ行くお客さんも減っているのかも。でも、東京と名古屋をつなぐ大動脈であることに変わりはなく、その開通に至るまでの様々な紆余曲折を少し物語風に語りながらの一冊でした。今や全線を通して走る列車もありませんが、車窓が楽しめる木曽の旅は良かったですよ。

2019年4月16日 (火)

信濃の旅 長野電鉄

Dsc04182 Dsc04186  Dsc04184 3月28日は、朝から上田へ行き、戻りながらしなの鉄道を撮ったりして、昼過ぎに長野へ戻ってきました。そして、長野発13時02分の特急に乗り、終点の湯田中へ向かいます。この時、乗った特急電車は元小田急のロマンスカーで、たまたまその先頭の全面展望席に座ることができました。隣にはロンドンから来たというでかいケツのおばさんが座りました。湯田中駅と有名なスノーモンキーのポスターです。

Dsc04187  Dsc04192  Dsc04202 湯田中からの折り返しでは、ホテルに荷物を預けることもあり、須坂まで行きました。ここには車両基地もあることから、しばらく行き来する車両を撮影していました。東京の地下鉄からやってきたマッコウクジラも久しぶりのご対面です。そして、先ほど乗った小田急のロマンスカーもいます。また、主力で活躍しているのはここでも東急の電車たちでした。

Dsc04210  Dsc04215  Dsc04221 ホテルに荷物を置いて、夕方からの用事のため、今度は小布施へ向かいます。小布施駅には、長野電鉄を象徴するりんご電車2000系が保存されています。実際にこの車両を見たのは今回が初めてでしたが、この電車を見ると、先年亡くなられた趣味のお友達を思い出さずにはいられません。今も、彼のサイトではこの電車が雪の中を走ってくる画像が遺されています。そして下車した小布施駅です。

51uvqueorkl__sx309_bo1204203200_ 池口英司 大人の鉄道趣味入門 人生の後半を楽しむための兵法書 交通新聞社新書/読了・・・・・・・・・この本を買ってから思い出したのですが、ある日この見も知らぬ著者から突然Facebookのお友達申請が届いたことがありました。何のお知らせとなるようなメールもなく、いきなりでしたから、失礼な輩やなぁと、即刻削除しましたよ。そんな人の本でしたが、交通新聞社新書は続けて買うと決めているので、この本を買ってしまいました。この本の感想はそれ以上も以下もありません。今さら、読んでも読まなくても、わかりきったことが書かれていました。

2019年4月15日 (月)

信濃の旅 しなの鉄道 篠ノ井線

Dsc04126  Dsc04131  Dsc04134 3月28日は上田へ行った帰り、しなの鉄道で篠ノ井駅まで戻りました。この篠ノ井駅は、篠ノ井線と信越本線としなの鉄道が乗り入れるという鉄道の要所になっています。きっとそこでは、いろいろな電車が見られるだろうという期待があって降り立ちました。上田からは早速115系がやってきてそれで移動です。篠ノ井駅ではJR東日本のE127系がお出迎え、そしてすぐにしなの鉄道の115系がやってきました。

Dsc04142  Dsc04151  Dsc04158 篠ノ井駅の待機線には関東で主に活躍しているEH200がいました。実質2両の電気機関車がくっついたもので、その重量感はすごいですね。かつて中央東線の鳥沢鉄橋で撮って以来ではないでしょうか。そして、大阪からの特急しなのも到着します。さらに、115系もやってきました。

Dsc04167  Dsc04175 篠ノ井駅から長野駅へ戻ると、そこにはスカ色の115系がいました。多くの方が写真に撮っていました。さすが目立つ車両なのでしょうね。これを撮るのが今回の目的のひとつだったので良かったです。この日は、たまたま189系のさよなら団体列車が運行される日だったようで、沿線には多くのご同業の方がお見えでした。それを知ったのは通過してからだったのが、残念です。

2019年4月12日 (金)

信濃の旅 上田交通 下之郷駅

Dsc04080  Dsc04087  Dsc04089 3月28日は、長野を出て上田へ飛び、上田交通の電車に乗って終点の別所温泉駅まで行きました。そこでは丸窓電車を見たりと楽しみ、すぐに折り返しの電車で途中の下之郷駅まで戻りました。ここは、昭和38年に廃止された西丸子線の分岐駅でもあり、当時の駅舎が今も保存されていて、その説明板もありました。駅舎にもあるように当時は上田丸子電鉄だったのですね。

Dsc04095  Dsc04096 この駅には車庫もあることから、運用に着く前の電車を見ることができました。ひとつはこの現代の丸窓電車です。別所温泉駅に保存されている車両と同じ塗り分け、さらに車窓のひとつが丸く抜かれています。洗車のためでしょうか、すぐに留置線に入ってしまいました。

Dsc04106  Dsc04107  Dsc04115 そして、このさなだどりーむ号と名付けられた6000系、これがラッキーなことに屋内の車庫から出てきました。赤い姿は真田の戦闘用の甲冑、赤揃えを象徴しているものと思います。思いがけず、丸窓電車もさなだどりーむ号も見ることができ満足して、次の電車で上田に戻りました。

61nw9d7ukcl__sx346_bo1204203200_ 牛山隆信 秘湯巡りと秘境駅 旅は秘境駅「跡」から台湾・韓国へ 実業之日本社文庫/読了・・・・・・・・・なんでも探検好きの著者がとにかく秘境駅、秘湯にこだわってサラリーマン生活の合間に、とんでもないへき地を訪れたルポ記です。著者はこだわりの強い性格のようで、とことん自分のルールに従って行動しています。これが面白いかどうかといわれると、何とも答えようがありません。自己満足の結果の一冊でしたから。

2019年4月 8日 (月)

信濃の旅 上田交通 丸窓電車

Dsc04076  Dsc04075 3月28日は、朝早く長野を出て北陸新幹線で上田へ来ました。そして、上田交通の電車で終点の別所温泉駅を目指しました。その目的の一つは良く見ていたライブカメラに映る別所温泉駅を見ることと、もうひとつは、駅構内のはずれに静態保存されている丸窓電車を見ることでした。そして、ついにご対面。

Dsc04073  Dsc04070  Dsc04071 この電車は5250形と呼ばれ、この鉄道で新製され最後まで使われた車両です。惜しくも1986年9月30日に廃車になってしまいました。その車体の窓が丸い?楕円形なので丸窓電車の愛称で親しまれていたとのことです。この電車もライブカメラの映像の端っこに移っていましたから、ご対面した時の感慨はありましたね。

2019年4月 7日 (日)

信濃の旅 上田へ、別所温泉へ

Dsc04054  Dsc04057 3月28日は、朝早めで、長野駅を7時42分に出発する北陸新幹線で一つ隣りの上田まで乗車です。ここで、上田鉄道に乗る算段なのです。長野を出た車窓からは前夜に降った雪の様子が伺えます。この日、長野は氷点下でしたから。

Dsc04060  Dsc04061  Dsc04062 上田鉄道は、この暖簾がかかり雰囲気を醸し出している上田駅から別所温泉をつなぐローカル私鉄です。途中で下車して撮影する予定でしたから、一日乗車券、フリー切符を購入しました。上田鉄道の車両は、もと東急電鉄の車両ですね。

Dsc04068  Dsc04065  Dsc04066 30分ほどで到着した別所温泉駅はレトロな駅舎です。実は、ネット中継のライブカメラでこの駅を24時間、その様子を映し出しているのです。何回かその様子を見ていたので、今回の旅で、ぜひ訪れたかったところのひとつでした。

2019年4月 6日 (土)

信濃の旅 長野の夜は更けて

2_1  1_1  3_1 3月27日は、富山から北陸新幹線に乗って、1時間ほどで長野に到着しました。何とも速いものでした。長野駅からホテルまでは500mくらい歩くのですが、駅を出たところに何ともそそる立ち飲み屋さんが並んでいました。とは言うものの、初めての土地、ホテルに荷物を置いて、いろいろと見て歩いた結果、この四季の珍味 花盛というお店を訪ねました。

4_1  5_1  6_1 早速お通しで、鳥スキなどが出て、ビールでのどを潤します。さらに、季節ものとしてふきのとうのてんぷら、そして、信濃地鶏の串焼きも。ひとつひとつの料理が丁寧な仕上げておいしくいただきました。

9_1  7_1  8_1 さらに、ふきのとうを和えたふき味噌を出してもらい、それに合わせて、木曽のお酒、七笑と、信州のお酒 水尾をいただきました。いずれも信濃のおいしいをいただく、充実したひとときとなりました。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

JR貨物 Jフィル MIZUMO T-ストリングス かぎろひ歴史探訪 その他 みちのくひとり旅 やまとんくらぶ アミーキティア管弦楽団 アンサンブル ラ・ピアチェーレ アンサンブル・アルビレオ アンサンブル・コスモリバティ アンサンブル・ジョワン アンサンブル・ツヴァイ アンサンブル・フリー アンサンブル・ミンネン アンサンブル・ヴィオ ウォーキング鉄 オルガンコンサート オーケストラ・アンサンブル・フォルツァ オーケストラ・クラシック オーケストラ・ソノリテ オーケストラ・ノインテ オーケストラ・ブラヴォー! オーケストラ・ポミエ オーケストラ千里山 オーディオ カメラ カンマーフィルハーモニー京都 カンマーフィルハーモニー神戸 クラシックサロン・アマデウス クラシック音楽 クランクレーデ クレセント室内アンサンブル クレー管弦楽団 グッド・シーズン・アンサンブル グルメ コレギウム・ヨハネス コレギウム夙川管弦楽団 シンフォニア・スピカ セント・マーティン・オーケストラ ゾンアーベント・アンサンブル タリヘーレ四重奏団 ダムカード テレマン室内オーケストラ ディスクユニオン ドイツ紀行 ニイジマ・キネン・オーケストラ ニュージーランド鉄道 ハイマート交響楽団 ハイマート合唱団 バス バッハクライス神戸 バンブスアンサンブル パソコン ファゴット・フェスティバル フェニックスフィル フォンス・フローリス古楽院 プロ野球 ホール・バルティカ ミモザの会 ミュー室内管弦楽団 メイプルフィル ライブカメラ ラグビー ワンコイン市民コンサート ヴェデルニコフ 万葉 三宝鉄道 上甲ウィンドシンフォニー 上甲子園中学吹奏楽部 交響楽団ひびき 京急 京成 京王 京都フィロムジカ管弦楽団 京都プレザントオーケストラ 京都大学交響楽団 京都工芸繊維大学交響楽団 京阪 伊予鉄 伊予鉄道 伊豆急行 信濃の旅 六甲フィル 兵庫医科大学医療大学合同オーケストラ_ 兵庫芸術文化センター管弦楽団 切符 初演企画 北摂フィル 北総 千里フィルハーモニア・大阪 南海 卯之町 叡山電車 合唱団 名鉄 吹奏楽 吹奏楽団 吹田市交響楽団 四国詣で 土佐くろしお鉄道 土佐日記 土佐電 地下鉄 堺フィル 夢の国 ニュージーランド 大井川鉄道 大阪センチュリー交響楽団 大阪フィルハーモニー交響楽団 大阪フロイデ合唱団 大阪メトロ 大阪モーツァルトアンサンブル 大阪交響楽団 大阪市営交通局 大阪市営地下鉄 大阪市民管弦楽団 大阪芸術大学管弦楽団 奈良女子大管 学園都市交響楽団 宝塚響 富士急行 寝屋川市民管弦楽団 小田急 尼崎市吹奏楽団 尼崎市民交響楽団 尼崎弦楽アンサンブル 居酒屋 山陽 岡山電軌 嵐電 川西市民オーケストラ 幻想フィル 広島電鉄 廃線跡 待兼交響楽団 指揮者 新京成 新幹線 旅行 日本センチュリー交響楽団 最近のCD 最近のLP 東京佼成ウィンドオーケストラ 東急 東武 枚方フィル 樹フィル 武庫川女子大学音楽学部 水族館 水間鉄道 江ノ電 父親のアルバムから 甲南大学OB交響楽団 甲南大響 甲南女子大学管弦楽団 白黒懐かし画像 相愛フィルハーモニア 相鉄 神戸アンサンブルソロイスツ 神戸大学響 神戸市地下鉄 神戸電鉄 神戸高校OBオーケストラ 福井鉄道 私の名盤シリーズ 箕面コンセルト室内合奏団 紫苑交響楽団 美術 聖ソフィア・バラ合唱団/合奏団 能勢電 芦屋交響楽団 芦屋室内合奏団 若林顕 落語 蒸気機関車 藤井貴宏 衣笠交響楽団 西宮交響楽団 西宮探訪 西武 見仏 豊中市民管弦楽団 豊橋鉄道 近江鉄道 近畿フィルハーモニー管弦楽団 近鉄 遠州鉄道 鉄道 長岡京市民管弦楽団 長崎電軌 長楽庵 関西グスタフ・マーラー交響楽団 関西フィルハーモニー管弦楽団 関西医科学生交響楽団 関西大学交響楽団 関西学院交響楽団 関西SPレコード愛好会 阪堺電車 阪急 阪神 阪神タイガース 阪神フィル 静岡鉄道 須磨フィル 飛行機 高松琴平電鉄 高槻室内管弦楽団 龍谷大学交響楽団 JR四国 JR東日本 JR東海 JR西日本

フォト

掲示板

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ