国鉄奈良機関区

  • Photo_7
    昭和46年に奈良機関区を訪ねています。変わりやすい天気で、晴れていると思ったら急に雨が降ってきて大変な日でした。

THE 大阪駅~特急編~

  • 16
    中高生のころ、大阪駅はまだ日常の中にはなく、特急列車を撮りに行く特別な場所であった。栄光の時代が残っていた大阪駅に発着する特急列車の姿を封じ込めました。

THE 大阪駅~急行編~

  • 1258
    大阪駅に発着する急行を集めてみました。行き先によっては、ディーゼルカーの急行もあり、思えば楽しい駅だったのですね。ご興味の方は写真帖のずっと下にある「甲子園口急行物語」もご覧ください。

昭和45-47年の天王寺駅

  • キハ58 きのくに
    天王寺駅は単に竜華や奈良方面、阪和方面への乗り換え駅だったが、紀勢線ホームは頭端駅として有名だった。 時折、乗り換えの途中、駅撮りなどしていたようだ。

竜華・昭和46年

  • Photo_3
    昭和46年に数回に分けて竜華へ出陣しています。当時の関西線はローカルそのもの、まだまだ煙も多く残っていました。

甲子園口(その周辺)急行物語

  • Photo_7
    甲子園口西方の踏切があったあたり、そのもう少し西側の日通の倉庫前あたりは友人たちとのたまり場でした。陽が暮れるまで電車の通過を楽しんでいました。

京都駅残照・昭和45年前後

  • Photo_3
    昭和45年当時、京都駅へ行く機会は限られていたが、その中で残していた写真の中からいくつかを抜粋した。 京都の寺社、観光地に興味を持つのはもう少し後になった。

西宮を走った国鉄電車特急・昭和45年頃

  • Photo_2
    国鉄時代、地元西宮でもいろいろな電車特急が走っていた。 そのすべてではないが、手元に残る写真のうちからいくつかを抜粋した。

あぁ上野駅 昭和46年

  • 特急やまびこ
    初めて東京へ行った昭和46年、昔の風情の残る上野駅に間に合いました。

神戸市電 最後の日

  • 星電社前
    1971年3月に神戸市電は歴史を閉じました。その最終日に神戸市内の各所で写真に収めましたが、思えば震災前の神戸の街も封じ込めたことになりました。

東海道のんびり行

  • 24
    昭和49年5月に、当時まだ走っていた急行桜島・高千穂に乗って、のんびり東海道を東上しました。そのときの車窓風景をまとめました。

京阪滝井駅 昭和50年

  • Photo_2
    京阪電車は今年、中ノ島新線の開通や電車の塗装変更、さらに往年の名特急1900系の引退と話題に事欠きませんが、ごく普通に走っていた昭和50年の滝井駅の様子はこんな感じでした。

昔日の近江鉄道

  • Photo_4
    近江鉄道は、学生時代からの万葉旅行会で近江蒲生野へ行くときに撮影した程度だった。これはその一連の名残である。 「茜さす紫野行き標野行き野守りは見ずや妹が袖ふる」

マンモス機 EH10

  • 04
    国鉄が作った最大最強のマンモス電気機関車EH10。 今でこそ、8軸の電機はいろいろあるけれど、目に焼きついているのはこの機関車だ。

京都市電

  • 2607
    京都へ行くと市内の移動はたいてい市電だった。 市電だと京都初心者にもわかりやすかった。 たまにバスに乗るとぐるっと市内の引き回しにあったり、とんでもない方向へ走ったりと痛い目に会ったからだ。

きーんてーつ特急

  • Photo_11
    70年代の近鉄特急の白黒写真を集めてみました。点数も少なく恐縮ですが、関西には少ない観光特急の雰囲気だけでも伝えたい。おまけにあおぞら号も何枚か。

近鉄、ちょっと前の車両たち

  • 1413
    1980年代に撮った近鉄の一般車両の中からチョイスしてみた。少し小さいというだけで、なんだか親しみを感じる車両の面白さもある。

野上電鉄、廃止3週間前

  • キハ28
    1994年3月末をもって廃止された野上電鉄を、廃止3週間前に友人の2Aカレチさんと訪れた。併せて周辺の鉄道へも足を運んだので、藤並駅でみた有田鉄道のキハをおまけに追加した。

阪神5314F 愛

  • Img_6204
    阪神電車最古参の5314Fは5550Fの新規参入によっていよいよ引退の時期を迎えた。この前パン貫通幌を持つ古き阪神電車の顔を残す編成を追いかけた。

ゴハチ

  • 16ef58
    今も人気のEF58ばかりを集めました。近所鉄の西宮、武庫川をはじめ大阪駅、少し遠くて下関。元気にゴハチが走り回っていた時代がありました。

琴電 旧型車を並べて

  • Img_0059
    平成10年から出張が多かった四国ですが、何回かは高松に足を運んで琴電を追いました。古い写真がなぜか見つからないので、旧型車が消える数年前からのものばかりです。

RRE様HP掲載一覧

  • 0001601
    ブログ開設以前はRREさんの掲示板への投稿を続けていました。ここに、その投稿画像をまとめましたので、ご笑覧いただければと思います。

島原鉄道2007

  • Img_2046
    去年の3月に出○ついでに諫早駅周辺、島原鉄道、足を少し伸ばして長崎電軌を訪問しました。島原鉄道の一部廃止は残念です。

JR九州の車両たち、諫早駅周辺

  • Img_2023
    ラストランブームになったなは/あかつきもこのころは全然注目されず。九州はいろんな列車があって楽しめます。

長崎は今日も雨

  • Img_2117
    長崎ではすごい雨にあいました。それにもめげず、撮り鉄に励んできました。

名鉄瀬戸線

  • Img_1926
    名鉄瀬戸線に6750系という大手私鉄最後の吊りかけ車が走っていると聞いて訪問しました。2008.03.24

惜別 0系新幹線 

  • 01 相生駅 0系の横顔
    いよいよ平成20年11月末に引退する0系新幹線。山陽路で活躍していた近年の記録です。

四国の気動車

  • 四国は今でも気動車の天国です。その中でも、普通車の運用に供せられる車両を集めてみました。普通車だけにDCより気動車という言い方が似合います。

名鉄にあったレールバス

  • 到着したレールバスからの乗り換え
    名鉄の三河線、猿投の先には西中金まで延びる単線があり、そこには今ではその姿をほとんど見ることが出来ないレールバスがひっそりと走っていました。1987年4月、2Aカレチさんと訪れた記録です。

名鉄揖斐線

  • 512号車内
    1987年4月に2Aカレチさんと名鉄を訪れました。 揖斐線は一時下車した美濃北方駅と黒野駅での写真です。

名鉄の旧型車

  • 103763
    1987年4月 2Aカレチさんと一緒に名鉄を訪れました。 名鉄の本線あたりでもまだまだ吊り掛け車が走っていました。

名鉄岐阜市内線

  • 08
    1987年4月、2Aカレチさんと名鉄を訪れた。岐阜市内線をとりあえず撮影した後、揖斐線へと向かった。

明延鉱山とともに

  • 04_img_0155
    小学生時代、明延鉱山の学校とクラス同士の文通をした。その場所がどこだか全く知らずに居たが1円電車の存在は知っていた。その地を訪れたのは随分大人になってからとなった。

鍛冶屋線~愛と死をみつめて

  • 09_img_0334
    大正12年に全線が開通した鍛冶屋線はJR後の平成2年、その歴史に幕を下ろした。 また、「愛と死をみつめて」で有名なミコこと大島みち子さんはこの沿線の方で、線路を見下ろす小高い岡の上にお墓がある。

EF65 0番台原色+茶ガマ

  • 103_img_2881
    かつて、全国の直流区間ではおなじみだったEF65の0番台も、今では岡山に集結する11機のみである。そのうち、原色を保っているのはわずか4両となった。

歴史探訪

2020年1月23日 (木)

商店街を抜けて石切さんへ、1/20

Dsc00358  Dsc00359

1月20日はいつもの生駒での野暮用の帰りに石切駅で下車、初めての石切さんへ向かいました。商店が並ぶ通りに入ると、お不動さんや大黒天があったりしていきなりの神様ワールドが広がります。さらに下っていきます。

Dsc00360  Dsc00362  Dsc00361

写真にあるように、占いのお店があっちこっちに。物売りのお店より多いくらいたくさんありました。野田の聖天さんの通りにも占いのお店がありますが、その比ではありません。食べ物屋さんはうどん、そば、丼物、お好み焼きばかりだったでしょうか。狭い通りの両側にびっしりお店が立ち並びます。

Dsc00363  Dsc00364

お店がほぼほぼ落ち着いたところでいよいよ石切さんに到着です。石切さん、本当は石切釼谷神社(いしきりつるぎや)という名前です。鳥居の向こう、参拝を終えてこちらへ向かってこられるような方がおられますが、皆さん、お百度参りの方々で、境内をぐるぐる回っておられました。こんなにたくさんの方々が熱心に回っておられるのは初めて見ましたね。

Dsc00366  Dsc00369

本堂ではスピーカーで祝詞が流されていたり、ゴマだきの経木がたくさん売られていて、熱心にそれに書き込みされている人、次から次へお参りに来られる参拝者、とても賑わっていると言えば語弊があるかもしれませんが、崇高で静謐な場所というよりは、わいわいみんなで盛り上がろうとしているように感じる場所でした。そういう意味では、寅さんが似合うのかもしれませんね。

41hj9t1utkl__sx306_bo1204203200_

本間ひろむ アルゲリッチとポリーニ ショパン・コンクールが生んだ2人の「怪物」 光文社新書/読了・・・・・まさに戦後世界でのピアノの巨人、現役最高の2人の出発点がショパンコンクールでした。とはいっても、もともと持っている資質、その後の音楽の方向は全く異なる2人に光を当てて概説した一冊。この二人、凄いのは昔から知っていたし、演奏のレコード、CDも何枚も持っています。改めて聞きなおしてみようかな。そういえば、アルゲリッチは3月に芸文ホールで演奏会がありますね。しかも、もう一人の同年代の天才、ギドン・クレーメルとの共演です。まだチケットあるかな?

2020年1月22日 (水)

「贋作男はつらいよ」の舞台は石切さんでした

Gansaku  Dsc00346  Dsc00347

テレビのドラマとかはあまり見ないのですが、NHKで「贋作 男はつらいよ」というドラマが放送されているそうです。多分見ないとは思いますが。それより気になるのが、その舞台、男はつらいよでは東京・柴又ですが、今回のドラマでは、東大阪の石切さんだという事です。ということで、1月20日、いつもの生駒での野暮用の帰りに途中下車して行って来ました。

Dsc00349  Dsc00348  Dsc00351

近鉄石切駅を降りて、石切さんの方へ向かいます。何気に、いしきりさんは駅から山の方へ向かうと思っていましたが、逆に下っていくという事を下車して初めて知りました。予習も何もしていませんでしたから。灯ろうが並ぶ線路沿いに南へ向かい、どん突きの交差点を西へ折れると、「ようこそいしきりさんへ」という門が迎えてくれました。

Dsc00356  Dsc00355  Dsc00357

広い道路へ出る直前に日本で三番目、石切大仏なるものがありました。なにが三番目なのでしょうね。その西側には、目を疑うような建物がありました。レストランのようですが、こんな宙に浮いたところでは安心して食べることもできませんが。道を渡ると、石切参道商店街の看板がありました。これからいよいよ雰囲気が盛り上がるようです。つづく。

2020年1月20日 (月)

あびこ観音

Dsc00344  Dsc00337  Dsc00339

1月13日は阪和線の杉本町で久しぶりに紀勢線方面の特急などを撮影した後、帰りは御堂筋線あびこ駅まで歩いて地下鉄で帰ることとしました。あびこ駅の近くまでくるととても高く鬱蒼とした森が見えたので行ってみると、そこがあびこ観音でした。南門から入るとそこには江戸時代の好みを反映した大きな本堂がありました。

Dsc00340  Dsc00342_20200120062601  Dsc00343

まだお正月の雰囲気も漂わせ、境内には多くの参拝客でにぎわっていました。小さな池には見事な錦鯉も!また、境内には大きな楠木が何本も有ってこれも見事なものでした。あびこ観音へ来たのは初めてですが、実は日本で最初の観音さんとか、また江戸時代にはめちゃくちゃ大きな寺域を持っていたなど、改めてその大きさを知りました。

あびこ観音 ⇒ あびこ山大聖観音寺(観音宗総本山)は、今から千四百二十余年前(西暦546年)に創建された日本最古の観音霊場で、御霊験あ らたかな御本尊の聖観世音菩薩は、身の丈一寸八分の 仏様です。 伝統行事の節分大法会には厄除開運・諸願成就等の祈願に、毎年、無慮百萬を超える大群衆が詣でられております。       

Dsc00341  Dsc00345

帰りは西門から出て駅へ向かいました。途中にあびこ会館という建物がありました。地域の公民館みたいなものでしょうか。昭和20年の太平洋戦争末期の築造という事です。この町はあびこ観音を中心として発展したようですね。まだまだ知らない大阪がありました。

2020年1月11日 (土)

塩屋から須磨へ歩く

Dsc00238  Dsc00240  Dsc00239

1月8日は低気圧通過に伴う強風の中、塩屋へ撮影ポイントを確認に行きましたが、個人宅からのアングルだったのであえなく没➷。塩屋から須磨まで歩いて帰ることにしました。須磨浦公園へかかると敦盛塚があります。源平合戦で散った平敦盛の首塚です。今でも花が絶えませんね。

Dsc00241  Dsc00242  Dsc00243

すこし歩くと山陽電車の須磨浦公園駅があります。春にはここでお花見する計画があります。周囲にお店とかないので、事前に酒、肴を確保しておく必要がありますね。さらに進むと阪神淡路大震災で基壇から落下した石の地球儀がそのままにされてモニュメントとなってました。反対側には落下しなかった地球儀がありました。

Dsc00244  Dsc00245  Dsc00246

須磨駅に到着しました。駅前にある酒屋を覗くと倉敷の酒蔵、十八盛の純米しぼりたて、無濾過生原酒があったので迷わず買いました。昨夜これを呑んでみると、濃厚な純米生酒の感じはあるのですが、すこし喉に引っかかる雑味があったりしてなかなか満足できるものではなかったですね。この蔵の純米吟醸があまりに素晴らしいので期待しましたが、これが日本酒の難しいところです。

2020年1月 9日 (木)

京都 山科を歩く その4

Dsc00213

1月5日は京都は山科を歩きました。醍醐寺周辺を歩いた後、地下鉄山科駅まで来ました。駅から地上に上がったところがもう旧東海道です。しかし、どうも信号機がないということで通り抜けの裏道となっているようで車が多い!たまたま車が写らないカットが撮れました。

Dsc00215  Dsc00219

山科駅の東側、500mほどのところに山科地蔵を収める六角堂があります。いかにも江戸時代の建物という感じの重厚な作りです。ここにいると時代が200年くらい戻ったような錯覚に陥ります。井戸や牛馬の水飲み場もそのまま残っています。

Dsc00223  Dsc00225  Dsc00226

旧東海道を今度は西へ向かいます。今の三条通りと合流する地点のすぐ近くに天地天皇陵があります。庭園のような入り口を入るとそこからずんずんと奥まで導かれます。ずいぶん歩いたところに天皇陵の拝所と碑がありました。今まで見た天皇陵で一番長い参道?って言うのかな、奥へ導かれる動線でした。

Dsc00229  Dsc00231

その後は、天地天皇陵から10分ほどのところにあるお知り合いの方のケーキ屋さん(木金土のみ開店、この日はお休みでした)の場所を確認し、京阪三条から四条河原町まで歩きました。途中、雰囲気のある先斗町を通り抜けましたが、まだ早い時間だったこともあり、人通りは少なかったですね。

51bw9l8hxcl__sx298_bo1204203200_

小泉武夫 小泉教授が選ぶ食の世界遺産 日本編 講談社文庫/読了・・・・・・著者のことですから、発酵食品の食に関することではありますが、独自の視線でみた日本の食の大切さを世界遺産という事で選抜して紹介しています。実はこの後、納豆に関する同じ著者の本を読んでいるところなので、発酵食品に対する並々ならぬ関心と意欲が伺えます。それにしても世界の中でも日本独自の食へのアプローチが多すぎて驚きます。

2020年1月 8日 (水)

京都 山科を歩く その3

1月5日は、京都山科を歩きました。京阪六地蔵駅から北上して醍醐寺へ、さらに北へ上がりました。

Dsc00198  Dsc00200

醍醐寺の仁王門前を北上していくと、住宅街の間に朱雀天皇陵への道がありました。50メートルほど奥へ行くと天皇陵に行きあたります。朱雀天皇は醍醐天皇の皇子で、在位していたのは平安時代中期の10世紀前半、平将門の乱や藤原純友の乱、そのころですね。

Dsc00202  Dsc00203

さらにすこし北へ歩くと醍醐天皇陵があります。10世紀初頭から34年の在位があり、数々の業績を上げる治政を施したので延喜の治(えんぎのち)として理想化されたとありますが、一面、藤原氏の台頭のきっかけとなる昌泰の変(しょうたいのへん)、菅原道真を太宰府へ左遷するなど、そういう時代の天皇です。また、この天皇陵は、醍醐寺がずっと管理というか見ていたため、被葬者が醍醐天皇と確定されている御陵でもあります。

Dsc00205Dsc00204

その醍醐天皇陵の周囲はこんな感じです。盛り上がった部分があまりない円形墳です。その周りはずらっと住宅街です。さて、ここからは西へ向かいます。

Dsc00208  Dsc00209

西へ向かい道路を渡った先にあるのが随心院です。今回は時間の関係もあって中には入りません。襖絵や庭園が有名だそうですが、次の機会にしたいと思います。

Dsc00210  Dsc00212

随心院の方丈の前には小野小町の歌碑がありました。このあたり一帯が小野という地名で、小野小町のゆかりがこの寺に伝えられているそうです。その西の門を抜けて、地下鉄の小野駅に向かいます。ここから一気に山科駅へワープします。

2020年1月 7日 (火)

京都 山科を歩く その2

Dsc00188  Dsc00190  Dsc00192

京阪宇治線の六地蔵から歩きはじめ、JR六地蔵駅からどんどん北上します。途中、やはり見るほどの場所はなかったようです。そして、ようやく醍醐寺に到着しました。ここまで結構な距離を感じました。実際に人を案内するときは地下鉄の六地蔵駅から醍醐駅までは電車利用ですね。

醍醐寺、初めて来ましたがめちゃくちゃ広そうです。今回は素通りでしたが、醍醐寺、三宝院と併せて回ると1時間で足りるかどうか。三宝院の入り口の隣にはキンキラの唐門がありました。国宝に指定されています。

Dsc00193  Dsc00194  Dsc00195

醍醐寺境内をさらに進むと大きな仁王門がありました。ここから先は拝観料が必要ですので、今回は入りません。平安後期の制作年代がわかっている仁王像という事です。そのほか醍醐寺には見どころが多いようなので、皆さんを案内するときまで楽しみを取っておきましょう。次はここからさらに北へ向かいます。

71n8tjpn6l

鯨統一郎 文豪たちの怪しい宴 創元推理文庫/読了・・・・・・・・文学界の重鎮という教授がたまたま立ち寄ったバーで、女性のバーテンダー、ふらっと訪れた客に、漱石、太宰、宮澤賢治、芥川の作品の解釈について喧々諤々の議論。この本の前に読んでいたバーのカクテルの紹介もかぶっていたりと、ご縁が続いていて面白かったです。鯨くん久々の快作でした。

2020年1月 6日 (月)

京都 山科を歩く その1

Dsc00177  Dsc00174

昨日1月5日は、もうそろそろ動き出さないと身体がなまってしまいそうだったので、カメラを持って京阪六地蔵駅まで行きました。ここから山科方面に上がっていこうというわけです。京阪電車中書島駅で宇治線に乗り換えて六地蔵駅に到着しました。駅前には普通の京阪バスとは色が異なる京都京阪バスが来ていました。

Dsc00173  Dsc00176

京阪六地蔵駅にアニメ「響け!ユーフォニアム」の看板が立てかけられていました。そう、ここは惨劇にあった京都アニメーションのスタジオがすぐそばにあるのです。その現場を訪れて哀悼のお参りをすることができました。放火された建物は解体作業に入っていました。

Dsc00179  Dsc00181

そこからすこし北へ歩くとJR奈良線が走っています。しばらく線路端にいてみやこ路快速と205系の普通を撮影できました。この線路の北側に沿って複線化工事が進んでいます。今回の第2期複線化工事が完成すると京都から玉水までがすべて複線化されることになるようです。

Dsc00183  Dsc00187  Dsc00186

JRの六地蔵駅に来ました。小さな駅ですが改札横にコンビニ系のキオスクがあって便利ですね。ここを起点とした歴史探訪コースを考えるのが良いようです。実はここから次に目指すところまでは目立った史跡がないのですが、実際にないことを確かめるために歩いて北上しました。その間にあったのは、この善願寺、腹帯地蔵と呼ばれる地蔵菩薩があるお寺くらいでした。さて、ここからさらに歩きます。

B19c02294ll1

太田和彦 Barへ行こう。 大人の愉しみはここにある ポプラ新書/読了・・・・・・居酒屋通の著者によるバーの入門書&レシピ&バー小話をまとめた一冊。バーというとすこし気取った酒場、でしょうか。スナックやカラオケに行くよりもずいぶんといいと思いますが、客の方もそれなりに修行が必要になってくるでしょう。何を頼んだらよいのかもわからないし、知ったかぶりもすぐに見破られそうだし、なにか自然体になっていくしかないようですね。それにしても、バー小話はなんだか男に都合の良い展開ばかりだったかも、笑。

2019年12月29日 (日)

北摂池田を歩く 12/27

Dsc00045 

12月27日は所用の為、阪急池田駅で下車しました。この駅で降りることって滅多にないことです。約束の時間まではずいぶん余裕があったので、しばらく町をうろうろすることにしました。

Dsc00046  Dsc00047

駅の北側に伸びる商店街を抜けたところに北摂の銘酒として有名な呉春を醸す酒蔵がありました。立ち寄れるようなショップも無く、蔵の回りをぐるりと歩いて今度は東に進むと逸翁美術館がありました。阪急電車の創始者小林一三が所蔵した美術品を中心に展示している美術館です。

Dsc00048  Dsc00049

逸翁美術館からさらに東へ向かうと小林一三の旧宅である記念館があります。もともとはここに美術館がありました。その一角に、能勢から移築したという豪壮な門がありましたが、美術館同様、今年の営業は終了してました。

Dsc00058  Dsc00053  Dsc00052

さて、さらに東へ向かうとこの界隈で最大の規模となる前方後円墳、茶臼山古墳があります。昭和30年代に調査が行われ保存されましたが、近年整備が進み、きれいな姿となりました。

Dsc00054  Dsc00055

茶臼山古墳の後円部の頂上に登ると、そこからは360度の絶景を見渡すことができました。西は甲山、六甲連山を、北は五月山から宝塚中山あたりの北摂の山々を望めます。風は強く寒かったですが、しばらくの間、素晴らしい景色を堪能しました。

2019年12月21日 (土)

柏原市を歩く 続き

Dsc09972  Dsc09974

先日の柏原市を歩くの補完でもう一度12月19日に行ってきました。今度は近鉄の河内国分駅から歩いて玉手山の北辺を歩いて回り、安福寺の境内の撮影とその付近にある横穴墓を見ました。やはりおどろおどろしいこと、この上ないですね。

Dsc09975  Dsc09976

さて、このコースは来年2月にお誘いしてご案内しようと思っていますので、まずはお昼ご飯のお弁当が食べられる場所として、玉手山公園を見てきました。子供公園のようなところですが、トイレもあって広々としたところです。晴れたらいいね、と言っておきます。その近くには鎌倉時代の屋敷跡、国分遺跡がありました。今は中学校の敷地ですけれど。

Dsc09978  Dsc09979 Dsc09980

それと、柏原市内の方のコースの最後が石川を渡る玉手橋です。これは橋と言っても吊り橋です。立ち止まって欄干を触ってみると静かに揺れているのがわかります。吊り橋を渡るってなんだかわくわくですよね、楽しみのある橋でした。この後、設定しいるコースでは駒ヶ谷の観音塚古墳へと回っていきます。

その他のカテゴリー

2019四国の旅 JR貨物 Jフィル MIZUMO T-ストリングス かぎろひ歴史探訪 その他 みちのくひとり旅 やまとんくらぶ アイチャンオケ アミーキティア管弦楽団 アンサンブル ラ・ピアチェーレ アンサンブル・アルビレオ アンサンブル・コスモリバティ アンサンブル・ジョワン アンサンブル・ツヴァイ アンサンブル・フリー アンサンブル・ミンネン アンサンブル・ヴィオ ウォーキング鉄 オルガンコンサート オーケストラ・アンサンブル・フォルツァ オーケストラ・クラシック オーケストラ・ソノリテ オーケストラ・ノインテ オーケストラ・ブラヴォー! オーケストラ・ポミエ オーケストラ千里山 オーディオ カメラ カンマーフィルハーモニー京都 カンマーフィルハーモニー神戸 クラシックサロン・アマデウス クラシック音楽 クランクレーデ クレセント室内アンサンブル クレー管弦楽団 グッド・シーズン・アンサンブル グルメ コレギウム・ヨハネス コレギウム夙川管弦楽団 シンフォニア・スピカ セント・マーティン・オーケストラ ゾンアーベント・アンサンブル タリヘーレ四重奏団 ダムカード テレマン室内オーケストラ ディスクユニオン ドイツ紀行 ニイジマ・キネン・オーケストラ ニュージーランド鉄道 ハイマート交響楽団 ハイマート合唱団 バス バッハクライス神戸 バンブスアンサンブル パソコン ファゴット・フェスティバル フェニックスフィル フォンス・フローリス古楽院 ブレスシンフォニーオーケストラ プロ野球 ホール・バルティカ ミモザの会 ミュー室内管弦楽団 メイプルフィル ライブカメラ ラグビー ワンコイン市民コンサート ヴェデルニコフ 万葉 三宝鉄道 上甲ウィンドシンフォニー 上甲子園中学吹奏楽部 交響楽団ひびき 京急 京成 京王 京都フィロムジカ管弦楽団 京都プレザントオーケストラ 京都大学交響楽団 京都工芸繊維大学交響楽団 京阪 伊予鉄 伊予鉄道 伊豆急行 信濃の旅 八尾フィル 六甲フィル 兵庫医科大学医療大学合同オーケストラ_ 兵庫芸術文化センター管弦楽団 切符 初演企画 北摂フィル 北総 千里フィルハーモニア・大阪 南海 卯之町 叡山電車 合唱団 名鉄 吹奏楽 吹奏楽団 吹田市交響楽団 四国詣で 土佐くろしお鉄道 土佐日記 土佐電 地下鉄 堺フィル 夢の国 ニュージーランド 大井川鉄道 大阪センチュリー交響楽団 大阪フィルハーモニー交響楽団 大阪フロイデ合唱団 大阪メトロ 大阪モーツァルトアンサンブル 大阪交響楽団 大阪市営交通局 大阪市営地下鉄 大阪市民管弦楽団 大阪芸術大学管弦楽団 天理シティオーケストラ 奈良女子大管 奈良歩き 学園都市交響楽団 宝塚響 富士急行 寝屋川市民管弦楽団 小田急 尼崎市吹奏楽団 尼崎市民交響楽団 尼崎弦楽アンサンブル 居酒屋 山陽 岡山電軌 嵐電 川西市民オーケストラ 幻想フィル 広島電鉄 廃線跡 待兼交響楽団 指揮者 新京成 新幹線 旅行 日本センチュリー交響楽団 最近のCD 最近のLP 東京佼成ウィンドオーケストラ 東急 東武 枚方フィル 樹フィル 武庫川女子大学音楽学部 歴史探訪 水族館 水間鉄道 江ノ電 父親のアルバムから 甲南大学OB交響楽団 甲南大響 甲南女子大学管弦楽団 白黒懐かし画像 相愛フィルハーモニア 相鉄 神戸アンサンブルソロイスツ 神戸大学響 神戸市地下鉄 神戸電鉄 神戸高校OBオーケストラ 福井鉄道 私の名盤シリーズ 箕面コンセルト室内合奏団 紫苑交響楽団 美術 聖ソフィア・バラ合唱団/合奏団 能・狂言 能勢電 芦屋交響楽団 芦屋室内合奏団 若林顕 落語 蒸気機関車 藤井貴宏 街歩き 衣笠交響楽団 西宮交響楽団 西宮探訪 西武 見仏 豊中市民管弦楽団 豊橋鉄道 近江鉄道 近畿フィルハーモニー管弦楽団 近鉄 遠州鉄道 鉄道 長岡京市民管弦楽団 長崎電軌 長楽庵 関西グスタフ・マーラー交響楽団 関西フィルハーモニー管弦楽団 関西医科学生交響楽団 関西大学交響楽団 関西学院交響楽団 関西SPレコード愛好会 阪堺電車 阪急 阪神 阪神タイガース 阪神フィル 静岡鉄道 須磨フィル 飛行機 高松琴平電鉄 高槻フィル 高槻室内管弦楽団 龍谷大学交響楽団 JR四国 JR東日本 JR東海 JR西日本

フォト

掲示板

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

カテゴリー

無料ブログはココログ