国鉄奈良機関区

  • Photo_7
    昭和46年に奈良機関区を訪ねています。変わりやすい天気で、晴れていると思ったら急に雨が降ってきて大変な日でした。

THE 大阪駅~特急編~

  • 16
    中高生のころ、大阪駅はまだ日常の中にはなく、特急列車を撮りに行く特別な場所であった。栄光の時代が残っていた大阪駅に発着する特急列車の姿を封じ込めました。

THE 大阪駅~急行編~

  • 1258
    大阪駅に発着する急行を集めてみました。行き先によっては、ディーゼルカーの急行もあり、思えば楽しい駅だったのですね。ご興味の方は写真帖のずっと下にある「甲子園口急行物語」もご覧ください。

昭和45-47年の天王寺駅

  • キハ58 きのくに
    天王寺駅は単に竜華や奈良方面、阪和方面への乗り換え駅だったが、紀勢線ホームは頭端駅として有名だった。 時折、乗り換えの途中、駅撮りなどしていたようだ。

竜華・昭和46年

  • Photo_3
    昭和46年に数回に分けて竜華へ出陣しています。当時の関西線はローカルそのもの、まだまだ煙も多く残っていました。

甲子園口(その周辺)急行物語

  • Photo_7
    甲子園口西方の踏切があったあたり、そのもう少し西側の日通の倉庫前あたりは友人たちとのたまり場でした。陽が暮れるまで電車の通過を楽しんでいました。

京都駅残照・昭和45年前後

  • Photo_3
    昭和45年当時、京都駅へ行く機会は限られていたが、その中で残していた写真の中からいくつかを抜粋した。 京都の寺社、観光地に興味を持つのはもう少し後になった。

西宮を走った国鉄電車特急・昭和45年頃

  • Photo_2
    国鉄時代、地元西宮でもいろいろな電車特急が走っていた。 そのすべてではないが、手元に残る写真のうちからいくつかを抜粋した。

あぁ上野駅 昭和46年

  • 特急やまびこ
    初めて東京へ行った昭和46年、昔の風情の残る上野駅に間に合いました。

神戸市電 最後の日

  • 星電社前
    1971年3月に神戸市電は歴史を閉じました。その最終日に神戸市内の各所で写真に収めましたが、思えば震災前の神戸の街も封じ込めたことになりました。

東海道のんびり行

  • 24
    昭和49年5月に、当時まだ走っていた急行桜島・高千穂に乗って、のんびり東海道を東上しました。そのときの車窓風景をまとめました。

京阪滝井駅 昭和50年

  • Photo_2
    京阪電車は今年、中ノ島新線の開通や電車の塗装変更、さらに往年の名特急1900系の引退と話題に事欠きませんが、ごく普通に走っていた昭和50年の滝井駅の様子はこんな感じでした。

昔日の近江鉄道

  • Photo_4
    近江鉄道は、学生時代からの万葉旅行会で近江蒲生野へ行くときに撮影した程度だった。これはその一連の名残である。 「茜さす紫野行き標野行き野守りは見ずや妹が袖ふる」

マンモス機 EH10

  • 04
    国鉄が作った最大最強のマンモス電気機関車EH10。 今でこそ、8軸の電機はいろいろあるけれど、目に焼きついているのはこの機関車だ。

京都市電

  • 2607
    京都へ行くと市内の移動はたいてい市電だった。 市電だと京都初心者にもわかりやすかった。 たまにバスに乗るとぐるっと市内の引き回しにあったり、とんでもない方向へ走ったりと痛い目に会ったからだ。

きーんてーつ特急

  • Photo_11
    70年代の近鉄特急の白黒写真を集めてみました。点数も少なく恐縮ですが、関西には少ない観光特急の雰囲気だけでも伝えたい。おまけにあおぞら号も何枚か。

近鉄、ちょっと前の車両たち

  • 1413
    1980年代に撮った近鉄の一般車両の中からチョイスしてみた。少し小さいというだけで、なんだか親しみを感じる車両の面白さもある。

野上電鉄、廃止3週間前

  • キハ28
    1994年3月末をもって廃止された野上電鉄を、廃止3週間前に友人の2Aカレチさんと訪れた。併せて周辺の鉄道へも足を運んだので、藤並駅でみた有田鉄道のキハをおまけに追加した。

阪神5314F 愛

  • Img_6204
    阪神電車最古参の5314Fは5550Fの新規参入によっていよいよ引退の時期を迎えた。この前パン貫通幌を持つ古き阪神電車の顔を残す編成を追いかけた。

ゴハチ

  • 16ef58
    今も人気のEF58ばかりを集めました。近所鉄の西宮、武庫川をはじめ大阪駅、少し遠くて下関。元気にゴハチが走り回っていた時代がありました。

琴電 旧型車を並べて

  • Img_0059
    平成10年から出張が多かった四国ですが、何回かは高松に足を運んで琴電を追いました。古い写真がなぜか見つからないので、旧型車が消える数年前からのものばかりです。

RRE様HP掲載一覧

  • 0001601
    ブログ開設以前はRREさんの掲示板への投稿を続けていました。ここに、その投稿画像をまとめましたので、ご笑覧いただければと思います。

島原鉄道2007

  • Img_2046
    去年の3月に出○ついでに諫早駅周辺、島原鉄道、足を少し伸ばして長崎電軌を訪問しました。島原鉄道の一部廃止は残念です。

JR九州の車両たち、諫早駅周辺

  • Img_2023
    ラストランブームになったなは/あかつきもこのころは全然注目されず。九州はいろんな列車があって楽しめます。

長崎は今日も雨

  • Img_2117
    長崎ではすごい雨にあいました。それにもめげず、撮り鉄に励んできました。

名鉄瀬戸線

  • Img_1926
    名鉄瀬戸線に6750系という大手私鉄最後の吊りかけ車が走っていると聞いて訪問しました。2008.03.24

惜別 0系新幹線 

  • 01 相生駅 0系の横顔
    いよいよ平成20年11月末に引退する0系新幹線。山陽路で活躍していた近年の記録です。

四国の気動車

  • 四国は今でも気動車の天国です。その中でも、普通車の運用に供せられる車両を集めてみました。普通車だけにDCより気動車という言い方が似合います。

名鉄にあったレールバス

  • 到着したレールバスからの乗り換え
    名鉄の三河線、猿投の先には西中金まで延びる単線があり、そこには今ではその姿をほとんど見ることが出来ないレールバスがひっそりと走っていました。1987年4月、2Aカレチさんと訪れた記録です。

名鉄揖斐線

  • 512号車内
    1987年4月に2Aカレチさんと名鉄を訪れました。 揖斐線は一時下車した美濃北方駅と黒野駅での写真です。

名鉄の旧型車

  • 103763
    1987年4月 2Aカレチさんと一緒に名鉄を訪れました。 名鉄の本線あたりでもまだまだ吊り掛け車が走っていました。

名鉄岐阜市内線

  • 08
    1987年4月、2Aカレチさんと名鉄を訪れた。岐阜市内線をとりあえず撮影した後、揖斐線へと向かった。

明延鉱山とともに

  • 04_img_0155
    小学生時代、明延鉱山の学校とクラス同士の文通をした。その場所がどこだか全く知らずに居たが1円電車の存在は知っていた。その地を訪れたのは随分大人になってからとなった。

鍛冶屋線~愛と死をみつめて

  • 09_img_0334
    大正12年に全線が開通した鍛冶屋線はJR後の平成2年、その歴史に幕を下ろした。 また、「愛と死をみつめて」で有名なミコこと大島みち子さんはこの沿線の方で、線路を見下ろす小高い岡の上にお墓がある。

EF65 0番台原色+茶ガマ

  • 103_img_2881
    かつて、全国の直流区間ではおなじみだったEF65の0番台も、今では岡山に集結する11機のみである。そのうち、原色を保っているのはわずか4両となった。

JR貨物

2017年6月20日 (火)

EF66機関車 0番代の通過

Img_7241JR貨物の機関車でとりわけ人気があるのはEF66の0番代、ゼロロクと呼ばれる一群ではないでしょうか。その中でも27号機は原色塗装、登場時のスタイルを最も残しているとのことで人気がありますね。昨日もその通過があったようで、お知り合いのRREさんが芦屋まで出かけられていました。EF66-27号機、2017.02.25立花-尼崎間

Img_7533本日は33号機の通過があるという事で、近くの高層マンションの高い階から俯瞰撮影してきました。遠く六甲山、甲山が遠望出来て、なかなかの景色ですが、湿度の高い空気のためにかすんでしまっているのが残念です。普通電車が追いかけてきていますが、かぶらなくてよかったです。EF66-33  2017.06.20立花-甲子園口間

2017年5月16日 (火)

JR六甲道駅で

Img_74235月12日は、目的もなくふらっと出かけ、貨物がやってくる様子を調べたところ、ちょうど良い時間帯にEF66-30号機がやってくることが分かったので、六甲道駅のホーム端で狙いました。いわゆるゼロロクと呼ばれている一群ですが、もうすっかり両数を減らしてしまい、ただ走るだけでも珍しくなってしまいました。

Img_7419もうしばらくいると、あまり珍しいものはやってきませんでしたが、おまけで智頭急行のスーパーはくとを撮影しました。智頭急行は関西空港が開港した1994年に走り始めていますので、今年でもう24年になります。もうこの車両もすっかりベテランと思ったら、どうやらリニューアルされているようです。

2017年3月30日 (木)

鉄道の話題 2件

Img_0714 先日、尼崎のアルカイックホールからの帰り、立花-尼崎間の陸橋にカメラを持った人たちが鈴なりになっていました。
おやっ、何か来るのかなとお聞きすると、いつものEF65にヘッドマークを付けたカモレがやってくるとのこと。やってくるまで、まだ30分以上もあるのですが。
 
Dsc05217 で、待っているとオリジナル塗装のEF65-2000番台がやってきました。階段のところはもう撮る場所がなかったので、少し離れたところから撮りました。
ヘッドマークはJR貨物が創設されてから30周年という記念です。そういえば、ほかのJR各社もみんな30年経ったのですね。
 
Img_0685 もう一つの話題は、JR大阪駅の下りホームにホームドアが付いたことです。
ここへは4扉の普通電車、207系、321系のみが停車するという事なんでしょうね。
六甲駅や高槻駅で導入されいるロープ状のものではなかったですね。

2017年3月22日 (水)

EF66 100番台

Dsc05062_0314 撮影に行っても、なかなかやってこなかったEF66の100番台の車両に、ここのところ、立て続けに出会っています。0番台に比べて、塗装が地味なこともあって人気はイマイチかと思いますが、よりスマートになっている印象があります。2017.03.14 垂水
 
Dsc05161_0320Dsc05173_0322 その上が青く、下が白めの色合いから、サメと呼ばれいて、これまた、好印象とはなりませんね。1次系は青と白目の塗装ですが、2次系は、下に青い帯を巻いています。
2017.03.20 元町 2017.03.22 千里丘
 
28276010_1png 近藤晃 羽田の空 100年物語 秘蔵写真とエピソードで語る 交通新聞社新書/読了・・・・・・・大正6年に開港した羽田空港が100を迎えるとのこと。明治36年に開かれた航空の歴史が100年を少し超えるくらいですから、日本にも比較的新しい時期に空港ができたものでね。普段、飛行機を使うことが少なかったので、羽田空港は数回しか行ったことはないですが、ジャンボ機が来ているという事で、たまたま東京にいるときに行ったのが初めてでした。写真家の著者の本だけに、ふんだんに写真があって、楽しめました。

2017年2月26日 (日)

EF66考

Img_7241 昨日はお昼前にEF66-27号機の通過があるという事で、あわただしくカメラを持ってご近所へお出かけしました。
電車に乗ってどこかへ行くだけの時間的余裕がなかったので、自転車で立花-尼崎間の陸橋の上から撮りました。ご同業3名でのお迎えでした。
27号機は、EF66のなかでも最も原型をとどめている車体として有名ですね。
 
66117 さて、EF66ですが、これは完全に失敗の一枚です。1989年に武庫川で撮っていて、117系新快速が来たのでカメラを構えていたら、轟音とともに変わった塗装のEF66が上っていきました。
あわてていたので、こんな失敗作品となりましたが、この塗装は、何だったのでしょうね。
完全に撮れている写真とかお持ちの方があれば、掲示板に貼ってほしいなぁ。

2016年12月 5日 (月)

カモレ撮影 まぁ、大漁でしたね。

Dsc03522 先日、28日は家から外出しなければならない用事があったので、手近なところでJRの貨物列車を狙いに行きました。
先ずは、千里丘で富山からやってくるEF510を捕捉しました。
赤い電気機関車はやはりいいですね。
 
Dsc03533Dsc03559 今度は折り返して、甲子園口でEF66の100番台を撮影しました。派手さはないですが、流れるようなスタイルがいいですね。そして、さくら夙川まで進み、EF210-901という試作機がやってくるので、これも撮りましたよ。
 
Dsc03547Dsc03537 さらに進んで、甲南山手で、EF210の300番台と、最近車両数を減らしつつあるEF200を撮影、実に効率的にいろいろな機種を撮影出ました。
 
0000000019572 交通新聞社新書編集部 厳選鉄道の魅力100 交通新聞社新書/読了・・・・・・この本で、この新書シリーズもとうとう100巻目になりました。そこで、編集部が力を入れて全国の鉄道を楽しめるポイントをカラー版で紹介するというぜいたくな一冊が登場しました。話の内容はその多くを知っている事でもあったので、ざっと読めてしまったけど、鉄道入門書としては優れた内容ではないでしょうか。

2016年4月14日 (木)

本日の甲子園口、摂津本山

Img_4919今日は午前中の野暮用が思っていたより早く終わったので、11時過ぎからカメラを持って出かけた。近くからなので、取りあえずJRで甲子園口へ向かい、12時半過ぎのEF510の通過を待った。それまで晴れていたのに、残念なことに赤い機関車がやってきたときだけ曇ってしまった。

Img_4943甲子園口で下車して界隈の中華で油淋鶏のランチを食した後、今度は場所を摂津本山駅に移して、EF66のいわゆるゼロロクを待った。もうここでは上りのカモレは逆光になるが仕方がない。久しぶりに見たゼロロクは36号機である。前の黄色い塗装が強調された色になっているように見えたのは逆光のせいだろうか。ナンバープレートだけくっきりと写った。

2016年3月18日 (金)

EF66-27

Img_4085先日、夕方のEF66牽引カモレのスジに、EF66-27号機が運用されているとの情報で、近所の立花ストレートに出かけた。この電気機関車は、かつての特急牽引機としてブルートレインを引っ張っていた勇姿をほぼとどめていることから人気となっています。

Img_4076夕方ということで、半逆光になっていて色もさえないけれど、それはそれで雰囲気が出ています。有名な機関車なので、ご同業が集まっているかと思いましたが、誰も来られていませんでした。ラッキーなのか、もう注目されていないのか、それはそれで寂しいことですけれど。ダイヤ改正後はこの機関車の運用が残っているのでしょうか。

33390099老川慶喜 日本鉄道史 大正・昭和戦前編 日露戦争から敗戦まで 中公新書/読了・・・・・・前作の幕末・明治編に続く著作で、その後の日本の鉄道の発達史を政治、経済、技術、対外国、様々なファクターからあぶり出した実に冷静な著作。組織や実績など数値で客観的に示すなど、著者が熱くなっていないところが実に良い。今後、何かあって調べることがあれば、この本に戻ることになりそうだ。

2015年2月15日 (日)

高島貨物線、ふたたび

Img_0393昼からは再び、高島貨物線へ行き、今度は朝よりも少し西側にある陸橋の上からの撮影とした。ここは新さんがポイントとされているところで、数々のカモレのほか、583系の回送なども撃墜されている。着いて間もなくやってきたEF210牽引の貨物列車。ニッサンの本社の下のトンネルから現れた。昼からも天気はすぐれず、このような背景だが、大きなビルが何とも都会チックである一方、貨物専用線という数少ないアイテムで撮影できて良かった。

Img_0405それからしばらく待って、反対側からの貨物列車を撮影した。実はこの右手にはサッカーの練習グラウンドがあり、ちょうど線路端で子供たちがお弁当を広げようとしていたのであるが、そこを何とかと新さんがお願いに回り、このように人気のない撮影ができた。今度もEF210の牽引だが、高層ビル群を背景に近代的なイメージの写真が撮れた。あれっ、何か飛んでる!

16617週刊朝日編集部 司馬遼太郎と「坂の上の雲」 下 朝日文庫/読了・・・・・・先の大戦を描いた文学は数多くあるが、はたして司馬遼太郎が坂の上の雲を描くまで、日露戦争は文学になったのだろうか。また、これも文学というべきか、フィクションに近いルポというべきか、ここでは新聞記者の目でみて書いているようなというのが一番近いのでしょうね。もちろん実際に見たのではなく、様々な資料からその情景をありありと見つめたわけですが。それらの制作秘話のような那覇市をまとめた一冊。しかし、これも読みごたえありましたね。

2015年2月 9日 (月)

高島貨物線

Img_0237土曜日にだいたいの野暮用が終わり、日曜は朝から新さんのご案内で各地の撮影に連れて行っていただいた。先ずは東神奈川で合流し、そこから高島貨物線の撮影地、踏切まで行った。新さんはなかなかの健脚でスタスタ行かれるが、小生は前夜の痛飲の名残があって、付いていくだけでタジタジ。存在証明のため、踏切での一枚。

Img_0241ここでは、背景に横浜中心部のビル街が映り込み、独特の雰囲気が醸し出されている。やろって来たのはEF65の2000番台の単機回送。コンテナでも繋いでいてくれたらと思うものの、それは向こうの都合だから仕方ない。EF210全盛の時代にこのような年代物が来てくれただけでも良しとしよう。

Img_0257そして、振り向くとそのEF210がタンク車をけん引してやってきた。EF65とは離合していったが、ここはこれだけの一枚。関西ではこのタンク車は見かけないので新鮮です。かつて、ニュージーランドで見た石炭運搬貨物の超大編成が記憶によみがえる一瞬でもあった。

今日からまたまた四国詣でです。今回はちょっとプランがあります、お楽しみに。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

JR貨物 | Jフィル | MIZUMO | T-ストリングス | あおなみ線 | えちぜん鉄道 | かぎろひ歴史探訪 | その他 | みうらじゅん | やまとんくらぶ | アルテムジカ バロック アンサンブル | アンサンブル ラ・ピアチェーレ | アンサンブル・アルビレオ | アンサンブル・コスモリバティ | アンサンブル・ジョワン | アンサンブル・ツヴァイ | アンサンブル・フリー | アンサンブル・ミンネン | アンサンブル・ヴィオ | イッセー尾形 | インターネット | ウォーキング鉄 | オルガンコンサート | オーケストラ・アンサンブル・フォルツァ | オーケストラ・ソノリテ | オーケストラ・ノインテ | オーケストラ・ブラヴォー! | オーケストラ千里山 | オーディオ | カメラ | カンマーフィルハーモニー京都 | クラシックサロン・アマデウス | クラシック音楽 | クランクレーデ | クレー管弦楽団 | グッド・シーズン・アンサンブル | グルメ | コレギウム・ヨハネス | コレギウム夙川管弦楽団 | セント・マーティン・オーケストラ | ゾンアーベント・アンサンブル | タリヘーレ四重奏団 | ダムカード | テレマン室内オーケストラ | ディスクユニオン | ニイジマ・キネン・オーケストラ | ニュージーランド鉄道 | ハイマート交響楽団 | ハイマート合唱団 | バス | バッハクライス神戸 | バンブスアンサンブル | パソコン | フォンス・フローリス古楽院 | ホール・バルティカ | ミモザの会 | ミュー室内管弦楽団 | メイプルフィル | ライブカメラ | ラグビー | ワンコイン市民コンサート | ヴェデルニコフ | 万葉 | 三宝鉄道 | 上甲ウィンドシンフォニー | 上甲子園中学吹奏楽部 | 交響楽団ひびき | 京急 | 京成 | 京王 | 京都フィロムジカ管弦楽団 | 京都大学交響楽団 | 京阪 | 伊予鉄道 | 伊豆急行 | 保存車 | 六甲フィル | 兵庫医科大学医療大学合同オーケストラ_ | 兵庫芸術文化センター管弦楽団 | 切符 | 初演企画 | 北摂フィル | 北総 | 南海 | 卯之町 | 台湾鉄道 | 合唱団 | 名指揮者列伝 | 吹奏楽 | 吹田市交響楽団 | 土佐くろしお鉄道 | 土佐日記 | 土佐電 | 地下鉄 | 地方私鉄 | 堺フィル | 夢の国 ニュージーランド | 大井川鉄道 | 大阪センチュリー交響楽団 | 大阪フィルハーモニー交響楽団 | 大阪フロイデ合唱団 | 大阪モーツァルトアンサンブル | 大阪交響楽団 | 大阪市営交通局 | 大阪市営地下鉄 | 大阪市民管弦楽団 | 大阪芸術大学管弦楽団 | 奈良女子大管 | 学園都市交響楽団 | 宝塚響 | 富士急行 | 小田急 | 尼崎市吹奏楽団 | 尼崎市民交響楽団 | 尼崎弦楽アンサンブル | 居酒屋 | 山陽 | 岡山電軌 | 嵐電 | 広島電鉄 | 廃線跡 | 指揮者 | 新京成 | 新幹線 | 旅行 | 日本センチュリー交響楽団 | 映画 | 更新のお知らせ | 最近のCD | 最近のLP | | 東急 | 東武 | 枚方フィル | 桜谷軽便鉄道 | 武庫川女子大学音楽学部 | 水族館 | 水間鉄道 | 江ノ電 | 父親のアルバムから | 甲南大学OB交響楽団 | 甲南大響 | 甲南女子大学管弦楽団 | 白黒懐かし画像 | 相鉄 | 神戸アンサンブルソロイスツ | 神戸大学響 | 神戸電鉄 | 神戸高校OBオーケストラ | 福井鉄道 | 私の名盤シリーズ | 箕面コンセルト室内合奏団 | 紫苑交響楽団 | 美術 | 聖ソフィア・バラ合唱団/合奏団 | 能勢電 | 芦屋交響楽団 | 芦屋室内合奏団 | | 若林顕 | 落語 | 蒸気機関車 | 藤井貴宏 | 衣笠交響楽団 | 西宮交響楽団 | 西宮探訪 | 見仏 | 豊中市民管弦楽団 | 豊橋鉄道 | 近江鉄道 | 近畿フィルハーモニー管弦楽団 | 近鉄 | 遠州鉄道 | 都筑道夫 | 鉄道 | 鉄道古地図 | 長岡京市民管弦楽団 | 長崎電軌 | 長楽庵 | 関西グスタフ・マーラー交響楽団 | 関西フィルハーモニー管弦楽団 | 関西医科学生交響楽団 | 関西学院交響楽団 | 関西SPレコード愛好会 | 阪堺電車 | 阪急 | 阪神 | 阪神タイガース | 静岡鉄道 | 須磨フィル | 飛行機 | 高松琴平電鉄 | 高槻室内管弦楽団 | | 龍谷大学交響楽団 | JR九州 | JR四国 | JR東日本 | JR東海 | JR西日本

フォト

掲示板

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

無料ブログはココログ