アイチャンオケ

2020年11月30日 (月)

アイチャンオケ 木管五重奏・酒心館ライブ

Dsc07016_20201130070101 Dsc07017

昨日11月29日は、灘の酒、福寿の神戸酒心館へ行きました。阪神大震災で酒蔵が崩壊し、別の場所で工場を作った際に、もともとあったショップを拡大改装して酒心館としてオープンしたところですね。秋らしく、ススキが迎えてくれました。

Dsc07015_20201130070101 Dsc07018

昨日は、ここでアイチャンオケのメンバーによる木管五重奏の演奏が披露され、お知り合いの方がご出演ということで駆け付けた次第です。寒風が時折り譜面台を揺らす状況でしたが、20人ほどのお客さんが演歌や古関裕而メドレーの演奏を楽しみました。

Dsc07020 Dsc07019 Dsc07021_20201130070101

酒心館からの帰り道、そこから少し東側に泉酒造があります。1995年の阪神大震災で蔵が焼失し、別の会社で委託醸造を行うなどしていましたが、その後自力で再生していました。再生していたけど、最近注目のお酒「仙介」でおおいに復活してきたのでしょう。新しい工場を元の場所で建設されていました。仙介、うまい酒に仕上がっています。

81lpvxp4fl

藤村忠寿・嬉野雅道 腹を割って話した 完全版 朝日文庫/読了・・・・・・・・・水曜どうでしょうのディレクター二人が腹を割って話した。水曜どうでしょうはほとんどの放送を見ていますが、最初のほうが面白かったですね。台本のないハプニングばっかりの展開、面白かったですね。何かをやろうというところから始まらない番組に惹かれました。その後、だんだんストーリーめいた展開に至り、テンションは下がったものの、新作となるとどうしても気になるものです。2020年の放送の新作はすでに北海道で始まっているようですが、これもぜひ見てみたいものです。その新作についても語られています。

2020年10月12日 (月)

アイチャンオケ 木管五重奏 神戸酒心館ライブコンサート

Dsc05349  Dsc05350

昨日10月11日の午後は、神戸酒心館でアイチャンオケのメンバーによる木管五重奏の演奏があるということで出かけました。最近、この酒心館へはアイチャンオケのコンサートやさかばやしというお食事処へと、ずいぶん通ってます。

Dsc05352  Dsc05353

木管五重奏の演奏は、酒心館の門を入ったところの広場で行われました。ハイドンの音楽が2曲演奏されたのち、ポピュラーや歌謡曲が演奏され、40分ほどのライブが終わりました。途中から強い日差しとなったため、みなさん日陰を探して聴くこととなりました。短い時間ながら、ほっこりする演奏会でした。

Dsc05307  Dsc05330

酒心館へ向かう前、JR住吉駅の南側にあるステーション・ギャラリーを見てきました。住吉駅の過去から現在にいたるまでの様子が写真や絵で紹介されています。旧駅名票は古ぼけた様子がないので作り直したものなのでしょうか。こんな左書きの文字が最近まで実用されていたとは思えませんし。

Dsc05337  Dsc05334

そのステーション・ギャラリーのさらに東側には、この住吉駅を現在の姿に作り直したときに見つかった古墳の紹介をしています。見るとその帆立貝型古墳の上に建物もあったようです。今はそれらの姿を地上に求めることもできないくらい、コンクリートとアスファルトに覆われてしまっています。

Dsc05340  Dsc05346

この日のランチは、阪神御影駅前で見つけた山神山人のラーメン。クリーミーな豚骨スープが極細麺に絡んで至福の一杯でした。その近くにあるお友達のお寺、常順寺にある江戸時代の唐門を見て酒心館へ向かった次第です。

2020年9月 7日 (月)

6th アイチャンオケコンサート

118983446_2766818226975834_4246797517954  118803449_2766818293642494_7727164179080

昨日9月6日は、神戸酒心館へ行きました。福寿酒造のアンテナショップであるとともに、さかばやしというお蕎麦の美味しいお店、そして酒心館ホールという木造ホールを有する施設です。そのホールで開催されるアマチュアオーケストラの演奏会、3月4日の大阪交響楽団以来となるオーケストラの音を聞きに行ってきました。

118800275_2766818326975824_7415278752581  118709132_2766818240309166_2120539960594

開催されたのは、アイチャンと愉快な仲間たちと称するアイチャンオケの第6回コンサートです。入場の際に、検温、アルコール消毒、さらに氏名と連絡先を記入して、感染症対策を施します。聴衆の定員を80名に絞ってのコンサートです。オーケストラの方も団員同志の間隔をあけ、管楽器の前には透明なシールでガードしています。

118858212_2766818450309145_7351471007714  118797918_2766818363642487_4038526088393  118851970_2766818416975815_6987575372636

曲目は、ベートーヴェンの田園から、ハイドンの時計から、モーツァルトの交響曲第40番から、それにモーツアルトのクラリネット協奏曲というラインナップです。いつもより短めの選曲で、休憩時間はありません。久しぶりに聞いた分厚いオーケストラの音は、専用の音楽ホールではなかったものの、ダイナミックで広がりのある音楽に満ちた響きでした。指揮は白谷隆さんでした。

大変困難な状況の中で、このような素晴らしい手作り感満載のコンサートを開催されたアイチャンオケの皆さんに感謝ばかりの気持ちです。

580_144

鈴木文彦 西鉄バスのチャレンジ戦略~九州がバス王国になったわけ~ 交通新聞社新書/読了・・・・・・・・・・・・九州は高速道路が全県にはりめぐらされ、バスによる移動が大変便利だと聞いたことが有ります。その中心にいるのが西鉄バスだったのですね。その経緯と活躍がよくわかりました。九州は台湾と同じくらいの面積らしく、台湾でもバス交通は発達しています。これくらいの範囲だとバスの利用価値が高くなるのかもしれません。本の内容は良いとして、表をひとつ作ればわかる内容を文章で説明しているものですから、わかりづらい書き方で読みにくかったです。もう一つ表現に工夫があればよかったかも。

2019年9月 2日 (月)

第5回アイチャンオケコンサート~アイチャンと愉快な仲間たち~

69525917_2419201995070794_77518109286470  69737760_2419202048404122_12848712622412  69561903_2419202031737457_76059198617886

昨日9月1日は、新しく開館した川西市のホール、きせらホールで開かれた第5回アイチャンオケコンサートを聞きました。きせらホールは、もともと体育館などがあった一画に建てられています。ホールの前に緑地がありますが、西側の山を借景にして景色の見栄えがあります。ただ、JR駅から歩いて15分以上かかるので少し不便ですね。雨の日に歩いていくとしたら、途中の殺風景な道は辛いものがありそうです。

2288_n  69434153_2419202075070786_59909348791460

ホールの中は、特徴というものはありませんが、規模としては中規模でしょうか。いわゆる多目的な使い方をされるホールの感じです。1階席で聞いた響きも、まぁ、この程度かというものでした。この日は2階席は開放されていませんでしたが、いつの日か、2階席からの音響も試してみたいですね。

69357307_2419202125070781_29938717647332  69812828_2419202101737450_32130700420694

さて、音楽は、この演奏会のためにいろいろと手が加えられたヘンデルの水上の音楽、メンデルスゾーンの室内楽曲をこの日のために編曲された版での協奏曲的な演奏、後半はベートーヴェンの交響曲第2番という内容でした。少しでもアンサンブルの特徴を出そうとかなり頑張っておらたのは、実にアマチュアらしさを感じました。しかし、客席のほうは100名を少し超えたくらいと、お客さんが寂しい限りで、それが残念でしたね。  

69275406_2419202145070779_37671596755276  69253978_2419202171737443_33574404328070

この施設の一画に、川西市出身のプロ野球選手、古田敦也さんのメモリアルギャラリーがありました。地元の誇りでしょうか、とてもすっきりとした展示とわかりやすい解説が良かったです。川西市出身というと、由美かおるや寺門ジモン、同じ野球選手の屋敷要、う~ン、ちょっと役者不足かも。

その他のカテゴリー

2019四国の旅 JR貨物 Rayフィル かぎろひ歴史探訪 かぶとやま交響楽団 きまぐれ歴史探訪 きまぐれ音楽探訪 その他 ひばりガ丘合奏団 みちのくひとり旅 やまとんくらぶ アイチャンオケ アミーキティア管弦楽団 アンサンブル ラ・ピアチェーレ アンサンブル・アルビレオ アンサンブル・シュシュ アンサンブル・ジョワン アンサンブル・ツヴァイ アンサンブル・デッラ・スフィーダ アンサンブル・フリー アンサンブル・プテイ・タ・プティ アンサンブル・ペルーシュ アンサンブル・ヴィオ インターネット ウォーキング鉄 オーケストラ・アンサンブル・フォルツァ オーケストラ・アンサンブル京都 オーケストラ・クラシック オーケストラ・ソノリテ オーケストラ・ノインテ オーケストラ・ブラヴォー! オーケストラ・ポミエ オーケストラ千里山 オーディオ カメラ カンマーフィルハーモニー神戸 クラシックサロン・アマデウス クラシック音楽 クラシック音楽カフェ クランクレーデ クレセント室内アンサンブル クレー管弦楽団 グルメ コレギウム・ヨハネス コレギウム夙川管弦楽団 シュペーテ弦楽四重奏団 シンフォニア・スピカ セント・マーティン・オーケストラ ディスクユニオン ドイツ紀行 ニュージーランド鉄道 バス バンブスアンサンブル パソコン ファゴット・フェスティバル フェニックスフィル ブレスシンフォニーオーケストラ プリモパッソオーケストラ プロ野球 ホール・バルティカ メイプルフィル ライブカメラ ラグビー ワンコイン市民コンサート ヴェデルニコフ 万葉 三宝鉄道 上甲ウィンドシンフォニー 上甲子園中学吹奏楽部 交響楽団ひびき 京急 京成 京王 京都プレザントオーケストラ 京都工芸繊維大学交響楽団 京阪 今峰由香 伊予鉄 伊予鉄道 伊豆急行 保存車 信濃の旅 八尾フィル 六甲フィル 六甲ライナー 兵庫医科大学医療大学合同オーケストラ_ 兵庫芸術文化センターワンコインコンサート 兵庫芸術文化センター管弦楽団 写真展 切符 初演企画 北大阪急行 北摂フィル 北条鉄道 千里バロック合奏団 千里フィルハーモニア・大阪 南海 卯之町 叡山電車 名指揮者列伝 名鉄 吹奏楽 吹奏楽団 吹田市交響楽団 四国詣で 土佐日記 土佐電 地下鉄 堺フィル 夢の国 ニュージーランド 大井川鉄道 大阪ハイドンアンサンブル 大阪フィルハーモニー交響楽団 大阪メトロ 大阪モノレール 大阪モーツァルトアンサンブル 大阪交響楽団 大阪市営地下鉄 大阪市民管弦楽団 大阪芸術大学管弦楽団 天理シティオーケストラ 奈良歩き 学園都市交響楽団 宝塚ヒルズ室内オーケストラ 宝塚響 富士急行 寝屋川市民管弦楽団 小田急 尼崎市吹奏楽団 尼崎市民交響楽団 居酒屋 山陽 岡山電軌 嵐電 川西市民オーケストラ 幻想フィル 広島電鉄 廃線跡 待兼交響楽団 指揮者 新幹線 旅行 日本センチュリー交響楽団 最近のCD 最近のLP 東京佼成ウィンドオーケストラ 東急 枚方フィル 柴田由貴 樹フィル 武庫川女子大学音楽学部 歴史探訪 水族館 江ノ電 父親のアルバムから 甲南大学OB交響楽団 甲南大響 甲南女子大学管弦楽団 白黒懐かし画像 相愛オーケストラ 相愛フィルハーモニア 神戸アンサンブルソロイスツ 神戸市地下鉄 神戸電鉄 福井鉄道 紫苑交響楽団 美術 能・狂言 能勢電 芦屋フィル 芦屋交響楽団 芦屋室内合奏団 若林顕 華ノ音 落語 蒸気機関車 藤井貴宏 藤田真央 街歩き 衣笠交響楽団 西宮交響楽団 西宮探訪 西武 豊中市民管弦楽団 豊橋鉄道 辻本玲 近畿フィルハーモニー管弦楽団 近鉄 遠州鉄道 鉄道 鉄道前面展望 長楽庵 関西グスタフ・マーラー交響楽団 関西フィルハーモニー管弦楽団 関西医科学生交響楽団 関西大学OB交響楽団 関西大学交響楽団 関西学院交響楽団 阪堺電車 阪急 阪神 阪神タイガース 阪神フィル 静岡鉄道 飛行機 高松琴平電鉄 高槻フィル 高槻室内管弦楽団 高橋真珠 JR四国 JR東日本 JR東海 JR西日本

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー