国鉄奈良機関区

  • Photo_7
    昭和46年に奈良機関区を訪ねています。変わりやすい天気で、晴れていると思ったら急に雨が降ってきて大変な日でした。

THE 大阪駅~特急編~

  • 16
    中高生のころ、大阪駅はまだ日常の中にはなく、特急列車を撮りに行く特別な場所であった。栄光の時代が残っていた大阪駅に発着する特急列車の姿を封じ込めました。

THE 大阪駅~急行編~

  • 1258
    大阪駅に発着する急行を集めてみました。行き先によっては、ディーゼルカーの急行もあり、思えば楽しい駅だったのですね。ご興味の方は写真帖のずっと下にある「甲子園口急行物語」もご覧ください。

昭和45-47年の天王寺駅

  • キハ58 きのくに
    天王寺駅は単に竜華や奈良方面、阪和方面への乗り換え駅だったが、紀勢線ホームは頭端駅として有名だった。 時折、乗り換えの途中、駅撮りなどしていたようだ。

竜華・昭和46年

  • Photo_3
    昭和46年に数回に分けて竜華へ出陣しています。当時の関西線はローカルそのもの、まだまだ煙も多く残っていました。

甲子園口(その周辺)急行物語

  • Photo_7
    甲子園口西方の踏切があったあたり、そのもう少し西側の日通の倉庫前あたりは友人たちとのたまり場でした。陽が暮れるまで電車の通過を楽しんでいました。

京都駅残照・昭和45年前後

  • Photo_3
    昭和45年当時、京都駅へ行く機会は限られていたが、その中で残していた写真の中からいくつかを抜粋した。 京都の寺社、観光地に興味を持つのはもう少し後になった。

西宮を走った国鉄電車特急・昭和45年頃

  • Photo_2
    国鉄時代、地元西宮でもいろいろな電車特急が走っていた。 そのすべてではないが、手元に残る写真のうちからいくつかを抜粋した。

あぁ上野駅 昭和46年

  • 特急やまびこ
    初めて東京へ行った昭和46年、昔の風情の残る上野駅に間に合いました。

神戸市電 最後の日

  • 星電社前
    1971年3月に神戸市電は歴史を閉じました。その最終日に神戸市内の各所で写真に収めましたが、思えば震災前の神戸の街も封じ込めたことになりました。

東海道のんびり行

  • 24
    昭和49年5月に、当時まだ走っていた急行桜島・高千穂に乗って、のんびり東海道を東上しました。そのときの車窓風景をまとめました。

京阪滝井駅 昭和50年

  • Photo_2
    京阪電車は今年、中ノ島新線の開通や電車の塗装変更、さらに往年の名特急1900系の引退と話題に事欠きませんが、ごく普通に走っていた昭和50年の滝井駅の様子はこんな感じでした。

昔日の近江鉄道

  • Photo_4
    近江鉄道は、学生時代からの万葉旅行会で近江蒲生野へ行くときに撮影した程度だった。これはその一連の名残である。 「茜さす紫野行き標野行き野守りは見ずや妹が袖ふる」

マンモス機 EH10

  • 04
    国鉄が作った最大最強のマンモス電気機関車EH10。 今でこそ、8軸の電機はいろいろあるけれど、目に焼きついているのはこの機関車だ。

京都市電

  • 2607
    京都へ行くと市内の移動はたいてい市電だった。 市電だと京都初心者にもわかりやすかった。 たまにバスに乗るとぐるっと市内の引き回しにあったり、とんでもない方向へ走ったりと痛い目に会ったからだ。

きーんてーつ特急

  • Photo_11
    70年代の近鉄特急の白黒写真を集めてみました。点数も少なく恐縮ですが、関西には少ない観光特急の雰囲気だけでも伝えたい。おまけにあおぞら号も何枚か。

近鉄、ちょっと前の車両たち

  • 1413
    1980年代に撮った近鉄の一般車両の中からチョイスしてみた。少し小さいというだけで、なんだか親しみを感じる車両の面白さもある。

野上電鉄、廃止3週間前

  • キハ28
    1994年3月末をもって廃止された野上電鉄を、廃止3週間前に友人の2Aカレチさんと訪れた。併せて周辺の鉄道へも足を運んだので、藤並駅でみた有田鉄道のキハをおまけに追加した。

阪神5314F 愛

  • Img_6204
    阪神電車最古参の5314Fは5550Fの新規参入によっていよいよ引退の時期を迎えた。この前パン貫通幌を持つ古き阪神電車の顔を残す編成を追いかけた。

ゴハチ

  • 16ef58
    今も人気のEF58ばかりを集めました。近所鉄の西宮、武庫川をはじめ大阪駅、少し遠くて下関。元気にゴハチが走り回っていた時代がありました。

琴電 旧型車を並べて

  • Img_0059
    平成10年から出張が多かった四国ですが、何回かは高松に足を運んで琴電を追いました。古い写真がなぜか見つからないので、旧型車が消える数年前からのものばかりです。

RRE様HP掲載一覧

  • 0001601
    ブログ開設以前はRREさんの掲示板への投稿を続けていました。ここに、その投稿画像をまとめましたので、ご笑覧いただければと思います。

島原鉄道2007

  • Img_2046
    去年の3月に出○ついでに諫早駅周辺、島原鉄道、足を少し伸ばして長崎電軌を訪問しました。島原鉄道の一部廃止は残念です。

JR九州の車両たち、諫早駅周辺

  • Img_2023
    ラストランブームになったなは/あかつきもこのころは全然注目されず。九州はいろんな列車があって楽しめます。

長崎は今日も雨

  • Img_2117
    長崎ではすごい雨にあいました。それにもめげず、撮り鉄に励んできました。

名鉄瀬戸線

  • Img_1926
    名鉄瀬戸線に6750系という大手私鉄最後の吊りかけ車が走っていると聞いて訪問しました。2008.03.24

惜別 0系新幹線 

  • 01 相生駅 0系の横顔
    いよいよ平成20年11月末に引退する0系新幹線。山陽路で活躍していた近年の記録です。

四国の気動車

  • 四国は今でも気動車の天国です。その中でも、普通車の運用に供せられる車両を集めてみました。普通車だけにDCより気動車という言い方が似合います。

名鉄にあったレールバス

  • 到着したレールバスからの乗り換え
    名鉄の三河線、猿投の先には西中金まで延びる単線があり、そこには今ではその姿をほとんど見ることが出来ないレールバスがひっそりと走っていました。1987年4月、2Aカレチさんと訪れた記録です。

名鉄揖斐線

  • 512号車内
    1987年4月に2Aカレチさんと名鉄を訪れました。 揖斐線は一時下車した美濃北方駅と黒野駅での写真です。

名鉄の旧型車

  • 103763
    1987年4月 2Aカレチさんと一緒に名鉄を訪れました。 名鉄の本線あたりでもまだまだ吊り掛け車が走っていました。

名鉄岐阜市内線

  • 08
    1987年4月、2Aカレチさんと名鉄を訪れた。岐阜市内線をとりあえず撮影した後、揖斐線へと向かった。

明延鉱山とともに

  • 04_img_0155
    小学生時代、明延鉱山の学校とクラス同士の文通をした。その場所がどこだか全く知らずに居たが1円電車の存在は知っていた。その地を訪れたのは随分大人になってからとなった。

鍛冶屋線~愛と死をみつめて

  • 09_img_0334
    大正12年に全線が開通した鍛冶屋線はJR後の平成2年、その歴史に幕を下ろした。 また、「愛と死をみつめて」で有名なミコこと大島みち子さんはこの沿線の方で、線路を見下ろす小高い岡の上にお墓がある。

EF65 0番台原色+茶ガマ

  • 103_img_2881
    かつて、全国の直流区間ではおなじみだったEF65の0番台も、今では岡山に集結する11機のみである。そのうち、原色を保っているのはわずか4両となった。

街歩き

2020年3月30日 (月)

神戸文学館 3/19

Dsc01697  Dsc01700  Dsc01703

今日は3月30日、♪♪フランシーヌの場合は~ あまりにもおバカさん~♪♪ わかる人だけわかってください。

ところで、3月19日は天気も良かったので、とりあえず家を出て、西へ流れました。着いたのは、JR灘駅で、そこから歩いて神戸文学館を訪れました。もともとこの地にあった関西学院の建物の中で戦災を受けたにも関わらず焼け残った教会を利用した施設です。

Dsc01698  Dsc01699

コロナの影響も大きくなっていますが、神戸市内の施設は、比較的利用できるところが多く、ここも蔵出しアラカルトという収蔵品の展示会をしていました。もともと図書館として利用されていたところでもありますので、文学に関する資料も多くあったのでしょう。神戸にまつわる作家の作品、原稿などその作家の紹介とともに多くの品が公開されていました。ここは珈琲もいただけるので、ゆったりすることができるとても心地よいスペースでした。

Dsc01702  Dsc01696

神戸文学館の向かいにあるのは、元の兵庫県律美術館、今では横尾忠則のギャラリーや分館になっています。こちらは横尾忠則の関係の方だけ公開していました。また、関西学院があった土地は神戸市に払い下げられ、今は王子動物園となっています。ここは室内展示を除いてほかの部分は普通に公開しているようでした。パンダも見られるということだと思います。

Dsc01708  Dsc01707  Thumbnail_image4_20200330064901

JR灘駅付近はおしゃれなお店も多く、神戸の素敵な一面を見ることができます。ビルの一階にオープンカフェがありました。コロナでも、こんなところだと安心ですね。また、中国の一級料理人(これは国家資格でかなりの修行と試験を経なければなりません)が作る点心のお店がありました。焼売を買って帰りましたが、おいしかったです。

2020年2月11日 (火)

新世界から日本橋へ その5

Dsc00675  Dsc00676  Dsc00677

1月30日は阪堺線恵美須町駅の移転前にその様子を見ようと思い立ち、ジャンジャン横丁から出発し新世界を通り過ぎ、その後高島屋資料館を訪れました。そこから一本東へ通りをずらして北上すると黒門市場の南側の入り口にあたります。早速、入ってみたら多くの海外からの観光客でにぎわってました。このころはまだ中国語も聞こえてきた、かな。

Dsc00678  Dsc00680

この市場の特徴は何と言っても海鮮が多いこと、海鮮丼、寿司を売っている店も多く、それを店内で座って食べさせてくれるところもありました。どこも賑わっていましたね。

Dsc00679  Dsc00681  Dsc00682

この季節ですから、殻付きの牡蠣、タラバガニ、そしてとても高級な牛肉も売られていました。どれもおいしそうでしたが、値段は高めなのでしょうね。でも、旅行で来られている方々は一期一会ですから、値段が高くても手に取るのでしょう。

Dsc00683  Dsc00684

その究極がこれです。トラフグ!海外ではなかなか食べることができないだろうと思いますから、日本へ来たときにその味を試してみるという事になるのでしょうね。大きな3年フグもありました。でも一番大きいので4万円って、どう!

この後、地下鉄の日本橋駅から帰途につきました、終わり。

2020年2月 9日 (日)

新世界から日本橋へ その4

Dsc00659  Dsc00660

1月30日は初めてのじゃんじゃん横丁や新世界を通り過ぎ、移転間近の阪堺線恵美須町駅を見た後、さらに北上していきます。恵美須町から北へ向かうとかつてはオーディオ店がずらと並んでいた日本橋の電気街を歩くことになります。今はゲーム屋さんが並ぶ痛いお店が多くなりましたね。その中で昔のままの河口無線が生き残っていました。超高級オーディオのお店です。そして、高島屋史料館へ到着しました。

Dsc00674  Dsc00662

高島屋史料館はかつての松坂屋大阪店ですが、その後高島屋が東別館として所有するに至り、今年の1月20日に全面リニューアルするとともに高島屋が所有する美術品や史料を展示する史料館が改めて開館したところです。その重厚な玄関周りはこの通りです。

Dsc00665  Dsc00667  Dsc00669

撮影が許されている美術品はこの平櫛田中の像、多分えびす大黒でしょうか、それと玉虫厨子の精密な再現品です。玉虫厨子は5000匹以上の玉虫の羽が使われているそうで、その自然のきらめきに驚くばかりです。

Dsc00672  Dsc00671

他にこの高島屋東別館や南海難波駅にも直結している高島屋百貨店の建物のジオラマがありました。撮影できませんでしたが、他にもさまざまな史料が展示されていて目の保養になりました。しかも入場料は無料と良いことずくめでした。さらに北上します。

2020年2月 8日 (土)

新世界から日本橋へ その3

Dsc00642  Dsc00643  Dsc00644

先週1月30日は、初めてのじゃんじゃん横丁、新世界へ足を踏み入れました。そこは私にとっても新世界でした。さて、通天閣を後にしてやってきたのは、阪堺電車の恵美須町駅です。交差点の角にひっそりとある目立たない駅、駅というより停車場です。すでに何人かここを訪れていました。

Dsc00646

実は、この駅が1月末を持って少し南へ移動するということでやってきた次第です。こんな掲示がありました。

Dsc00647  Dsc00648  Dsc00652

ということで今のうちに、胡町駅を撮影しておこうと思い、やってきました。駅のホーム端には運転者の休憩所を兼ねた社屋が立っています。木造の建物が時代を感じさせます。また、ホームの屋根を支える古レールにはNANKAIと、CARNEGIEの刻印がありました。19世紀の古レールですね。これも廃棄されていくのでしょうか。

Dsc00649  Dsc00655  Dsc00658

さて、新しい駅は南へ数十メートルほとりの所にほぼ出来上がっていました。その向かいには社屋でしょうか、簡素な建物がありました。南側からみた新しいプラットホームも貼っておきましょう。

51ypj9cpdal__sx346_bo1204203200_

植松三十里 大奥延命院醜聞 美僧の寺 集英社文庫/読了・・・・・・なんだかエロい表紙の本ですが、そこは時代小説の名手、植松三十里の手腕が発揮された一冊でした。江戸時代に実際にあった事件を基に大奥のドロドロした人間関係やいかがわしい寺の実態、あまりに人間臭い事件の裏側を探ってストーリーに仕上げています。11代将軍家斉のころのことだということです。

2020年2月 7日 (金)

新世界から日本橋へ その2

Dsc00633  Dsc00637  Dsc00636

先週1月30日は、初めてじゃんじゃん横丁を訪れました。昔のイメージではとても怖いところと思っていましたが、意外にあっけらかんとした普通の通りでした。そこを抜けると新世界の、これも初めての世界が広がっていました。そこは私にとって、まさに新世界です。ド派手ということでは大阪随一かもしれません。少し遠くに、通天閣も見えてきました。

Dsc00635  Dsc00634  Dsc00638

とにかく派手な建物が続きます。上の釣り船のお店、すごい装飾だと思いましたが、もっともっと派手なお店が続きます。朝日というお店は串カツホルモンの専門店とありますが、真っ赤な装飾で、もう何が何だかの状態です。いよいよ通天閣の足元が見えるところまでやってきました。

Dsc00639  Dsc00641  Dsc00640

通天閣の入り口って、こんなところにあるのですね。最近はインバウンドはじめ、入場者数が増えているようですが、この日はパスしました。それはじゃんじゃん横丁も新世界も寄り道だったからです。そろそろ、目的の所を目指して行かねばなりません。

2020年2月 6日 (木)

新世界から日本橋へ その1

Dsc00622  Dsc00623  Dsc00624

先月1月30日は見ておきたいものがあったので新今宮へ出かけました。見たいものの所へ行く前に、新今宮駅の東側にあるじゃんじゃん横丁というところへ初めて足を踏み入れました。子供のころ?高校生ぐらいの時でも、行ったらあかんところでしたけど。新今宮駅のオーシャンアロー、じゃんじゃん横町の南側の入り口などです。

Dsc00626  Dsc00629

じゃんじゃん横丁の中にはテレビで見たことのある将棋屋さんや的を当てる屋台のような店があり、とても目を惹きました。狭い通路ではありましたが、人通りもそれほどではなく、あっけらかんとした商店街という感じですね。想像以上に健康的な横丁でした。

Dsc00625  Dsc00630  Dsc00632

じゃんじゃん横丁というとなんといっても串カツ屋さんと言うイメージ、その通りにいくつものお店がありました。とても流行っていてお客さんが列を作っているところもあれば、ガラガラのお店もあったりとなぜ?と思いますが、そういうものなのでしょうね。そして、全国的に有名な串カツのだるまもありました。店の前には名物店長の人形もありました。続く。

321811001059

中川右介 至高の十大指揮者 角川ソフィア文庫/読了・・・・・・・・トスカニーニからラトルに至る世界の指揮者を十人取り上げ、生誕から少年時代、成長期を経て音楽界でもまれて一流になる姿を追っかけて紹介しています。業界としてはとても狭いものですから、しかもその一流となると限られた人間関係となりますから、紹介された10人もそれぞれ関係性を持っています。著者が選んだ10人ですが、自分ならだれを選ぶかなぁ。みんな長命が条件ですけれど。

紹介された10人・・・・トスカニーニ、ワルター、フルトヴェングラー、ミュンシュ、ムラヴィンスキー、カラヤン、バーンスタイン、アバド、小澤、ラトル

その他のカテゴリー

2019四国の旅 JR貨物 Jフィル MIZUMO T-ストリングス かぎろひ歴史探訪 その他 みちのくひとり旅 やまとんくらぶ アイチャンオケ アミーキティア管弦楽団 アンサンブル ラ・ピアチェーレ アンサンブル・アルビレオ アンサンブル・コスモリバティ アンサンブル・ジョワン アンサンブル・ツヴァイ アンサンブル・フリー アンサンブル・ミンネン アンサンブル・ヴィオ ウォーキング鉄 オルガンコンサート オーケストラ・アンサンブル・フォルツァ オーケストラ・クラシック オーケストラ・ソノリテ オーケストラ・ノインテ オーケストラ・ブラヴォー! オーケストラ・ポミエ オーケストラ千里山 オーディオ カメラ カンマーフィルハーモニー京都 カンマーフィルハーモニー神戸 クラシックサロン・アマデウス クラシック音楽 クランクレーデ クレセント室内アンサンブル クレー管弦楽団 グッド・シーズン・アンサンブル グルメ コレギウム・ヨハネス コレギウム夙川管弦楽団 シンフォニア・スピカ セント・マーティン・オーケストラ ゾンアーベント・アンサンブル タリヘーレ四重奏団 ダムカード テレマン室内オーケストラ ディスクユニオン ドイツ紀行 ニイジマ・キネン・オーケストラ ニュージーランド鉄道 ハイマート交響楽団 ハイマート合唱団 バス バッハクライス神戸 バンブスアンサンブル パソコン ファゴット・フェスティバル フェニックスフィル フォンス・フローリス古楽院 ブレスシンフォニーオーケストラ プロ野球 ホール・バルティカ ミモザの会 ミュー室内管弦楽団 メイプルフィル ライブカメラ ラグビー ワンコイン市民コンサート ヴェデルニコフ 万葉 三宝鉄道 上甲ウィンドシンフォニー 上甲子園中学吹奏楽部 交響楽団ひびき 京急 京成 京王 京都フィロムジカ管弦楽団 京都プレザントオーケストラ 京都大学交響楽団 京都工芸繊維大学交響楽団 京阪 伊予鉄 伊予鉄道 伊豆急行 信濃の旅 八尾フィル 六甲フィル 兵庫医科大学医療大学合同オーケストラ_ 兵庫芸術文化センターワンコインコンサート 兵庫芸術文化センター管弦楽団 写真展 切符 初演企画 北摂フィル 北総 千里フィルハーモニア・大阪 南海 卯之町 叡山電車 合唱団 名鉄 吹奏楽 吹奏楽団 吹田市交響楽団 四国詣で 土佐くろしお鉄道 土佐日記 土佐電 地下鉄 堺フィル 夢の国 ニュージーランド 大井川鉄道 大阪センチュリー交響楽団 大阪フィルハーモニー交響楽団 大阪フロイデ合唱団 大阪メトロ 大阪モーツァルトアンサンブル 大阪交響楽団 大阪市営交通局 大阪市営地下鉄 大阪市民管弦楽団 大阪芸術大学管弦楽団 天理シティオーケストラ 奈良女子大管 奈良歩き 学園都市交響楽団 宝塚響 富士急行 寝屋川市民管弦楽団 小田急 尼崎市吹奏楽団 尼崎市民交響楽団 尼崎弦楽アンサンブル 居酒屋 山陽 岡山電軌 嵐電 川西市民オーケストラ 幻想フィル 広島電鉄 廃線跡 待兼交響楽団 指揮者 新京成 新幹線 旅行 日本センチュリー交響楽団 最近のCD 最近のLP 東京佼成ウィンドオーケストラ 東急 東武 枚方フィル 樹フィル 武庫川女子大学音楽学部 歴史探訪 水族館 水間鉄道 江ノ電 父親のアルバムから 甲南大学OB交響楽団 甲南大響 甲南女子大学管弦楽団 白黒懐かし画像 相愛フィルハーモニア 相鉄 神戸アンサンブルソロイスツ 神戸大学響 神戸市地下鉄 神戸電鉄 神戸高校OBオーケストラ 福井鉄道 私の名盤シリーズ 箕面コンセルト室内合奏団 紫苑交響楽団 美術 聖ソフィア・バラ合唱団/合奏団 能・狂言 能勢電 芦屋交響楽団 芦屋室内合奏団 若林顕 落語 蒸気機関車 藤井貴宏 街歩き 衣笠交響楽団 西宮交響楽団 西宮探訪 西武 見仏 豊中市民管弦楽団 豊橋鉄道 近江鉄道 近畿フィルハーモニー管弦楽団 近鉄 遠州鉄道 鉄道 長岡京市民管弦楽団 長崎電軌 長楽庵 関西グスタフ・マーラー交響楽団 関西フィルハーモニー管弦楽団 関西医科学生交響楽団 関西大学OB交響楽団 関西大学交響楽団 関西学院交響楽団 関西SPレコード愛好会 阪堺電車 阪急 阪神 阪神タイガース 阪神フィル 静岡鉄道 須磨フィル 飛行機 高松琴平電鉄 高槻フィル 高槻室内管弦楽団 龍谷大学交響楽団 JR四国 JR東日本 JR東海 JR西日本

フォト

掲示板

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

無料ブログはココログ