国鉄奈良機関区

  • Photo_7
    昭和46年に奈良機関区を訪ねています。変わりやすい天気で、晴れていると思ったら急に雨が降ってきて大変な日でした。

THE 大阪駅~特急編~

  • 16
    中高生のころ、大阪駅はまだ日常の中にはなく、特急列車を撮りに行く特別な場所であった。栄光の時代が残っていた大阪駅に発着する特急列車の姿を封じ込めました。

THE 大阪駅~急行編~

  • 1258
    大阪駅に発着する急行を集めてみました。行き先によっては、ディーゼルカーの急行もあり、思えば楽しい駅だったのですね。ご興味の方は写真帖のずっと下にある「甲子園口急行物語」もご覧ください。

昭和45-47年の天王寺駅

  • キハ58 きのくに
    天王寺駅は単に竜華や奈良方面、阪和方面への乗り換え駅だったが、紀勢線ホームは頭端駅として有名だった。 時折、乗り換えの途中、駅撮りなどしていたようだ。

竜華・昭和46年

  • Photo_3
    昭和46年に数回に分けて竜華へ出陣しています。当時の関西線はローカルそのもの、まだまだ煙も多く残っていました。

甲子園口(その周辺)急行物語

  • Photo_7
    甲子園口西方の踏切があったあたり、そのもう少し西側の日通の倉庫前あたりは友人たちとのたまり場でした。陽が暮れるまで電車の通過を楽しんでいました。

京都駅残照・昭和45年前後

  • Photo_3
    昭和45年当時、京都駅へ行く機会は限られていたが、その中で残していた写真の中からいくつかを抜粋した。 京都の寺社、観光地に興味を持つのはもう少し後になった。

西宮を走った国鉄電車特急・昭和45年頃

  • Photo_2
    国鉄時代、地元西宮でもいろいろな電車特急が走っていた。 そのすべてではないが、手元に残る写真のうちからいくつかを抜粋した。

あぁ上野駅 昭和46年

  • 特急やまびこ
    初めて東京へ行った昭和46年、昔の風情の残る上野駅に間に合いました。

神戸市電 最後の日

  • 星電社前
    1971年3月に神戸市電は歴史を閉じました。その最終日に神戸市内の各所で写真に収めましたが、思えば震災前の神戸の街も封じ込めたことになりました。

東海道のんびり行

  • 24
    昭和49年5月に、当時まだ走っていた急行桜島・高千穂に乗って、のんびり東海道を東上しました。そのときの車窓風景をまとめました。

京阪滝井駅 昭和50年

  • Photo_2
    京阪電車は今年、中ノ島新線の開通や電車の塗装変更、さらに往年の名特急1900系の引退と話題に事欠きませんが、ごく普通に走っていた昭和50年の滝井駅の様子はこんな感じでした。

昔日の近江鉄道

  • Photo_4
    近江鉄道は、学生時代からの万葉旅行会で近江蒲生野へ行くときに撮影した程度だった。これはその一連の名残である。 「茜さす紫野行き標野行き野守りは見ずや妹が袖ふる」

マンモス機 EH10

  • 04
    国鉄が作った最大最強のマンモス電気機関車EH10。 今でこそ、8軸の電機はいろいろあるけれど、目に焼きついているのはこの機関車だ。

京都市電

  • 2607
    京都へ行くと市内の移動はたいてい市電だった。 市電だと京都初心者にもわかりやすかった。 たまにバスに乗るとぐるっと市内の引き回しにあったり、とんでもない方向へ走ったりと痛い目に会ったからだ。

きーんてーつ特急

  • Photo_11
    70年代の近鉄特急の白黒写真を集めてみました。点数も少なく恐縮ですが、関西には少ない観光特急の雰囲気だけでも伝えたい。おまけにあおぞら号も何枚か。

近鉄、ちょっと前の車両たち

  • 1413
    1980年代に撮った近鉄の一般車両の中からチョイスしてみた。少し小さいというだけで、なんだか親しみを感じる車両の面白さもある。

野上電鉄、廃止3週間前

  • キハ28
    1994年3月末をもって廃止された野上電鉄を、廃止3週間前に友人の2Aカレチさんと訪れた。併せて周辺の鉄道へも足を運んだので、藤並駅でみた有田鉄道のキハをおまけに追加した。

阪神5314F 愛

  • Img_6204
    阪神電車最古参の5314Fは5550Fの新規参入によっていよいよ引退の時期を迎えた。この前パン貫通幌を持つ古き阪神電車の顔を残す編成を追いかけた。

ゴハチ

  • 16ef58
    今も人気のEF58ばかりを集めました。近所鉄の西宮、武庫川をはじめ大阪駅、少し遠くて下関。元気にゴハチが走り回っていた時代がありました。

琴電 旧型車を並べて

  • Img_0059
    平成10年から出張が多かった四国ですが、何回かは高松に足を運んで琴電を追いました。古い写真がなぜか見つからないので、旧型車が消える数年前からのものばかりです。

RRE様HP掲載一覧

  • 0001601
    ブログ開設以前はRREさんの掲示板への投稿を続けていました。ここに、その投稿画像をまとめましたので、ご笑覧いただければと思います。

島原鉄道2007

  • Img_2046
    去年の3月に出○ついでに諫早駅周辺、島原鉄道、足を少し伸ばして長崎電軌を訪問しました。島原鉄道の一部廃止は残念です。

JR九州の車両たち、諫早駅周辺

  • Img_2023
    ラストランブームになったなは/あかつきもこのころは全然注目されず。九州はいろんな列車があって楽しめます。

長崎は今日も雨

  • Img_2117
    長崎ではすごい雨にあいました。それにもめげず、撮り鉄に励んできました。

名鉄瀬戸線

  • Img_1926
    名鉄瀬戸線に6750系という大手私鉄最後の吊りかけ車が走っていると聞いて訪問しました。2008.03.24

惜別 0系新幹線 

  • 01 相生駅 0系の横顔
    いよいよ平成20年11月末に引退する0系新幹線。山陽路で活躍していた近年の記録です。

四国の気動車

  • 四国は今でも気動車の天国です。その中でも、普通車の運用に供せられる車両を集めてみました。普通車だけにDCより気動車という言い方が似合います。

名鉄にあったレールバス

  • 到着したレールバスからの乗り換え
    名鉄の三河線、猿投の先には西中金まで延びる単線があり、そこには今ではその姿をほとんど見ることが出来ないレールバスがひっそりと走っていました。1987年4月、2Aカレチさんと訪れた記録です。

名鉄揖斐線

  • 512号車内
    1987年4月に2Aカレチさんと名鉄を訪れました。 揖斐線は一時下車した美濃北方駅と黒野駅での写真です。

名鉄の旧型車

  • 103763
    1987年4月 2Aカレチさんと一緒に名鉄を訪れました。 名鉄の本線あたりでもまだまだ吊り掛け車が走っていました。

名鉄岐阜市内線

  • 08
    1987年4月、2Aカレチさんと名鉄を訪れた。岐阜市内線をとりあえず撮影した後、揖斐線へと向かった。

明延鉱山とともに

  • 04_img_0155
    小学生時代、明延鉱山の学校とクラス同士の文通をした。その場所がどこだか全く知らずに居たが1円電車の存在は知っていた。その地を訪れたのは随分大人になってからとなった。

鍛冶屋線~愛と死をみつめて

  • 09_img_0334
    大正12年に全線が開通した鍛冶屋線はJR後の平成2年、その歴史に幕を下ろした。 また、「愛と死をみつめて」で有名なミコこと大島みち子さんはこの沿線の方で、線路を見下ろす小高い岡の上にお墓がある。

EF65 0番台原色+茶ガマ

  • 103_img_2881
    かつて、全国の直流区間ではおなじみだったEF65の0番台も、今では岡山に集結する11機のみである。そのうち、原色を保っているのはわずか4両となった。

奈良歩き

2020年9月15日 (火)

生駒の野暮用から今井町へ 9/9

Dsc04558  Dsc04559

9月9日は、いつもの生駒での野暮用を終えて昼から奈良の今井町へ行きました。今井町は、大和八木の近くにあり、江戸時代の町並みが残っている地域です。江戸時代には繁栄し、「大和の金は今井に七分」と称されるまでになったとのことです。

Dsc04560  Dsc04562  Dsc04570

かつて今井町の役場だった今井まちなみ交流センターをまず訪れます。ここで資料をいくつか集めました。館内には、かつての町並みが模型で復元されています。いわゆる環濠集落の形態をとっているのがわかります。それから町並みをぷらぷら歩きます。

Dsc04574  Dsc04576  Dsc04577

今井町の中には公開されている町屋もあります。そんな一軒に入ってみました。三和土の土間を入ると竃さんがある空間が。母屋の中も畳の間がふすまで仕切られています。奥には別棟で座敷が建てられていたりと、なかなか機能的な建物でした。

Dsc04580  Dsc04581

いくつかの町屋を回り、最後に入ったのは、地酒「出世男」を醸す河合酒造さんです。コロナの影響で試飲を辞めてるということで、残念な限りでした。今井町はかなり大きな地域なので歩き回るとずいぶんな距離を歩くことになりました。

それにしても、天気がイマイチだったことと、インバウンドをはじめ観光客もいない今井町は本当に静かで、普段着の町並みを見ることができました。

61s6dyiekjl  Uuzvq3lml_bkiqyakc1vfsknw39cltsfp6kpenqj

江夏豊 名投手 江夏が選ぶ伝説の21人 ワニブックスPLUS新書/読了・・・・・・・・・・江夏が自分で書いたというより、インタビューを受けて、それをライターが書き起こしたものだろうと思うけど、プロ野球史に残る名投手は懐古風に、また最近の投手へは冷静な目でその特徴を解き明かしています。名投手、名投手を知るでしょうか、江夏にして様々な角度から投手という才能と仕事が明らかになっていきます。「コントロールの良い投手は上げた足のつま先が下を向いている」とは、すごい観察眼ですよね。

2020年8月10日 (月)

奈良の落語喫茶 古々粋亭

Dsc04049  Dsc04050  Dsc04051

8月5日はいつもの生駒での野暮用を終え、せっかく府県境を越えたのだからと奈良まで足を延ばし、前々から気になっていた落語喫茶 古々粋亭さんへ行ってみました。場所は、近鉄奈良駅から東向商店街を南へ、一本目の筋を西へ入ったところ、ビルの2階にあります。その入り口もなにやらにぎやかな感じです。

Dsc04053  Dsc04054_20200810062901

お店に入りました。店内に落語をするステージが設けられています。ここで定期的に落語会が行われているとのことです。壁には噺家さんたちの色紙がいっぱいです。大きな写真は枝雀さんのものですね。

Dsc04052  Dsc04055  Dsc04056

おしぼりも落語にちなんだ縁起物が印刷されたもので凝っていました。こんなんあるんや!

そして注文したアイスコーヒーですが、カップを裏返してみると、なんと大仏さんの顔、面白すぎます。特筆すべきは、珈琲の美味さです。自身でバリスタの資格を取ったというマスターの腕が実感できます。

Dsc04057_20200810062902  Dsc04057_20200810062901

酒瓶も並んでいましたが、よく見るとひっそりと柳蔭が置かれていました。

「植木屋さん、あんた柳蔭呑んでか?」「柳蔭!なんと贅沢なもんを、、、、いただきます、いただきます、柳蔭言うたら、昔は大名酒言うて・・・・・・・」 

 柳蔭、実際はそれほど高い酒ではなく、甘手のお酒ですけれど。

2020年7月25日 (土)

奈良・西大寺の蓮 ロータスロード

Dsc03841

7月22日はいつもの生駒の野暮用を終えて、昼から近鉄西大寺まで足を延ばしました。駅の近くにその駅名にもなっている西大寺があります。もうほんの1分もかからないくらいに近いですね。

Dsc03860  Dsc03861_20200725092201  Dsc03862

境内に入っても、ここはいつも静かです。以前でも、インバウンドのお客さんもそんなに来てなかったのではないでしょうか。この日もパラパラとしか人の姿を見ることはありませんでした。本堂、愛染堂、そして東塔跡の基壇の周りに蓮の鉢が並べられています。

Dsc03855  Dsc03851_20200725092201  Dsc03849

この時期、今までは奈良のロータスロードとして、この西大寺のほか、喜光寺、唐招提寺、薬師寺において蓮の花を巡る~蓮の歴史を楽しむ旅~が行われていました。今年はその催しはありませんが、それぞれの寺では蓮の花が咲いているようです。

Dsc03858_20200725092201  Dsc03857  Dsc03856_20200725092201

西大寺でも、きれいな蓮の花が咲いていて、寺の屋根や基壇の一部と絡めて何枚か撮影できました。ロータスロードについてはこちらから⇒

M2ns0456

週刊朝日編集部 司馬遼太郎の街道Ⅱ 京都・奈良編 朝日文庫/読了・・・・・・・・・・・・先の本に続く、司馬遼太郎の「街道をゆく」の回顧にかかる連載からの一冊で、その京都・奈良編です。とはいうものの、それらは全体の1/3で、その他、近江、神戸、播州、九州・中津と多岐にわたった内容となっています。東京編で一冊なら、もう少し、京都、奈良で多く構成されてもいいんじゃないかな。司馬遼太郎の作品では東京よりも京都・奈良の方が比重が大きいはずだから。東京を一冊目にするとか、内容を東京だけでまとめるとか、なんだか売れ筋を意識した構成になっていないだろうか。まぁ、これからも読むけどね。

2020年7月11日 (土)

奈良国立博物館 よみがえる正倉院宝物

Dsc03445  Dsc03446

近鉄奈良駅から奈良国立博物館へ向かう道です。ほとんど人を見かけません。こんなことが有るのでしょうか。昨年、いや、今年の初めくらいまでは、人、人、人でごった返していましたね。全く静かになった奈良公園界隈です。

Dsc03449  Dsc03452  Dsc03450

今や、人よりもその存在感を増しているのは奈良の鹿たちです。カメラを向けると、しっかりと真正面から見据えてきます。弱い鹿は固まって何やら相談しているのでしょうか。なぜか角が生えた牡鹿を多く見かけました。

Dsc03458  Dsc03462

奈良国立博物館前まで来ました。この辺りにも鹿が多く強いました。彼らは必死に生えたばかりの草を食べていました。すでに短くなった草ですが、食べられるギリギリの長さまで食い尽くすのでしょうね。ただ、この時期、一日でずいぶんと草丈がのびるから、大丈夫なのでしょう。博物館前の池には蓮が聞いていました。

Dsc03456  Dsc03459  Dsc03461

奈良国立博物館では、正倉院宝物の「再現模造による天平の技」と題して、当時の材料と技術もあわせて復元し、忠実に再現された宝物が展示されていました。いわば本物よりも本物らしい宝物ですね。その素晴らしさは、今から1300年前の当時の宝物の姿を今に見せてくれていました。まさに価値ある展覧会でした。

2020年4月 2日 (木)

薬師寺の春 3/25

Dsc01881  Dsc01889   Dsc01890

3月25日は、薬師寺での護摩焚き神事を見ることができましたが、それ以外の時間を利用して境内を散策しました。薬師寺というと、なんといっても「凍れる音楽」と呼ばれた東塔です。解体修理を終えて、その美しい姿を再び現していました。

Dsc01882  Dsc01888  

大きな建物は、1976年再建の金堂と2003年再建の大講堂です。1960年代以降、名物管長として知られた高田好胤(たかだこういん)さんが中心となった写経勧進による白鳳伽藍復興事業が進められてきた成果ですね。

Dsc01901  66bff0cce7dd0e21ae8fc3b3ce5dc4db

境内のなかに薄墨桜があって、近く満開を迎える頃合いでした。天気が良かったので、花が映えます。境内の伽藍配置も参考に貼っておきましょう。拝観料1100円です。

Dsc01912  Dsc01915

帰りは近くの西ノ京駅からになります。ちょうど、12200系の吉野連絡特急がやってきて、その後、橿原神宮前に向かって発車していきました。

41eoc596zl

風野真知雄 罰当て侍 最後の赤穂浪士 寺坂吉右衛門 祥伝社文庫/読了・・・・・・・・・・・赤穂浪士は四十七士と言われていますが、切腹したのは四十六人です。直接の藩士ではなく、陪臣だった寺坂吉右衛門は足軽という身分もあり、また、大石からの指示もあり、お預かりにならなかったという史実があります。その藩士の人生を描いた長編かと思ったら、意外にそうでもなかったです。面白い小説として読めば楽しめました。しかし、これで、寺坂吉右衛門という人にまたまた興味を持ってしまいました。

2020年3月31日 (火)

薬師寺護摩焚き神事 3/25

Dsc01849  Dsc01861  Dsc01863

3月25日は、いつもの生駒での野暮用を終えて、薬師寺へ向かいました。府県境を越えて奈良県に入ったことを伝えたお知り合いの方から、薬師寺で護摩焚き神事があるというので、これは行かねばなりません。近鉄西ノ京駅で落合い、薬師寺へ入ります。時間になり、山伏姿の方々が入場、熱心な祈祷が続きます。

Dsc01866  Dsc01867

祈祷の文言を読み上げたり、結界の四方に矢を打ち上げたりと、いろいろな儀式がありました。護摩焚きを見るのは2回めですが、他所で見たのはもう何十年も前のことなので、何があったか忘れてしまいました。

Dsc01871  Dsc01873  Dsc01875

小一時間ほどの儀式が終わり、ようやく点火です。最初はなかなか火が付きませんでしたが、煙が上がりだすと一気に火勢が上がります。

Dsc01877  Dsc01878

火勢はどんどん強くなっていきます。燃え上がると炎は竜巻状になって上だけでなく横へも靡きます。結界の中には山伏の大将のような人がいて、祈祷の関係からでしょうか、動くことができません。係りの人が覆いを掛けに急いで寄り添います。そこまでせんでもいいのにと思いますが、そういうものなのでしょうね。私は少し離れたところからの見物です。とても良いものを魅せてもらったというのが感想です。

81kowsmemxl

風野真知雄 喧嘩旗本 勝小吉事件帖 やっとおさらば座敷牢 祥伝社文庫/読了・・・・・・・・・・・・・・・・・・これで多分このシリーズは終わりです。座敷牢に入っていた勝小吉が許されて座敷牢を出たのですから。しかし、勝小吉には強烈な個性がありますね。ホンマにこんな人だったのだろうかと、その生涯を調べてみると、こんなものじゃなかったというのがわかりました。破天荒というか、めちゃくちゃエネルギーが高かった人という印象です。子母沢寛の『父子鷹』に海舟ともども親子の生涯が書かれているそうなので、そのうちに読んでみようかと思っています。

2020年3月21日 (土)

奈良散歩 3/6

Dsc01436   Dsc01437  Dsc01438

3月6日は、いつもの生駒での野暮用のあと、昼から奈良市内へ出て、まずはランチ。近鉄奈良駅前の天理スタミナラーメンへ。とても濃厚な元気が出そうなスープがグッドです。それ以外はあまり印象はありませんが、スープはガツンと来ます。

その後、東向商店街を南下し餅飯殿商店街にある古本屋を漁っていました。一番南の古本屋の隣にはジャズバー(ランチあり)があり、かなり心惹かれましたが喫煙可能だったら嫌やなぁと思い断念しました。

この後、奈良歩き、かぎろひ歴史探訪主催の方と四つ角でクロスする形でバッタリ!狭くない奈良の街中で出会うとは驚きです。

Dsc01440  Dsc01443

さて、さらに奈良の下町を散策します。奈良まちの街角にイギリスを発見。イングリッシュ・ブレックファーストもあるようで、機会があれば立ち寄りたいお店ですね。本来は洋服屋さんのようですが。また、和装のお店でしょうか、かぎろひ屋というのもありました。かぎろひ屋、いい響きです。

Dsc01446  Dsc01447  Dsc01449

興福寺へ出ました。最近では体験したことがないほど、観光客の姿、特に中国語、韓国語を話す人がいませんでした。やはり大きな影響が押し寄せていますね。

Dsc01445  Dsc01451

興福寺金堂の前には鹿が群れてお昼寝の様子でした。鹿せんべい屋さんの周りにも鹿が群れていましたが、鹿せんべいをねだる様子にも、いつもより必死感が漂っていました。鹿さんも大変ですね。

前夜、寝不足気味で頭がふわふわした一日でしたが、人出の少ない奈良のまったりとした町のリズムと相まって、すっかり体も心もほどけてしまいました。

2020年2月 5日 (水)

西大寺界隈を歩く その3

Dsc00604  Dsc00607  Dsc00608

1月29日はいつもの生駒の野暮用の後、近鉄西大寺駅で下車してその辺りを散歩です。西大寺、八幡神社、菅原天満宮を経て、さらに南下したところに喜光寺があります。ここには室町時代に再建された本堂と2010年に再建された南大門があります。また、ハスの花が有名で、その鉢がずらりと並ぶ様子が見えました。

Dsc00617  Dsc00615  Dsc00614

さらに南下すると、豊かな水を張る堀に囲まれた大きな垂仁天皇陵があります。天気が悪いのでカメラを調整し全景が水に浮かんだかのように撮影しました。堀には多くの水鳥が来ていましたし、遠く薬師寺の塔を見ることもできました。天気はいまいちでしたが、静かな大和の風景に浸りました。

Dsc00619  Dsc00620

帰りは線路のそばへ行き、とりあえず何枚か撮影したり、尼ヶ辻駅で通過する特急を撮ったりと、いつもの作業をしてこの日のミッションを終えました。

2020年2月 4日 (火)

西大寺界隈を歩く その2

Dsc00595  Dsc00596

1月29日は、いつもの生駒での野暮用を終えた後、西大寺の町を散歩していました。先ずは西大寺を訪れ、たまたま公開していた秘仏などを拝観。その後は付近の見どころを訪れます。先ず、西大寺の西にある八幡神社へ向かいました。長い参道を抜けると柵の中に本殿がありました。

Dsc00598  Dsc00597

この柵の中にある狛犬さんは、その表情が特徴的です。よく見ると、笑っているように見えるのです。こういう表情は珍しいですね。

Dsc00603  Dsc00599

八幡神社から南下すると菅原天満宮があります。ここは菅原道真公の生誕地とされています。このあたり地区の名前も菅原、その近くには菅原道真の邸宅跡という遺構も残っています。勾配がすこし咲き始めたところでしょうか。

Dsc00601 Dsc00600

この菅原八幡宮では、梅の季節に合わせて盆梅展が開催されるのですが、今しばらく時間が必要なようですね。

2020年2月 1日 (土)

西大寺界隈を歩く その1

Dsc00580  Dsc00581  Dsc00585

1月29日はいつもの野暮用で生駒へ行った帰りに、ちょいと足を延ばして近鉄西大寺駅で下車しました。特に目的もなかったのですが、手近なところで西大寺を訪れました。かぎろひ歴史探訪で何度か訪れていますが、一人でというのは初めてかも。節分会の幟がたくさん並んでいます。

Dsc00594  Dsc00590  Dsc00586

広い境内には本堂、愛染堂、四王堂などの大きな建物が伽藍を形成しています。天気が悪いこともあるのか、参拝の方はほとんどみられません。でも街中にこんな広いお寺があるって、散歩するだけでもいいですね。散歩だけならただですから。

Thumbnail_image1_20200201081001  Photo_20200201081101

さて、来てみるとこの期間(1/15~2/4)は愛染堂と聚宝館(しゅうほうかん)にある国宝の仏さんや宝塔などをはじめとする寺宝が公開されているところでした。これは1000円を払っても見ておかなければなりませんね。このポスターにある四王堂の十一面観音立像は高さ6メートルよりまだ高いということで、とても迫力がありました。長谷寺様式という事ですが、確かに長谷寺の観音様に通じる雰囲気がありました。

1f341ada9090c3f6d794cbbe8217ed60  2e9089b69bbfa025e8da141d8330d1fc  Bw5qf7tcqaekcfu

聚宝館の入り口を入ったところにある国宝の金銅の宝塔、結構大きなものでした。次にある愛染堂の秘仏愛染明王坐像はこの時期と秋にしか公開されていません。さらに本堂にある釈迦如来立像はすくっと立った美しい仏さんでした。(ポスター、仏像の写真はネットから拝借)

ざっと拝見しただけでもずいぶん時を過ごしましたが、まだまだ時間の余裕があったので散歩を続けます。

その他のカテゴリー

2019四国の旅 JR貨物 Jフィル MIZUMO T-ストリングス かぎろひ歴史探訪 その他 みちのくひとり旅 やまとんくらぶ アイチャンオケ アミーキティア管弦楽団 アンサンブル ラ・ピアチェーレ アンサンブル・アルビレオ アンサンブル・コスモリバティ アンサンブル・ジョワン アンサンブル・ツヴァイ アンサンブル・フリー アンサンブル・ミンネン アンサンブル・ヴィオ インターネット ウォーキング鉄 オルガンコンサート オーケストラ・アンサンブル・フォルツァ オーケストラ・クラシック オーケストラ・ソノリテ オーケストラ・ノインテ オーケストラ・ブラヴォー! オーケストラ・ポミエ オーケストラ千里山 オーディオ カメラ カンマーフィルハーモニー京都 カンマーフィルハーモニー神戸 クラシックサロン・アマデウス クラシック音楽 クランクレーデ クレセント室内アンサンブル クレー管弦楽団 グッド・シーズン・アンサンブル グルメ コレギウム・ヨハネス コレギウム夙川管弦楽団 シンフォニア・スピカ セント・マーティン・オーケストラ ゾンアーベント・アンサンブル タリヘーレ四重奏団 ダムカード テレマン室内オーケストラ ディスクユニオン ドイツ紀行 ニイジマ・キネン・オーケストラ ニュージーランド鉄道 ハイマート交響楽団 ハイマート合唱団 バス バッハクライス神戸 バンブスアンサンブル パソコン ファゴット・フェスティバル フェニックスフィル フォンス・フローリス古楽院 ブレスシンフォニーオーケストラ プロ野球 ホール・バルティカ ミモザの会 ミュー室内管弦楽団 メイプルフィル ライブカメラ ラグビー ワンコイン市民コンサート ヴェデルニコフ 万葉 三宝鉄道 上甲ウィンドシンフォニー 上甲子園中学吹奏楽部 交響楽団ひびき 京急 京成 京王 京都フィロムジカ管弦楽団 京都プレザントオーケストラ 京都大学交響楽団 京都工芸繊維大学交響楽団 京阪 伊予鉄 伊予鉄道 伊豆急行 信濃の旅 八尾フィル 六甲フィル 兵庫医科大学医療大学合同オーケストラ_ 兵庫芸術文化センターワンコインコンサート 兵庫芸術文化センター管弦楽団 写真展 切符 初演企画 北摂フィル 北総 千里フィルハーモニア・大阪 南海 卯之町 叡山電車 合唱団 名指揮者列伝 名鉄 吹奏楽 吹奏楽団 吹田市交響楽団 四国詣で 土佐くろしお鉄道 土佐日記 土佐電 地下鉄 堺フィル 夢の国 ニュージーランド 大井川鉄道 大阪センチュリー交響楽団 大阪フィルハーモニー交響楽団 大阪フロイデ合唱団 大阪メトロ 大阪モーツァルトアンサンブル 大阪交響楽団 大阪市営交通局 大阪市営地下鉄 大阪市民管弦楽団 大阪芸術大学管弦楽団 天理シティオーケストラ 奈良女子大管 奈良歩き 学園都市交響楽団 宝塚響 富士急行 寝屋川市民管弦楽団 小田急 尼崎市吹奏楽団 尼崎市民交響楽団 尼崎弦楽アンサンブル 居酒屋 山陽 岡山電軌 嵐電 川西市民オーケストラ 幻想フィル 広島電鉄 廃線跡 待兼交響楽団 指揮者 新京成 新幹線 旅行 日本センチュリー交響楽団 最近のCD 最近のLP 東京佼成ウィンドオーケストラ 東急 東武 枚方フィル 樹フィル 武庫川女子大学音楽学部 歴史探訪 水族館 水間鉄道 江ノ電 父親のアルバムから 甲南大学OB交響楽団 甲南大響 甲南女子大学管弦楽団 白黒懐かし画像 相愛フィルハーモニア 相鉄 神戸アンサンブルソロイスツ 神戸大学響 神戸市地下鉄 神戸電鉄 神戸高校OBオーケストラ 福井鉄道 私の名盤シリーズ 箕面コンセルト室内合奏団 紫苑交響楽団 美術 聖ソフィア・バラ合唱団/合奏団 能・狂言 能勢電 芦屋交響楽団 芦屋室内合奏団 若林顕 落語 蒸気機関車 藤井貴宏 街歩き 衣笠交響楽団 西宮交響楽団 西宮探訪 西武 見仏 豊中市民管弦楽団 豊橋鉄道 近江鉄道 近畿フィルハーモニー管弦楽団 近鉄 遠州鉄道 鉄道 鉄道前面展望 長岡京市民管弦楽団 長崎電軌 長楽庵 関西グスタフ・マーラー交響楽団 関西フィルハーモニー管弦楽団 関西医科学生交響楽団 関西大学OB交響楽団 関西大学交響楽団 関西学院交響楽団 関西SPレコード愛好会 阪堺電車 阪急 阪神 阪神タイガース 阪神フィル 静岡鉄道 須磨フィル 飛行機 高松琴平電鉄 高槻フィル 高槻室内管弦楽団 龍谷大学交響楽団 JR四国 JR東日本 JR東海 JR西日本

フォト

掲示板

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー

無料ブログはココログ