奈良歩き

2024年5月19日 (日)

信貴山城跡はこんなところだった 5/7

Dsc05185_20240519064801

5月7日はいつもの生駒詣での帰りに信貴山に登り、朝護孫子寺の先にある信貴山城跡を目指しました。

信貴山城はこんな地形を利用した山城で、朝護孫子寺から山を登り、雄嶽と雌嶽の鞍部から雄嶽の方向に構えが展開していました。

Dsc05191

山道から少し入ったところに立入屋敷跡の平たい土地がありました。

木々が旺盛に伸びていて、広場という空間ではありません。

山中の平地から屋敷跡だっただろうというのを感じ取るだけです。

Dsc05192_20240519064801

山道から少し上がったところにあるのが、松永屋敷跡です。

一応、柵がめぐらされているだけで、その屋敷跡も木々に占められています。

Dsc05195

信貴山城では、戦国時代の武将松永久秀が信長に攻められ、信長が欲しがっていた名物平蜘蛛の茶釜とともに天正4年(1576年)10月10日に爆死しました。

40分に一本のバスに乗るべく、急いで山を降りバス停に到着、何とか間に合いました。

Dsc05199

今はバスが走る信貴生駒ラインの信貴山門から高安山のケーブル駅までの間には、昭和5年から昭和19年の短い間、信貴山上鉄道線、つまり電車が走っていました。

さて、ケーブルで高安山から近鉄信貴線の信貴山口駅まで降りていきます。ケーブルに乗るなんて、なんだか観光気分です。

Dsc05205

信貴山口駅で待つこと10分ほど、ようやく電車がやってきました。

山を降りてきて、こういう大量輸送の交通機関を見ると、先を急がなくてもいいんだという開放感から、なんだかほっと安心しますね。

81gron9gvl_ac_uf10001000_ql80_

金田章裕 道と日本史 日経プレミアムシリーズ新書/読了・・・・・・・書名そのまま、道に纏わる古代から現代に至る歴史の解説です。古代の道は、政権が奈良に一極集中して敵も居なかったことから、畿内では数十メートルの幅、しかも直進の道が造られました。歴史が進むとともに、政権と対峙する勢力が生まれるなどして道が細っていき、グネグネと曲がって敷設されるなど、歴史を反映するものとなりました。古代のハイウェーの跡をどこかに探しに行きたいものです。

2024年5月18日 (土)

思い立ち、信貴山へ 5/7

Dsc05172_20240518055901

5月7日はいつもの生駒詣で、仕事なんですが、その帰りに一気に信貴山へ登ってきました。

生駒線の信貴山下駅を13時33分に発車するバスがあるのを見つけ、これは楽に信貴山へ行けるのではないかと思った次第です。

信貴山下駅前に保存されている旧東信貴ケーブルの車両です。1983年8月末をもって廃止されました。

Dsc05174_20240518055901

近鉄信貴山下駅にやってきた鹿のマークがついた奈良交通バスです。

これで終点の信貴山の山門前まで乗りました。料金は350円ほどだったかな、ピッピでやると料金を忘れてしまいます。

Dsc05175

信貴山名物の張り子の虎、大きな虎の前にやってきました。

信貴山のお寺、朝護孫子寺は山に築かれたお寺なのですが、階段の作りなどが絶妙で、高いところにある本堂へもあまり疲れずに登れてしまいます。

Dsc05179

ほとんど疲れずに、本堂にやってきました。

少し曇っていますが、奈良方面の風景を眺めます。三輪山などの山々が見えます。

Dsc05186

さて、そういえば信貴山城跡というのが整備されたという話しを聞いていたので、これは一度行ってみようかという気になりました。

これが、実はかなりつらい辛い道でしたが、なんとかやってきました。

Dsc05187_20240518060001

気になっていた信貴山城跡へ到着しました。

立派な石碑が立っていますが、城跡の様子は明日のこころだー!(by 小沢昭一、もうあんまり知らんかなぁ)

2024年4月23日 (火)

蛇行剣を見た! 橿原考古学研究所附属博物館 4/2

Dsc04598_20240423054901

4月2日はいつもの生駒詣での帰りに橿原考古学研究所附属博物館へ向いました。奈良歩きの方々とご一緒です。

めちゃくちゃ話題になった富雄丸山古墳出土の蛇行剣の展示が一週間行われていたのです。

Dsc04584

富雄丸山古墳は、近鉄学園前駅の南3キロほどのところにある直径109メートルを測る4世紀後半、古墳時代前期後半の日本最大規模の円墳です。

その造り出しから木棺が見つかり、さらにその近くから他に類例を見ない237cmの長さの蛇行剣が出土したのでした。

Dsc04585_20240423054901

展示資料にあった蛇行剣出土の状態を示す写真です。

隣りに粘土槨とその中から見つかった木棺、そして木棺を覆っていた粘土槨から蛇行剣が見つかったのでした。

Dsc04588_20240423054901

興味深く見たのは、木棺に付着していた赤色顔料の蛍光エックス線分析の結果です。

赤色顔料は水銀朱ですから、水銀のピークが鮮やかに出ていますね。

その他に鉄もあるし、チタンやジルコニウムのピークもわずかながら認められます。

Dsc04590

蛇行剣の把の部分です。これだけでもかなり大きなものです、手に持つ剣とは全然違う大きさです。

左から楔形把頭(くさびがたつかかしら)、黄色いのが把合(つかあい)、さらに把縁突起(つかぶちとっき)、鞘口(さやくち)、鉄剣と続きます。

Dsc04593

剣の部分は長い蛇行した鉄の棒のような感じなのでパスして、今度は鞘尻(さやじり)の部分です。

鉄剣に続いて鞘尻があり、その先に石突(いしづき)があるのがはっきり見てとることが出来ます。黒いのは漆だと言います。

Dsc04597_20240423054901

蛇行剣展示の様子です。たくさんの来場者のなか、たまたま人が写らない一瞬を捉えました。

この日は大変な混雑で、蛇行剣を見るまで2時間かかりましたが、見ることが出来た良かったです。

2024年4月11日 (木)

生駒市内の万葉歌碑ふたつ 犬養孝先生揮毫 3/27

Dsc04321

3月27日はいつもの生駒詣で、仕事なんですが、その帰りに生駒市内にある犬養孝先生気揮毫の万葉歌碑二つを訪ねました。

夕されば ひぐらし来鳴く 生駒山 越えてそ我が来る 妹が目を欲り 巻15-3589 秦間満

(夕方になるとひぐらしが来て鳴く生駒山を越えて、わたしはやってきたよ。あなたに会いたくて)

Dsc04320

この万葉歌碑があるのは、生駒市立大瀬中学校の校門の前で、生駒山全体を借景として大変景色の良いところにあります。

ここへ行くためには近鉄生駒線南生駒駅から急坂を登って10分ほど、そのほか、近鉄生駒駅から中学校近くまでのバスが運行されています。

Dsc04333

次に暗がり峠の峠道の途中にある万葉歌碑を訪ねました。

難波津を 漕ぎ出て見れば 神さぶる 駒高嶺に 雲そたなびく 巻20-4380 大田部三成

(難波津より船を漕ぎ出してから後ろを振り返ると、眼前にある生駒山に雲がかかっている様が見えた)

Dsc04327

Dsc04328

この歌碑があるところから少し登って暗がり峠まで歩いてきました。

暗がり峠までは、南生駒駅近くのコミュニティセンターから市が運営するたけまる号というバスがあり、それを利用しました。

Dsc04335

暗がり峠からの帰り、石造阿弥陀如来立像があるのでお参りしてきました。

向って右側面に文永7年(1270年)の銘があるそうです。

2024年3月28日 (木)

龍田大社と万葉歌碑 3/6

Dsc04166_20240328045401

3月6日はいつもの生駒詣での帰りに近鉄生駒線に乗って信貴山下駅で下車、龍田大社を初めて訪れました。

在原業平の和歌、「千早ぶる 神代も聞かず 龍田川 からくれなゐに 水くくるとは」で有名な龍田川の流域にあります。

Dsc04169

龍田大社は、崇神天皇の時代、数年に渡って凶作が続き疫病が流行したため、天皇自ら天神地祇を祀って祈願したところ、夢で天御柱命・国御柱命の二柱の神を龍田山に祀れというお告げがあり、これによって創建されたとされています。龍田大社の神楽殿、拝殿です

Dsc04170

拝殿のさらに奥にある本殿、左殿と右殿の二つの本殿があります。

龍田大社は「風の神様」として古くから多くの方に親しまれており、たいへん力のある神様だそうです。

Dsc04172_20240328045401

龍田大社内には、高橋虫麻呂の万葉歌碑があります。巻九 1751の長歌です。

「島山を い行き廻れる 川沿ひの 岡辺の道ゆ 昨日こそ 我が越え来しか 一夜のみ 寝たりしからに 峰の上の 桜の花は 滝の瀬ゆ 散らひて流る 君が見む その日までには 山おろしの 風な吹きそと 打ち越えて 名に負へる社に 風祭せな」

Dsc04179_20240328045401

龍田大社からJR三郷駅の方へ行くと、駅の西100メートルほどのところに「磐瀬の杜」の万葉歌碑がありました。

「神なびの 石瀬の社の 呼子鳥 いたくな鳴きそ 我が恋まさる」 鏡王女 巻八 1419

Dsc04177_20240328045401

さらの駅前の道路を挟んで、犬養孝先生揮毫の大きな万葉歌碑がありました。

我が行きは 七日は過ぎし 竜田彦 ゆめこの花を 風にな散らし」 高橋虫麻呂 巻九 1748

9784087446227_110

天野純希 もろびとの空 三木城合戦記 集英社文庫/読了・・・・・・・秀吉による三木城攻め、兵糧を絶った攻城戦で、その無残な様子から「三木の干殺し」と呼ばれる凄惨な戦いだったようです。本書では、その様子を歴史小説と言うよりも時代小説風に展開しています。この著者の作品は初めて読みましたが文章に力がありますね。

2024年3月24日 (日)

飛鳥資料館の石造物 レプリカとは言え、面白い 3/2

Dsc04128

3月2日は、藤原京と飛鳥で発掘調査の現地見学会があるというので出かけ、その後、久し振りに飛鳥資料館を訪れました。

ここには飛鳥で発掘されたり、存在している石造物のレプリカが庭に点在しています。

これは亀石を背後から見たところです。原物をこのように後ろから見ることができないので貴重です。

Dsc04133_20240324063401

これは高松塚古墳の石室のおなじサイズの石組で、これは高松塚古墳を解体しようとしたときの実験用のものと言うことです。

中を覗けるようになっていて、実際の大きさが分かります。橿原考古学研究所附属博物館で見た高松塚古墳の復元木棺が十分入る大きさであるとともに、羽曳野市の観音塚古墳に比べるとかなり大きな石槨であることが分かりました。

Dsc04138_20240324063401

これは出水の酒船石と呼ばれるもので、有名な明日香村岡にある酒船石とは別に、明日香村で発掘されたものです。

本物は現在は京都の寺院関係の施設にあり、非公開になっているのでレプリカで見るしかありません。返せ!と言いたい。

Dsc04150_20240324063401

資料館の中には、石神遺跡から出土した須弥山石が展示されています。これは本物。

人の背丈を越えるほどの大きさで、上段が須弥山,中段に山々,下段に波紋が彫られています。

Dsc04153_20240324063401

またここの見どころの一つである1982年に出土した山田寺東回廊です。これも本物。

保存処理に14年もかかり、このように見ることが出来ます。木造建築物としては法隆寺回廊よりも古い世界最古のものになります。

Dsc04158

飛鳥資料館から近鉄橿原神宮前駅まで歩く途中、雷の丘近くで犬養孝先生揮毫の万葉歌碑に出会いました。

天皇の雷岳に御遊しし時に、柿本朝臣人麿の作れる歌一首

大君おおきみは 神にしませば 天雲の 雷の上に いほらせるかも

40522

辻真先 本格・結婚殺人事件 創元推理文庫/読了・・・・・・おそらく現役最長老の作家、辻真先(1932年生)による1997年に刊行された小説の文庫化です。当時に既に多く書かれていたシリーズものの出演者が何人も出てくるオールスターキャストものであり、ずっと読んできて読者としてはうれしい限りです。まぁ、ストーリーはそれほど本格的なミステリーでもないですが、皆さん元気そうでよかったです、という気分。

2024年3月22日 (金)

飛鳥 石神遺跡第1次調査区の再発掘 現地説明会 3/2

03_20240322053201

3月2日は、藤原京と飛鳥で同じ日に発掘調査の現地説明会があるというので、朝から出かけました。

藤原京の本薬師寺跡を見た後、明日香の野を2kmほど歩いて石神遺跡の発掘現場へやってきました。

Dsc04120_20240322053201

古代の時計の役割を果たした漏刻遺跡の少し北側にある石神遺跡の発掘現場を東から見ています。

向こうに見えるのは蘇我入鹿の屋敷があったといわれている甘樫丘です。

Dsc04119_20240322053201

1メートルほど掘削した発掘現場を南から北へ見ています。

手前の石組溝とその向こうに東西の塀跡があります。遠くに見えるのは香久山です。

Dsc04121_20240322053201

この石神遺跡は、明治35、36年の発掘調査においてこのような須弥山石、石人像が発掘されています。

明日香にいくつも見られる古代の石造物の中でも特に大きく、細かなデザインのものですね。

Dsc04122_20240322053201

これは昭和11年の発掘調査の時の様子を写した一枚だそうです。

その後、昭和56年にも調査が続けられ、この調査区内にさらに下層に続く遺構があるとのことで今回の発掘となりました。

Dsc04125

Dsc04124

今回の発掘調査では、石組溝の再検出、新たに7世紀の区画塀跡などが検出されました。

石敷きといい、溝跡といい、とても丁寧な工事が行われていた様子がうかがえました。

2024年3月21日 (木)

藤原京から明日香へ歩く 3/2

Dsc04097_20240321063001

3月2日は、藤原京にあった元薬師寺跡での発掘調査の現地見学を終えて、次の現地見学会が行われている飛鳥へ向けて歩き始めました。

飛鳥川を詠んだ万葉集の歌、明日香川 明日も渡らむ 石橋いわはしの 遠き心は 思ほえぬかも  巻11-2701 作者未詳

Dsc04100

本薬師寺跡から東へ東へ歩いていると、スポーツ公園のようなところの東側にぽっかりと空地がありました。

紀寺跡です。紀寺は、古代の有力豪族である紀氏の氏寺であったとする説や、奈良市西紀寺町の璉城寺(れんじょうじ)が平城遷都によって飛鳥から移った紀寺の後身とする伝承などがあります。

Dsc04103_20240321063001

香具山のふもとには、しぼりたての牛乳やヨーグルト、ソフトクリームなどを売るお店があります。

以前に抹茶ソフトクリームを食べた記憶がありますが、この日はまだそれが欲しいところまで暖かくなかったのでパスです。

Dsc04104_20240321063001

ソフトクリームのお店のさらに奥には鞄工房山本があります。

テレビで何回も紹介されていますが、大人気の鞄工房です。この日も多くの車が停まり、お客さんが次々にお店に入っていました。

Dsc04108_20240321063001

ソフトクリームのお店辺りから南へ舵を切り、今度は南下して歩きます。

広々とした飛鳥の野を歩く気持ち良さ、後の時代に平城京の大安寺へと移っていった大官大寺跡へ来ました。久しぶりのことです。

Dsc04114

背景に葛城・金剛を配する風景の中に雷(いかづち)の丘があります。

雷の丘を詠んだ万葉集の歌から、大君おおきみは 神にしませば 天雲の雷の上に いほらせるかも  柿本人麻呂Dsc04115

歩いてきた道を振り返ると、香具山がいい感じで見えていました。

香具山を詠んだ万葉集の歌から、春過ぎて 夏来たるらし 白妙の 衣干したり 天の香具山  持統天皇

Dsc04113

さらに、南へ南へと歩いて次の発掘調査の現場である石神遺跡を目指しました。

飛鳥へ続く道の右側には甘樫丘が見えます、もう飛鳥の真っ只中ですね。

81vursdy6ll_ac_uf10001000_ql80_

片山杜秀 歴史は予言する 新潮新書/読了・・・・・・・知識が百花繚乱の著者が週刊新潮に連載していたコラムを一冊にまとめたもの。政治の動きや天皇制、産業、コロナ禍、そしてウクライナ問題などを歴史の流れから解説しています。わかるようなわからないような話もありますが、その知識の高さと豊かさに翻弄されるばかりでした。

2024年3月20日 (水)

本薬師寺跡 発掘調査 現地見学会 3/2

Dsc04076

3月2日は藤原京にあった元薬師寺跡の発掘調査で、新たに南門の跡が見つかり現地見学会があるというので行ってきました。

地面から1mほどでしょうか、掘り下げられたところに石敷きがあらわになっていました。

Dsc04079

テレビや新聞で大々的に報道されていたので、多くの人が来ているかと思ったのですが、午前中ということもあるのか、それほどの人出ではなかったです。

現地では、人を集めての解説のほか、その辺に居られる橿原市の発掘担当者の方にも気軽に聴くことが出来、とても良い感じで対応いただきました。

Dsc04080

今回発掘された南門の南東エリアです。この一角から、南門の端っこの位置が特定できました。

既に、その北側にあった中門や回廊については位置が判明していました。

Dsc04089

本薬師寺は、天武天皇が妻の皇后(のちの持統天皇)の病気平癒を祈願して建てられることになり、天武天皇没後は持統天皇が継承し建設された国家寺院です。

こちらのQRコードから動画による説明を見ることが出来ます。解説は映画監督の河瀬直美さんによります。

Dsc04083_20240320054801

本薬師寺跡には、東西の塔と金堂の跡に礎石が遺されています。

こちらは東の塔跡の礎石群です。塔心礎をはじめ、多くの石がそのままの状態で残っています。

Dsc04091

こちらは西の塔跡の礎石です。

土壇の中に心礎石のみ残されていて、その他の礎石はありません。

Dsc04086

こちらは塔跡の北側にある金堂跡の礎石群です。

かなり大きな礎石がむき出しのまま残されていて圧倒的な存在感です。

Dsc04094_20240320054801

画面左側の発掘現場を離れて、本薬師寺周辺の風景を撮影してみました。

右の樹叢は東の塔跡です。左の近くの山は大和三山のひとつである畝傍山で、その右側に二上山が遠望できます。

2024年2月16日 (金)

生駒の万葉歌碑と長弓寺へ 1/29

Thumbnail_image4_20240216062701

1月29日は、いつもの生駒詣での帰りにけいはんな線の学研北生駒駅へ行きました。

駅の南側にある線路に沿った通路を歩いて駅が俯瞰できるポイントで近鉄車を捉えました。

Dsc03619_20240216062701

学研北生駒駅の東側の丘の上にある四季の森公園内にある万葉歌碑です。揮毫は犬養孝先生によるものです。

君があたり 見つつも居らむ 生駒山 雲なたなびき 雨は降るとも 巻12-3032

Dsc03623

四季の森公園から10分ほど歩いて、住宅地の中にある長弓寺への小道を入っていきます。

春になると、森の木々の上から鳥の声が降ってくるところですが、この季節は静かです。

Dsc03624_20240216062701

深い森を抜けてくると、生駒市内で唯一の国宝に指定されている長弓寺の本堂が現れます。

この本堂は弘安2年(1279)の銘が棟礼に残されており、鎌倉時代の寺院建築を代表する貴重なものです。

Dsc03627

しばらくぷらぷらして、静かで広い長弓寺の境内を抜けて、この後学研北生駒駅へと戻りました。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

2019四国の旅 JR貨物 Rayフィル かぎろひ歴史探訪 かぶとやま交響楽団 きまぐれ歴史探訪 きまぐれ音楽探訪 その他 ひばりガ丘合奏団 みちのくひとり旅 やまとんくらぶ アイチャンオケ アミーキティア管弦楽団 アンサンブル ラ・ピアチェーレ アンサンブル・アルビレオ アンサンブル・シュシュ アンサンブル・ジョワン アンサンブル・ツヴァイ アンサンブル・デッラ・スフィーダ アンサンブル・フリー アンサンブル・プテイ・タ・プティ アンサンブル・ペルーシュ アンサンブル・ヴィオ インターネット ウォーキング鉄 オーケストラ・アンサンブル・フォルツァ オーケストラ・アンサンブル京都 オーケストラ・クラシック オーケストラ・ソノリテ オーケストラ・ノインテ オーケストラ・ブラヴォー! オーケストラ・ポミエ オーケストラ千里山 オーディオ カメラ カンマーフィルハーモニー神戸 クラシックサロン・アマデウス クラシック音楽 クラシック音楽カフェ クランクレーデ クレセント室内アンサンブル クレー管弦楽団 グルメ コレギウム・ヨハネス コレギウム夙川管弦楽団 シュペーテ弦楽四重奏団 シンフォニア・スピカ セント・マーティン・オーケストラ ディスクユニオン ドイツ紀行 ニュージーランド鉄道 バス バンブスアンサンブル パソコン ファゴット・フェスティバル フェニックスフィル ブレスシンフォニーオーケストラ プリモパッソオーケストラ プロ野球 ホール・バルティカ メイプルフィル ライブカメラ ラグビー ワンコイン市民コンサート ヴェデルニコフ 万葉 三宝鉄道 上甲ウィンドシンフォニー 上甲子園中学吹奏楽部 交響楽団ひびき 京急 京成 京王 京都プレザントオーケストラ 京都工芸繊維大学交響楽団 京阪 今峰由香 伊予鉄 伊予鉄道 伊豆急行 保存車 信濃の旅 八尾フィル 六甲フィル 六甲ライナー 兵庫医科大学医療大学合同オーケストラ_ 兵庫芸術文化センターワンコインコンサート 兵庫芸術文化センター管弦楽団 写真展 切符 初演企画 北大阪急行 北摂フィル 北条鉄道 千里バロック合奏団 千里フィルハーモニア・大阪 南海 卯之町 叡山電車 名指揮者列伝 名鉄 吹奏楽 吹奏楽団 吹田市交響楽団 四国詣で 土佐日記 土佐電 地下鉄 堺フィル 夢の国 ニュージーランド 大井川鉄道 大阪ハイドンアンサンブル 大阪フィルハーモニー交響楽団 大阪メトロ 大阪モノレール 大阪モーツァルトアンサンブル 大阪交響楽団 大阪市営地下鉄 大阪市民管弦楽団 大阪芸術大学管弦楽団 天理シティオーケストラ 奈良歩き 学園都市交響楽団 宝塚ヒルズ室内オーケストラ 宝塚響 富士急行 寝屋川市民管弦楽団 小田急 尼崎市吹奏楽団 尼崎市民交響楽団 居酒屋 山陽 岡山電軌 嵐電 川西市民オーケストラ 幻想フィル 広島電鉄 廃線跡 待兼交響楽団 指揮者 新幹線 旅行 日本センチュリー交響楽団 最近のCD 最近のLP 東京佼成ウィンドオーケストラ 東急 枚方フィル 柴田由貴 樹フィル 武庫川女子大学音楽学部 歴史探訪 水族館 江ノ電 父親のアルバムから 甲南大学OB交響楽団 甲南大響 甲南女子大学管弦楽団 白黒懐かし画像 相愛オーケストラ 相愛フィルハーモニア 神戸アンサンブルソロイスツ 神戸市地下鉄 神戸電鉄 福井鉄道 紫苑交響楽団 美術 能・狂言 能勢電 芦屋フィル 芦屋交響楽団 芦屋室内合奏団 若林顕 華ノ音 落語 蒸気機関車 藤井貴宏 藤田真央 街歩き 衣笠交響楽団 西宮交響楽団 西宮探訪 西武 豊中市民管弦楽団 豊橋鉄道 辻本玲 近畿フィルハーモニー管弦楽団 近鉄 遠州鉄道 鉄道 鉄道前面展望 長楽庵 関西グスタフ・マーラー交響楽団 関西フィルハーモニー管弦楽団 関西医科学生交響楽団 関西大学OB交響楽団 関西大学交響楽団 関西学院交響楽団 阪堺電車 阪急 阪神 阪神タイガース 阪神フィル 静岡鉄道 飛行機 高松琴平電鉄 高槻フィル 高槻室内管弦楽団 高橋真珠 JR四国 JR東日本 JR東海 JR西日本

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー