きまぐれ歴史探訪

2024年5月21日 (火)

きまぐれ歴史探訪 学園前から西大寺へ 5/8

近鉄学園前1130分集合 ⇒ ランチ(七福) ⇒ 大和文華館 ⇒ 中野美術館 ⇒ あやめ池神社 ⇒ 蛙股池 ⇒ 西大寺史跡池 ⇒ 西大寺奥ノ院・叡尊五輪塔 ⇒ 鋳物師池跡 ⇒ガトー・ド・ボア ⇒ 近鉄西大寺駅

Map-2_20240521063401

5月8日は学生時代のお友達を奈良などへお誘いする「きまぐれ歴史探訪」で、近鉄学園前駅に集合。

駅近くの七福というお店で豪華な天ぷら丼セットのランチをとった後、歩き始めました。

Dsc05225_20240521063401

最初に訪れたのは、近鉄が設立した大和文華館です。この日は特別に無料公開日ということで、歴史探訪の日程もそれに合わせました。

開催されていたのは、先日の日曜美術館でも取り上げられていた富岡鉄斎の作品展です。渋い作品を堪能しました。

Dsc05233

その次に、大和文華館から歩いて3分ほどのところにある中野美術館を訪ねています。

こちらは林業家が設立した美術館で、こちらは日本人作家による日本画、洋画、彫刻などの秀品が集められていて、落ち着いた空間を提供してくれています。

Dsc05241

二つの美術館が対峙するように配置する蟇股(かえるまた)池です。

蟇股は建物の重量を分散して梁に伝える二股の建材の名称ですが、この池の形状が二股になっているところからの命名です。

Dsc05243

蟇股池であやめ池神社に詣でた後、今度はずっと東へプラプラ歩いて西大寺に近づいてきました。

旧西大寺境内の石柱がある藪の中にあるのは、称徳天皇の別荘跡と言われるところです。

Dsc05245

さて、「史跡 西大寺境内」の石柱が建つ西大寺の奥の院へやってきました。

生垣の奥に見えるのは、西大寺復興に尽力した叡尊の墓と伝えられる日本最大規模の五輪塔です。

Dsc05248

今の西大寺は以前のように気軽に入ることが出来なくなってしまったので、その周辺を歩きます。

西大寺で有名な大茶盛はもともと西大寺の鎮守社であったこちらの八幡神社で行われていたそうです。

この後、カフェ「ガトー・ド・ボア」でケーキセットをいただき、この日のきまぐれ歴史探訪を終えました。

81pmdle06ol_ac_uf10001000_ql80_

古泉武夫 真藤舞衣子 サバの味噌煮はワインがすすむ 小泉武夫の「わが季節の食卓」 日経プレミアムシリーズ新書/読了・・・・・・日経新聞に連載されている発酵仮面こと小泉武夫のムシャムシャ、チュルチュル、ヘナヘナ、ペコリンコなどの擬音がちりばめられている美食エッセイ。細かくて正確な料理のレシピが料理家の真藤舞衣子によって示されていて、たいへん役に立ちそうです。後はそれを実行するかどうか、だけですけれど。

2023年11月23日 (木)

きまぐれ歴史探訪 藤原京大極殿跡 11/7

Dsc02613_20231123070601

11月7日は学生時代のお友達を奈良などに案内する「きまぐれ歴史探訪」で、室生寺へ行った帰り、今度は近鉄大福駅で降りました。

大和盆地の中をプラプラ歩いてやってきたのは藤原京の大極殿跡です。平城京の前はここに本格的な都城の建設が行われました。

Dsc02611_20231123070601

大極殿跡の少し北側にある池のほとりに犬養孝先生の万葉歌碑があります。

春過ぎて 夏来たるらし 白妙の 衣干したり 天の香久山 持統天皇

この歌碑の除幕式に臨席していました。晴れた日でしたが、風が強かったのを覚えています。

Dsc02600_20231123070601

その香具山です。大和三山の中でただ一つ、背後の山とつながっている地形の端山です。

Dsc02601

畝傍山です。見るところからその姿を変えていきます。

背後の山は、右が葛城山、左が金剛山です。

Dsc02602_20231123070601

きれいな円錐形の山が耳成山です。

この山をぐるりと回って登ることができる道が付いています。

Dsc02612_20231123070601

神の山、三輪山です。この山のふもとに三輪山をご神体とする大神神社があります。

12月のかぎろひ歴史探訪では、いよいよこの山に登ることになります。

32793258_1

山本功次 鷹の城 定廻り同心 新九郎、時を超える 光文社時代小説文庫/読了・・・・・・・・こう来たか!と感心した一冊。タイムスリップの小説、ミステリーは山ほどあるけれど、江戸時代の人間が戦国時代にタイムスリップするとは驚きです。吸い込まれるように読み通し、読み終えました。単発ものとしか考えられないストーリーなのに、続編が出たとか、興味津々です。

2023年11月22日 (水)

きまぐれ歴史探訪 室生寺、大野磨崖仏 11/7

Dsc02570_20231122054501

11月7日は学生時代のお友達をお誘いしての奈良歩き、きまぐれ歴史探訪で室生寺を訪ねました。

11時までに近鉄室生口大野駅に集合、11時過ぎのバスで室生寺を目指します。

Dsc02572

11月に入ったものの、今年は気温が高く紅葉の進み具合が懸念されましたが、山間にある室生寺ではしっかりと季節の歩みが感じられました。

室生寺の仁王門あたりのもみじも色づいていました。

Dsc02578_20231122054501

気温が高い状況もあってか、世間がまだ紅葉に関心が薄いということもあって室生寺の境内もひっそりしたままです。

国宝の本堂、桧皮葺の建物です。

Dsc02581

本堂脇の階段の上にあるのが、わが国で一番小さな五重塔です。

1998年の台風で大きな被害を受けましたが、修復されてきれいな姿を見せていました。空いているので、誰も写りません。

Dsc02596_20231122054501

室生寺を後にして、室生寺地大野駅に戻る途中に大野の磨崖仏を見に行きました。

この辺りの紅葉もうっすら見ることが出来て、大満足の室生寺、大野歩きでした。

今日は奈良歩き、かぎろひ歴史探訪の方々を奈良以外の場所へ案内する番外編で、富田林寺内町と近つ飛鳥博物館へ行ってきます。

000000887062023_02_234

竹内正浩 新幹線全史 「政治」と「地形」で解き明かす NHK出版新書/読了・・・・・・・今までの新幹線に関する書籍を一括してここにまとめるとの意気込みが感じられる一冊で、読み終えるのに時間がかかりました。路線の選定に関する駆け引きで、政治と地形に関する綱引きが演じられた歴史が中心です。地図も多用されてややこしい話しを少しでもわかってもらおうという努力は感じられました。新幹線車両の技術的解説はひとつもなかったです。走り出す前までの話しの総括です。

2023年10月10日 (火)

きまぐれ歴史探訪 ~おかきの買い出し~ 9/22

07_20231010055301

9月22日は学生時代のお友達をお誘いして奈良などを歩く「きまぐれ歴史探訪」で、当麻寺がある二上山のふもとを訪ねました。

その一つの目的は、おかきの買い出しでした。目指すは、このおかき、丸栄製菓のおかきです。

08_20231010055301

いろいろな種類のおかきがあるのですが、海老が入ったおかきが自分としてはベストかなと思います。

海老マヨネーズというおかきを、有村架純さんがテレビの出演でお土産に持って行ったということで有名になったそうです。

10_20231010055301

05_20231010055301

その丸栄製菓があるのが、大和高田です。地図の右下の方に丸栄製菓とあります。

JR高田駅からが近いでしょうか。近鉄高田駅からも10分ほどのところです。

09_20231010055301

奈良県内をはじめ、大阪府内でも取り扱っているお店もあるようです。これは、近鉄奈良駅近くの奈良県観光商工館のお店で売っている様子です。

ご一緒した学生時代のお友達は、大きな袋に一杯になるほどおかきを購入して帰って行かれました。

2023年10月 8日 (日)

きまぐれ歴史探訪 ~出会った電車たち~ 9/22

Dsc01561_20231008071401

9月22日は学生時代のお友達をお誘いして奈良などを歩く「きまぐれ歴史探訪」で、当麻寺がある二上山のふもとを訪ねました。

集合時刻までの時間を利用して周囲のロケハンと撮影です。二上山を背景に稲穂とあわせて撮れました。

Dsc01562_20231008071401

少し場所を変えて、高い木がアクセントになる場所を見つけました。

ここは、より背景の二上山が大きく入り込むポイントでした。

Dsc01556_20231008071401

集合場所の駅へ戻ろうとしたときにやってきたのが観光特急青の交響曲でした。

さきほどの場所で撮りたかったなぁ。

Dsc01557_20231008071401

比較的リーズナブルな料金アップで乗車できる観光特急ですが、まだ乗車したことがありません。

同じく観光特急のあをによしには乗ったので、こちらの列車にも乗ってみたいところです。

Dsc01605

当麻寺周辺での一連の歴史探訪を終えて、その後高田市へ移動しておかきを買いに行きました。

2023年10月 7日 (土)

きまぐれ歴史探訪 ~当麻寺と中将餅、おかきの買い出し~ グルメ編 9/22

近鉄南大阪線当麻寺駅11時 ⇒ 相撲館けはや座 ⇒ 万葉歌碑 ⇒ 傘堂 ⇒ 鳥屋口古墳 ⇒ ランチ ⇒ 当麻寺 ⇒ 中将堂本舗 ⇒ 近鉄当麻寺駅 ⇒ 近鉄高田市駅 ⇒ 丸栄製菓 ⇒ 近鉄大阪線高田駅

Dsc01570_20231007052401

9月22日は学生時代のお友達をお誘いして奈良などを歩く「きまぐれ歴史探訪」で、当麻寺がある二上山のふもとを訪ねました。

歴史探訪で楽しみにしていただいているのは、グルメです。ということでお昼はここ当麻寺門前の玉やさんでいただくこととしました。

01_20231007052401

名物の釜めしの前には、出し巻やレンコン?の入ったポテトサラダなどの軽い前菜が並びます。

みそ汁の出汁も旨味がある美味しいものでした。

02_20231007052401

本命の釜めしが届きました。釜めしは注文してから炊き上げるため、事前に傘堂や鳥谷口古墳を回るので「何時ころにやってきます」と予約しておきました。ということで、ちょうど良い頃合いの時刻に入店出来て、スムーズにいただくことが出来ました。

濃厚な味付けの角煮がゴロゴロ入った釜めしは炊き立てのホカホカ、大根やニンジンも良い味付けで、これは癖になる味でした。また食べにだけでも行ってもいいかなという味わいでした。¥2,000.-也

Dsc01558

お昼も済ませ、当麻寺の拝観とお堂の中での解説を聞いて約1時間、近鉄当麻寺駅へ戻ってくると駅前にある中将餅のお店で休憩です。

03_20231007052401

冷たいお茶と軽い甘さの餡子が載ったよもぎ餅のセットです。まだ暑かったころなので、本当に落ち着くお店でした。¥400.-也

5179n8laql

藤田達生 戦国秘史秘伝 天下人、海賊、忍者と一揆の時代 小学館新書/読了・・・・・・・・三重大学副学長さんの著書による戦国時代とその後の泰平を迎えた時代の隠れた話ということらしく、読みました。日本各地の歴史探訪の要素もあり、話があっちこっちへ飛ぶので、また自身の思いを主観的に入れ込むので、深みに欠ける内容だったでしょうか。秘史秘伝というものの、知ってる話も多かったし。

2023年10月 6日 (金)

きまぐれ歴史探訪 ~当麻寺と中将餅、おかきの買い出し~ 9/22

近鉄南大阪線当麻寺駅11時 ⇒ 相撲館けはや座 ⇒ 万葉歌碑 ⇒ 傘堂 ⇒ 鳥屋口古墳 ⇒ ランチ ⇒ 当麻寺 ⇒ 中将堂本舗 ⇒ 近鉄当麻寺駅 ⇒ 近鉄高田市駅 ⇒ 丸栄製菓 ⇒ 近鉄大阪線高田駅

Dsc01572_20231006054001

9月22日は学生時代のお友達をお誘いして奈良などを歩く「きまぐれ歴史探訪」で、当麻寺がある二上山のふもとを訪ねました。

まず足を運んだのは、当麻寺近くの公園にある犬養孝先生揮毫の万葉歌碑です。大津皇子が石川郎女に贈った恋の歌です。

足引きの 山のしずくに 妹待つと 吾立ち濡れぬ 山のしずくに

Dsc01585_20231006054001

さらに山側へ歩いていき、次は昭和58年の造成時に見つかった鳥谷口古墳を訪れました。

二上山に葬られたとされる大津皇子の墳墓は二上山山頂にあるとされていますが、実はこの古墳が真の大津皇子の墳墓ではないかとも考えられています。

Dsc01586_20231006054001

石室の中には、あまりに急ごしらえとみられる石棺が遺されており、またこの場所から遠く畝傍山を見ることが出来、古代のロマンが広がる場所でもありました。

天武天皇の6人の息子の内、最も文武に秀でたとされる大津皇子は朱鳥元年(673年)10月3日に謀略の為に亡くなっています。あまりの奇遇なことですが、犬養孝先生も平成10年10月3日に亡くなられました。そんな思いも持って、鳥谷口古墳を見ていました。

Dsc01580_20231006054001

鳥谷口古墳へ行く途中に傘堂がありました。一本の柱の上に屋根が乗った特異な形状の建造物です。

大和郡山藩主本多政勝を弔うために、家臣や農民によって延宝2年(1674年)建てられたものということです。

Dsc01599_20231006054001

山側から降りてきて昼食をとった後、いよいよ当麻寺に入ります。當麻曼荼羅に因む中将姫伝説がある古寺です。

薬師寺に西塔が出来るまでは、西の塔と東の塔が現存する唯一のお寺でした。

Dsc01601_20231006054001

草創については不明な点も多いようですが、この地に勢力を持っていた当麻氏の氏寺として建てられたものと推定されています。

本堂の下から墳墓が確認されていて、当麻氏の祖先が眠る由緒ある土地として選定されたのではないでしょうか。

2023年6月26日 (月)

きまぐれ歴史探訪 ~長谷寺にアジサイを愛でる、万葉発祥の地 初瀬谷~ 6/16

近鉄長谷寺駅 ⇒ 長谷寺 ⇒ ランチ ⇒ 法起院 ⇒ ハガキの木 ⇒ 初瀬街道 ⇒ 十二柱神社 ⇒ 長谷坐山口神社 ⇒ 近鉄長谷寺駅

Dsc00354

長谷寺から西へ2~3kmほど初瀬街道を下ったところに万葉集発祥の地とされる白山神社があります。この辺りは、雄略天皇初瀬朝倉宮跡と言われています。

発祥というのも変ですが、万葉集巻1-1の一番最初の歌が詠まれた場所、万葉故地がこの辺りだということです。

Dsc00352

その巻1-1の万葉歌が刻まれた歌碑がありました。これは、保田與重郎氏が,この白山神社付近をその候補地とし,雄略天皇の歌で始まる「万葉集」の発祥の地として,神社境内に記念碑を建立したものということです。

もよ み持ち 掘串ふくしもよ み掘串ぶくし持ち
この丘に 菜摘なつます 家聞かな 名告なのらさね
そらみつ 大和やまとの国は おしなべて われこそ
しきなべて われこそいませ われこそは らめ 家をも名をも

Dsc00347_20230626053901

時間と場所を戻して、桜井市出雲というところにある十二柱神社です。十二柱という名前の通り国常立神(くにとこたちのかみ)など神世七代の神々と、天照大神など地神五代の神、あわせて十二柱の神々を祀っています。

出雲の集落は、我が国初の天覧相撲で当麻蹴速(たいまのけはや)に勝利した 野見宿禰(のみのすくね)を祖としており、この地は相撲発祥の地のひとつとして知られています。 

Dsc00340_20230626053901

Dsc00341_20230626053901

もっと時間と場所を戻して、長谷寺の近くにある法起院にある「はがきの木」です。

これはタラヨウという木ですが、葉の裏に傷をつけることで文字が書けるということです。ですから、「はがき」は「葉書」と書くのだそうです。

2023年6月25日 (日)

きまぐれ歴史探訪 ~長谷寺にアジサイを愛でる、万葉発祥の地 初瀬谷~ 6/16

近鉄長谷寺駅 ⇒ 長谷寺 ⇒ ランチ ⇒ 法起院 ⇒ ハガキの木 ⇒ 初瀬街道 ⇒ 十二柱神社 ⇒ 長谷坐山口神社 ⇒ 近鉄長谷寺駅

Dsc00308

6月16日は、学生時代のお友達を奈良などへ案内する「きまぐれ歴史探訪」で長谷寺へ行きました。

その目的のひとつが長谷寺のアジサイです。階段に鉢植えのアジサイが並べられ、それを縫って歩いていきます。

Dsc00310

Dsc00309_20230625060301

この階段のアジサイは見事な色彩の絨毯でした。

色とりどりとはまさにこの光景のことで、ただただ呆然と眺めるばかりでした。

Dsc00315

Dsc00330

長谷寺の山々の間には目をみはるばかりのアジサイの株が20000㈱もあるらしく、その群落の見事さにも圧倒されます。

平日ということもあるのか、混雑ということもなく、見ごろを迎えたアジサイをもうゲップが出るほど堪能しました。

Dsc00333_20230625060301

帰り道の脇にもこぼれ落ちるくらいにアジサイが咲いていました。

ネットで「アジサイ、長谷寺」で検索すると鎌倉の長谷寺がヒットするのですが、奈良の長谷寺もすごい所でした。

Img_bc8d37c3840e6fcec8760545b5a5b2ba3006

葉室麟 銀漢の賦 文春文庫/読了・・・・・・・・・葉室麟が松本清張賞を受賞した2007年刊行の作品。その2年前に歴史文学賞を受賞した「乾山晩愁」に続いて葉室麟の名前を文壇に押し上げた。NHKでも「風の峠」としてドラマ化されたようですが、それは見ていません。それにしても武士として生きるという難しさをこれほど厳しく綴られた小説というのもなかなかないのではないでしょうか。

2023年6月24日 (土)

きまぐれ歴史探訪 ~長谷寺にアジサイを愛でる、万葉発祥の地 初瀬谷~ 6/16

近鉄長谷寺駅 ⇒ 長谷寺 ⇒ ランチ ⇒ 法起院 ⇒ ハガキの木 ⇒ 初瀬街道 ⇒ 十二柱神社 ⇒ 長谷坐山口神社 ⇒ 近鉄長谷寺駅

Xaux7wgbxvflvaurpvnl3waaac8

6月16日は、学生時代のお友達を奈良などへ案内する「きまぐれ歴史探訪」で長谷寺へ行きました。

長谷寺の境内の図です。有名な回廊が緩やかな階段なので、あまり苦労せずに高いところまで登ってしまいます。

Dsc00317_20230624063901

Dsc00318

まずは本堂までやってきました。入母屋造り本瓦葺の建物で国宝に指定されています。

本堂には室町時代の十一面観音菩薩像が居られます。なんと高さ10.18mという日本で最も大きな木造の仏像です。

Dsc00326_20230624063901

Dsc00322_20230624063901

長谷寺の本堂は斜面に建っているため、京都の清水寺と同じ構造の舞台があります。

舞台の広さは清水寺の方が広いようですが、ここからの景色の良さは優っているのではないでしょうか。

Dsc00325_20230624063901

ちょうど正午ということで、鐘楼では鐘を突きながらの法螺貝の咆哮が行われました。

二人の僧が思いっきり吹いていましたが、なかなか息を続けるのもしんどいようです。これも修行なのでしょうね。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

2019四国の旅 JR貨物 Rayフィル かぎろひ歴史探訪 かぶとやま交響楽団 きまぐれ歴史探訪 きまぐれ音楽探訪 その他 ひばりガ丘合奏団 みちのくひとり旅 やまとんくらぶ アイチャンオケ アミーキティア管弦楽団 アンサンブル ラ・ピアチェーレ アンサンブル・アルビレオ アンサンブル・シュシュ アンサンブル・ジョワン アンサンブル・ツヴァイ アンサンブル・デッラ・スフィーダ アンサンブル・フリー アンサンブル・プテイ・タ・プティ アンサンブル・ペルーシュ アンサンブル・ヴィオ インターネット ウォーキング鉄 オーケストラ・アンサンブル・フォルツァ オーケストラ・アンサンブル京都 オーケストラ・クラシック オーケストラ・ソノリテ オーケストラ・ノインテ オーケストラ・ブラヴォー! オーケストラ・ポミエ オーケストラ千里山 オーディオ カメラ カンマーフィルハーモニー神戸 クラシックサロン・アマデウス クラシック音楽 クラシック音楽カフェ クランクレーデ クレセント室内アンサンブル クレー管弦楽団 グルメ コレギウム・ヨハネス コレギウム夙川管弦楽団 シュペーテ弦楽四重奏団 シンフォニア・スピカ セント・マーティン・オーケストラ ディスクユニオン ドイツ紀行 ニュージーランド鉄道 バス バンブスアンサンブル パソコン ファゴット・フェスティバル フェニックスフィル ブレスシンフォニーオーケストラ プリモパッソオーケストラ プロ野球 ホール・バルティカ メイプルフィル ライブカメラ ラグビー ワンコイン市民コンサート ヴェデルニコフ 万葉 三宝鉄道 上甲ウィンドシンフォニー 上甲子園中学吹奏楽部 交響楽団ひびき 京急 京成 京王 京都プレザントオーケストラ 京都工芸繊維大学交響楽団 京阪 今峰由香 伊予鉄 伊予鉄道 伊豆急行 保存車 信濃の旅 八尾フィル 六甲フィル 六甲ライナー 兵庫医科大学医療大学合同オーケストラ_ 兵庫芸術文化センターワンコインコンサート 兵庫芸術文化センター管弦楽団 写真展 切符 初演企画 北大阪急行 北摂フィル 北条鉄道 千里バロック合奏団 千里フィルハーモニア・大阪 南海 卯之町 叡山電車 名指揮者列伝 名鉄 吹奏楽 吹奏楽団 吹田市交響楽団 四国詣で 土佐日記 土佐電 地下鉄 堺フィル 夢の国 ニュージーランド 大井川鉄道 大阪ハイドンアンサンブル 大阪フィルハーモニー交響楽団 大阪メトロ 大阪モノレール 大阪モーツァルトアンサンブル 大阪交響楽団 大阪市営地下鉄 大阪市民管弦楽団 大阪芸術大学管弦楽団 天理シティオーケストラ 奈良歩き 学園都市交響楽団 宝塚ヒルズ室内オーケストラ 宝塚響 富士急行 寝屋川市民管弦楽団 小田急 尼崎市吹奏楽団 尼崎市民交響楽団 居酒屋 山陽 岡山電軌 嵐電 川西市民オーケストラ 幻想フィル 広島電鉄 廃線跡 待兼交響楽団 指揮者 新幹線 旅行 日本センチュリー交響楽団 最近のCD 最近のLP 東京佼成ウィンドオーケストラ 東急 枚方フィル 柴田由貴 樹フィル 武庫川女子大学音楽学部 歴史探訪 水族館 江ノ電 父親のアルバムから 甲南大学OB交響楽団 甲南大響 甲南女子大学管弦楽団 白黒懐かし画像 相愛オーケストラ 相愛フィルハーモニア 神戸アンサンブルソロイスツ 神戸市地下鉄 神戸電鉄 福井鉄道 紫苑交響楽団 美術 能・狂言 能勢電 芦屋フィル 芦屋交響楽団 芦屋室内合奏団 若林顕 華ノ音 落語 蒸気機関車 藤井貴宏 藤田真央 街歩き 衣笠交響楽団 西宮交響楽団 西宮探訪 西武 豊中市民管弦楽団 豊橋鉄道 辻本玲 近畿フィルハーモニー管弦楽団 近鉄 遠州鉄道 鉄道 鉄道前面展望 長楽庵 関西グスタフ・マーラー交響楽団 関西フィルハーモニー管弦楽団 関西医科学生交響楽団 関西大学OB交響楽団 関西大学交響楽団 関西学院交響楽団 阪堺電車 阪急 阪神 阪神タイガース 阪神フィル 静岡鉄道 飛行機 高松琴平電鉄 高槻フィル 高槻室内管弦楽団 高橋真珠 JR四国 JR東日本 JR東海 JR西日本

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー