街歩き

2024年4月 7日 (日)

新しい二つのホール 箕面市立文化芸能劇場、おにクル 3/26

03_20240407055101

3月26日は北大阪急行の新線開通の乗り初めと萱野に因んだ萱野三平記念館を訪ねた後、千里中央と箕面萱野駅間に新しく開業した箕面船場阪大前駅へ行きました。

この駅前には新しい建物が点在し、その一つが箕面市立文化芸能劇場という大きなホールを備えた施設があります。

05_20240407055001

この大ホールは座席数1401席、2階席を見たところシーツピッチも広そうな感じで、余裕を感じます。

それにしても、文化芸能劇場って、なんだかなぁ。

兵庫県が芸術文化センター、豊中市が文化芸術センター、枚方市が総合文化芸術センター、東大阪市が文化創造館、高槻市が文化芸術劇場、、、、、名称が重ならないように皆さん苦労されているのかなぁ、覚えられませんけど。

09_20240407055101

北大阪急行箕面船場阪大前駅の周辺の地図です。

駅から直結のエスカレーターで文化芸能劇場の前に上がることが出来ます。

図書館があって、その北側に大阪大学箕面キャンパスの建物があります。

07_20240407055001

新しいホールをもう一つ紹介します。

茨木市の市役所の隣りに開館したのが、複合施設の中にある1200席のおにクルホールです。

10_20240407055101

名称の「おにクル」は、茨木市のマスコットキャラクターである茨木童子が鬼であることから、おにが楽しみにしてクルような楽しいところということで、6歳の児童の命名によるそうです。

08_20240407055101

新しい茨木市のホールは、阪急茨木市駅とJR茨木駅のちょうど中間に位置しています。

今年の内に、これらの新しいホールに行けたらいいですね。

01_20240407055101

安部龍太郎 薩摩燃ゆ 角川文庫/読了・・・・・・・幕末の薩摩はややこしい、どの藩主が実権を握るかで藩の方針がコロコロ変わるものですから。その中で、借金を返し、富国強兵に方向転換するために表裏を使いこなし大きく貢献、貢献と言っても搾り取れるところからは徹底して絞りとったのですが、その役を担わされた家老の調所広郷の物語。最後は詰腹を切らされるのですから、なんだか切ないですね。

2024年4月 1日 (月)

晴天に誘われて大阪市内歩き 3/14

12_20240401054601

3月14日はあまりの好天に誘われて、大阪市内へ出かけJR東西線大阪天満宮駅で下車、歩き出しました。写真は天神橋のたもとです。

写真は出さないけれど、天神橋筋商店街を歩いていると何やら賑やかな音がするので行ってみると、先日若くして亡くなられた噺家の林家小染さんの葬送が繁盛亭前でされていました。合掌。

11_20240401054601

天神橋を渡って土佐堀通りを歩いて今橋あたりを過ぎたところに、いわゆる料亭の花外楼がありました。

ここは歴史的なところで、明治8年2月に大久保利通・木戸孝允・板垣退助・伊藤博文らが集まり、いわゆる大阪会議を開催し、その後の国の方針を決定しました。

10_20240401054601

有名なライオン像がある難波橋へやってきました。

橋の端っこにライオン像があるのですが、それぞれ阿吽の像になっているところは何とも日本的です。

ライオン像は北側にもあります。

06_20240401054601

さて、やってきたのは、京阪なにわ橋駅構内にあるギャラリーで、そこで開催されているのが鉄道芸術祭という催しです。

過去にも来たことがあるのですが、こんなスクリーンがあるだけで、何が何だか。

もう来年からは足を運ぶことはないでしょうね。

05_20240401054601

京阪なにわ橋駅から地上に出るエスカレーターに乗っていると目の前に中央公会堂が現れました。

とても印象的な光景だったので一枚撮影しました。

この日はお知り合いが指導されている専門学校の卒業式が行われていました。

03_20240401054601

地上に上がると目の前に東洋陶磁美術館の建物があります。

長い間リニューアルのため休館していましたが、4月12日にオープンしますね。

安宅コレクションをはじめとする見事な陶磁器に再び会えるのは楽しみ以外にありません。

02_20240401054601

梅田周辺まで戻ってきた所に北野の萩の円頓寺がありました。

落語の「鷺とり」では、主人公の男が冬の凍った円頓寺の大きな池に残された鷺をスイスイ刈り取る様子が語られます。

2024年1月20日 (土)

富士正晴と音楽 ~未整理だった秘蔵レコート公開~ 茨木市立富士正晴記念館 1/7

03_20240120062801

1月7日は、茨木市界隈を歩き、茨木神社、川端康成記念館を経て、中央図書館に併設されている富士正晴記念館を訪れました。

富士正晴と音楽 ~未整理だった秘蔵レコート公開~というテーマで音楽好きの富士正晴が所蔵していたレコードが展示されています。

02_20240120062801

富士正晴(1913-1987)は小説家、詩人で、晩年は茨木市の竹林があるところに居を構え活動していたそうです。

おもに関西の文壇にあり、司馬遼太郎、桑原武雄らとの交流で知られます。

24c47ad935954c629fca22084a740814

富士正晴が憧れ、少しだけ交流があったのがピアニストの原智恵子(1914-2001)。

日本人として初めてショパンコンクールに出場し長州賞を獲得している。写真は夫君のチェリスト、ガスパール・カサドと。

Photo_20240120063101

さて、レコードを見ると、古いものは、カザルス、ハイフェッツ、ティボー、ケンプなどのLPレコードもありました。

一方、バーンスタインのストラヴィンスキーの作品を振ったSONYの盤があったりして、私の世代とも重なるレコードの展示もありました。

2024年1月19日 (金)

茨木市立川端康成記念館へ 避溢橋も 1/7

Dsc03432

1月7日は茨木市界隈を歩き、茨木神社のあとは茨木市立川端康成文学館へ向いました。

図書館の中のスペースの一部を文学館として利用しています。

995611

川端康成は幼くして両親が病没したため、茨木市内の祖父母の家に預けられ、ここで旧制中学卒業までの青春を過ごしました。

文学館には、著書、遺品、書簡、原稿や墨書のほか、模型・写真・初版本・ビデオなどゆかりの品約400点が展示されています。

Dsc03435_20240119052201

川端康成文学館からさらに北へ向かうとJR線をくぐるトンネルに出会いました。

トンネルは3本並列で空いています。

Dsc03434_20240119052201

トンネルは真ん中が川、両側が道路となっています。また、トンネル内の半分はレンガ積みとなっています。

おそらく明治時代の東海道本線開業時期に造られたものではないかと思います。

Dsc03433_20240119052201

トンネルが丸い部分はレンガ積みです。

これらは東海道線が堰堤として続く区間にあって、洪水時に水を流す役割をする避溢橋と思われます。

2024年1月11日 (木)

西宮の山手を歩く 地すべり資料館から関西学院へ 1/4

Dsc03374_20240111054701

1月4日はそろそろ身体を動かすべく西宮の山手を歩き、神呪寺、甲山森林公園から降りてきました。

降りたところは平成7年1月17日に起きた阪神大震災で大規模な地すべりが起こったところでした。

Dsc03377_20240111054701

仁川百合野町のこの斜面の地すべりにより川の対岸にあった13戸が押しつぶされ、住民34名が亡くなる大惨事が起きました。

地滑りが起きた斜面の下には、地すべり資料館が出来ていて、防災教育の拠点の一つとなっています。

Dsc03382_20240111054701

さらに下界へ降りてきたところに古墳がありました。関西学院構内古墳というものですが、別に構内ではないのですが。

横穴式石室を持つ古墳で石室の中がうっすら見えています。天井の向ってせりあがるように石が積まれています。

Dsc03380_20240111054701

古墳のそばを流れる用水路は上ヶ原用水路と呼ばれる江戸時代初期に造られたものです。

仁川の上流から水を引き、この辺り一帯の上ヶ原という台地に水を供給しました。この地点で水を三方向に分水しています。

Dsc03393_20240111054701

関西学院の正門前までやってきました。時計台と甲山という定番のロケーションです。

この日はお正月の冬休み期間ということもあり入ることはできませんでしたが、普段は自由に出入りできるようです。

Dsc03394

関西学院から阪急甲東園駅へ降りてくる道沿いに著名な作家さんが住んでいた家が残っていました。

表札はそのままでしたから、有名な娘さんのどちらかがお住みになっておられるのかもしれませんね。

Dsc03396

阪急甲東園駅まで戻ってきて、ここから帰ります。

こんなコースで歴史探訪・番外編ルートが出来ればいいですね。

71zutybkjtl_ac_uf10001000_ql80_

矢野隆 戦百景 大坂夏の陣 講談社時代小説文庫/読了・・・・・・・・著者による戦百景の第8弾、いよいよ大坂夏の陣へやってきました。家康、真田信繁、大野治長、後藤又兵衛、藤堂高虎、豊臣秀頼などの立場からこの戦を語らせています。読んでいて臨場感を感じる作品です。

2024年1月10日 (水)

西宮の山手を歩く 甲山森林公園 展望台へ 1/4

Dsc03357

1月4日はお正月気分を吹き飛ばすために、西宮の山手を歩きました。

神呪寺から山道を歩き、甲山森林公園に入りました。公園内の道から見えるシンボルゾーン、涼宮ハルヒの憂鬱の聖地のひとつです。

O1080062914788311424

甲山森林公園のマップです。正面入り口から入りました。

整備された道をゆるゆると歩いて北入口方面へ歩いて行って、その手前をV字ターンして展望台へ向います。

Dsc03366

V字ターンの場所から250m歩いて展望台へ来ました。

この展望台は私の展望台史上最高のロケーションでした、180度以上の広々とした視界が急に開けます。

Dsc03364

眼下に見える阪神競馬場です。この日は馬は見えませんでした。

その背景に伊丹市などの猪名野が広がっています。

Dsc03367

ここから下りて次に向かう関西学院大学のあたりです。その向こうに見える木々の並木は武庫川だと思います。

遠くアベノハルカス、それと重なるように二上山が見えます。

Dsc03369_20240110053301

展望台がある場所は、大阪夏の陣で焼失した大坂城を再建するときの石切り場でもありました。

石垣の石が切り出された跡、残された石がいくつも残されていました。こんな高台からどうやって石を運んだのでしょうね。

2024年1月 9日 (火)

西宮の山手を歩く 1/4

Dsc03344

1月4日は、もう三が日も過ぎてお正月気分を抜けださないといかんかなとの思いもあって、少し歩くことにしました。

JR西宮駅からバスで甲山の神呪寺まで行き、そこから歩き始めです。神呪寺は何回も来ているので、今回はパスです。

Dsc03345_20240109054601

参道をまっすぐ南下すると山沿いになにやら石組がみられるところがありました。

近寄ってみると、古墳の石室らしき雰囲気で石組がありました。

でもなんだか違うなぁ、近寄って見てみると古墳の石組と比べると雑っぽいのですね。

Dsc03348

この辺りは六甲山、甲山などによく見られる巨石があらわになったところです。

そしてお参りできるようにいくつも祭壇がありました。これはなんだろう?

88map

家に帰ってから調べてみると、この辺りも神呪寺の境内で、そのなかに甲山八十八か所巡りという参拝コースが造られているとのこと。

この参拝コースは江戸時代に造られたようで、全長2.5キロもありアップダウンもそれなりにある架空お遍路道らしいです。

Dsc03353

さて、仁王門から出て東へ90度曲がると山道がありました。

歩いてみると、ここから甲山森林公園へ続く素晴らしいハイキングコースがありました。続く。

T_700x780_20240109054601

山本功次 大江戸科学捜査 八丁堀のおゆう 抹茶の香る密室草庵 宝島社文庫/読了・・・・・・・関西の鉄道会社に勤めていた?著者によるタイムトラベルシリーズもの。現代に生きて江戸時代を自由に行き来できるおゆう、戦時中に江戸時代に飛ばされてそのまま同心になった相方とのお互い知らないままのやり取りも面白い。その秘密をそれぞれ知り始めたことになる今回の話し、さて、次はどうなるでしょうか。楽しみです。

2023年12月14日 (木)

神戸でマンドリン・ミニコンサートなどなど 12/13

01_20231214063901

昨日12月13日はお知り合いの方々がマンドリン・ミニコンサートを開催するとのことで、久し振りに神戸へ出かけました。

30分ほどのミニコンサートでしたが、クリスマスの曲も多く演奏され、ありがたいことにお土産までいただきました。

010

会場となった西元町のクラシック音楽カフェアマデウスです。クラシック音楽が流れる貴重な空間です。

この日のマンドリン・ミニコンサートのほか、年中さまざまなコンサートが店内で開催されています。

04_20231214063901

さて、到着したらコンサート開始まで少し時間があったのでお近くをプラプラ散歩です。

すく裏にあったのが、走水(はしうど)神社です。神戸の天神さんと言うことで、狛犬の代わりに牛が並んでいます。

07_20231214063901

走水神社の向いにあったのが、旧オリエンタルホテルのシェフたちが作る神戸伝統の洋食カレーとビーフシチューのお店「Sion」です。

この日は昼食をとった後だったので入店することはなかったですが、一度試してみたいですね。

2023年11月11日 (土)

大阪市内渡船めぐり 船町 千本松 下落合、上落合 10/27

Dsc02295

木津川飛行場跡を見た後は、15分ほど歩いて船町の渡船場へ来ました。

先の木津川のような大きな川ではなくて、すぐそこに向い側の渡船場が見えます。

Dsc02299

さらに30分ほど歩いてやってきたのは千本松大橋のたもと、千本松の渡船場です。

こちらの川幅は広いです、渡船場からループ橋の千本松大橋の様子がよくわかります。

Dsc02310

千本松の渡船で渡ったところが津守というところで、そこには江戸時代にこの辺りが新田として開発されたときに創建された津守神社があります。

工場地帯の真ん中に少しだけ残された緑の空間です。

Dsc02315

今度は北の方へ歩いて、下落合の渡船場へやってきました。

ここもすぐ向かい側に渡船場が見えるくらいの幅の狭い川です。

Dsc02323

最後にやってきたのは下落合から北へ500mくらいのところにある上落合の渡船場です。雲がまだ夏みたいです。

そこから見える木津川水門、この日はたまたまひと月に一回水門が開閉する日で、これは水門が開いている様子です。

Dsc02327_20231111065601

渡船場めぐりが終わったので、最後は南海汐見橋線津守駅から帰ります。

30分に1本の運転なので、近くの高校生は電車がやってくると必死に走って乗り込んでいました。

繁華街の難波から西へ2キロほどのところなのに、風景はローカルチックでした。

Dsc02335_20231111065601

終点の南海汐見橋駅です。改札口上の地図は新しいものに置き換えられていて、かつてのような淡路島に電車が走っていた様子は消えてしまいました。

71jduxcrttl_ac_uf10001000_ql80_

瀧音能之監修 巨大古墳の古代史 新説の真偽を読み解く 宝島新書/読了・・・・・・・・歴史学者や博物館の研究員などに聞いた話を取りまとめた一冊でなかなか深いところまで解説されていて、面白く読みました。前半はカラー写真満載で、内容も把握しやすくとてもきれいな本でした。関東の古墳の様子を詳しく解説している章もあるので、蒙が啓かれた印象でした。

2023年11月10日 (金)

大阪市内渡船めぐり 木津川飛行場跡 10/27

Dsc02285_20231110054501

10月27日は、大阪市内の渡船めぐりで、まずは木津川を渡って船町へやってきました。

Dsc02286

木津川大橋のループの下に小さな公園があり、そこに木津川飛行場跡という碑がありました。

大正11年頃から飛行場建設が構想され、昭和2年に着工し昭和4年には東京・大阪・福岡間に一日一往復の定期便が就航しました。

Dsc02288

木津川飛行場があった船町のエリアです。現在は中山製鋼所の工場が立ち並んでいます。

Dsc02289

期待をもって開港した木津川飛行場ですが、市街地からの交通の便が悪いことや地盤不良で雨天時の着陸に支障があるなど問題も多かったようです。

O0822053314708795682

その後、大阪の空は、昭和9年の八尾空港、昭和14年の伊丹空港の開設により、昭和14年にその役目を終えてしまいました。

大阪にはその他、現在の靭公園が戦後しばらく進駐軍の飛行場になっていた歴史もありますね。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

2019四国の旅 JR貨物 Rayフィル かぎろひ歴史探訪 かぶとやま交響楽団 きまぐれ歴史探訪 きまぐれ音楽探訪 その他 ひばりガ丘合奏団 みちのくひとり旅 やまとんくらぶ アイチャンオケ アミーキティア管弦楽団 アンサンブル ラ・ピアチェーレ アンサンブル・アルビレオ アンサンブル・シュシュ アンサンブル・ジョワン アンサンブル・ツヴァイ アンサンブル・デッラ・スフィーダ アンサンブル・フリー アンサンブル・プテイ・タ・プティ アンサンブル・ペルーシュ アンサンブル・ヴィオ インターネット ウォーキング鉄 オーケストラ・アンサンブル・フォルツァ オーケストラ・アンサンブル京都 オーケストラ・クラシック オーケストラ・ソノリテ オーケストラ・ノインテ オーケストラ・ブラヴォー! オーケストラ・ポミエ オーケストラ千里山 オーディオ カメラ カンマーフィルハーモニー神戸 クラシックサロン・アマデウス クラシック音楽 クラシック音楽カフェ クランクレーデ クレセント室内アンサンブル クレー管弦楽団 グルメ コレギウム・ヨハネス コレギウム夙川管弦楽団 シュペーテ弦楽四重奏団 シンフォニア・スピカ セント・マーティン・オーケストラ ディスクユニオン ドイツ紀行 ニュージーランド鉄道 バス バンブスアンサンブル パソコン ファゴット・フェスティバル フェニックスフィル ブレスシンフォニーオーケストラ プリモパッソオーケストラ プロ野球 ホール・バルティカ メイプルフィル ライブカメラ ラグビー ワンコイン市民コンサート ヴェデルニコフ 万葉 三宝鉄道 上甲ウィンドシンフォニー 上甲子園中学吹奏楽部 交響楽団ひびき 京急 京成 京王 京都プレザントオーケストラ 京都工芸繊維大学交響楽団 京阪 今峰由香 伊予鉄 伊予鉄道 伊豆急行 保存車 信濃の旅 八尾フィル 六甲フィル 六甲ライナー 兵庫医科大学医療大学合同オーケストラ_ 兵庫芸術文化センターワンコインコンサート 兵庫芸術文化センター管弦楽団 写真展 切符 初演企画 北大阪急行 北摂フィル 北条鉄道 千里バロック合奏団 千里フィルハーモニア・大阪 南海 卯之町 叡山電車 名指揮者列伝 名鉄 吹奏楽 吹奏楽団 吹田市交響楽団 四国詣で 土佐日記 土佐電 地下鉄 堺フィル 夢の国 ニュージーランド 大井川鉄道 大阪ハイドンアンサンブル 大阪フィルハーモニー交響楽団 大阪メトロ 大阪モノレール 大阪モーツァルトアンサンブル 大阪交響楽団 大阪市営地下鉄 大阪市民管弦楽団 大阪芸術大学管弦楽団 天理シティオーケストラ 奈良歩き 学園都市交響楽団 宝塚ヒルズ室内オーケストラ 宝塚響 富士急行 寝屋川市民管弦楽団 小田急 尼崎市吹奏楽団 尼崎市民交響楽団 居酒屋 山陽 岡山電軌 嵐電 川西市民オーケストラ 幻想フィル 広島電鉄 廃線跡 待兼交響楽団 指揮者 新幹線 旅行 日本センチュリー交響楽団 最近のCD 最近のLP 東京佼成ウィンドオーケストラ 東急 枚方フィル 柴田由貴 樹フィル 武庫川女子大学音楽学部 歴史探訪 水族館 江ノ電 父親のアルバムから 甲南大学OB交響楽団 甲南大響 甲南女子大学管弦楽団 白黒懐かし画像 相愛オーケストラ 相愛フィルハーモニア 神戸アンサンブルソロイスツ 神戸市地下鉄 神戸電鉄 福井鉄道 紫苑交響楽団 美術 能・狂言 能勢電 芦屋フィル 芦屋交響楽団 芦屋室内合奏団 若林顕 華ノ音 落語 蒸気機関車 藤井貴宏 藤田真央 街歩き 衣笠交響楽団 西宮交響楽団 西宮探訪 西武 豊中市民管弦楽団 豊橋鉄道 辻本玲 近畿フィルハーモニー管弦楽団 近鉄 遠州鉄道 鉄道 鉄道前面展望 長楽庵 関西グスタフ・マーラー交響楽団 関西フィルハーモニー管弦楽団 関西医科学生交響楽団 関西大学OB交響楽団 関西大学交響楽団 関西学院交響楽団 阪堺電車 阪急 阪神 阪神タイガース 阪神フィル 静岡鉄道 飛行機 高松琴平電鉄 高槻フィル 高槻室内管弦楽団 高橋真珠 JR四国 JR東日本 JR東海 JR西日本

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー