国鉄奈良機関区

  • Photo_7
    昭和46年に奈良機関区を訪ねています。変わりやすい天気で、晴れていると思ったら急に雨が降ってきて大変な日でした。

THE 大阪駅~特急編~

  • 16
    中高生のころ、大阪駅はまだ日常の中にはなく、特急列車を撮りに行く特別な場所であった。栄光の時代が残っていた大阪駅に発着する特急列車の姿を封じ込めました。

THE 大阪駅~急行編~

  • 1258
    大阪駅に発着する急行を集めてみました。行き先によっては、ディーゼルカーの急行もあり、思えば楽しい駅だったのですね。ご興味の方は写真帖のずっと下にある「甲子園口急行物語」もご覧ください。

昭和45-47年の天王寺駅

  • キハ58 きのくに
    天王寺駅は単に竜華や奈良方面、阪和方面への乗り換え駅だったが、紀勢線ホームは頭端駅として有名だった。 時折、乗り換えの途中、駅撮りなどしていたようだ。

竜華・昭和46年

  • Photo_3
    昭和46年に数回に分けて竜華へ出陣しています。当時の関西線はローカルそのもの、まだまだ煙も多く残っていました。

甲子園口(その周辺)急行物語

  • Photo_7
    甲子園口西方の踏切があったあたり、そのもう少し西側の日通の倉庫前あたりは友人たちとのたまり場でした。陽が暮れるまで電車の通過を楽しんでいました。

京都駅残照・昭和45年前後

  • Photo_3
    昭和45年当時、京都駅へ行く機会は限られていたが、その中で残していた写真の中からいくつかを抜粋した。 京都の寺社、観光地に興味を持つのはもう少し後になった。

西宮を走った国鉄電車特急・昭和45年頃

  • Photo_2
    国鉄時代、地元西宮でもいろいろな電車特急が走っていた。 そのすべてではないが、手元に残る写真のうちからいくつかを抜粋した。

あぁ上野駅 昭和46年

  • 特急やまびこ
    初めて東京へ行った昭和46年、昔の風情の残る上野駅に間に合いました。

神戸市電 最後の日

  • 星電社前
    1971年3月に神戸市電は歴史を閉じました。その最終日に神戸市内の各所で写真に収めましたが、思えば震災前の神戸の街も封じ込めたことになりました。

東海道のんびり行

  • 24
    昭和49年5月に、当時まだ走っていた急行桜島・高千穂に乗って、のんびり東海道を東上しました。そのときの車窓風景をまとめました。

京阪滝井駅 昭和50年

  • Photo_2
    京阪電車は今年、中ノ島新線の開通や電車の塗装変更、さらに往年の名特急1900系の引退と話題に事欠きませんが、ごく普通に走っていた昭和50年の滝井駅の様子はこんな感じでした。

昔日の近江鉄道

  • Photo_4
    近江鉄道は、学生時代からの万葉旅行会で近江蒲生野へ行くときに撮影した程度だった。これはその一連の名残である。 「茜さす紫野行き標野行き野守りは見ずや妹が袖ふる」

マンモス機 EH10

  • 04
    国鉄が作った最大最強のマンモス電気機関車EH10。 今でこそ、8軸の電機はいろいろあるけれど、目に焼きついているのはこの機関車だ。

京都市電

  • 2607
    京都へ行くと市内の移動はたいてい市電だった。 市電だと京都初心者にもわかりやすかった。 たまにバスに乗るとぐるっと市内の引き回しにあったり、とんでもない方向へ走ったりと痛い目に会ったからだ。

きーんてーつ特急

  • Photo_11
    70年代の近鉄特急の白黒写真を集めてみました。点数も少なく恐縮ですが、関西には少ない観光特急の雰囲気だけでも伝えたい。おまけにあおぞら号も何枚か。

近鉄、ちょっと前の車両たち

  • 1413
    1980年代に撮った近鉄の一般車両の中からチョイスしてみた。少し小さいというだけで、なんだか親しみを感じる車両の面白さもある。

野上電鉄、廃止3週間前

  • キハ28
    1994年3月末をもって廃止された野上電鉄を、廃止3週間前に友人の2Aカレチさんと訪れた。併せて周辺の鉄道へも足を運んだので、藤並駅でみた有田鉄道のキハをおまけに追加した。

阪神5314F 愛

  • Img_6204
    阪神電車最古参の5314Fは5550Fの新規参入によっていよいよ引退の時期を迎えた。この前パン貫通幌を持つ古き阪神電車の顔を残す編成を追いかけた。

ゴハチ

  • 16ef58
    今も人気のEF58ばかりを集めました。近所鉄の西宮、武庫川をはじめ大阪駅、少し遠くて下関。元気にゴハチが走り回っていた時代がありました。

琴電 旧型車を並べて

  • Img_0059
    平成10年から出張が多かった四国ですが、何回かは高松に足を運んで琴電を追いました。古い写真がなぜか見つからないので、旧型車が消える数年前からのものばかりです。

RRE様HP掲載一覧

  • 0001601
    ブログ開設以前はRREさんの掲示板への投稿を続けていました。ここに、その投稿画像をまとめましたので、ご笑覧いただければと思います。

島原鉄道2007

  • Img_2046
    去年の3月に出○ついでに諫早駅周辺、島原鉄道、足を少し伸ばして長崎電軌を訪問しました。島原鉄道の一部廃止は残念です。

JR九州の車両たち、諫早駅周辺

  • Img_2023
    ラストランブームになったなは/あかつきもこのころは全然注目されず。九州はいろんな列車があって楽しめます。

長崎は今日も雨

  • Img_2117
    長崎ではすごい雨にあいました。それにもめげず、撮り鉄に励んできました。

名鉄瀬戸線

  • Img_1926
    名鉄瀬戸線に6750系という大手私鉄最後の吊りかけ車が走っていると聞いて訪問しました。2008.03.24

惜別 0系新幹線 

  • 01 相生駅 0系の横顔
    いよいよ平成20年11月末に引退する0系新幹線。山陽路で活躍していた近年の記録です。

四国の気動車

  • 四国は今でも気動車の天国です。その中でも、普通車の運用に供せられる車両を集めてみました。普通車だけにDCより気動車という言い方が似合います。

名鉄にあったレールバス

  • 到着したレールバスからの乗り換え
    名鉄の三河線、猿投の先には西中金まで延びる単線があり、そこには今ではその姿をほとんど見ることが出来ないレールバスがひっそりと走っていました。1987年4月、2Aカレチさんと訪れた記録です。

名鉄揖斐線

  • 512号車内
    1987年4月に2Aカレチさんと名鉄を訪れました。 揖斐線は一時下車した美濃北方駅と黒野駅での写真です。

名鉄の旧型車

  • 103763
    1987年4月 2Aカレチさんと一緒に名鉄を訪れました。 名鉄の本線あたりでもまだまだ吊り掛け車が走っていました。

名鉄岐阜市内線

  • 08
    1987年4月、2Aカレチさんと名鉄を訪れた。岐阜市内線をとりあえず撮影した後、揖斐線へと向かった。

明延鉱山とともに

  • 04_img_0155
    小学生時代、明延鉱山の学校とクラス同士の文通をした。その場所がどこだか全く知らずに居たが1円電車の存在は知っていた。その地を訪れたのは随分大人になってからとなった。

鍛冶屋線~愛と死をみつめて

  • 09_img_0334
    大正12年に全線が開通した鍛冶屋線はJR後の平成2年、その歴史に幕を下ろした。 また、「愛と死をみつめて」で有名なミコこと大島みち子さんはこの沿線の方で、線路を見下ろす小高い岡の上にお墓がある。

EF65 0番台原色+茶ガマ

  • 103_img_2881
    かつて、全国の直流区間ではおなじみだったEF65の0番台も、今では岡山に集結する11機のみである。そのうち、原色を保っているのはわずか4両となった。

奈良歩き

2020年11月26日 (木)

ナニこれ!?~平城京出土の用途不明品~ 奈良市埋蔵文化財調査センター

Dsc06371 Dsc06370  Dsc06373

11月11日はいつもの生駒での野暮用の後に、奈良市の市役所のずっと南にある奈良市埋蔵文化財調査センターで行われているナニこれ!? ~平城京出土の用途不明品~と題する展覧会を見ました。何やら面白そうな企画ですね。

Dsc06381 Dsc06377

それほど広くはない展示室ですが、数々の出土物が並べられていました。人の顔が造形された土器、獣の足を付けた土器、装飾としては面白いけど、実用的ではないですね。当時、すでにそういった遊びの精神があったのでしょうか。それは一種、豊かさの表れではないでしょうか。

Dsc06376_20201126062501 Dsc06392_20201126062501

半円形の土器、それだけで、いったい何に使われたものなのでしょう、さらに面白いのは、いろいろな器なのですが、とても小さくて実用できないのです。ひな祭りの道具のような土器が多く出土しているのです。ここまで精緻な土器を作ってどうしていたのでしょう。興味の尽きない展示物の数々でした。

Dsc06396 Dsc06397 Dsc06406_20201126062501

その後、バスで奈良の街へ戻って、今度は県立美術館で開催されていたブラチスラバの絵本原画展を見ました。こちらは、心が和む絵で満たされていました。興福寺の境内にも多くの紅葉がみられる午後でした。

61jaz7adhal

太田和彦 風に吹かれて旅の酒 集英社文庫/読了・・・・・・・・「風に吹かれて」は五木寛之の青春の本でした。ボブ・ディランもそんな歌がありました。どちらが先か知りませんけれど。ここにも風に吹かれて、各地で酒を飲んで一冊があります。いつもの居酒屋褒めの本ですが、それを文化と称して高みからみている内容ですね。京都なら京都、神戸なら神戸、さらに東京なら東京のイメージ先行で語っているところはすべて二番煎じだろうか。新しい発見はありませんでした。

2020年11月 5日 (木)

正倉院展のあとは奈良の街歩き 10/28

Dsc06005 Dsc06006

今年の正倉院展は事前予約制だし、そうするとなかなかチケットも取れないだろうし、ということであきらめていたのですが、なんとお誘いをいただいて行けることになりました。10月28日のいつもの生駒の野暮用のあと、奈良の国立博物館へ向かいました。

中の写真は撮れませんが、コロナを意識したのか、薬に関する展示や感染症による影響で税を軽減することを示した古文書など、大変興味深い品々が公開されていました。お客さんもそこそこで、展示物を一つ一つをゆっくり見ることが出来ました。

Dsc06004 Dsc05999

国立博物館へ向かう途中に興福寺の境内を歩きます。中金堂でも現在、吉祥天の特別公開が行われていますね、これば後日に訪問する予定です。鹿と興福寺の五重塔、奈良らしい風景が続きます。

Dsc06007 Dsc06012 Dsc06011

正倉院展を見た後は、奈良の街歩きをしながらの帰り道です。春日神社の鳥居、奈良公園では紅葉が進みつつあります。そして荒池のところまで来ると先ほどの興福寺五重塔が池越しに見えます。

Dsc06008 Dsc06015 Dsc06017

さらに進むと奈良ホテル、旧大乗院庭園と目の保養ができる風景が続きます。ならまちへ入ると落ち着いた家並みがあり、その中に春鹿で有名な今西清兵衛商店があります。500円でガラスのぐい飲みを購入すると3杯試飲できますが、今回はパスです。ぼちぼち歩いて近鉄奈良駅に向かい帰途につきました。

2020年10月22日 (木)

般若寺のコスモス 奈良散歩

Dsc05475  Dsc05482  Dsc05479

10月14日は、いつもの生駒での野暮用の後、奈良在住の方々のご案内でコスモスが見ごろとなった般若寺へ向かいました。近鉄奈良駅前からバスで移動です。気持ちの良い晴天の下、コスモスが咲き乱れる境内を散策しました。初めての般若寺、石仏とコスモスはとてもよく似合っていました。

Dsc05473  Dsc05509

般若寺の西側に植村牧場というところがあり、ここでソフトクリームをいただくのもこの日の目的でした。濃厚な味わいに舌鼓、日差しが強く汗ばむくらいの陽気でしたが、これですっきりしました。

Dsc05516  Dsc05513

般若時の帰りは徒歩です。途中、奈良少年刑務所へ立ち寄りました。すでにその役目は終えていますが、重厚なたたずまいに襟を正してしまう、そんな威厳のある建物でした。数年先にはホテルとして生まれ変わるようです。

Dsc05524  Dsc05521  Dsc05527_20201022053701

帰り道にいくつかの散策ポイントもご案内いただきました。松永久秀が建てた戦国時代の城跡、多聞城跡です。現在は市立若草中学校の校舎が立っています。城跡に中学校ってうらやましいですね。そして、奈良街道にかかる江戸時代に整備された石橋、手前の橋脚は補強されているものの、奥に見えるように現在も現役で橋の上を車が通ります。そして奈良奉行所跡に建てられた奈良女子大学です。

思わぬことでしたが、奈良の隠れた名所を効率的にご案内いただき、感謝、感謝です。この後、奈良歩きの親分も参加して、クラフトビールのお店で喉を潤しました。

51qefbddiel__sx356_bo1204203200_

葉室麟 津軽双花 講談社文庫/読了・・・・・・・・・津軽家に嫁いだ石田三成の娘と徳川家康の養女、女の関ヶ原の再現かと思って読み始めましたが、。深い、深い内容でした。関ヶ原の戦いの背景なども著者独自の解釈があり、ひと筋縄では行かない力関係の中で語られていきます。この本に至る直前に同じ著者による黒田官兵衛に関する著作を2冊読んでいてよかったです。講談社文庫で葉室麟の作品はあまり接していなかったので、もう少し探してみようと思います。

2020年10月 5日 (月)

ひとり歴史探訪 吉野 その4 9/24

Dsc04917  Dsc04918

9月24日は何十年ぶりかの吉野を歩きました。蔵王堂を後にして、さらに奥の方へ進みます。食堂、お土産屋さんのほか、吉野葛の看板も見えてきました。ほかに有名な薬の陀羅尼助の看板を上げるお店もありました。

Dsc04919  Dsc04924

歩くうちに、東南院をまず訪れます。ここは、役行者によって開基されたという伝説があり、今も修験者の宿坊となっています。さらに進み、吉水神社へ来ました。ここは吉野に南朝の時代に皇居が置かれたところです。その後、秀吉が行った吉野の花見はここを本陣として行われたそうです。

Dsc04933  Dsc04937  Dsc04938

そろそろお昼の時間になりましたので、食堂の一軒に入りました。コロナの影響や天気がいまひとつよくなかったことから、他にお客さんは居ません。向かいに見える如意輪寺からはミンミンゼミの声だけが聞こえてきます。静かな風景を楽しみながら、手作りのお弁当を食しました。

Dsc04939  Dsc04942  Dsc04943

そこから折り返し、谷へ向かって下りる道で引き返します。とても歩きやすい道で40分ほどで近鉄吉野駅に戻ってきました。緑深き吉野、心から堪能した一日でした。

2020年10月 4日 (日)

ひとり歴史探訪 吉野 その3 9/24

Dsc04897  Dsc04901

9月24日は近鉄電車で吉野へ。急な坂道を登り、黒門をくぐって吉野の町へ入りました。道に沿ってさらに坂を登っていくと大きな鳥居がありました。銅鳥居、かねのとりいと読みます。聖地への入口、俗界と聖地の境界を象徴するというから、ここからが聖域ですね。この辺りで眺望が開け、吉野の深い山々を望むことができるようになります。

Dsc04899  Dsc04900  

大きな山門が見えてきました。金峯山寺の仁王門です。ちょうど修復工事中でしたのでそこは通らず脇道からぐるりと回ることにしました。ただ、門の前で振り返ると、(その日は休みでしたが)学生時代に毎年のように来ていたこの地で、ひとときお茶と草餅で一服していたお店でそのまま残っていました。

Dsc04903  Dsc04905  Dsc04908

さて、階段を上って蔵王堂へ向かいます。奈良の大仏殿に次ぐ大きさの木造建築の建物、蔵王堂が迎えてくれました。ここへやってくるのも、うん十年振りではないでしょうか。蔵王堂前の広場は、先ほどの大塔宮が発起した時の陣地とした場所だと言います。

Dsc04907  Dsc04909  Dsc04910

蔵王堂の中には蔵王権現の素晴らしい像があるのですが、この日はその御開帳には当たっていませんでした。その時期にまたやってきたいですね。さて、さらに吉野の奥へと向かいましょう。

2020年10月 3日 (土)

ひとり歴史探訪 吉野 その2 9/24

Dsc04871   Dsc04872   Dsc04873

9月24日は奈良歩き、かぎろひ歴史探訪の中止を受け、事前購入していたワンデイチケットを利用して近鉄吉野駅へやってきました。ここから山登りの方法としてはロープウェイを使うか、急坂を登るかです。悲しいことにロープウェイは、金曜日から月曜日の間だけ運行ということで利用できませんでした。代行バスはあるのですが、それではつまらないですね。

Dsc04875   Dsc04878   Dsc04879

ということで、七曲坂という急な坂道を登っていくこととしました。吉野は自然豊かなところで、歩いていてもサワガニやカタツムリで出会うことができました。

Dsc04881  Dsc04886

七曲坂は舗装されている道ですが、ところどころ旧道が整備されていて階段状の道を登ってくることもできます。そして、赤い欄干が映える大橋まで来ました。ここは、後醍醐天皇の皇子、大塔宮護良親王が鎌倉幕府打倒の挙兵を起こし、幕府軍と壮絶な戦いを行ったところです。

Dsc04891  Dsc04893

さらに歩いて黒門まで来ました。この黒門は吉野の金峯山寺の総門で、いわば吉野というエリアへの入り口となります。この門は高麗門という形式で、城郭などで良くみられるものだそうです。門をくぐると、名勝吉野山の大きな石碑が迎えてくれました。さぁ、いよいよ吉野です。

2020年10月 2日 (金)

ひとり歴史探訪 吉野 その1 9/24

Dsc04852  Dsc04854  Dsc04857

9月24日は、いつもの奈良歩き、かぎろひ歴史探訪が行われる日でしたが、なぜか(台風が来るとかで)急きょ中止になってしまいました。それでも、近鉄のワンデイチケットを事前購入していたものですから、どこかへ行こうととりあえず集合場所となっていた近鉄南大阪線の岡寺駅まで出かけました。

そこには主宰の田中先生ともう一人の方が来られていましたが、前々日からの通知がいきわたり、間違ってこられた方はおられませんでした。良かったですね。そして私一人だけ、岡寺駅から吉野行の急行に乗りました。

Dsc04859  Dsc04863  Dsc04864

急行と言っても、橿原神宮前以南は各駅停車になるのですが、列車は山の方へぐいぐい進んでいきます。大和から山を越えると吉野川が見える風景に変わります。先に見える鉄橋を渡るといよいよ吉野です。吉野川、広い川幅で滔々と流れていました。ここまで来ると、列車の中はもうほとんどお客さんは居ませんでしたけど。

Dsc04865  Dsc04866

近鉄吉野駅に到着しました。がらんとした広いコンコースです。駅舎のほうにこのような精密な意匠が施されているとは知りませんでした。何か、迎えられているなぁという清々しい気持ちになります。

Dsc04868  Dsc04870 

吉野駅前には犬養孝先生の万葉歌碑が建立されています。

よき人の よしとよく見て よしと言いし 吉野よく見て よき人よく見

「昔の良い人が よいところだと 良く見て よいと言った 吉野をよく見なさい よい人よ よく見なさい」

51vypchqukl__sx311_bo1204203200_

磯田道史 感染症の日本史 文春新書/読了・・・・・・・・・・・・コロナ禍にかかる本はなるべく読まないでおこうと思っていたのですが、磯田さんの本ならと思って手に取りました。古文書の世界には、過去の日本における感染症の歴史が刻まれています。日本人というのは、何とも書き残すことが好きな民族なのでしょうね。そんな中、皇族、為政者、学者だけでなく、庶民の目線からも感染症の様子が文章で残されています。そこからは、これからもしばらくの間は続くであろうコロナ禍へ立ち向かう術が示されているようでした。

2020年9月24日 (木)

落語喫茶 古々粋亭ふたたび 9/16

Dsc04745  Dsc04746

9月16日は、いつもの生駒での野暮用を終え、生駒ケーブルに乗りました。地上に降りてからも時間があったので、奈良まで美味しい珈琲をいただきに行きました。行ったのは落語喫茶古々粋亭(ここいきてい)です。

Dsc04748  Dsc04750

ここへやってきたのは2度目です。前回はまだ暑い時期だったのでアイスコーヒーをいただきました。今回は松鶴と名付けられたホットコーヒーでした。美味しくいただきました。壁には桂枝雀の大きな写真パネルが掲げられています。

Thumbnail_image0_20200924054501  Thumbnail_image1_20200924054501

今回のメインの話題はこれ! トイレの中にずらりと並べられたトイレットペーハーホルダー、すごいです。こんなにたくさんあるのはギネス級ではないでしょうか。もちろんシャレですが、思いつくだけでもすごいです。どれから使っていくのかな。

Thumbnail_image2_20200924054501

帰りに東向き商店街を歩いていると、クラフトビールを集めた新しいお店がありました。いつか訪れたいところがまた見つかりました。

613mnxw2fl__ac_ul320_sr196320_

岡田暁生 モーツァルト よみがえる天才3 ちくまプリマ―新書/読了・・・・・・・・・・・・・この本はモーツァルトの伝記というよりも、天才という枠を外して普通のひと目線でモーツァルトの人生を見てみようという観察をした一冊です。そのうえでやはりモーツァルトの天才性が浮かび上がってきますね。モーツァルトがいた時代背景、人間心理まで迫った内容である一方、平易な文章で読ませます。

2020年9月15日 (火)

生駒の野暮用から今井町へ 9/9

Dsc04558  Dsc04559

9月9日は、いつもの生駒での野暮用を終えて昼から奈良の今井町へ行きました。今井町は、大和八木の近くにあり、江戸時代の町並みが残っている地域です。江戸時代には繁栄し、「大和の金は今井に七分」と称されるまでになったとのことです。

Dsc04560  Dsc04562  Dsc04570

かつて今井町の役場だった今井まちなみ交流センターをまず訪れます。ここで資料をいくつか集めました。館内には、かつての町並みが模型で復元されています。いわゆる環濠集落の形態をとっているのがわかります。それから町並みをぷらぷら歩きます。

Dsc04574  Dsc04576  Dsc04577

今井町の中には公開されている町屋もあります。そんな一軒に入ってみました。三和土の土間を入ると竃さんがある空間が。母屋の中も畳の間がふすまで仕切られています。奥には別棟で座敷が建てられていたりと、なかなか機能的な建物でした。

Dsc04580  Dsc04581

いくつかの町屋を回り、最後に入ったのは、地酒「出世男」を醸す河合酒造さんです。コロナの影響で試飲を辞めてるということで、残念な限りでした。今井町はかなり大きな地域なので歩き回るとずいぶんな距離を歩くことになりました。

それにしても、天気がイマイチだったことと、インバウンドをはじめ観光客もいない今井町は本当に静かで、普段着の町並みを見ることができました。

61s6dyiekjl  Uuzvq3lml_bkiqyakc1vfsknw39cltsfp6kpenqj

江夏豊 名投手 江夏が選ぶ伝説の21人 ワニブックスPLUS新書/読了・・・・・・・・・・江夏が自分で書いたというより、インタビューを受けて、それをライターが書き起こしたものだろうと思うけど、プロ野球史に残る名投手は懐古風に、また最近の投手へは冷静な目でその特徴を解き明かしています。名投手、名投手を知るでしょうか、江夏にして様々な角度から投手という才能と仕事が明らかになっていきます。「コントロールの良い投手は上げた足のつま先が下を向いている」とは、すごい観察眼ですよね。

2020年8月10日 (月)

奈良の落語喫茶 古々粋亭

Dsc04049  Dsc04050  Dsc04051

8月5日はいつもの生駒での野暮用を終え、せっかく府県境を越えたのだからと奈良まで足を延ばし、前々から気になっていた落語喫茶 古々粋亭さんへ行ってみました。場所は、近鉄奈良駅から東向商店街を南へ、一本目の筋を西へ入ったところ、ビルの2階にあります。その入り口もなにやらにぎやかな感じです。

Dsc04053  Dsc04054_20200810062901

お店に入りました。店内に落語をするステージが設けられています。ここで定期的に落語会が行われているとのことです。壁には噺家さんたちの色紙がいっぱいです。大きな写真は枝雀さんのものですね。

Dsc04052  Dsc04055  Dsc04056

おしぼりも落語にちなんだ縁起物が印刷されたもので凝っていました。こんなんあるんや!

そして注文したアイスコーヒーですが、カップを裏返してみると、なんと大仏さんの顔、面白すぎます。特筆すべきは、珈琲の美味さです。自身でバリスタの資格を取ったというマスターの腕が実感できます。

Dsc04057_20200810062902  Dsc04057_20200810062901

酒瓶も並んでいましたが、よく見るとひっそりと柳蔭が置かれていました。

「植木屋さん、あんた柳蔭呑んでか?」「柳蔭!なんと贅沢なもんを、、、、いただきます、いただきます、柳蔭言うたら、昔は大名酒言うて・・・・・・・」 

 柳蔭、実際はそれほど高い酒ではなく、甘手のお酒ですけれど。

その他のカテゴリー

2019四国の旅 JR貨物 Jフィル MIZUMO T-ストリングス かぎろひ歴史探訪 その他 みちのくひとり旅 やまとんくらぶ アイチャンオケ アミーキティア管弦楽団 アンサンブル ラ・ピアチェーレ アンサンブル・アルビレオ アンサンブル・コスモリバティ アンサンブル・ジョワン アンサンブル・ツヴァイ アンサンブル・フリー アンサンブル・ミンネン アンサンブル・ヴィオ インターネット ウォーキング鉄 オルガンコンサート オーケストラ・アンサンブル・フォルツァ オーケストラ・アンサンブル京都 オーケストラ・クラシック オーケストラ・ソノリテ オーケストラ・ノインテ オーケストラ・ブラヴォー! オーケストラ・ポミエ オーケストラ千里山 オーディオ カメラ カンマーフィルハーモニー京都 カンマーフィルハーモニー神戸 クラシックサロン・アマデウス クラシック音楽 クランクレーデ クレセント室内アンサンブル クレー管弦楽団 グッド・シーズン・アンサンブル グルメ コレギウム・ヨハネス コレギウム夙川管弦楽団 シンフォニア・スピカ セント・マーティン・オーケストラ ゾンアーベント・アンサンブル タリヘーレ四重奏団 ダムカード テレマン室内オーケストラ ディスクユニオン ドイツ紀行 ニイジマ・キネン・オーケストラ ニュージーランド鉄道 ハイマート交響楽団 ハイマート合唱団 バス バッハクライス神戸 バンブスアンサンブル パソコン ファゴット・フェスティバル フェニックスフィル フォンス・フローリス古楽院 ブレスシンフォニーオーケストラ プロ野球 ホール・バルティカ ミモザの会 ミュー室内管弦楽団 メイプルフィル ライブカメラ ラグビー ワンコイン市民コンサート ヴェデルニコフ 万葉 三宝鉄道 上甲ウィンドシンフォニー 上甲子園中学吹奏楽部 交響楽団ひびき 京急 京成 京王 京都フィロムジカ管弦楽団 京都プレザントオーケストラ 京都大学交響楽団 京都工芸繊維大学交響楽団 京阪 伊予鉄 伊予鉄道 伊豆急行 信濃の旅 八尾フィル 六甲フィル 兵庫医科大学医療大学合同オーケストラ_ 兵庫芸術文化センターワンコインコンサート 兵庫芸術文化センター管弦楽団 写真展 切符 初演企画 北摂フィル 北総 千里バロック合奏団 千里フィルハーモニア・大阪 南海 卯之町 叡山電車 合唱団 名指揮者列伝 名鉄 吹奏楽 吹奏楽団 吹田市交響楽団 四国詣で 土佐くろしお鉄道 土佐日記 土佐電 地下鉄 堺フィル 夢の国 ニュージーランド 大井川鉄道 大阪センチュリー交響楽団 大阪フィルハーモニー交響楽団 大阪フロイデ合唱団 大阪メトロ 大阪モーツァルトアンサンブル 大阪交響楽団 大阪市営交通局 大阪市営地下鉄 大阪市民管弦楽団 大阪芸術大学管弦楽団 天理シティオーケストラ 奈良女子大管 奈良歩き 学園都市交響楽団 宝塚響 富士急行 寝屋川市民管弦楽団 小田急 尼崎市吹奏楽団 尼崎市民交響楽団 尼崎弦楽アンサンブル 居酒屋 山陽 岡山電軌 嵐電 川西市民オーケストラ 幻想フィル 広島電鉄 廃線跡 待兼交響楽団 指揮者 新京成 新幹線 旅行 日本センチュリー交響楽団 最近のCD 最近のLP 東京佼成ウィンドオーケストラ 東急 東武 枚方フィル 樹フィル 武庫川女子大学音楽学部 歴史探訪 水族館 水間鉄道 江ノ電 父親のアルバムから 甲南大学OB交響楽団 甲南大響 甲南女子大学管弦楽団 白黒懐かし画像 相愛フィルハーモニア 相鉄 神戸アンサンブルソロイスツ 神戸大学響 神戸市地下鉄 神戸電鉄 神戸高校OBオーケストラ 福井鉄道 私の名盤シリーズ 箕面コンセルト室内合奏団 紫苑交響楽団 美術 聖ソフィア・バラ合唱団/合奏団 能・狂言 能勢電 芦屋交響楽団 芦屋室内合奏団 若林顕 落語 蒸気機関車 藤井貴宏 街歩き 衣笠交響楽団 西宮交響楽団 西宮探訪 西武 見仏 豊中市民管弦楽団 豊橋鉄道 近江鉄道 近畿フィルハーモニー管弦楽団 近鉄 遠州鉄道 鉄道 鉄道前面展望 長岡京市民管弦楽団 長崎電軌 長楽庵 関西グスタフ・マーラー交響楽団 関西フィルハーモニー管弦楽団 関西医科学生交響楽団 関西大学OB交響楽団 関西大学交響楽団 関西学院交響楽団 関西SPレコード愛好会 阪堺電車 阪急 阪神 阪神タイガース 阪神フィル 静岡鉄道 須磨フィル 飛行機 高松琴平電鉄 高槻フィル 高槻室内管弦楽団 龍谷大学交響楽団 JR四国 JR東日本 JR東海 JR西日本

フォト

掲示板

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ