国鉄奈良機関区

  • Photo_7
    昭和46年に奈良機関区を訪ねています。変わりやすい天気で、晴れていると思ったら急に雨が降ってきて大変な日でした。

THE 大阪駅~特急編~

  • 16
    中高生のころ、大阪駅はまだ日常の中にはなく、特急列車を撮りに行く特別な場所であった。栄光の時代が残っていた大阪駅に発着する特急列車の姿を封じ込めました。

THE 大阪駅~急行編~

  • 1258
    大阪駅に発着する急行を集めてみました。行き先によっては、ディーゼルカーの急行もあり、思えば楽しい駅だったのですね。ご興味の方は写真帖のずっと下にある「甲子園口急行物語」もご覧ください。

昭和45-47年の天王寺駅

  • キハ58 きのくに
    天王寺駅は単に竜華や奈良方面、阪和方面への乗り換え駅だったが、紀勢線ホームは頭端駅として有名だった。 時折、乗り換えの途中、駅撮りなどしていたようだ。

竜華・昭和46年

  • Photo_3
    昭和46年に数回に分けて竜華へ出陣しています。当時の関西線はローカルそのもの、まだまだ煙も多く残っていました。

甲子園口(その周辺)急行物語

  • Photo_7
    甲子園口西方の踏切があったあたり、そのもう少し西側の日通の倉庫前あたりは友人たちとのたまり場でした。陽が暮れるまで電車の通過を楽しんでいました。

京都駅残照・昭和45年前後

  • Photo_3
    昭和45年当時、京都駅へ行く機会は限られていたが、その中で残していた写真の中からいくつかを抜粋した。 京都の寺社、観光地に興味を持つのはもう少し後になった。

西宮を走った国鉄電車特急・昭和45年頃

  • Photo_2
    国鉄時代、地元西宮でもいろいろな電車特急が走っていた。 そのすべてではないが、手元に残る写真のうちからいくつかを抜粋した。

あぁ上野駅 昭和46年

  • 特急やまびこ
    初めて東京へ行った昭和46年、昔の風情の残る上野駅に間に合いました。

神戸市電 最後の日

  • 星電社前
    1971年3月に神戸市電は歴史を閉じました。その最終日に神戸市内の各所で写真に収めましたが、思えば震災前の神戸の街も封じ込めたことになりました。

東海道のんびり行

  • 24
    昭和49年5月に、当時まだ走っていた急行桜島・高千穂に乗って、のんびり東海道を東上しました。そのときの車窓風景をまとめました。

京阪滝井駅 昭和50年

  • Photo_2
    京阪電車は今年、中ノ島新線の開通や電車の塗装変更、さらに往年の名特急1900系の引退と話題に事欠きませんが、ごく普通に走っていた昭和50年の滝井駅の様子はこんな感じでした。

昔日の近江鉄道

  • Photo_4
    近江鉄道は、学生時代からの万葉旅行会で近江蒲生野へ行くときに撮影した程度だった。これはその一連の名残である。 「茜さす紫野行き標野行き野守りは見ずや妹が袖ふる」

マンモス機 EH10

  • 04
    国鉄が作った最大最強のマンモス電気機関車EH10。 今でこそ、8軸の電機はいろいろあるけれど、目に焼きついているのはこの機関車だ。

京都市電

  • 2607
    京都へ行くと市内の移動はたいてい市電だった。 市電だと京都初心者にもわかりやすかった。 たまにバスに乗るとぐるっと市内の引き回しにあったり、とんでもない方向へ走ったりと痛い目に会ったからだ。

きーんてーつ特急

  • Photo_11
    70年代の近鉄特急の白黒写真を集めてみました。点数も少なく恐縮ですが、関西には少ない観光特急の雰囲気だけでも伝えたい。おまけにあおぞら号も何枚か。

近鉄、ちょっと前の車両たち

  • 1413
    1980年代に撮った近鉄の一般車両の中からチョイスしてみた。少し小さいというだけで、なんだか親しみを感じる車両の面白さもある。

野上電鉄、廃止3週間前

  • キハ28
    1994年3月末をもって廃止された野上電鉄を、廃止3週間前に友人の2Aカレチさんと訪れた。併せて周辺の鉄道へも足を運んだので、藤並駅でみた有田鉄道のキハをおまけに追加した。

阪神5314F 愛

  • Img_6204
    阪神電車最古参の5314Fは5550Fの新規参入によっていよいよ引退の時期を迎えた。この前パン貫通幌を持つ古き阪神電車の顔を残す編成を追いかけた。

ゴハチ

  • 16ef58
    今も人気のEF58ばかりを集めました。近所鉄の西宮、武庫川をはじめ大阪駅、少し遠くて下関。元気にゴハチが走り回っていた時代がありました。

琴電 旧型車を並べて

  • Img_0059
    平成10年から出張が多かった四国ですが、何回かは高松に足を運んで琴電を追いました。古い写真がなぜか見つからないので、旧型車が消える数年前からのものばかりです。

RRE様HP掲載一覧

  • 0001601
    ブログ開設以前はRREさんの掲示板への投稿を続けていました。ここに、その投稿画像をまとめましたので、ご笑覧いただければと思います。

島原鉄道2007

  • Img_2046
    去年の3月に出○ついでに諫早駅周辺、島原鉄道、足を少し伸ばして長崎電軌を訪問しました。島原鉄道の一部廃止は残念です。

JR九州の車両たち、諫早駅周辺

  • Img_2023
    ラストランブームになったなは/あかつきもこのころは全然注目されず。九州はいろんな列車があって楽しめます。

長崎は今日も雨

  • Img_2117
    長崎ではすごい雨にあいました。それにもめげず、撮り鉄に励んできました。

名鉄瀬戸線

  • Img_1926
    名鉄瀬戸線に6750系という大手私鉄最後の吊りかけ車が走っていると聞いて訪問しました。2008.03.24

惜別 0系新幹線 

  • 01 相生駅 0系の横顔
    いよいよ平成20年11月末に引退する0系新幹線。山陽路で活躍していた近年の記録です。

四国の気動車

  • 四国は今でも気動車の天国です。その中でも、普通車の運用に供せられる車両を集めてみました。普通車だけにDCより気動車という言い方が似合います。

名鉄にあったレールバス

  • 到着したレールバスからの乗り換え
    名鉄の三河線、猿投の先には西中金まで延びる単線があり、そこには今ではその姿をほとんど見ることが出来ないレールバスがひっそりと走っていました。1987年4月、2Aカレチさんと訪れた記録です。

名鉄揖斐線

  • 512号車内
    1987年4月に2Aカレチさんと名鉄を訪れました。 揖斐線は一時下車した美濃北方駅と黒野駅での写真です。

名鉄の旧型車

  • 103763
    1987年4月 2Aカレチさんと一緒に名鉄を訪れました。 名鉄の本線あたりでもまだまだ吊り掛け車が走っていました。

名鉄岐阜市内線

  • 08
    1987年4月、2Aカレチさんと名鉄を訪れた。岐阜市内線をとりあえず撮影した後、揖斐線へと向かった。

明延鉱山とともに

  • 04_img_0155
    小学生時代、明延鉱山の学校とクラス同士の文通をした。その場所がどこだか全く知らずに居たが1円電車の存在は知っていた。その地を訪れたのは随分大人になってからとなった。

鍛冶屋線~愛と死をみつめて

  • 09_img_0334
    大正12年に全線が開通した鍛冶屋線はJR後の平成2年、その歴史に幕を下ろした。 また、「愛と死をみつめて」で有名なミコこと大島みち子さんはこの沿線の方で、線路を見下ろす小高い岡の上にお墓がある。

EF65 0番台原色+茶ガマ

  • 103_img_2881
    かつて、全国の直流区間ではおなじみだったEF65の0番台も、今では岡山に集結する11機のみである。そのうち、原色を保っているのはわずか4両となった。

2019四国の旅

2019年10月30日 (水)

2019四国旅 高松その4

Dsc08190  Dsc08194  Dsc08202

9月27日から始まった2019四国旅も最終日、高松から琴電に乗って仏生山車庫を訪れました。元京急や元京王の車両が休んでいました。この車庫ももう何回も訪れたものです。ところで、ここへ来るまでの琴電琴平線の沿線では盛んに複線化工事が進められていました。利便性があがるといいですね。

Dsc08204  Dsc08207

さて、今度は瓦町まで戻り、今度は志度線に乗って楽しみます。この路線は他の路線との乗り入れをしておらず瓦町駅が始発となります。この路線の車両は、元名古屋地下鉄の小型の車両が使われています。右の写真は、最終地の志度駅です。志度の町には平賀源内の生誕地で記念館がありますが、今回は時間の関係で訪れることはかないませんでした。

Dsc08210  Dsc08211

志度で軽いランチを取って高松へ戻ります。やってきたのは600形の車両です。瓦町駅で乗り換え最初に乗った高松築港駅に戻ってきました。ホテルに預けた荷物を受取り、高松からは高速バスで帰途につきました。

4泊5日に及んだ2019四国旅でしたが、期間中ずっと雨という事前の週間天気予報を覆し、すっきり晴れた日もあり、持って行った傘の出番はありませんでした。

2019年10月29日 (火)

2019四国旅 高松その3

Dsc08164  Dsc08172

9月27日からの2019四国旅、最終日の10月1日は朝から高松城近くで撮影した後、高松築港駅から電車に乗りました。やってきたのは京浜急行とコラボした元京急1000系の車両です。この電車に乗って仏生山駅まで来ました。その構内のはずれにはレトロ電車が留置されていました。

Dsc08173  Dsc08181  

さっそく、レトロ電車の近くまで行き、久しぶりの邂逅を楽しみます。クリーム色と茶色に塗装されているのは120号です。これは大正15年に琴電のために製造された車両です。隣の茶色の電車は300号でこの電車も大正15年の製造です。

Dsc08186  Dsc08184

300号のそばには、古い台車が置かれていました。また、それらを積載した無蓋貨物車両がありました。どれもレトロなものですが、このまま朽ちていくのでしょうか。

Dsc08170  Dsc08195  Dsc08193

さて、仏生山車庫のほうへ戻ると、工場の脇に500号が置かれていました。整備中だったのかもしれません。500号も琴電のオリジナル車両ですが、120号や300号よりすこし若く昭和3年の製造です。また、構内の端っこに23号が置かれていました。これは大正14年の製造の元近鉄の車両です。そして電動貨車のデカ1号も相変わらず頑張っているようでした。

このように琴電のレトロ車輛すべてに出会うことができ、満足でした。ただ、これらのレトロ車輛は近い将来に運行を停止し廃車になるとのことで、どこか静態での保存でもしてくれるところはないものでしょうか。彼らの姿を見て、いよいよ古典的車両の大切さを認識しました。

2019年10月27日 (日)

2019四国旅 高松その2

Dsc08144_20191027063201  Dsc08143_20191027063201

9月27日から始まった2019四国旅も最終日、10月1日には高松で朝を迎えました。まだ早朝のラッシュの時間帯、ホテルに荷物をおいたまま、高松城の堀端までやってきました。道路では車の渋滞、歩道には通勤のサラリーマンと、ここには都会の風景が広がります。

Dsc08140_20191027063201  Dsc08141_20191027063201

琴電ではいろいろな電車が走っていますが、まずやってきたのは仏生山行きの京王5000系です。4両編成の後ろには京急600系を改造した車両がつながれていました。

Dsc08148_20191027063201   Dsc08149_20191027063201

琴電のこの区間には、琴平へ向かう琴平線の電車と、長尾へ向かう長尾線の電車がやってきます。この先の河原町でそれぞれ行き先が分かれていきます。黄色の電車が琴平線、緑の電車が長尾線です。これらは京急の700系です。

Dsc08156_20191027063201   Dsc08159_20191027063201

今度は正面の窓が偏った形に配置されている電車で見た感じでもわかりますが元々地下鉄の車両です。これは名古屋の地下鉄を走っていた車両です。昭和46年から49年の製造で、琴電の中ではこれでも比較的新しい車両になります。

Dsc08158_20191027063201   Dsc08157_20191027063201

有名な京急の1000形の車両も元気で走っています。1時間ほどで琴電の2つの路線を走る電車のすべての形式を撮ることができました。さて、今度は琴電に乗って次の場所を目指しましょうか。

2019年10月26日 (土)

2019四国旅 高松その1

51  52  54

9月27日から始まった2019四国旅、最後の訪問地は高松でした。ここには小学校の時の顕微鏡クラブの部長だったG君が今や大学教授として活躍しているところなのです。小生はその時、副部長でした。えらい違いや!

さて、夕方にGくんと待ち合わせたお店はインバウンド客でずらりと行列だったので諦め、たまたまネットで見つけた居酒屋さんへ行きました。

これが大正解、瓶ビールが、大でも、中でも、小でも、395円という面白いお店、さらに10周年記念で3本瓶ビールを飲むと1本無料でついてくるという。これはもう突入するしかありません。暖簾もビンビールとはあっぱれです。

56  55

お店は基本串カツ屋さんです。キャンペーンでほとんどのものが1本100円というお値打ち価格です。鯛、イカ、ハマチのお刺身も頼みましたが、これが期待以上においしかったですね。串カツが誤って2セット来てしまいましたが、快く受け入れ、お隣さんと分けていただきました。細かなパン粉を使っているのであっさりして旨かったですよ。

57  50

お店に来る途中、創業二百年老舗の味 てんぷら揚げ売の店 たばこや蒲鉾店という実にええ雰囲気のお店があって、何だか気になっていましたが、たまたまこの居酒屋さんにはその天ぷらがメニューに入っていました。これを外すわけにはいきませんね。あっさりとした天ぷらでこれもビールによく合いました。

59  58

串カツとお刺身と天ぷらで、ビールとしっかりといただきましたので、お店を変えての見直しです。日本酒が飲めるところへ来ました。岐阜のお酒、小左衛門をいただきます。すっきりしとした味わいが良かったです。こうして高松の夜が過ぎていきました。

120951_l

梶よう子 ご破算で願いましては みとや・お瑛仕入帖 新潮文庫/読了・・・・・・・北斎まんだらという作品を読んでその筆力に舌を巻いた梶よう子の作品という事で読んでみました。これは軽いタッチの時代ものですね。事件のこともありますが、全体としては江戸を舞台とした庶民の暮らしがベースになっています。シリーズものという事で、これに続く産品を読み出したところです。

2019年10月24日 (木)

2019四国旅 松山から高松へ

Dsc08132

9月27日から始まった2019四国旅も最終地へ向かって移動です。30日の昼、JR松山駅前に戻りランチができるところを探していると駅前に新しいお店ができていましたので、早速入りました。そこは中華料理屋さんで、店頭で中国人の女の子が餃子を一所懸命に包んでいました。麻婆豆腐は?の味でしたが、餃子は飛び切りおいしかったですね。次回もこのお店を利用したいです。

Dsc08134  Dsc08135

13時過ぎの特急しおかぜ・いしづちで松山を出発します。やってきたのは8000系の車両です。前3両が高松行き特急いしづち、後ろ5両が岡山行き特急しおかぜです。多度津駅には8620型蒸気機関車が静態保存されています。いつもこの機関車を見て新居浜や卯之町へ通っていたころを思い出します。

Dsc08136  Dsc08138

高松駅に到着しました。駅でしばらく撮影です。到着した特急いしづちの横には7200系エコトレインが早速入ってきました。また、高松から徳島へ向かう特急うずしおには新車の2700系が投入されていました。

Dsc08137   Dsc08139

他のホームには、岡山行きマリンライナー、高徳線の普通車も入線してきました。マリンライナーには、そのころに開催されていた瀬戸内トリエンナーレのヘッドマークがついています。実はこの催しがあることで高松のホテルがいっぱいだったのですが、早めに申し込んで確保できて良かったです。さて、ホテルに荷物を置いて活動開始です。

121348_2005

山本一力 カズサビーチ 新潮文庫/読了・・・・・・ペリー来航の8年前、1845年に日本人漁師22人を海上で救出し浦賀へ送り届けたマンハッタン号事件を扱った一冊。その数年前、同じように漁師を救出したにも関わらず外国船を打ち払ったモリソン号事件があったことの反省から、すこしは鎖国令もゆるくなった時期だったのも幸いしたのでしょうね。ほぼ史実に忠実にストーリーが展開されているように思いますが、とても生き生きとした文章に魅了されました。マンハッタン号のマーケイター・クーパー船長が主人公・・・・

2019年10月23日 (水)

2019四国旅 松山 坊っちゃん列車ミュージアム

Dsc08107  Dsc08115

9月末の四国旅ですが、30日は卯之町から松山へ移動しました。松山郊外での撮影を終え、その後伊予鉄の松山市駅のそばにある坊っちゃん列車ミュージアムを訪れました。このミュージアムは駅前のスターバックスのお店の奥にあり、そこへ行くにはお店の中を通り過ぎなければなりません。珍しいシチュエーションですね。

Dsc08109  Dsc08111  Dsc08112

坊っちゃん列車ミュージアムには街中を走る機関車のレプリカが置かれているほか、伊予鉄の歴史の様々な資料が展示されています。その中で過去に使われていた古レールが目を引きました。特に、この9kgレールは改修前の古町駅の屋根を支える支柱に使われていたものだと思うのですが、最初に伊予鉄を訪れた時にそれを見つけた思い出の資料です。

Dsc08121_20191023062401  Dsc08120  Dsc08123

松山市駅からは市内電車でJR松山駅へ向かいます。市内電車は既に塗装変更が終わっているのか、昔の塗装の車両と出会うことはなかったです。駅前で撮影したり、車内から撮影しながら松山駅へ向かいます。

Dsc08124  Dsc08126  Dsc08131

途中、試運転電車に出会いました。この標識の電車は初めて見たかもしれませんね。ラッキーです。もと京都市電の2000形にもすれ違いました。そうするうちにJR松山駅に到着です。

2019年10月19日 (土)

2019四国旅 松山郊外

Dsc08048_20191019070801  Dsc08078_20191019070801

9月27日からの2019四国旅、9月30日は卯之町から松山へ来ました。松山へ着くや否や、伊予鉄郊外電車に乗って港山駅まで来ました。ここから近くの港山城跡へ登ります。ここから伊予鉄の線路、ばかりでなく高浜方面の絶景が望めます。さらに浜へ下りると海越しに伊予鉄の電車を見ることができます。晴れて良かった!

Dsc08099  Dsc08102

港山城跡から見える駅が梅津寺駅で、その駅前に梅津寺公園が広がっています。入園料100円を箱に投入して入り口のそばにある坊っちゃん列車を見に行きます。現在、松山市内を走っている坊っちゃん列車は蒸気機関車ではなく、実はディーゼル機関車なのですが、ここにあるのは正真正銘の蒸気機関車です。漱石の「坊っちゃん」が、~マッチ箱のような汽車~と表現されているのはこれですね。

Dsc08103  Dsc08104 

さて用事も終わったので、松山へ引き返します。途中、井の頭線の3000形にも出会います。伊予鉄では電車もバスもバーミリオン・オレンジと言われる色に統一しようとしていますが、まだ以前の塗装のままの車両もありました。なんだか、ほっとします。

Dsc08106  Dsc08121

最初に乗った大手町駅を通過して松山市駅に到着しました。ここで絶対行っておきたいところがあります。そこはどこだったかは、またの報告です。

2019年10月18日 (金)

2019四国旅 卯之町から松山へ

Dsc08030  Dsc08031  Dsc08032

9月27日に四国入りし、徳島、高知、卯之町を経て9月30日は朝から松山へ移動です。9時前には宇和島行きの普通車、もと特急車両ですが、やってきます。卯之町から乗ったのは特急宇和海です。ホームではサラリーマン風の方がスマホ撮影、国民総撮り鉄でしょうか、笑。卯之町を出てすぐに田圃の中のわらマンモスが見送ってくれました。

Dsc08036  Dsc08038  Dsc08043

松山に到着しました。荷物をロッカーに放り込んで早速活動開始です。JR松山駅から大手町まで歩いて伊予鉄の郊外電車に乗ります。やってきたのは井の頭線3000系、これに乗ったら目指す方向と逆でした。松山市駅に行ってしまい、そこからリターンしました。時間のロスをしてしまい、きちんと方向を確認する必要がありますね。着いたところは高浜線の港山駅です。反対側から京王5000系がやってきました。

Dsc08044  Dsc08045  Dsc08047

港山駅の近くには、中世から戦国時代にかけて存在した山城の港山城がありました。ここへ来るのが松山で途中下車した理由、そして今回四国旅をしている目的の大きな目標のひとつでした。山を登る途中、大きなカニがお出迎え、アカテガニですね。

51uh9elqtol__sx344_bo1204203200_

喜多喜久 化学探偵Mr.キュリー 中公文庫/読了・・・・・・東大院卒で製薬会社の研究員だったという著者が書いた化学ミステリーという珍しいジャンルの作品です。いろいろなカテゴリーでミステリーが書かれていますが、この分野は初めてでしょうね。さて、自称理系の小生としても興味がありましたので一応読んでみました。理系の知識をうまくくすぐるようなネタがパラパラとばらまかれていますね。このシリーズはいまのところ8作目まで出ているようですが、さて読み続けるかどうか、微妙なところなんですね。

2019年10月17日 (木)

2019四国旅 愛媛卯之町その3

Dsc08016  Dsc08022  Dsc08019

9月27日からの2019四国旅、9月30日、旅4日目の朝は愛媛県卯之町で迎えました。ここは昔の小学校にある100mにもなる直線廊下を使った雑巾がけ選手権が有名です。また、江戸時代からの街並みを残す通りもあります。ここを朝散歩するのをいつも楽しみにしています。

Dsc08017  Dsc08020

古い家屋の修理も進められていて、この赤いベンガラで塗られた家は旅館?だったのかな、それと白い家はモダンな窓が印象的です。いずれも以前はかなり傷んでいたので、きれいになり街並みにも映えて存在感を示すようになりました。

Dsc08023  Dsc08025

さて、いつも朝に訪れるのが、以前はお酒を造っていた池田屋さんです。今は建物の一部を改装してカフェとして営業されています。写真には写っていませんが、かなり広い敷地があって、その一角には立派な門もあるのです。

Dsc08027  48  Dsc08029

店内に入りましょう。格子の様子を中から見ています。外を通る人、車が景色になります。ここで朝ごはんと珈琲をいただくのが最近の定番になってきました。いつもありがとうございます。

2019年10月16日 (水)

2019四国旅 愛媛卯之町その2

44  43_20191016062801

9月27日から始まった今年の四国旅です。徳島、高知を経て29日の夜はいつもの卯之町の居酒屋れんげそうに行きました。私が行くというので、地元のお知り合いの方々、仕事でお世話になった方など、なんと18人も集まっていただき、お店は貸切になりました。さっと出てくるのが絶品のお刺身です。サザエ、ブリ、鯛だったでしょうか。

42  46  47

料理は大皿で置かれていて、煮物やおにぎりが食べ放題になっています。また、ご常連の方が持ち込まれた生ウニがボウルの中で泳いでいます。それを掬ってお皿にとっていただきます。ほかでは聞いたことがないおもてなしです。

41  45

この日は飲み放題、ビールは自分でジョッキに注ぎます。また、日本酒もお店から7本がクーラーボックスに並べられていたほか、お客さんの持ち込みもありました。十四代というとても人気のお酒も持ち込まれました。船中八策は高知のお酒ですね。先ずは小生好みの鳳凰美田からいただきました。18時に入店し、わいわいやってもう疲れたので22時半には失礼しましたが、お店ではまだまだ盛り上がって続いていましたね。そうやって卯之町の夜は更けていきました。

51joomly57l__ac_sy400_

百田尚樹 錨を上げよ㈡ 座礁編 幻冬舎文庫/読了・・・・・・著者による自伝的小説です。どこまで本当かどうかはわかりませんが、とても凝縮された文章と豪快な展開、人物の的確な描写、ストーリーの展開のスピード感、申し分のない痛快な小説です。これに毒されたのか、読後感として、まだその世界の中にいるような感覚が残っています。このような小説はあまり読んだことがないですね。まだ後編の3冊がこれから発売されるようです。

その他のカテゴリー

2019四国の旅 JR貨物 Jフィル MIZUMO T-ストリングス かぎろひ歴史探訪 その他 みちのくひとり旅 やまとんくらぶ アイチャンオケ アミーキティア管弦楽団 アンサンブル ラ・ピアチェーレ アンサンブル・アルビレオ アンサンブル・コスモリバティ アンサンブル・ジョワン アンサンブル・ツヴァイ アンサンブル・フリー アンサンブル・ミンネン アンサンブル・ヴィオ ウォーキング鉄 オルガンコンサート オーケストラ・アンサンブル・フォルツァ オーケストラ・クラシック オーケストラ・ソノリテ オーケストラ・ノインテ オーケストラ・ブラヴォー! オーケストラ・ポミエ オーケストラ千里山 オーディオ カメラ カンマーフィルハーモニー京都 カンマーフィルハーモニー神戸 クラシックサロン・アマデウス クラシック音楽 クランクレーデ クレセント室内アンサンブル クレー管弦楽団 グッド・シーズン・アンサンブル グルメ コレギウム・ヨハネス コレギウム夙川管弦楽団 シンフォニア・スピカ セント・マーティン・オーケストラ ゾンアーベント・アンサンブル タリヘーレ四重奏団 ダムカード テレマン室内オーケストラ ディスクユニオン ドイツ紀行 ニイジマ・キネン・オーケストラ ニュージーランド鉄道 ハイマート交響楽団 ハイマート合唱団 バス バッハクライス神戸 バンブスアンサンブル パソコン ファゴット・フェスティバル フェニックスフィル フォンス・フローリス古楽院 プロ野球 ホール・バルティカ ミモザの会 ミュー室内管弦楽団 メイプルフィル ライブカメラ ラグビー ワンコイン市民コンサート ヴェデルニコフ 万葉 三宝鉄道 上甲ウィンドシンフォニー 上甲子園中学吹奏楽部 交響楽団ひびき 京急 京成 京王 京都フィロムジカ管弦楽団 京都プレザントオーケストラ 京都大学交響楽団 京都工芸繊維大学交響楽団 京阪 伊予鉄 伊予鉄道 伊豆急行 信濃の旅 六甲フィル 兵庫医科大学医療大学合同オーケストラ_ 兵庫芸術文化センター管弦楽団 切符 初演企画 北摂フィル 北総 千里フィルハーモニア・大阪 南海 卯之町 叡山電車 合唱団 名鉄 吹奏楽 吹奏楽団 吹田市交響楽団 四国詣で 土佐くろしお鉄道 土佐日記 土佐電 地下鉄 堺フィル 夢の国 ニュージーランド 大井川鉄道 大阪センチュリー交響楽団 大阪フィルハーモニー交響楽団 大阪フロイデ合唱団 大阪メトロ 大阪モーツァルトアンサンブル 大阪交響楽団 大阪市営交通局 大阪市営地下鉄 大阪市民管弦楽団 大阪芸術大学管弦楽団 天理シティオーケストラ 奈良女子大管 奈良歩き 学園都市交響楽団 宝塚響 富士急行 寝屋川市民管弦楽団 小田急 尼崎市吹奏楽団 尼崎市民交響楽団 尼崎弦楽アンサンブル 居酒屋 山陽 岡山電軌 嵐電 川西市民オーケストラ 幻想フィル 広島電鉄 廃線跡 待兼交響楽団 指揮者 新京成 新幹線 旅行 日本センチュリー交響楽団 最近のCD 最近のLP 東京佼成ウィンドオーケストラ 東急 東武 枚方フィル 樹フィル 武庫川女子大学音楽学部 水族館 水間鉄道 江ノ電 父親のアルバムから 甲南大学OB交響楽団 甲南大響 甲南女子大学管弦楽団 白黒懐かし画像 相愛フィルハーモニア 相鉄 神戸アンサンブルソロイスツ 神戸大学響 神戸市地下鉄 神戸電鉄 神戸高校OBオーケストラ 福井鉄道 私の名盤シリーズ 箕面コンセルト室内合奏団 紫苑交響楽団 美術 聖ソフィア・バラ合唱団/合奏団 能・狂言 能勢電 芦屋交響楽団 芦屋室内合奏団 若林顕 落語 蒸気機関車 藤井貴宏 衣笠交響楽団 西宮交響楽団 西宮探訪 西武 見仏 豊中市民管弦楽団 豊橋鉄道 近江鉄道 近畿フィルハーモニー管弦楽団 近鉄 遠州鉄道 鉄道 長岡京市民管弦楽団 長崎電軌 長楽庵 関西グスタフ・マーラー交響楽団 関西フィルハーモニー管弦楽団 関西医科学生交響楽団 関西大学交響楽団 関西学院交響楽団 関西SPレコード愛好会 阪堺電車 阪急 阪神 阪神タイガース 阪神フィル 静岡鉄道 須磨フィル 飛行機 高松琴平電鉄 高槻フィル 高槻室内管弦楽団 龍谷大学交響楽団 JR四国 JR東日本 JR東海 JR西日本

フォト

掲示板

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

無料ブログはココログ