国鉄奈良機関区

  • Photo_7
    昭和46年に奈良機関区を訪ねています。変わりやすい天気で、晴れていると思ったら急に雨が降ってきて大変な日でした。

THE 大阪駅~特急編~

  • 16
    中高生のころ、大阪駅はまだ日常の中にはなく、特急列車を撮りに行く特別な場所であった。栄光の時代が残っていた大阪駅に発着する特急列車の姿を封じ込めました。

THE 大阪駅~急行編~

  • 1258
    大阪駅に発着する急行を集めてみました。行き先によっては、ディーゼルカーの急行もあり、思えば楽しい駅だったのですね。ご興味の方は写真帖のずっと下にある「甲子園口急行物語」もご覧ください。

昭和45-47年の天王寺駅

  • キハ58 きのくに
    天王寺駅は単に竜華や奈良方面、阪和方面への乗り換え駅だったが、紀勢線ホームは頭端駅として有名だった。 時折、乗り換えの途中、駅撮りなどしていたようだ。

竜華・昭和46年

  • Photo_3
    昭和46年に数回に分けて竜華へ出陣しています。当時の関西線はローカルそのもの、まだまだ煙も多く残っていました。

甲子園口(その周辺)急行物語

  • Photo_7
    甲子園口西方の踏切があったあたり、そのもう少し西側の日通の倉庫前あたりは友人たちとのたまり場でした。陽が暮れるまで電車の通過を楽しんでいました。

京都駅残照・昭和45年前後

  • Photo_3
    昭和45年当時、京都駅へ行く機会は限られていたが、その中で残していた写真の中からいくつかを抜粋した。 京都の寺社、観光地に興味を持つのはもう少し後になった。

西宮を走った国鉄電車特急・昭和45年頃

  • Photo_2
    国鉄時代、地元西宮でもいろいろな電車特急が走っていた。 そのすべてではないが、手元に残る写真のうちからいくつかを抜粋した。

あぁ上野駅 昭和46年

  • 特急やまびこ
    初めて東京へ行った昭和46年、昔の風情の残る上野駅に間に合いました。

神戸市電 最後の日

  • 星電社前
    1971年3月に神戸市電は歴史を閉じました。その最終日に神戸市内の各所で写真に収めましたが、思えば震災前の神戸の街も封じ込めたことになりました。

東海道のんびり行

  • 24
    昭和49年5月に、当時まだ走っていた急行桜島・高千穂に乗って、のんびり東海道を東上しました。そのときの車窓風景をまとめました。

京阪滝井駅 昭和50年

  • Photo_2
    京阪電車は今年、中ノ島新線の開通や電車の塗装変更、さらに往年の名特急1900系の引退と話題に事欠きませんが、ごく普通に走っていた昭和50年の滝井駅の様子はこんな感じでした。

昔日の近江鉄道

  • Photo_4
    近江鉄道は、学生時代からの万葉旅行会で近江蒲生野へ行くときに撮影した程度だった。これはその一連の名残である。 「茜さす紫野行き標野行き野守りは見ずや妹が袖ふる」

マンモス機 EH10

  • 04
    国鉄が作った最大最強のマンモス電気機関車EH10。 今でこそ、8軸の電機はいろいろあるけれど、目に焼きついているのはこの機関車だ。

京都市電

  • 2607
    京都へ行くと市内の移動はたいてい市電だった。 市電だと京都初心者にもわかりやすかった。 たまにバスに乗るとぐるっと市内の引き回しにあったり、とんでもない方向へ走ったりと痛い目に会ったからだ。

きーんてーつ特急

  • Photo_11
    70年代の近鉄特急の白黒写真を集めてみました。点数も少なく恐縮ですが、関西には少ない観光特急の雰囲気だけでも伝えたい。おまけにあおぞら号も何枚か。

近鉄、ちょっと前の車両たち

  • 1413
    1980年代に撮った近鉄の一般車両の中からチョイスしてみた。少し小さいというだけで、なんだか親しみを感じる車両の面白さもある。

野上電鉄、廃止3週間前

  • キハ28
    1994年3月末をもって廃止された野上電鉄を、廃止3週間前に友人の2Aカレチさんと訪れた。併せて周辺の鉄道へも足を運んだので、藤並駅でみた有田鉄道のキハをおまけに追加した。

阪神5314F 愛

  • Img_6204
    阪神電車最古参の5314Fは5550Fの新規参入によっていよいよ引退の時期を迎えた。この前パン貫通幌を持つ古き阪神電車の顔を残す編成を追いかけた。

ゴハチ

  • 16ef58
    今も人気のEF58ばかりを集めました。近所鉄の西宮、武庫川をはじめ大阪駅、少し遠くて下関。元気にゴハチが走り回っていた時代がありました。

琴電 旧型車を並べて

  • Img_0059
    平成10年から出張が多かった四国ですが、何回かは高松に足を運んで琴電を追いました。古い写真がなぜか見つからないので、旧型車が消える数年前からのものばかりです。

RRE様HP掲載一覧

  • 0001601
    ブログ開設以前はRREさんの掲示板への投稿を続けていました。ここに、その投稿画像をまとめましたので、ご笑覧いただければと思います。

島原鉄道2007

  • Img_2046
    去年の3月に出○ついでに諫早駅周辺、島原鉄道、足を少し伸ばして長崎電軌を訪問しました。島原鉄道の一部廃止は残念です。

JR九州の車両たち、諫早駅周辺

  • Img_2023
    ラストランブームになったなは/あかつきもこのころは全然注目されず。九州はいろんな列車があって楽しめます。

長崎は今日も雨

  • Img_2117
    長崎ではすごい雨にあいました。それにもめげず、撮り鉄に励んできました。

名鉄瀬戸線

  • Img_1926
    名鉄瀬戸線に6750系という大手私鉄最後の吊りかけ車が走っていると聞いて訪問しました。2008.03.24

惜別 0系新幹線 

  • 01 相生駅 0系の横顔
    いよいよ平成20年11月末に引退する0系新幹線。山陽路で活躍していた近年の記録です。

四国の気動車

  • 四国は今でも気動車の天国です。その中でも、普通車の運用に供せられる車両を集めてみました。普通車だけにDCより気動車という言い方が似合います。

名鉄にあったレールバス

  • 到着したレールバスからの乗り換え
    名鉄の三河線、猿投の先には西中金まで延びる単線があり、そこには今ではその姿をほとんど見ることが出来ないレールバスがひっそりと走っていました。1987年4月、2Aカレチさんと訪れた記録です。

名鉄揖斐線

  • 512号車内
    1987年4月に2Aカレチさんと名鉄を訪れました。 揖斐線は一時下車した美濃北方駅と黒野駅での写真です。

名鉄の旧型車

  • 103763
    1987年4月 2Aカレチさんと一緒に名鉄を訪れました。 名鉄の本線あたりでもまだまだ吊り掛け車が走っていました。

名鉄岐阜市内線

  • 08
    1987年4月、2Aカレチさんと名鉄を訪れた。岐阜市内線をとりあえず撮影した後、揖斐線へと向かった。

明延鉱山とともに

  • 04_img_0155
    小学生時代、明延鉱山の学校とクラス同士の文通をした。その場所がどこだか全く知らずに居たが1円電車の存在は知っていた。その地を訪れたのは随分大人になってからとなった。

鍛冶屋線~愛と死をみつめて

  • 09_img_0334
    大正12年に全線が開通した鍛冶屋線はJR後の平成2年、その歴史に幕を下ろした。 また、「愛と死をみつめて」で有名なミコこと大島みち子さんはこの沿線の方で、線路を見下ろす小高い岡の上にお墓がある。

EF65 0番台原色+茶ガマ

  • 103_img_2881
    かつて、全国の直流区間ではおなじみだったEF65の0番台も、今では岡山に集結する11機のみである。そのうち、原色を保っているのはわずか4両となった。

街歩き

2020年9月25日 (金)

街歩き 旧藤田邸庭園へ

Dsc04754

先週9月18日は、またまた写真展を見に行こうとJR東西線の大阪城北詰駅まで行きました。地上に出たところの近くにあったのがこの旧藤田邸庭園です。時間に余裕もあったので、この大層な門を入っていきました。

Dsc04753  Dsc04762

この庭園は、藤田組創立者の藤田伝三郎が大正5年(1916年)に完成させた本宅跡を一般公開しているものです。隣接して藤田美術館や太閤園、反対側に市長公館があります。

Dsc04755  Dsc04759  

庭園の中は起伏にとんだ風景が歩くごとに変化していき、都会の中とは思えないほど、ゆったりとした空間がとられています。この日はちょうど草刈りをしていて少しうるさかったですけれど、季節が良ければとても落ち着いた場所になるでしょう。

Dsc04763  Dsc04766

庭園を大川の方へ出たところに赤い橋がありました。ここから大川沿いに天満橋の方へ向かい、写真展が開催されているOMMビルまで来ました。京阪3000系特急がビルの下にある天満橋駅へ吸い込まれていきました。

2020年8月21日 (金)

神戸元町歩き 8/20

Dsc04192_20200821063301    

昨日8月20日は用事があって阪神電車西元町駅で下車しました。普段は何も用事がないところで、この駅で降りたのは過去に一回あったかどうか。

Dsc04193  Dsc04194

改札口を出たところに、タウン地下食味街というのがありました。ちょうど昼時だったので少し覗いてみたところ、とてもディープな世界が広がっていました。この奥の方まで勇気を振り絞って行ってみましたが、とても写真を撮ってみようという雰囲気ではありませんでした。行ったことないけどニューヨークの危険なところってこんな感じなのでしょうか。臭いも変だったし。今や、新世界も新今宮も怖いところではなくなりましたが、神戸は深い。

Dsc04197  

さて、気を取り直して暑い地上に出てきました。元町商店街もあるので、ランチをするところくらいあっちこっちにあるだろうと思ったのですが、イマイチ商店街で神戸らしいお店もなかなか見当たりません。歩くうちに、ふと見るとくま食堂の看板が出ていたので、たしか洋食屋さんだったなという記憶の元に訪ねてみました。

Thumbnail_image4_20200821063601

これが正解で、お客さんも多く、賑わっていました。いただいたのは、福井で有名なボルガライス。オムライスの上にチーズがかかり、さらにとんかつが乗ってデミグラスソースがかかるという美味しさの多層化でした。

Dsc04200    

用事を済ませ、帰り道の途中に南京町に立ち寄ってみました。あんなに多くの観光客で一年中にぎわっていた南京町が、向こうの方までスカッと見通せるじゃないですか。さすがコロナの前には抗うこともできなかったのでしょうか。

Dsc04201  Dsc04202_20200821063301

とは言うものの、好みのぎょうざ苑は開いていたし、豚まんの老祥記の周りだけ人が集まっていた、そんな感じでしたね。武漢から広まった今回のウィルス感染症、南京町にとっては、確かにイメージは悪いですね。さて、賑わいは戻せるのでしょうか。

2020年8月14日 (金)

夏の甲子園界隈 8/12

Dsc04119  Dsc04120  

暑い毎日ですが、暑さに負けてばかりはいられません。8月12日は、炎天下でしたが自転車で甲子園界隈を走ってきました。母なる川、武庫川を渡ります。橋の上から旧甲子園ホテル(現在は武庫川女子大学 甲子園会館)が見えています。

Dsc04126_20200814064001

そこから下って、甲子園球場まで来ました。ちょうど高校野球の交流試合が開催されていました。コロナ禍で春、夏の高校野球が中止になりましたが、このままだと、未来永劫、高校野球が開催されることが無くなります。早く、この病気のカテゴリーが今の感染症のカテゴリーレベルで適当なのか、ほんまにペストやコレラ以上の慎重な対応が必要なのか、これだけ騒がないといかんのか、対策の充実とともにそのあたりも考え直してもらいたいものです。

Thumbnail_image0_20200814064001  Dsc04121

さて、気を取り直して、甲子園口駅前に新しく出来たてんぷら屋さんでランチです。ランチメニューでも、ひとつひとつ揚げ立てを運んできてくれます。天丼650円~、定食800円~だったかな。とても充実したお昼ご飯を頂きました。

Dsc04129  Dsc04137  Dsc04148

さらに南下して、昼からは武庫川線へ向かいました。ちょうど緑の甲子園号がやってきました。いままでTORACO号とTigers号を撮影しているので、残りはひと編成です。それはまたそのうちに撮れるでしょう。

暑いさなかの自転車でしたが、陰に入るとすっと汗が引くような感じで、また走っているときは風を受けて快適でした。

2020年8月 7日 (金)

天満界隈を歩く 8/3

Dsc03996  Dsc03997

梅雨明け後の8月3日は、ギラギラと夏の太陽が照りつける中ではありましたが、行こうと思っていたところがあったので、JR東西線の大阪天満宮駅まで行きました。駅近くには、上方落語の定席である天満繁盛亭がありますね。昼公演も始まっており、賑わいが戻ってきています。

Dsc03998  Dsc03999

天満繁盛亭の南側にある天満宮、天神さんにお参りして、さらに歩いて天満橋を渡ります。橋の上を阪神高速道路が通っています。今年は天神祭の船渡御もなかったなぁとか思いながら渡りました。とは言うものの、今まで見たことないんやけど。

Dsc04000  Dsc04002_20200807063101

天満橋の上からはOBPあたりの高層ビルが見えています。この中にあるいずみホールで、3月4日に大阪交響楽団の定期演奏会を聞いて以来、コンサートに接していません。こんなことになるとは思ってもいませんでした。

Dsc04006  Dsc04004  Dsc04003

天満橋の上からは京阪電車が通過していく様子が見られま。たまたま絶滅危惧車種の5000系が通過していきました。そのほか、各種車両が通りましたが、灼熱地獄の中でしたから、早々に目的地を目指して移動することとしました。

U9jq5a_20200807063201

東海林さだお ひとり酒の時間 だいわ文庫/読了・・・・・・・・・・・・・・酒場へ行ってひとりでいかに呑むかというテーマだけに絞ったエッセイ。この本を読むと東海林さんと小生のビールの飲み方は全く同じなのがわかります。とにかく、ビールで始まらないといかんのです。また、呑み始めからのピッチが速いのです。そして、そのうち、ペースが落ちてくるのです。そうそう!と思う箇所が多く、この人と一緒に呑みたいなぁと思う一冊でした。一緒に呑んだら、ひとり酒にはならんのですけれど。ただ、ベストつまみが少し違います。東海林さんは、串カツ⇒枝豆⇒ソーセージ、小生は、餃子⇒カツオの塩タタキ⇒唐揚げ、こんなところかなぁ、どうでもええけど。

2020年7月 2日 (木)

街歩き 芦屋界隈 6/28

Dsc03220  Dsc03221

6月28日は、さくら夙川駅から歩きはじめ西宮市と芦屋市との市境辺りまで来ました。ここからは、下り線の撮影が抜けたカットで撮影できます。マンションの近くで撮影していたのですが、突然の豪雨があり、マンションの軒下に入り難を逃れることができました。降る前と豪雨の比較です。雨男のEF5861さんが乗車されていたのでしょうか。

Dsc03229  Img_1593_20200702082701

雨を上がったのでまた芦屋方向へ歩きます。少し行くと大きなマンション前にフェンスが並ぶところがあります。ここはかつて2008年3月に姿を消した特急あかつき・なはをよく撮影に来たところです。このような寝台特急が毎日走っていたのが懐かしいですね。

Dsc03231  Dsc03234

芦屋川を越えると視界が広がる区間があります。快速の背後にある橋は、子供のころに自転車を飛ばしてよく電車を見に来たところです。線路から橋までの高さがこの辺りでは比較的低くなっていて通過する列車を迫力満点で見ることができました。残念ながらカメラを持つ前だったので記録はありません。

Dsc03239  Dsc03243

さくら夙川駅に着いたとき、ちょうどEF65-PFのカモレが通過する時刻だったのでそれを待ちます。その前にEF210-302牽引のカモレが通過していきました。そしてやってきたEF65-PFは2063号機でした。復刻塗装が進むEF65-PFですが、そのうちこのようなJR貨物塗装が逆に注目されるかもしれませんね。

9784569900179  20120626180643

江上剛 クロカネの道をゆく 「鉄道の父」と呼ばれた男 PHP文芸文庫/読了・・・・・・・・・・・長州が幕末にひそかにイギリスへ5人の留学生を送っています。このメンバーが維新後それぞれの分野で活躍したことから長州ファイブと呼ばれています。そのひとり、井上勝は鉄道のちちと呼ばれ、新橋-横浜間をはじめとし、京都-大阪-神戸間の鉄道敷設を現場で指揮し完成に導いています。ちょうど本日のブログ記事にあるさくら夙川-芦屋の区間は、天井川である芦屋川の下をトンネルでくぐる困難な工事だったものを成功させています。それにちなんだ形でこの本を紹介できるのもご縁でしょうか。その井上勝の生涯を描いた素晴らしく凝縮した筆致の一冊で読み応えがありました。

2020年7月 1日 (水)

街歩き さくら夙川から芦屋へ 6/28

Dsc03199

今年の梅雨はざっと降る日と、曇っているものの安定する日があって、メリハリがついているような気がします。そんな6月28日は梅雨ながら雨の予報がない一日だったので、カメラを持って散歩に出かけました。駅に行ったところ、すぐに智頭急行のスーパーはくとがやってきたのでとりあえず試し撮りです。

Dsc03201  Dsc03203

乗った電車をさくら夙川で降りて、夙川の土手沿いにあるお堂脇までやってきました。ここは、昔は線路際まで草原が広がっていて、幾度となく撮影に来ていたところです。今はフェンスで区切られていてその網目からの撮影となります。今度は大阪方面から鳥取へ向かうスーパーはくとが通過していきました。ところが、作業車がやってきて視界をふさぎ、万事休すです。

Dsc03218  Dsc03211  Dsc03213

さらに西の方へ歩き、ここも幾度となく撮影のためにやってきた森具踏切まで来ました。ここは踏切の南側に遮断機は更新されたようでなんだか新しい機械になっていました。北側の遮断機は旧来のままのようです。点滅する部分が縦並びか横並びか、そんな違いが認められます。

Dsc03214  Dsc03216  Dsc03217

森具踏切でやってくるカモレを撮影しました。なぜかやってくる機関車がみんなEF210-300番台ばかりです。サイドにある黄色いラインが綺麗に映えています。300番台は主に関西方面で活躍しているのでしょうか。関東の方からは、あちらではあまり見かけないとの情報をもらいました。街歩きは続きます。

322001000060

小泉武夫 くさいはうまい 角川ソフィア文庫/読了・・・・・・・・・・・・・味覚人飛行物体を自認する食いしん坊の著者による「くさいはうまい」とする章と、「滋養たっぷり物語」とする章の構成で一冊になっています。いずれも、発酵というキーワードをもとに、人間がいかに貪欲に食欲を満たしつつ、発酵という現象をうまく使いつつ、自然に素晴らしい食品を組み合わせて食べてきたかということを書かれています。いつもながらの熱い文章に接しました。

2020年6月27日 (土)

街歩き 西宮北口界隈

Thumbnail_image2_20200627084201  Thumbnail_image9_20200627084201  Thumbnail_image6_20200627084201

一昨日、6月25日は兵庫芸術文化センターで開催予定だった談春や喬太郎の落語会などのチケットの払い戻しのために西宮北口まで行きました。簡易書留でのチケット郵送でもよいのですが、それでは入金まで時間が掛かってしまいますから。この時期、入り口に置かれたブールデルのベートーヴェン像も苦難の表情です(いつもか!)

Thumbnail_image8_20200627084201  Thumbnail_image7_20200627084201

チケット払い戻しを受けて帰ろうとすると、佐渡さんの写真とともに、心の広場プロジェクトという演奏会再開に向けての試みが掲示されていました。コンサートは7月4日の小ホールでの室内楽から始められるようですが、すでにチケットは完売のようです。本日10時から2件のコンサートの発売もありますが、ちょいと野暮用があって取れそうもありません。

Thumbnail_image4_20200627084201  Thumbnail_image3_20200627084201

チケットを現金化したというところで、お昼をなじみのお店で頂くこととしました。大振りの牡蠣フライが4つも載ったカキフライ定食です。大きな椀にアラ出汁の味噌汁が付きます。大満足のランチタイムとなりました。

Thumbnail_image0_20200627084201  Thumbnail_image1_20200627084201

お腹も満たされたのですが、もう少しゆっくりしたいと思い、ひばり珈琲さんまで足を延ばしました。ここは、以前甲子園口にあった廣屋さんの系列になる珈琲屋さんで、たいへんおいしい珈琲がいただけます。さらに、写真にあるようにJBLのスピーカーから流れるジャズを楽しむことができ、ゆっくりするには最適の隠れ家のひとつです。(まぁ、お客さんが多いと、ガチャガチャするのは仕方ないですけれど)

2020年6月17日 (水)

阪神武庫川線からの拾い物

Dsc02842

6月14日の日曜日、夕方から雨模様という予報でしたので、その前にもう一度阪神武庫川線へ行ってみようと自転車で出かけました。この前は新車の中でもTORACOだったので、この日は何だろうと期待したのですが、やってきたのは残念ながらTORACOでした、ガッカリ。

Dsc02847  Dsc02848

仕方がないので、東鳴尾の辺りを自転車で散策していると、ふと一軒の喫茶店が目につきました。緑のしゃれたドアが目についた後、目が点になりました。店頭にレコードジャケットが並んでいます。

Dsc02844  Dsc02846

レコードジャケットを見ると、モニク・アースのドビュッシー、ウィーンフィルの歴史、ウィルヘルム・ケンプのベートーヴェンのソナタ集、イストバン・ケルテスが指揮したレスピーギのローマ三部作、バーンスタインのガーシュイン作品集、ワルター指揮ニューヨークフィルのベートーヴェンとリヒャルト・シュトラウス等々。ほかにフランク・シナトラ。

さらにジャケットの間に並べられたオーディオ装置のラインナップを見ると、タンノイ、JBLの高級スピーカーをはじめ、国内外の有名なメーカーのアンプやCDプレーヤーがあるようです。この日は、お休みでしたが、近いうちに訪ねてみたいものです。思わぬ拾い物があった武庫川線散策でした。

11c004c18d91905c0a025d2eabed7a66yamamoto

山本博文 「忠臣蔵」の決算書 新潮新書/読了・・・・・・・・昨年秋に映画化された種本のようですが、忠臣蔵を史実に基づき、経済面からどのように実行可能だったのかということを検証した一冊です。忠臣蔵は、その後の芝居や演劇、ドラマ、映画などで脚色に次ぐ脚色で真実の姿が見えにくくなっていますが、経済という全く客観的なデータをもとに解き明かすというのは、とても冷静な視点で面白かったです。このような素晴らしい著作がある方が今春急逝されたのは残念なことです。

2020年6月10日 (水)

日曜の街歩き 武庫川沿いで

11_20200610055701   14_20200610055701  15_20200610055701

甲子園口界隈の街並みから武庫川の堤防近くまでやって来ました。右岸の堤防の外側には気持ちの良い散策道があります。実はこの道の一部がかつて阪神武庫川線から国鉄甲子園口駅、さらに西宮駅へと続く国鉄の貨物線の跡なのです。

13_20200610055701  12_20200610055701  

そのように見ていくと、すべてが廃線跡のように見えてくるから不思議です。ただ、いろいろ調べてみると散策道の南半分は単なる土手沿いの道であるようです。この写真にある浄水場の舗装された道路の一部が廃線跡です。水路を渡る橋はたぶんその廃線跡なのでしょう。

18_20200610055701  16  17

廃線跡に心を残しつつ、武庫川を渡ります。階段の壁になにやらシミのようなものが!ひょっとしてバンクシー?と思って見ましたが、単なる汚れでしょうね。う~ん、でもなんだか人が手を挙げている絵のようにも見えるなぁ。

19_20200610055701  20_20200610055701

土手沿いの道路は、その一部が日曜日には車両の通行止めになっています。ひろびろとした道路を歩き放題です。さっきまで歩いていた旧甲子園ホテルあたりを眺めつつ、気持ちの良い街歩きを楽しみました。この日は15000歩ほどになりました。

81epbid2wkl

門井慶喜 銀河鉄道の父 講談社文庫/読了・・・・・・・著者の直木賞受賞作品ですが、さすがに読ませました。ぐいぐい引き込まれてしまうので、読み始めてからしばらくは逆に読まないで本を置きました。それくらい、本の中へ吸い込まれるかのようでした。まさに読書の醍醐味がここにあります。ストーリーは、宮沢賢治の父親が賢治を見守り続けたものですが、その中で賢治の姿が浮き上がってきます。久しぶりに、雨ニモマケズ・・・・・・を読みました。

2020年6月 9日 (火)

日曜の街歩き 甲子園口界隈

7_20200609063801  6_20200609063801  8_20200609063801

一昨日6月7日、昼間はちょいと野暮用があったので静かにしていましたが、素晴らしいピーカンの天気だったのでこれは散歩に行かなければなりません。JRで甲子園口まで行ってみました。ちょうど下りのEF65-PFのカモレがやってくる時刻でした。甲子園口駅の駅前には野球のボールとバットのモニュメントがあります。

高校野球のメッカ 甲子園球場のある街 にしのみや

9_20200609063801  1_20200609063801

ここへ来た理由の一つは、商店街から少し入ったところにある中華料理のお店で、持ち帰りのザーサイを買うためです。これがとっても美味しいのです。駅前から南へのビル商店街は、テレビとのコラボでほんわか商店街と呼ばれています。

2_20200609063801  3_20200609063801  4_20200609063801

にぎやかな商店街を離れると、辺りは一転、落ち着いた高級住宅街が広がります。そのたたずまいは決して芦屋や甲陽園に見劣りするものではありません。

その一角に松山大学の温山記念会館(旧 新田邸)があります。ここは松山大学の創始者にして実業家の新田長次郎の邸宅だったものが大学に寄贈されたものです。設計は松山の娘婿 木子七郎。愛媛県庁や新潟県庁、松山の萬翠荘、日本赤十字病院などの建築作品があります。

10_20200609063801  5_20200609063801

さて、住宅街を抜けるとこれも先日に来た武庫川畔に出ました。まさに雲ひとつない空、一転の曇りもないという表現が当てはまります。梅雨までのひと時の爽やかな日曜日でした。いいですよ、甲子園口界隈 ⇒ 続く

その他のカテゴリー

2019四国の旅 JR貨物 Jフィル MIZUMO T-ストリングス かぎろひ歴史探訪 その他 みちのくひとり旅 やまとんくらぶ アイチャンオケ アミーキティア管弦楽団 アンサンブル ラ・ピアチェーレ アンサンブル・アルビレオ アンサンブル・コスモリバティ アンサンブル・ジョワン アンサンブル・ツヴァイ アンサンブル・フリー アンサンブル・ミンネン アンサンブル・ヴィオ インターネット ウォーキング鉄 オルガンコンサート オーケストラ・アンサンブル・フォルツァ オーケストラ・クラシック オーケストラ・ソノリテ オーケストラ・ノインテ オーケストラ・ブラヴォー! オーケストラ・ポミエ オーケストラ千里山 オーディオ カメラ カンマーフィルハーモニー京都 カンマーフィルハーモニー神戸 クラシックサロン・アマデウス クラシック音楽 クランクレーデ クレセント室内アンサンブル クレー管弦楽団 グッド・シーズン・アンサンブル グルメ コレギウム・ヨハネス コレギウム夙川管弦楽団 シンフォニア・スピカ セント・マーティン・オーケストラ ゾンアーベント・アンサンブル タリヘーレ四重奏団 ダムカード テレマン室内オーケストラ ディスクユニオン ドイツ紀行 ニイジマ・キネン・オーケストラ ニュージーランド鉄道 ハイマート交響楽団 ハイマート合唱団 バス バッハクライス神戸 バンブスアンサンブル パソコン ファゴット・フェスティバル フェニックスフィル フォンス・フローリス古楽院 ブレスシンフォニーオーケストラ プロ野球 ホール・バルティカ ミモザの会 ミュー室内管弦楽団 メイプルフィル ライブカメラ ラグビー ワンコイン市民コンサート ヴェデルニコフ 万葉 三宝鉄道 上甲ウィンドシンフォニー 上甲子園中学吹奏楽部 交響楽団ひびき 京急 京成 京王 京都フィロムジカ管弦楽団 京都プレザントオーケストラ 京都大学交響楽団 京都工芸繊維大学交響楽団 京阪 伊予鉄 伊予鉄道 伊豆急行 信濃の旅 八尾フィル 六甲フィル 兵庫医科大学医療大学合同オーケストラ_ 兵庫芸術文化センターワンコインコンサート 兵庫芸術文化センター管弦楽団 写真展 切符 初演企画 北摂フィル 北総 千里バロック合奏団 千里フィルハーモニア・大阪 南海 卯之町 叡山電車 合唱団 名指揮者列伝 名鉄 吹奏楽 吹奏楽団 吹田市交響楽団 四国詣で 土佐くろしお鉄道 土佐日記 土佐電 地下鉄 堺フィル 夢の国 ニュージーランド 大井川鉄道 大阪センチュリー交響楽団 大阪フィルハーモニー交響楽団 大阪フロイデ合唱団 大阪メトロ 大阪モーツァルトアンサンブル 大阪交響楽団 大阪市営交通局 大阪市営地下鉄 大阪市民管弦楽団 大阪芸術大学管弦楽団 天理シティオーケストラ 奈良女子大管 奈良歩き 学園都市交響楽団 宝塚響 富士急行 寝屋川市民管弦楽団 小田急 尼崎市吹奏楽団 尼崎市民交響楽団 尼崎弦楽アンサンブル 居酒屋 山陽 岡山電軌 嵐電 川西市民オーケストラ 幻想フィル 広島電鉄 廃線跡 待兼交響楽団 指揮者 新京成 新幹線 旅行 日本センチュリー交響楽団 最近のCD 最近のLP 東京佼成ウィンドオーケストラ 東急 東武 枚方フィル 樹フィル 武庫川女子大学音楽学部 歴史探訪 水族館 水間鉄道 江ノ電 父親のアルバムから 甲南大学OB交響楽団 甲南大響 甲南女子大学管弦楽団 白黒懐かし画像 相愛フィルハーモニア 相鉄 神戸アンサンブルソロイスツ 神戸大学響 神戸市地下鉄 神戸電鉄 神戸高校OBオーケストラ 福井鉄道 私の名盤シリーズ 箕面コンセルト室内合奏団 紫苑交響楽団 美術 聖ソフィア・バラ合唱団/合奏団 能・狂言 能勢電 芦屋交響楽団 芦屋室内合奏団 若林顕 落語 蒸気機関車 藤井貴宏 街歩き 衣笠交響楽団 西宮交響楽団 西宮探訪 西武 見仏 豊中市民管弦楽団 豊橋鉄道 近江鉄道 近畿フィルハーモニー管弦楽団 近鉄 遠州鉄道 鉄道 鉄道前面展望 長岡京市民管弦楽団 長崎電軌 長楽庵 関西グスタフ・マーラー交響楽団 関西フィルハーモニー管弦楽団 関西医科学生交響楽団 関西大学OB交響楽団 関西大学交響楽団 関西学院交響楽団 関西SPレコード愛好会 阪堺電車 阪急 阪神 阪神タイガース 阪神フィル 静岡鉄道 須磨フィル 飛行機 高松琴平電鉄 高槻フィル 高槻室内管弦楽団 龍谷大学交響楽団 JR四国 JR東日本 JR東海 JR西日本

フォト

掲示板

2020年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー

無料ブログはココログ