高槻フィル

2023年12月25日 (月)

高槻フィル第17回定期演奏会 12/24

Thumbnail_image5_20231225054101

昨日12月24日は高槻フィルハーモオーケストラの第17回定期演奏会を聞きに高槻へ行きました。

今年最後のオーケストラ演奏会になる予定です。行ってみるとお知り合いのオーボエ奏者の方が賛助でご出演でした。

Thumbnail_image4_20231225054101

会場の高槻城公園芸術文化劇場南館です。かつての高槻現代劇場大ホールが閉館し、その南側に新たなホールが建設されました。

高槻城の敷地の中にあるので、もう少しお城らしいデザインを入れても良かったのかもしれないけれど、まぁ、こんなもんです。

Thumbnail_image3_20231225054101

ホールの中はとてもきれいです。いつも2階で聞いているのですが、この日は2階が開放されておらず一階で聞きました。

そのせいか、一階の客席はほぼ満席でした。お金がかかるかもしれないけれど、お客さんの入り方を見て2階も開放してほしかったところです。

Thumbnail_image2_20231225054101

指揮の八木さんです。この写真は指揮棒を持っていますが、だいたい持たずに指揮するタイプの方、数年前はぎこちない指揮振りでしたが、ずいぶんと多様な表現ができるようになってきましたね。

ベートーヴェンのコリオラン序曲に続いて、ハイドンのロンドン、メンデルスゾーンのイタリアと、楽しく拝聴しました。アンコールではサンタの姿で登場、大うけでした。

Thumbnail_image1_20231225054101

プログラムの後ろの端っこに、最近よくお邪魔しているクラシック音楽バー華ノ音の広告が掲載されていました。

この日も先に大阪大学ワンコイン市民コンサートやオーボエとバンドネオンの演奏会のチラシをお届けしました。よろしくお願いします。

2023年6月19日 (月)

高槻フィルハーモニーオーケストラ サマーコンサート2023 6/17

06_20230619054101

6月17日は、高槻フィルハーモニーオーケストラのサマーコンサート2023を聞きました。

この日はコンサートも楽しみですが、なんといっても今年の春にオープンした新しいホール、高槻城公園芸術文化劇場の大ホールで聞けるという新鮮な楽しみが大きいです。

05_20230619054101

高槻城は明治維新後徹底的に破却され、石垣の石は当時開通へ向けて建設が進んでいた東海道線の工事に利用されました。

その城跡に新しいホールが出来ました。シンプルな外観の建物ですね。最近の流行なのか、建物の外の意匠に木材が多用されています。

03_20230619054101

ホールの中の様子です。やや狭いステージから徐々に広がっていくスタイルのホールです。60数名のオーケストラが並んでこのくらいですから、もう少し広いステージが欲しいかな。ひょっとすると、左右の壁が可動式で広がるのでしょうか?

左右の壁は木材のブロックが多数ボコボコと出ている?貼り付けてあるようなもので、不規則な市松模様のような配置が音の分散を図っています。ブラウンの色調が落ち着きをもたらします。

02_20230619054101

2階席のロビーです。ここも内装に木材が多用されていて、落ち着きが感じられます。その隙間から光が入り込み、明るい空間を作っています。

トイレのピクトサインが懲りすぎてわかりにくかったのか、大きな張り紙で示されていました。そんなことなら最初から文字で示していたら良かったのに、ですよね。

04_20230619054101

さて、コンサートの方ですが、サマーコンサートということで親しみある曲目が並びました。メンデルスゾーンの「真夏の夜の夢」序曲、シューベルトの「未完成」、ドヴォルザークの「新世界より」、指揮はバブアゼさんでした。

「真夏・・・」はちょっと練習不足気味でしたが、未完成、新世界よりは、ここでこういう音が欲しいなぁというところで望ましい音が出ていたし、とても心地よい演奏でした。どちらかというと新しい音のチェックという感じで聞いていました。高音がやや強く聞こえるものの、低音までのバランスが良いホール音響でした。

2022年6月13日 (月)

高槻フィルハーモニーオーケストラ サマーコンサート2022 6/12

01_20220613055001

カラッと晴れた日曜日、昨日6月12日は高槻現代劇場で開催された高槻フィルハーモニーオーケストラ サマーコンサート2022を聞きました。このホールは現役時代にある説明会を行った際、一人で司会と仕切りを行った(苦い)思い出の場所でもあり、建て替えのための閉館を前にして一度訪れておこうと思った次第です。

03_20220613055001

高槻フィルは、会員制をとっていてそのご招待をいただいておりました。アマチュアオーケストラとしても、新しい試みですね。今回はお知り合いの方がご出演ということもあり、これは聞かねば!とやってきました。

04_20220613055001

指揮は最近よくその活躍を目にする八木さん、ソロにクラリネットのブルックス・信雄・トーンさん。大阪フィルの首席もされてた方です。

05_20220613055001

この日の白眉は、ブルックスのクラリネットによるモーツァルトの協奏曲でした。とても柔らかな包み込むようなクラリネットの音色に癒されました。

シューベルトの小品も初めは???な演奏でしたが、だんだんオーケストラが鳴ってきて最後はビシッとしまった演奏となりました。ベートーヴェンの交響曲第7番、第4楽章はリズムに乗っていましたが、他の楽章では音楽が進むにつれてリズムがだれる印象があって、これは指揮者の運動能力によるのかなぁというところでしょうか。

06_20220613055001

02_20220613055001

この高槻現代劇場は、7月末に閉館になります。もうずいぶん古いホールで、ご覧のように普通に座っていてもひざが前の席にあたってしまうくらいシートピッチが短いです。これでは、お客さんの前を通って抜けるなんてできません。まさにエコノミー症候群を引き起こすような会場です。

建物の南側には新しいホールが建設中です。そこではゆとりを持った座席であることはもちろん、客席のゆるい傾斜やゆとりあるロビー、トイレの数の配慮(女性トイレは男性よりもめちゃくちゃ多くしておくべき)など、お客さんに優しいホールになってほしいですね。

2019年7月 1日 (月)

高槻フィルハーモニーオーケストラ サマーコンサート2019

65988843_2372541243070203_36725807805229  65551710_2372541256403535_79656859719769

昨日6月30日は、雨が降る中阪急電車に乗って高槻にある現代劇場大ホールまで行きました。この日開かれた高槻フィルハーモニーオーケストラのサマーコンサート2019を聞くためです。高槻フィルは以前ハーモニックソアラ高槻という名前の団体だったようですが、いずれにしてもここ10年ほどは聞いた記憶がありません。指揮は、八木裕貴さんという若い方です。

65552195_2372541296403531_38476095583525

まずモーツァルトの歌劇「ドン・ジョバンニ」序曲が快活に演奏されて始まりました。ついで、同じくモーツァルトの交響曲第35番「ハフナー」です。弦楽器が25人ほど、管楽器、打楽器を入れても40人に満たないオーケストラですが、しっかりとまとまった音楽が聞こえてきます。

65435661_2372541303070197_52141168058821

後半は、シューベルトの交響曲第3番です。この中規模の可愛い楽曲がコンサートでかかるというのも珍しいですね。シューベルトの交響曲では、第2番に次いで好きな音楽です。これが生で聞けただけでも良かったです。会場はかなり大きなホールでしたが、雨にもかかわらず多くの方がお越しになられていました。かなり混雑していたので、これなら2階席も開放してほしかったですね。

29628546_1

植松三十里 会津の義 幕末の藩主松平容保 集英社文庫/読了・・・・・・・・・戊辰戦争で官軍から狙い撃ちされ、会津戦争では大変悲惨な結末となった会津藩の藩主松平容保の生涯を描いた力作です。とても太くて長い物語が少し端折られて、思いのほか早く時間が過ぎていった感じは残りますが、著者独特の密度の濃い語り口でつづられ、大変満足した一冊でした。

その他のカテゴリー

2019四国の旅 JR貨物 Rayフィル かぎろひ歴史探訪 かぶとやま交響楽団 きまぐれ歴史探訪 きまぐれ音楽探訪 その他 ひばりガ丘合奏団 みちのくひとり旅 やまとんくらぶ アイチャンオケ アミーキティア管弦楽団 アンサンブル ラ・ピアチェーレ アンサンブル・アルビレオ アンサンブル・シュシュ アンサンブル・ジョワン アンサンブル・ツヴァイ アンサンブル・デッラ・スフィーダ アンサンブル・フリー アンサンブル・プテイ・タ・プティ アンサンブル・ペルーシュ アンサンブル・ヴィオ インターネット ウォーキング鉄 オーケストラ・アンサンブル・フォルツァ オーケストラ・アンサンブル京都 オーケストラ・クラシック オーケストラ・ソノリテ オーケストラ・ノインテ オーケストラ・ブラヴォー! オーケストラ・ポミエ オーケストラ千里山 オーディオ カメラ カンマーフィルハーモニー神戸 クラシックサロン・アマデウス クラシック音楽 クラシック音楽カフェ クランクレーデ クレセント室内アンサンブル クレー管弦楽団 グルメ コレギウム・ヨハネス コレギウム夙川管弦楽団 シュペーテ弦楽四重奏団 シンフォニア・スピカ セント・マーティン・オーケストラ ディスクユニオン ドイツ紀行 ニュージーランド鉄道 バス バンブスアンサンブル パソコン ファゴット・フェスティバル フェニックスフィル ブレスシンフォニーオーケストラ プリモパッソオーケストラ プロ野球 ホール・バルティカ メイプルフィル ライブカメラ ラグビー ワンコイン市民コンサート ヴェデルニコフ 万葉 三宝鉄道 上甲ウィンドシンフォニー 上甲子園中学吹奏楽部 交響楽団ひびき 京急 京成 京王 京都プレザントオーケストラ 京都工芸繊維大学交響楽団 京阪 今峰由香 伊予鉄 伊予鉄道 伊豆急行 保存車 信濃の旅 八尾フィル 六甲フィル 六甲ライナー 兵庫医科大学医療大学合同オーケストラ_ 兵庫芸術文化センターワンコインコンサート 兵庫芸術文化センター管弦楽団 写真展 切符 初演企画 北大阪急行 北摂フィル 北条鉄道 千里バロック合奏団 千里フィルハーモニア・大阪 南海 卯之町 叡山電車 名指揮者列伝 名鉄 吹奏楽 吹奏楽団 吹田市交響楽団 四国詣で 土佐日記 土佐電 地下鉄 堺フィル 夢の国 ニュージーランド 大井川鉄道 大阪ハイドンアンサンブル 大阪フィルハーモニー交響楽団 大阪メトロ 大阪モノレール 大阪モーツァルトアンサンブル 大阪交響楽団 大阪市営地下鉄 大阪市民管弦楽団 大阪芸術大学管弦楽団 天理シティオーケストラ 奈良歩き 学園都市交響楽団 宝塚ヒルズ室内オーケストラ 宝塚響 富士急行 寝屋川市民管弦楽団 小田急 尼崎市吹奏楽団 尼崎市民交響楽団 居酒屋 山陽 岡山電軌 嵐電 川西市民オーケストラ 幻想フィル 広島電鉄 廃線跡 待兼交響楽団 指揮者 新幹線 旅行 日本センチュリー交響楽団 最近のCD 最近のLP 東京佼成ウィンドオーケストラ 東急 枚方フィル 柴田由貴 樹フィル 武庫川女子大学音楽学部 歴史探訪 水族館 江ノ電 父親のアルバムから 甲南大学OB交響楽団 甲南大響 甲南女子大学管弦楽団 白黒懐かし画像 相愛オーケストラ 相愛フィルハーモニア 神戸アンサンブルソロイスツ 神戸市地下鉄 神戸電鉄 福井鉄道 紫苑交響楽団 美術 能・狂言 能勢電 芦屋フィル 芦屋交響楽団 芦屋室内合奏団 若林顕 華ノ音 落語 蒸気機関車 藤井貴宏 藤田真央 街歩き 衣笠交響楽団 西宮交響楽団 西宮探訪 西武 豊中市民管弦楽団 豊橋鉄道 辻本玲 近畿フィルハーモニー管弦楽団 近鉄 遠州鉄道 鉄道 鉄道前面展望 長楽庵 関西グスタフ・マーラー交響楽団 関西フィルハーモニー管弦楽団 関西医科学生交響楽団 関西大学OB交響楽団 関西大学交響楽団 関西学院交響楽団 阪堺電車 阪急 阪神 阪神タイガース 阪神フィル 静岡鉄道 飛行機 高松琴平電鉄 高槻フィル 高槻室内管弦楽団 高橋真珠 JR四国 JR東日本 JR東海 JR西日本

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー