国鉄奈良機関区

  • Photo_7
    昭和46年に奈良機関区を訪ねています。変わりやすい天気で、晴れていると思ったら急に雨が降ってきて大変な日でした。

THE 大阪駅~特急編~

  • 16
    中高生のころ、大阪駅はまだ日常の中にはなく、特急列車を撮りに行く特別な場所であった。栄光の時代が残っていた大阪駅に発着する特急列車の姿を封じ込めました。

THE 大阪駅~急行編~

  • 1258
    大阪駅に発着する急行を集めてみました。行き先によっては、ディーゼルカーの急行もあり、思えば楽しい駅だったのですね。ご興味の方は写真帖のずっと下にある「甲子園口急行物語」もご覧ください。

昭和45-47年の天王寺駅

  • キハ58 きのくに
    天王寺駅は単に竜華や奈良方面、阪和方面への乗り換え駅だったが、紀勢線ホームは頭端駅として有名だった。 時折、乗り換えの途中、駅撮りなどしていたようだ。

竜華・昭和46年

  • Photo_3
    昭和46年に数回に分けて竜華へ出陣しています。当時の関西線はローカルそのもの、まだまだ煙も多く残っていました。

甲子園口(その周辺)急行物語

  • Photo_7
    甲子園口西方の踏切があったあたり、そのもう少し西側の日通の倉庫前あたりは友人たちとのたまり場でした。陽が暮れるまで電車の通過を楽しんでいました。

京都駅残照・昭和45年前後

  • Photo_3
    昭和45年当時、京都駅へ行く機会は限られていたが、その中で残していた写真の中からいくつかを抜粋した。 京都の寺社、観光地に興味を持つのはもう少し後になった。

西宮を走った国鉄電車特急・昭和45年頃

  • Photo_2
    国鉄時代、地元西宮でもいろいろな電車特急が走っていた。 そのすべてではないが、手元に残る写真のうちからいくつかを抜粋した。

あぁ上野駅 昭和46年

  • 特急やまびこ
    初めて東京へ行った昭和46年、昔の風情の残る上野駅に間に合いました。

神戸市電 最後の日

  • 星電社前
    1971年3月に神戸市電は歴史を閉じました。その最終日に神戸市内の各所で写真に収めましたが、思えば震災前の神戸の街も封じ込めたことになりました。

東海道のんびり行

  • 24
    昭和49年5月に、当時まだ走っていた急行桜島・高千穂に乗って、のんびり東海道を東上しました。そのときの車窓風景をまとめました。

京阪滝井駅 昭和50年

  • Photo_2
    京阪電車は今年、中ノ島新線の開通や電車の塗装変更、さらに往年の名特急1900系の引退と話題に事欠きませんが、ごく普通に走っていた昭和50年の滝井駅の様子はこんな感じでした。

昔日の近江鉄道

  • Photo_4
    近江鉄道は、学生時代からの万葉旅行会で近江蒲生野へ行くときに撮影した程度だった。これはその一連の名残である。 「茜さす紫野行き標野行き野守りは見ずや妹が袖ふる」

マンモス機 EH10

  • 04
    国鉄が作った最大最強のマンモス電気機関車EH10。 今でこそ、8軸の電機はいろいろあるけれど、目に焼きついているのはこの機関車だ。

京都市電

  • 2607
    京都へ行くと市内の移動はたいてい市電だった。 市電だと京都初心者にもわかりやすかった。 たまにバスに乗るとぐるっと市内の引き回しにあったり、とんでもない方向へ走ったりと痛い目に会ったからだ。

きーんてーつ特急

  • Photo_11
    70年代の近鉄特急の白黒写真を集めてみました。点数も少なく恐縮ですが、関西には少ない観光特急の雰囲気だけでも伝えたい。おまけにあおぞら号も何枚か。

近鉄、ちょっと前の車両たち

  • 1413
    1980年代に撮った近鉄の一般車両の中からチョイスしてみた。少し小さいというだけで、なんだか親しみを感じる車両の面白さもある。

野上電鉄、廃止3週間前

  • キハ28
    1994年3月末をもって廃止された野上電鉄を、廃止3週間前に友人の2Aカレチさんと訪れた。併せて周辺の鉄道へも足を運んだので、藤並駅でみた有田鉄道のキハをおまけに追加した。

阪神5314F 愛

  • Img_6204
    阪神電車最古参の5314Fは5550Fの新規参入によっていよいよ引退の時期を迎えた。この前パン貫通幌を持つ古き阪神電車の顔を残す編成を追いかけた。

ゴハチ

  • 16ef58
    今も人気のEF58ばかりを集めました。近所鉄の西宮、武庫川をはじめ大阪駅、少し遠くて下関。元気にゴハチが走り回っていた時代がありました。

琴電 旧型車を並べて

  • Img_0059
    平成10年から出張が多かった四国ですが、何回かは高松に足を運んで琴電を追いました。古い写真がなぜか見つからないので、旧型車が消える数年前からのものばかりです。

RRE様HP掲載一覧

  • 0001601
    ブログ開設以前はRREさんの掲示板への投稿を続けていました。ここに、その投稿画像をまとめましたので、ご笑覧いただければと思います。

島原鉄道2007

  • Img_2046
    去年の3月に出○ついでに諫早駅周辺、島原鉄道、足を少し伸ばして長崎電軌を訪問しました。島原鉄道の一部廃止は残念です。

JR九州の車両たち、諫早駅周辺

  • Img_2023
    ラストランブームになったなは/あかつきもこのころは全然注目されず。九州はいろんな列車があって楽しめます。

長崎は今日も雨

  • Img_2117
    長崎ではすごい雨にあいました。それにもめげず、撮り鉄に励んできました。

名鉄瀬戸線

  • Img_1926
    名鉄瀬戸線に6750系という大手私鉄最後の吊りかけ車が走っていると聞いて訪問しました。2008.03.24

惜別 0系新幹線 

  • 01 相生駅 0系の横顔
    いよいよ平成20年11月末に引退する0系新幹線。山陽路で活躍していた近年の記録です。

四国の気動車

  • 四国は今でも気動車の天国です。その中でも、普通車の運用に供せられる車両を集めてみました。普通車だけにDCより気動車という言い方が似合います。

名鉄にあったレールバス

  • 到着したレールバスからの乗り換え
    名鉄の三河線、猿投の先には西中金まで延びる単線があり、そこには今ではその姿をほとんど見ることが出来ないレールバスがひっそりと走っていました。1987年4月、2Aカレチさんと訪れた記録です。

名鉄揖斐線

  • 512号車内
    1987年4月に2Aカレチさんと名鉄を訪れました。 揖斐線は一時下車した美濃北方駅と黒野駅での写真です。

名鉄の旧型車

  • 103763
    1987年4月 2Aカレチさんと一緒に名鉄を訪れました。 名鉄の本線あたりでもまだまだ吊り掛け車が走っていました。

名鉄岐阜市内線

  • 08
    1987年4月、2Aカレチさんと名鉄を訪れた。岐阜市内線をとりあえず撮影した後、揖斐線へと向かった。

明延鉱山とともに

  • 04_img_0155
    小学生時代、明延鉱山の学校とクラス同士の文通をした。その場所がどこだか全く知らずに居たが1円電車の存在は知っていた。その地を訪れたのは随分大人になってからとなった。

鍛冶屋線~愛と死をみつめて

  • 09_img_0334
    大正12年に全線が開通した鍛冶屋線はJR後の平成2年、その歴史に幕を下ろした。 また、「愛と死をみつめて」で有名なミコこと大島みち子さんはこの沿線の方で、線路を見下ろす小高い岡の上にお墓がある。

EF65 0番台原色+茶ガマ

  • 103_img_2881
    かつて、全国の直流区間ではおなじみだったEF65の0番台も、今では岡山に集結する11機のみである。そのうち、原色を保っているのはわずか4両となった。

歴史探訪

2020年3月26日 (木)

天王寺界隈の寺社を歩く

Dsc01530  Dsc01541  Dsc01544

3月7日は、夕方から天王寺で会合があったため、早めに出かけて南海電車、阪堺電車と撮影したのち、ようやく天王寺までやってきました。阪堺線の恵美須町から歩いてやってきたのは、安居の天神さん、安居天満宮です。ここは真田幸村の最後の地と伝えられているところで、境内には幸村の像もありました。

わたくし的にはこれから向かう一心寺とともに落語の天神山の舞台として、一度は訪れたいと思っていたところです。

Dsc01533  Dsc01534  Dsc01535

安居の天神さんの南向かいには大きな建物が並ぶ一心寺があります。安居天満宮とは違って多くの人でにぎわっていました。山門にしても現代アートのようで、なかなか迫力を感じます。納骨堂には線香の煙が立ち込めていました。

Dsc01551  Dsc01554  Dsc01561

一心寺から東へ向かい、四天王寺へ到着しました。南大門から見ると、中門、五重塔、金堂、講堂が一直線に並んでいる様子がうかがえます。いわゆる天王寺様式です。これらは戦災で焼失したため戦後の建築ですが、中心伽藍の背後にある六時堂は江戸時代初期の建築で重要文化財です。というか前にある亀の池の方が有名かも。

夕方からは、天王寺駅構内にある酒蔵直営の立飲み、裏天王寺の居酒屋さんなど、天王寺の町呑みを楽しみました。

71jv29fokql

平山三郎 百鬼園先生雑記帳 附・百閒書簡註解 中公文庫/読了・・・・・・・・・・・阿房列車でおなじみのヒマラヤ山系こと平山氏による内田百閒の普段の生活、交遊関係のこと、阿房列車の小遣い帳、漱石との逸話、百閒から来たはがき、書簡についての註解はまた面白く拝見しました。戦後のお正月、多くの方の年始を10日間ほどに分けて受け付けていたのが面倒になり、ホテルでの大宴会に変えたという話し、それが誕生日パーティにもホテルでの会食となり、映画「まあだたよ」で描かれています。会の名称、摩阿陀会(まあだかい)とはしゃれてますよね。

2020年3月11日 (水)

向日丘陵の古墳を歩く その3

Dsc01179  Dsc01180

2月22日は、向日丘陵の古墳を歩くというスタンプラリーに参加し、向日市内を巡りました。その途中、竹の子山椒煮という文字が。ちょいとお店を覗きましたが、とてもおいしそうでした。歩き始めだったので、今回はパスしましたが、次の機会には買ってしまいそうです。さらに、とても感じのよいケーキ屋さんもありました。

Dsc01198  Dsc01202  Dsc01205

さて、古墳を巡る道がとても印象的でした。道の両側に広々とした竹林が広がっていたのです。京都 乙訓の竹林ですね。竹林の道を歩くと何とも言えない静粛さを感じます。ここだけ、この日の天気、雨が似合いましたね。

Dsc01219  Dsc01221

古墳を巡る道の途中に、地元の鎮守社になるのでしょうか、式内社でもある向日神社がありました。とても立派な神社でした。天気が良ければうろうろしたのでしょうが、雨が一層強くなってきました。

Dsc01226  Dsc01227  Dsc01228

向日市内を巡って、阪急西向日駅近くへ来ました。この駅の近くには長岡京の発掘調査で都の中心に当たる建物、朝堂院が見つかったとする石碑がありました。その向かいにはその朝堂院跡を再現した公園が整備されています。朝堂院が見つかったことから大極殿が発掘され、長岡京の全容解明の糸口となりました。そして、ここが、スタンプラリーのゴールでした。終わり。

2020年3月10日 (火)

向日丘陵の古墳を歩く その2

Dsc01195  Dsc01196

2月22日は、京都の向日市にある向日丘陵に点在する古墳を巡るスタンプラリーに参加してきました。まずは物集女車塚古墳へ行き、特別公開されていた石室の中を見ることができました。そこから歩いてルートにある古墳を巡ります。

まず、お墓の中にある南条古墳を訪れました。古墳時代中期(5世紀)の円墳です。

Dsc01203  Dsc01204

さらに歩いて寺戸大塚古墳を訪れます。柵の中にあり、普段は敷地の中に入ることはできませんが、この日は敷地へ入れました。ただ、奥に入れるかなと思ったところで道は途切れていました。

Dsc01208  Dsc01209

次に、桓武天皇皇后陵に行きます。ここは宮内庁管理の陵墓であり、ちゃんとした拝所がありました。この辺りを散策、ランニングするためのトリムコースが設けられています。実はこの道が大変すばらしいのです。これは明日のブログで紹介予定です。

Dsc01212  Dsc01213

次いで、五塚原古墳を訪れます。この古墳は時代が古く、古墳時代初期(3世紀)の前方後円墳です。この辺りは池の周り全体が公園域になっているのですが、千年の台風の影響で立ち入りができなくなっています。大阪府内では順次回復の整備が進んでいたのに、京都府内は遅いのかなぁ。本来なら古墳の頂上にも行けたようです。

Dsc01217  Dsc01218

最後に丘の上にある元稲荷古墳へ行きました。このころはもう本格的な土砂降りになっています。なんで、傘差しながらこんな雨の中を、それもかなりな勾配を上がってきて歩いてるんやろうと思いつつでしたが、とにかく予定していたコースを歩きました。この古墳の周りは公園になっていてトイレもありました。

さて、明日はとても素晴らしい道や長岡京の遺跡を紹介します。このコースはいずれ、かぎろひ歴史探訪・番外編で回りたいと思っています。

2020年3月 9日 (月)

向日丘陵の古墳を歩く その1

Dsc01176  Dsc01178  Thumbnail_image1_20200309063001

先月、2月22日は今一つの天候でしたが、向日市で「向日丘陵を歩く」と題するスタンプラリーがあり、珍しい古墳が公開されるということでしたので、出かけてきました。阪急京都線東向日駅前でスタンプラリーの冊子をいただき、歩き始めます。

Dsc01181  Dsc01184  Dsc01182

一番初めにやってきたのが、物集女車塚(もずめくるまづか)古墳です。6世紀中ごろ、古墳時代後期の全長46メートルの前方後円墳です。きれいに整備されていて、敷地に立ち入ることができます。この古墳の石室が特別に公開されていました。

Dsc01183  Dsc01189  Dsc01192_20200309063001

この古墳の脇には、石室内にたまった雨水を外へ排水する排水溝が現存し、今もその役割を果たしています。とても貴重なものを見た気がします。羨道は一度解体されて組みなおされるという工事を経ています。その奥に石室がありました。中には家型石棺があり石室の見事な石組を見ることができました。

雨が落ちてきましたが、次を目指してさらに歩きます。

51gee9tq8il__sx298_bo1204203200_

小泉武夫 これがC級グルメのありったけ 新潮文庫/読了・・・・・・・・・・味覚人飛行物体を自認される小泉教授による、ご飯、麺類、納豆、魚料理、肉料理、野菜料理、ア・ラ・カルト、甘味類に分けて、むしゃむしゃ食べる幸福を書き連ねた一冊。しかもC級というくらいですから、安くて、手軽で、おいしいというものばかりを並べつくしています。中には著者によるレシピもついているので、たいへんお得な本とも言えますね。

2020年3月 6日 (金)

佐保川から西大寺へ古墳を歩く

Dsc01386  Dsc01389  Dsc01392

3月1日は佐保川沿いにある河津桜が咲いているとのことで見に行きましたが、まだまだ時間があったので、平城京の北側に点在する古墳を巡ってきました。まずJR奈良線沿いにあるウワナベ古墳です、そして、その西側に隣り合うコナベ古墳へ回りました。

Dsc01396  Dsc01402  Dsc01401

次に仁徳天皇皇后磐之姫陵、ここは二重の周濠になっているので、古墳本体を見ることは困難です。そこからさらに西へ1キロほど歩くと住宅街の中に瓢箪山古墳がありました。ここは、逆に古墳の中に入ることができ、その前方部や後円部に登ることも可能でした。

Dsc01404  Dsc01408  Dsc01413

瓢箪山古墳の西側には、日葉酢媛命陵、佐紀石塚山古墳、高野陵が密集して造られています。それぞれが接してはいるものの、大きな古墳ですから実際はそれらを回るのにはずいぶん時間がかかりました。なんやかんやで10キロほど歩いた後、近鉄西大寺駅から帰途につきました。

516f0p8fijl__sx351_bo1204203200_

風野真知雄 水の城 いまだ落城せず 祥伝社文庫/読了・・・・・・・・・・・・・秀吉の関東征伐、小田原城を攻めたときに、関東一円の支城を総なめにしていくのですが、石田三成が攻めた忍城だけが落ちなかったという史実を生き生きとした視点で描いた一冊。三成が秀吉の水攻めを習って実施したものの、大きな失敗を繰り重ね、小田原城よりも後に開城するに至った有名な話です。文章の達人だと思っている風野真知雄が真剣なビターな風合いで書くと、深くて面白いストーリーになりますね。

2020年3月 3日 (火)

須田剋太展 東大阪市民美術センター その3

Dsc01033  Dsc01035  Dsc01036

2月11日は東大阪市民美術センターで開催されていた須田剋太展を見た後、付近の街歩きです。市民美術センターの西側にある春日神社へ向かいました。この神社は花園ラグビー場にも近いことからラグビー神社とも言われており(言わせたということですが)、木製のラグビーボールがご神体のごとく置かれていました。神社まるごと、ラグビーブームに乗りましたね。

Dsc01038  Dsc01039

この神社の本殿はコンクリートの覆い屋の中に入っています。江戸時代の建築ですが、二棟の本殿が並んでいる春日作りです。覆い屋の隙間から撮影してみました。実はこのデザイン、一昨日のブログで紹介した東大阪市民美術センターの建物も同じように二棟が並んだ意匠でしたね。

Dsc01040  Dsc01041  Dsc01044

春日神社から近鉄線をくぐって南側に出ました。高架線の辺りは整備に合わせて電柱の地下化工事が完了していて広々とした空が広がっていました。ずいぶんすっきりした景色の向こうに生駒山が見えます。次は、津原神社を訪れます。街中にこんもりとした森があり、その中にひっそり建っていました。

Dsc01042  Dsc01043

伝えによると大和川氾濫防止の鎮守社のようですね。あっちこっちにある素戔嗚神社と同じ考え方かと思います。さて、由緒の中にある河内三大馬場というのがもう一枚の写真です。いまや、単なる道路になっていて、高い木々が両側にそびえたっていた光景は想像するしかありません。

2020年2月29日 (土)

信貴山口から恩智を歩く その4

Dsc00951  Dsc00952

2月11日は、近鉄信貴山口駅から山麓を南へ歩き、岩戸神社、恩智神社へと回りました。恩智神社からは里の方へ降りていきましたが、途中の家々はとても大きな屋敷が並んでいました。大きな門がある武家屋敷みたいな家や堅牢な石積みの上に築かれた家が目立ちました。

Dsc00953  Dsc00954

降りてくると恩智神社の鳥居がありました。その向かいには、先日、落語家の桂しん吉さんの鉄道写真展を見に来た茶吉庵があります。この建物も古くて豪壮なたたずまいですね。

Dsc00961_20200229070801  Dsc00957_20200229070801  Dsc00959_20200229070801

恩智まで来ると、ここへ行かねばなりません。恩智駅と法善寺駅の間に広がる畑の中です。祝日の昼間だというのに、誰もいません。どうしたことでしょう、新しい特急の試運転などで最近訪れた方が多く、改めて来るというきっかけが無くなったのかもしれませんね。

Dsc00971_20200229070801  Dsc00985_20200229070801

近鉄の新特急ひのとりの登場でその活躍の歴史を閉じることになった12200系です。近鉄を代表する特急電車でしたが、実際に乗ってみると内装のくたびれかげんとかはもうしんどいところかもしれませんね。

Dsc00966_20200229070801  Dsc00965_20200229070801

また、新特急ひのとりに名阪特急の座を明け渡すようになるアーバンライナーです。名古屋方面に行くときは、新幹線よりもこれらの電車のほうが好みです。個人的な感想ですが。

Dsc00964_20200229070801  Dsc00981_20200229070801

特急ばかりでなく、5200系の少しグレードアップした通勤型電車もやってきました。一般の通勤型電車(4扉)の中で、この形式だけ3扉車なんですよね。ホームドア作るときのネックになってしまいますね。ということで信貴山口駅から恩智へ歩いた報告は以上です。

81hleg6vjl

風野真知雄 密室 本能寺の変 祥伝社文庫/読了・・・・・・・・・・風野真知雄が祥伝社文庫に書き下ろした小説がいくつかあって、以前読んだものが面白かったので買ってみました。これは、少し砕けた感じの内容、劇画タッチの表現もあったりと娯楽的な面白さがありました。光秀が本能寺に打ちいったら、すでに信長が死んでいたというのがみそですが、その落としどころがどうなっているかという作品ですね。

 

2020年2月28日 (金)

信貴山口から恩智を歩く その3

Dsc00932  Dsc00935

2月11日は、近鉄信貴山口駅から山麓を南へ歩きました。途中、山の上にある岩戸神社へ立ち寄り、巨石信仰の様子を垣間見ました。さらに南下し、当地の式内社である恩智神社へ向かいます。

Dsc00938  Dsc00941

恩智神社境内の入り口に着きました。いきなり、延々と続く階段が登場です。登れば登るほど段数も傾斜もきつくなっているようです。ほうほうの呈で登り振り返ります。ようこんだけ登ってきたなという、改めての疲労感。車だったら一気に上がれるのですが。

Dsc00943  Dsc00944

恩智神社の由来と本殿です。建物は新しい感じです。拝殿の前に車が2代停まっていて、ここでご祈祷でも受けるのでしょうか?他では見たことがなく、変わった感じがしました。

Dsc00946  Dsc00947

拝殿の裏に回ると本殿がありました。拝殿とは道で区切られているのですね。これは比較的珍しいのではないでしょうか。たいていの神社では拝殿と本殿は一つの土地の区画の中に連続して配置されていますから。本殿の裏には古墳があるということで、塀の隙間からカメラを差し入れて撮影しました。

Dsc00950  Dsc00949

参拝を終わって帰ろうとすると、厄除けぜんざいのご接待といううれしい張り紙を見つけました。心づけを少しだけお供えして、白玉入りのぜんざいをいただきました。お参りして早速のご利益をいただきました。

000000002720_7hobmhv

渡辺雅史 東京駅コンシェルジュの365日 交通新聞社新書/読了・・・・・・・・・・東京駅はどんどん大きく進化していて、それ自体が大きな一つの街のようです。そこには様々なトラブルや相談を引き受けているステーションコンシェルジュ東京という窓口があり、コンシェルジュさんたちが働いているとのことです。本書はそこに寄せられた内容に対する彼女たちの業務日誌に記された手記をもとに編集された一冊です。ですから、内容の9割がたは業務日記からの抜粋で、渡辺さんという方の著書というより、編集した一冊という方が適当かもしれませんね。とにかく、コンシェルジュさんたちに寄せられる多岐にわたる問い合わせの種類の多さと、決して「わかりません」とは言わない彼女たちの奮闘に脱帽です。

2020年2月27日 (木)

信貴山口から恩智を歩く その2

Dsc00919  Dsc00920  Dsc00922

半月ほど前の2月11日は、信貴山口駅から南へ山麓を歩いていきました。まず目指すのは岩戸神社です。鳥居のある登り口からかなり急な山道を行くことになります。15分ほどでしょうか、息も上がり始めたころ、岩戸神社に着きました。なにやら、巨石信仰に基づくところのようです。

Dsc00926  Dsc00924  Dsc00927

境内全体は急な斜面の谷あいに階段や建物が作られています。なかには、滝修行するような場所もありました。ごつごつした岩肌が印象的でした。

Dsc00929_20200227062801  Dsc00928  Dsc00930

境内にはいくつもの建物が建てられていました。それぞれをお参りするだけでもアップダウンが激しく、とても足の鍛錬になりそうです。谷合の奥の方にも社がありましたが、その先は台風の被害があって進めませんでした。そこはあきらめて、さらに次のポイントを目指します。

2020年2月26日 (水)

信貴山口から恩智を歩く その1

Dsc00907  Dsc00906  Dsc00908

ちょうど半月前の2月11日は朝早めに出かけて近鉄の信貴山口駅まで行きました。実は、生駒から信貴山に至る大阪側の山麓を何回かに分けて歩いていて、今回もその一環です。この日はとても良いお天気でした。

Dsc00910  Dsc00911  Dsc00918

信貴山口駅から南へ向かって歩き出します。駅前には大きな観光案内図がありますので、だいたいの所を頭に入れてから出発です。信貴山口駅がもうずいぶん高いところにあるので、山麓の道からは広々とした大阪平野を見渡すことができます。

Dsc00916  Dsc00912  Dsc00915

歩いていると、信貴山への登り口がありました。車が走る道路から突然登り道が始まっていて、信貴山へ向かうにはこの道を行くようです。今回は、そんな無理はしません。さらに行くと地元の権現社がありました。江戸時代に熊野権現から勧請した社のようです。さらに南へ向かって進みます。

その他のカテゴリー

2019四国の旅 JR貨物 Jフィル MIZUMO T-ストリングス かぎろひ歴史探訪 その他 みちのくひとり旅 やまとんくらぶ アイチャンオケ アミーキティア管弦楽団 アンサンブル ラ・ピアチェーレ アンサンブル・アルビレオ アンサンブル・コスモリバティ アンサンブル・ジョワン アンサンブル・ツヴァイ アンサンブル・フリー アンサンブル・ミンネン アンサンブル・ヴィオ インターネット ウォーキング鉄 オルガンコンサート オーケストラ・アンサンブル・フォルツァ オーケストラ・クラシック オーケストラ・ソノリテ オーケストラ・ノインテ オーケストラ・ブラヴォー! オーケストラ・ポミエ オーケストラ千里山 オーディオ カメラ カンマーフィルハーモニー京都 カンマーフィルハーモニー神戸 クラシックサロン・アマデウス クラシック音楽 クランクレーデ クレセント室内アンサンブル クレー管弦楽団 グッド・シーズン・アンサンブル グルメ コレギウム・ヨハネス コレギウム夙川管弦楽団 シンフォニア・スピカ セント・マーティン・オーケストラ ゾンアーベント・アンサンブル タリヘーレ四重奏団 ダムカード テレマン室内オーケストラ ディスクユニオン ドイツ紀行 ニイジマ・キネン・オーケストラ ニュージーランド鉄道 ハイマート交響楽団 ハイマート合唱団 バス バッハクライス神戸 バンブスアンサンブル パソコン ファゴット・フェスティバル フェニックスフィル フォンス・フローリス古楽院 ブレスシンフォニーオーケストラ プロ野球 ホール・バルティカ ミモザの会 ミュー室内管弦楽団 メイプルフィル ライブカメラ ラグビー ワンコイン市民コンサート ヴェデルニコフ 万葉 三宝鉄道 上甲ウィンドシンフォニー 上甲子園中学吹奏楽部 交響楽団ひびき 京急 京成 京王 京都フィロムジカ管弦楽団 京都プレザントオーケストラ 京都大学交響楽団 京都工芸繊維大学交響楽団 京阪 伊予鉄 伊予鉄道 伊豆急行 信濃の旅 八尾フィル 六甲フィル 兵庫医科大学医療大学合同オーケストラ_ 兵庫芸術文化センターワンコインコンサート 兵庫芸術文化センター管弦楽団 写真展 切符 初演企画 北摂フィル 北総 千里フィルハーモニア・大阪 南海 卯之町 叡山電車 合唱団 名指揮者列伝 名鉄 吹奏楽 吹奏楽団 吹田市交響楽団 四国詣で 土佐くろしお鉄道 土佐日記 土佐電 地下鉄 堺フィル 夢の国 ニュージーランド 大井川鉄道 大阪センチュリー交響楽団 大阪フィルハーモニー交響楽団 大阪フロイデ合唱団 大阪メトロ 大阪モーツァルトアンサンブル 大阪交響楽団 大阪市営交通局 大阪市営地下鉄 大阪市民管弦楽団 大阪芸術大学管弦楽団 天理シティオーケストラ 奈良女子大管 奈良歩き 学園都市交響楽団 宝塚響 富士急行 寝屋川市民管弦楽団 小田急 尼崎市吹奏楽団 尼崎市民交響楽団 尼崎弦楽アンサンブル 居酒屋 山陽 岡山電軌 嵐電 川西市民オーケストラ 幻想フィル 広島電鉄 廃線跡 待兼交響楽団 指揮者 新京成 新幹線 旅行 日本センチュリー交響楽団 最近のCD 最近のLP 東京佼成ウィンドオーケストラ 東急 東武 枚方フィル 樹フィル 武庫川女子大学音楽学部 歴史探訪 水族館 水間鉄道 江ノ電 父親のアルバムから 甲南大学OB交響楽団 甲南大響 甲南女子大学管弦楽団 白黒懐かし画像 相愛フィルハーモニア 相鉄 神戸アンサンブルソロイスツ 神戸大学響 神戸市地下鉄 神戸電鉄 神戸高校OBオーケストラ 福井鉄道 私の名盤シリーズ 箕面コンセルト室内合奏団 紫苑交響楽団 美術 聖ソフィア・バラ合唱団/合奏団 能・狂言 能勢電 芦屋交響楽団 芦屋室内合奏団 若林顕 落語 蒸気機関車 藤井貴宏 街歩き 衣笠交響楽団 西宮交響楽団 西宮探訪 西武 見仏 豊中市民管弦楽団 豊橋鉄道 近江鉄道 近畿フィルハーモニー管弦楽団 近鉄 遠州鉄道 鉄道 鉄道前面展望 長岡京市民管弦楽団 長崎電軌 長楽庵 関西グスタフ・マーラー交響楽団 関西フィルハーモニー管弦楽団 関西医科学生交響楽団 関西大学OB交響楽団 関西大学交響楽団 関西学院交響楽団 関西SPレコード愛好会 阪堺電車 阪急 阪神 阪神タイガース 阪神フィル 静岡鉄道 須磨フィル 飛行機 高松琴平電鉄 高槻フィル 高槻室内管弦楽団 龍谷大学交響楽団 JR四国 JR東日本 JR東海 JR西日本

フォト

掲示板

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ