国鉄奈良機関区

  • Photo_7
    昭和46年に奈良機関区を訪ねています。変わりやすい天気で、晴れていると思ったら急に雨が降ってきて大変な日でした。

THE 大阪駅~特急編~

  • 16
    中高生のころ、大阪駅はまだ日常の中にはなく、特急列車を撮りに行く特別な場所であった。栄光の時代が残っていた大阪駅に発着する特急列車の姿を封じ込めました。

THE 大阪駅~急行編~

  • 1258
    大阪駅に発着する急行を集めてみました。行き先によっては、ディーゼルカーの急行もあり、思えば楽しい駅だったのですね。ご興味の方は写真帖のずっと下にある「甲子園口急行物語」もご覧ください。

昭和45-47年の天王寺駅

  • キハ58 きのくに
    天王寺駅は単に竜華や奈良方面、阪和方面への乗り換え駅だったが、紀勢線ホームは頭端駅として有名だった。 時折、乗り換えの途中、駅撮りなどしていたようだ。

竜華・昭和46年

  • Photo_3
    昭和46年に数回に分けて竜華へ出陣しています。当時の関西線はローカルそのもの、まだまだ煙も多く残っていました。

甲子園口(その周辺)急行物語

  • Photo_7
    甲子園口西方の踏切があったあたり、そのもう少し西側の日通の倉庫前あたりは友人たちとのたまり場でした。陽が暮れるまで電車の通過を楽しんでいました。

京都駅残照・昭和45年前後

  • Photo_3
    昭和45年当時、京都駅へ行く機会は限られていたが、その中で残していた写真の中からいくつかを抜粋した。 京都の寺社、観光地に興味を持つのはもう少し後になった。

西宮を走った国鉄電車特急・昭和45年頃

  • Photo_2
    国鉄時代、地元西宮でもいろいろな電車特急が走っていた。 そのすべてではないが、手元に残る写真のうちからいくつかを抜粋した。

あぁ上野駅 昭和46年

  • 特急やまびこ
    初めて東京へ行った昭和46年、昔の風情の残る上野駅に間に合いました。

神戸市電 最後の日

  • 星電社前
    1971年3月に神戸市電は歴史を閉じました。その最終日に神戸市内の各所で写真に収めましたが、思えば震災前の神戸の街も封じ込めたことになりました。

東海道のんびり行

  • 24
    昭和49年5月に、当時まだ走っていた急行桜島・高千穂に乗って、のんびり東海道を東上しました。そのときの車窓風景をまとめました。

京阪滝井駅 昭和50年

  • Photo_2
    京阪電車は今年、中ノ島新線の開通や電車の塗装変更、さらに往年の名特急1900系の引退と話題に事欠きませんが、ごく普通に走っていた昭和50年の滝井駅の様子はこんな感じでした。

昔日の近江鉄道

  • Photo_4
    近江鉄道は、学生時代からの万葉旅行会で近江蒲生野へ行くときに撮影した程度だった。これはその一連の名残である。 「茜さす紫野行き標野行き野守りは見ずや妹が袖ふる」

マンモス機 EH10

  • 04
    国鉄が作った最大最強のマンモス電気機関車EH10。 今でこそ、8軸の電機はいろいろあるけれど、目に焼きついているのはこの機関車だ。

京都市電

  • 2607
    京都へ行くと市内の移動はたいてい市電だった。 市電だと京都初心者にもわかりやすかった。 たまにバスに乗るとぐるっと市内の引き回しにあったり、とんでもない方向へ走ったりと痛い目に会ったからだ。

きーんてーつ特急

  • Photo_11
    70年代の近鉄特急の白黒写真を集めてみました。点数も少なく恐縮ですが、関西には少ない観光特急の雰囲気だけでも伝えたい。おまけにあおぞら号も何枚か。

近鉄、ちょっと前の車両たち

  • 1413
    1980年代に撮った近鉄の一般車両の中からチョイスしてみた。少し小さいというだけで、なんだか親しみを感じる車両の面白さもある。

野上電鉄、廃止3週間前

  • キハ28
    1994年3月末をもって廃止された野上電鉄を、廃止3週間前に友人の2Aカレチさんと訪れた。併せて周辺の鉄道へも足を運んだので、藤並駅でみた有田鉄道のキハをおまけに追加した。

阪神5314F 愛

  • Img_6204
    阪神電車最古参の5314Fは5550Fの新規参入によっていよいよ引退の時期を迎えた。この前パン貫通幌を持つ古き阪神電車の顔を残す編成を追いかけた。

ゴハチ

  • 16ef58
    今も人気のEF58ばかりを集めました。近所鉄の西宮、武庫川をはじめ大阪駅、少し遠くて下関。元気にゴハチが走り回っていた時代がありました。

琴電 旧型車を並べて

  • Img_0059
    平成10年から出張が多かった四国ですが、何回かは高松に足を運んで琴電を追いました。古い写真がなぜか見つからないので、旧型車が消える数年前からのものばかりです。

RRE様HP掲載一覧

  • 0001601
    ブログ開設以前はRREさんの掲示板への投稿を続けていました。ここに、その投稿画像をまとめましたので、ご笑覧いただければと思います。

島原鉄道2007

  • Img_2046
    去年の3月に出○ついでに諫早駅周辺、島原鉄道、足を少し伸ばして長崎電軌を訪問しました。島原鉄道の一部廃止は残念です。

JR九州の車両たち、諫早駅周辺

  • Img_2023
    ラストランブームになったなは/あかつきもこのころは全然注目されず。九州はいろんな列車があって楽しめます。

長崎は今日も雨

  • Img_2117
    長崎ではすごい雨にあいました。それにもめげず、撮り鉄に励んできました。

名鉄瀬戸線

  • Img_1926
    名鉄瀬戸線に6750系という大手私鉄最後の吊りかけ車が走っていると聞いて訪問しました。2008.03.24

惜別 0系新幹線 

  • 01 相生駅 0系の横顔
    いよいよ平成20年11月末に引退する0系新幹線。山陽路で活躍していた近年の記録です。

四国の気動車

  • 四国は今でも気動車の天国です。その中でも、普通車の運用に供せられる車両を集めてみました。普通車だけにDCより気動車という言い方が似合います。

名鉄にあったレールバス

  • 到着したレールバスからの乗り換え
    名鉄の三河線、猿投の先には西中金まで延びる単線があり、そこには今ではその姿をほとんど見ることが出来ないレールバスがひっそりと走っていました。1987年4月、2Aカレチさんと訪れた記録です。

名鉄揖斐線

  • 512号車内
    1987年4月に2Aカレチさんと名鉄を訪れました。 揖斐線は一時下車した美濃北方駅と黒野駅での写真です。

名鉄の旧型車

  • 103763
    1987年4月 2Aカレチさんと一緒に名鉄を訪れました。 名鉄の本線あたりでもまだまだ吊り掛け車が走っていました。

名鉄岐阜市内線

  • 08
    1987年4月、2Aカレチさんと名鉄を訪れた。岐阜市内線をとりあえず撮影した後、揖斐線へと向かった。

明延鉱山とともに

  • 04_img_0155
    小学生時代、明延鉱山の学校とクラス同士の文通をした。その場所がどこだか全く知らずに居たが1円電車の存在は知っていた。その地を訪れたのは随分大人になってからとなった。

鍛冶屋線~愛と死をみつめて

  • 09_img_0334
    大正12年に全線が開通した鍛冶屋線はJR後の平成2年、その歴史に幕を下ろした。 また、「愛と死をみつめて」で有名なミコこと大島みち子さんはこの沿線の方で、線路を見下ろす小高い岡の上にお墓がある。

EF65 0番台原色+茶ガマ

  • 103_img_2881
    かつて、全国の直流区間ではおなじみだったEF65の0番台も、今では岡山に集結する11機のみである。そのうち、原色を保っているのはわずか4両となった。

歴史探訪

2020年9月10日 (木)

高槻を歩く 今城塚付近の古墳

Dsc04489  

9月5日は、高槻にある継体天皇の陵墓とほぼ推定されている今城塚古墳を見た後、その付近にあるいくつかの古墳を回りました。今城塚のすぐ北側にある前塚古墳です。今城塚古墳の陪塚と考えられていますが、田んぼと駐車場に接していて手入れがされている様子はありません。

Dsc04491

そこから坂を登って行った先に、郡家車塚古墳があります。今城塚古墳の古代歴史館で頂いた地図を参考に歩きましたが、案内の標識もなく、ネットのサイトで確認しながら、これだろうというところに行きつきました。あるサイトではこれが郡家車塚古墳としているので、そうなのでしょう。住宅に半分くらい削られていて原型は分かりませんでした。

Dsc04493  Dsc04494

名神高速道路を越えて行った先に二か所古墳があるようなので、それを目指しました。こんもりとした岡と住宅地の端っこにあるのが、岡本山古墳のようです。古墳に上がっていくであろう階段がありましたが、その先には進めませんでした。位置としては、この先のようです。

Dsc04495  Dsc04496

さらにその北側に弁天山古墳がある岡がありました。ここには浄水場があるようで、敷地内へ入ることはできませんでした。それにしても、これらの古墳については、道標もなければ、そこに古墳があるという看板もありません。地図を見ながら歩くしかありませんでしたし、行った先の古墳がありそうな場所も荒れていましたね。

Dsc04497  Dsc04499  Dsc04503

気を取り直して、宮内庁が継体天皇陵として治定している古墳へ向かいます。今城塚古墳からは西側に数キロ行ったところになります。遠くからでも前方後円墳らしい姿を望むことができます。近くまで来ても、墳丘が大きいのと、全体を見渡せる場所がなかなかなかったことで、こんな写真しか撮れませんでした。拝所へ回って、ここへやってきた挨拶を送って帰路に着きました。

2020年9月 9日 (水)

高槻を歩く 今城塚古代歴史館

Dsc04474  Dsc04475

9月5日に訪れた高槻の今城塚古墳に隣接して、今城塚古代歴史館という古墳からの出土物などを収めた博物館がありました。とても立派な建物です。入ったところにワイドスクリーンがあって、歴史の解説をしていました。

Dsc04477  Dsc04476  Dsc04478

並んでいるものは、鉄製の甲冑、鏡、装身具など。これらがわかりやすく展示されていますが、ほとんどは複製品ではなく、本物の出土物なのです。とてもきれいな出土物ばかりなので、どうなのかなと思って見ていましたが、本物の迫力を感じました。

Dsc04480  Dsc04482  Dsc04481

本物は、埴輪でも見られました。円筒埴輪、家型埴輪、そして兵士の姿を写した人型埴輪など、とても精緻な作り方がされています。さらに、展示物への光の当て方が良いのか明るく浮かび上がっていて、見やすい展示でした。

Dsc04483  Dsc04486

人型埴輪でも、いろいろなパターンがあり、見ていて飽きることはありませんでした。さらに大きな石棺、さすがにこれは複製品でしたが、本物に使われていたものと同じ石材で作るなど、できるだけ同じものに近い作り方をされているようです。他所でこのような博物館もいくつか見ましたがとても丁寧な解説と心配りされた展示の方法はレベルの高さを感じました。

51zkxhhtsnl__sx313_bo1204203200_

清家弘治 海底の支配者 底生生物 世界は「巣穴」で満ちている 中公新書クラレ/読了・・・・・・・・・・・底生生物、ベントスとも言いますが、お仕事では淡水域のベントスとかはおなじみでしたが、当然海の方が広いし種類も多いですね。しかも、深海に生息するベントスの生態について解説しているというとてもコアな一冊です。深海生物好きにとっては、一つ一つの章を読み進めるごとに、新しい世界を見せてくれて面白い本でした。巣穴の型とりはその手順やその成果が面白さの極みでした。

2020年9月 8日 (火)

高槻を歩く 今城塚古墳

Dsc04454  Dsc04455  Dsc04456

9月5日に高槻を歩いて到着したのは、今城塚古墳でした。種々の調査により、ほぼ天皇級の古墳であると推定されているものの、宮内庁の治定を受けていないため、発掘調査や立ち入りが可能な唯一の古墳となっています。では入っていきましょう。

Dsc04460  Dsc04467  Dsc04466

ただ、墳丘長が190メートルもある巨大な古墳ですから、その全体を写すことはできません。中に入って行っても、どこを歩いているのか、わかりません。いくつかの散策ルートがあり、ポイントごとに解説のプレートが置かれています。いま古墳のどこにいるのかわかるようにしてほしかったかも。古墳を外から見てみると、張り出し部分や、堤の断面とかも再現されています。

Dsc04470  Dsc04468_20200908062701  Dsc04472

注目は、かつて配置されていたであろう埴輪列が再現されていることでしょうか。神戸市垂水の五色塚古墳でも円筒の埴輪列が再現されていますが、ここは数量が格段に多いです。それは、この古墳から近いところに埴輪を作る工場があったことがわかっているからです。さすが、継体天皇の御陵と言われているだけのことはありそうです。この古墳公園には古代歴史館という博物館があるのでそちらへ行ってみましょう。

2020年9月 6日 (日)

高槻を歩く 摂津富田駅から出発

Dsc04444  Dsc04440

昨日、9月5日は朝からすっきりと晴れたものですから、これはもうカメラを持って出かけるしかありません。かといって撮りたいものもなく、仕方なく最近関東の友人が行っているような古墳散策を目指しました。着いたのは、摂津富田駅です。ここではまず駅の屋根を支えている支柱に注目です。

Dsc04441  Dsc04442  Scan21920

この駅の上下のプラットホームの屋根を支えている支柱は、明治の初め、イギリスから輸入された古レール、それもお金のなかった当時、上下を入れ替えて使うことができる双頭レールというものが使われているのです。まずはそれをチェックしておきます。2枚目の写真はブレブレだったので、古い写真を加えました。断面の形状がわかるでしょうか。

Dsc04446 Dsc04448

改札を出ると、はにたんというマスコットがお出迎えです。もう古代の感じが漂ってきます。駅舎は比較的新しいものでした。さて、ここから歩きます。9月だというのに、晴れすぎて暑いです。

Dsc04452  Dsc04453

女瀬川(にょぜがわ)に沿って車がやってこない道を上がってきます。15分ほど歩いた所に、突然視界が広がって最初の目的の古墳が目に入ってきました。さて、中へ入っていきましょう。⇒続く

2020年8月 9日 (日)

天六 大阪くらしの今昔館

Dsc04018

8月3日は、天満橋で鳥取空港の写真展を見た後、天神橋筋商店街の北のどんつき、天六にある大阪くらしの今昔館へ行ってみました。ここへは以前から行ってみたかったのですが、天六ってなかなかそのためだけに出かけるのもおっくうな場所でしたから足が向きませんでした。地下鉄の天六の駅の真上にありました。

Dsc04022  Dsc04023

入場するとエスカレーターで上の階へと運ばれ、そこから降りてきながら、各ブースを回るという海遊館式のルートになっています。上がったところから、江戸時代、1830年代の大阪の町屋の建物が見えるということになっています。桂米朝さんの声で解説されますので、それだけでほっこりします。大阪の町は瓦屋根が多かったようです。

Dsc04039  Dsc04029

下の階におります。先ほど見下ろした町屋の中にいることになりますが、15分ほどでしょうか、昼から夕方、夜へと時間が動いていきます。これは同じ風景でも様子がすっかり変わっていくので面白かったですね。夜には天神祭の花火が上がります。

Dsc04037  Dsc04035_20200809071101  Dsc04041

家々の中も当時の商家の様子が再現されています。また天神祭の日を再現しているので、いろいろな飾り物が展示されていて、その凝ったつくりに感心させられます。布団屋さんの宝船、呉服屋の飾り獅子だったでしょうか。

このほかにも、その後の大阪の発展、歴史がジオラマや画像などで紹介されていて、見所満載の大阪くらしの今昔館でした。

2020年3月26日 (木)

天王寺界隈の寺社を歩く

Dsc01530  Dsc01541  Dsc01544

3月7日は、夕方から天王寺で会合があったため、早めに出かけて南海電車、阪堺電車と撮影したのち、ようやく天王寺までやってきました。阪堺線の恵美須町から歩いてやってきたのは、安居の天神さん、安居天満宮です。ここは真田幸村の最後の地と伝えられているところで、境内には幸村の像もありました。

わたくし的にはこれから向かう一心寺とともに落語の天神山の舞台として、一度は訪れたいと思っていたところです。

Dsc01533  Dsc01534  Dsc01535

安居の天神さんの南向かいには大きな建物が並ぶ一心寺があります。安居天満宮とは違って多くの人でにぎわっていました。山門にしても現代アートのようで、なかなか迫力を感じます。納骨堂には線香の煙が立ち込めていました。

Dsc01551  Dsc01554  Dsc01561

一心寺から東へ向かい、四天王寺へ到着しました。南大門から見ると、中門、五重塔、金堂、講堂が一直線に並んでいる様子がうかがえます。いわゆる天王寺様式です。これらは戦災で焼失したため戦後の建築ですが、中心伽藍の背後にある六時堂は江戸時代初期の建築で重要文化財です。というか前にある亀の池の方が有名かも。

夕方からは、天王寺駅構内にある酒蔵直営の立飲み、裏天王寺の居酒屋さんなど、天王寺の町呑みを楽しみました。

71jv29fokql

平山三郎 百鬼園先生雑記帳 附・百閒書簡註解 中公文庫/読了・・・・・・・・・・・阿房列車でおなじみのヒマラヤ山系こと平山氏による内田百閒の普段の生活、交遊関係のこと、阿房列車の小遣い帳、漱石との逸話、百閒から来たはがき、書簡についての註解はまた面白く拝見しました。戦後のお正月、多くの方の年始を10日間ほどに分けて受け付けていたのが面倒になり、ホテルでの大宴会に変えたという話し、それが誕生日パーティにもホテルでの会食となり、映画「まあだたよ」で描かれています。会の名称、摩阿陀会(まあだかい)とはしゃれてますよね。

2020年3月11日 (水)

向日丘陵の古墳を歩く その3

Dsc01179  Dsc01180

2月22日は、向日丘陵の古墳を歩くというスタンプラリーに参加し、向日市内を巡りました。その途中、竹の子山椒煮という文字が。ちょいとお店を覗きましたが、とてもおいしそうでした。歩き始めだったので、今回はパスしましたが、次の機会には買ってしまいそうです。さらに、とても感じのよいケーキ屋さんもありました。

Dsc01198  Dsc01202  Dsc01205

さて、古墳を巡る道がとても印象的でした。道の両側に広々とした竹林が広がっていたのです。京都 乙訓の竹林ですね。竹林の道を歩くと何とも言えない静粛さを感じます。ここだけ、この日の天気、雨が似合いましたね。

Dsc01219  Dsc01221

古墳を巡る道の途中に、地元の鎮守社になるのでしょうか、式内社でもある向日神社がありました。とても立派な神社でした。天気が良ければうろうろしたのでしょうが、雨が一層強くなってきました。

Dsc01226  Dsc01227  Dsc01228

向日市内を巡って、阪急西向日駅近くへ来ました。この駅の近くには長岡京の発掘調査で都の中心に当たる建物、朝堂院が見つかったとする石碑がありました。その向かいにはその朝堂院跡を再現した公園が整備されています。朝堂院が見つかったことから大極殿が発掘され、長岡京の全容解明の糸口となりました。そして、ここが、スタンプラリーのゴールでした。終わり。

2020年3月10日 (火)

向日丘陵の古墳を歩く その2

Dsc01195  Dsc01196

2月22日は、京都の向日市にある向日丘陵に点在する古墳を巡るスタンプラリーに参加してきました。まずは物集女車塚古墳へ行き、特別公開されていた石室の中を見ることができました。そこから歩いてルートにある古墳を巡ります。

まず、お墓の中にある南条古墳を訪れました。古墳時代中期(5世紀)の円墳です。

Dsc01203  Dsc01204

さらに歩いて寺戸大塚古墳を訪れます。柵の中にあり、普段は敷地の中に入ることはできませんが、この日は敷地へ入れました。ただ、奥に入れるかなと思ったところで道は途切れていました。

Dsc01208  Dsc01209

次に、桓武天皇皇后陵に行きます。ここは宮内庁管理の陵墓であり、ちゃんとした拝所がありました。この辺りを散策、ランニングするためのトリムコースが設けられています。実はこの道が大変すばらしいのです。これは明日のブログで紹介予定です。

Dsc01212  Dsc01213

次いで、五塚原古墳を訪れます。この古墳は時代が古く、古墳時代初期(3世紀)の前方後円墳です。この辺りは池の周り全体が公園域になっているのですが、千年の台風の影響で立ち入りができなくなっています。大阪府内では順次回復の整備が進んでいたのに、京都府内は遅いのかなぁ。本来なら古墳の頂上にも行けたようです。

Dsc01217  Dsc01218

最後に丘の上にある元稲荷古墳へ行きました。このころはもう本格的な土砂降りになっています。なんで、傘差しながらこんな雨の中を、それもかなりな勾配を上がってきて歩いてるんやろうと思いつつでしたが、とにかく予定していたコースを歩きました。この古墳の周りは公園になっていてトイレもありました。

さて、明日はとても素晴らしい道や長岡京の遺跡を紹介します。このコースはいずれ、かぎろひ歴史探訪・番外編で回りたいと思っています。

2020年3月 9日 (月)

向日丘陵の古墳を歩く その1

Dsc01176  Dsc01178  Thumbnail_image1_20200309063001

先月、2月22日は今一つの天候でしたが、向日市で「向日丘陵を歩く」と題するスタンプラリーがあり、珍しい古墳が公開されるということでしたので、出かけてきました。阪急京都線東向日駅前でスタンプラリーの冊子をいただき、歩き始めます。

Dsc01181  Dsc01184  Dsc01182

一番初めにやってきたのが、物集女車塚(もずめくるまづか)古墳です。6世紀中ごろ、古墳時代後期の全長46メートルの前方後円墳です。きれいに整備されていて、敷地に立ち入ることができます。この古墳の石室が特別に公開されていました。

Dsc01183  Dsc01189  Dsc01192_20200309063001

この古墳の脇には、石室内にたまった雨水を外へ排水する排水溝が現存し、今もその役割を果たしています。とても貴重なものを見た気がします。羨道は一度解体されて組みなおされるという工事を経ています。その奥に石室がありました。中には家型石棺があり石室の見事な石組を見ることができました。

雨が落ちてきましたが、次を目指してさらに歩きます。

51gee9tq8il__sx298_bo1204203200_

小泉武夫 これがC級グルメのありったけ 新潮文庫/読了・・・・・・・・・・味覚人飛行物体を自認される小泉教授による、ご飯、麺類、納豆、魚料理、肉料理、野菜料理、ア・ラ・カルト、甘味類に分けて、むしゃむしゃ食べる幸福を書き連ねた一冊。しかもC級というくらいですから、安くて、手軽で、おいしいというものばかりを並べつくしています。中には著者によるレシピもついているので、たいへんお得な本とも言えますね。

2020年3月 6日 (金)

佐保川から西大寺へ古墳を歩く

Dsc01386  Dsc01389  Dsc01392

3月1日は佐保川沿いにある河津桜が咲いているとのことで見に行きましたが、まだまだ時間があったので、平城京の北側に点在する古墳を巡ってきました。まずJR奈良線沿いにあるウワナベ古墳です、そして、その西側に隣り合うコナベ古墳へ回りました。

Dsc01396  Dsc01402  Dsc01401

次に仁徳天皇皇后磐之姫陵、ここは二重の周濠になっているので、古墳本体を見ることは困難です。そこからさらに西へ1キロほど歩くと住宅街の中に瓢箪山古墳がありました。ここは、逆に古墳の中に入ることができ、その前方部や後円部に登ることも可能でした。

Dsc01404  Dsc01408  Dsc01413

瓢箪山古墳の西側には、日葉酢媛命陵、佐紀石塚山古墳、高野陵が密集して造られています。それぞれが接してはいるものの、大きな古墳ですから実際はそれらを回るのにはずいぶん時間がかかりました。なんやかんやで10キロほど歩いた後、近鉄西大寺駅から帰途につきました。

516f0p8fijl__sx351_bo1204203200_

風野真知雄 水の城 いまだ落城せず 祥伝社文庫/読了・・・・・・・・・・・・・秀吉の関東征伐、小田原城を攻めたときに、関東一円の支城を総なめにしていくのですが、石田三成が攻めた忍城だけが落ちなかったという史実を生き生きとした視点で描いた一冊。三成が秀吉の水攻めを習って実施したものの、大きな失敗を繰り重ね、小田原城よりも後に開城するに至った有名な話です。文章の達人だと思っている風野真知雄が真剣なビターな風合いで書くと、深くて面白いストーリーになりますね。

その他のカテゴリー

2019四国の旅 JR貨物 Jフィル MIZUMO T-ストリングス かぎろひ歴史探訪 その他 みちのくひとり旅 やまとんくらぶ アイチャンオケ アミーキティア管弦楽団 アンサンブル ラ・ピアチェーレ アンサンブル・アルビレオ アンサンブル・コスモリバティ アンサンブル・ジョワン アンサンブル・ツヴァイ アンサンブル・フリー アンサンブル・ミンネン アンサンブル・ヴィオ インターネット ウォーキング鉄 オルガンコンサート オーケストラ・アンサンブル・フォルツァ オーケストラ・クラシック オーケストラ・ソノリテ オーケストラ・ノインテ オーケストラ・ブラヴォー! オーケストラ・ポミエ オーケストラ千里山 オーディオ カメラ カンマーフィルハーモニー京都 カンマーフィルハーモニー神戸 クラシックサロン・アマデウス クラシック音楽 クランクレーデ クレセント室内アンサンブル クレー管弦楽団 グッド・シーズン・アンサンブル グルメ コレギウム・ヨハネス コレギウム夙川管弦楽団 シンフォニア・スピカ セント・マーティン・オーケストラ ゾンアーベント・アンサンブル タリヘーレ四重奏団 ダムカード テレマン室内オーケストラ ディスクユニオン ドイツ紀行 ニイジマ・キネン・オーケストラ ニュージーランド鉄道 ハイマート交響楽団 ハイマート合唱団 バス バッハクライス神戸 バンブスアンサンブル パソコン ファゴット・フェスティバル フェニックスフィル フォンス・フローリス古楽院 ブレスシンフォニーオーケストラ プロ野球 ホール・バルティカ ミモザの会 ミュー室内管弦楽団 メイプルフィル ライブカメラ ラグビー ワンコイン市民コンサート ヴェデルニコフ 万葉 三宝鉄道 上甲ウィンドシンフォニー 上甲子園中学吹奏楽部 交響楽団ひびき 京急 京成 京王 京都フィロムジカ管弦楽団 京都プレザントオーケストラ 京都大学交響楽団 京都工芸繊維大学交響楽団 京阪 伊予鉄 伊予鉄道 伊豆急行 信濃の旅 八尾フィル 六甲フィル 兵庫医科大学医療大学合同オーケストラ_ 兵庫芸術文化センターワンコインコンサート 兵庫芸術文化センター管弦楽団 写真展 切符 初演企画 北摂フィル 北総 千里フィルハーモニア・大阪 南海 卯之町 叡山電車 合唱団 名指揮者列伝 名鉄 吹奏楽 吹奏楽団 吹田市交響楽団 四国詣で 土佐くろしお鉄道 土佐日記 土佐電 地下鉄 堺フィル 夢の国 ニュージーランド 大井川鉄道 大阪センチュリー交響楽団 大阪フィルハーモニー交響楽団 大阪フロイデ合唱団 大阪メトロ 大阪モーツァルトアンサンブル 大阪交響楽団 大阪市営交通局 大阪市営地下鉄 大阪市民管弦楽団 大阪芸術大学管弦楽団 天理シティオーケストラ 奈良女子大管 奈良歩き 学園都市交響楽団 宝塚響 富士急行 寝屋川市民管弦楽団 小田急 尼崎市吹奏楽団 尼崎市民交響楽団 尼崎弦楽アンサンブル 居酒屋 山陽 岡山電軌 嵐電 川西市民オーケストラ 幻想フィル 広島電鉄 廃線跡 待兼交響楽団 指揮者 新京成 新幹線 旅行 日本センチュリー交響楽団 最近のCD 最近のLP 東京佼成ウィンドオーケストラ 東急 東武 枚方フィル 樹フィル 武庫川女子大学音楽学部 歴史探訪 水族館 水間鉄道 江ノ電 父親のアルバムから 甲南大学OB交響楽団 甲南大響 甲南女子大学管弦楽団 白黒懐かし画像 相愛フィルハーモニア 相鉄 神戸アンサンブルソロイスツ 神戸大学響 神戸市地下鉄 神戸電鉄 神戸高校OBオーケストラ 福井鉄道 私の名盤シリーズ 箕面コンセルト室内合奏団 紫苑交響楽団 美術 聖ソフィア・バラ合唱団/合奏団 能・狂言 能勢電 芦屋交響楽団 芦屋室内合奏団 若林顕 落語 蒸気機関車 藤井貴宏 街歩き 衣笠交響楽団 西宮交響楽団 西宮探訪 西武 見仏 豊中市民管弦楽団 豊橋鉄道 近江鉄道 近畿フィルハーモニー管弦楽団 近鉄 遠州鉄道 鉄道 鉄道前面展望 長岡京市民管弦楽団 長崎電軌 長楽庵 関西グスタフ・マーラー交響楽団 関西フィルハーモニー管弦楽団 関西医科学生交響楽団 関西大学OB交響楽団 関西大学交響楽団 関西学院交響楽団 関西SPレコード愛好会 阪堺電車 阪急 阪神 阪神タイガース 阪神フィル 静岡鉄道 須磨フィル 飛行機 高松琴平電鉄 高槻フィル 高槻室内管弦楽団 龍谷大学交響楽団 JR四国 JR東日本 JR東海 JR西日本

フォト

掲示板

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー

無料ブログはココログ