国鉄奈良機関区

  • Photo_7
    昭和46年に奈良機関区を訪ねています。変わりやすい天気で、晴れていると思ったら急に雨が降ってきて大変な日でした。

THE 大阪駅~特急編~

  • 16
    中高生のころ、大阪駅はまだ日常の中にはなく、特急列車を撮りに行く特別な場所であった。栄光の時代が残っていた大阪駅に発着する特急列車の姿を封じ込めました。

THE 大阪駅~急行編~

  • 1258
    大阪駅に発着する急行を集めてみました。行き先によっては、ディーゼルカーの急行もあり、思えば楽しい駅だったのですね。ご興味の方は写真帖のずっと下にある「甲子園口急行物語」もご覧ください。

昭和45-47年の天王寺駅

  • キハ58 きのくに
    天王寺駅は単に竜華や奈良方面、阪和方面への乗り換え駅だったが、紀勢線ホームは頭端駅として有名だった。 時折、乗り換えの途中、駅撮りなどしていたようだ。

竜華・昭和46年

  • Photo_3
    昭和46年に数回に分けて竜華へ出陣しています。当時の関西線はローカルそのもの、まだまだ煙も多く残っていました。

甲子園口(その周辺)急行物語

  • Photo_7
    甲子園口西方の踏切があったあたり、そのもう少し西側の日通の倉庫前あたりは友人たちとのたまり場でした。陽が暮れるまで電車の通過を楽しんでいました。

京都駅残照・昭和45年前後

  • Photo_3
    昭和45年当時、京都駅へ行く機会は限られていたが、その中で残していた写真の中からいくつかを抜粋した。 京都の寺社、観光地に興味を持つのはもう少し後になった。

西宮を走った国鉄電車特急・昭和45年頃

  • Photo_2
    国鉄時代、地元西宮でもいろいろな電車特急が走っていた。 そのすべてではないが、手元に残る写真のうちからいくつかを抜粋した。

あぁ上野駅 昭和46年

  • 特急やまびこ
    初めて東京へ行った昭和46年、昔の風情の残る上野駅に間に合いました。

神戸市電 最後の日

  • 星電社前
    1971年3月に神戸市電は歴史を閉じました。その最終日に神戸市内の各所で写真に収めましたが、思えば震災前の神戸の街も封じ込めたことになりました。

東海道のんびり行

  • 24
    昭和49年5月に、当時まだ走っていた急行桜島・高千穂に乗って、のんびり東海道を東上しました。そのときの車窓風景をまとめました。

京阪滝井駅 昭和50年

  • Photo_2
    京阪電車は今年、中ノ島新線の開通や電車の塗装変更、さらに往年の名特急1900系の引退と話題に事欠きませんが、ごく普通に走っていた昭和50年の滝井駅の様子はこんな感じでした。

昔日の近江鉄道

  • Photo_4
    近江鉄道は、学生時代からの万葉旅行会で近江蒲生野へ行くときに撮影した程度だった。これはその一連の名残である。 「茜さす紫野行き標野行き野守りは見ずや妹が袖ふる」

マンモス機 EH10

  • 04
    国鉄が作った最大最強のマンモス電気機関車EH10。 今でこそ、8軸の電機はいろいろあるけれど、目に焼きついているのはこの機関車だ。

京都市電

  • 2607
    京都へ行くと市内の移動はたいてい市電だった。 市電だと京都初心者にもわかりやすかった。 たまにバスに乗るとぐるっと市内の引き回しにあったり、とんでもない方向へ走ったりと痛い目に会ったからだ。

きーんてーつ特急

  • Photo_11
    70年代の近鉄特急の白黒写真を集めてみました。点数も少なく恐縮ですが、関西には少ない観光特急の雰囲気だけでも伝えたい。おまけにあおぞら号も何枚か。

近鉄、ちょっと前の車両たち

  • 1413
    1980年代に撮った近鉄の一般車両の中からチョイスしてみた。少し小さいというだけで、なんだか親しみを感じる車両の面白さもある。

野上電鉄、廃止3週間前

  • キハ28
    1994年3月末をもって廃止された野上電鉄を、廃止3週間前に友人の2Aカレチさんと訪れた。併せて周辺の鉄道へも足を運んだので、藤並駅でみた有田鉄道のキハをおまけに追加した。

阪神5314F 愛

  • Img_6204
    阪神電車最古参の5314Fは5550Fの新規参入によっていよいよ引退の時期を迎えた。この前パン貫通幌を持つ古き阪神電車の顔を残す編成を追いかけた。

ゴハチ

  • 16ef58
    今も人気のEF58ばかりを集めました。近所鉄の西宮、武庫川をはじめ大阪駅、少し遠くて下関。元気にゴハチが走り回っていた時代がありました。

琴電 旧型車を並べて

  • Img_0059
    平成10年から出張が多かった四国ですが、何回かは高松に足を運んで琴電を追いました。古い写真がなぜか見つからないので、旧型車が消える数年前からのものばかりです。

RRE様HP掲載一覧

  • 0001601
    ブログ開設以前はRREさんの掲示板への投稿を続けていました。ここに、その投稿画像をまとめましたので、ご笑覧いただければと思います。

島原鉄道2007

  • Img_2046
    去年の3月に出○ついでに諫早駅周辺、島原鉄道、足を少し伸ばして長崎電軌を訪問しました。島原鉄道の一部廃止は残念です。

JR九州の車両たち、諫早駅周辺

  • Img_2023
    ラストランブームになったなは/あかつきもこのころは全然注目されず。九州はいろんな列車があって楽しめます。

長崎は今日も雨

  • Img_2117
    長崎ではすごい雨にあいました。それにもめげず、撮り鉄に励んできました。

名鉄瀬戸線

  • Img_1926
    名鉄瀬戸線に6750系という大手私鉄最後の吊りかけ車が走っていると聞いて訪問しました。2008.03.24

惜別 0系新幹線 

  • 01 相生駅 0系の横顔
    いよいよ平成20年11月末に引退する0系新幹線。山陽路で活躍していた近年の記録です。

四国の気動車

  • 四国は今でも気動車の天国です。その中でも、普通車の運用に供せられる車両を集めてみました。普通車だけにDCより気動車という言い方が似合います。

名鉄にあったレールバス

  • 到着したレールバスからの乗り換え
    名鉄の三河線、猿投の先には西中金まで延びる単線があり、そこには今ではその姿をほとんど見ることが出来ないレールバスがひっそりと走っていました。1987年4月、2Aカレチさんと訪れた記録です。

名鉄揖斐線

  • 512号車内
    1987年4月に2Aカレチさんと名鉄を訪れました。 揖斐線は一時下車した美濃北方駅と黒野駅での写真です。

名鉄の旧型車

  • 103763
    1987年4月 2Aカレチさんと一緒に名鉄を訪れました。 名鉄の本線あたりでもまだまだ吊り掛け車が走っていました。

名鉄岐阜市内線

  • 08
    1987年4月、2Aカレチさんと名鉄を訪れた。岐阜市内線をとりあえず撮影した後、揖斐線へと向かった。

明延鉱山とともに

  • 04_img_0155
    小学生時代、明延鉱山の学校とクラス同士の文通をした。その場所がどこだか全く知らずに居たが1円電車の存在は知っていた。その地を訪れたのは随分大人になってからとなった。

鍛冶屋線~愛と死をみつめて

  • 09_img_0334
    大正12年に全線が開通した鍛冶屋線はJR後の平成2年、その歴史に幕を下ろした。 また、「愛と死をみつめて」で有名なミコこと大島みち子さんはこの沿線の方で、線路を見下ろす小高い岡の上にお墓がある。

EF65 0番台原色+茶ガマ

  • 103_img_2881
    かつて、全国の直流区間ではおなじみだったEF65の0番台も、今では岡山に集結する11機のみである。そのうち、原色を保っているのはわずか4両となった。

歴史探訪

2021年2月24日 (水)

弥生文化博物館

Dsc08272 Dsc08273 Dsc08274

阪和電鉄の展示があった弥生文化博物館の従来の展示内容についても見てみましょう。全国の代表的な弥生時代の遺跡の地図があります。ついこの前訪れた茨木市の東奈良遺跡も挙げられています。

そして、これは驚きましたが、弥生時代の名称がつくきっかけとなった東京の弥生で発掘された弥生式土器第1号が展示されていました。意外に薄い土器でしたね。(第1号というけれど、何も初めてとかいうものでもないとか、実は弥生時代の土器ではないとか、言われてるけど興味のある人は真贋を調べてください)

Dsc08283_20210224060501 Dsc08276 Dsc08277

そして、この池上曽根遺跡が発見される糸口になった土器や、茨木市の東奈良遺跡や奈良の唐子・鍵遺跡で見つかった銅鐸の鋳型、九州で見つかった銅矛、銅剣の鋳型が並べられていました。銅鐸の鋳型、大変細かな装飾が施されていました。

Dsc08282 Dsc08279_20210224060501

銅鐸と銅矛、銅剣が並べられていて、その出土地が表示されています。一か所の出土地で多くの遺物が発見されたところも多いですね。そして、鏡もそれぞれの様式別に比較して展示されていてとてもわかりやすかったです。

Dsc08285 Dsc08287_20210224060501

さらに、池上曽根遺跡内にあった井戸枠に用いられた大きな木をくりぬいた木枠や、埋もれていた柱もあって、総合的に弥生時代を感じることが出来ました。

2021年2月23日 (火)

泉州を貫く軌跡 ~阪和電鉄全通90周年記念~

Dsc08261 Dsc08290_20210223070601

池上曽根遺跡を散策した後、その南側にある大阪府立弥生文化博物館を訪れました。ここで、泉州を貫く軌跡 ~阪和電鉄全通90周年記念~と題する展示会が開かれています。阪和電鉄は、1926年に設立され、1930年6月に天王寺-東和歌山(現在の和歌山)が全通したものの、1940年に南海電車と合併、さらに1944年に国に戦時買収され、国鉄阪和線になった鉄道です。現在のJR阪和線にあたります。

Dsc08293 Dsc08294 

阪和鉄道の天王寺駅と東和歌山駅の写真です。天王寺駅に和歌山まで45分という当時の超特急電車の走りを伝えています。また、上の芝の住宅地開発、和歌山への釣りを誘う看板、ミカン狩り、ハイキングなど鉄道を利用した多角的な集客への努力がうかがえます。また、東和歌山駅のほうも、駅前の路面電車、バス、タクシーなど時代を感じる交通機関が並んでいます。

Dsc08297 Dsc08298

当時の阪和鉄道の車両です。前2両は電車ですが、後ろの3両は客車です。和歌山で切り離して紀勢線方面へ連絡する特急列車なのかもしれません。展示は、阪和鉄道の創立から年代順にとても丁寧な説明文と展示品によって、綿密に内容が表現されています。文章も簡略ながら、十分な説明をしています。大変レベルの高い展示方法ですね。

Dsc08295_20210223070601 Dsc08304

これは、開通当時の宣伝ビラや案内図です。新聞広告と思しきものには、建設にかかわった企業も名前を連ねていて、今日にも同じようなものを見ることがあります。また、和歌山付近を手前に書いた沿線鳥瞰図も見ものです。砂川付近にはかなり大きな規模の遊園地があったのでしょうか。また、紀勢線沿いにいくつも内部へ走る私鉄があったことが分かります。

Dsc08319 Dsc08337

この新聞記事は、阪和鉄道が南海と合併して南海山手線という名称に代わったことを伝えています。時代の流れがここにも押し寄せていました。そして、現在の阪和線に通じる国鉄時代の運行表示板などです。そのほか、鉄道模型があったりと、とても見どころの多い充実した鉄道展でした。3月28日まで。

展示会の解説ビデオはこちらから(3編あります) ⇒  ★1               

 81rfyn7ku4l

千田嘉博 城郭考古学の冒険 幻冬舎新書/読了・・・・・・・・・・お城ブームという。お城のイメージとしては石垣、天守、そういったものですが、著者はそのようなイメージ以外の姿の中世のお城にも目を向けてほしいと訴えます。また、選挙や観光の目的で、学術的な視点以外でお城の再建や宣伝に使わないように警告します。お城の研究に考古学的視点を求めることと、土塁や門、その他の遺構も大切にして、日本のお城の実態を知ってほしいといいます。さらに奈良大学に勤める著者が奈良県内のお城の保存状態に警鐘を鳴らしています。奈良というと古代から奈良時代までのイメージなのですが、当然それ以降の時代も大切にしようということです。当然のことですけれど。

2021年2月22日 (月)

池上曽根遺跡へ 2/11

Dsc08245 Dsc08246

2月11日は、阪和線の信太山まで行きました。ここへは以前に大阪文学会の催しで、やってきたことがあります。安倍晴明の出生にまつわる葛の葉伝説、信太山にはその信太森葛葉稲荷神社があります。

Dsc08249 Dsc08250 Dsc08258

今回の目的の一つは、駅から10分足らずのところにある池上曽根遺跡の訪問です。ここは、弥生時代の大集落遺跡です。遺跡全体の規模は60万平方メートルととても巨大のもので、二重の環濠に囲まれた集落であったことが分かっています。環濠に囲まれた集落の面積だけでも25万平方メートルもあるということです。遺跡は今は地面の下に埋め戻されていますが、当時を考えていくつかの建物が再現されています。

Dsc08251 Dsc08252 Isekimap

公園の中にある説明版です。また、サイトから池上曽根遺跡の位置を示します。当時の大阪湾に面した場所で、平地も多かったので稲作も周囲で行われていたのでしょう。海にも近いことから、海の幸も人々の生活に寄与して者と考えられます。周辺の大きな遺跡が一定の間隔を置いて存在している様子もわかります。

Dsc08260_20210222083801 Dsc08253

公園内にある案内所へ伺うと、発掘当時の写真がパネル展示されていました。こうでもして見ないと、今はただ広い芝生が広がるだけの公園ですから、その偉容が分かりません。さて、隣接する博物館へまいりましょう。

2021年2月21日 (日)

阪神沿線ぶらり撮り歩き 芦屋~西宮へ

Dsc08234_20210221091801 Dsc08235

打出から2号線に沿って歩くと、道路の北側に大きな碑がありました。大楠公戦跡とあります。このあたりは、建武3年(1335年)2月10日の楠正成と足利尊氏の打出合戦のとき、楠正成がこの辺りに陣を張ったところと言われています。

Dsc08237

少し東へ進み、細い流れがあったのでそれに沿って住宅街の中へ入ります。急に崖が迫ってきた地形、それが同じくらいの高さで迫ってきました。左と右で、10メートルくらいも段差があるでしょうか。このあたりにあると推定されている西宮断層の一部かもしれません。

Dsc08238 Dsc08239 Dsc08240

急な段差の地形を進んだところに、森具の宮 須佐之男神社がありました。断層と思われる地形のところから一段下がったところですが、ステージのように平らになったところにあります。周囲に何もなければ、出張っている分、とても眺望がきいたところではなかったでしょうか。そういう端山が出たところって、神様が宿るには絶好のところですね。山からの神様の気が降りてくるような。ここもそうです。

Dsc07975

最期に夙川にあるコンセント・マーケットというパン屋さんに立ち寄り、やや高めの値段ながら、しっかりとした硬さの味わい深いパンを買って帰りました。写真は別の日に撮ったもので、この日はお休みでした。

この店は以前住んでいたところからあまり遠くない場所にあったムッシュ・アッシュという人気のパン屋さんが、オーナーの計画倒産?で散り散りになってしまった従業員が新規に開店したパン屋さんです。そのオーナーは、福島でホテル専門のパン屋さんをしているそうですが。とにかく美味しければ、それでいいですが。

コンセントマーケット (CONCENT MARKET) - 夙川/パン [食べログ] (tabelog.com)

2021年2月20日 (土)

阪神沿線ぶらり撮り歩き 打出界隈 2/10

Dsc08221_20210220084301 Dsc08224 Dsc08223

打出駅の南東、43号線に沿ったところに親王寺があります。在原業平のお父さん、阿保親王の邸宅の跡に建ったといわれているお寺で、阿保親王塚古墳から出土した銅鐸や三角縁神獣鏡を寺宝としています。本堂は阪神大震災で全壊したので、コンクリート製に建て替えられています。以前の本堂の瓦が境内に並べられていました。

Dsc08225_20210220084301 Dsc08228_20210220084301 K_kofunmp

今度は打出駅の北側へ出たところにある金津山古墳です。周囲を完全に住宅に囲まれていますので、駐車場や細い道へ入り込んで見るしかありません。今は円墳のように見えますが、調査の結果、全長55メートルの前方後円墳だったことが分かっています。その北西には、かつて打出小槌古墳がありましたが、今は完全に住宅地と化しています。

Dsc08229 Dsc08230

金津山古墳の北側に打出天神社があります。神社の創建は不明となっています。天神さんなので、菅原道真を祀っているのですが、芦屋あたりが京都の北野天満宮の社領だった関係からここにあるのかもしれません。鳥居のわきにある瀟洒な建物は何と社務所でした。おしゃれですね。

Dsc08231 Dsc08233

打出天神社の拝殿と本殿です。この神社の北側は国道2号線です。打出界隈、43号線と2号線の間に歴史が詰まっていました。さて、またここから2号線に沿って歩き始めます。

2021年2月 6日 (土)

川西市立文化財資料館へ

Dsc07904_20210206070101 Dsc07905

川西市の加茂遺跡、その広大な遺跡範囲の端っこに、川西市立文化財資料館があります。加茂遺跡が、この建物の下にも眠っています。入ったところに加茂遺跡の全景模型が立てかけられています。これは加茂遺跡が最も隆盛となった弥生時代中期の様子です。

Dsc07907 Dsc07906_20210206070101 Dsc07910_20210206070101

数多くの調査で明らかになった、加茂遺跡のさまざまな資料が展示されています。まずは縄文時代の土器、関西で縄文時代の資料が出るというのは決して多くないですね。そして、多くの人が住んでいた弥生時代の土器が並びます。稲作がおこなわれていた証左として、石包丁なども多く出土しています。

Dsc07913 Dsc07918

川西市には加茂遺跡のほかにも重要な遺跡がいくつかあって、その中で有名なのは、加茂遺跡の北東側に広がっていた栄根遺跡です。そこで発掘されたのが全国でも5、6番目の大きさになる栄根銅鐸です。そのレプリカが置かれていました。さらに、北部にある勝福寺古墳からの出土物が展示されています。

Dsc07917 Dsc07919

その勝福寺古墳から出土した鉄蔟や埴輪、さらに栄根にあった廃寺跡からの出土物など、数多くの展示物がありました。なかなか充実した展示内容でした。川西市の遺跡についてさらに調べて、もう一度訪れてみたいですね。

61meobmlg8l

加来耕三 立花宗茂 戦国「最強」の武将 中公新書ラクレ/読了・・・・・・・最近読んだ本の中で立花宗茂の名前が再三出てきたので、まさにグッドタイミングでこの本を選んで読みました。ところが、肝心の立花宗茂についての記述は本の半分くらい読み進むまでほとんど出てきません。どうも著者が立花宗茂が登場するまでの背景をあらん限りの知識で語るものですから、焦点のぼやけた内容になってしまいました。また、関が原で敗れた武将の中で唯一、元の領地に大名として戻ることが出来たというところの記述が浅いですね。期待した面白味が欠けた一冊でした。

2021年2月 5日 (金)

川西市にある加茂遺跡

Dsc07882_20210205083801

JR川西池田駅の南側には小高い丘があります。ここが、旧石器時代から縄文、弥生、古墳から平安時代に至る非常に長期間にわたって、集落が営まれていたと思われる加茂遺跡です。同じような遺跡、関西で知っているところでは藤井寺市の国府(こう)遺跡があります。

02_kamo-4  Image13

ネットからの情報で、俯瞰写真を見つけました。写真の上が北方向になります。川が集落敷地のところで分かれている様子が見えます。地図で見るとその集落分布がより明らかです。

Dsc07885 Dsc07884_20210205083801

今の川の様子です。俯瞰写真の北の端にある地点では、集落敷地が一段高くなっているのが分かります。周囲より高いところに古代集落ができるのは、吉野ヶ里遺跡、三内丸山遺跡など古代集落に共通するものです。洪水というのが、とても危惧される災害だったのが分かります。

Dsc07887 Dsc07891_20210205083801 Dsc07889

その丘に登りました。上はほぼ平坦地になっていて、そこからの眺望もなかなかのものです。高さは20メートルほどとのことですから、遠くから攻めてきた敵は見つけやすいですね。丘の中心には鴨神社が鎮座しています。今は何もわかりませんが、古代に思いをはせてしばらく散策していました。

51xtirjqbtl

溝井裕一 動物園・その歴史と冒険 中公新書ラクレ/読了・・・・・・動物を飼って人に見せるところが動物園ですが、その歴史は古代にまでさかのぼります。それは権力者が動物を支配するがごとく、民衆を支配する様子を具体的に見せるものでした。それから近代の動物園は、猛獣、珍獣を見せてお金儲けするものになっていきましたが、自然環境の保護の考え方が進み、今は研究的な要素や繁殖を目的とした施設へ変わってきています。そのような動物園の歴史をまざまざと見せつけてくれました。

2020年12月27日 (日)

大阪平野郷を歩く その4 12/21

Dsc07405 Dsc07404

12月21日は八尾の由義寺廃寺跡を見た後、大和路線の志紀駅から平野駅まで移動しました。志紀駅のホーム端の下にある通路には短いガーターを支えるレンガつくりの橋台があります。これは明治時代、国鉄線の前身だった関西鉄道が走り出した時の名残りだということです。町角で貴重な鉄道遺構を見ることが出来ました。

Dsc07422 Dsc07421

さて、平野へ行くとここは外せません。南海平野線の平野駅跡です。当時、電車が走っていた線路を公園の通路上に再現されていて、往時をしのぶことが出来ます。今もこのようにその風景が残されていることはこの線が地元に愛されていた証拠ですね。

Dsc07423 Hiranoend_0032n

その一角に代わった形のベンチ?があります。この上部の傘の形は、平野駅にあった駅舎のデザインを模したものです。この公園の設計者によほどのこだわりがあったことがうかがえます。白黒写真は参考のためにネットから拝借しました。これは目立ちますね。

Dsc07438 Dsc07440

平野では杭全神社へ訪れていることは昨日のブログ記事で紹介したとおりです。そこへ向かう道標も味があるので写真を撮りました。道標の前には和菓子のお店があったのも風情の一つでしょうか。そして、杭全神社の鳥居をくぐったところにある緑色の車止めに注目です。これはまさしく平野駅の駅舎のデザインを踏襲しているものではないでしょうか。同じ八角形であることから特別なこだわりが感じられます。

Dsc07450

冬の夕暮れは早く、平野郷をうろうろしている間に日が傾いてきました。最後は大和路線平野駅から201系に乗車して帰りました。いろいろと見どころが多かった平野郷でした。

2020年12月26日 (土)

大阪平野郷を歩く その3 12/21

Dsc07432_20201226085101 Dsc07430 Dsc07431

12月21日は大阪の平野郷を歩きました。かつて土塁に囲まれた環濠都市に今も残る土塁の跡近くには、赤留比売命神社がありました。これは新羅より渡来の女神、赤留比売命を祀る神社で、干ばつへの霊験あらたかな神様で、また耳の神様でもあるようです。赤い本殿がきれいです。

Dsc07439 Dsc07441 Dsc07444

さて、平野というと杭全神社です。有名な神社ですが訪れるのは初めてのことです。鳥居をくぐり、さらにずいぶん歩くとようやく境内へ入ります。境内の入り口にとてつもなく大きな楠がありました。幹の周りが10メートル、樹齢千年ということで、大阪府指定の天然記念物になっていました。これはすごい。

Dsc07443 Dsc07442

杭全神社の境内に入る手前に満願寺というお寺がありました。その門わきになにやら碑があります。これを読むと、ここは天誅組を組織した光格天皇の皇子中山忠伊が幕府に追い詰められ自刃して亡くなったお寺だそうです。そんな歴史も刻んでいる平野です。

Dsc07446_20201226085101 Dsc07447_20201226085101 Dsc07448

いよいよ杭全神社へ入ります。大きな拝殿はすでにお正月バージョンに模様替えされていて、大きな賽銭箱がドーンと据えられていました。ここには本殿が3つあり、それぞれ第一本殿、第二本殿、第三本殿とされていて、裏に回ると、それぞれに向けての拝殿がありました。いわばダブル拝殿仕様です。大きな拝殿の背後は吹き抜けになっていましたから、願いはスルーして届くのでしょう。

817zgmyuppl

風野真知雄 葛飾北斎殺人事件 歴史探偵・月村弘平の事件簿 実業之日本社文庫/読了・・・・・・・著者の歴史関係の本が面白かったことや、北斎の名前が付いた作品なので思わず手に取りましたが、まぁあまり歴史に深く入り込んだお話ではなかったです。そりゃそうでしょうね。殺人事件だし。しかし、昨年旅行した小布施が小説の舞台として登場したのがうれしかったですね。ストーリーは、なぁーんだ、でしたけど。

2020年12月25日 (金)

大阪・平野郷を歩く その2 12/21

Dsc07428 Dsc07429

12月21日は、八尾市の由義寺廃寺跡を訪ねた後、同じ関西線の平野駅で下車し、初めて平野の街を散策しました。平野は元の町の名前が平野郷町というところからもわかりますが、江戸時代からの自治都市だったのです。しかも、町全体を土塁で固めた環濠都市でもありました。今もその土塁の跡が平野公園の中に残っていました。高さは3~4メートルくらいだったでしょうか、たいそうなものですね。

Dsc07413 Dsc07414

平野郷を取り囲んでいた土塁の13か所には、外部との通路にあたる連絡口が開いていました。それを平野郷十三口と言い、その脇にはそれぞれ地蔵堂が置かれていたとのことです。これは平野郷の北西角におかれていた馬場口地蔵です。ここから天王寺、大阪方面へ向かうことが出来ます。今の大和路線の役割です。

Dsc07424 Dsc07425

同じような地蔵堂が各所にみられます。これは南西側にある環濠に面した堺口地蔵です。平野から堺方面へ行く道に通じていたようです。そういえばそんな貨物線が昔あったような。そうそう、すでに廃線になりましたが、阪和貨物線でした⇒

Dsc07433_20201225061401 Dsc07434

もう一つ地蔵堂を紹介します。環濠の東側ある樋ノ尻口地蔵です。この連絡口からは八尾方面や奈良街道に通じていたようです。こちらも今の大和路線ですね。これらの地蔵堂が長い間大切に守られているのがうれしいですね。

146138_2476

畠中恵 むすびつき 新潮文庫/読了・・・・・・著者によるしゃばけシリーズの17弾です。もうおなじみのメンバーによる不思議な物語ですが、最近ほかでも妖しの活躍する本が増えてきて、どちらもマンネリ気味という感じもありますね。これも初めのころのしゃばけシリーズのような洒脱な雰囲気は薄れてきているような。ストーリーの中で何も起こらない、誰も苦労もしないし危険な目にもあわない、ほっこりするだけの内容ではいかんのかな?それでは、小説としては成立しないのでしょうか。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

2019四国の旅 JR貨物 かぎろひ歴史探訪 その他 みちのくひとり旅 やまとんくらぶ アイチャンオケ アミーキティア管弦楽団 アンサンブル ラ・ピアチェーレ アンサンブル・アルビレオ アンサンブル・シュシュ アンサンブル・ジョワン アンサンブル・ツヴァイ アンサンブル・フリー アンサンブル・ヴィオ インターネット ウォーキング鉄 オーケストラ・アンサンブル・フォルツァ オーケストラ・アンサンブル京都 オーケストラ・クラシック オーケストラ・ソノリテ オーケストラ・ノインテ オーケストラ・ブラヴォー! オーケストラ・ポミエ オーケストラ千里山 オーディオ カメラ カンマーフィルハーモニー神戸 クラシック音楽 クランクレーデ クレセント室内アンサンブル クレー管弦楽団 グルメ コレギウム夙川管弦楽団 シンフォニア・スピカ セント・マーティン・オーケストラ ディスクユニオン ドイツ紀行 ニュージーランド鉄道 バス バンブスアンサンブル パソコン ファゴット・フェスティバル フェニックスフィル ブレスシンフォニーオーケストラ プロ野球 ホール・バルティカ メイプルフィル ライブカメラ ラグビー ワンコイン市民コンサート 万葉 三宝鉄道 上甲ウィンドシンフォニー 上甲子園中学吹奏楽部 交響楽団ひびき 京急 京成 京王 京都プレザントオーケストラ 京都工芸繊維大学交響楽団 京阪 伊予鉄 伊予鉄道 伊豆急行 保存車 信濃の旅 八尾フィル 六甲フィル 兵庫医科大学医療大学合同オーケストラ_ 兵庫芸術文化センターワンコインコンサート 兵庫芸術文化センター管弦楽団 写真展 切符 初演企画 北摂フィル 千里バロック合奏団 千里フィルハーモニア・大阪 南海 卯之町 叡山電車 名指揮者列伝 名鉄 吹奏楽 吹奏楽団 吹田市交響楽団 四国詣で 土佐日記 土佐電 地下鉄 堺フィル 夢の国 ニュージーランド 大井川鉄道 大阪フィルハーモニー交響楽団 大阪メトロ 大阪モーツァルトアンサンブル 大阪交響楽団 大阪市営地下鉄 大阪市民管弦楽団 天理シティオーケストラ 奈良歩き 学園都市交響楽団 宝塚響 富士急行 寝屋川市民管弦楽団 小田急 尼崎市吹奏楽団 尼崎市民交響楽団 居酒屋 山陽 岡山電軌 嵐電 川西市民オーケストラ 幻想フィル 広島電鉄 廃線跡 待兼交響楽団 指揮者 新幹線 旅行 日本センチュリー交響楽団 最近のCD 最近のLP 東京佼成ウィンドオーケストラ 東急 枚方フィル 樹フィル 武庫川女子大学音楽学部 歴史探訪 水族館 江ノ電 父親のアルバムから 甲南大学OB交響楽団 甲南大響 甲南女子大学管弦楽団 白黒懐かし画像 相愛フィルハーモニア 神戸アンサンブルソロイスツ 神戸市地下鉄 神戸電鉄 福井鉄道 紫苑交響楽団 美術 能・狂言 能勢電 芦屋交響楽団 芦屋室内合奏団 若林顕 落語 蒸気機関車 藤井貴宏 街歩き 衣笠交響楽団 西宮交響楽団 西宮探訪 西武 豊中市民管弦楽団 豊橋鉄道 近畿フィルハーモニー管弦楽団 近鉄 遠州鉄道 鉄道 鉄道前面展望 長楽庵 関西グスタフ・マーラー交響楽団 関西フィルハーモニー管弦楽団 関西医科学生交響楽団 関西大学OB交響楽団 関西大学交響楽団 関西学院交響楽団 阪堺電車 阪急 阪神 阪神タイガース 阪神フィル 静岡鉄道 飛行機 高松琴平電鉄 高槻フィル JR四国 JR東日本 JR東海 JR西日本

フォト

掲示板

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

カテゴリー

無料ブログはココログ